人生は、生きていると非常にたくさんの事がありますよね。

様々な経験をしていく事が、人生楽しい部分でもありますが、時にはひやっとしてしまうような経験もあるのが人生ですよね。

もちろん、まだそういう経験をした事がないという方もいらっしゃいますが、中にはこのような経験をした事があるという方もいるかと思います。

今回は、そんな、ヒヤッとしてしまうような体験をまとめてご紹介していきたいと思います。

是非知っておく事で、自分もそのような体験をしないように工夫する事も出来ますし、今後の参考にするという事も出来るかと思います。

是非この体験を知って役立ててみてくださいね。

生命の危機を感じたことがありますか?

先ほど、人生にはたくさんの経験をするという事をお伝えしてきました。

人生長い物で、生きていると本当に様々な事を経験していくかと思いますが、中には生命の危機を感じるような事を経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この経験はなかなか経験する事は出来ないかもしれませんが、逆に、望んで経験を出来なくても、あなたにもそれが訪れる可能性というのはゼロだとは否定できません。

いつそのような経験をしてしまう可能性があるかもしれないという事をきちんと知っておく事が大事なのです。

今回ご紹介していくのは、生命の危機に関する出来事についてまとめていきたいと思いますので、是非参考にいて頂ければと思います。

自分自身が今までに生命の危機に関する出来事を経験した事があるという方は、是非自分自身を振り返りながら、その時に気持ちなども考えて思い出していただけると幸いです。

経験した事がないという方は、自分がもしそのような事になってしまったらと想像して考えてみてください。

それでは見ていきましょう。

皆、明日どうなるか予想できない


人生、生きている上で何が起こるかわからないから楽しいという事もありますが、裏を返せば何が起こるか分からないという事は怖い事でもあります。

明日何が起きて、明後日何が起きるかという事がわからないから生きていて楽しいですし、時にはなんでこんな事になってしまったのかと後悔したり、怖がったり、という感情にさいなまれる事もあるかと思います。

未来が見れる人間なんて漫画のキャラクターくらいですよね、実際に未来が見れる人間なんてこの世の中にはいらっしゃらないと思います。

だからこそ、ある程度予測したり、物事をこのままいくとどうなってしまうのか、という先の事を考える事は何をするにしても大事な事であったりします。

未来を見る事が出来ませんが、予測をする事は出来ます。

なので、何か起こった時に自分だったらどうしようという事を一度考えた事があるかないかでその時に取る行動も変わってくるという事です。

是非、これからの人生、間違いのない選択をするためにも、色々な事を予測する力を身に着けてみてはいかがでしょうか。

後悔のない人生を送るために

公開のない人生を送りたいと思っている方は大多数の方が当てはまるのではないでしょうか。

もちろん、後悔という感情が絶対的に間違っているかどうかと聞かれると、そうとはいえないかもしれませんが、極力後悔するという人生は歩みたくないというのが皆さんの本音ではないでしょうか。

後悔のない人生とは、その時に選ぶ選択肢が間違った選択肢ではないという事ですよね。

その時に選べる選択肢の中から、最善の選択をするという事が後悔をなくすという意味で必要な行動になってくるのではないでしょうか。

なので、まずは後悔のない人生を送るために必要な事をいくつかに分けてご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する内容を実践する事で、絶対とはいえないかもしれませんが、極力後悔をなくす事が出来ますし、自分自身が頑張って実践する事で、もし後悔をしてしまったとしても恐らく、頑張っていない時と比べるとダメージは少ないかと思います。

なので、自分自身が頑張って実践するという事もかなり重要な点になりますので、是非その上でこれからご紹介する事を実践してみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1. 良好な人間関係を築こう


まず第一に、後悔のない人生を送る為には良好な人間関係を築くという事が大事です。

大前提として、人間は一人では生きていけません。

一人で生きている人間は、孤独な人間であり、それが充実した人生を送っているとはあまり思えないでしょう。

いつだって楽しい時って気心知れた仲間と一緒にいる時、信頼できる誰かと一緒に楽しい事をしている時などではないでしょうか。

なので、それには絶対的に人間関係が非常重要になってきます。

ただ、誰でもよいという訳ではなく、【良好な】人間関係というものが大事になってきます。

薄っぺらい人間関係だったり、表面上の人間関係などでは恐らく満足するには至らないのではないでしょうか。

しっかりと相手と自分、信頼しあえるような関係を築く事が大事であり、そのような人間関係の相手と長く交友していく事により、人生レベルで満足感がかなり変わってくるかと思います。

楽しいという感情であったり、信頼できる人がいるという事は安心感、満足感がまったく違ってきます。

この人のためなら辛い状況でも間違いなく引き受けられるというくらいの強い絆で結ばれるような人と良質な人間関係を築いていくという事を早い段階で行う事が大事であるといえるでしょう。

2. 時間の無駄遣いをやめよう

人生で後悔しないためには、まずは時間の大切さを知るという事が大事です。

時間が有限であり、お金よりも価値があるという言葉を聞いた事がありますか?
人によっては時間を売れるなら売ってお金にしたいという方もいらっしゃるでしょう。

ただ、時間というものは人類みんな平等に与えられたものです。

例え、お金持ちであろうが、総理大臣であろうが、会社員であろうが、小さい子どもであろうが、同じ24時間という時間を使って生きています。

その時間の中でどれくらい行動ができるか、何が出来るかという事が非常に大事であり、その積み重ねが人生になります。

なので、時間を無駄にするということは、非常に罪な事であるといわれています。

もしもあなたが、時間の無駄遣いをしているのであれば、その習慣は早い段階でやめるべきです。

習慣を変えるという事は非常に心身的な負担が伴いますし、勇気がいる事ですが、これを早い段階で行う事で、そのあとの人生がまったく変わった物になります。

一例ですが、もしもあなたが何か変わりたいと思っていながら、テレビゲームばかりをしている人生だとします。

テレビゲームをしていても、確かに趣味としてするのは良い事かもしれませんが、何時間も使ってゲームばかりをしていては何も残りません。

最近では友達と一緒にマルチプレイできるゲームだったり、気軽に出来るスマホゲームなどがありますが、時間を大幅に使ってゲームに打ち込むのは時間が無駄遣いです。

最終的にゲームのブームが去った時、飽きてしまった時に何が残るでしょうか?

それよりも自分自身が力を付けられる、成長できるために出来る事はたくさんありますよね。

常に今使っている時間が有効なのかどうか、必要なのかどうかを疑う癖をつける事が、時間を無駄遣いしない方法になるのではないでしょうか。

すぐに実践できる事なので、是非自問自答しながら日常生活を送ってみてくださいね。

3. 健康を大切にしよう

生きていると、本当に楽しい事がたくさんありますよね。

様々な事が人生待っていて、いろんな経験をして成長しながら、人生を歩み続けられる事が楽しみであり幸せであります。

その上で、非常に大事な事が、自分自身が健康であるという事です。

当然ですよね、自分自身が健康でなくなってしまった場合、軽い病気くらいならまだいいですが、重い病気になってしまった場合、満足のいく生活ができなくなってしまう可能性があります。

もちろん病気になってしまったら人生終わりなんて事はないですが、大幅な時間をロスしてしまい、行動にも制限がかかって、したい事が出来なくなってしまう可能性もあります。

自分自身が健康でいるという事は、人生をより長く楽しむ事が出来る、様々な経験、可能性を持ちながら生きていく事が出来る事に繋がりますので、自分自身の健康は大事にしてください。

すぐにでも変えられる方法として、食習慣だったり、運動、筋トレ、健康に悪い習慣(たばこ、過度な飲酒など)をやめるといった方法が実践できます。

したいけど、出来ないは言い訳になりますので、本当に自分がこうなりたいと明確な強い意思があれば不可能な事はありません。

自分自身が本当にそう思うなら、是非行動してみてください。

いつか、いままでの習慣がなくなった時に、きっと満足感と、自分自身に自信をもてるはずです。

強い自分と健康な体が得られるかと思いますよ。

4. お金の無駄遣いをやめよう

お金を無駄に使うという事は、非常にもったいない行為です。

もちろん、無駄遣いをせずに、常に節制する事を心がけなさいという事でもありません。

あまりにもかつかつと節約生活を送っていても楽しみは何も残ってしまわないでしょう。

ただ、かといってあまりにも無駄な事お金を使ったり、不用意にお金を使うという事をやめましょうという事です。

例えば、普段節約をしており、たまに自分へのご褒美でステーキ肉を買ったりという事は自分自身のモチベーションも上がるかと思いますので、それは良い事かと思います。

ただ、普段から自炊をすれば安いのに、栄養価も悪いお弁当ばかりを食べてしまうとか、パチンコで常習的にお金がなくなるまで通ったりとか。

こういう習慣がある場合には、改善するように自分自身が気を付ける事が大事です。

もちろん、趣味の範囲で、何万円まで使ったら今月はもうパチンコへ行かない、など明確なルールと、自制心をもって趣味として楽しむ事は非常に良い事であると思います。

ただ、無駄に遣いすぎるのはいけないという事です。

お金というものは、ただの通貨ではなく、可能性を秘めた道具であるという事を認識してください。

お金があれば、欲しい物が変えるという事だけではなく、お金は便利なものであるという事を意識してみてください。

お金があれば、選択肢が広がります。

自分自身を成長させる道具だと思い、自分自身の成長に繋がるようなお金の使い方を意識してみると、お金に振り回されずに、真の意味で上手なお金の使い方が出来るかと思いますよ。

【お金の無駄遣いをやめたいと思ったら、こちらの記事もチェック!】

生命の危機と人間の反応

ここまでは後悔しない人生の生き方をご紹介していきました。

さて、ここからは、生命の危機、そして人間の反応という事に題して生命の危機を感じた時に人間が取る反応、行動などをご紹介していきたいと思います。

なかなか普段生命の危機を感じる事がないかと思いますので、想像しづらいかもしれませんが、実際に生命の危機を感じた事がある人なら共感できるかもしれません。

なかなか普段、生命の危機を感じた人間が取る行動などは知る機会がないかと思いますので、是非ここでご紹介する事を知っておけば、いざという時に豆知識で披露したり、面白い話が出来るようになるかもしれませんよ。

実際に、自分自身が体験した事を思い出しながら記事を見て頂けるとさらに共感していただけるかもしれません。

それでは意味見ていきましょう。

1. 頭がフル回転する

まずご紹介するのが、生命の危機に瀕した時、人間は頭がフル回転になるという事です。

なかなか想像しづらいかもしれませんが、自分自身が生命の危機に瀕した時、脳が危険を感じ取り、恐怖を覚えて脳にそれが伝わると脳から様々な指令が出るそうです。

そのような流れに沿って、自分自身の脳が活性化されて、このようなフル回転するという現象が起こるそうです。

なかなか普段生きているとそのような生命の危機に瀕する事がないかと思いますので、理解しづらいかもしれません。

人間は、自分自身が安全でいようとする本能がありますよね、こういう時には、脳が命を守るという行動をまず最優先にするという事を考え、それ以外の行動をすべて低下させる事で、このような活性化されるという現象に繋がるのだそうです。

こうして考えると人間の脳って不思議ですよね。

まだまだ解明されていない事ばかりだそうですが、生命の危機に瀕した時にはこのようなシグナルが起きるという事を知っておくと、マメ知識してへぇ~とみんなが聞いてくれる事間違いなしでしょう。

実際に生命の危機に瀕した事がある方は、このような経験があるのではないでしょうか?

2.脂肪を蓄えようとする

普段生きていると、当然ですが、食べ物を食べますよね。

生きていると自然と食べ物から得られるエネルギーを消費するかと思いますが、生命の危機に瀕してしまうと、自然と生きるために必要な脂肪を蓄えようするスイッチが入るそうです。

そうすると、自然と脂肪を蓄えようと体が反応し、脂肪吸収能力が高くなるそうです。

冷静に考えて、脂肪がたっぷりと蓄えられている人と、脂肪がまったくない体だと、脂肪がまったくない人の方がなくなる可能性が高いそうです。

それも、脂肪を栄養して蓄えておく事が大事であるという体の反応からくるそうなので、生命の危機に瀕した時には、摂取している食事から最大限に脂肪を蓄えようとする事があり得るといえそうです。

3子孫を残そうとする

人間が生きている上で、本能として持っているのが子孫を残すという使命です。

本能にこれがあるからこそ、人間はここまで増えているわけですし、結婚をするという事、子どもを作るという事が自然と行われてきました。

ただ、生命の危機に瀕してしまった時に、自分という人間から、たくさん子どもをつくらないといけないと本能が作動するそうです。

なので、生命の危機に瀕してしまうと性欲があがるという事が言えられています。

これは自然と子孫を残さないといけないという事が本能で指令を出すからだといえるでしょう。

4.物事がスローモーションに見える

これは先ほどの脳が活性化するという事が深くかかわっている現象になります。

先ほど生命の危機に瀕してしまった時に、脳がフル回転するいう事をお伝えしてきました。

そして、このフル活性化するという事はタキサイシア現象といわれており、ギリシャ語で頭の中の速度という意味が用いられています。

この現象の名前は聞いた事があるという方はなかなかいないかもしれませんが、スローモーションで物事が見えるようになるという事はけっこう知っている人は多いのではないでしょうか。

死の瞬間の走馬燈ともいわれており、今までに起きた出来事なのがたくさん駆け巡っていくという現象ともいわれています。

先ほどお伝えした通り、脳が危険を感じ取った時に、恐怖を感じたその瞬間、脳から様々な指令が出る事で、身を守るために命を守る事以外の活動を低下させます。

そうする事で、目から脳へ伝わる信号なども自然と低下していくのですが、この過程で自然と感じている事などがスローモーションに感じるという事に繋がります。

このように、ただそう感じるだけというだけではなく、れっきとした、そう感じるまでの過程なども解明されてきています。

ただ、まだまだ脳は不明な部分がたくさんある器官として研究されています。

こういう事を普段なかなか知れないと思いますので、是非この機会に色々知ってみてはいかがでしょうか。

生命の危機を感じた17個の瞬間

生命の危機を感じた時、人間の体には様々な事が起こるという事をお伝えしてきました。

さて、実際に人間が生命の危機を感じる瞬間、様々あるかと思いますが、体験した事がないという方にとってはなかなか想像しづらいのではないでしょうか。

もちろん、事故しそうになったとか、簡単な事なら想像できるかもしれませんが、他に細かい状況などは想像しづらいですよね。

今回は様々な危機をご紹介していきたいと思いますので、是非色々参考にしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1.一人暮らしでインフルエンザになり高熱で朦朧とした時

これは経験した事がある方も多いのではないでしょうか。

インフルエンザなどにかかった時、かなりの高熱が出ますよね。

そんな時に、苦しみながらベッドの上で寝ている時に感じる事ではないでしょうか。

治ってしまえば、そこまで深く感じないかもしれませんが、実際にかかっている時にはこんなに苦しいのかと思いますよね。

そして、高熱で苦しんでいる時、このまま死んでしまったら…と思ったりする方も中にはいらっしゃるでしょう。

そう感じた時、非常に寂しい気持ち、このまま死にたくないと思ったりしませんか?

けっこう身近な事で生命の危機を感じるのは、この経験が多いかと思います。

2.急性胃腸炎で上からも下からも止まらなくなった時

急性胃腸炎になってしまったら、上からも下からも急激な嘔吐や、下痢などに見舞われる事がありますよね。

あまりにも体調が悪い時ほど、生命の危機を感じてしまいやすいかと思います。

病気になってしまった時には、自然と心も弱くなってしまいがちですよね。

このように病気にかかってしまい、悪化した状況が続くと、生命の危機を感じてしまいやすい傾向にあるかと思います。

3.極寒の地でホワイトアウトを経験した時

なかなか登山を経験した方であったり、実際に雪山に上った経験があるという方は限られてくるかと思いますが、ホワイトアウトを経験した時にも生命の危機を感じる事があるようです。

そもそもホワイトアウトを知らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、ホワイトアウトとは雪や雲などで視界が真っ白になり、例えば方向や高度、地形などがまったくわからなくなってしまうという現象です。

こうなってしまうと、何も区別できなくなってしまい、非常に危険な状態です。

こういう時には生命の危機を感じる瞬間として危険な状態ともいわれています。

4.貧血や体調不良で気絶する瞬間

こちらも身体的に負担がかかった時になりますが、貧血や体調不良などの体の不調が起因して起こる瞬間ですね。

貧血などで体の活力がうばわれ、力が入らなくなってしまう瞬間であったり、体調不良で意識がもうろうしてしまう時、やはり生命の危機を感じる瞬間であるかと思います。

普段から貧血気味とかだと慣れている方もいらっしゃるかもしれませんが、いままで経験した事がないという方にとっては非常に脅威だと思いますよ。

5.山で熊に遭遇した時

山で熊に遭遇した時、非常に強い生命の危機を感じる方も多いのではないでしょうか。

なかなか普段熊に遭遇するという事自体経験できない事ですよね。

野生の熊は非常に狂暴であり、非常に危険です。

実際に熊に襲われて命を落としてという方はかなりの数の方がいらっしゃるでしょう。

山にいく時には最新の注意を払って、いかれる方が良いですし、いざ遭遇してしまったときのために、山にいくという方はしっかりと対処方法を頭に入れておく事が大事であるといえそうです。

6.海でサメに遭遇した時

海で泳いでいる時に遭遇したくない一番の生き物ではないでしょうか。

画像を見るだけでも寒気がするほど、怖い生物ですよね。

特に、事件としてもサメに遭遇して襲われてしまって命を落としたという方はかなり多くいらっしゃいます。

例え、対策されている海でも遭遇してしまうという可能性はゼロではありません。

サメに遭遇してしまわないように、しっかりと安全確認をする事が大事であるといえるでしょう。

7.金縛りになり見てはいけない物が見えた時

これはなかなか経験がないかと思いますが、金縛りになってみてはいけないものを見てしまった瞬間ですね。

よく金縛りになると、背後に非常に強い誰かがいる感触に襲われると聞きます。

その時に、見てはいけないようなものを見てしまったという経験がある方も中にはいらっしゃるでしょう。

そんなとき、生命の危機を感じてしまいますよね。

よくいわれるのが、そんな時でも目を閉じられないほど体の自由が利かないといわれています。

霊感があるという方にとってはこのような感覚に襲われる事もあるのではないでしょうか。

8.巨大地震を経験した時

巨大地震を経験した事がある方は多いのではないでしょうか。

実際に、今まで小さい地震を経験したという方にはわからないかもしれませんが、今までの自分の経験を上回るような自身を経験した場合、非常に怖い、恐ろしいという感覚に陥ります。

巨大地震を経験すると、本当に生きている心地がしないという現象だったり、生命の危機を感じる気持ちになるでしょう。

こればかりはどうしようもできないので、地震が起こった時の安全対策をしっかりと意識しておく事が大事であるといえるでしょう。

9.アナフィラキシーショックを経験した時

そもそも、アナフィラキシーショックを知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本来であれば、人間は体の作りからインフルエンザなどもそうかもしれませんが、病原菌が入ると免疫が付きますよね。

免疫がつくとかからない、かかりづらくなるという風になりますが、このアナフィラキシーショックは効果が反対になります。

どういう事かといいまると、以前一度入った特定の病原菌が、棋院物質となり、全身にアレルギー反応が起こるとされています。

それによって死に至ってしまうという事もあると言われています。

なかなか経験した事があるという方はいないかと思いますが、これは非常に危険な症状なので、経験した事がある方は生命の危機を感じる事になるのではないでしょうか。

10.蜂の大群に遭遇した時

普段生活をしている中で、蜂の大群に出くわしてしまったという方は稀にいらっしゃるでしょう。

蜂は猛毒を持っている種類もいれば、猛毒をもってはいない種類もありますが、それでも刺されると強烈な痛みがありますし、たくさん刺されると死に至ってしまう事もあります。

それだけに、蜂は恐怖の対象とされており、出くわしてしまっただけで怖い印象ですよね。

そんな蜂の大群に出くわしてしまったら当然ながら生命の危機を感じてしまう事にもなりますよね。

普段通り道でよく蜂がいると感じる道は、透らない方が良いといえるでしょう。

11.40度近い高熱が出た時

先ほどお伝えしたインフルエンザでもそうですが、高熱が出た時には非常に意識がもうろうとしてしまいますよね。

意識が朦朧とすると、自然と体も元気がなくなり、気持ちも弱まってしまいます。

そうなると自然と後ろ向きな考え方になり、辛い状況が続くと死んでしまうのかなと考えてしまいます。

そういう時こそ気持ちを強く持ち、このまま死にたくない、後悔したくないという気持ちを持つ事が大事なのではないでしょうか。

12.スキーを滑っていて止まらなくなった時

スキーを経験した事がある方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

よく学生の修学旅行でも、新潟などでスキーの経験をする方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな中で、滑っている時に止まらなくなってしまったという経験をした方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

止まらなくなってしまったら、非常に怖くなってしまいますし、車のブレーキが利かなくなるような感覚なのではないでしょうか。

これも非常に生命の危機を感じますので、最低限、止まる方法を知っておくか、それが無理矢理こけてしまうかなどの選択肢を早めにとる事が大事であるといえるでしょう。

13.野良犬に追いかけられた時

野犬に遭遇した事がない方は想像できないかもしれませんが、野犬って非常に獰猛で怖い生き物なんです。

人を襲う事もありますし、動物は小さくても強い力を持っています。

実際に人を襲って殺してしまったという犬も存在しているので、しっかりと対処方法を学んでおく事が大事であるといえるでしょう。

14.山菜採り中に山で道に迷った時

山などで道に迷ってしまった時にも非常に強い生命の危機を感じるかと思います。

特に、山などは視界が悪い場合が多く、だんだんと日が暮れていってしまった時には非常に怖い気持ちになるでしょう。

一面同じような景色ばかりで、人のいる雰囲気がまったくしない場合非常に怖い気持ち、危機を感じる事があるかと思います。

しっかりと最低限の安全策を整えて、山などには入るようにしましょう。

15.バイキングで調子に乗って食べ過ぎた時

これはけっこう大げさかもしれませんが、バイキングなどで食べ放題などのお店で食べすぎてしまった時にはかなりきつくなってしまうかと思います。

無制限に食べすぎてしまった場合、お腹が破裂してしまうのではないかというくらいになると、生命の危機を感じる事もあるようです。

調子に乗って食べ過ぎてしまうと、このような事が起こるので、ある程度控えめに食べる事が大事であり、落ち着いて食べる事で、お腹がいっぱいになったという信号を受ける事が大事であるといえるでしょう。

16.お酒を飲み過ぎて泥酔した時

あまりにもお酒を飲み過ぎてしまうと、時には危険な状態になります。

急性アルコール中毒などで死んでしまうという方も中にはいらっしゃるでしょう。

ニュースなどでもよく発表されており、お酒の飲みすぎには注意が必要であるという事が言われています。

あまりにもお酒を飲みすぎてしまうと、意識も朦朧としてしまいますし、気分も悪くなるので、病気になってしまった時と同じような気分になってしまうのではないでしょうか。

体の健康が損なわれてしまった時に感じる生命の危機もこの時に感じる事が多いようです。

17.飛行機で乱気流を経験した時

飛行機に乗っている時、普段はなかなか意識しないかもしれませんが、乱気流などの巻き込まれてしまったとき、機体が激しく揺れてしまった時などには非常に強い生命の危機を感じるかもしれません。

急に現実に帰り、空中にいるという事を認識すると、急激に恐怖を感じる結果になるかもしれませんね。