最近テレビやネット、書籍などでブレークスルーという言葉をよく見かけると思います。

特にビジネス方面でよく聞くかと思います。

それではブレークスルーという言葉の意味はどのようなものなのでしょうか?ブレークスルーとは英語ではbreakthroughと書きます。

辞書では「突破口」という意味になります。

breakの~を壊す、という意味を持った単語とthroughの通過する、貫通するなどの意味を持った単語を合わせた単語です。

それでは最近よく聞く巷でのブレークスルーの使い方や意味も突破口という意味で使われているのでしょうか?実はブレークスルーという言葉を使う対象によって意味が変わって来るのです。

今回はブレークスルーの意味や使い方を色々なケースごとに説明してゆきます。

巷で使われるブレークスルーの意味や使い方が分かり、ご自身のプレゼンや会話で活用も出来るようになるでしょう。

ブレークスルーとは?

前置きでブレークスルーとは突破口という意味があると書きました。

そしてブレークスルーという言葉は使う対象で意味が変わってきます。

ブレークスルーという言葉はbreakとthroughの二つの英単語が組み合わさって出来ていますが、breakの~が壊れるという意味とthroughの通過するという意味、どちらもそれだけではポジティブな意味にはなりませんが、ブレークスルーという言葉は現状打破や急成長などポジティブな意味で使われています。

共通する意味としては今までの状況からよい意味で大きく変化をする事が挙げられます。

それでは色々なケースでどの様にブレークスルーという言葉が使われるか見てゆきましょう。

人に使う意味


まずは人に対してブレークスルーという言葉を使う場合の意味ですが、個人が自分の殻を破り、現状を大きく変え、前進する意味で使われます。

例えばスポーツでスランプに陥りどうしても結果が付いてこない時、その現状から前向きに気持ちや考えを改めてある日大きな転機を迎え、現状を打破して大きな飛躍をすることがありますが、そのようなよい意味での大きな転機を迎えた人に対してブレークスルーをしたというように使うのです。

現状を打破し大きく前進すること

上記の例のように現状を打破して個人が大きく前進したときにブレークスルーという言葉を使います。

日本語にすると一大転機や現状打破が近い意味になります。

スポーツ選手だけでなくビジネスシーンでもこのブレークスルーという言葉は使われます。

ビジネスで成績が伸び悩んでいる場合や大きな障害で停滞している場合、その伸び悩みや障害を考え方を変えることで行動や結果を変え、結果として現状打破をして大きく前進することもブレークスルーを起こしたといえます。

会社に使う意味

ブレークスルーという言葉は個人だけではなく、会社にも使うことが出来ます。

会社自体の成長が停滞していて、その停滞から様々な企業の努力や革新的なアイディアで現状を変え、大きく成長してゆく際にその会社はブレークスルーを果たしたといえるのです。

会社の場合はこの例のように会社全体のブレークスルーにも使えますが、より細かい分類でも使うことが出来ます。

例えば、「○○社が飛躍するためには営業でのブレークスルーが必要だ。」という表現や「○○社は革命的な技術革新を果たしてブレークスルーを果たした。」などと使うことが出来ます。

会社が急成長すること


このように会社が急成長することにブレークスルーという言葉を使うことが出来ます。

会社が長年停滞していて何かのきっかけで急成長することがブレークスルーを起こしたと表現出来ます。

会社でも個人でも現状を大きく打破して急成長や大躍進を果たした際にブレークスルーという言葉を使うのです。

あなたの周りにもブレークスルーを果たした人やブレークスルーを起こした会社は存在しますでしょうか?もし存在するようでしたらあなたも参考にしてみてはいかがでしょうか?

科学者が使う意味

科学者がブレークスルーという言葉を使うこともあります。

科学者は日々研究にいそしむ毎日を送っていますが、大きな発見や開発を成し遂げるには画期的なアイディアや今までになかった研究のやり方が必要になったりします。

その画期的なアイディアが閃き大きな成果が出た場合にその科学者はブレークスルーを起こしたといえるのです。

有名な歴史の偉人のエジソンは電球を発明した人物として有名ですが、電球を発明するまでは数々の失敗をして長い間停滞していました。

しかし一瞬の閃きを採用して電球を発明したのです。

まさに閃きを得た瞬間が長い停滞から抜け出し電球を発明するエジソンがブレークスルーを起こすきっかけになったのです。

従来の考え方の枠を打ち破った考え方で解決策を見出すこと

この科学者がブレークスルーを起こすには、従来の考え方を打ち破り、まったく新しい考え方で解決策を見出すことが必要です。

元々発明や発見は閃きや今までにない考えや発想から導き出されることが多くあります。

閃きや今までにない考えこそブレークスルーのきっかけになります。

そのため発明や発見にはブレークスルーを起こすことが必要といえるのです。

その閃きを得るために科学者には瞑想をする人もいます。

瞑想状態で閃きを得るのです。

科学者が瞑想をするとは意外かもしれませんが、世界的に有名な起業家も瞑想をするなど閃きを得ることに瞑想は有効なのです。

いずれにしても飛躍や前進する時に使う言葉

このようにブレークスルーという言葉は個人や企業、科学者の間でも使われる言葉なのですが、どのようなケースでも飛躍や前進をする時に使われる言葉です。

とてもポジティブな意味があり、しかも大きな成果や大転機になる出来事や、それを起こすきっかけになる閃きや考えに対してブレークスルーという言葉を使うことが出来るのです。

ブレークスルーは誰の人生の中にも起こる可能性があります。

所属している組織がブレークスルーを起こす場合もありますし、スポーツやビジネス、発明など個人の成果でもブレークスルーが起きる場合もあります。

どのようなケースでもブレークスルーが起きると物事は大きく前進します。

どういう時に使うのか

ここでは具体的にはどのような状況でブレークスルーという言葉を使うのかを詳しく見てゆきます。

ブレークスルーという言葉は今では日常会話やビジネスの現場でよく使われるようになりました。

そこでどのような時のブレークスルーという言葉を使うのかを知り、実際の日常会話やビジネスで使ってゆきましょう。

ブレークスルーの使い方を知れば新しい会話の繋ぎ方が増えることになりますので、あなたの会話の幅も広がります。

それでは具体的な例を交えながら説明してゆきます。

今まで倒せなかった相手を倒したとき

まずは今まで倒せなかった相手を倒したときです。

例えば高校野球。

長年のライバル校がいて、その相手のライバル校にはどうしてもあと少しの点数で勝てない。

試合途中までは勝っていたのに最後には逆転されてまた負けてしまった。

そんな状況が何年も続いていた野球部が、革新的なトレーニング法や考えをする新コーチの就任でチームの質がガラリと変わり大きく実力を上げ、念願の宿敵であるライバル校に勝った瞬間、彼らはブレークスルーを起こしたといえるのです。

そのブレークスルーは新しいコーチが指導をし始めた時から始まっていたといえますが、ブレークスルーが起きた瞬間は正に勝利の瞬間に起こったといえるでしょう。

またボクシングなど個人で競うスポーツでもブレークスルーという言葉を使うことが出来ます。

それまでは成績が伸び悩み散々な成績だったボクサーが、他の選手には出来ないフットワークを独自のトレーニングで体得して一気に勝率を伸ばして、今まで倒せなかった相手を倒し大活躍することもブレークスルーを起こしたといえます。

このように今まで倒せなかった相手を倒した時にもブレークスルーという言葉は使うことが出来ます。

今まで誰も超える事の出来なかった世界記録を突破したとき

世の中にはギネスブックやオリンピックなど色々な記録を競う場があります。

アスリートや挑戦者はその記録更新を目指して日々訓練をしています。

そんな彼らが今まで誰も超える事の出来なかった世界記録を突破した瞬間、彼らはブレークスルーを起こしたといえるのです。

例えば陸上競技の世界で有名なボルト選手。

彼は陸上で世界記録を突破して世界を驚かせましたが、その記録突破の瞬間がブレークスルーの瞬間です。

フィギアスケートの羽生選手も世界記録を打ち立てましたが、スコアが発表された瞬間、彼はブレークスルーを起こしたのです。

このようにスポーツの世界ではブレークスルーがよく起こる場でもあります。

そしてスポーツの世界ではなくても世界記録を突破することが出来ます。

ギネスブックでは様々な世界記録が登録されていますが、一般の人でも記録を作ることが出来るものも多くあります。

例えば数の多さや作ったものの大きさを競うものもあり、世界一大きな寿司などを作れば世界記録を突破することが出来るのです。

その世界一大きな寿司を作り上げた瞬間がブレークスルーの瞬間です。

スポーツ選手ではなくても世界記録を突破してブレークスルーを起こすことが出来るのです。

ずっと低迷していた会社の商品開発がヒットして売り上げを大幅に上げたとき

ブレークスルーという言葉は商品開発が成功した際にも使うことが出来ます。

メーカーの商品が中々売れずにずっと低迷していた状態が続いていたとします。

その会社の商品開発で出来上がった新商品が売れて売り上げが大幅に上がった時、その会社はブレークスルーを起こしたといえます。

世の中の商品にはそのように会社を救ったともいえるヒット商品があります。

誰でも知っているインスタントヌードルの商品には、その会社の他の商品は思いつかないが、そのインスタントヌードルは誰でも知っているというものがあります。

この商品は低迷していた会社を救ったブレークスルーを起こした商品かも知れません。

またアメリカのある方はビジネスが上手くいかず行き詰まっていました。

どうにもならない状況まで追い込まれた時に、ある状況から新しいシャンプーを発明することを思いつきます。

そのシャンプーとは馬の身体からとれる馬油を使ったシャンプーでした。

結果馬油シャンプーは大ヒットして彼は会社と家族を救うことになります。

馬油を使った新しいシャンプーを思いついた瞬間が彼にとってのブレークスルーの始まりです。

このように、ずっと低迷していた会社の商品開発がヒットして売り上げを大幅に上げた時に、ブレークスルーが起きたといえるのです。

今まで治らなかった病気の特効薬が開発されたとき

医療の分野でもブレークスルーという言葉は使われます。

今まで治らなかった病気の特効薬が開発された瞬間は医療の分野でのブレークスルーが起きた瞬間です。

人類に多大な貢献をするブレークスルーです。

不治の病として恐れられているエイズという病気があります。

体の免疫機能が働かなくなり様々な病気を併発して死に至る恐ろしい病気です。

残念ながら未だに特効薬はありませんが、症状を抑える薬は発明されました。

そのため早い段階でその薬さえ服用すればエイズで死ぬことはなくなったのです。

この薬のお蔭で多くのエイズ患者は死の恐怖から救われたといえます。

この薬の開発された時がブレークスルーが起きた時といえます。

また薬だけではなく、画期的手術方法や医療機器の開発がされて大きな成果に繋がる時は、それもブレークスルーが起きた時になります。

この様に医療の分野でもブレークスルーという言葉は使われるのです。

科学者が今まで誰もわからなかった謎を解いたとき

科学の世界は日々新しい発明や発見の連続です。

科学者が長年の謎を解いた時、それはブレークスルーの瞬間です。

そしてその謎解きは、人類に大きな貢献をすることが多くあります。

天才といわれる科学者が説いてきた多くの謎は、解明された後に新しい技術や製品の開発に利用されます。

そのため科学者が謎を解くことは大きなブレークスルーを起こしたといえるのです。

よくある使い方を紹介!

ここまでブレークスルーの意味や語源、その様々なケースでの使われ方について説明してきました。

ここからはブレークスルーという言葉をどのように使うのかを、よくある使い方の例文を交えて紹介してゆきます。

具体的な例文を元に応用することで、あなたもブレークスルーという言葉を使えるようになるでしょう。

具体的な例文

それではここから具体的な例文とその例文を使える状況をお伝えしてゆきます。

様々なシーンで使える言葉ですから、是非応用して使ってみてください。

ブレークスルーな思考で一気に飛躍する

ブレークスルーな思考で一気に飛躍する。

この例文は主に個人で使うことが出来る例文です。

仕事やスポーツに対して全く新しい発想を取り入れることや、その新しい発想を取り入れた思考法で一気に飛躍する際に用いられます。

会社の経営者にもこの例文の考え方は当てはまります。

今までにない経営方針、思考法で新たな道や大幅な利益の拡大を目指す際に使われます。

そのような状況にある会社内でのプレゼンや会議で例文のようなブレークスルーという言葉を用いた文を使うと効果的です。

あなた自身の現状打破をしたい部分にもこの例文の表現が当てはまるでしょう。

彼はまだブレークスルーをしていない

この例文は比較的良くない意味で使われることもあります。

結果を中々出せない部下を見て、上司が使う言葉でもあります。

その部下の成果が伴わない現状に対して用いているのです。

しかし、前向きに捉えれば将来のその人の可能性に期待をしている言葉ということも出来ます。

ブレークスルーを起こして現状打破をして大成長することを期待していると捉えれば、前向きになれるというものです。

もしあなたが上司からこのような例文のような言葉をかけられたとすれば、その言葉を前向きに捉えて将来実際にブレークスルーをするように努力してみましょう。

あの会社はブレークスルーで一気に名が知れた

この例文は会社の成長を褒める場合に使われます。

革新的な発明や手法を開発した会社が大きく成長した場合、世間にも一気に名が知れることになるでしょう。

そのような会社に対する賛辞としてこの例文のような褒め方が使われることがあります。

アップル社のiphoneは携帯電話の世界に革命をもたらしました。

今では誰もが知るスマートフォンですが、iphoneの開発、販売によって世界中でブレークスルーを起こしたといえます。

このように企業の世界では大小様々なブレークスルーが起きています。

あなたの周りでもブレークスルーを起こした会社があるようでしたら、この例文のような言葉で賛辞することが出来ます。

明日にでもどこかの研究者がブレークスルーが起こすかもしれない

研究者の間では研究所同士で新発見に向けて日々競争が続いています。

そんな研究者たちの間では例文の様に「明日にでもどこかの研究者がブレークスルーが起こすかもしれない」と話されているのです。

この場合のブレークスルーとは新発見や謎解きをすることになります。

その発見がその後の大きな発明や研究所の成果に繋がるので大切なことになります。

ブレークスルーを起こす可能性がある研究者だけではなく、組織やその他の人物に対しても使える表現でしょう。

ブレークスルーとなる技術開発

ブレークスルーとは現状打破や突破口を開くこと、新たな成果や大きく成長することを指します。

そのため新技術の開発にもブレークスルーという言葉を使うことが出来ます。

会社のプレゼンで「ブレークスルーとなる技術開発を推進しましょう!」などと発言することも出来ます。

ブレークスルーな思考を持つために

これまで見てきたように、ブレークスルーな思考を持つことは人生に大きな影響を与えます。

そしてその影響は個人にも企業にも及びます。

そのブレークスルーの効果を知ると、誰でもその考え方を取り入れて実人生に役立てたいと思うのではないでしょうか?上手くブレークスルー思考を取り入れることが出来れば、現状を打破したり大きな急成長をすることも決して夢ではありません。

思考を変えることで現状を変える選択や行動をとることが出来るようになるのです。

思考を変えることが重要なので、自分の中でブレークスルーに繋がる考えを生むことが出来るのです。

コツを掴めばお金をかけずに新たな思考法を身に付けることが出来るようになるのです。

今まではブレークスルーという言葉を使うことに重点を置いてその言葉の意味や使用例などをお伝えしてきましたが、この章では自分でもブレークスルー思考を実際に取り入れて、ブレークスルーを自分の人生で起こすためのポイントをお伝えしてゆきます。

あなたもブレークスルー思考をするためのコツをつかんで、実際にブレークスルーをするための思考をしてゆきましょう。

それではひとつひとつ説明してゆきます。

選択を迫られたときに簡単な道ではなく困難で達成感のある道を選ぶようにする

人生は選択の連続だといえます。

就職や結婚など個人の人生での選択はもちろん、仕事の大きなプロジェクトでの方針を決める選択や、どちらの会社に入るのかなど色々な場面で選択が迫られます。

ブレークスルー思考では選択を迫られた際、簡単な道ではなく困難で達成感がある道を選ぶことを進めています。

この場合の選択は結婚などの選択は含まれません。

仕事での大事な場面での選択など、困難を伴うものが挙げられます。

ではなぜブレークスルー思考では困難な道の選択を進めるのでしょうか?ひとつにはそこの達成感や充実感、やり遂げた際の仲間との連帯感が得られるというメリットがあるからです。

そしてあえて困難な道を選ぶことで新たな能力やアイディアが生まれやすくなるのです。

簡単な道では今まで通りの思考で出来てしまうので新しい能力やアイディアは生まれにくいのです。

困難な道を選択したときに生まれる新しい能力やアイディアが、正にブレークスルーを引き起こすのです。

ポジティブでチャレンジ精神を持つ

ただし、困難な道を選択しても気持ちがネガティブになってしまっては逆効果です。

もちろん人ですからネガティブな気持ちになることはあるでしょう。

それは全く問題ありません。

しかし基本的にはポジティブで冒険心旺盛なチャレンジ精神を持つことが大切です。

そのような精神が新しい能力やアイディアを生む母体になるのです。

さらにそんなポジティブな仲間がいれば効果はさらに高まるでしょう。

皆の意見や情熱が合わさり、相乗効果で大きなブレークスルーを生む可能性があります。

ポジティブな精神で仲間と共に困難な道を切り開き、ブレークスルーを引き起こすのです。

大きな壁に落胆せず、その壁を「試練」として受け止めるようにする

とはいっても人生には時として大きな壁が立ちふさがる時もあります。

その様な時こそ大きく変化できるチャンスが表れたと思うのです。

人生に現れる壁を障害とは思わずに、試練として受け止めるようにするのです。

そのようにして受け止めることが出来れば、障害は試練に、試練はチャンスに変わります。

チャンスとして捉えることが出来るようになれば後はそのチャンスを生かして成長するだけです。

このように物事は変わらなくても、考え方を変えることでその後の結果が変わってゆきます。

正にブレークスルー思考でブレークスルーを起こすことが出来るようになるのです。

【試練を乗り越えるためには、こちらの記事もチェック!】

大きな壁にぶち当たった時に、しっかりとその問題を明らかにする

その壁を超えるコツとしては、しっかりとその問題を明らかにすることが大切です。

問題点にしっかりと向き合い、しっかりと分析をすれば解決策も浮かんでくるでしょう。

幽霊の正体見たり枯れ尾花、ということわざがありますが、問題から逃げずに向き合うと意外と解決策が浮かんでくるものです。

一人では難しく思える問題も、複数で対処すればもっと簡単に解決出来る可能性が高まります。

ブレークスルーが起きて閃きが起こることもあります。

壁にぶち当たった時はその問題を明らかにしましょう。

問題の正体が分かれば解決策が閃き、ブレークスルーが起こる可能性が高まります。

常に成長する気持ちを持つ

ブレイクスルーが起きると会社が急成長したりスランプだったスポーツ選手がスランプを抜け出して大きな成績を残したりと短期間で大きな変化が訪れます。

しかし、その変化を起こすには普段の心構えが大切なのです。

その心構えとは常に成長する気持ちを持つことです。

そうすることでチャンスを見逃さないマインドが形成されますし、周りにも良い影響を与え、あなた以外の仲間がブレイクスルーを起こすきっかけを生む可能性もあるのです。

その可能性を活かすのも常に成長する気持ちを持つ人だから出来ることなのです。

常に成長する気持ちがあるからこそブレイクスルーが起きるのです。

一見ブレイクスルーとは関係ないと思える普段の成長しようとする気持ちが閃きや革新的なアイディアを生み出します。

ブレークスルーした時のことをイメージする

また普段からブレークスルーをした時のイメージをしておきましょう。

人間の脳はイメージしたことと現実の区別がつかないので、リアルに実感できるイメージに反応して、そのイメージの実現に必要な情報を集める働きがあるといわれています。

会社でしたら会社の大きな成長を、個人でしたら仕事での成績の大幅なアップを、スポーツマンならば現状を打破して偉大な成績を収めている自分をイメージしましょう。

リアルなイメージによい影響を受けてブレークスルーをするための情報を脳が探してくれることになります。

その結果、閃きや感といった形でブレークスルーが起きるきっかけになる情報を得ることが出来るでしょう。

ブレークスルーを起こすために瞑想をしてみる

あなたは瞑想をしたことはあるでしょうか?何か宗教的なにおいがして敬遠している方もいるかも知れませんね。

しかし最近は大企業が瞑想の研修をしたり、実際経営者の多くが瞑想をする習慣を持っているといわれます。

では、瞑想をするとどのような効果がるのでしょうか?まずはリラックス効果が挙げられます。

瞑想をすると脳波がリラックスした時に現れるアルファ波や、さらに深い瞑想状態になると現れるシータ波が表れてきます。

これらの脳波が表れている時、脳を始め人間の身体はリラックスをしているのです。

そして数十分から1時間の瞑想で得られるリラックス効果は数時間の睡眠に匹敵するともいわれています。

そして瞑想中や瞑想をした後には閃きやアイディアが得られやすくなるのです。

この閃きやアイディアがブレークスルーを生み出す元になるのです。

そのため経営者や大企業の人々が瞑想を生活に取り入れて、そこから得られる閃きやアイディアを仕事に活かしているのです。

またリラックスすることでストレスも解消されるので、瞑想には健康効果も期待出来ます。

瞑想をすることでブレークスルーを起こす閃きやアイディア、そして健康的な心身を得ましょう。

ただし、瞑想には暗示が入りやすくなるなど使い方によっては危険な面もあるので、信頼できる講師の下でやるか、自宅で自分で出来る範囲で行いましょう。

最後に

いかがだったでしょうか?ブレークスルーという言葉を聞いたことはあっても実際にご自身で使ってみたり意味を知っている方は少なかったかも知れません。

意味としては前向きな意味で現状を打破して大きな前進をするという意味でしたが個人はもちろん、企業や医療分野、科学の分野、発明や研究の分野やスポーツの分野など幅広い分野で使われている言葉でもありました。

実際に興味を持たれた方は、ブレークスルー思考を身に付けるとよいでしょう。

今までになかった考えやアイディアが生まれ、様々な分野で大きなよい意味での変化や実際の成果を上げることが出来るはずです。

そのためには普段から前向きな考えをすることも大切と書きました。

しかし、前向きとは何でもかんでも良い解釈をして苦しくても悲しくてもそれを我慢して笑おうということではありません。

そんなことをしてしまえば本心や感情を無視することになるのでやがて精神的に参ってしまうでしょう。

そうではなく、苦しい時は苦しんでよいのです。

悲しい時は悲しんでよいのです。

そして十分それらの感情を感じたらまた新たに動き出せばよいということです。

前向きに生きながら自分の気持ちに正直になることがコツです。

そのような生き方をしながら前向きに自分の目標ぬ向かってゆけば、ブレイクスルーを起こして大きな成長をすることが出来るでしょう。