みなさんこんにちは。

会社に学校に忙しい皆さんは日々、いかにお過ごしでしょうか?ご自宅以外で日常会話をする際、いろいろな「横文字」が飛び交う事ってあるかと思います。

特に職場などでは聞き慣れない横文字も多いのではないでしょうか?
 そんな横文字も聞き慣れないせいか、意味も分からないし、第一覚えられない程の厄介もので恥を恐れて「知ったかぶり」を決め込んでしまう方も多いのでは無いでしょうか?因みに私はそうします。

すぐバレますけどね?
 そんな厄介な横文字もビジネスの世界ではよく用いられておりますが、それはなにも「格好つけたいから」だけで用いられている訳ではありません。

きちんと意味があるから用いられているんです。

そんな中でも今回私がご紹介したいのがズバリ、「バッファ」です。

 「横文字」なのでつまりは「外来語」です。

少しアメリカ向けのビジネスの考え方にもなってしまうかも知れませんが、これからの日本社会どういった移り変わりを見せるかは私分かりませんが、「知っておいて損は無い言葉」だと思います。

「バッファ」の意味から、日々のお仕事、生活の面で有意義な時間の使い方を心掛けていきましょう。

では参ります。

「バッファ」とは元々、英語の名詞で「緩衝物」を意味する

 そもそも「バッファ(buffer)」とは、「緩衝物」を意味する英語です。

「緩衝物」とは物体と物体の間に設ける「クッション」のような役割をするもののことです。

つまりは互いがぶつかり合い損傷してしまうような状況を緩和することが「緩衝」であり、それに用いるのが「バッファ(緩衝物)」と言う事です。

コンピュータ用語として使われるようになる


 この「バッファ」ですが当初は「IT関連」の言葉として広く派生していきました。

「バッファー」とも言うと思いますが、パソコンを使用する際には主に「緩衝記憶装置」の意味で用いられます。

 通常、複数のデバイス間でデータを送受信する際には、ハードの性能などによりデータの「処理速度」や「転送速度」などに一種の「差」が生じてしまいます。

この「差」を補うためにデータを一旦記憶しておく領域が別途必要となり、この「緩衝記憶装置」が用いられるという訳です。

 この説明についてよく例に用いられるのが「プリンター」です。

パソコンからデータを送信し、プリンターで資料をプリントアウトする際、「パソコンのデータ処理速度」よりも「プリンターの印刷速度」の方が遅いのはお分かり頂けると思います。

 このときパソコン側が印刷データをプリンターに合わせず順次送信してしまうと、プリンター側はその速度に追いつけずにデータを取りこぼしてしまいます。

そんな状況でプリントアウトされた資料は内容がトビトビの訳のわからん「暗号書類」になってしまい、あとで上司にこっ酷く怒られてしまうということになってしまうでしょう。

 そこでこの「データ処理速度の差」を埋め、2つのデバイス間で足並みをそろえる為に、パソコン側から送られてきたデータを一旦、プリンター内部の「半導体メモリ」に保存し、順次その一時保存データから必要な分だけデータを読み取って印刷していくことで、全てのデータについて無理なく印刷ができ、職場の上司もうまく会議の資料が印刷できたことを知り「ニンマリ」となる、といったような仕組みです。

近年ではビジネス用語として使われ始めている

 そんな「IT」の小難しい言葉がこの「バッファ」なんですが、近年では「ビジネス用語」としても用いられるケースがあります。

 もちろん意味的には元々のバッファの意味である「緩衝」に重点を置いて使用するのですが、元来日本の外来語の使い方でとても悪い部分とも言える「使用する内に意味合いの広い言葉になってしまう現象」に、このバッファもなっているようです。

 意味合いが広いという事は、他人がどういった意味で使っているのかを知らなくてはいけません。

こんな意味も汲めない言葉は端から使わなければいい様にも思いますが、そこはビジネス。

知らないと恥とされる嫌な世の中ですから、ご自身では使わなくても意味だけは知っておきましょう。

ビジネス用語では「ゆとりがある」「余裕を持たせる」という意味で使われることが多い


 インターネットでこの「バッファ」の使用条件を調べてみると、多くは「ゆとりを持つ」、「余裕を持たせる」といったような「時間に関しての緩衝」と言う意味で使う場合がほとんどです。

 他にも「予備」と言う意味で用いられたり、それこそ「印刷待ち」の時にも用いられます。

中には「一旦おいておく」と言う意味でも用いられる場面があるそうです。

オールマイティですね、本当に。

基本的には時間に対して使う言葉

 しかし、基本的には「時間」に使う場合が圧倒的に多いです。

「緩衝」というのは日本語でもあまり使うシーンの無い言葉ですが、それが外来語になって一種の逆輸入的言葉に成ると、ここまで意味合いが広まり、ビジネスの場でも頻繁に使われるようになるんですねぇ。

 ですがあまり調子に乗って使いまくるのも、伝えたいことがきちんと伝わらない場面もあるかもわからないので、それも考えようです。

 いつでもどこでも「バッファ、バッファ」言い過ぎていると、周囲の方々との雰囲気が悪くなり、その険悪な状況を緩和する為に文字通り「緩衝物」を設けざるを得ない必要性を問われる事態に成りかねないのでご注意を。

よくある使い方を紹介!

 ざっくりとした「バッファ」の意味も分かった所でここからは、「バッファのよくある使い方」をまとめていきたいと思います。

世間ではこの「バッファ」、一体どんなシチュエーションで使っているんでしょうね?順番に観ていきましょう。

スケジュール管理での具体的な例文

 まずは職場で「スケジュール管理」を行う際に使いたい「バッファ」からです。

さらっとわざとらしくなく使う事が出来れば、あなたは「バッファマスター」に一歩近づいた、「バッファ入門者」いわゆる、「白帯」を獲得できるでしょう。

製造日は10日後だが納期予定はバッファとして15日後とする

 ビジネス用語での「バッファ」は、主に「時間に緩衝を設ける」、つまり「時間に余裕を持つ」と言う意味で使う事を前項でご説明いたしました。

 ここでは取引先に自社製品を納品する際、もしものリスク回避のために、「実際にかかる製造日数より」も時間の余裕を考えて納品日を遅く設定した時の「バッファ」です。

 「田中君、例の製品、製造日数はどうなっているかな?」、「え~っと、順調にいけば10日後に全ての工程が終了します。」、「そうかぁ、10日後かぁ。納品にもしもの事があっては取引先には迷惑がかかるから、バッファをとって納品は15日後ということで先方には伝えよう。」

 はいっ、これがスッとできれば、田中君は一生あなたについて行きます。

しかしまだ入門編なので油断は禁物です。

ささっと次に参りましょう。

明日の会議は8時からだがバッファとして7時30分には集合する

 明日はピカピカの新入社員にとって初めての「会議」。

緊張している部下を尻目に、出来る上司のあなたが一言。

 「明日は8時から会議だねぇ。もちろん遅刻は厳禁だし、いきなり会議に出ても訳が分からないだろうから、注意事項とか事前にいろいろと準備もしたいし、バッファを持って明日は7時30分に会社に集合しよう。初めてだから緊張してるかも知れないけど大丈夫だよ、心配しなくても。」
 はいっ、田中に続いて札幌出身の富岡君もあなたにメロメロです。

ここまですんなり無理なく言えればもう「白帯」は卒業で、一気に「茶帯」の挑戦権を与えても良いでしょう。

 このように「時間」においては「バッファ」はとても使いやすい言葉です。

頭の中で「余裕」と置き換えて会話すれば、そこまでややこしい言葉でもありませんし、使いこなすのにそんなに多くの時間は必要ではないでしょう。

バッファを意識する事で不慮の出来事にも対応できる

 つづいては、「バッファ」の派生形として、「リスク回避」と言う意味での使い方を皆さんにレクチャーしていきたいと思います。

仕事中に取引先からクレームがあると仮定

 ではこの項目では、取引先との契約の中で実際に「クレーム」があった場合、それまでに「クレーム」を予測していたか、予測していなかったか、つまりは「バッファ」を考慮に入れていたか、いなかったかという条件に分けて状況を解説し、皆さんに「バッファ」の重要性をご提案できればと思いますのでよろしくお願い致します。

バッファを意識してない場合

 まずは先々取引先から全く「クレームが来る事を想定していない場合」について考えていきましょう。

あとの予定に遅れが出る

 この場合、どんなクレームなのかにも依りますが、例えば納品する製品に「不良品」が紛れ込んでいたとしましょう。

 納品時には気がつかないところで不良品が紛れ込んでいた場合、当然取引先はその分の新しい製品の要求をしてくるでしょう。

不良品分は返品させてほしいと成る場合もあるでしょうが、ここでは正常な製品を要求して来たとしましょう。

 その場合、何の対処、いわゆる「バッファ」が設けられていないと、円滑に新たな製品の必要分を取引先に納品する事は難しいでしょう。

また、納品日は過ぎている訳ですから、即座に必要分を新たに製造、納品しなくてはなりません。

そして他の契約を異なる取引先とすでに現在進行形で商品を製造している場合は、そちらにも支障が出かねません。

かと言って今の状況を放置すれば責任問題になりますので、会社の信用はガタ落ちです。

 結局、不良品の対処に追われ、現在の他製品の製造一旦中止し、その後の取引に延々と悪影響が尾を引いてしまうという最悪の状況に成ってしまいます。

バッファを意識した場合

 では「リスクを考えた」、「バッファを意識した場合」ではどうでしょうか?先々起こるであろう「リスク」を考慮しておくことは一企業にとってとても重要な事です。

会計においても「収入は実際に手元に来てから認識」し、「費用は払うと確定した瞬間に発生」を計上しておくことが鉄則です。

 つまりは「自分にとって良い事は、例え起こる事が分かっていても実際起こる事が確定した訳ではないので、実際に訪れてから考え」、「自分にとって悪い事は、起こる事が分かった時点で、どうせ後々やらなくてはいけないのだから、前々から考慮に入れておく」、こうする事で先々起こる不測の事態に対応できるといった考えです。

 そして、そんな一企業に属する「出来るビジネスマン」ならば、この「リスク回避」の考えを持っていて当然と言えるでしょう。

そこで重要となる合言葉が、そう「バッファ」なのです。

バッファを意識していた分クレーム対処したあとも予定通りに仕事が進む

 前述のように納品物に不良品が混じっており、先方からクレームが来た時、前々からクレーム対処の方法や手順をある程度考慮しておけば、実際に起こっても、あたふたせずに対処が出来るはずです。

 例えば、納品物のチェック機構を見直すことでそもそものクレームをつぶしておく事ができ、納品物の余剰製造をしておくことで、コストは若干増えるでしょうが、クレームが来た時にいち早く対処ができるでしょう。

 日々の営業に際し、少しの「バッファ」を心掛けておくことで何か失敗が起こっても、焦る事がなく、第二、第三の失敗の連鎖を防ぐことにのみならず、クレーム対処の円滑さから高評価を受ける事もあるかも知れません。

誰でも失敗はありますから、人間失敗をしたときの処理方法が重要ですよね?

物に対しても使う場合もある

 ではでは、次は「バッファ」の派生形第二段として、「モノに使う時のバッファ」を観ていきたいと思います。

もはや物にも用いるようになった「バッファ先輩」。

もしかしたらあなたよりもバリバリ働く、働き者の引っ張りダコちゃんかも知れませんね?

物に対して使う具体的な例文

 物に対して「バッファ」を用いる際は、「余剰」、「余裕」などの意味で用いられます。

つまり今まで使っていた「時間」が「物」に変わったという事なのでしょう。

「時間」も広い意味で言えば「モノ」なのかも知れませんし、「時間」を「物のように自由自在に扱えて、初めて一端の社会人」なのかも知れませんし、使い方は間違っているようで、無理矢理でも無いのでしょうきっと。

会議で使う資料はバッファはあるか確認する 

 では、物に対して用いる「バッファ」の例文をご紹介致しましょう。

上記でお伝えしたとおり、ここでのバッファは「余り」の事なので、上司のあなたが、「村上君、昼の会議の資料できているかな?」、「資料の印刷は人数分で20部だが、バッファも含めて25部印刷しておいて下さい。お願いします。」
 はい、このような形に成ります。

他にも、「すみません、元々会議に出席するはずではなかったんですけど急遽、うちの部署の新入社員も勉強の為に連れてきました。

申し訳ありませんが、会議資料のバッファはございますか?」
 などでも使えると思います。

とにかく物に対しては「余り」という言葉を頭に入れて「バッファ」を使うと不自然な感じにはならないと思います。

2500万円で見積をとったがバッファとして予算を3000万円にする

 ではつづいて、「お金」を例に挙げましょう。

何かの企画で予算を取る際、実際の計算とは違い思いもよらないところで費用がかさむ事も考えられます。

そういった時に便利なのが「バッファ」です。

 「よぉし、見積は出たか?えぇっと、全部で2500万円か。」、「実際の営業で何があるか分らないから、バッファとして3000万円の予算を提示しよう。」

 さらに、「来週の飲み会の費用っていくらだっけ?」、「一人3500円かぁ、二次会とかもあるかもしれないから、バッファを用意しといたほうが良いかな?」
 などでも十分使えると思いますがどうでしょうか?

とにかく、物に対しては「余り」という意識で使うので、不測の事態に備えて多めに物を用意しておく危機管理の発想で「バッファ」を用います。

人物に対しても使う場合は「助っ人」という意味

 ではつづいてです。

ここまで「バッファ」の使い方で奇想天外、さまざまな使用シーンをご紹介してきましたが、実は最近このバッファ、とても勢いが良く、とうとう「人」にまで使われるようになっているんです。

 「バッファ」の酷使でしょ?と思われるかも知れません。

私も正直、「少しはバッファさん、休ませたれよ?」とも思っております。

しかしそこは「バッファ先輩」、どんなシーンでも結果を出し、私たちの生活を後押ししてくれるのです。

 そしてそのキーワードはズバリ「助っ人」です。

「補助」と考えても良いでしょう。

また、人間関係の「緩衝剤」と言う意味でのバッファもあると思います。

初対面同士で互いの知り合いに当たる人物をバッファに加えたり、初めてのデートの前に3人で食事する時も、この3人目がバッファと言う事に成りますね?

 このように人間関係でも力を発揮する「バッファ先輩」は私たちの強い味方なのです。

人物に対して使う具体的な例文

 では具体的に「人」に対して使うバッファはどんな使い方があるのでしょうか?ここでも例文を出してご説明していきたいと思います。

新人のバッファとして付き添う

 この春、後輩の新入社員の教育係を任されたあなた。

まだ右も左も分からない新入社員に対して、ある程度の仕事の手順は教えました。

しかしまだ無駄な緊張感が解けない新入社員を若き日の自分と重ね、少し懐かしく思う感情に浸りながらも、「今日は緊張してるね?大丈夫だよ、一緒にしっかり準備してきたんだから。」、「でも、俺も緊張したなぁ、初めての時は。なんかお前見てたら、懐かしくなってきっちゃったよ。」、「今回はお前が主役だ。俺は飽くまでバッファだから、俺の事は気にせずに思いっきりやれよ?」

 こうして二人は初めての共同作業の場に向かい、ぎこちない後輩を見守りながらも、若き日の自分と重ねながら、お世話になった上司の事を思うあなたなのでした…。

 といったように、いわゆる「助っ人」のような表現で「バッファ」を用いた例文です。

これは「部下」と、「部下にとって初めての仕事」という間にある種の「リスク」がある訳です。

このリスク、「物事の衝突」を緩和するために、あなたという緩衝物、「バッファ」を置く事により、物ごとを円滑に進めていこうという事なのです。

自分だけじゃ心細いので上司にバッファをお願いする

 新入社員のあなた。

部署の全員が参加する「夏の飲み会」の幹事は、毎年新入社員の重要なな仕事。

先輩から数々の注意事項は知らされたが、何分初めて取り組むもので何とも不安が募るばかり。

 そこであなたは思い切って、部署内きっての酒呑み上司にお店選びの基本を伝授してもらおうとお願いしに行く事に。

 「すみません吉田さん。

夏の部署の飲み会なんですが、私幹事を任されまして、今お店選びに四苦八苦しているんです。

何か良い方法はございませんでしょうか?」
 「それって、俺にバッファになれってこと?」、「はい、バッファです。」、「そうか、店選びなら俺に任せろ、いくつか良い店知っているからその中で選べ。

2次会用の店も知っているから、分からない事があったら何でも聞けよ?」
 はい、今回は相手から先に言われてしまいましたが、これで「バッファ」がうまく使えたと思います。

しかしここで注意点が一つ。

今回このような例文の書き方に成ったのは訳があるのですが、それは「頼みごとを人様にする際は、相手の言葉使いに合わせる」と言う事を考えなければいけません。

 というのも、社内で「助っ人」と言う意味で「バッファ」が広く使われており、社員全員の「共通語」のようになっていれば「バッファお願いします」という言葉が失礼でもなく成立すると思います。

しかし、「バッファ」が社内で共通語ではない時に「バッファお願いします」と人様にお願するのは、「バッファって何?」となった時、頼みごとをしているのに少し失礼ですよね?

 そこは分かり易く、「お手伝い願えないでしょうか?」など、ストレートな表現の方が誤解もなく良い表現と言えると思います。

 そこで相手がもし、「バッファってことね?」となったら、「そうです。バッファです。お願いできますか?」となるのは良いと思います。

変に横文字を使って、わざと分かりにくい言葉で相手にお願い事をするのも、少し人間性を問われかねない状況になってくると思いますので、注意は必要です。

仕事だけでなく私生活でもバッファを取り入れよう

 はい、それでは仕事上のバッファ先輩の頑張りはご理解いただけたと思いますが、つづいては「日常生活」においても、このバッファ先輩の出番があるんだという事を皆さまにご紹介出来ればと思っています。

私生活で使う具体的な例

 私生活で「バッファ」を使う場合は、「仕事編」でご提案した使い方とさして大きな違いはありません。

「不測の事態の対処」として、「時間に余裕を持つこと」や、「余剰物を持っておくこと」、「誰かに手伝ってほしいこと」などでバッファを使っていけば良いのです。

 ここまで「仕事編」でバッファの使い方をマスターしてきた読者の方たちですから、このある種の「私生活応用編」も難なくクリアしていけるのだと信じております。

 ではでは私生活で活用する「バッファの使い方」を順番に観ていきましょう。

ホテルのチェックインは12時だがバッファとして11時30分に着く予定で出発する

 この日、大好きな彼と久しぶりのお泊りデート。

最近忙しくて自由に会える日も少なく心細い日々をお互い過ごしていたが、やっとの思いで共通のお休みを取る事ができ、この日を迎えたのです。

 「タッくん、起きた?今日はまず、すぐホテルに行って取敢えず荷物を部屋に置いていかなきゃね?」

 「それからじっくり二人で観光して、久しぶりの旅行を満喫しようね?」

 「えっと、チェックイン何時だっけ?えっと12時かぁ。じゃあバッファも見て11時30分には着いておいた方が良いかもね?あのホテル今日満室みたいだから…。」

 「ん?バッファ?バッファだよ、バッファ。知らないのタッくん?余裕を持って行動しようってこと。そんな余計な事言ってないで、早く起きて準備して。ほらほら朝ごはんも作ってあげたから早くぅ。」

 はい、半ば病気の様な妄想話を展開させましたが、この後二人は秋の京都を仲良く満喫したそうです。

いいですねぇ。

バッファって。

みなさんもそう思いませんか?いやバッファが良いのではなくて、恋人が良いんですね?皆さんも恋人同士でバッファを使いあえるよう、良い人と出会わなければいけませんね?

 私はその恋人と出会うために、仲介人になってくれる「バッファ」をまず探さなければなりません。

ケーキを手作りするときにバッファとして生クリームを2個買う

 明日は大好きな彼、「タッくん」の誕生日。

甘いものが大好きなタッくんはあなたが作る「手作りのお菓子が大好き」です。

毎回子どもの様な笑顔であなたのお菓子を食べてくれます。

それがあなたにとっても幸せで掛け替えのない時間なのです。

 大好きな彼のために、あなたは思い切って「ロールケーキ」をサプライズでプレゼントする事を決めました。

彼の大好きなフルーツや生クリームをいっぱい使った甘ーいロールケーキです。

作り方はこの日の為に何度も練習してきました。

愛するタッくんのため、あのカワイイ笑顔を見る為にいよいよ勝負の時なのです。

 スーパーに赴いたあなたは生クリーム売り場に向かいました。

ちょうど大きなサイズの生クリームは売り切れで、小さいサイズのものしか売っていません。

分量的には1つで足りそうですが、心許ないような気もします。

 そんな状況であなたが出した結論はいかに?はい、では行きますよ。

ここまできたらもう分かりますね?ではせえーのっ、「バッファも考えて2個買おう。」
 はい、よくできました。

この後ロールケーキ作りもバッファのおかげで上手くいき、愛するタッくんは感謝の言葉をあなたに言いながら、満面の笑みでロールケーキを平らげてくれました。

しかし余りのおいしさにタッくんはあなたの分まで食べてしまい、「あぁ、もう、コラッ」とあなたが怒ると、タッくんは「あれ、バッファはないの?」と一言。

二人は笑って、最高の誕生日に成りましたとさ。

 まぁ、自分で読んでも病気である事は分かります。

例え死んでも親には見せられない文章ですね。

みなさんもこう言った妄想の末期症状に成る前に「バッファ」を考えて、対処していきましょう。

本当に便利ですね?バッファって。

私生活でも余裕を持つことは大切!

 はい、ここまで皆さんにお伝えしたかった事のほとんどはお伝えしましたが、結局言いたかった事をまとめると、私生活の中では「余裕が大事」と言う事です。

これは何事にも言えるのかも知れません。

 世界初のプロ体操選手である、「内村航平選手」はあるインタビューでこのような事を語っていました。

「体操選手として美しい演技を追求してますが、内村選手が最も重要視している事はなんですか?」、「ズバリ、余裕です。」
 プロとはアマチュアとは違い、「絶対的な存在」でなければならず、その絶対的な存在に成るためには「圧倒的な演技」をする事が重要です。

そしてその「圧倒的」を素人のみならず玄人に感じさせるためには、傍から見て簡単そうにも思えるような「余裕をもった演技」が重要となってくるのです。

何千回、何万回もやってきたその動きによどみはなく、一片の無駄もありません。

それが超越的な美しさを生み、その余りの美しさの余り、「あんなの誰でも出来るんじゃ?」と素人に錯覚させてしまうんです。

もちろん素人には絶対にできません。

その「錯覚」こそがプロたる所以、そのためには、「余裕」を持つ事が必要だと語っていたんです。

 これはその道の「プロ」の世界の話なので、少しスケールが大きすぎる話かもしれませんが、これは何もプロだけではなく、私たちより一般的な人間にも当てはまるのではないかと私は考えております。

 何事も人間失敗が付き物です。

うっかりなんて事も入れたら年間何回の情けない、思いもよらない失敗があるでしょうか?そういった失敗は人間なら仕方のない事です。

全くの「ゼロ」には誰も出来はしません。

しかし「限りなくゼロに近づけること」は努力次第で誰にでも出来ます。

 それが「余裕」なのではないでしょうか?

最後に

 いかがでしたか?近年ビジネスの場では通称「横文字」と言われる、少しキザで耳障りの悪い言葉が多く、ある種酷使されている現状と言うのは私個人あると確信しています。

 しかしその中でも、「仕事」や「実生活」の中で、その「横文字」を教訓として使う事は何も悪い事ばかりではない様にも思います。

「座右の銘」とまではいかないかも知れませんが、日々の生活の中で、少しでも「注意しておきたい事」って多いですよね?

その心がけがより良い人生への後押しに成るのではないかと言う事も強く思うわたくしですが、そういった現状の中で今回の「バッファ」などの横文字が出てくるのではないでしょうか?

 日本語ではない分意味合いが広いこともあり、その使用シーンは多岐にわたり、使うシーンが多い分覚えておく言葉も一つで済み、「座右の銘」にしておくのは良い手段なのかも知れません。

バッファを使いこなし余裕のある生活をしよう!

 「バッファ」は、まとまると「緩衝物」のことで、「時間的余裕」、「物質的余剰」、「人間的緩衝」のような使い方が出来る事をこの記事内でご説明させて頂きました。

 こういったある種の「余裕」を日々の生活に取り入れて、「リスク回避」を無理なく行うスマートな生活を送ってみてはいかがでしょうか?人生何が起こるか分りません。

その中で少しでも良い気持ちで末永く人生を謳歌出来る事を私心より皆さまへお祈り申し上げて本記事を締めくくりたいと思います。