心も身体も停滞気味で、なんだか調子が出ない…そんなお悩みを抱えていませんか?
そんなあなたには、癒しが足りていないのかもしれません。

最近、「癒される~」って言葉を発するようなことがないのではないでしょうか。

という筆者も、癒される体験はすっかりご無沙汰でした。

ふつふつと、癒されたいって気持ちが沸いているのに、すっかりそれを無視してしまっていたんです。

心は癒しを求めているのに、それを無視してしまうと、何をやっても上手く行かなかったりするんですよね。

何か一つのことに根を詰めていたり、思い悩んでいたりすると、心や身体のサインを見逃しがち。

自分の求めにも応じてあげないと、悲鳴をあげてしまいます。

そんなわけで今回は、癒しが必要な人たちのために、「癒される」モノをご紹介します♪
心と身体のサインを受け取って、自分に癒しを与えてあげましょう!

人生に癒しは必要だ!

人生には、癒しが必要不可欠です!
自分に癒しを与えることを、自分への甘やかしだと思っている人もいるかもしれませんが…鞭を打ち続けるのは、実は効率的ではないんですよね。

“飴と鞭”を上手に使い分けて、自分をコントロールすることが大切なんです。

だって、「癒されたい」っていう気持ちって、自然と沸いてきませんか?
鞭を打たれれば打たれるほど、心は癒しを求めてくるんです。

「ちょっと休ませて」「もっと楽しいことも感じさせて」って。

やらなければならないことがある時ほど、何かに心が囚われて思い悩んでいる時ほど、癒しが必要。

なのに、無視されてしまいがちなんですよね。

そんなことを続けていると、心も身体もバランスを崩し、調子が上がらないどころか体調を崩してしまうことだってあるんです。

1. どんな時に癒しが必要?

真面目で、自分を追い込むタイプの人は特に、自分の心の求めを無視してしまいがちなんだと思います。

それどころか、「癒されたい」という心の声が、聞こえなくなっている可能性もありますね。

となると、癒しが必要な時に癒しを与えてあげることが出来ないし、どんな時に癒しが必要なのかも分からなくなっているでしょう。

体調や心のバランスを崩してようやく、「無理してたんだ」ってことに気付く。

そんな人も多いかもしれませんね。

でも本当は、そうなる前に癒しを与えて、心と身体のバランスをコントロールしてあげなきゃ…あなたが可愛そう。

自分の心の声に気付けない人も含め、まずはどんな時に癒しが必要なのか、癒しが必要とされるシーンを知っておくことが先決ですよね!

1. 失恋した時

自分に癒しが必要な時と言えば、まずは失恋した時が挙げられると思います。

失恋をした時って、その失った恋に心が囚われ、深い悲しみややるせなさでいっぱい。

他の事は考えられなくなるし、「なんで?」「どうして?」ってことばかりが頭に浮かんできてしまいます。

「もっとこうすれば…ああすれば…」と後悔の念に苛まれ、改善すればやり直せるんじゃないかって、悪あがきしたくなったりもするでしょう。

でも、失恋はもう終わった恋。

後悔することや反省することはあったにしても、その失恋にいつまでも心が囚われているままじゃ、何一つ前には進めません。

その状態では、やり直そうとしたって無理があります。

失恋したときは、まず深く傷ついた心を修復してあげることが大事!
そのために必要なのが、癒されることなんです。

自分に癒しを与えてあげて、心を回復させてあげましょう。

元気な心を取り戻したうえで、次の恋に進むもよし。

反省点を踏まえて、自分磨きをするのもよし。

もしくは、冷静になれば、復縁の可能性も開けるかもしれません。

失恋した時こそ、まずはその事実を受けとめ、心に癒しを与えてあげることが必要なんです。

2. 仕事や試験で失敗した時

また、仕事や試験で失敗した時なんかも、その失敗のことばかりに心が支配されてしまいますよね。

悔んだり悲しんだり…そういった負の感情ばかりを感じていたら、やはり心は癒しを求めてくるのです。

それに、失敗を取り戻そうとして焦るほど、心も身体も付いて来てはくれません。

何より必要としているのは、癒しなのですから。

まずは心を落ち着かせてリラックス。

失敗に悔やんで弱った心を回復させてから、また新たな気持ちでチャレンジした方が、よっぽど効率的です。

筆者も最近、仕事に追い込まれて気持ちが焦ったりすることがありますが、そういう時ほど更なるミスをしたり、気持ちばかりが焦って空回りしてしまいます。

なので、気持ちが落ち着かない時はまず、癒されることをするように心がけています。

落ち着いた気持ちを取り戻してから取り組んだほうが、心も身体もスムーズに動いてくれるものなんですよね。

3. 病気になった時

癒しが必要なのは、病気になった時もそう。

こんな時こそ、身体が癒しを求めているサインを発していると言えます。

病気は体の不調なんだけど、実は心の不調が根源になっていることも多いと言われています。

癒しを求める身体に鞭を打って働かせてきたからこそ、身体は病気という形で限界を伝えるのです。

それでも心と病気の関係に気付けない人は、病気になったことに落ち込み、焦り…どんどん身体が病に侵されていってしまうんです。

最近認知度が上がってきた、“笑い”による治療も、心と病が密接に関係していることが広く知られてきたからだと思います。

笑いによる癒し効果で免疫力をあげ、病に打ち勝とうという試みですよね。

病気になった時こそ、それまで抱えていた問題から自分を解き放ち、心も身体も喜ぶような癒される体験をさせてあげましょう!

4. 未来に希望が見出せない時

未来に希望が見いだせない時というのも、実は癒しが必要とされている時だと言えます。

未来に希望が見いだせないのは自分ですよね。

リラックスして前向きに考えられない自分の心が、未来に希望を持てなくさせているのです。

これもやっぱり、心が疲れてしまっている証拠ですよね。

健康でポジティブに考えられる人なら、どんな状況でだって未来に希望を見い出すのですから。

心が弱っていれば、思考もマイナス思考にしか働いてくれません。

自分の周りの人や、置かれている状況のせいではなく、自分の心が弱っているせいなんです。

こんな時も、まずは癒されることを体験させてあげましょう。

心がワクワク楽しい気持ちになったり、ふんわり優しい気持ちになったら、きっと見いだせなかった未来にも希望が持てるようになるはずです。

5. 忙しくて疲れている時

忙しくて疲れている時も、やっぱり癒しが必要な時です。

疲れているんですから、「休ませて」「もっと楽しいことさせて」というサインが送られている証拠です。

こういう時も、頑張り屋さんは疲れても更に頑張り続けちゃいます。

でも、先ほどもお話したように、そういう時ほど心も身体も付いて来てくれません。

空回りするばかりでミスが起きたり…そのミスを取り返そうとさらに忙しくなったり。

そんな負のループに陥ってしまいます。

筆者は最近、癒されることをするように心がけているとお話しましたよね。

少し前までは、いろんな気持ちの焦りから、疲れても忙しくてもやり続けることを辞められませんでした。

でも、そういった生活を続けているうちに、身体が悲鳴を上げ始めたんですよね。

もともとの自律神経系の弱さもあって、ちょっと無理をするとすぐに身体に表われてしまうんです。

肌はボロボロ。

神経痛にもなるし、動機と息切れがひどくて、仕事に集中したくても出来ない状態でした。

なので、気持ちが落ち着かない時は、ラベンダーのアロマを焚いて、リラックスBGMを流し、20分ほど横になることにしたんです。

これでかなり落ち着くようになりました。

それ以外にも深呼吸をしたり、白湯を飲んだり。

とにかく体を癒すことを心掛けるようになったら、仕事にも落ち着いて集中できるようになってきたんです。

心と身体が癒しを求めていたこと、癒されることによる効果を、最近は特に感じています。

2. 癒しの効果とは?

色々なシーンで必要不可欠な癒し。

これまで、自分が癒されることを重要視していなかった人は特に、癒しを与えてやると、効果を実感できるようになるのではないでしょうか。

もちろん、慣れないうちは、休んでいることに罪悪感を感じたり、癒しの時間を持つことにそわそわして、癒されることに集中出来ないかもしれません。

でも、そんな気持ちこそ、癒してあげることが必要なんですよね。

癒しによって得られる効果は、実に様々なものがあります。

癒しの時間を持たずに頑張り続けたり悩み続けたりするよりも、よっぽど早く、心と身体の回復が望めたり、集中力が増したりもするものです。

人生を効率よく生きていきたい人こそ、癒しが必要な人。

癒しによって得られる効果を知れば、きっと癒しがどれだけ自分に良い影響を与えてくれるものかも、分かるはずですよ♪

1. ストレス解消

人にとって、ストレスは万病の元だと言われていますよね。

そんなストレス解消に効果を発揮するのも、癒されることなんです。

癒されることと言うとちょっと抽象的ですが、これは、何によって癒されるかが人それぞれ違うから。

自分が楽しいと思うことや、心が柔らかくなるようなこと、また、気持ちがいいなって思えるようなスッキリする体験をすることが大切なんですよね。

そもそも、ストレスにもいろんな種類のストレスがありますし、そのストレスへの抵抗力も人それぞれ。

ストレスに強い人もいれば、弱い人もいます。

それでもストレスがかかっていれば、身体には何かしらの異常な状態が引き起こされています。

そのサインに気付かず無視してしまうと、心も身体も壊れてしまうんです。

筆者の場合だったら、分かりやすくサインがでます。

まずは肌が荒れること。

そして、動機や息が浅くなる症状が出ることもあります。

どちらも動ける状態で、そのまま仕事をし続けることも可能です。

でも、肌が荒れるということはストレスによる刺激に、身体が必死に抵抗している証拠。

胃腸の働きが弱まり、免疫力が低下しているサインなんですよね。

また、動悸や息切れも同じく、ストレスに抵抗しようと過剰に身体が反応している証拠です。

これを無視してしまえば、次第に抵抗する力さえも無くなってしまうんです。

ストレス反応が出ているうちに、もしくはストレスがかかる前に癒されることをしておけば、異常に身体が反応してしまうことも無くなるという訳ですよね。

筆者の場合なら、肌荒れによる悩みが無くなるし、動悸や息切れにより作業を中断させられることもなくなるんです。

ストレスは放っておけば鬱病を患うことになったりもしかねませんし、そうなると回復までには相当な時間を要します。

癒しが必要な体に癒しを与えてあげないことは、それだけ罪なこと。

癒しによる効果は絶大なんです。

2. 質の良い眠りができる

癒しの効果は、質の良い眠りにも発揮されます。

眠りの質をあげるのは、ストレス解消のひとつでもあるんですよね。

眠っている時間は、心と身体を回復させる時間です。

この眠りの質が良いほど、ストレスへの抵抗力もつき、しっかりと心と身体が回復出来るんです。

いくら寝ても疲れがとれなかったり、朝スッキリ起きられない場合は、眠りの質が悪いことがひとつの原因として挙げられます。

質の良い睡眠をとることもまた、よりよい人生を送っていくために欠かせないものなんです。

そんな眠りの質を上げるためにも、癒しが効果を発揮します。

心配事を抱えたまま、興奮したままでは、質の良い睡眠は得られないんです。

眠る前に部屋の明かりを落とし、リラックスBGMをかけたり、アロマを焚いたりして癒しの時間をとることで、質の良い睡眠による身体の回復も期待できます。

筆者も最近は、寝る前にリラックスBGMをかけることで、スーッと眠りにつけるようになり、朝もスッキリと起きられるようになりました。

朝スッキリ起きられると、一日の始まりも気持ちよく迎えることができるんですよね。

なので、癒しの時間を持つことの大切さを痛感しています。