世の中はクラウド文化、スプレッドシート文化になっているというのに、未だにエクセルで書類を作らなければいけない会社も多いことでしょう。

知人は上場企業で働いているにもかかわらず、『交通費精算をエクセルに書いて印刷して経費に提出する』なんていう愚行を強いられているようで、大変なんですねと思った記憶があります。

でも上司の命令、会社のしきたりは絶対というのが日本なのでしょうがないですよね。。そこは逆らうよりも、「はい!わかりました!」という体育会系バリの返事をしたほうが何かとお得です。

そこで、とんでも上司から「エクセルで書類を作ってくれ」と命令(お願い)されてしまった時に、さくっと使えるテンプレを紹介したいと思います。

最初にスケジュール管理票のような「①業務利用系のエクセルテンプレ」を紹介して、その後に見積書などの「②書類系のエクセルテンプレ」を紹介していきます。

①業務利用系のエクセルテンプレ

まずは業務の中で利用するようなテンプレです。スプレットシートにうつして使うもよし、自由に使ってください。

売上管理表


売上管理表なんて簡単に自分でも作れてしまいそうですが、このテンプレの良いところが「綺麗なグラフ」までつけてくれているところです。意外と自分でグラフを綺麗に作るのは面倒ですしね・・・。

<ダウンロードはこちら>

ビジネス振り返りシート


3ヶ月、6ヶ月ごとのチームの目標管理や振り返りに使えるシートです。目標の達成率や、課題に対する改善施策の検討までテンプレに盛り込んであります。ここまで個人個人の目標を考えたり管理できている会社は実は少ないのではないでしょうか。

<ダウンロードはこちら>

従業員名簿


会社や部署の人数が10名・20名以上になると顔が分からなかったり、その人が何をしている人か分からないという不満がよく出てしまいます。そういった不満の声が上がらないように、従業員名簿を作っておくと良いですね。ある会社は従業員名簿でその人の目標や課題なども全従業員で共有していると聞いたことがあります。

<ダウンロードはこちら>

収支管理票


わたし自身はあまり収支管理票を使う機会はありませんでしたが、便利そうだったので掲載しておきました!

<ダウンロードはこちら>

プロジェクトスケジュール管理票


これくらいbacklogなどのクラウドでやれという話はおいておいて…、エクセルでやりたい上司がいたらこのテンプレを使うと良いでしょう。

<ダウンロードはこちら>

給与管理表


給与管理票もセンシティブな情報なので使う人は人事やマネージャークラスの人だけだと思いますがいざ使うとなった時に参考になりそうです。

<ダウンロードはこちら>

備品・ソフトウェア管理表


会社が大きくなるソフトウェア管理票というのも必要になるようですね。

<ダウンロードはこちら>

売上管理表


売上管理表その2です。

<ダウンロードはこちら>

シフト管理表(月別・日別)


アルバイトさんを管理する立場の人は使えそう。

<ダウンロードはこちら>

月別売上比較表(サービス業用)

<ダウンロードはこちら>

②書類系のエクセルテンプレ

見積書、請求書、納品書

見積書、請求書、納品書は、ミソカなどのクラウドサービスでもできますが、営業マン自身が請求書を作らなければいけない会社は、エクセル文化ですよね。テンプレがない!ってときはこれを使ってください。

<ダウンロードはこちら>

交通費精算書・立替経費精算書


交通費精算も意外とまだエクセルでやっている会社は多いですよね。

<ダウンロードはこちら>

請求書


請求書の別テンプレートです。

<ダウンロードはこちら>

納品書


こちらも納品書の別テンプレート。色の使い方が最初に紹介したものより少し綺麗です。

<ダウンロードはこちら>

見積書


こちらも見積書別テンプレ。

<ダウンロードはこちら>

仮払金申請書・出張報告書・経費精算書付き

<ダウンロードはこちら>

アンケート用紙


アンケート用紙は販売店などの会社であれば使えそうですね。

<ダウンロードはこちら>

FAX送付状


いまではあまりFAXを使う機会は少なくなってきましたが、それでも緊急の見積書送付、発注書送付をしなければいけないこともありますよね。そんな時にこの送付状を使ってください。

<ダウンロードはこちら>

郵送の送付状


大きな会社だと総務や庶務の人がやってくれますが、お願いするのも面倒だし自分でさっとやってしまいたいという人もいます。そんな時に使ってみてください。

<ダウンロードはこちら>

さいごに

経費精算をエクセルでやるのは、経理担当にとっても経費申請する人にとっても鬼だと思うので、クラウドを使うのがぜったいぜったいおすすめです。

軽く検索してみたところ、以下の記事が参考になるので、これから導入したいという人は見てみると良いかと思われます!コンカーと楽々精算はよく名前を聞くので私としてもおすすめです!