誰かにプレゼントをするときあなたはどんなことに気をつけてプレゼントを選びますか?せっかくプレゼントするなら相手が喜んでくれる物を贈りたいですよね。

そのためには、相手の好みや趣味を取り入れるということだけではなく、相手にとって負担にならないか?ということも考慮しながらプレゼントを選んでいきましょう!

万人受けするプレゼント(男性編)

贈り物を考えるのは楽しいですが、迷うところでもありますよね。

相手の年齢や好み、具体的に欲しがっているものをリサーチできるときは良いのですが、そうでないときはどれにすれば喜んでもらえるのか悩んでしまいます。

そんなときにおすすめの、万人受けするプレゼントをご紹介します。

ファッション


おしゃれに興味がある人でもない人でも、ちょっとしたファッション小物は無難な選択です。

興味がない人なら、持っていないから使ってみてくれるかもしれませんし、おしゃれが大好きな人ならひとつの小物でも何種類も持っていてその日の気分で使い分けていることがほとんどなので、そのコレクションのひとつに加えてもらいましょう。

財布

お財布なら、もちろん中にはマネークリップで済ませてしまう、なんて人もいますが、基本的には使わないという人は少ないアイテム。

手元に置いて日常使いしてもらえる物というのは、贈った方としても嬉しいものです。

一緒に食事や買い物に行った時に相手が今使っているお財布を見る機会も多いので、相手の好みの傾向もわかりやすいでしょう。

今使っているものが傷んできているので同じようなものをプレゼントするも良し、全くイメージの違うものをセレクトするのも良し。

最近は運気を呼び込むために一年ごとにお財布を買い換えるという方もいらっしゃいますし、一生ものの革財布だけでなく、カジュアルな面ファスナーのお財布や、お尻のポケットに入れやすい薄型のタイプ、デザインが変わったちょっとユニークなお財布、材質が面白いものを使っているお財布など、様々なものからチョイスしてプレゼントしてみましょう。

小銭入れやカードケースでも良いですね。


サイズを把握しておかなければならないので、ちょっとハードルは高いかもしれません。

人によっては、メーカーによってサイズが異なるので試履きしてみないと無理、という人もいるのでこのあたりはリサーチが必要です。

これらのハードルがクリアできるのであれば、靴は何足あっても困らないもの。

置き場所には困ってしまうかもしれませんが、服に合わせて履き替えたり、外回りのお仕事の人などは頻繁に履きつぶして新しいものを購入したりしているので、喜ばれるはずです。

おしゃれなサンダルやスリッポンなど、サイズがアバウトでも大丈夫で、もし好みが合わなくてもベランダや社内などで履いてもらえそうな靴を選んでみるのもひとつの手です。

下駄や雪駄も面白いプレゼントになりますよ。

着物や浴衣を着る人なら喜ばれますし、そうでなくてもサンダル代わりに使えます。

男の人がジーパンなどの洋服に下駄を履いている姿もかなり格好いいですよね。

一度履くと足に馴染んで気に入ってしまう人も多い下駄。

お値段もお安いものから高価なものまでありますので、予算に一緒に専門店に行って、好きな台と鼻緒を本人に選んでもらってその場ですげてもらうというのも、なかなか粋な贈り物になるのでおすすめです。

もし片思いの相手への贈り物なら、プレゼントにかこつけてデートができますし、「これを履いて夏祭りに行きませんか」なんて次につなげることもできちゃいますよ!

マフラー

これも、「もう持っているからいらない」「今持っているのとかぶった」というのが発生しにくいプレゼントです。

同じく首に巻くものとしてはネクタイも鉄板ですが、普段スーツを着ないお仕事の人には贈りにくいもの。

マフラーなら、冬にコートすら着ないなんて人でもちょっと巻いてあったかい気分になってもらえそうです。

おしゃれな人には、マフラーではなくてストールにして、春秋シーズンのおしゃれに活用してもらうのも良いでしょう。

Tシャツとパンツにジャケット、というラフな服装でも、首にちょっとストールを巻くだけでがらっと印象が変わります。

今までおしゃれ小物に興味がなかった人でも、巻くだけなのでお手軽なのがマフラーやストールのいいところ。

首に何かを巻くのがうざったくて嫌だ、という人も一定数いますので、ここは要リサーチポイントですね。

相手の好みや価値観がわかっていて、あなたが手作りが得意なら、手編みのマフラーをプレゼントするのも印象に残る贈り物になるかもしれませんよ。

お酒

相手がお酒を飲める人なら、きっと喜ばれるはず。

後に残る物ではなくて、食べたり飲んだりしてなくなってしまう、いわゆる『消え物』は、気軽にプレゼントできていいですよね。

辛口、甘口、日本酒やワインなど種類がたくさんあるのでどれにしたら良いか迷ってしまうところですが、一緒に飲み会や食事に行く機会があれば、相手の好みは自ずとわかってくるので、リサーチのハードルも低いです。

地酒

最近はインターネットショッピングで、遠く離れた地域のものでも購入できてしまいますが、お取り寄せが好きな人でもなければわざわざ調べて買う人というのはそこまで多くはありません。

況してやネットショップのないメーカーのお酒なら、なおのこと特別感がありますよね。

相手の好みとはちょっと違うお酒だとしても、珍しい地酒だったから、というのは十分贈り物にする理由になります。

旅先で見つけたからお土産に、というのも渡しやすいです。

お土産用のミニボトルがあることも多いのもポイント。

地酒や地ビールなどが増えてきたので、専門店に行かなくても道の駅や空港、場所によってはコンビニエンス・ストアなどでも購入できるので、旅先でも気軽に用意できます。

旅先で自分のことを思い出してくれたんだ、というのは、もらった人にとっても嬉しいですね。

ワイン

ワインも地酒と同じで、そこにしかないワインというのが国内でも増えてきました。

桜など季節のワインもありますね。

おしゃれにちょっと高価なワインを贈るのも良いですし、相手の生まれ年など記念になる年に仕込まれたワインをプレゼントするのもオツです。

旅先で見つけたちょっと変わったワインをセレクトしても良いですよ。

小さめの飲みきりサイズのボトルも増えてきたので気軽に贈れます。

タンブラーやサーバーなどの小物

自宅でもお酒を飲むという人におすすめなのが、グラスやタンブラーなどの小物類。

家飲みをするし、いつかは揃えたいなと思っていても、小物類は後回しにしがちな部類です。

ビールやワインなどの専用グラスやタンブラーは、同じ一杯でも特別な気分と満足感を与えてくれます。

注ぐだけで泡立ちなどの味が変わると言われている商品もありますね。

機能性だけでなくデザイン性も重視して選んでみましょう。

奥様や恋人がいる方になら、ペアでプレゼントするのもいいですね。

お酒とセットにするのも喜ばれます。

自宅用のビールサーバーも面白いでしょう。

相手の方がホームパーティーをよく開くような方ならなおさら重宝してもらえるのではないでしょうか。

ワインが好きな方ならソムリエナイフを贈るのもおしゃれですよ。

コルクなどコレクション性のあるものもおすすめです。

ワインラベル用のアルバムもいいですね。

ビールの栓抜きやグラスコースターなど、いくつあっても困らないものならこちらも気軽にプレゼントできます。

家電

男の人はたいてい、家電が好きなもの。

高価なものはお互い気を使ってしまうのでなかなかプレゼントできませんが、コストパフォーマンスの良い手の届く価格帯の家電をプレゼントに選んでも良いのでは。

実用性があるので、長く使ってもらえそうです。

電気シェーバーなどの生活家電

欲しいけど買いそびれている、今使っているのが古くなったけれど、まだ使えるから使っている。

そんな生活家電からチョイスしてみるのはいかがでしょうか。

電気シェーバーやドライヤーなど、男性もよく使う身だしなみ系家電なら、選びやすいですね。

鼻毛カッターや眉毛カッター、マッサージクッションなどもおすすめです。

電動バリカンも、自分でぱぱっとカットしたい、美容院嫌いの男性には喜ばれますよ。

オーディオプレーヤーなどの音楽機器

ヘッドホンやイヤホンは、かなりこだわりがある人も多いので、ちょっとチョイスが難しいかもしれません。

もしあなたがこだわりがある人なら、おすすめのものを選んでプレゼントして、聴き比べてもらうのは良いかもしれませんね。

よく音楽を聴く人にとっては比較的酷使する消耗品なので、予備があるのは嬉しいものです。

最近はプレーヤーも小型で安価でおしゃれになってきましたので、プレーヤーの贈り物も良いでしょう。

あなたのおすすめの曲を入れてプレゼントするというのも良いかもしれません。

車で聴けるように、FMトランスミッターや充電、接続などのケーブルセットも面白いチョイスですね。

ゲーム機器

ゲームが好きな人ならゲームもいいですよね。

ちょっとお値段ははりますが、前から欲しがっていたゲーム機とソフトのセットをプレゼントするといいでしょう。

もちろん、ソフトだけ贈るのも良いのではないでしょうか。

ダウンロードでゲームソフトも買えてしまう時代ですが、敢えてパッケージで贈るのがポイントですね。

コントローラーなど周辺機器もおすすめです。

レースゲームにはまっている人にハンドル型のコントローラー、ガンアクションにはまっている人にピストル型のコントローラーなど、専用のコントローラーをプレゼントしてみては。

設置タイプのゲーム機器だけでなく、携帯用ゲームも良いですよ。

ちょっとレトロなゲームしかできないデジタルタイプのおもちゃや、もっとレトロにパズルなどのゲームも味があっていいかも。

知恵の輪や木製パズル、ガラスのチェスなどは、おしゃれでインテリアにもなるものも多いんです。

万人受けするプレゼント(女性編)

ここからは、女性に万人受けするプレゼントをご紹介していきます。

女性相手でも、相手の方がどんな人かによって男性編と同じような内容のプレゼントを好む方もいらっしゃるとは思いますが、ここでは万人受けするプレゼント、ということで、女性といえばこれならきっと喜ぶ、というファッション系統に限ったラインナップでご紹介していきますね!

ファッション

ファッション関係ならまずは失敗しない、と考える方も多いのでは。

女性はだいたいの人が、おしゃれが好きですものね。

もしおしゃれはそんなに興味ない!という人でも、女性はみんな着飾れば可愛くなるもの。

思い切ってあなたの好きなファッションをプレゼントして、相手の方に挑戦してもらうのも楽しいかもしれませんよ。

洋服

洋服なら、私服で会うことがあればだいたいの相手の好みがわかりますよね。

好きなブランドまではわからなくても、パンツスタイルが好きなのか、スカートが好きなのかはわかるはず。

パンツが好きな女性にパンツをプレゼントするもよし、あえて逆にスカートを贈ってみて、スカートスタイルにチャレンジしてもらうもよし。

サイズがわからないと厳しいですが、もしサイズも好きなブランドもばっちりわかるというのなら、好きなブランドのお洋服をプレゼントしてみましょう。

サイズがわからないけど着る物をプレゼントしたい!というなら、着物なんていかがですか? 最近は洗えて安価な着物がたくさん販売されています。

着物なら、平均体型ならある程度サイズが違っていても着付け方でいくらでも修正ができます。

素敵な柄のものを選んで、「あなたに似合いそうだったから」とプレゼントしてみましょう。

着物はちょっと……という方でも、浴衣なら更にコストパフォーマンスが良いですし、下駄と帯がセットになっているものも多くあります。

着物と違って下着や着付け用小物も必須ではないので、気軽に着られます。

一緒にプレゼントした浴衣でお祭りに繰り出してみては。

更に変わったところでは、お洋服のレンタルサービスを一月分プレゼント、という手もあります。

どの会社のサービスでも、アプリなどから好きな洋服を数点選ぶと自宅に配送されます。

着てみて気に入ったら購入もできますし、飽きたら返却。

送料もクリーニング代も込みで、月額で利用できる、というサービスです。

これならカタログギフトのように好きな洋服を自分で選んでもらえますし、気に入らなくても返品が前提なので心配ないですね。

サービス自体気に入ってもらえなければ、契約を解除すれば良いだけなので安心です。

靴・ヒール

こちらも好みが分かれるところな上に、サイズを把握しておかなければならないので、選ぶのには勇気のいるプレゼントかもしれません。

サイズが合っていても、特に女性は足がむくみやすく、夕方に実際に履いてみたものでないと後々「この靴は合わない」となってしまうパターンも考えられます。

ヒールにも、何センチヒールが良い、などのこだわりがあるでしょう。

事前にリサーチできていて、欲しがっていた靴をプレゼントできるならとても良いですね。

靴の贈り物はちょっと特別感があります。

いつもヒールを履いている女性に、楽なスリッポンやサンダルなどをプレゼントして、足を休めてもらうというのも良いかもしれませんよ。

会社でも履きやすいナースサンダルなど、デザイン的なおしゃれ度が高いものを選んでプレゼントしてみましょう。

サンダル系統ならサイズがS、M、Lという感じなのでアバウトにしか相手のサイズがわからなくても買いやすいですね。

化粧品

化粧品も、事前のリサーチがないと厳しいプレゼントではないでしょうか。

メーカーもブランドもたくさんありますし、その中でもまたたくさんの種類の化粧品があるので、選ぶのも迷ってしまいますよね。

直接肌につけるものなので、たいていの女性はかなりのこだわりがあるはず。

乾燥肌なので乾燥肌専用の、医薬品成分が入った化粧品を使っている人。

美白にこだわりがあるので、その専用シリーズを使うと決めている人。

肌が弱くて特定のメーカーの化粧品しか使えないという人。

エシカルファッションを好んでいる人なら、動物実験をしていないなど、材質やブランドイメージまでこだわっているはずです。

ちなみにこのような方の場合は、お洋服を選ぶにもファーや革製品は喜ばれない可能性が高いです!
好みのブランドなどはわかっている、もしくはこだわりがないと聞いている、というなら、化粧品の中からセレクトしてみましょう。

季節限定でパッケージがとてもかわいいものや、香りや色が変わっているものなどが出ているので、そういった限定商品から選ぶのも良いですね。

ファンデーションやチーク、アイシャドウなどだけではなく、ネイルやネイルケア品、メイク用の筆などの小物類も良いでしょう。

ハンドクリームやリップクリームなどなら消耗品ですし、お土産用としてかわいくて小さくて、珍しいものもたくさん出ています。

練り香水なども面白いでしょう。

コンビニエンス・ストアなどでプチプラのメイク用品なども打っている

ファッション小物

サイズがわからないお洋服よりも、プレゼントするハードルが下がる小物類。

物によっては金額もお手頃ですし、包みが小さいので渡しやすいという利点もありますよ。

メインになるお洋服などよりも、周りの小物関係の方が選ぶのも気軽でしょう。

バッグ

好きなブランドのバッグはもちろんのこと、普段はハイブランドで決めてる彼女がカジュアルなバッグを探していたら、おしゃれなリュックをプレゼントする、なんていうのもいいですね。

女性用のバッグは種類が豊富なのが迷いどころでもありますが、それだけにおそらく手持ちのバッグとはかぶらないでしょう。

通勤・通学用に使えるA4サイズが入るバッグや、パーティにも使えるクラッチバッグ。

サブバッグにも良さそうなトートバッグなど、相手が欲しそうなものをセレクトしてみましょう。

好きなものを入れて使ってもらえるポーチなどもおすすめです。

メイク用品などの小物をまとめるのに便利ですし、バッグの中を整理するのに使うという人もいますよ。

ただ意識の高い女性相手だと、ファーや革製品などは避けているという人もいそうなので、このあたりは事前のリサーチ力が求められますね。

時計

ブランドの物だとかなりお値段が張りますが、いつも身につけられる腕時計はプレゼントにぴったりです。

恋人や奥さんになら、ペアウォッチを贈るのも良いでしょう。

安価でも可愛いデザインの時計もたくさんありますので、似合いそうなものを探してみては。

もちろん壁掛け時計や置き時計のチョイスも悪くありません。

インテリアショップにあるおしゃれな時計をプレゼントしてみてはどうでしょうか。

インテリアにこだわりがある人に、お部屋に合いそうな時計を選んで贈ってみましょう。

財布

特に女性はおしゃれで複数のお財布をお洋服に合わせて替える方もいらっしゃいます。

家計用とお小遣い用でお財布をわけたり、会社のランチ用にわけたりする方もいらっしゃるので、今使っているお気に入りのお財布がある方へのプレゼントでも問題ないでしょう。

小物入れとしても使えるがま口などの小銭入れもおすすめです。

特にがま口はここ最近流行ってきているので、形や生地も様々なものがあって選ぶのも楽しいですよ。

御朱印ガールも増えてきて、寺社仏閣に参拝するという人も増えています。

そうしたときのためのお賽銭入れ用のがま口、よくツーリングに行くライダーの彼女に高速料金用のがま口、など相手の趣味に合わせてそれ専用で使ってもらえそうながま口を選んで見るのも良いですね。

旅行

最近はカタログギフトなどでも一泊や日帰り旅行の贈り物も増えてきましたね。

近場の温泉や果物狩り、寺社仏閣めぐりなど、癒される旅や興味深い旅をプレゼントしてみてはいかがでしょう。

電車で数時間かかるけれど割と地元に近い、というような中途半端な場所だと、いざ旅に出ようとするとつい遠い場所を選んでしまうので後回しにしがち。

そんな場所への旅行をプレゼントしてもらえたら、良い機会にもなって喜んでもらえるはず。

食べ物が美味しい宿や、陶芸などの製作体験ができる所などもおすすめですね。

アクティブな彼女にはスキューバダイビングや乗馬などが一日体験できる旅行も喜ばれるでしょう。

思い切って一緒に行ってみるというのも楽しそうですね。

プレゼントを渡す定番イベント。

なんでもない日にぱっと渡されるプレゼントも、旅行のお土産として渡されるプレゼントもとても嬉しいもの。

でも、定番イベントに合わせて贈られるのも、やっぱりオーソドックスで嬉しいですね。

渡す側としてもイベントだから、という理由があればプレゼントしやすいでしょう。

バレンタイン

バレンタインに女性から男性へ、チョコレートと一緒にギフトを贈るのも定番ですね。

特に男性は甘いものが好きではない、という方も多いので、チョコレートを少量にして、メインのギフトを渡すというのも良いでしょう。

バレンタインは、いくつか起源とされる説がありますが、ローマ帝国の時代に司祭のウァレンティヌス処刑された日であるというのが一般的です。

皇帝・クラウディウス2世が最愛の人を故郷に残した状態では兵士の士気が下がるという理由で結婚を禁止したのですが、司祭のウァレンティヌスはそれに反対ししたため処刑されてしまうのです。

このため、日本ではチョコレートのイメージが強いですが、海外ではお世話になった人に贈り物をする日で、女性から男性への一方通行ではありません。

海外方式にならって、男性から日頃の感謝として贈り物を渡してみるのも良いのはないでしょうか。

ホワイトデー

ホワイトデーはバレンタインにもらった人がお返しをする日ですね。

日本と東アジアの一部で定着しているイベントです。

キャンディやマシュマロ、クッキーなどの他、チョコレートをお返しするというのも増えてきているようです。

バレンタインにもらったならお返しとして、もしもらっていなくても、「今日はホワイトデーだから」とプレゼントしてしまうというのもありです。

クッキーやマシュマロなどちょっとしたお菓子と一緒に渡してみるときっかけが作りやすいですね。

クリスマス

これも定番イベント。

ディナータイムはどこのお店も混んでいるでしょうが、一緒にご飯を食べに行って、お店でプレゼントを渡すのはいかがでしょう。

時間に余裕があるなら素敵なお店を事前に予約しておくのも良いでしょう。

ランチタイムなら夜ほど混んでいないお店がほとんどなので、予約無しでも入れますから、デートがてらお出かけしてみましょう。

早起きが大丈夫なら、有名ホテルでちょっとリッチな朝食なんていうのも特別感があって良いですよ。

ドライブをして景色の良い公園で渡す、なんてこともできますね。

遊園地や映画などもいいかもしれません。

デートがてらプレゼントを渡すには、絶好の機会ですね。

記念日

一番オーソドックスなのは結婚記念日でしょうか。

自分たちの結婚記念日に相手へ贈るのはもちろん、プレゼントする相手の結婚記念日に合わせて、夫婦ふたりに粋なプレゼントをするのも良いですね。

付き合い始めた記念日に、これからもよろしくなんていうのも良いでしょう。

他にも、一緒に起業したパートナーに一周年記念に感謝を込めてプレゼントをする、なんていうのもありですね。

誕生日

これも鉄板。

お誕生日を聞いておいて、その日に合わせてプレゼントをするのは、準備する側も楽しいですし、もらった方も「覚えていてくれたんだ」という感激があります。

お誕生日は家族や恋人と過ごすという人も多いでしょうから、予定を邪魔しないようにプレゼントだけ渡すのがスマートですね。

もちろん、予定がないということなら一緒にご飯を食べてその時プレゼントも渡すというのが良いでしょう。

相手が喜ぶプレゼントとは?

定番の中でも何を贈れば相手が喜んでくれるのかは、やっぱり悩みどころですよね。

どうせプレゼントするなら、「これが欲しかった」「嬉しい」なんて喜んで欲しいもの。

そのためにはどんなことに気をつけるのが良いのでしょうか。

相手が欲しいものをリサーチしておこう!

できるだけ、なにが欲しいのかを事前にリサーチしておくに越したことはありません。

欲しかったものをぽんとプレゼントで渡してもらえるほど嬉しいものはないでしょう。

是非少し前から準備をしておきましょうね。

ショッピングで欲しそうなものをさりげなくチェック!

一緒にショッピングに行った時に、手に取る物をさりげなくチェックを入れておきましょう。

好みの傾向がわかります。

「このブランドが好きなんだ」「これが欲しいんだけど迷うな。

今日はやめておこうかな」といった会話も判断材料になりますね。

立ち寄るお店も良いヒントになるでしょう。

普段の会話で欲しい物を聞き逃さない!

ご飯を食べているとき、休憩時間の雑談、一緒に雑誌を読んでいるときなど、普段のなにげない会話の中にもヒントはたくさん隠れています。

デザートのプリンを食べながら、「プリンが大好きなんだ」と言っていたな、と思ったらお取り寄せの美味しいプリンを贈るのも良いでしょう。

「この映画見たいんだよな」とテレビを見ながら言っていたら、チケットを買って一緒に見に行くという手もあります。

友達や家族から欲しいものを聞き出しておく!

相手の友達や家族と知り合いなら、とても有力な情報源になります。

「最近なにが欲しいって言ってた?」と聞いてみましょう。

さりげなく本人に聞いておいてほしい、と頼むこともできますね。

親しい人からの情報はかなり信用できるでしょう。

直接あなたが聞いていない情報なだけに、相手は「なんで欲しがってたって知ってるの?」と余計にびっくりするはず。

誰がもらっても嬉しいものをリサーチしておこう!

ピンポイントで欲しがっているものがリサーチできれば良いですが、なかなかそうもいかないケースも多いですよね。

そんなときのために、失敗しない誰でも喜びそうなプレゼントのラインナップも押さえておきましょう。

定番アイテムを知っておこう!

定番アイテムを押さえておけば、相手の欲しいものが具体的にわからないときでもばっちり。

洋菓子が好きな人にはこのお店のクッキーの詰め合わせがおいしくておしゃれ、和菓子が好きな人にはこのお店の塩大福が絶品、食事をおごるならこのお店、お財布を買うならこのブランド、などのように、まず失敗がない自分の中での鉄板をテンプレート化しておきましょう。

いくつか定番アイテムのストックがあると安心です。

相手によっては定番アイテムは喜ばれないことも・・・!?

北海道のお土産と言えば白い恋人、のように、あまりにも定番化してしまったアイテムは、相手によっては「これ前ももらった」「別の人にももらった」「もう飽きた」なんてことにもなりかねません。

一般的な定番からちょっとだけはずすのが喜ばれるコツです。

A店のエクレアに目がない、という人にA店のエクレアを贈るよりも、A店で修行した新進気鋭の若きパティシエが独立して最近立ち上げたB店のエクレアを贈る、というような感じです。

もちろん、一番は相手が欲しいものが何か完璧に事前リサーチできるのが良いですね。