人は誰でもイライラしてしまうことがあります。

理由は人それぞれですが、精神的に不快な思いやショック、ストレスを受けるとイライラして不快な思いを感じてしまいます。

そのイライラが周囲に伝わり、さらに不快な出来事を招いてしまうこともあるので注意が必要になります。

また、同じイライラでもその対処方法は人により違います。

ある人はグッとそのイライラを我慢して周りに悟られないようにしますが、人によってはそのイライラを周りの人にぶつけてしまいます。

そうすると周囲との新たなトラブルも発生してしまい、悪循環に陥ってしまいます。

常にそのようにしてしまう人は、やがて周りから距離を置かれるようになってしまうでしょう。

また、我慢をしてしまう人も、本人の中ではすごいストレスが溜まることになるので精神的にも肉体的にも健康に良くありません。

どちらにせよイライラしてしまうことは良い結果には結びつかないことがほとんどなのです。

稀にそのイライラをバネに工夫や改善をして良い方向へ方向転換出来る人もいますが、あまり多くはないでしょう。

まずはイライラをしないように心がけることが大切なのです。

今回はイライラしないために効果的な方法を紹介してゆきます。

イライラしたくないけれど、どのようにすれば良いか分からないという人も今回お伝えするイライラしないための具体的な方法を学べば、実際の日々の暮らしの中で役立てることが出来るでしょう。

そしてイライラしないコツを掴んでしまえば、イライラすることで起きていたトラブルや健康上の問題も自ずと解決されてゆくのです。

あなたもイライラしない具体的な方法を身に付けて、より安全で心地よい人生を手に入れましょう。

ストレス社会の現代、イライラする場面は多い

現代社会はストレス社会ともいわれています。

日々の通勤通学の満員電車や会社や学校での人間関係、都会の騒音や排気ガスなど、あらゆる場面でストレスを感じやすくなっています。

車の渋滞や長い通勤時間などストレスを感じる環境は多くありますが、人間関係のストレスが占める割合は大きいといえるでしょう。

馬の合わない上司や理不尽な扱いを受ける職場、厳しいノルマを課せられてしまう会社の体制に営業先での冷たい対応など人間関係で生じるストレスは種類も多く、またストレスの度合いも大きなものが多いのです。

実際に人間関係のストレスが原因で会社を辞める人も多く、中には引きこもってしまったり、最悪自殺をしてしまうこともあります。

そんなストレス社会では人間関係のストレスに代表されるようにイライラしてしまうことの要因が多くあるのです。

現代社会をうまく生き抜くには、このストレスをうまく減らしたり解消して、イライラを防ぐ必要があるのです。

誰でも腹を立てることはある

しかし、現実問題として誰でも腹を立てることはあるでしょう。

あまりにもひどい扱いを受けたりした場合は自分を守るという意味で腹を立てることは当然のことです。

反対に辛いことがあっても腹を立てられないと、ストレスで押し潰されてしまうこともあるので注意が必要です。

良い人ほど怒ることを良しとしないで我慢してしまいますが、時には怒ることが必要な時もあるのです。

しかし、いつも怒るようではそれはそれでトラブルの元となってしまいます。

そこでイライラをしない自分やイライラを感じない環境を作ることが大切になってくるのです。

怒りをぶちまけたいけれど…

時には自分の感じた怒りをぶちまけたいと思うことがあると思います。

しかし、子供の頃はすぐに出来たケンカや怒りの感情表現も、大人になるにつれて段々と出来なくなってきてしまいます。

会社の上司や学校の先輩に怒りをぶつけることは難しいでしょう。

明らかに上司や先輩にあたる人が悪いことでも、組織の中では中々その怒りをぶつけることは出来ません。

そうすると多くの人は我慢をすることになります。

確かに我慢をすればその場は収まりますが、根本的な解決にはなっていないので、また同じことが繰り返されてしまいます。

さらにストレスを溜めることになりますので健康を害したり精神的に追い詰められてしまうこともあります。

空気が悪くなるし自己嫌悪に陥る

周りの人との人間関係や社会的な立ち位置を気にすることでこのように怒りを表現出来なくなるのですが、怒りをぶちまけられない理由として、その場の空気が悪くなるからというものがあります。

周囲を気づかう立派な考えなのですが、我慢し過ぎると自分の健康を害してしまいます。

このような場合は周囲に迷惑が掛からない方法でストレスを解消する必要があります。

また怒りをぶちまけてしまうと自己嫌悪に陥ってしまう人もいます。

自己嫌悪を感じてイライラしてしまう人もいるので悪循環がといえるでしょう。

根本的な解決にはイライラしなくなることが必要です。

次章からはイライラしないための具体的な方法をお伝えしてゆきます。

イライラしない方法12選

イライラが心身の健康や人間関係に悪い影響を与えることは分かりました。

つまり、そのイライラをしなくすることが、心身の健康や良好な人間関係の維持に必要なことだといえると思います。

そこで、この章ではイライラしない方法を具体的に紹介してゆきます。

全ての方法を実践する必要はなく、あなたに合う方法を見つけて、それを実践してみてください。

自分に合った方法を実践することでイライラが減ってゆくことでしょう。

イライラが減ると、それだけで人生は大分楽になりますし、新しい発想や行動力も生まれてきます。

あなたもイライラを減らして新しい自分を見つけ、イライラの少ない新しい生活を実現してゆきましょう。

それではイライラしない方法をひとつひとつ説明してゆきます。

1、客観的になる

イライラしてしまった時に、客観的に自分を見るクセをつけましょう。

そうすると、感情に吞まれていた自分から冷静な自分へと変わることが出来ます。

それを繰り返してゆくと、段々とイライラしてもすぐに落ち着けるようになります。

また、感情を押さえつける訳ではないのでストレスも溜まりません。

誰にでも出来るおすすめの方法です。

2、視界を広げ心に余裕を持つ

イライラした時に意識的に視界を広げてみることもおすすめです。

自分をイライラさせている出来事や人物と関係のない空間に意識を巡らすことで心に余裕が持てるようになります。

そうすればイライラが自然と収まることになるのです。

3、相対的余裕を持つ

相対的余裕、簡単にいうと相手の立場でも物事を考えてみることです。

そうすると何故相手がツラく当たるのかが分かったりと理性で考えることが出来、イライラが静まり冷静に対処出来る機会が増えてきます。

もちろん明らかに理不尽な場合は別ですが、この考えでイライラの原因だった相手と理解し合える場合もあるのです。

4、身体を動かしてストレスを発散する

普段からイライラを我慢してしまう人はストレスが溜まってしまっています。

そんな場合は身体を動かしてストレスを発散しましょう。

心と身体は密接な関係にあり、身体を動かすと心に溜ったストレスも発散されるののです。

ストレスが軽減されるとイライラする回数も減ってゆきます。

5、休みの日は休む事だけに集中する

真面目な人ほど休みをとることに罪悪感を感じてしまい、休日もゆっくりと休まらない人が多いのですが、休みの日は休む事だけに集中しましょう。

かえってその方がメリハリがついてストレスも解消され、結果としてイライラせずに済むことになるのです。

6、執着を捨てる

過ぎてしまったことや憧れている物事に極端に執着することは止めましょう。

執着が強いと、それ以外の可能性や結果に目を向けられなくなりイライラする場面を増やしてしまいます。

目標を持つことはありですが、執着になるとイライラの原因となりますので、執着せず、に楽しむくらいの気持ちで物事にあたるようにしましょう。

7、何事にも多くを求めない

結果や成果、他人に多くを求めすぎないことです。

期待が大きすぎると、その望む結果が得られないとイライラを生むことになってしまいます。

例え損をするような事になってもある程度は構わない、というくらいの気持ちでいる方が心に余裕が出来上手くいく確率も上がります。

8、冷静に怒る理由について考える

時には理性で怒る理由について考えることも有効です。

イライラするとついその感情のまま相手を問い詰めてしまったり、当り散らしてしまうこともあるかと思います。

しかし、一度そのイライラの原因や怒る理由について考えてみることです。

そうすると考えるという行為が怒りを鎮めてくれ、イライラを止めてくれるのです。

感情的になりそうなときは冷静になり、思考をする習慣を持つようにしましょう。

9、一呼吸おいて冷静になる

イライラが爆発しそうな時、一呼吸おくクセをつけましょう。

ちょっと間をおいて、深く深呼吸を一回だけでもしてみるのです。

それだけで大分冷静になれます。

そして冷静になれたら後は理性的な対処をすればよいのです。

イライラは加速してしまうことがあるので、加速する前に冷静になれれば被害を最小限に抑えることが出来るのです。

10、コンディションを整える

自分自身の心身のコンディションを整えましょう。

体の具合が悪くなていたり、疲れているのに休まないと徐々にイライラしてきます。

実はそれは心身からの警告であったりするのですが、本人は自覚がないので気が付かなかったりします。

そのようなことがないように普段から食事や生活リズム、運動不足などに気を付けてコンディションを整えておきましょう。

11、自分を変える

自信がある人は自分を変えることにチャレンジしてみましょう。

新しい考えを取り入れたり、いつもと違う行動パターンを取り入れたりと意識的に今までの自分と違うことに挑戦してみるのです。

苦手だったことの克服に挑戦することも良いでしょう。

このように自分を変える努力をする事自体が自分に良い影響を与えます。

そうするとストレスに負けない自分や、新しい友好的な人間関係が出来てイライラすることが減ってゆくのです。

12、学びのチャンスと考える

イライラや怒ってしまう出来事を学びのチャンスとして捉える事も有効です。

イライラや怒ってしまうことは、当然嫌な出来事として捉えると思いますが、それをあえて学びのチャンスと考えるのです。

その学びとは、理不尽なことをされた場合は、自分はあのような事はしない、という反面教師としての学びの対象としたり、どのように対処すれば相手に負けずに有利になれるかなど交渉力を鍛える場として捉えることも出来ます。

もっと簡単に頭の中でゲームの中の敵キャラと交戦中と思っても良いでしょう。

また、イライラする出来事や人物は、自分の価値観をはっきりと認識させてくれる出来事や相手ということも出来ます。

例えば仕事が遅い同僚にイライラする場合、仕事とは早くするものという価値観や、人に迷惑をかけてはいけない、という価値観を自分が持っていることになります。

つまり自分をよりよく知るためのよいチャンスにもなるのです。

このように考え方ひとつでイライラが収まる、イライラしなくなることが可能になるのです。

イライラしないためには思考を変えることが重要

いかがでしたでしょう?どのイライラしないための方法も自分で出来るものばかりです。

そして周りの環境に働きかけるものというよりも、自分の思考を変えるための方法であることが分かりましたでしょうか?周囲の環境を変えようとすることもありなのですが、現実問題として転職や上司に物申すことは難しいと思います。

それよりも自分の思考を変えることでイライラを減らすことが出来るようになるのです。

考え方を変えることは自分の中で試すことが出来ます。

最初は心に抵抗が生まれると思います。

今までと違う思考をするのですから当然ですが、そこで止めてしまわずに少しがんばって続けてみましょう。

段々と効果が表れてくるはずです。

大切な自分の人生です。

少しでもイライラを減らしてより素敵で自分らしい人生にしてゆきましょう。

あなたの心がけ次第で変われる部分が意外と人生には多いのです。

イライラの少ない、あなたの素敵な人生を応援していますね。