記憶力に自信ありますか?

筆者は全く自信ありません。

昔からそうで、以前の会社の上司にはよく「私の頭の中の消しゴムみたいだね」って言われていました(笑)

記憶力って、あまりに無いと仕事にも差し支えるので、一時期は本気で悩んだりもしたのです。

だけどもともとの「ま、いっか」精神で、気にするのを辞めました。

でも、ポジティブに考えたとしても記憶力がよくなるわけではないので、問題は何も解決しないままなんですけどね。

筆者の場合、学生時代の勉強も、ほとんど一夜漬けで乗り切っていました。

前日の夜に詰め込んで、忘れる前に出す!もうそんな感じ。

それでもクラスでは1番だったので、我ながら一夜漬け能力はスゴイと思っていました。

まぁ、一夜漬けでも何とかなるくらいのレベルの高校だったからでもあるんですけどね。

ただ記憶力がないので、テストは良くても頭が悪いという、可笑しな人になってしまいましたので…良かったのか悪かったのか。

でもやっぱり、記憶力がいいに越したことはありませんよね。

今回は重い腰をあげて、筆者の苦手な“記憶”について、徹底的に調べることにしました。

何故記憶力が悪いのか。

そして、記憶力を良くするためにはどうしたらいいのか。

長年の悩みに立ち向かってみたいと思います!

筆者のようにお悩みの皆さんもぜひ、“記憶”について一緒に学んでみましょう♪

記憶力は良い方ですか?

筆者は自分の記憶力の無さを補うために、あれこれ工夫?していたわけですが、本当は根本的な“記憶力”を鍛えるべきだったんですよね。

筆者は騙し騙し乗り越えてきちゃったから、まいっかって思っていましたけど、記憶力が良くなるのならなってみたいです。

皆さんはいかがでしょう?記憶力はいいほうですか?

記憶力がいい人って、幼いころのことまで事細かに覚えていたりしますよね!

そんな人の話を聞いていると、本当に驚かされるばかりです。

同じような経験があったかもな~って、なんとか記憶をたどってみるものの、記憶力の良い人と同じようには蘇ってきません。

なので「小さいころの記憶が少なすぎる」とも、よく言われます。

でも先日、「小さいころのことをあんまり覚えていない人は、ポジティブ思考な人だって聞いたよ」って優しい知人が教えてくれたので、結局「そっか、じゃあいっか♪」ってなっちゃうんですけどね。

生きていく中で記憶力は大事


ただ、幼いころの記憶がないのは良いにしても、生きていく中ではやっぱり記憶力って大事なんですよね。

学生なら、勉強は記憶力との闘いですよね。

大人になってからだって、記憶力がないと仕事にも差し支えることがあります。

勉強も仕事も、その他のどんなことだって、日々記憶することで成長していくというものです。

記憶がなかったら、毎日同じところで立ち止まったまま、進歩していくことが出来ないですからね。

筆者は記憶力が悪いとはいえ、記憶の全てを失っているわけではないのでまぁなんとかやって来れました。

だけど、記憶力の悪さゆえ、人より成長は遅かったかもしれません。

自分では気づいていないんですけどね。

それに仕事をするようになって何より困ったのは、お客様の名前が覚えられないことでした。

しばらく会っていないお客様と、プライベートでばったり会った時とか…顔は分かっても名前が出てこない!なんてことがよくあったんですよね。

学業・仕事・日常生活でも役立つ

記憶力ってこうして、学業でも仕事でも、さらには日常生活にも欠かせないものなんですよね。

そして、記憶力が良ければ良いほど、いざと言う時の自分の役に立ってくれたりするんだと思います。

また、自分の記憶によって、人の役に立てることだってあるでしょうしね。

そしてもちろん、自分が成長し、進化していく上でも記憶力なしには語れません。

よく考えたら筆者は、この記憶力の悪さで、よくここまで生きてこれたな~って思っちゃいます(笑)

月日が過ぎると衰えてくる


学業でも仕事でも、日々いろんなシーンで役立つ記憶力。

生きていく上でも外せないものなんですが、記憶力って、月日が過ぎると衰えてくるとも言われているんですよね。

もともと記憶力が悪い人にとって、これは一大事!

筆者ももうアラフォーですから、やばいな~って思います。

なんとかここで食い止めたいし、食い止めなければなりません。

なんなら、ついでに記憶力を上げたいくらいに思いますが…ところで、アラフォーからでも記憶力って鍛えられるんでしょうか??

記憶力の鍛え方が知りたい!

年々衰えていく記憶力。

それを食い止めるには?記憶力を上げるには?

そもそもアラフォーからでも、それ以上の年齢の人でも鍛えられるものなの?

と、筆者自身のこともそうですが両親のこともあるし…これって皆さんも気になるところなのではないでしょうか。

その答えについては…この後の“記憶の仕組み”や、“なぜ記憶力が衰えるのか”を学びながら、解明していきたいなと思います。

また、何より知りたいのは記憶力の鍛え方ですよね。

記憶力の鍛え方についても、後々ご紹介していきますね♪
筆者も記憶力に鍛え方があったのなら、学生のうちから鍛えておきたかったです…。

持って生まれたものであって、鍛えられるものだとは思っていませんでしたから。

そもそもどうやって『記憶』されるの?

そもそも『記憶』ってどういう仕組みになっているのでしょうか?

脳が関係しているんだろうなっていうのは、何となく想像出来るのですが…。

今って脳科学の研究もかなり進んでいて、記憶の仕組みについてもいろいろと解明されているらしいです。

勉強が嫌いな筆者にとっては、脳の仕組みを知るって考えるだけで挫折しそうですが、記憶力を良くしたいのなら知るしかない!

というわけでまずは、記憶力に関わる“脳”を攻略したいと思います。

脳の”海馬”という部分で記憶している

そもそも、“記憶”の元となるのは体験や経験、また思考したことなどですよね。

記憶したいのは、日々行ったことや感じたことになると思います。

この体験や思考がまず、全て脳が関わっているということなんですよね。

見たり聞いたり、動いたり考えたり。

これら全てが、脳が働くことによって可能になっているそうです。

また、脳といっても、脳の中で細かく役割分担され、分業して働いているのだとか。

この役割分担された各部署が、皆さんも聞いたことがあるであろう“視覚野”や“運動野”、“前頭葉”などの名称で呼ばれる部分なのだそうです。

これらがないと、記憶するものも無いわけで、何より人間として生きていくことが不可能となるわけですよね。

そしてさらに、見たり聞いたりしたものを記憶する仕組みを持っているのが、人間の醍醐味とも言える特徴的な能力と言えるのでしょう。

体験したこと等の情報は、視覚野や運動野などを経由し、思考したこと等は前頭葉を経由して…脳の神経細胞ネットワークにファイルされ、記憶の領域が作られる。

これが“記憶”なんだそうです。

そして、記憶というとよく聞く“海馬”という部位がありますよね。

この海馬は、記憶を司り、新しい記憶を整理整頓する役割をしているのだそうです。

脳の仕組みって、かなり解明されてきてはいるものの、まだまだ分からないことも多いそうで…様々な学術論を読んでいたらワケがわからなくなってきちゃいましたよ~。

でも要は、各部署で体験されたことが、神経細胞ネットワークを使って情報伝達されてきて、それを整理し記憶として一時保存するのが、海馬の役割ということなのだと思います。

海馬はよく、タツノオトシゴのような形をしていると言われているんですよね。

なんだか可愛らしくも思えちゃいます♪
海馬は大脳辺縁系の一部で、脳の真ん中あたりに位置しているそうです。

なのでなんとなく、集まってきた物を整理する役割をしているような、イメージは出来ますよね。

記憶の種類によって保存先は変わる

ただ海馬では、記憶を一時保存するにとどまっているわけです。

これは短期記憶と言われ、ほとんどが5分以内に消えてしまうという話も!つまり、記憶しているというよりは、大量の記憶を整理する役割であると言ったほうが、いいのかもしれませんね。

でも人間は、もっと昔のことも覚えています。

それが何故かと言うと、記憶の保存先を長期記憶の出来る場所へと移すから!なんだそうですよ。

その長期記憶の保存先が、大脳皮質と言われる部分。

この大脳皮質は“人の脳”とも言われているそうで、この働きによって五感を味わえたり、運動や思考をしたりすることが出来るのだそうです。

つまり、先程例に挙げた視覚野や運動野、前頭葉も大脳皮質の一部というわけです。

因みに長期保存をしているのは、側頭葉という部分になるようですね。

大脳皮質内の各部署によって経験されたことが、海馬によって整理されて、重要なものは長期保存するべく大脳皮質へ伝えられる。

こんなイメージになるのでしょう。

脳の中には無数の神経細胞が張り巡らされて絡み合っているわけで、保存された記憶や新たな経験による情報を組み合わせたりして、新たなひらめきや、記憶を使いながらの思考や想像が出来たりするようです。

皆さん、脳の記憶の仕組み、分かりましたか?

筆者はもうこんがらがってきてしまいました。

なので、ここらでもう一度整理してみようと思います。

脳はまず大きく分けて、『大脳・間脳・脳幹(中脳・橋・延髄)・小脳』の4つに分類されています。

それぞれの配置は、大脳が主に外側にあり、脳の大部分を占めています。

そして小脳は、大脳の後ろ側にぶら下がるようについています。

間脳は脳の中心部辺りにあり、脳幹は間脳を支えるようにしてついています。

それぞれを細かく見ていくと…
大脳は、『大脳皮質・白質・大脳基底核』の3つの構造から成り、このうちの大脳皮質(大脳の表面部分)は『前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉』の4つに分けられます。

前頭葉には運動野があり、頭頂葉に感覚野、側頭葉に聴覚野、後頭葉に視覚野があります。

これらが働くことによって、人はさまざまな経験や体験をしているということですね。

そして経験や体験の情報が集まるのが海馬。

海馬がある大脳辺縁系は、大脳の一部である大脳基底核(大脳の奥深くにある)の外側を取り巻くようにして存在しているそうで、大まかに言うと大脳皮質の一部みたい。

また大脳辺縁系には海馬以外にもうひとつ、扁桃体という重要な役割をする構造もあります。

この扁桃体も、記憶に関わるそうですよ。

まとめると…
運動野や感覚野から集まってきた情報は海馬に一時保存され、前頭葉と協力して記憶の整理をする。

そして大事な情報が側頭葉に移され、長期保存されるということです。

どうでしょう。

大分スッキリとしたのではないでしょうか!?

脳の仕組みって、人によって言っていることが違ったり、研究が進められている途中と言うこともあり、見解が分かれていたりもします。

筆者なりに無い頭で分かりやすくまとめたつもりなので…だいたいの役割として受け止めて頂けたら幸いです。

記憶は重要度によって3種類に分けられる

さて、記憶される流れがようやく掴めたところですが、ここからはさらに“記憶の種類”について調べてみることとしましょう。

先ほども、海馬での一時的な保管である“短期記憶”と、側頭葉へ移行される“長期記憶”があることをお話しましたよね。

記憶の種類にはもうひとつ、ワーキングメモリという記憶方法があるそうです。

1、ワーキングメモリ

ワーキングメモリとは、作業記憶とも呼ばれるもので、情報を一時的に保持しながら操作する能力のことだそうです。

これが働くのは、大脳皮質にある前頭葉のさらに一部である“前頭連合野”という部分だそうですが、他の部位も関係しているとも考えられているみたいですね。

仕組みとしては、前頭連合野が、脳のあちこちから情報をかき集めて一時保存し、操作したり処理したり…といった作業をするのだそう。

この働きは『心の黒板』とも呼ばれているそうですよ!黒板に情報を書き出して考えたり検討作業をし、答えを導いていくといったイメージですね。

暗算や会話しているときなんかは、ワーキングメモリが活用されているそうです。

筆者が今、脳についての情報を調べながらまとめて文章に起こすっていう作業も、ワーキングメモリが使われているということなのだと思います。

2、短期記憶

そして短期記憶。

先にお話したワーキングメモリも短期記憶だとする見方もありますが、情報を処理していると言った点で、ワーキングメモリと短期記憶は別だと言えるのかもしれません。

短期記憶は、記憶の貯蔵庫である海馬に保存される記憶と言うことになりますよね。

この海馬は、容量が小さいのだそうです。

だから一時保存しか出来ないのかもしれませんね。

先程5分で消えてしまうともお話しましたが、数十秒で忘れることもあれば5分よりももう少し長いこともあるようです。

筆者が学生の頃に行っていた一夜漬けは、きっとこの海馬に保存した短期記憶なのでしょうね。

だから記憶の定着がされず、とくに頭は良くならなかったんだと思います(笑)

3、長期記憶

海馬で短期記憶として保存している限り、いつかは消えてしまう記憶。

この記憶を定着させるには、長期記憶として側頭葉に保存することが大切になるということなんですよね。

この長期記憶には、ふたつの記憶のタイプがあるとされています。

頭で覚えるタイプの“意味記憶”や“エピソード記憶”、そして体で覚えるタイプの“手書き記憶”です。

頭で覚える記憶とは、漢字を覚えたり計算式を覚えるといった記憶になるようです。

意味記憶とは主に、言葉の意味についての記憶で、繰り返し記憶することが影響するそうです。

一方エピソード記憶は、一回限りの体験でも記憶されるそうで、その名の通りエピソードに関する記憶となるようです。

この意味記憶とエピソード記憶は相互作用があり、意味記憶である言葉にエピソードが加わることで、意味記憶が更新されていくと考えられているのだそうです。

また、体で覚える手書き記憶とは、一度しっかり身につけたら忘れない記憶だそうです。

子供のころに覚えた自転車の乗り方などは、大人になってから久しぶりに乗っても体が感覚を覚えていますよね?

これが手書き記憶なんだそうです。

手書き記憶の場合はちょっと特殊で、大脳基底核と小脳が働くんだそうです。

良く体に覚えさせるなんて言いますが、大脳基底核と小脳に覚えさせるってことのようです。

何度も繰り返し練習していくうちに、このふたつが連動して動きを理解し、消えない記憶として保管するのだそうです。

なぜ記憶力は衰えるのか

記憶の仕組み、そして記憶にも種類があることが分かりました。

記憶力を良くするには、長期記憶されることが重要なわけです。

記憶は海馬で一時的に保存され、重要なものが側頭葉に送られて長期保存されるのですから、重要なものだと認識させることが必要になるんですよね。

この記憶の重要度は、「生きていくために必要かどうか」という判断基準で決められているそうです。

この生きていくために必要かどうかの判断には、海馬と同じく大脳辺縁系にあるとして紹介した、扁桃体が関わっているのかもしれません。

扁桃体は、主に情動を司るところとされています。

好き嫌いや、快不快などの感情は扁桃体が働いているのだそうです。

そしてこの扁桃体で感じた感情は、海馬へと伝達されるといいます。

だから、インパクトのある出来事は記憶に残りやすくなるということです。

インパクトのある出来事とは、生きていくために必要な情報でもありますよね?例えば痛みを感じた体験なら、それを覚えておいて、同じ体験をしないように注意しなければなりませんから。

こうして、海馬は扁桃体の影響を受け、長期保存するべき記憶かどうかを判断して、側頭葉に情報を送るということになるのでしょう。

また、長期記憶される重要度は、同じ情報が繰り返し入ってくることによって判断されることもあるそうですよ。

つまり勉強でいえば、復習することで重要度が高いと認識されるということになりますよね。

ただ、記憶したいことってかなりの膨大な量です。

いつもいつも繰り返し復習することは難しいし、繰り返してようやく覚えたと思っても、年月が経てば忘れてしまっている事だってありますよね?

これってどういうことなのでしょう?長期保存にも、期限があるということなのでしょうか。

それに、なぜか昔より、物覚えが悪くなっていると感じることもありますよね?

記憶できる量や記憶する力は、年々衰えていってしまうのでしょうか?

神経細胞が弱体化する?

脳が記憶する仕組みには、神経細胞ネットワークによる情報伝達があることをお話しましたよね。

この情報伝達の時、神経細胞ネットワーク感は電気信号のような形で伝達されていくのだそうです。

こうして活発に電気信号が流されることによって、細胞間を繋ぐ線が太くなったり、増えたりしているのだとか。

逆に電気信号が流されないと、線が切れたり細くなって消滅してしまうのだそう…。

つまり記憶力が衰えるというのは、老化や脳を使わないことによって起こる、神経細胞ネットワーク機能の低下が考えられるそうです。

となるとやはり、アラフォーからの記憶力アップは無理なのでしょうか?

神経細胞は加齢とともに減少する

脳の神経細胞は、加齢とともに減少すると言われているんですよね。

20代からすでに老化が始まっているという話もあるんです。

ただ最近の研究では、年をとっても脳の神経細胞は衰えないなんてことも言われているようです。

全く真逆の意見でどういうこと?と、混乱してしまいますが…詳しく調べてみるとどうやら、神経細胞が減少していくという現象は確かにあるようです。

神経細胞が衰えないと言われているのは、記憶に関わる海馬における神経細胞のことのようですね。

海馬では、成人の脳であっても神経細胞が新生されることもあるのだとか。

この海馬で新生する神経細胞も、加齢によってその数は減少していくそうなのですが、この細胞の新生がされれば、記憶力は衰えない!ということのようです。

そして海馬で新しく生まれた神経細胞が活性化すると、脳の他の部位にも刺激が伝わり、神経細胞ネットワークの機能が高まるということらしいです。

老化は確かにあるのだけど、脳を使って活性化させるかしないかで、記憶力は大きく違ってくるということのようですよね。

なので、アラフォーの筆者でも、それ以上の人でも、記憶力を維持することは可能だし、さらには鍛えれば、記憶力を上げることも出来るんだとか!

ようやく希望が見えてきました!!

因みに、海馬で新しい細胞が作られるのには、シータ波という脳波が関係しているのだそうです。

勉強中や睡眠中に出る脳波で、このシータ波が神経細胞の新生を促すのだそうです。

筆者は最近寝る時に、リラックス出来る周波数とやらの音楽を聞いて寝るのですが、そういった音楽を探している時に、シータ波の音楽っていうのもあったんですよね。

アルファ派とかならなんとなく知っていたのですが、シータ波って何に良いんだろうって思っていたんです。

今回でシータ波の謎が解明しましたよ~。

記憶力の悪い筆者は、どうせならシータ波の音楽を聴いたほうがいいってことですね。

効くかどうかは分かりませんが、試しに今晩聞いてみようかな♪

認知症など病気の影響

また、記憶力に影響を及ぼす病気というのもありますよね。

アルツハイマー型認知症は、今や誰もが知るところなのではないでしょうか?

アルツハイマー型認知症の場合、記憶にとって大事な海馬に、ダメージを受けるのだそうです。

認知症でよく聞く症状として、“数分前のことを忘れてしまう”ことがありますよね。

これも海馬がダメージを受けている証拠と言えるのだそうです。

短期記憶の能力が失われてしまっているということですよね。

また、エピソード記憶にも影響があり、ご飯を食べたことを忘れてしまうということが起こるのだそうです。

海馬がダメージを受けている以上、記憶を一時保存し処理することが出来ないのですから、当たり前なのかもしれませんね。

筆者は認知症についても、知っているようで知りませんでした。

海馬のダメージによって認知能力が低下していると考えたら、認知症の人と接する時にもまったく違いますよね。

筆者の親も年齢的に有り得なくはないので、知識として持っておくのは大事だなって思いました。

記憶力を上げたい!6個の記憶テクニック

脳と記憶の関係についてあれこれ調べてみると、なかなか興味深いですよね。

でももう、筆者は頭がパンクしそうです。

今回勉強したことをぜひ、側頭葉に送っておきたい所ですが、どうなることやら…(笑)

さて、記憶力についてはかなり理解が深まりましたので、いよいよ記憶力を上げるための方法についてです!

さまざまな記憶テクニックを集めてみたので、皆さんも試しにいかがでしょうか?

アラフォーでも記憶力を上げることは出来るということなので、筆者もぜひ鍛えてみたいなと思います♪

1、クロスワードなどパズルをする

記憶力を上げるためのテクニックとしてまずご紹介するのが、クロスワードなどのパズルをするということです。

考えることで脳の活性化を促そうということですよね。

神経回路の発達に効果抜群

クロスワードなどをすることで、脳の活性化に効果があることが分かっているのだそうですよ。

ただ一方で、クロスワードパズルはそのパズルを解くスキルを上げるだけ!なんて意見もあるんですよね…。

まぁでも、情報を入れたり思考したりっていうのは、脳の仕組みを考えれば活性化されるようには思えます。

試しにやってみるのにも、パズルなら気軽に出来ていいかもしれませんね!

2、身体を動かす

記憶力アップには、運動がいいという話も!

ジョギングを10分間した後には、短期的な記憶力が増すという実験結果がでているそうです。

新しい細胞が生まれやすい

ラットの実験では、運動後には海馬の神経細胞が増えることが確かめられているそうなので、実際に効果があると言えそうですよね!

3、ストレスを発散させる

実はストレスは、記憶力に深く関係しているそうです。

よく、ショックな出来事により一時的に記憶を無くすなんて話を、ドラマで見かけたりしますよね?

そういった大きなストレスもそうですし、慢性的なストレスでも、記憶力が低下することがあるのだそうです。

これは、ストレスホルモンが海馬を攻撃することが原因なのだそう。

ストレスって本当に体に害なんですよね。

なので、ストレスは溜めこまないよう発散するってことが、大事だということになりますよね!

ストレス発散も無理に頑張らないで、自分に合った発散方法を行うのが一番と言えるでしょうね。

4、100マス計算をする

人間は、難しい計算をしている時よりも、単純計算をしている時に脳が一番活動するのだとか。

100マス計算などの単純計算は、脳を鍛えてくれるのだそうですよ!

また、図式になっていたりすると、画像的な記憶としてより有効活用出来るのだそうです。

同時に音読するとさらに活性化する

100マス計算をしながら音読もすると、脳はさらに活性化するそうですよ♪

インプットとアウトプットが同時に出来るので、復習していることにもなり記憶力の有効活用になるそうです。

5、睡眠をとる

記憶と睡眠にも深いかかわりがあると言います。

これは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

睡眠中の浅いノンレム睡眠時には手書き記憶を、レム睡眠時にはエピソード記憶を強化する役割があるのだそうです。

なので睡眠は、記憶の定着にとても大切だということなんですよね。

筆者は、睡眠時間はめちゃめちゃ長い方なんですが…質が悪いということかな?

生活習慣を正す

記憶にとって良い睡眠時間は6時間か、7時間半睡眠なのだそう。

規則正しく、質の良い睡眠を毎日同じだけとるってことが、大事なのかもしれません。

6、覚えたい事は声に出す

覚えたいことは声に出すというのも、記憶の定着に有効なんだそうですよ!

声に出すことで、自分の耳で聞くことが出来ます。

また覚えたいことを声に出すためには、それをイメージすることも必要ですよね。

身体の器官をフル活用する

そうやって身体の器官をフル活用することで、脳は活性化されるそうです。

見ることで視覚野を使い、書くことで運動野を使い、声に出して聞くことで聴覚野を使い…イメージすることで、前頭葉を使うといったところでしょうか。

さまざまな器官から情報が送られて来れば、海馬も重要な情報として処理してくれそうですよね!
また、扁桃体も記憶には重要であることをお話しましたよね。

ついでに感情も入れておくと、さらに強力に記憶が定着するのかもしれません♪

記憶力は少しの工夫でアップ出来る!諦めず記憶テクニックを行ってみて

他にもまだまだいろんな記憶力アップのテクニックはあるようです。

自分に合ったもので毎日コツコツ、脳を働かせて細胞を活性化させるのが、記憶力アップの近道と言えそうです。