転職って、仕事をしている女性なら誰もが一度は考えることなのではないでしょうか?
今の仕事に不満がある女性はもちろん転職という言葉が頭をよぎるだろうし、仕事に不満はなくても「このままでいいんだろうか?自分のキャリアアップの為に転職した方がいいんじゃないか?」ってことが、悩みになることもあるでしょう。

今は女性がどんどん社会へ進出している時代。

結婚までの腰掛けっていう意識で働いている人は、ほとんどいないのでは?
そんな女性の転職は、今や当たり前になっていると思ってもいいのかもしれませんね。

考えようによっては転職って、女性の方がしやすいんじゃないかとも思うんです。

もちろん、子供がいたりすればそうそう身軽には動けないかもしれないけど、それも自分次第なのかなって筆者は思います。

男性の方が、将来的なことを考えたら、結婚前でも生活基盤を固めることを考えるだろうし、ポンポン転職するような人は、結婚相手としても候補に上がりにくいでしょう。

その点女性は、どこかで永久就職って道も無きにしも有らず。

結婚して家庭に入る人だってまだまだいるだろうし、子供が出来れば一旦は育児に専念しようって人も多いでしょう。

そんな社会での女性の立場としても、転職は決して不利には働かないと思います。

自分さえ覚悟が出来れば、身軽に動けるものですよね!

転職を検討中の女性の皆さん必見!

女性が転職を考える理由も、それぞれの考えがあると思います。

それでも「やっぱり転職かな!」と、転職の道を検討中の皆さんの為に今回は、女性の転職について深く考えてみたいと思います。

そういう筆者も女性ですが、転職は相当数しています。

結婚もしていないし子供もいないので、その点では女性の中でもかなり身軽な方なのかもしれません。

でも、自分なりの考えや譲れないものがあって、毎回悩んで決めたこと。

身軽であっても気軽に転職をしてきたわけじゃありません。

家庭を持った時、子供がいた時、同じように出来るのかはやっぱりその立場になってみないと分かりません。

でも現状で想像するには、きっと、家庭や子供を理由に、転職をしたいのに諦めるってことは無いと思っています。

女性は身軽、転職は自分の気持ち次第とはいえ、決して気軽に出来るものではないのが転職です。

まずは、転職をするにあたっての心構えや、女性が転職するにあたって調べておくべきことなどを、考えていきましょう。

本当に転職をするのか、それがベストな選択なのか、読み進めながら自分と向き合ってみてくださいね!

1. 転職を決める前に考えるべきこと

今、転職を検討中の女性の皆さんは、まだ転職すべきかどうか決めかねているところですよね。

転職したい気持ちはあるけど覚悟が決まらなかったり、迷いがある状態なのでしょう。

まずは、その迷いはどこからくるものなのか、よく考えてみましょう。

転職したいって気持ちが沸いてくると、さっさと決めなきゃいけないような気持ちにもなると思いますが、迷いがある時に焦って決断することはお勧めしません。

迷いがあるなら、転職したい気持ちがあるのと同時に、転職したくない気持ちや理由があるはずです。

その気持ちを無視して、無理やり転職に舵を切ってしまうと、あとで後悔する可能性が大きいです。

迷っている時は決めない!これは筆者としては、鉄則です。

転職を決める前に考えるべきことは、まずその迷いをクリアにすること。

今の会社や仕事としっかり向き合って考えてみることが先決です。

1. 本当に今の会社でやり残したことはありませんか?

「本当に今の会社でやり残したことはない?」
転職を決める前に、そう自分に問いかけてみてください。

やり残したことがあったとしたら、それは転職してから後悔する要因になります。

筆者もこれまでの転職の中で、前の会社でやり残したことがあるまま転職したことは、一度もありません。

迷っている時は決めない!というのが鉄則だとお話しましたが、筆者がもう一つ大切にしていることは、“後悔しない選択をすること”です。

今の会社でやり残したことはないか?
思う存分やったか?
転職して後悔することは無いか?
転職したら、今は得られないものが得られるのか?それは転職しないと得られないものなのか?って、とにかく沢山の問いかけを自分にしてみてください。

そんな問いかけの中で自分の気持ちを固めることで、迷いもどんどんクリアになっていきます。

それに、転職して上手く行かないことがあったとしても、自分がちゃんと考えて出した決断なら、後悔したり、後ろを振り返ってしまうようなこともなくなります。

後悔してしまったら転職した意味も無くなってしまいますし、送り出してくれた前の会社にも、受け入れてくれた転職先の会社にも、とても失礼になってしまいますからね。

2. 転職せざるを得ない原因はどこにある?

転職を検討中のあなたは、なぜ転職が必要だと思うのでしょうか?
転職せざるを得ない原因はどこにありますか?

女性の転職の理由も、人によってさまざまです。

多くは「他にやりたい仕事がある」や「もっと専門知識を得たい」「経験を積みたい」などのキャリアアップを図る目的。

それ以外には「お給料への不満」「休日が少ない」などの勤務体制や会社への不満や不安となるようですね。

また、女性ならではの理由としては、結婚したり子供が出来たりしたなど、自分の環境の変化や、そういった意味での女性の働きやすい環境では無いってことも、転職を検討する理由として聞かれる声です。

キャリアアップしたいなどのポジティブな理由が転職へと気持ちを向かわせている場合もあれば、ライフワークバランスが取れないなどの環境への不満が原因となって、転職を考える女性もいる。

どちらにしても、今の会社や仕事では叶えようのないことが原因となって転職を考えている場合は、転職もやむを得ないのかもしれませんね。

ただ、転職せざるを得ない原因としてはもうひとつ、職場の人間関係の悪さっていうのもよく聞く話です。

職場の人間関係って難しいもので…確かに、今の職場での人間関係が悪い場合、環境を変えることで気持ちよく働けるようになることもあります。

でも、職場の人間関係に悩んでいる人ほど転職先でも、また人間関係に悩まされる可能性も大きかったりすると思うんですよね。

転職する時、会社の待遇面や、仕事内容は事前に知ることが出来ます。

でも人間関係って、中に入ってみるまで全く分からないものなんですよね。

上手く行く場合もあれば、もっと嫌な環境の可能性もある。

人間関係の改善を目的とした転職は、ある意味賭けのようなものです。

女性の転職で人間関係の悪さが原因となっている場合は…今の職場で自分が人間関係の改善の為に出来る事はないのか。

自分に原因はないのかってことも、ちょっとだけ考えてみるといいかもしれません。

転職するにしても、現状で人間関係のなんたるかを学んでおかないと、いつまでたっても人間関係を攻略することは出来ません。

どこに行ったって、嫌な人ってひとりは必ずいますからね。

3. 会社が悪い場合は「会社都合」退職になる!

そして、転職するには今の会社を退職することが必要になってきますよね。

その退職の仕方にも、二通りあるんです。

それが、会社都合退職と自己都合退職です。

筆者が今まで行ってきた転職は、ほぼ全てが自己都合退職によるものです。

先程転職せざるをえない原因としては挙げませんでしたが、転職の原因としては会社都合退職である場合もあるでしょう。

会社都合退職は、読んで字のごとく会社の都合で退職せざるを得ないということです。

つまり、会社に原因があるということですね。

この会社都合になる場合というのは、会社の経営不振やリストラによるもの、また会社が倒産してしまったら退職意外に道はありませんね。

これ以外にも、早期退職制度に応募して退職するという場合も、会社都合退職となるようです。

自己都合でも会社都合でも転職するのに変わりは無いのですが、大きく違うのは失業手当。

会社都合で退職する場合は、失業手当を早く受け取ることが出来るんです。

さらに、失業手当がもらえる期間も、会社都合で退職した方が長くもらうことが出来ます。

会社都合、特にリストラや倒産の場合、自分では転職を考えていなかったのに、予期せぬ形で突然仕事を失うこともあることなどから、失業手当では優遇されるんですよね。

退職後に転職までの期間が開いてしまう場合、失業手当をすぐに受け取れるようになるっていうのは大きなメリットです。

金銭面での安定は、転職活動をする上でもとても重要ですからね。

ここで、会社都合退職となる時に注意しておかなければならないことがひとつ。

会社都合なのに退職願の提出を求められる場合です。

会社にとって、会社都合の退職者を出すというのは、いろんな面でデメリットになる可能性があり、自己都合退職を促してしまおうという悪質な会社の場合もあるんです。

こういった場合、軽い気持ちで会社に従ってしまうと、自分が損をすることに。

退職・転職をする際には、持っておかなければならない知識です。

ただ、失業手当などでメリットの大きい会社都合退職でも、転職には差し支える場合も。

会社が倒産するなどしていれば、自分ではどうにもならない理由ですが、会社都合とはいえ解雇となると、印象は悪くなってしまいます。

面接の際、本人の能力などに問題があったのでは?と見られる可能性もあるので、一概に会社都合退職がいいとも限らないんですよね。

転職するには、退職の仕方も重要です。

自分の今後のことを考えて、しっかり意識しておきたいところです。

4. 在職中に転職活動!出来れば在職中に決めたい!

会社都合退職には、例に挙げた会社の倒産やリストラ以外にもさまざまな例があって、条件も細かく決まっているそうです。

場合によっては自己都合退職でも、会社都合に変更出来る場合もあるようですが…
転職を検討している女性のほとんどは、自己都合退職による転職でしょう。

その場合は、メリットがあるからと会社都合にしようと小細工することなく、無職期間がないように、しっかり在職中に転職活動をしておきたいところ。

そして出来れば在職中に次の就職先を決めておきたいですよね!

自己都合退職で失業手当をもらう場合、待機期間っていうのがあって、失業手当をもらえるのは約3か月後から。

それに給付日数も90~150日となっています。

退職してすぐは、開放感からちょっとのんびりしたい♪なんて思うかもしれませんけど、次の仕事が決まっていない焦りって相当なプレッシャーになります。

次の仕事が決まっていれば羽も伸ばせるかもしれませんが…無職になってから次の転職先がなかなか決まらないと、金銭的にもどんどん追い詰められていきます。

転職をするなら、スムーズに次の仕事に就けるように、在職中から活動を始めておくのが得策ですよ!

2. 転職後の会社はどんなところを選ぶべき?

転職を検討しているってことは、退職のこともしっかり考えておかなきゃいけないけれど、もちろん転職後の会社についても気になりますよね!
出来れば在職中に、転職活動も進めておきたい所です。

今の会社を退職し、転職しようと思う理由はさまざま。

人によって、次の転職先にどんな会社を選ぶべきなのかも、変わってくるはずです。

自分の、転職せざるを得ない理由も踏まえてしっかりイメージして動かないと…ただ闇雲に転職活動しても、思うようには決まりません。

ここからは、転職後の会社選びで考えておきたいポイントを見ていきたいと思います。

1. 今度こそは長く頑張れる会社を選ぼう

筆者は何度も転職をしたとお話しましたが、実際は転職って何度もするものじゃありませんし、経験上もお勧めしたいとも思いません。

転職って、思った以上にパワーを必要とするものです。

キャリアアップのためにと、前向きな気持ちでいたとしても、転職による環境の変化は、時に大きな負担ともなるものです。

転職後に希望する仕事につけたとしても、仕事って仕事内容がすべてじゃないですよね?
新しい会社には新しい人間関係の構築が必要ですし、同じ業界の仕事経験があっても、新しい会社では新人同様。

前の会社で積み上げてきたものは、一度リセットされるくらいに思っていた方がいいんです。

それに、通う場所も変わるし、それによって家を出る時間も、使う路線も変わったり…何かと転職によって戸惑うこともあるものです。

そう考えたら、今度こそは長く頑張れる会社を選ぶべき!
また嫌なことがあったら転職すればいいか。

なんて考えで居たら、どんどん自分に甘えが出てしまって、転職癖がついちゃうかも。

いくら女性でも、転職を何度も繰り返しているとイメージもどんどん悪くなっていってしまいますので、次は何があっても頑張る!そんな気持ちになれる会社をしっかり検討しましょうね。

それに、男性の転職でもそうですが、女性の転職は年齢があがるほど、再就職もハードルが高くなっていくものです。

結婚適齢期にもなれば、就職してもすぐ結婚して辞めちゃうかも…なんてことも、新しい会社の人に思われる可能性もあります。

一度目の就職では、分からないことがあり過ぎて、思うような会社に入れなかったかもしれませんが、ある程度社会経験を積めば、転職先の選び方のコツも掴んでいるはずですから、安易に選ぶことなくしっかりと見極めましょう。

2. 自分のこれまでの経験を活かせる職種を選ぼう

転職後の会社選びは、転職理由によっても変わってきますが、普通に考えたら、自分のこれまでの経験を活かせる職種を選んだ方がスムーズでしょうね。

今の会社での職種が、全く自分に合わないもので、もっと他にやりたいことがあるって場合は違う業界へ転職することになると思いますが…そうではない場合。

自分のこれまでの経験は、会社が変わってある程度リセットされるとはいえ、経験してきたことがゼロになるわけではありません。

これまでの会社での経験は、自分の中に積み上がっているもの。

それを活かせる職種についたほうが、転職後もスムーズに仕事を始められるし、転職の際も、即戦力として優遇されることが多いはずです。

どんな会社でも職種でも、新人をゼロから育て上げるのって、莫大な費用がかかるもの。

だから、出来れば経験者の方が、採用する会社としても有りがたいんです。

これまでは、ある意味前の会社が自分を育ててくれたわけです。

その経験を活かしてくれた方が、前の会社としても無駄じゃなかったって…思ってもらえるんじゃないでしょうか?

3. 妥協をしないことが大事!

男性でも同じことが言えますが、女性の転職でも、転職先は安易に決めるものではありません。

妥協をしないことが大事です。

何度も言うように、次こそは長く働ける会社を選ぶべき!
転職先に長く居ようと思ったら、妥協をしてはいけません。

せっかく転職するんですから、自分が本当に納得できる転職先を見つけてください。

それは、仕事内容でもそうですが、勤務形態や待遇、給料面などにも言えること。

筆者はやりたいことをやる!って気持ちを先行させて転職をしてしまう方なのですが、やはり仕事って、やりたい内容の仕事ってだけでは成り立たないものです。

ライフワークバランスの充実って、長く仕事をしていく上でもとっても大事なことなんですよね。

最初はやる気だけで乗り切れても、プライベートも充実出来るような働き方をしていないと、やはりどこかでバランスを崩してまた転職。。。

なんてことにもなりかねません。

妥協は厳禁!そのためにも、転職活動期間は長くとって置きましょう。

会社が突然倒産したという理由の転職でも無ければ、在職しながら検討するべきなのは、次に妥協をしないためでもあります。

転職を決めたらさっさと退職願を出してしまいたくもなるとは思いますが、そこは我慢して、しっかり今の仕事に尽力しつつ、妥協の無い転職先選びを!

4. 知人からの紹介だと安心

転職後、次にどんな会社に入るか…その選び方としては、知人からの紹介というのもひとつの手なんですよね。

これもやっぱり、自分がそれまで経験してきた同じ職種のほうが、有利に働くと思います。

これまで働いてきた中で、その業界に人脈が出来ていることもあるでしょう。

ヘッドハンティングとまでは行かなくても、近い形で同じ業種の会社の人から声をかけてもらったり、紹介してもらえることもあるものです。

案外そうやって、同じ業界を渡り歩いている人って多いんですよね。

それはこれまでの経験で、どれだけ能力を身につけているかにもよるとは思いますが…。

場合によっては、優遇された転職先にありつけることもあるのではないでしょうか。

筆者の転職もほとんどはこのタイプ。

知人の紹介や、お声掛け頂いたもので転職したことが多いです。

それも、それまでの人付き合いや人脈を広げていたおかげ。

こういった人脈を広げていくのって、女性には難しく思う人もいるかもしれませんが、女性だからこその人脈の作り方っていうのもあるものです。

女性の方が、警戒心ってもたれにくいですからね♪
そうやっていろんな人に、自分の夢や希望、やりたいことなんかを話していると、ちょうど良い案件の話が浮上した時に思い出してもらえたりして…「今度こういう仕事を立ち上げるんだけど来ない?」なんて、やりたいことにぴったりあった仕事が向こうから舞い込んでくることも。

それに、知人からの紹介だと、聞きづらいこともしっかり聞けたりと、事前情報も得やすいんですよね。

知人を介していれば安心感もありますし、入ってみないと分からない人間関係の良し悪しなんかも、前もって教えてもらうことも出来ます。

もし、転職期間に余裕があるのなら、業界の人脈をじっくり広げておくのもひとつの手。

情報収集に時間をかけて、良い条件での転職を狙いましょう!

5. なるべく多くの情報を収集せよ!

転職後の会社選びには、情報収集もとっても大事なこと!
長く働ける会社を選ぶ上では、検討材料をひとつでも多く集めておきましょう。

知り合いからの紹介での転職が見込めなくても、同じ業界であれば情報は得られます。

転職先にと検討している会社の状況、勤務形態、働いている人達のことなど、通常では得られない情報も、人脈があれば事前に知ることが出来たりもするんですよね。

女性だって、人脈を広げておくことは色んな面で有利に働くもの。

パワフルに動けば、女性の転職だって、それによって成功を手にすることも出来るでしょう。

もちろん、知り合いからの情報を得られなくても、転職エージェントなどでも情報収集は可能でしょう。

消極的になっていては、転職を良いものにすることは出来ません。

積極的に情報収集に務めましょう!

6. 育児休暇など女性のための制度もよく見て!

女性の転職なら、転職後の会社を選ぶポイントとして、女性ならではのチェックすべき点もありますよね!
子供のいる人なら、子供の用事がある時に休みが取りやすい環境かどうか、子供のいない人でも、今後子供が出来た時に育児休暇制度があるかどうか。

それに、育児休暇の取りやすい環境かどうかも気になるところです。

その会社で、産休後に復職している人がどれだけいるか、子持ちのママさんがどれだけいるかっていう点も、女性としての働きやすさを見極めるポイントにもなるでしょう。

転職段階では結婚や出産の予定は無くても、ずっと働いていきたい会社を選ぶなら気にしておきたいところです。

3. 人生をより有意義にするために

そして転職するなら、人生をより有意義なものにしたいですよね。

キャリアアップの為であっても、その他の理由であっても、転職するってことは少なからず現状に満足出来ていないからだと思います。

仕事に対する満足感もそうですが、仕事は人生の質にも大きく影響してきます。

それは男性だけでは無く、女性でも同じです。

今は結婚しても、子供を産んでも、生活の為、また自分の人生を豊かにしていくために、働き続けることを選択する女性が多いもの。

女性の人生においても、仕事なしでは語れないっていう人も増えているでしょう。

女性の転職でも、生活や人生との兼ね合いを考えて、転職先を選びたいものです。

4. 人の役に立つこと、そして自分が満足することも大切

もっと言うなら新しい仕事を選ぶとき、人の役に立つことや、自分が満足することも意識しておきたいですよね!
満足出来ていない現状を打破し、転職するわけです。

満足出来ていない理由は人それぞれでも、仕事を通して有意義な人生を送る為、自分が満足するためには、人の役に立てる何かを見つけることも大切です。

仕事って、自分の為にすると考えている人も多いと思いますが、どんな仕事でもそれは人のためになる仕事のはずです。

必要としている人がいなければ、仕事は仕事として成立しないのですから。

新しい仕事で、自分には何が出来るのか。

どう人の役に立って行けるのか。

転職を機会に、自分の社会における役割も、しっかり見つめなおしておきたい所ですよね。

みんなの転職の結果は?

女性の転職において、最も気になるのが転職して、その後どうなったかってことでしょう。

転職は、結婚と同じで就職がゴールではなく、それは始まりに過ぎません。

転職できたとしても、その後がどうなるかってことのほうが大事です。

これは、実際に転職してみないと分からないことではありますが、みんなの結果は転職を検討するにあたってのひとつの判断材料にもなりますよね!

1. 転職して成功だったと思う割合

まず転職して成功だったと思う割合。

女性限定の調査は見当たらなかったものの、およそ6割の人が転職に満足出来ているという結果がありました。

でもこの“成功”は、何をもって成功とするかって人それぞれなんですよね。

つまり、どんな理由で転職をするのかっていうことも、成功だと思えるかどうかに大きく関わってくるということです。

特に満足度が高いのは、会社の安定性や将来性、希望の業種の会社などに転職した場合。

これは転職前によく検討できる部分ですから、就職出来れば成功とも言えますよね。

転職前の検討段階が大事だったってことでしょう。

2. 転職して収入が上がった割合

そして気になる収入面。

年代によっても差が出ますが、20代~40代の人で転職によって収入が上がった割合は30~40%くらいといったところ。

業種にもよるようですが、基本的には少なからずアップしている人のほうが多いようです。

転職にあたっては、もちろん収入面も検討に入っているはずですから、上がる人のほうが多いのも頷けますよね。

因みに、転職エージェントを利用した人だとおよそ60%の人が収入がアップしているんだそう。

エージェントならではのサポートをしてくれるんですね!

3. 転職後その仕事に長く定着出来た割合

また、転職後にその仕事に長く定着出来た割合なんかも気になるところですが…
これは企業側へのアンケートでいうと、定着率が良いと答えた企業が約半数。

まぁまぁってところでしょうか。

これも本人の認識と、企業側の認識もありますからね。

3ヶ月くらいで定着したと判断している場合もあれば、3年以上いてようやく定着したと実感している人もいる。

でも、長くその仕事で働くって…本来3年程度じゃ語れません。

なかなか正確な判断が出せないのが、転職後の定着率でもあるのかもしれませんね。

女性の転職で使えるおすすめサイト10選

さて、ここまで女性の転職について考えてきました。

転職にあたって考えておきたい事、検討すべき点、参考にしていただけたでしょうか?
まだまだ転職を検討している人も、転職に気持ちが傾いている人も。

転職となれば転職先探しが待っています。

最後に、転職先探しに役立ててほしい、女性の転職で使えるおすすめサイトをご紹介しておきます♪

1. 女の転職@type

https://woman.type.jp/

2. エン転職woman

https://employment.en-japan.com/woman/

3. マイナビ転職

https://tenshoku.mynavi.jp/

4. とらばーゆ

https://toranet.jp/t/r/T100010s.jsp

5. ベティ

https://betty-work.jp/

6. DODA

https://doda.jp/

7. リクナビNEXT

https://next.rikunabi.com

8. @nifty転職

https://tenshoku.nifty.com/

9. PASONA

https://www.pasona.co.jp/

10. アデコ

http://www.adecco.co.jp/