人間は恋をする生き物です。

恋をする事によって日々にやる気を見出し、楽しい時間を過ごす事が出来るようになるでしょう。

片思いでも楽しく過ごす事は出来ますが、両想いになる事が出来れば更にその喜びは強い物になる事でしょう。

しかしながら、人の気持ちは変わる物です。

どんなに好きな相手であったとしても、いつか嫌いになってしまう時がやってくる時があるかもしれません。

または、嫌いにはなって居ないけれど他の人に心がうつってしまう事もあるでしょう。

結婚をしている場合には、婚姻を結んでいる相手と以外の恋愛は法律的に許されて居ません。

その為、訴えられたりする場合もあるかもしれません。

しかし、恋愛は自由です。

例えどんなに相手があなたの事を思ってくれていたとしても、そこにあなたの気持ちが無いのであれば別れる事になるでしょう。

交際をはじめる時はお互い前向きな気持ちでスタートします。

その為、告白をする際はドキドキするでしょうがそれは前向きな緊張感でありその後の未来に期待した行為です。

ですが、別れを切り出す場合は違います。

お互いが別れを意識している場合は、比較的スムーズに話を進める事が出来るでしょう。

しかしながら、もしどちらかに気持ちが残っている場合にはその話し合いは難航を極める場合も多々あります。

誠心誠意伝えた所で相手が分かってくれるかどうかは分かりません。

また、自分から別れを切り出した場合、相手に泣かれてしまうと、なかなかその後の話をする事が出来なくなってしまいます

そんな時に、ついとってしまう行動の一つが『フェードアウト』です。

フェードアウトとは、きっぱりと変われを伝えるのでは無く、なんとなく自然と二人の関係が終わるように仕向けて行く事を指します。

会う頻度を減らし、連絡をとらなくして行く事で相手に自分の別れたいという気持ちに気がつかせるように仕向けて行くのです。

気持ちが残っている相手に対して、フェードアウトしていく事は余りいい方法とは言えません。

しかしながら、人間とはそこまで立派な生き物ではありません。

頭では良くない事だと分かって居るけれど、ついついそんな行動をとってしまう事もあるのです。

そこで今回は、おすすめのフェードアウトの方法についてご紹介させて頂きます。

フェードアウトを検討中のあなたへ

恋愛は楽しい事ばかりではありません。

時に、相手の事を心のそこから嫌いになってしまう事があるかもしれません。

それが一過性のものであれば、関係は継続して行く事が出来ますが、それが継続してしまうと、付き合いを続けて行く事は不可能でしょう。

更には、相手の事を嫌いになった訳では無いけれど自分の心が離れてしまう事があるかもしれません。

日本は、一夫多妻の国ではありません。

例え、婚姻関係を結んでいなかったとしても交際相手は1人というのが、世間の風潮です。

その為、そこに新たな人が加わると浮気や不倫となってしまいもめ事に発展する事も十分に考えられます。

その為、嫌いになった訳では無い相手でも、それよりも好きな人が居る場合には別れを切り出さなければなりません。

別れを告げられる人より、別れを切り出す方が辛いと言われる事もあるように別れを相手に伝えるには多くの労力が必要となります。

すぐに納得してくれる事が出来れば、まだ頑張る気持ちも出てくるかもしれませんが、なかなか納得してくれない人に対しては正直面倒に感じてしまう事もあるでしょう。

そんな時つい頭をよぎるのは、フェードアウトしてしまう事です。

わざわざ話し合いを続ける必要が無く、自分への負担を最小限に留める事が出来ます。

しかし、一歩でフェードアウトは技術が居る行為でありそう簡単に出来るようになるものではありません。

その為、フェードアウトを検討している方々は、そのコツをしっかりと理解して上手く行う事が出来るようにしっかりと用意をしておく事が重要です。

1. フェードアウトの意味


フェードアウトとは、元々はTVや映画などのメディアの中で行われる段々と音が小さくなって聞こえなくなっていく様を表した言葉です。

その言葉が、派生し様々な場所で使用されるようになりました。

恋愛などで使用される場合には、あえて別れ話をする事無く、自然と関係を終わらせて行く事を挿しています。

別れ話は楽しいものではありません。

相手が納得してくれなければ長々と話が平行線になる事もめずらしい事では無いでしょう。

更に、どんなに親身に話をした所で相手が話を聞いてくれるかどうかは分かりません。

その為、失礼な話かもしれませんが段々と面倒になってしまう事もあるでしょう。

そんな時、ついフェードアウトをしてしまうのです。

フェードアウトは、決して褒められた行為ではありません。

おそらく殆どの人が、自分はされたくないと回答する事でしょう。

しかし、そうとは分かって居てもやってしまうのが人間の愚かな部分なのかもしれません。

相手の気持ちではなく、自分の気持ちを優先してしまうのです。

フェードアウトする事が出来れば、自分は傷つく事を回避する事が出来ます。

ですが、フェードアウトされた相手はどうでしょうか。

その事をしっかりと考えなければなりません。

2. フェードアウトは良くない

恋愛をはじめた当初は、誰もが一生一緒に居たいと思い交際をスタートする事でしょう。

その結果、結婚までたどり着く事が出来る人々も勿論います。

しかし一方で、結婚までいく事が出来ない人たちが居るのもまた事実です。

結婚というゴールにたどり着く事が出来なかった男女は、いずれ別れを迎えます。

人生のうち、初めて付き合った人と結婚する事が出来れば幸せな事なのかもしれません。

しかしながら、今の時代そんな古風な恋愛をしている人は極稀です。

恋愛が低年齢化している事もあり、10代などの早い段階から交際相手が居る人々がいます。

その方々は、まだ結婚などを意識する時では無くただ恋愛を楽しんでいるだけに過ぎません。

そんな彼らは、環境が変わったりする中で心変りする事も珍しい事ではありません。

恋愛は、すれば良いと言うものでは無いかもしれません。

しかし、全く経験しないというのもいかがな物でしょうか。

多くの経験をする事は、決して無駄にはなりません。

手当たり次第に付き合う事は反対ですが、多くの人と真剣に交際する事は、結婚相手を見極める際にも大変重要なポイントとなるでしょう。

その為、多くの人と交際する事は良い事だとも言えるでしょう。

しかし、ここで忘れてはいけないポイントがあります。

新たな人と交際をする為には、今現在の交際相手と別れる必要があるのです。

別れを切り出すのは、別れを切り出されるよりも精神的に疲れるとも言われています。

相手に染められたり泣かれたりしてしまっては、自己嫌悪に陥ってしまう事もめずらしい事では無いでしょう。

その為、出来るだけ別れ話をせずに別れたいと願う事は誰にでもある感情でしょう。

ですが、その感情のままにフェードアウトしてみるとどうでしょうか。

あなたはスッキリした気持ちになる事が出来るかもしれません。

しかし、フェードアウトされた側の人はどうでしょか。

理由が分からず、悶々とした日々を過ごす事になってしまうかもしれません。

更には、自分の性なのかもしれないと自分自身を責める事もあるでしょう。

別れを切り出す事は、大変な作業です。

出来ればしたくない気持ちも分かります。

しかし、別れたいとあなたが思った以上、その大変な作業を引き受ける義務があります。

せめて相手の方が納得する事が出来るように、誠心誠意話をしましょう。

1. 責任感のない人だと思われる


恋愛は一対一で行う物です。

その為、その関係性の中には、二人にしか分からない事もあるでしょう。

喧嘩ばかりでいつ別れるんだろうと思っていた二人が一生一緒に居る事もあれば、仲良しだと思われていた二人が突然別れると言う事もめずらしい事では無いでしょう。

他人には分からない事が、恋愛には多々あるのです。

ですが、それが別れ話になると話は別です。

確かに、付き合うのも別れるのも当人同士の自由です。

しかし、共通の友人などにそれを相談する事によって第三者が参加してくる可能性があるからです。

お互い感情的になってしまっている時には、第三者の人の意見を聞く事も大事な事かもしれません。

ですが、それは第三者の方が中立な立場を持ってくれる場合のみです。

例えば、彼女が女友達に相談した結果、女友達が別れ話に参加してくるような場合には大抵男の男の人はボロカスに言われます。

女性の友情は脆いと言われがちですが、こんな時は俄然強くなるのです。

男の人は、基本的に女性に口では敵いません。

それが一対数人ともなってしまえば形成はかなり不利になってしまう事でしょう。

まして、あなたがフェードアウトしようとしている事が相手に知られた場合はどうでしょうか。

間違いなく、友人たちが牙を向く事でしょう。

共通の友人が多ければ多い程、あなたのした事がいかに酷い事かという話で持ちきりになってしまい、友人からの評価はがた落ちです。

恋愛は、個人がする物です。

ですが、終わり方を間違えると今後の友情にまで、ヒビを入れてしまう事にもなりかねません。

その為、フェードアウトをどうしてもしたいと考えている人は、それだけリスクが高い事をしている事を忘れてはいけないのです。

2. きちんと話を通すのが筋

恋愛は基本的に自由です。

例え、今日付き合ったとしても気持ちが変われば明日別れを切り出す事も可能です。

そこに法的な罰則は何もなく、いわば無法地帯です。

結婚となれば、法的な罰則も出るので多少落ち着いた生活が出来ますが、恋人同士の時はお互いにやりたい放題しようと思えばいくらでも好きにする事が出来るでしょう。

ですが、人間には倫理観というものがあります。

例えどんなに自由にやて良いと言われた所で多少の自制心は必要でしょう。

また、恋の終わりには最低限のルールとして相手にきちんと話をする必要があります。

最近では、私たちの周りにインターネット環境が多く普及しています。

その為、誰でも簡単に連絡をとる事が出来るという事もあり、別れ話すらメールなどを利用して行われる場合があります。

更には、話をする事すらめんどうだと感じる人はフェードアウトをしようとしている人さえいます。

別れ話をする事は、決して楽しい事ではありません。

相手を傷つけることが分かって居る状態では、尚更話をする事が嫌になってしまうでしょう。

ですが、別れを切り出す側の人は例えどれだけ面倒でも、相手に罵倒される可能性があったとしても、きちんと話をする必要があります。

それが少なくとも誠意である、別れる相手に対する優しさです。

直接話をするのでは無く、メールなどを利用したりフェードアウトする事で、相手に直接話をしない事は優しさでもなんでもありません。

単に自分を守ってるだけど行動に過ぎないのです。

それは相手に対して、大変失礼な事です。

どんなに面倒でも、話を通しましょう。

3. 信頼を完全に失う

恋愛は終わり方が大事だと言われています。

例えどんなに付き合って居る時に、良い交際相手を演じていたとしても、別れ方が酷ければあなたの評価は間違いなく下がって行きます。

別れる相手にどう思われようと関係ないと思う人も居るかもしれません。

しかし、人間はいつどこで誰と繋がっているか分からない物です。

噂はとてつも無く早い速度でまわって行きます。

それが本当か嘘かは関係ないのです。

その噂がきっかけで、あなたの信用は完全に失われてしまう可能性があります。

そればかりか、新たに好きな人が出来たとしてもその人があなたの噂を聞いていれば決して新しい恋に発展する事は無いでしょう。

別れ話をする事が面倒だと感じる人の中には、きちんと話もせずにフェードアウトを行ってしまう方もいます。

しかし、その冷たい態度は結局巡り巡ってあなたの元にかえって来ることでしょう。

人に優しくする事で、自分も他人から優しくして貰う事が出来るという考え方が日本にはあります。

それと同じように、他人に冷たい態度をとる人は同じような目に必ずあうように出来て居るのです。

自分がされて嫌な事は、相手にもしてはいけません。

これは小学校でも習う基本の理念です。

4. 人間関係を軽視している

交際のきっかけは人それぞれです。

学校や職場で一緒になった事がきっかけで交際をはじめる人も居れば友人や知人からの紹介によって交際をはじめる人も居るでしょう。

その他にも、ナンパや合コン・出会い系など本当に様々な出会い方があります。

どの出会いが良くてどれがダメと言う事ではありません。

例え、出会い系で知り合ったとしてもお互いが本気で交際をしているのであれば全く問題はなく周りからとやかく言われる筋合いは無いでしょう。

むしろ問題になりやすいのは、別れる時です。

どんな交際であったとしても、そのきっかけに対して周りがとやかく言うケースはあまりないでしょう。

ですが、別れる方法については周りからの意見が大きく関与してきます。

交際は二人でする物です。

ですが共通の友人が多ければ多い程、多くの人がその話に関与してくる事になります。

例えば、あなたが話し合う事を放棄してフェードアウトを選んだとします。

人間としては問題のある行為ですが、犯罪になる訳ではありません。

本人達の問題です。

ですが、それが友人・知人の耳に入るとどうなるでしょか。

周りから酷い人間と言われ軽蔑される事があるかもしれません。

今まで仲良くしていた人も、途端に自分から離れていってしまう事もあるでしょう。

そうなってしまってから後悔しても後の祀りです。

人間関係は作る事はとても難しい作業ですが、いざ失う時は一瞬です。

大事な友人すら、自分の周りから居なくなってしまうケースも十分に考えられるのです。

フェードアウトは一見簡単な方法に見えるかもしれません。

相手とのいざこざを考えれば、わずらわしさが無く、すっきりとした気持ちになる事が出来るのかもしれません。

しかし、それには大きな代償を払う事も多々あります。

その事が本当に分かって居るのであれば、そう簡単にフェードアウトをしようなどと思う事は無いのでは無いでしょうか。

例え別れたい程の相手だとしても、一度は好きになった相手です。

最後ぐらい気持ちよく終われるように努力してみてはいかがでしょうか。

フェードアウトのやり方とは?

先ほどから何度も説明しているように、フェードアウトは決して良い事ではありません。

本来であればきちんと話し合いを行う事が相手に対する誠意と言うものでしょう。

ですが、人間は頭では分かって居ても出来ない事が多々あります。

例え良い事だとは思って居なかったとしてもきちんとする事が出来ない事が人間らしいとも言えるかもしれません。

その為、フェードアウトしてしまう事も時には致し方が無いのかもしれません。

どうしてもフェードアウトをしてしまうのであればせめて完璧な状態で行ってください。

相手を傷つける事無く、きちんと行う事が少しもの罪滅ぼしです。

フェードアウトを行う人は、それだけ自分の事しか考えていない人とも言えるでしょう。

最後の最後。

面倒な時間を作る必要が無いのですから、少しは相手の負担が少なくて済むようにしてあげてください。

1. やるなら相手を傷つけない方法で

恋愛は相手のある事です。

その為、自分がどんなに頑張った所で上手く行かなくなるときは行かなくなってしまうのです。

反対に、相手がどんなにあなたの事を思ってくれていたとしてもあなたがその気持ちを重荷に感じる事があれば二人の関係はもう終わっていると言えるでしょう。

恋愛に理屈は通用しません。

『あんなにあなたの事を思ってくれている』と言われた所で、相手に興味が無くなってしまえばそこでおしまいです。

別れを決めるタイミングは人それぞれです。

どんな時であれ、本人が無理だと感じればそれが終わりの合図なのでしょう。

そこを責めるつもりは全くありません。

しかし、一つだけ忘れないで欲しい事があります。

それは相手の事を思う気持ちです。

あなたの恋心が冷める事は仕方のない事です。

それを責めるつもりは全くありません。

しかしながら、その際相手の気持ちを考える余裕をもってください。

お互いに気持ちが離れて居るのであればそれも仕方のない事です。

別れ話がスムーズに進む事でしょう。

しかしながら、そこに相手の気持ちがまだ残って居るのであればその気持ちを踏みにじるようなまねはしてはいけません。

せめて、相手が極力傷つかない方法で別れを伝えてください。

その為なら、嘘だって仕方がないかもしれません。

フェードアウトが最善の方法なのであれば、それも良いでしょう。

最後の最後に相手に優しく出来るかどうかで、あなたの評価は大きく変わって行きます。

今後の自分の人生の為にも、例え恋心が無くなったとしても、人間を思いやる気持ちを忘れてはいけません。

2. 完全に無視をしない

愛情の反対は怒りや憎しみでは無く、無だと誰かが言って居ました。

愛情がある時は、相手の事が気になり全てを知りたいと思う事でしょう。

その中で、相手に嫉妬したり怒ったりする感情はそれだけ相手の事を好きなのだと言う事になるのです。

ですが、愛情が冷めてしまえば、相手への興味が一切無くなります。

その為、無感情になってしまうのです。

そうなってはもう交際を続けて行く事は出来ません。

長い結婚生活の果てにそうなってしまう事は、仕方のないことです。

それも人間としては良くある事と割り切るしかないかもしれません。

しかし、恋愛は違います。

法律的な制約などは一切無く、お互いの気持ちのみで成り立っているような関係です。

その為、そこに愛情が無くなったのであればその関係を無意味に長引かせる必要はありません。

ですが、関係を終わりにするからと言っていきなりぱったり連絡をとらなくなる事はお勧め出来ません。

互いに離れていく分にはそれもまたいいかもしれませんが、あなたが先に心変わりをした場合、相手の方はまだ気持ちが残って居る場合があります。

その為、いきなりあなたからぱたりと連絡が来なくなれば驚くと同時に、深い悲しみに包まれる事でしょう。

更には、それがきっかけとなり恋愛をすること自体が怖くなってしまう事もあるかもしれません。

フェードアウトは、いきなり連絡をとらなくなる事ではありません。

次第に段々とと言う所が大きなポイントなのです。

そうする事によって、相手も状況を理解する事が出来心の準備をしておく事が出来るのです。

3. メールアドレスを変更する

フェードアウトとは、段々と連絡をとる頻度を下げ相手と会う回数を減らす事によって口で言わなくとも『別れたい』と言う気持ちを相手に伝える行為です。

ですが、その方法はどの人にも当てはまるかと言われればそうではありません。

相手がまだあなたの事をとても好きだった場合、何度も何度も連絡を取り何とか関係を修復しようと試みるかもしれません。

または、『今は忙しいだけだ』とあなたの真意を分かってくれない時もあるかもしれません。

そんな時、苦肉の策として利用される方法が、アドレスを変えると言う方法です。

これをしてしまえば、相手からの連絡をさける事が出来ます

そうする事で、静かな時間を手に入れる事が出来るかもしれません。

しかし、いきなり交際相手がアドレスを変えてしまい、連絡がつかなくなってしまった人はどう思うでしょうか。

絶望を感じる事でしょう。

更に、最も究極の選択は電話番号すら変えてしまうと言う事です。

アドレスであれば、自分で比較的簡単に変える事が出来ます。

今はLINEなどのアプリが普及している事もあり、アドレスを使用する機会もさほど多くは無いので、変更したとしても不便はさほど感じないでしょう。

しかし、電話番号は全く別の話です。

全ての関係先に連絡をする必要があり、かなりの手間と労力を必要としてます。

それだけの力を使ってでも相手と離れたいと思う事は、かなり追いつめられた状況なのかもしれません。

そんな時は、フェードアウトはも致し方が無いと言わざるを言えません。

どんなに頑張って連絡先を変えた所で、友人などから相手に話が伝わってしまっては全てが水の泡です。

そうならにする為にも、自分の周りにはしっかりと事情を話し理解して貰いましょう。

4. わざと借金を申し出る

相手を傷つけない方法の一つとして、相手に自分を嫌いになって貰うと言う方法があります。

別れ話がこじれる原因は、どちらか一方だけに気持ちが残っている場合です。

それがある事によって、なかなか踏ん切りがつかずズルズルと関係が続いてしまい、最終的にフェードアウトと言う方になってしまうのでしょう。

ですから、相手が自分の事を嫌いになってくれれば、それで全ては解決するのです。

相手に自分を嫌いになって貰う方法は色々あります。

浮気を繰り返したり、いきなり怒りだしたりと最低な人間を演じて見る事も出来ます。

また、いきなり借金を申し込むと言う事も出来ます。

お金の切れ目が縁の切れ目と言うように、人間同士の繋がりにおいてお金の存在はとても大きな物の一つです。

そこでトラブルが起きてしまえば、大きなきっかけにする事が出来るでしょう。

あえて酷い事をして、相手に嫌いになって貰う事は良い事とは言えないかもしれません。

ですが、生きていく上では時には優しい嘘も必要です。

それで相手が傷つく可能性が減るのであれば、それもまた仕方のない選択なのかもしれません。

フェードアウトを失敗するとどうなる?

フェードアウトは、基本的に良い行為とは言えません。

失敗する確率も高く、あまりお勧めの方法とは言えないでしょう。

ですが、常識的には良くないと分かって居ても時にはそうせざるを得ない時もあるかもしれません。

そんな時は、出来るだけ失敗の無いように、細心のちゅいを払って行いましょう。

もし、フェードアウトに失敗してしまうと今までの人間関係を全て失う事になってしまうかもしれません。

そればかりか、相手の怒りを買い思いもよらないトラブルに発展してしまう事もあるでしょう。

自分の身を守る事が出来るのは自分しか居ません。

身から出た錆とは言え、後から後悔してもしきれないような事件も最近は多々報告されています。

どんな人間にも必ず裏の顏と言うものがある物です。

その為、別れ話をする際は必ず相手の気持ちも考えながら話をするようにしてください。

1. ストーカーされる

近年、恋愛に関連するトラブルで最も多いものが『ストーカー』です。

昔は純愛と言われたような行為も、今ではすぐにストーカー扱いです。

自分が好きな人が同じことをしたとしても不快には感じないのに、人が変われば不快に思う。

それが人間のワガママな所なのかもしれませんね。

ストーカーは、何も勝手に始まるものばかりではありません。

むしろ『元交際相手』と言う肩書を持った方が多く居るのでは無いでしょうか。

元交際相手がストーカーになってしまう大きな原因の一つが、別れを相手が納得していないと言う所にあります。

自分がどんなに真剣に話をした所で、相手が分かってくれないと言う事もあるかもしれません。

そんな時、面倒になって連絡を突然取らなくなったりフェードアウトしてしまう事があります。

人間は完璧な生き物ではありません。

時にはそんな事も必要でしょう。

ですが、そのせいで相手の怒りを買う事もあるかもしれません。

結果、ストーカーという被害を受けてしまうのです。

人の気持ちは目には見えません。

例えどんなに親身になって伝えたとしても分かって貰えない時は分かって貰えないのです。

その為、フェードアウトをした人が100%悪いと言う事はないかもしれません。

しかし、少なくともフェードアウトをする事が相手の怒りに油を注ぐ事になってしまうかもしれないと言う事を忘れずに過ごしてください。

2. 恨まれる

恋愛は良い事ばかりが起こる訳ではありません。

相手が居る事なので、自分の意思に反して相手に不快な思いをさせたり嫌われてしまうような事があるかもしれません。

それは誰が悪いと言う事では無く、お互いに主張がありおそらくどちらも正しいのです。

ですフェードアウトをした人は少しだけ分が悪くなります。

フェードアウトをしている次点で、本来必要とされる話し合いの時間を放棄している事になります。

その為、その時間を取らなかった代償として相手に恨まれても仕方がないと言えるのかもしれません。

別れ話は楽しいものではありません。

逃げたくなる気持ちも分かります。

しかし、人間には逃げてはいけないポイントがいくつかあります。

そのタイミングで逃げてしまえば必ずその分の代償は払わなければならないのです。

最近では、安易にフェードアウトしたりSNSなどを通じて簡単に別れを切り出す人が多くなっています。

ですが、そのせいで恋愛に関するトラブルが増加しているのもまた事実です。

いいとこどりは愛りえないと言う事を忘れずに居てください。