普段何気なく使っている日本語ですが、深く考えたことはそこまでないとおっしゃる方も多いでしょう。

日本語は漢字のバリエーションが豊かだけど、英語の本ように発音はあまり豊かではありません。

英語圏は、同じ「あ」の発音でも5通り位あります。

æ、E等の発音記号は見覚えのある人も多い事でしょう。

このように、英語は発音がバリエーション豊かなのに対して、文字に関してはアルファベットの文字しかありません。

多くの場合はそのような発音を変えることで意味を変えているところがありますが、言葉には限界があるので、明らかにかけ離れたものを発音と同じようなものにしています。

例えばあの日本人にもよく知られているデザートの発音、なんと砂漠と言うような意味もあるのです。

あの食事の後や3時のおやつに楽しむデザートと砂漠と言うと少々かけ離れたところがあるので、そのような選択をされているとの所説があるのです。

日本語の場合は、発音のバリエーションこさんあまり多くないものの、漢字で色々な意味を表すことができるので、同じような発言で全く違う意味の言葉というのがあるのです。

もちろん、このような言葉は、日本語や英語ばかりではなく、他の言葉でもあります。

例えばですが、フランス語でもそのような同音異義語は存在するようです。

やはり、いろいろなものを言葉で示していこうと思うと、限度があるのですね。

難しい同音異義語の世界

さて、発音の種類が多くないのににもかかわらず、日本語は漢字で色々な意味を表すことができるので、同音異義語なるものがたくさんあるのです。

ではそもそもその同音異義語とはどのようなことなのでしょうか?0

このように同音異義語と言うとどのようなものかと言うとあまり思い浮かばないところがあるかもしれませんが、具体例を挙げると、「ああ、このことか。」と思い浮かぶ方は多いと思います。

ですので、早速同音異義語についていろいろと見ていきましょう。

1. 同音異義語とは


同音異義語と言うと、発音が同じなのに対し意味が全く違う言葉を指します。

具体例を挙げると「いどう(移動、異動)」「きかん(期間、機関、気管、帰還)」「こうしょう(交渉、公証)」などです。

皆さん、政治の汚職事件のニュースを幼い頃に聞いて、「お食事券」を想像した人はいませんか?
なぜそのような件がニュースになっているのかなと不思議に思ったものですが、成長してから聞くと、あの「汚職事件」だったということがはっきりとわかりました。

このように、発音が全く同じなのに対し、意味が全く違うと言うことで、幼い頃によく意味を取り違えていたなんてこともあると思いますが、皆さんはそのような経験はありませんか?

同音異義語とはそのような言葉のことを指します。

また、同音異義語に対しては、全く読みが同じにもかかわらず、意味が反対という言葉もあります。

きょうえん(競演、協演)等がそうですね。

このようなところに日本語の面白さがあります。

2. テストの引っかけ問題になる

今、小学生の子供のテストの答案などを見ることがありますが、やはりこの同音異義語はいろいろなテストで取り上げられていて、ひっかけ問題となっています。

皆さんは、子供の時にうまくその同音異義語を区別することはできましたか?
著者は、そこまで漢字に苦労した記憶はありませんが、覚えていないだけでひょっとしたらどこかで間違えていたのかも知れません。

もう30年も前なので、具体的な記憶を忘れてしまいましたが、そこまで同音異義語のひっかけ問題も難しかった記憶はありません。

そうは言っても、大人になると分かる事でも、子供は感覚的にそれを分かるまではなかなかうまくできないこともあります。

今、小学生の子供もそのような同音異義語の漢字のテストが問題として出ることもあるようです。

その答案用紙を見て(子供には大変気の毒ですが)、間違いに密かに笑ったこともあります。

(このような間違いを経て正しい日本語を覚えていくので、この事は子どもが大人になるまで秘密にします。

そのような答案用紙を見ると、小学生はこのような同音異義語が難しいのだなと思うものです。

「想像」と「創造」を使い分けられますか?


そんな、日本語の面白い同音異義語ですが、想像と創造また、同義語の1つです。

「そうぞう」と全く同じ読みの4文字です。

それが漢字に変換されるとようやく意味がわかりますね。

さてこの想像と創造の違いを詳しく見ていきましょう。

1. 「想像」の意味

早々と言うと、頭の中で色々と思い浮かべる事のことをいいます。

まだ実現していないことなどを、頭に思い浮かべることをいいます。

具体的な使い方を見ると「想像がつく」とか「想像を絶する痛み」等という使い方をされます。

また、女性が妊娠したかもと思うがあまりに、本当に妊娠の兆候が出てきたようなことを想像妊娠といいます。

人間は、本当に頭に思い浮かぶだけで身体的にも変化が出るうような現象があるのは、人間の想像力の強さを物語っていますね。

1. 英語で言うと?

英語で言うと、イマジネーションですね。

よく、イメージをすると言うような使われ方をすることから、もうすでに日本語として定着しているような英語です。

よく、「読書をすると想像力が豊かになる」と言われていますが、想像力がつく方がこのイマジネーションです。

やはり、実際に体験していないことを頭に置く思い浮かべることができるのは人間として生きていく上で大切な能力です。

それは、学生でも社会人でも、主婦の方でも変わりません。

2. 「妄想」とはどう違う?

では、想像と妄想はどのように違うと思いますか?

どちらも思い描くと言う意味では同じですよね。

ではこの2つの違いは一体何なのかと言うと、想像はどちらかと言うと前向きに使われる意味です。

まだ、実現できていないことを前向きに明示すると言うようなイメージがありますよね。

それに対し、妄想は根拠なく色々と思い描くことをいいます。

例えばですが、あまり良くないイメージかもしれませんが、精神疾患の症状として挙げられることもありますよね。

この2つの違いについて調べていると、興味深いサイトにたどり着きました。

それは、夜眠っているときに夢を見ますよね。

あの夢は想像の方です。

でも、目覚めてからその夢の続きを考えると言うのは妄想になると言うのです。

そのような考え方もうなづけますが、大まかに考えると何かを前向きにイメージする方が想像、根拠のない事を思い浮かべるなどネガティブなイメージで使われるのが妄想という感じで使われるケースが多いようです。

3. 「空想」とはどう違う?

では、空想と想像はどのようなところが違うのでしょうか?

この違いのヒントは、漢字にあります。

空想のほうは「空」という漢字がありますよね。

これは実は「実がない」ということを指す文字ですので、自由で気まぐれに思いついたものとの意味があるようです。

ですので、イメージとしては想像は色々と考えだして作り出しているものがありますが、空想に関して言うと、ぼんやりとしていてふと頭に思い描くきたものと言うような違いがあるようです。

空想にふけるという使い方もできるので、ただぼんやりと考えているという感じが正しいのかもしれません。

4. 「発想」との違いは?

では、想像と発想はどのような点が違うのでしょうか?

発想は物事をどのように把握するかということや、どのように理解するかということを指しますので、英語で言うとアイディアが正しいです。

また、発想には思いつきと言うような意味があります。

ですので、想像は色々と頭の中で考えるような感じですが、発想に関して言うと、パッと閃いたような感じのことを指すことが多いようです。

そのように考えると発想は、よくミュージシャンの方や作家の方が、「歌詞やアイデアが天から降ってきたように思いついた」と言うようなことを言うことがありますが、発想はそのことをそのようなことを指すのかもしれませんね。

想像と意味が近いもの色々と振り返って行きましたが、このように色々と意味が違うのですね。

著者もそこまで深く考えたことはありませんでしたが、詳しく考えてみると「なるほど」と思いますね。

2. 「創造」の意味

「そうぞう」と言うと、作り出す方の創造もあります。

こちらの創造は、ものを作り上げると言う意味があり、それは何か作品を作り出すような意味合いもありますし、新しい考え方を作り出すのもまた創造に当たります。

どちらかと言うと、オリジナリティーが強いものに使われることが多いです。

1. 英語で言うと?

主な英訳としては「make、do、create」があります。

makeは〇〇を作る、doは〇〇をすると言う意味合いがありますし、createも作り出すと言う意味合いがあり、やはり、英語においても生み出すという意味や何かを成すと言う意味合いの英語が当てられることが多いです。

ですので、あの「想像」は頭の中で思い浮かべるということを指しますが、生み出すほうの「創造」は何かを作り出すと言う意味合いがあるのです。

2. 経験値がものを言う力

やはり、頭の中で色々と考えるのと、何かを作り出すのは経験がものを言うところがあります。

確かに想像が豊かなのは素晴らしいですが、何も生み出したことがないとなると、それはただの考えだけで何も実現しない状態になります。

頭で考えだして生み出したことから、いろいろな失敗があり、そのようなことをすると失敗してしまうのだと気づくことができることがあります。

やはり、何かを生み出している人は、頭で考えるだけではなく、色々と実現して経験を積んでいるところが多いのです。

そのような意味では、想像と創造は経験値がものを言うところがあり、いろいろな想像や、経験を積んでいるからこそ生まれる力なのです。

シチュエーション別に理解するためのテスト!

「そうぞう」と言う4つの文字に対して、頭で思い浮かべる想像と、何かを作り出す創造とどちらを思い浮かべますか?

小学生の時にそのようなひっかけ問題がかなりありますが、皆さんを正確にイメージができるでしょうか?

では、早速この「そうぞう」の4文字を使った具体的な文字を見ていきましょう。

1. 「そうぞう」は「そうぞう」の母

そうぞう」は「そうぞう」の母…。

さて、皆さんはどちらを当てはめますか?

著者なら、初めの「そうぞうは」のほうは「想像」のほうを、「そうぞう」の母の方は「創造」を当てはめます。

やはり、検索で調べてみると著者の認識で正解だったようです。

この、「そうぞう」は「そうぞう」の母ですが、チンパンジーと人間の子供とでの実験があり、人には実際にはないものを想像で補う能力があるということがわかってきています。

なんと2歳半より前の子はチンパンジーと同じく殴り書きをするところがありますが、2歳半を過ぎると、点で顔の輪郭をなぞるようにすると、ない部分、つまり眼などを補うようになると言うのです。

例えばですが、顔のシミが顔に見えてどきっとしたような感じになるなど、人間は何もない状態からあたかもあるかのように思い浮かべることができる特徴があり、それがいろいろなものを生み出す原動力になっています。

2. 「そうぞう」を積み重ねて「そうぞう」につなげる

さて、次は「そうぞう」を積み重ねて「そうぞう」につなげるですが、皆さんはどちらが当てはまるでしょうか?

これもやはり、初めは思い浮かべるほうの「想像」で、後の「そうぞう」は作り上げるほうのの創造という感じを当てはめる方も多いと思います。

これは、過去にいろいろなものを発明した人を思い浮かべるられることですね。

例えばですが、エジソンは電球を作った人で有名ですが、これもいろいろな想像をして考え、それを制作につなげていったところがあります。

いろいろな失敗を積み重ねてその度に色々と想像し実現した事からこそあの偉業が成し遂げられたのです。

なんと、この言葉を検索ワードに入れて調べているとそのような書籍にヒットしました。

そこで紹介されている目次を紹介すると、月給80,000円から7年で年商5億円になったと言うようなテーマまであり大変興味深いものがあります。

この人もまた、想像を膨らませて、創造についてつなげていったということからそのような大きな成功を収められたのでしょう。

興味がある方は、ぜひとも検索してみて、その書籍を手にとられてみてはいかがでしょうか?