あなたは自分自身の事をしっかりと理解していますか?
急に何を言い出すのかと思った方もいらっしゃるかもしれません。

自分の事は自分が一番よく知っているよと思われるかもしれませんが、以外と自分自身の事をしっかりと把握しようとしていない事もあります。

確かに自分自身が一番自分を良く知っていますが、あまり普段自分自身を理解しようと自問自答したり、自分とはどうゆう人間なのかという事を調べる事ってあまりないかと思います。

なので、自分自身だからこそ、知らない自分の一面がもしかしたらそこにはあるかもしれません。

時には、自分自身がどういう人間なのか、今どういう風に自分は見えているのかという事を知る事で、普段の生活の中で円滑に物事を進められる事に繋がる可能性もあります。

今回はそんな、自分自身を知る為に問いかけたい事をご紹介していきたいと思います。

自分自身だからこそ、周りとちがって気づけていない事があるかもしれません。

今回はそんな事を是非知るきっかけにしていただけたら幸いです。

それでは見ていきましょう。

自分の価値観を知る

自分自身の価値観を知る機会ってなかなか自分が思っているよりも少ないかと思います。

自分自身の価値観を知る事により、新たな自分自身の一面を知れますし、今まで知っているようで知らない自分を知る事で仕事やプライベートにおいての出来事で物事を円滑に動かせる事が出来るようになる事があるかもしれません。

最近自分自身を振り返っていないなと感じる人だったり、なかなか見つめなおす機会にめぐまれていないなと自分自身が思う方には是非自分の価値観を知るためにも、実践していただきたい内容となっています。

今回はそんな自分自身を見つめる方法、そして見つめる事で得られるメリット、本当の自分とは何か?という事を具体的にご紹介していきたいと思います。

気になる方は是非確認してみてくださいね。

本当の自分とは?


まずは本当の自分とは何か?という事です。

本当の自分とは、気づかないうちに自分自身が心の中で秘めている自分をしっかりと見つめるという事です。

これがけっこう自分がなんとなくこうだなと思っていても、実際はまったく異なる場合が多いようです。

今までは自分自身はこう思っていたけど、実際に振り返ってみると、自分は別の理由でこうしていたんだなとか、こういう事があって、こういう風に物事を受け取るようになっていたんだな、などなど。

心の奥底に眠っている事はなかなか自分自身でも気づけないものです。

しっかりと自己を見つめなおす事でそれに気づく事が出来ますし、実際に自分自身を見つめなおそうと思って考えないとなかなか気づけないような事がたくさんあります。

是非自分自身を見つめる機会をここで作ってみてはいかがでしょうか?
新たな発見が待っているはずですよ。

表面上の自分

表面上の自分をまずは知る事が大事であるといえるでしょう。

自分自身は表面上、こういうような人間なんだ、周りからもこういう風に見られているという事を理解する事が大事です。

表面上の自分、すなわち第三者から見た時に自分はこう映っているんだという事を知る事で、実際に内に秘めた自分とのギャップや相違などに気づく事が出来るはずです。

なので、まずは自分自身を知る為には、表面上の自分を知るという事を実践してみてください。

自分自身がどう映っているのか、それは外見であったり、内面、どういう性格をしているのかなど様々な観点から自分を見つめてみてください。

そうする事で、自然と表面上の自分を知る事が出来るかと思いますよ。

外から見た自分


外から見た自分を知るという事も大事な事です。

自分という存在は外から見られた時に、どういう人間に映っているのか、どういう人として思われているのかという事を知る事で、一歩また自分という存在を知る機会にもなります。

よく言われるのが、人は第一印象や見た目が非常に大事であり、初回においてはその印象だけでその人の印象が9割決まってしまうという事も言われています。

もちろん接しているうちに印象が変わるという事も大いにあり得ますが、それだけ外から見た自分という存在が与える印象は強いという事です。

なので、外から見た自分をしっかりと知る事で、今の自分を知る大きな手がかりになるという事に繋がるといえるでしょう。

見え隠れしている本性

先ほどから重ねてお伝えしますが、意外と自分自身であっても、知らない自分というものは存在する事が多いです。

その中で、見え隠れする自分自身の本性をしっかりと知るという事は気づいていない本来の自分を知る事になります。

見え隠れしている本性を他人がなかなか目にする機会は少ないかもしれません。

なので、この部分に関して気づいている他人は人数的にはあまり多くないかもしれません。

自分の中で違和感に感じている事だったり、知らず知らずのうちにこういう風に行動していたんだな、と自分の中に持っている意外性に気づく事で、この部分を知るきっかけに繋がるかもしれません。

是非、自分自身の本性に気づいてみてください。

意外と普段自分が思っている自分ではない可能性もありますよ。

全て本当の自分なのか

外から見た自分、表面上の自分、そして見え隠れしている本性、これらは一貫性がない事もあるかもしれませんが、すべて本当に自分であるといえます。

綺麗で一貫している人間なんて世の中にはあまりいないのではないでしょうか。

人間生きていると様々な出来事がありますし、様々な状況もあります。

人間は生きているとそれらの出来事や状況などからたくさんの影響を受けます。

たくさんの影響を受けて、今の自分を形成しているので、考え方が変わるきっかけもその中にはあるでしょうし、一貫して貫きたい事もあるでしょう。

また、今はこうしていたいといった受け止め方をする出来事などもあるでしょうし、様々な複雑な要因が重なり合っているという事を知るべきです。

自分自身を否定する事は良くない事であり、まずはその自分が本来の自分なんだと受け止める事が大事であるといえるでしょう。

その上で、どうすればいいのか、どういう方向に向かっていけばプラスになれるのかという事をしっかりと知る事が大事であるといえるでしょう。

自分を知ろう

自分を知る事で得られるメリットを様々ご紹介していきました。

自分を知る事で、得られる物がたくさんある中で、是非自分を知って頂くために実践していただきたい事もご紹介していきたいと思いますが、なかなか自分を知る為に何をすればいのかという事なんてわからないですよね。

今回は自分を知る為に必要な事などを細かくご紹介していきたいと思います。

具体的には、自分を知る為には自分自身に問いかける必要があります。

自分自身に質問をする事で、自分が本来どういう自分なのか、自分が心の中ではどういう事を望んでいるのか、どういう事が好きでどういう事が嫌いなのかなど、様々な角度から自分自身を研究していくという事が大切であるという事です。

自分を知るための質問

自分自身を知る為に必要なのは、自分自身に問いかける事だという事をお伝えしてきました。

さて、では具体的にどういう質問を自分自身にすればいいのかという事なのですが、具体的な質問についてはこれからご紹介していきたいと思います。

もちろんこれからご紹介する質問以外にも、自分自身が気になっている事だったり、普段から指摘されている事、様々な事があるかと思います。

具体的な質問がわからないという方は是非これからご紹介する質問を参考にして、まずは自分自身を知るという所から初めていただけたらと思います。

それでは見ていきましょう。

大切なものは何?

まずは、この質問をご紹介していきたいと思いますが、自分自身にとって大切なものは何かという事です。

自分自身が大切にしているものってたくさんあるかと思います。

例えばそれが人である場合もあれば、ものである場合、時によっては目に見えないものでもあるという事です。

例えば、家族、今付き合っている彼女、親友などなど。

人に関する場合もあるでしょうし、大切なものがアクセサリー、思い出の品物、持っているものなどに関する場合もあるでしょう。

時には、自分自身に負けない気持ちとか、プライド、やりたいとずっと思っている野望など、目に見えない事である可能性もあります。

大切なものは人それぞれ違いますし、違うという事は間違っているという事ではありません。

自分自身が大切に思っている事をしっかりと理解する事で、今後何をする必要があるのか、将来どういう風になっていきたいか、今をどのように生きていけばいいのかという事を見つめなおす事が出来るようになります。

大切なものが見つからない、わからないという人も中にはいらっしゃるでしょう。

でも、それは間違ってはいないはずです。

何も考える事が出来ないという方は、是非自分自身がこれから大切にしていきたいもの、事柄、思いなどをしっかりと見つめなおしてください。

きっとそうする事で、何をすべきか、どうしていきたいのかという事が段々と見えてくるはずだと思いますよ。

いつも持っているものは何?

あなたが普段、いつも持っているものはありますか?
先ほどの質問と似ているかもしれませんが、それは物であったり、目に見えない事である可能性もあります。

例えば、大切にしている物であったり、目に見えない自分自身がいつも心の中に持ち続けている信念だったりといった事です。

普段からいつも持ち歩いているもの、それは大切な物であり、自分自身が常に意識している、思い入れがあるものだという事です。

もしかすると、いつも自分自身が持っているものが何かしらのルーツに繋がる可能性もありますし、自分自身がなぜこれを好きなのか、常に持ち歩いているのかという事を知れば、少しずつ自分自身がどういう人間なのかという事を知る事が出来るかもしれませんよ。

今あるもので失っても平気なものは何?

人間は、生きているとたくさんのものを得ていく事があるかと思います。

中には、あまり物を持たない生活を好んでいる人もいるかもしれませんが、それでも何かしらのものは持っているかと思います。

例えば、それがお金であったり、愛用している道具、そして家具家電、家だったりお店、会社など、様々な形があるかと思います。

総合的に今自分が何を持っているのかという事をしっかりと思い返してみてください。

そして、その中で今自分が捨ててしまっても平気である、困らないというものを考えてみてください。

それは自分自身にとって、あまり必要ないものであります。

ただ、なかなか人は捨てる事が出来ない生き物です。

でも、何かを捨てる事によって、新しい物を手に入れる可能性が広がります。

取捨選択のような感覚ですが、何が必要で何が必要ないのか、そういう選択を人生では行い続けています。

しっかりと自分自身が大切に思っている物を認識しておく事で、本当に必要な物が見えてくるかと思いますよ。

好きな時間はどんな時間?

どんな人でも、何かをしている時が好きだという事はありますよね。

例えば、趣味であったり、友達と遊んでいる時間であったり、恋人と一緒にいる時間であったり、家族で何かをしている時であったりとか。

人それぞれ、楽しい、好きだと感じる時間は異なります。

その上で、自分自身がどういう事をしている時が好きな時間だと認識しているのか是非問いかけてみてください。

自分自身が本来、何をしている時に生き生きとしているのか、楽しいと思えるのかという事を理解すると、そこから何か生まれる可能性があります。

例えば、車に乗っている時は好き、車の事を考えている時が好きだという方は、趣味として車の知識をどんどん増やしていく事で、同じ共通の趣味を持った仲間が見つかるかもしれません。

時には、自分の好きな事を理解する事で、それが仕事へと繋がる可能性もあります。

趣味をさらに追及していくきっかけにもなりますし、様々な新しい道へと踏み出すきっかけにもなる可能性が高いです。

改めて自分自身が何をしている時が楽しんだろうと問いただす事ってなかなかないかと思いますので、一度冷静に自分を分析してみてはいかがでしょうか。