近年、若者の間でやる人が増えている単発バイト。

一般的に1日のみや数日間だけ働くバイトのことを指しますが、短期で割と良いお給料がもらえるということで人気になっていたりします。

でも単発バイトって普通のバイトに比べると求人が少ないというのが困ったところ。

まず単発を募集している仕事を探すのも一苦労だし、見つけたとしてもすぐに人員が埋まってしまうから、実際に働き出すまでがなかなか大変なんですよね。

そこで今回は人気の仕事や稼げる仕事など、おすすめの単発バイトについてご紹介していきたいと思います!「普段は忙しいから暇な時に働きたい」「お金が必要なのですぐに稼ぎたい」なんて方達はこちらの記事を参考にして、ぜひ良い単発バイトを探してみましょう♪

️単発バイトのおすすめ11選!

今回はおすすめの単発バイト11選についてご紹介していきましょう。

定番のものから、え?こんなのもあるんだ…と思うようなものまで、様々なジャンルの仕事をまとめてみました。

ぜひバイト探しの参考にしてみてくださいね。

1.サンプリング

よく繁華街の駅前などでティッシュやチラシを配っている人を見かけませんか?サンプリングもそれと同じようなお仕事。

その場を通る人達に新商品・PR商品などのサンプル品を無料で配布し、宣伝するという内容なんです。

配るものは働く会社によって様々なものがありますが、一般的には化粧品やお菓子などが多いようですね。

時給も大抵のバイトが1000円以上と、他の単発バイトと比べてややお高めの設定になっています。

多くの人に声をかけて商品を渡さなければいけないので最初は緊張や不安もあるかもしれませんが、慣れてくれば大丈夫。

求人募集の数も多いので、誰にでも始めやすいお仕事となっています。

2.試飲・試食


こちらは飲み物・食品・お菓子などの新商品やPR商品を、売り場のお客様にキャンペーンするお仕事。

よくスーパーやドラッグストアの中で試飲・試食をしている人達がいますよね?あの人達のことを指します。

デモンストレーターやマネキンさんなんて呼び方もあるようですね。

報酬も日給7000~10000円くらいと高めのところがほとんど。

会社によっては日給に更に歩合制を付けているところもあるので、商品を頑張って販売すればかなりの額を狙うこともできます。

大体1日の勤務が8時間くらいになるので、立ち仕事と人に声をかけることが平気な方に向いているお仕事ですね。

3.試験監督

こちらはその名の通り、試験会場での会場内の監督業務をするバイト。

各種国家試験や民間の資格試験、英検や漢検など、様々な資格試験際に監督をするお仕事になっています。

試験の監督なんてちゃんと専門の方が厳しくやらなければならないイメージですのに、こんなバイトを募集しているなんてちょっと意外ですね。

しかも仕事内容は試験を受けている人をただ見ているだけで良いので、楽なバイトとして結構人気になったりしているんです。

日給も8000円前後と単発バイトにしてはお高め。

ただ人気の割に募集の数が非常に少ないので、実際に就くまでが難しいお仕事になっています。

資格試験を行う時期になると一気に募集をかけるところも多いようなので、その時期に頻繁に求人サイトなどをチェックしてみるともしかしたら運良く見つかるかもしれませんよ。

4.コールセンター


商品やサービスの紹介、お客様からの問い合わせ対応などを行うコールセンターのお仕事。

よく短期・長期両方での募集をしていて、求人の数も多いので、女性を中心に常に人気のバイトとなっています。

報酬も大体時給1000円以上。

会社によっては時給1500円以上に設定しているところもあったりするので、そういうところならかなり稼ぐことができます。

ただコールセンターの場合短期は1ヵ月~としている求人も多いので、1日や数日のみという単発バイトとして働くには割と難しいかも。

なので1ヵ月以上働ける余裕がある人の方が向いているかもしれませんね。

5.イベントスタッフ

単発バイトの中で定番の1つとなっているのがイベントスタッフのバイト。

スポーツイベントやコンサート・販売会など、イベントの運営のお手伝いをするお仕事となっています。

イベントが実施される当日に働くことが多いので、働く期間も1日や数日というのがほとんど。

報酬も大抵日払いになっていて、相場は日給8000~12000円くらいとなかなかお高めになっています。

仕事内容も運営だけでなく、会場の設営・撤去、販売、案内など様々なものがあったりするので、今回はその1つ1つについても簡単にご紹介していきたいと思います。

設営

設営は簡単に言えばイベントの会場作り。

お客様用のイスや展示物、コンサートなら機材や楽器など、必要なものを全て搬入・設置し会場をイベントができる状態に作り上げていきます。

指示された通りに物を運んだり置くだけなので誰にでもできるお仕事ではありますが、重い物を運ぶことも多くかなり体力がいるので、男性や力仕事に自信がある人に向いている業務になるでしょう。

また短時間で設営を行わなければならないような現場だと、忙しさや焦りから指示が厳しくなる上司・先輩も増えてくるので、どちらかというとメンタルも強い人の方が向いているかもしれませんね。

撤去

撤去はその名の通り、イベント終了後に設営した物を全て運び出し、会場を片付けるお仕事になっています。

ただ求人欄などを見てみると撤去だけのスタッフを募集するよりも、設営・撤去のスタッフを募集しているところが圧倒的に多いので、撤去も設営スタッフの業務になる場合が多いと言えるでしょう。

なので仕事内容や大変さも設営とほぼ同じ。

しかしイベントが終わってしまえばあとは会場を片付けてしまうだけでいいので、設置や飾り付けなどにまで気を使う必要がなく、メンタル的には設営よりもちょっと楽になるかもしれませんね。

ずっと働きづめというわけでもなく休憩時間も割としっかりもらえるので、報酬を考えると実は結構お得なバイトなのかもしれません。

販売

販売スタッフは、会場内で用意された食べ物や飲み物、コンサートの場合はパンフレットやグッズなどの販売業務を行うのがお仕事となります。

ただ販売するだけ、と思いきや、こういったイベント会場だと大量のお客様が一気に買いにきてまったく休む暇がなくなってしまうので……実はイベントスタッフの中でもかなり大変なお仕事だと言われていたりするんです。

また会場が混んでいる場合はなるべくたくさんのお客様に対して素早く対応しなければならないので、商品を袋に入れる・金額の計算など様々な細かい作業が迅速に行える人でなければ難しいかもしれないですね。

接客業のバイトの経験がある人なんかにはピッタリかもしれません。

警備

警備バイトもその名の通り、イベント会場の警備を行うのがお仕事。

会場の中や外を見回ったり、ひたすら立ち続けるだけで良いので、肉体的にはそこまでキツくはないでしょう。

ただ長い時は数時間立ち続けなければいけませんし、複数ではなく1人だけで行う業務なので結構孤独なお仕事とも言えます。

また万が一何かトラブルがあった時は対処をしなければならないので、そういう時が特に大変になってしまいそうです。

もしもお客様同士でケンカなどがあった場合はそれを抑えるだけの力や要領も必要になってきます。

なのでこのバイトもそれなりに力や体力があり、メンタルが強い人の方が向いていると言えるでしょうね。

案内

イベントでお客様を誘導・案内するのが案内スタッフのお仕事。

大きいイベントとなると開始前や終了後に大勢のお客様を会場や出入り口まで誘導する業務も入ってくるので、一見簡単そうに見えて実はとても大変なお仕事だったりします。

コンサートやライブなど特に混雑する会場では、人の波に耐えなければいけませんし大声も出さなければならないので体力も結構必要となってくるでしょう。

またお客様に何か質問をされた時にすぐに答えられるよう、イベントの内容や会場の地図など、様々な情報もきちんと頭に入れておく必要がありますね。

何かトラブルが起きた時に対応に回されることも多かったりするので、冷静に判断して行動できる人が向いているかもしれません。

6.軽作業

軽作業というのは主に物流倉庫内などにおいて、仕分けや梱包・検品といった作業を行うバイトになってきます。

倉庫内のお仕事と聞くと力仕事のイメージをされる方もいるかもしれませんが、軽作業なので割と簡単な単純作業がほとんどで、スタッフも女性の方が多く活躍されていたりしているんですよ。

また軽作業のバイトもよく短期・長期でスタッフを募集していたりしますが、こちらの場合も1日・数日というよりは1ヵ月以上~という人を募集している傾向にあるようですね。

しかし単純作業な割に報酬は日給7000~10000円以上となかなか高額。

日払いOKのところも多いので、すぐに稼ぎたいという方には特におすすめのバイトです。

それでは軽作業バイトでよく募集されている様々な業務についても簡単にご紹介していきたいと思います。

シール貼り

シール貼りもその名の通り、商品にラベル等のシールをひたすら貼り続けるというのが仕事内容になってきます。

また物流倉庫の場合だと配送する荷物に伝票のシールを貼ったりする作業もあります。

大きな作業台の上に商品が大量に置かれて、その1つ1つを取り出しシールを貼っていくというのが大体の勤務スタイル。

軽作業の業務全体に言えることですが、黙々とただ単純作業を進めるのが好きという人に向いているお仕事になるでしょう。

ただ座って作業できるところなら良いのですが、中にはずっと立ちながら作業するというところも多いので、そういうところだとそれなりに体力も消費してしまうかもしれませんね。

仕分け

仕分け業務は、販売店やお客様などに配送する商品を配送先別に仕分けするのがお仕事となってきます。

扱う商品は倉庫・会社によって様々ですが、物流倉庫などになってくると小さな物から大きな物まで、色々な重さ・大きさの商品を取り扱うことになります。

仕分け方法もベルトコンベアで流れてくる商品を振り分けるだけのライン作業がメイン。

なので力・体力もそこまで必要なく、女性でも簡単に行える業務となっていますよ。

ただ中には仕分け作業の後、商品をトラックに詰め込む作業までするところもあったりするので、そういうところの場合は男性の方が向いていると言えるでしょうね。

お歳暮やお中元の時期になると商品・荷物の数がどっと増え、スタッフの募集も多くなってくるので、そういう時期を狙って働くのも良いかもしれません。

梱包

梱包は販売店やお客様から注文のあった商品が間違いないかを確認し、それをダンボールなどに詰め発送できる状態までに仕上げるお仕事です。

商品はもう用意されたものを梱包するだけですし単純な作業ではありますが、商品をなるべく綺麗に梱包すること、また商品が破損したりしないよう丁寧に梱包することが求められてきます。

また会社によってはラッピング業務などを行っているところもあったりするので、綺麗に包めるよう几帳面な人や手先が器用な人の方が向いている業味かもしれませんね。

ただひたすら同じことを繰り返すだけの単純作業は嫌という人にもピッタリのバイトかもしれません。

検品

検品は商品に何か不備がないかチェックをするお仕事になります。

商品に汚れや破損している箇所はないか、何か異物などが混入していないかなどをよく確認する作業ですね。

大抵はベルトコンベアで流れてくる商品を見てチェックする流れ作業で行っているところがほとんど。

一見簡単そうに思えますが、ベルトコンベアで流れている間に細かくチェックをしなければならないのでかなりの集中力が必要となってきますし、決して不備を見逃してはいけないので責任ある業務にもなってきます。

なので忍耐強く集中力にも自信がある人の方が向いていると言えるでしょうね。

またただ商品を見るだけの単純作業なので、それがまったく苦にならないという人の方がやりやすいお仕事なのではないでしょうか。

ピッキング

ピッキングは販売店やお客様から注文された商品を倉庫内から探してきて用意をするまでがお仕事となります。

注文された商品が1点や2点の場合は割と簡単な作業かもしれませんが、複数の商品を集めなければならないとなると結構大変な業務かもしれないですね。

でも慣れてくれば倉庫内のどこになんの商品が置いてあるかなどを把握できるようになり作業効率も上がってくると思うので、そこまで苦にはならないはずですよ。

またライン作業などとは違い倉庫内を動き回るお仕事なので、途中で飽きたり集中力が切れるということも少ないでしょう。

体力に自信があり、動くのが好きという人に向いているバイトですね。

商品カウント

商品カウントというのは、倉庫内にある商品の種類や数を数えるのがお仕事になります。

倉庫内にはとにかくいろんな種類の商品が大量に集まっていて、毎日それをピッキング・発送などをしていると在庫の数をすぐに把握できなくなってしまうので、きちんと数えてチェックしてくれる人材が必要になるんですね。

ちなみに商品カウントのお仕事は倉庫内の軽作業だけでなく、棚卸の会社に登録をしてスーパーやコンビニの商品の在庫数を数えるバイトもあったりします。

最近はハンディターミナル(バーコード読み取り機)を使って在庫数をチェックしていくだけの単純作業を行っているところがほとんどなので、女性でも簡単に働くことができますよ。

軽作業で募集が見当たらない場合は、棚卸会社の求人を探してみるのも良いかもしれませんね。

7.交通量調査

交通量調査のバイトは、道路脇などに待機し車の数や歩行者の数を数えるお仕事のことです。

よく道路脇などに座ってカウンターをカチカチしているあのお仕事のことですね。

こちらは1日、長くても数日間程度の単発バイトとしての募集をしているケースが多く、学生から中高年まで幅広い世代の人が活躍をされているバイトとなっています。

交通量を数えるだけという仕事内容なので、試験監督同様楽なバイトとして人気も高いのですが……ただ朝早くから集合して長時間勤務をしなければいけない時もありますし、屋外での作業が多いため夏・冬は当然キツくなるので、そこのところは注意が必要となります。

報酬も日給5000~10000円くらいと、他のバイトと比べるとややお安めの設定。

またこちらも人気の割には求人数が少ないので、お仕事に就くまでが難しいと言えるでしょう。

8.覆面調査

覆面調査とは、飲食店やサロンなど指定された店舗にお客として行き、店内の雰囲気・店員の態度・商品のクオリティなどをチェックするのがお仕事となります。

レビューサイトや口コミサイトなどを作っている会社や、多店舗展開している会社が支店をチェックする際に募集をかけたりしていますね。

いろんなお店に行けるので一見楽しそうなお仕事ではありますが、実際は常にお店のリサーチをしなければいけないのでただ楽しむだけというわけにはいきません。

店舗の状況や店員の対応などを細かくチェックする観察眼も必要となりますし、リサーチ後は感じたことを報告書にまとめ、雇用主にきちんと伝えられなければいけません。

報酬も時給や日給という形で支払われるのではなく、1回の調査につきそれに応じた金額が支払われるというものがほとんど。

調査内容によっては高額の報酬がもらえることもあるかもしれません。

ただ報酬の高い案件となるとやはり応募の競争率も高くなるので、その場合は抽選で選ばれることが多いようですよ。

9.モニター

モニターとは、様々な商品やサービスを実際に体験して調査・報告をするのがお仕事になります。

例えば新商品の試食や試飲・未発売のコスメの使用、家電やゲームの動作チェック、アンケートなどがありますね。

また先程お話した覆面調査もモニターバイトとして扱われることがあります。

基本的には1日や数日といった単発バイトでの募集がほとんどで、面接や履歴書不要で始められるお仕事も多いようです。

最近はSNSなどから気軽に申し込めるものもあるようですね。

こちらの報酬も1件1件の案件によって変わってきますが、大体どの案件も時給1000円以上に設定されていたりします。

商品を体験するような案件は家にいながらでもでき拘束時間も短いので、お子さんがいる主婦などにも人気が高いバイトとなっています。

10.引っ越し業者

引っ越し業者のバイトは単発・短期でも人気の高いお仕事となっています。

力仕事なので日給8000~10000円以上と報酬も高めに設定してありますし、日払いOKのところもほとんどなので1日でかなり稼ぐことができるからなんですね。

ただし相当の力と体力を使うので、やはり男性の方が向いているお仕事と言えるでしょう。

女性が働く場合は箱詰めや包装作業を任されることが多くなっているようです。

また1日4、5件の引っ越しを担当なんて時もあるようなので、体力だけでなくメンタル的にもタフな人の方が働きやすいかもしれません。

人気のお仕事だけあって求人の数は多くなっていますが、確実に働きたいのなら引っ越しシーズンなどを狙うのもおすすめですよ。

11.コンビニ店員

コンビニと聞くと単発アルバイトのイメージはあまりないかもしれませんが、長期休暇の忙しい時期や人が足りない時などは募集をかけているところも多かったりするんですよ。

ただ1日だけというところはあまりなく、やはり数日や数か月で募集をかけるところがほとんどですね。

しかもコンビニはレジ打ちだけでなく、品出しや調理・清掃など、やることや覚えることがかなり多いので、単発バイトといってもちょっと大変なお仕事になるかもしれません。

でもその分時給1000円以上と報酬はお高め。

夜勤に入れば日勤よりも更に稼ぐことができます。

単発・短期での仕事ぶりが評価されると長期で雇われたりすることもよくあるので、仕事内容が気に入ったならそのまま働いてみるのも良いかもしれませんね。

️単発バイトに向いている人は?

ここまでは色々なおすすめの単発バイトについてお話してきましたが、ではこういった単発バイトに向いている人というのは一体どんな人なのでしょうか?長期バイトに向いている人との違いとは?ぜひそこのところもチェックしてみましょう。

忙しい人

学校の授業やサークル、家事や子育てなど忙しくて長期で働くことがなかなかできないなんて人も多かったりしますよね?単発バイトはそんな人にもピッタリ。

1日や数日だけというお仕事がほとんどなので、自分が暇な時や空いた時間だけに働きに出ることができるからです。

授業

高校生ならまだそこまで授業が大変ということはないかもしれませんが、大学・専門学生などになると授業の数もかなり増え、時間に余裕がなくなる人も多くなってきますよね。

中には家で課題や自己学習もしなければならず本当に忙しいという人もいるかもしれません。

でも学生となるとなにかとお金が必要な時もある……そんな時おすすめなのが単発バイトなんです。

単発バイトは未成年者や学生を募集しているところも多いので、誰でも気軽に始めることができますよ。

勉強の合間に働けば良いリフレッシュにもなりますし、ストレスが溜まった時や行き詰った時などにもピッタリなのではないでしょうか。

部活・サークル

学生の中には部活に力を入れて忙しくなってしまうという人も多いと思います。

運動系の部活などは休日も練習することが多く、強豪校になると1日中練習なんてところもほとんどですからね。

また大学生などは様々なサークルに参加し、時間に余裕がなくなってしまうなんてパターンもあるのではないでしょうか?そんな学生の皆さんにも単発バイトはピッタリ。

個人で働くのももちろん良いですが、中には引っ越しやイベントスタッフなど複数の人数を募集しているバイトもあったりしますから、仲間同士で応募して一緒に働くというのも楽しいのではないでしょうか。

夏になると海や観光地でのリゾートバイトなども増えてくるので、仲間みんなで働いて、そのまま遊んでくるなんてこともできそうですよね。

家事

単発バイトは学生だけでなく、毎日家事や子育てに追われてなかなか働きに出れない主婦の方なんかにもおすすめです。

単発バイトの中にはモニターなど家でできるお仕事もあったりするので、家事の空いたほんの数時間を利用して働くことも十分可能ですからね。

またたまには子供を家族に預けて、1日だけ外に働きに出るのも良いかもしれません。

仕事によっては1日で結構稼ぐこともできるので生活費の足しにもできますし、余裕があったら自分のお小遣いになんてこともできたりしちゃいますよ。

家事や子育てもかなりストレスが溜まるものなので、良い気分転換にもなるのではないでしょうか。

飽きっぽい人

長期のバイトをしている人の中には、飽きっぽくてなかなか仕事が続かないなんて人もいたりしますよね?そんな人にもまさに単発バイトはピッタリ。

1日や数日のみというところがほとんどなので、絶対に飽きるなんてことはありません。

逆に仕事内容が気に入ってもう少し続けたいなんて時はまた同じ職種に募集すればいいわけですし、自分の好みに合わせて好きなように働けるわけです。

色々な仕事を体験すれば、自然と多くの技術やスキルを身につけることもできるわけですから、自分を成長させる良いキッカケにもなるかもしれませんよ。

働きたくない人

世の中には働くことが嫌いで、仕事なんてしたくないなんて考え方の人もいると思います。

そんな人にも単発バイトはおすすめです。

何度も言うように単発バイトは1日・数日のみというところがほとんどで、自分の好きな時に働くことができるので、「稼がなきゃな」「働かなくちゃ」と思った時に働きに出ることが可能だからです。

働きたくない時は無理に働きに出る必要はありませんし、これなら仕事が嫌で辞めたくなるなんてことも決してありません。

ただし1日でかなり稼げると言っても、やはり当面の生活費を稼げるほどではないので、生活に困らないよう定期的に頑張って働く必要はあると思いますよ。

人付き合いが苦手な人

長期バイトとなるとずっと同じ人達と顔を合わせて働かなければいけないので、人付き合いが苦手な人などには辛いことかもしれませんよね。

職場に人が大勢いるような場合や、嫌いな人がいたりする場合は尚更だと思います。

でも単発バイトなら長くても数日で勤務が終わるので、人付き合いで悩む心配もありません。

バイトによっては1人だけで行うお仕事や、人とあまり関わらず黙々と作業するお仕事もあったりするので、そういうものを選べば気楽に働くこともできます。

本当に人と関わるのが苦手でなるべく外に出たくないなんて人は、家でできるお仕事などを探してみるのも良いのではないでしょうか。

今すぐお金が欲しい人

単発バイトは1日・数日で即お金を稼ぐことができるので、今すぐお金が欲しいという人にもおすすめです。

例えば遊びに行くお金が必要になった・プレゼントを買うお金が欲しい・生活費が足りなくなってしまったなどそういう場合ですかね。

しかも単発バイトのほとんどがなかなか良い報酬で、仕事によっては歩合制などがプラスされるところもあるので、頑張ればかなり稼ぐことができるはずですよ。

ちょっと大変かもしれませんが、忙しいお仕事や体力を使うお仕事は報酬も高額となっているので、稼ぎたいという人はそういう職種を探してみるのも良いと思います。

また中には楽な業務で報酬も高い、なんて優良のバイトもあったりするので、求人サイトなどを頻繁にチェックしてそういったお仕事を探してみるのも1つの方法ですね。

必要なときだけ稼ぎたい人

これも「働きたくない人」や「今すぐお金が欲しい人」のお話とちょっと似てくるかもしれませんが、必要な時だけ稼ぎたいという人にも単発バイトはピッタリです。

例えば先程お話したように生活費が足りなくなった時など、何か緊急でお金が必要な時などですね。

また普段はそこまで働く必要はないけれど、今月だけお金が必要でもう少し働きたいなんて時にも単発は気軽に利用することができます。

ただ「働きたくない人」のお話同様、たまにやる単発バイトの報酬だけでは生活費を支えるほど稼ぐことはできないので、本当にちょっとお金が必要という時やお小遣い稼ぎをしたいという時にだけおすすめできることです。

毎月の生活費を稼ぎたいという場合は単発バイトを探すよりも、やはり長期のバイトなどで働いた方が確実で手っ取り早いと思いますよ。

️単発バイトで賢く稼ごう!

今回ご紹介した単発バイトはいかがだったでしょうか?結構いろんな種類のお仕事がありましたし、どれも報酬がお高めというのがちょっと驚きでしたね。

1日や数日のお仕事でこれだけ稼ぐことができるなんて、いつも時間を持て余していたという方はもったいなかったかも!これからは空いた時間や暇な時間は単発バイトをして稼ぐのが賢いやり方かもしれませんよ。

働くのが苦手・お金が必要なんて人もぜひ積極的に利用してみてくださいね。