子どものころ、秘密基地ってすごく憧れましたよね?

自分たちだけしか知らない特別の場所・・・、どうしてあんなにワクワクするんでしょうか?

その秘密の場所でお菓子を食べたり、漫画を読んだり、ゲームをしたり。

なんだか、いつもより倍以上に楽しく思えたりしたものです。

でも、大人になって秘密基地なんてもうどこにもない、と感じませんか?

それに、ひと昔のテレビとか映画で見たような木の上に自分たちだけの秘密基地を作るんて、現代では到底叶わないことかもしれません。

しかし、大丈夫です。

自分だけの空間、誰にも知られない秘密基地を作ることができるんです。

では、どこで秘密基地を作ることができるのか、年代別にご紹介していきましょう♪

秘密基地とは

みなさんは、秘密基地を作ったことってありますか?

もしかしたら、子どものころに友だちとどこか人からあまり見えない所に、自分たちの秘密基地を作った経験があるかもしれません。

秘密基地って、周囲に知られないように建設されたり、設置された拠点のことを指しています。

よくヒーロー戦隊もので、ヒーローも、悪役も外部からは知られてはいけない秘密のオフィスとか、拠点などを持っていますよね。

自分も外部の人からは知られない、自分たちだけの特別の空間があったら、なんだかワクワクしませんか?

人には言えないあれこれをそこでできるし、自分だけの秘密をそこに置いておけるなんて、ちょっとスリリングだし、日常のストレスとか圧力から逃げられる場所になるかもしれません。

子どもはもちろん、そんな秘密基地を作りたいと思うものですが、大人だって本音を言えば欲しいんですよね。

もしかしたら、大人だからこそ、日常生活に疲れてしまったり、ストレスがいっぱいの毎日を過ごしていると、なおさら秘密基地に帰って、自分の好きなことを好きなだけ楽しみたい、と思うかもしれません。

では、今から秘密基地を作るなら、どうやって作ることができるのでしょうか??

特別な大がかりなことをしなくたって、簡単に自分だけの世界を作り出せる、いろいろなアイデアをご紹介していきます。

年代毎の性別でみる秘密基地を紹介


ひとことで秘密基地とはいっても、じつはいろいろな形態があるらしいのです。

特に、年代や性別によって様々なタイプの自分にとっての秘密基地を作っているみたい。

そこで、年代別&性別に、どんな秘密基地を作っているのか、調べてみました。

10代

お金もないし、学校も勉強も忙しい10代。

一人でどこか遠くに行けるわけでもなかったり、だけど10代になると多感な時期でもあるので、一人でこもりたいって思う時の多くなりますよね。

10代は思春期ともいわれていて、感情を制御できなかったり、攻撃的になったり、イライラしたり、することがあります。

気分のムラが激しくなりますし、自分の心も体も変化していくことに自分自身で葛藤があったりするのです。

そんな10代には、ホッとできる自分の秘密基地があったら安心するかも。

何か大きいものを作れなくても、自分の部屋で自分の世界を作り上げることができちゃいます。

男子


10代の男子は、冒険心が盛んですよね。

だから、昔は友だちと裏山とかあまり人の来ない公園などに出かけてその辺を探索したりしたものです。

その中で、想像力を膨らましたり、いろいろと工夫をして自分たちで何かを作り上げる楽しさを覚えたりと、冒険心を満たしていました。

でも、最近はあまり外で遊ぶこともできないし、一人でゲームばかりやっているとつまらなくなるかもしれません。

それに、親に見られているとガミガミいわれるから、落ち着かないし、人に監視されているというのは、なんとも楽しくないものですね。

ということで、10代の男子も人目のつかないところで、思いっきり自分の世界を楽しむことができたらいいのではないでしょうか。

毛布や布団で簡易的な秘密基地を作ろう

よく、10代の男子がやっているのが、毛布とか布団で秘密基地をつくること。

ただただ毛布をかぶって真っ暗な状態にしているだけなのに、なんだか周囲とか隔離された、自分たちだけの空間のような気がしてワクワクしてきたりするんですよね。

毛布とか布団をかぶると意外にけっこう真っ暗になるし、毛布や布団のはじからちょっと周りを観察なんかしても、こちらに気づいていないお母さんの動く姿が面白かったりします。

その中で、ゲームをやっているのだけでも楽しいんですよね。

暗い中で、ゲームの光が光っていると、いつものプレイももっと刺激的になります。

真っ暗な布団の中で、ライトをつけて読む本も、その世界に浸りやすくてドキドキが増しますよね。

いつも読んでいる本も、また違った面白さがあるかもしれません。

実際にバーチャルな世界には入り込めないんだけど、そこに入り込んだような気分にさせてくれたりするものです。

段ボールなどで想像力を膨らませて

あと、段ボールとか使ってお部屋を作りましたよね?

段ボールをガムテープなどで張り合わせて、自分だけとか自分と友だちがギリギリはいれるサイズの空間を作ってみたりして。

そこには小さなのぞき穴を作って、周囲を偵察します。

段ボールの中は、秘密結社のアジトなのでそこでは大きな声では話せません。

小さな声で、ひそひそと秘密の情報をやり取りする感じが最高に楽しいんですよね。

段ボールの中は、もう別世界なんです。

ちょっと空間を仕切るだけで、段ボールの中に入るだけで、こんなにも自分のいつもの部屋が別世界に代わるのかと思うほど、想像力が掻き立てられてわくわくできますよ!

女子

10代のころの女子って、おませさんが多いですよね。

まだ子どもだった頃はお人形遊びとかしていたけど、ティーンになるともうそんな子どもじみた遊びはしない、って言ったりしているけど、ときどき無性にそれがしたくなったり、大好きだったぬいぐるみに抱き着いて、お話ししていたくなったり、人には見せられないような子どもっぽいことをしたくなる時もあるのです。

押入れを可愛くデコレーションして秘密基地に!

そんな10代女子は、押入れを自分の秘密基地に改造しちゃったりしていますよ。

自分のお部屋にある押入れの一か所に、上の段でも下の段でもいいのですが、マットなんかをひいて、さらに自分の大好きなアイドルの写真やポスターなどを張り付けたり、大好きな雑誌とかぬいぐるみとか、おもちゃまでもおいて、自分の好きなものに囲まれた空間を作るのです。

布や、アクセサリーなどでかわいくデコレーションすれば、そこは、まるでリカちゃんが住んでいるような世界に入ったみたいになれます。

押入れの中は、ちょうど一畳くらいの空間なので広すぎず、狭すぎずちょうど良かったりするんですよね。

そこで、秘密のお話をしたり、自分の大好きなものを思いっきり楽しんだり、人目を気にせずに少女にも、大人の女性にもなりきれちゃいます。

自分の部屋を秘密基地にして、みんなで集まろう

自分の部屋自体を秘密基地にしちゃうこともできます。

押入れはちょっと狭いから、友だちを呼ぶことはできないかもしれないけど、お部屋を秘密基地にすれば、友だちを読んでそこで秘密の女子トークを開催できます。

でも、お部屋全体だとちょっと秘密基地感が薄れるなら、お部屋の一部分を秘密基地にしちゃえばいいんです。

たとえば、お部屋の一部をカーテンで仕切って、そこには棚が収納してあるかと思いきや奥にはじつはスペースがあって、そこには自分の好きなものを隠し持っておいたり、親友と秘密のトークをする場所にしたり。

ロフトベッドの上なんかも最高ですよね。

ロフトベッドの上って、下からはあまり見えなくて視覚になる部分が多いから、そこに秘密の何かを置いておくのもいいかも。

自分の部屋の中にちょっと見えにくい空間を作っちゃえば、そこがみんなの秘密基地になりますね。

20代

社会人になる20代。

10代のころよりも、行動範囲も広くなりますよね。

自分で働くようになって、お金も少しは余裕がある人も出てくるかもしれません。

でも、20代のころは社会人としてもはじめてのことばかりで、毎日が勉強だったり訓練だったりして、自分という人間を磨く時期でもありますね。

まだまだパワーもあるし、フットワークも軽い時期なので、イベントにも参加しやすい年代です。

男子

20代の男性が、秘密基地を作ろうと思ったら、どこに行けばいいのでしょうか?

自分の部屋は、もしかしたら彼女とかが来るから秘密基地は作っておけないかもしれませんね。

彼女にはちょっと見せられないような、自分もしくは男子友達だけの空間を作りたいので、部屋の中は危険です。

個室の遊び場で秘密基地っぽく集まろう

そこで、個室の遊び場を秘密基地と称して、みんなで集まる場所にすることができます。

個室の遊び場ってどこ?

例えば、車のガレージ。

車を所有している人であれば、ガレージなどを借りているかもしれません。

一見、そこには車と車用品だけが保管してあるように見えるけど、実は奥に好きなものを並べて置くスペースを作っている人もいます。

ガレージなら誰か知らない人が勝手に入ってくる心配もあまりありません。

ガレージの中を自分の趣味のものでいっぱいにして、ライトなどをつけてテーブルも置いたりして、限られた友達を読んで遊ぶというのも楽しいですよね。

さらに、そのようなスペースがなくても、どこかカラオケの一室をいつも自分たちが集まる部屋にして、そこにみんなの好きなものを持ち寄って遊ぶこともできます。

秘密基地イベントに参加しよう

さらに秘密基地イベントに参加することもできますね。

20代は比較的まだ自由な人が多いですよね。

だから、イベントにも参加しやすいみたい。

自分の趣味とかが同じ人が集まるイベントとか、ちょっと限定的な条件をクリアした人しか参加できないようなイベントなどに参加して、日常の人付き合いとはちょっと違った友だちを見つけることができるかもしれません。

同じような趣味を持つ人が集まる、小さな秘密基地的イベントは、そこにいる人たちと共有するものがすでにあるので居心地よかったりするんですよね。

別に、その人たちについてのプライベートをよく知っているわけではなくても、親密感がすぐに生まれて仲間意識ができます。

”同志”がひそかに集まれば、もうそこが自分にとっての秘密基地になるんです。

そこに定期的に集って、同じメンバーとただただ話したりご飯食べたり、マニアックな話をしたりするだけで楽しいかも。

人脈を広げるっていう意味でも、ちょっと役立ちますね。

女子

20代の女性は、カフェとかおいしいお店とか大好きですよね。

いつも新しいお店を探していたりします。

会社と家の生き返りだけでは毎日はつまらないけど、おいしいお店とかホッとできるお店を見つけると、そこに気を使わない仲間で集って、その日や最近の出来後などを愚痴ったりしてストレスを発散させています。

秘密基地のような空間のお店で女子会をしよう

オープンな雰囲気のお店もいいけど、ちょっと奥まったところにあるような、こっそりとしたお店もいいですよね!

大通りに面しているところではなく、一本裏路地に入った落ち着いた雰囲気のお店は、いつものせわしなさを忘れて、ゆったりとした気分になれるかもしれません。

そんなお店を見つけて、会社の人とかに誰にも会わないような場所で仲間と女子会をするのはどうでしょうか?

さらに、お店の中が個室っぽくなっていたり、プライベートな空間が守られているようなゆっくりできるお店もおすすめ。

秘密基地のようなおしゃれ空間での女子会なら、きっといつものストレスだって発散できるし、素の自分を出せてホッとできるひと時を過ごせるかもしれません。

女子に取ったら、秘密基地のように、ちょっと隠れられる空間にいることにプラス、やっぱりおいしい食事やお茶が飲めると最高ですよね。

メイン通りとか、有名なお店ではなくとも、ちょっと小道にひっそりとあったり、小さいけど人気なお店って、そうゆう秘密基地的な雰囲気を持っていたりします。

だから、いつもは通らないような裏道とか、メインから外れた通りなどを歩いてみて、そのようなお店を発見しに行くのも楽しいかもしれませんね♪

マンガ喫茶などでひっそりと行うのもアリ!

もし、本当に誰にも聞かれたくないとか、内密のお話がしたいということであれば、漫画喫茶を秘密基地にするのもアリです。

漫画喫茶ってちょっと汚いイメージがあって、女性の中にはあまり好んで入らない人も多いかもしれませんね。

でも、最近の漫画喫茶ってホテルみたいになっているところもあるのを知っていますか?

落ち着いた雰囲気と清潔さのある、オシャレですっきりとした個室が用意されていて、完全個室なら鍵もついていて防音になっていたりするから、誰かに見られたり、話を聞かれたりすることもありません。

まったくのプライベート空間になるんですよ!

漫画喫茶のいいところはさらに、ドリンクバーがついていること。

ドリンクバーは何十種類ものソフトドリンクやスープなどが用意されています。

それに、フードなどもかなりこだわってカフェのようなおしゃれな物がそろっている、まさに女性向けのところもあるんです。

快適だし、だれにも邪魔されないし、個室なら完全なプライベート空間で、まさに自分たちだけの秘密基地になっちゃいますよ。

【漫画喫茶については、こちらの記事もチェック!】

30代

仕事も家庭もちょっと余裕が出てき始めるのが30代ですよね。

でも、家庭を持っているにしても子育てとかで忙しい時期でもあります。

そして、仕事では後輩などの指導なども任されるようになったり、役職がついてくることもあり、仕事と家庭の両立が難しいという人も多いでしょう。

でも、まだまだ30代は体力もパワーもあるので、忙しい中でもいろいろとアクティブに動くことができるはず。

経験も出てきて、自分の世界、生きていく環境というものもはっきり、そして色濃くなっていく中で、どんなふうに秘密基地を作っているのでしょうか。

男子

日々の仕事に追われ、アッという間に20代が過ぎ去っていったという30代の男性は多いですね。

そろそろ周りも結婚し始めて、家族からも「家族をつくりなさい」と圧力がかかる頃です。

仕事では、今までの指示される側から今度は指示を出す側へと変わり、いろいろな仕事を任されるようになる人も多いでしょう。

なので、明日の仕事を考えると、頭がいっぱいになったり、家族から結婚のことを言われるとめんどくさくて嫌になったりするときも、自分だけの趣味に没頭できる場所があれば、ストレスが解消できるかもしれません。

さらに、すでに結婚している人でも仕事は忙しい中で、子どもが生まれたり、住宅を購入したりして、家に帰れば大事な家族を守り、家族サービスだってしなくてはいけません。

でも、まだまだ自分も遊びたいので、そのバランスをとるのが難しいと感じる人も多いでしょう。

つまり男性にとって、30代というのは仕事面でもプライベートの面でも大きな変化が起きる時期なのです。

自由な時間とお金にいくらか制約がかかるかもしれませんね。

家族がいることは幸せなことだけど、でも時には夫でもお父さんでもなく、ただただ自分の世界に没頭したいときだってあります。

では、そんな時には、みんなどこに秘密の基地を見つけているのでしょうか??

趣味の世界で自分たちだけの場所を探そう

30代になって、新しく趣味をはじめる人は多いようです。

特に、20代はエネルギッシュに自分の好きなことを好きなだけやってきたけど、家庭や仕事の責任が増したときに、20代のころのように自由に時間もお金も使えなくなることがあります。

そうなると、少ない投資で始められて、手間があまりかからないそんな趣味を見つけるようにする人もいます。

もちろん、今までの趣味を継続して極める人もいますが、やっぱり自分が何も考えずに没頭できるのは趣味だったりするので、趣味を通じて自分の居場所というものを見つける、というのが秘密基地の見つけ方、として多いようですね。

大人の男性としての生活の中に、自分のとっておきのこだわりの”何か”を追求し、披露できる場所、例えば同じ趣味を持つ人の家、カフェ、自宅の一室などを特別な場所として、自分の今の年齢も立場も役職も関係なく、とにかく趣味に無我夢中になれる場所にすることができるでしょう。

秘密基地を探して、いろいろなところに出かけよう

さらに、今まで行ったことのないいろいろなところに出かける、というのもとてもいい気分転換になるし、そこで自分しか知らないようなとっておきの秘密基地を見つけることができるかもしれません。

仕事と家庭で忙しいとはいえ、毎日の生活がつまらなくなったら、どちらにも本領を発揮できなくなってしまうかもしれません。

それで、毎日の生活の中に刺激を求めて、あるいは自分が気を張らなくてもいい居場所を求めて、ちょっといつもより遠出してみるのもいいですよね。

いつもより2駅くらい離れたところまで足を運んで、ブラブラと歩いてみたり、30代になると大体みんな持ち始めるマイカーで新しい土地に行ってみたりして、日常とはかけ離れた場所に秘密のお気に入りスポットを見つけてみるのはどうでしょうか。

仕事や家庭に疲れたら、そこでちょっと心も体も休憩できるような、そんな安心できる居心地のよい場所を見つけておくと、変化が多くストレスを抱えやすい30代も乗り切れるかもしれません。

女子

女性も30代の頃が一番、仕事と家庭とのバランスが難しいと感じるのではないでしょうか。

20代のころとは違って、仕事も家庭も落ち着きたいと思い始めるし、結婚していないならかなり焦りが見えるのが30代。

もし結婚して子どもがいるなら、子どもの育児などで追われる時期でもありますね。

30代になるというのは、女性にとって大きなストレスになることもありますが、それでもいろいろな経験を経て落ち着いたり、自分という人間がわかってくるという内面では、人として美しくなる時期でもありますから、ぜひ積極的に30代を過ごしたいですよね。

そんな30代の女性にとっての、なんの心配もない、リラックスできる秘密基地は、ちょっと大人な女性としてのオシャレ感も大事みたいですね。

秘密基地の施設を利用して楽しもう

そんな30代の女性に人気なのが、マンションの共用施設などにある「女子会ルーム」みたいな秘密基地。

マンションも最近はかなり共用施設の真価が進んでいるんですね。

女子会ルームだけでなく、囲炉裏部屋とか、カプセルカラオケなんてものまであるところがあるらしいですよ!
今までのマンションの施設といったら、プールとか温泉とかフィットネスクラブとか、みんなで使う、といった感じでしたよね。

それが、最近「個」のための施設に変化してきているらしいのです。

このような施設を展開している「ザ・ミリカシティ」によると、街づくりを「人生を楽しむ家」としていて、人生を楽しむために「週末、秘密基地」となるような施設を作っているそうです。

マンションの施設なら、そこに住んでいる友だちがいれば利用できるし、わざわざ遠くに行かなくてもいいから、忙しいアラサー女子もいいかもしれませんね。

今後、そのような施設が整ったマンションも増えるかもしれませんので、これから新しくマンションの購入も考えている女子たちはチェックしてみてくださいね。

40代

そろそろ、体の衰えも感じ始める40代。

家庭がある人は、子供の教育とか進学とかを考えて必死に働いている人も多いですよね。

40代って、大人としての余裕感がありますよね。

それに、もう子どもみたいにはしゃぐことはないけど、少年少女のような心を持ち合わせている人も多く、そんなギャップが素敵だったりします。

それに、そのくらいになると自分の趣味を極めている人も多いですね。

男子

40代の男性たちは、いろいろと経験があるから落ち着いていて、周りからの信頼感も持たれることが多いですよね。

もう「おじさん」なんだけど、大人の余裕感と安心感があるので、意外とモテたりもするらしいですよ。

まあ、もちろんどんな40代になるかでモテるかモテないかの差が大きいみたいですけど、一緒にいて楽しい40代になれたらいいですよね。

仕事でもある程度の役職がついていて、上司とも部下ともうまくやっていかなくてはいけない難しいポジションになることも多いですが、プライベートでの上手に時間をとっていて、趣味とか充実させてこだわりを持っていると、かっこいい40代にみられるみたいですね。

本格的な秘密基地を作ろう!

そんな大人の余裕がかっこいい40代男性の秘密基地は、なんとも本格的なものが多いんです。

こんなの作っちゃったの!?と思うくらいのクオリティーで、こだわりの空間を作ったりしています。

例えば、裏庭に自分で板などを買ってきて小屋を建てちゃったり、趣味の部屋を一部屋作っちゃったり、車を改造してワンルーム空間みたいにしちゃったり。

夢のマイホームに、隠し扉を作って小さな秘密の部屋を作る人もいるみたいですよ。

40代の大人が遊びだすと、いよいよ本気モードになるんですね~。

でもそれもこれも、マイホームを持っていたり、自分の趣味に使えるマイカーを持っていたりと、大人にならなければできないようなことばっかりです。

40代の今まで必死に頑張って働いてきた自分へのご褒美として、こだわりのマイスペースを作るのはいいですよね。

中途半端ではなく、本格的にトコトンやっちゃうのが40代みたいです。

渋めのもので部屋を飾ろう!

40代は渋めのもので、落ち着く空間を作るのがおすすめ。

木材を上手に使って木のぬくもりがあふれる空間を作ったり、ダークな色調のちょっとアンティークな家具を置いて自分の書斎を作ったり。

ゆっくりと自分の時間を楽しめる空間を作るのが、大人の秘密基地計画です。

40代男性の魅力はそのジェントルマンな雰囲気と、大人の遊び方を知っている余裕感だったりしますよね。

そんな雰囲気たっぷりの遊び心があるけど、渋いイメージでお部屋を作ると、かっこいい大人の男性の秘密基地ができます。

女子

40代の女性は、子育ても頑張ってきたり、仕事に一生懸命だった人はキャリアを積んだ大人の女性としての魅力を積み上げてきたでしょう。

それで、若い時のようなピチピチ感はないけど、大人の色気があるのが魅力ですよね。

そんな大人女子も、ゆっくりと時間の流れる安らぎ空間が必要だし、友だちと若い気持ちに戻って女子トークができる場所もたまには必要です。

自分だけのやすらぎ空間を作ろう

40代になって、まだまだ育児で忙しいママさんも、子どもたちの成長に伴って不安やストレスが多いことでしょう。

子どもが思春期になると、今までの子どもとの関係が変わってくるし、旦那さんとも昔のドキドキ感が薄れてきて、なんだか疲れ果てることも多いかもしれません。

それに、家庭での主婦としての仕事を一生懸命頑張っていても、それが当たり前のようになって感謝されなかったり、自分の時間なんて全然取れていなかったりすることもあるかもしれません。

仕事で頑張ってきた40代女性も、職場での風当たりとか、これからの人生について考えると時に落ち込んだりすることってありますよね。

そのように心も身体も疲れてしまっているときには、自分だけのやすらぎの空間で、ホッと一息入れられると、また頑張れるかもしれませんね。

それで、自分の家の中でも、外での家族にも、職場の人にも邪魔されない、そんな時間と空間を見つけるといいみたいです。

例えば、お庭に小さなテーブルとイスを置いてみたりして、そこでゆっくりとコーヒーとスイーツを楽しんだり、仕事の帰り、家に帰ってご飯を作ったり家事をする前にちょっとドリンクタイムをとれる公園を見つけたりできます。

でも、毎日時間に追われる40代の忙しい主婦であれば、そんな時間はない、という人も多いので、一日の終わりのバスタイムのお風呂場が秘密基地になることもあります。

お風呂場では、自分の大好きな香りのバスソルトを入れて、音楽をかけて、10分20分だけでも読書をしてみたり、アロマを焚いて好きなドラマやマンガを見たりできます。

個室のお店で楽しくお茶会

さらに、40代も女子会が楽しいんですよね。

でも、40代の女子会は20代のころとはちょっと違います。

やっぱり必要なのは個室。

個室じゃないと、周りが気になって、ゆっくり日常のことを忘れて自分の時間を楽しめないからです。

個室で、普段は頼まないようなちょっと贅沢なお茶とスイーツをいただくと、気分がリフレッシュするかもしれません。

友だちとうるさくワイワイするよりも、落ち着いたところで大人トークができるのが、いいんですよね。

女性も40代にもなると責任が多く、気を抜いたり羽目を外すこともあまりできないので、時には気を遣わずに愚痴をずーっと言っていたいときもありますから、そんな時にも個室のゆったりとした空間が必要です。

旦那にも知られない、子供にも見られない、仕事仲間もいない、そんな空間でゆっくりとお茶会ができる場所が彼女たちの、いつもの仮面を外すことのできる秘密基地になるのでしょう。

まとめ

子どもだけでなく、大人になっても必要な自分の特別な場所。

周囲の人の目から解放されて、素の自分が出せたり、自分だけの秘密の空間を作ることによって、毎日にちょっと刺激とワクワクをプラスすることができますよね。

みなさんも、ぜひ自分のとっておきの秘密基地になれる場所を探してみてくださいね!