みなさんこんにちは。

突然ですが、みなさんはダイエットに失敗した経験はありますか?「今年こそ」と意気込み始めたのは良いが、即三日坊主で終了。

「夏までに」とやり始めたものの効果が見られず中途半端でドロップアウト。

さらにさらに「ダイエットに効果大」という謳い文句の負け衝動買いした「あんなものやこんなもの」、試すが続かずさようなら。

 もうこんな悲しい、そして無意味なダイエットはもう辞めましょう。

今日から始められる。

しかも簡単だから長続きも期待できる、それが今回ご紹介する「置き換えダイエット」です。

 一体どんなダイエットなのでしょうか?もう「デブ」なんて、「ぽっちゃり」なんて言わせない。

今日から決心、絶対ダイエットです。

しかし無理は禁物ですよ?

置き換えダイエットが大人気

 はい、みなさん。

今回の記事はずばり「置き換えダイエット」です。

このダイエットは今「失敗しないダイエット」、「無理なく痩せる」と話題のダイエットで、「本当にそんな効果あんの?」、「絶対辛いんでしょ?」と思われるかも知れませんが、それは試してから言って下さい。

ではさっそくその「置き換えダイエットのやり方」をご紹介していきます。

コレで痩せられたら安いもんですよね?

1. 置き換えダイエットとは?

 ではまずそもそも「置き換えダイエット」とは?というところから始めましょう。

「置き換えダイエット」とは、普段の食事を低カロリーのものに置き換える、コレだけです。

 ですから「食べて良いんです」。

しかも好きな物をどれだけでも。

こんな夢のようなダイエットがあるなんて、「好きなもん食べて痩せる?はぁ?無理でしょ?」って顔されてますね?
 低カロリーの置き換えた物以外は、普通に食事して頂いていいんですよ?ではその仕組みをもっと細かく観ていきましょう。

2. どんなメリットがあるの?


 さてさて、ではその話題沸騰「置き換えダイエット」のメリットを簡単に見ていきましょう。

これを読めば、もうあなたは「置き換えダイエット」がやりたくてやりたくて仕方が無くなりますよ、きっと。

1. 一食抜くダイエットよりも健康的

 「食事制限」、これはダイエットには付き物です。

その中でもキツイのが、「食べたいのに我慢しなければいけない」これが一番厄介ですよね?「我慢」は絶対に続きません。

その我慢に耐えられるのならば、「そもそも太ったりしないのでは?」という疑問も沸いてきます。

 食べたいから食べちゃう。

我慢したのに食べちゃうから、ちょっとだけと食べちゃうから太るんです。

失敗してしまうんです。

一時的に痩せても続かず「リバウンド」してしまうんです。

 しかし、「置き換えダイエット」なら食べても大丈夫です。

健康的に痩せられる、それが「置き換えダイエット」なんです。

2. 空腹を感じないのでストレスが少ない


 そしてなんと言ってもダイエットは「ストレス」との途方もない戦い、いつ終わるとも知れず、ゴールも知らされず永遠に走らされるような苦痛を永続的に感じていかなければならないのです。

 そして、「食べてしまった時の罪悪感」、これによって心の中のもう一人の自分が「は?食べたの?何で?ダメって言ったじゃん。

どうしてくれんのよ?バカ。

脱落者。

いいかげんにしなさいよ」、こkまで自分を責めてはいけません。

そんなキツいダイエットを続けていても、運良く痩せられたとして、精神もやせ細りクタクタに成ってしまうに違いありません。

 しかし「置き換えダイエット」ならそんな心配もありません。

だって食べて良いんですから。

3. 仕事や勉強に支障が出ない

 さらに無理なダイエットは健康状態を保ちながら行う事も困難であり、しかも時間を要するものなら、生活にも支障が出かねません。

こうなれば本末転倒、生きる事よりもダイエットで結果を出す事の方が重要になってしまいいろいろなものを手放してしまいかねません。

 無理なダイエットとはもうおさらばです。

置き換えダイエットを成功させるポイント

 では次にざっくりとした手順をご紹介しましょう。

記事冒頭でも書いた通り「置き換えダイエット」は「食事を低カロリーのものに置き換える」ということでした。

この項目ではその「置き換えダイエット」を成功に導くポイントをご紹介しておきたいと思います。

 それぞれの生活リズムは人によって大きく異なってくるかと思います。

その点も踏まえて「より無理のない置き換えダイエット」を計画してみて下さい。

 

1. 朝・昼・夜、いつ置き換えるのが効果的?

 さて、置き換えダイエットの方法をより正確に言うと、「3食のうち1食を低カロリーに換える」というものなのですが、ではその朝・昼・晩3食のうち、一体どの食事を置き換えるのがより効果的なのでしょうか?
 各食事で考えられるメリットをまとめていきますので、ご自身に合ったものを選び実際のダイエット計画の参考にしてみて下さい。

1. 朝のメリット

 ではまずは「朝食」です。

置き換えダイエットの場合重要なのが「食事を置き換えて低カロリーになること」です。

ですから元々朝ごはんを食べない方は、次からご紹介する「昼食・夕食」の項目へ進んで下さい。

 しかしここで一つ申し上げたいのが、「朝食は出来れば摂った方が良い」です。

太りにくいカラダを作るには「定期的にエネルギー補給をさせる」方が良いからです。

それにはこんな話があります。

全身運動に効果的と謳われる「水泳」ですが、プロの水泳選手は泳いでも「痩せなくなる」そうです。

それはプロでも水泳はキツイ運動には変わりないのですが、毎日欠かさず練習する事で、体がそれに合わせ、「水泳分の消費カロリーを基礎代謝に含めてしまう」のです。

それにより、「水泳+α」の運動をしないとカロリーが消費できず、結果痩せられないという事態に成ってしまうそうなんです。

 ですから普段から朝食を食べない人はおそらく「昼食・夕食」の栄養の吸収率が「朝食を毎日y食べる人」よりも異常に良い状態にあるのではないでしょうか?前の晩の夕食から十何時間も絶食状態になる訳ですから、体の吸収率を上げないと大変な事に成ります。

だからこそ、「食べてないのに痩せられない」という事に成ってしまうのだと思います。

 ですから「ダイエット」を成功させたい場合は面倒でも、時間が無くても「朝食は食べた方が良い」ということです。

それにより体が「いつでも栄養補給できるから捨てちゃお」となって昼食・夕食をある程度で排泄して「エネルギー循環の良い身体に近づき」、結果痩せやすいカラダになるにではないでしょうか。

 前置きが長くなりましたが「置き換えダイエット」で朝食を置き替えるメリットです。

今、置き換えダイエットように「ベビーフード」が流行っています。

少し金額的には高めですが、温めたり、お湯を注いだり、調理は簡単で尚且つ「美味しい」と評判です。

朝の忙しい時間帯ですから、こういったものに換えることで「調理時間の短縮」になります。

また朝は血圧が安定していない事もあり、神経系統が不安定です。

ですから空腹感も起きたばかりではあまりないのがその為で、こういったときは「ごまかしが効きやすい」ということです。

 この2点が「朝食を置き換えるメリット」です。

2. 昼のメリット

 では次に昼食を置き換えた場合のメリットです。

みなさんは昼食をどうしてますか?「お弁当を作る方」は、昼食を置き換えることで「朝早く起きてお弁当を作る必要がなくなり」ます。

もちろんご結婚されて家族の分を作らなければならないのなら別ですが。

 あとは昼食を低カロリーのものに換えることで、普段昼食をレストラン等の「ランチ」で済ませている場合は、比較的高カロリーのものをお召し上がりに成っていると思いますので、コレを低下ロリーに換えられれば、かなりの効果が期待できます。

 さらに前述のように「インスタントの低カロリーフード」を用意すれば「時間短縮」、「コストダウン」なども期待できます。

外食するよりも「お財布に優しい」ですよね?食べるだけなのに外出すると時間も結構かかりますし。

空いた時間は自由に使えます。

 このように昼食を「置き換えダイエット」することで、「ダイエット効果大、時間短縮、朝寝坊出来る、お金の節約」等のメリットがありそうです。

3. 夜のメリット

 では最後に「夕食」です。

正直夕食が一番効果があると思います。

しかし「夕食くらい好きな物食べたい」という方は、「昼食」がおすすめですかね?
 夕食は大抵どの人も「3食の中で一番高カロリーを摂取する」と思います。

だからこそ「置き換えダイエット」の真髄が見られるのです。

 さらに朝や昼と比べ、夜は活動時間が比較的短く、消費カロリーも少ないため、そもそもあまり高カロリーを摂取しなくても良いとされています。

どうせ寝るだけですからね?
 あとは「朝食のメリット」でもお話ししましたが、「夕食を低カロリーに抑えると、朝お腹が減り易くなり」ます。

夜目一杯食べてしまうからこそ「朝お腹が減らないから朝食食べない」ということが結局、「栄養補給のサイクルが乱され、痩せにくいカラダになってしまう」のです。

 ですから出来るのならば「夕食」を置き換えるのが一番効果が高いでしょう。

時にはデートや飲み会などもあると思います。

そういった夜のお付き合いが多い方は無理せず他の食事で取り返しましょう。

「無理なく続ける事が一番大切ですからね?」

2. 栄養素がしっかり入った食事を

 ここで注意しておきたいのが「低カロリー」だからと言って「栄養も乏しい」ものを選んでしまうと効果は半減してしまう事があります。

というのも「栄養は生きていく上で必要不可欠」なものです。

しかもその栄養素は、現代人の食生活では普通に3食食べても偏ってしまい、十分な栄養がまんべんなく摂れていない人がほとんどです。

 そうなることで、お肌に悪い影響が出たり、疲れやすかったり、貧血気味になったり、免疫力が低下したり、そもそも人間としての「生命維持活動」が十分に出来なくなってしまいます。

ですから「バランスの良い食事」という考えは「低カロリー」とはある程度切り離して考えないと本末転倒になりますのでご注意を。

置き換えダイエットはどんな人に向いているの?

 では次に、「置き換えダイエットに向いている方」はどんな方なのかをまとめていきます。

ダイエットはどうしても「カラダの事」なので、向き不向きというものがあります。

場合によっては上手くいかないダイエットもあるでしょう。

それは体質的にも、精神的にも「合っていない」のだと思います。

そういった「合っていない」ダイエットを続けてしまうと、例え続くられたとしても、思うように結果が出なかったり、心身ともに疲弊し、病気に成ってしまったりと「別の問題」に直面してしまうケースもあると思います。

 ですからここで「そんな人におすすめしたい」という思いをまとめていきたいと思います。

1. 食べないダイエットで失敗したことがある人

 まずは、「食べない」というダイエット、つまり「絶食ダイエット」に失敗されたご経験のある方です。

「食べる」ということは人間にとって非常に重要な感覚で、言わば「欲の一つ」であります。

 「欲がある」ということは生きていく上で「絶対に必要」とも言えるでしょう。

そういった「欲」を一部で「無理矢理」、「過剰に」押さえこんでしまうことで、それが「多大なストレス」となり、心身ともにダメージを与えてしまうんです。

 ですから「食べない我慢」をしても上手くいく場合、上手くいかない場合考えても、上手くいかない方が大半だと思います。

運よく痩せられても「リバウンド」する可能性も残ってますしね?
 そこで、そういった「絶食ダイエットを失敗された方」におすすめしたいのが「食べて痩せるダイエット」、つまりこの「置き換えダイエット」なんです。

ダイエットの基本は「続けること」、「十分な栄養を摂る事」です。

無理なくダイエットを続けていくために、もう「出来もしない無為なダイエット」をしようとするのは辞めましょう。

少しの努力で続けられる、少しでも楽に思えるダイエットを行う事が賢明です。

2. 基礎代謝が高い人

 そもそも基礎代謝とは、「何もせずにじっとしている状態で、消費されるエネルギー量」のことで、前述の「水泳選手は痩せられなくなる」というお話しはコレの事ですね?水に入って泳ぐ事が日常化し過ぎて「水泳自体が基礎代謝に含まれてしまい」、それ+αの運動をしないと痩せられなくなってしまったケースです。

しかしこれはあくまでも「プロの領域」なので、一般人にはあまり関係のない事らしいです。

 さて話を戻すと、この基礎代謝を上げていくことで「太りにくい身体」になるんですね?逆に言えば同じものを食べても「太りにくい」訳ですから、痩せている人は、車で例えるところの「燃費が悪い」人になってしまうんですかね?車は燃費が悪いと困りますが、人間は燃費が悪い方が良いみたいです。

 この基礎代謝はある程度運動して、「筋力を上げる事」で一般的に基礎代謝が上がるとされています。

普段運動して基礎代謝が高い人は、エネルギーの循環スピードがとても高いので、1食を低カロリーの「置き換えダイエット」にすることで効果が高くなるというものですね?

3. 食生活が乱れている人

 記事冒頭でも、現代人はただでさえ「栄養が偏っていること」を例に挙げさせていただきました。

そこに加え「絶食ダイエット」なるものをやってしまうと、さらに「栄養不足」になってしまい、痩せるどころか生物としての免疫力も低下し、病院になったり、怪我が治りにくくなったり、お肌の調子も悪くなります。

そういった無理なダイエットはしない方が身のためなのです。

 そして、普段何気なく行っている「食事」にも、こういった「低カロリーのものって何?」、「私の足りていない栄養は?」など、「1食を何かに換える」という意識が、普段は考えない様な「体の事」を真剣に考えるようになり、「自身の食生活の見直し」を行うように習慣付いていくのではないでしょうか。

 「食生活が乱れているな…」とお感じの方は、「乱れた食生活の改善」を理由に始められると、「この1食は低カロリーにしなくてはいけないから、少しでも栄養価の高いものを…」と置き換える食事に「特別感」をもってダイエットに打ち込めるかと思います。

 食生活の乱れがご心配の方は、「置き換えダイエット」で、1食の重要性について考えてみるのはいかがでしょうか。

4. リバウンドし易い人

 さて最後に「リバウンドしやすい人」です。

「ダイエットにリバウンドはつきもの」、そんな風に諦めている人はいらっしゃいませんか?そんなダイエットはもう終わりにしましょう。

 「置き換えダイエット」なら、「食べることが前提」なので、比較的楽にダイエットをする事が出来ます。

楽なので、ストレスもなく続けられます。

ですから結果が出て、「リバウンド」もしにくいのです。

しかし飽くまでも「しにくい」ということです。

きちっと自分で決めた「計画」に沿って行う事だけできれば、ある程度の結果は出てくる事でしょう。

置き換えダイエットおすすめの9選

 では最後に「置き換えダイエット」に際し、おすすめする「代替食品」をご紹介したいと思います。

もちろん「好き嫌い」とか、そもそも「アレルギー」なんても事あると思いますので、その辺の「個人的なもの」については十分に検討して選んで下さい。

また、「この中から選ばなくてはならない訳ではない」ので、「低カロリーかつ多種多様な栄養素を摂れるもの」を選んでいって下さい。

 こういった事を「調べてご自分の知識にすること」もダイエットを成功させる為の重要な要素ですので、ご自身の身体とよく向き合って、「無理をなるべくしないダイエット」を心掛けて下さい。

 また、「置き換えダイエット」の基本として、「低カロリーのお料理を一から何か作る」となるとかなり骨の折れることになります。

というのも「専門的知識」が問われるからです。

勉強の為に一から学びたいような方は「管理栄養士さん」が学ばれる内容を勉強しなければならないと思います。

 ですので、まずは「市販のもの」に焦点を当てて考え、「この商品、もっとこんな風だったら…」とか、「こんなものが入ってたらいいのに…」と成った時に「自分でアレンジする」のが良いと思います。

 それと最も重要なのが、「普段の食事では何カロリー摂取しているか?」を先に調べておく必要があります。

これをしないと始まりませんので、大体の摂取カロリーを割り出しておいてください。

それによって「低カロリー」という水準が人によって大きく変わってきます。

【ダイエットのために痩せる食べ物をチェックしたい人は、こちらの記事もチェック!】

1. シェイク

 まずは「シェイク」です。

今市販されているものは「大手薬局」でも取り扱っておりますが、「添加物」が含まれている物が多いです。

「食品添加物」は何も「全てカラダに悪い訳ではありません」。

「人工物はカラダに有害で、自然物は無害」という間違った認識がそうさせています。

自然物でも有害なものは数知れずありますからね?意味のわからない「オーガニック」という言葉にも騙されないように。

 しかし人工物にも、確かに体にあまり良くないとされる添加物もありますので、気になる方は「無添加」のものを選ばれるといいでしょう。

  おすすめの「シェイク」は、女性の方であれば「美容液ダイエットシェイク」、「マイクロダイエット」、「DHCプロテインダイエット」の3つでしょうか。

 初めは「売上げが高いもの」を選ばれた方が良いかも分かりません。

売れているという事はその分皆利用しているということですからね?
 カラダに合わない場合はすぐ辞めた方が良いと思います。

成分表も良く観て、お財布とも相談して選んでみて下さいね?

2. スムージー

 つづいては「スムージー」です。

スムージーによる「置き換えダイエット」の利点は、「低カロリー」かつ、「低脂肪」かつ、「抵糖分」な面です。

また食物繊維も多く摂れるので、「腹もちが良いこと」も十分なアドバンテージになるでしょう。

また「朝食」をスムージーに換えることで、「デトックス効果」も期待でき、「便秘気味」、「お肌の調子が…」という方にもおすすめです。

 実際に「スムージー」の作り方は、「じゃがいも・にんじん・キャベツ」等は「でんぷん質を多く含み、多くの野菜とケンカしてしまう」という面があるのでスムージーには不向きです。

 なるべく水分は「水」で作った方が良いようです。

これは「飲み合わせ」が難しいためです。

中には牛乳や豆乳と栄養をつぶし合うものもあるためです。

したがって水分は「水」を使用することとし、どうしても飲みにくい場合は、「果物6:野菜4」を心掛けて食品を選びましょう。

 あとは飲みづらくても「冷蔵庫から出した野菜等では調理しないこと」にこだわった方がいいようです。

「常温」である必要はありませんが、冷たい野菜でスムージーを作ると、当然冷たいスムージーになり、胃を痛めてしまう危険性もや、十分に栄養が補給できない場合もあります。

 あとはあまり「多くの種類を一度に摂ろうとしないこと」に努めて下さい。

1種類の量が減ってしまうとそれだけ「その食材の栄養を十分には摂れないこと」になってしまいます。

ですので「数種類くらい」に留め、できれば「毎日違うレシピにする」事の方が重要です。

 「月曜日は〇〇、火曜日は××…」といったようにレシピを変えると効果が高くなるでしょう。

3. フルーツ入りグラノーラ

 これは鉄板ですかね?簡単ダイエットに最適なのは「フルーツ入りのシリアル」です。

大手の食品会社でも多く扱っておりますが、あれで十分だと思います。

 フルーツ入りのシリアルは、「栄養価が考えられたいろいろな食品」が多く入っています。

また最近のダイエット志向に合わせ、「低カロリー」を謳ったものも多くあります。

ご自分の普段の食生活と十分に照らし合わせて、選ぶのが良いでしょう。

4. ヨーグルト

 ヨーグルトはダイエットにとても高い効果を示してくれるありがたい食品です。

置き換えダイエットとは違いますが、「ヨーグルトダイエット」というものがあります。

これは「毎食事に普段の食事と合わせ、ヨーグルトを200g食べる」とただこれだけ。

吸収をコントロールしてくれたり、便通も良くなるので、ダイエットに効果的なんだとか、あとは「食べ過ぎ防止」にもなりますしね?
 では「置き換えダイエット」におけるヨーグルトの扱い方は、ズバリ「レンジで30秒チンして食べる」これだけです。

 この「レンチンヨーグルト」は今話題沸騰の食事で、ヨーグルトを温めることで、菌の活動が活発に成り、乳酸菌やカルシウムの吸収率が上がるそうです。

 いろいろなフルーツとも相性が良いのでその点も飽きずに済みますし、「砂糖の入っていないプレーンヨーグルト」で置き換えダイエットに挑戦してみて下さい。

5. 春雨スープ

 乾燥春雨は100gでだいたい340kcalだそうです。

しかしこれを茹でるとかなりのように成るので、実際は1食だいたい「30g」程度でしょう。

そうなると1食100kcal前後、うどんは一玉200から300calくらいなので、春雨の方が「ヘルシー」と言えるでしょう。

 また春雨は硬いので、「よく噛まなければいけません」。

これも「満腹感を高めるのに重要なこと」です。

また「緑豆」を主成分としている春雨は、カルシウム・カリウム、ビタミンBなどの栄養素も豊富です。

 昼食を「ラーメン」にするよりも、コンビニなどで「春雨」を買っておいた方がカロリー的にも、お財布的にも、食事時間的にも「お安く済む」のかもしれません。

6. 酵素ドリンク

 つづいて「酵素ドリンク」です。

酵素ドリンクとは「野菜や果物を発酵させ、飲料にしたもの」を指します。

これは生で摂取するよりも「発酵すると別の栄養に変わること」が利点とされ、今現在この「ダイエット界」でも注目の新星となっています。

 「酵素ドリンク」の場合はご自身で作ることは難しいので、「市販のもの」に頼ることとしましょう。

選ぶときのポイントは、「糖分やシロップ、果糖、ブドウ糖」などが入っているものは避けた方が良いようです。

 また気になる方は「添加物」にも集中して、なるべく入っていないものを選んで購入されるのが良いと思います。

7. 青汁

 青汁についても考えていきましょう。

青汁は数十年前からある「ダイエット健康食品」で、緑色野菜をベースに飲料として改良したものです。

 こちらも「市販のもの」もありますし、自宅で作ることもできます。

 自宅で作る場合は、市販の「オオムギ若葉やケール」といった食品は手に入りづらいと思いますので、「小松菜・水菜・パセリ・しそ・ブロッコリーなどを代用して」作るのがおすすめです。

野菜をよく洗い「ジューサー等」でよく砕きよく撹拌し、飲みにくい場合は、水で割ったり、ハチミツや無糖のジュースを入れたりして下さい。

 あと「青汁」でおすすめなのが、「料理に混ぜること」です。

高い栄養価の野菜をベース状にしてお料理と一緒に頂くのは、ダイエットとしても効果があり、体調も良くなると思います。

ご自分でレシピを考えるのも楽しくなると思いますので、是非お試しを。

8. 野菜ジュース

 はい、つづいては「野菜ジュース」です。

これも「置き換えダイエット」の常連ですね?
 「チンゲンサイ」を用いた野菜ジュースは食物繊維が摂れるだけでなく、ビタミン、カリウム、カロテンなどさまざまな栄養を摂る事が出来ます。

 また「水菜」は食物繊維の宝庫です。

りんごやバナナを加えると「ドロドロ」になり、「腹持ちもよくなり」ますし、ヨーグルトを加えれば、腸の調子を整え、美肌効果も望めます。

 「生で食べられる野菜」ならば大抵ジュースに出来てしまいますので、いろんな、自分だけの特製ジュースをつくって楽しく「置き換えダイエット」をしていって下さい。

9. チアシード・バジルシード入りドリンク

 「チアシード」、「バジルシード」は「シソ科の植物の種」のことで、この2つは水に入れると「膨張する」という特性を持っています。

水に戻すと「タピオカのようなもの」になり、空腹感を紛らわせるにはもってこいの食材に大変身するのです。

 「チアシード」と「バジルシード」の違いですが、まず、「チアシード」の方は水膨張率が乾燥時と比べると「約10倍」になります。

主な栄養素は脂肪を燃焼し、また体内では合成生成できない「必須脂肪酸(オメガ3)」が含まれています。

また、食物繊維も非常に豊富で、チアシードの場合は水に溶けない「不溶性食物繊維」が全体の30%含まれています。

 つづいて「バジルシード」は、水膨張率がなんと「30倍」で、こちらも「必須脂肪酸オメガ3」が含まれ、不溶食物繊維は50%にもなります。

 その他の違いは「チアシード」の方が、「低カロリー」、「高タンパク」、「高脂質」、「オメガ3の成分であるα-リノレン酸が豊富」です。

2つともとても栄養価が高く、かつ低カロリーであり、そして腹持ちが良いという「一石三鳥」の奇跡の食材でもありますので、気になる方はお試しするのもありだと思います。

 さてここまでいかがだったでしょうか?「置き換えダイエット」は、いろいろな方法で行う事ができる「自由度の高いダイエット手法」です。

というのも「3食のうち1食を低カロリー食品に換えるだけ」だからです。

また「食べない」ではなく「食べて痩せる」というのが最大の強みであるので、無理なく続けられるという利点もあります。

 みなさんも手軽に気軽に「置き換えダイエット」を始めて、理想の自分の実現に向けて頑張っていって下さい。

【他のプチダイエット方法を見たい人は、こちらの記事もチェック!】