「彼にとって、私ってどういう存在なんだろう?」と、不安になることってありませんか?
不安になる要素があるということは、もしかしたらあなたが、彼にとっての都合のいい女になっているからなのかもしれません。

都合のいい女になるということは、女性にとって一番避けたいことですよね。

「まさか、そんなはずない」って信じたい。

だけど実は、心のどこかで気づいていたりもするのではないでしょうか。

見たくない、知りたくない事実に目を瞑っているだけで…一途に信じることこそ彼女の勤め!なんて思っていませんか?

恋をしている時って、相手の良い面ばかりを見ようとしてしまうものです。

「あれ?」と思うことがあっても、恋をする気持ちが疑問を掻き消してしまうんですよね。

あなたは都合のいい女になっていない?

恋は盲目とも言われます。

それ故に、彼の気持ちが本当はどこにあるのかも、時に見えなくなってしまいます。

彼にとって自分がどんな存在なのか…。

もし、疑問を感じることがあるのなら、自分が都合のいい女になっている可能性を確かめたほうがいいかもしれません。

彼を信じたい気持ちもあると思います。

それも分かりますが、そもそも、不安や疑問を抱かせるような彼は、本当にあなたを大切に思っているのでしょうか?
相手に対する思いやりがあるのなら、本来疑問や不安感を持たせないようにしてくれるはずですよね。

だって恋って、好きって気持ちだけじゃ成立しません。

お互いを尊重し、信頼関係が成り立っていてこそ、恋愛関係も成り立っていくものです。

もし、彼にとっての都合のいい女になっているのだとしたら、その彼との関係を見直したほうがいいのかも。

幸せな恋愛をするのも、辛い思いをし続けるのも、選択するのは自分なのですから。

1. あなたの彼に以下のような要素はありませんか?

日々が幸せな恋愛に包まれるかどうかは、自分次第です。

相手に依存し、流されるままでは、幸せを掴むことなんて出来ません。

自分で幸せの選択をしなければならないんです!

あなたの彼、あなたを都合のいい女扱いしていませんか?
彼の態度や言動に、疑問を持ったことはありませんか?
「あれ?」と思うことをそのまま見過ごしてしまうと、自分が都合のいい女になっていると気付いた時には、もう遅いんですよね。

その時にはもう、分かっていても離れられなくなるくらいに好きになっていたりして…良くないと思いながらもズルズルと付き合い続け、心は傷つくばかりです。

貴重な恋の時間を奪われていくだけの恋愛をすることになってしまうんです。

筆者も実は、こんな恋愛ばかりしていた時期があるんです。

彼の態度や言動から何度もサインが送られていたのに、それを見ないようにしていたり。

途中からはもう気づいていたのに、その恋に執着してしまったり。

心も身体もボロボロになっていくだけ…でもそれも、今思えば自らそうであることを選んでいたなって思うんです。

別れようとすれば別れられるのに、しがみついていたのは自分。

どちらかといえば、屈辱による悔しさから、惨めな自分を認めたくないって気持ちが大きかったと思います。

だから、好きって気持ちよりも執着になっていくんですよね。

そして、そんな惨めな自分もどんどん嫌いになっていく…
都合のいい女になってしまったら、もうその恋で得るものは無いんですよね。

まずは彼に、以下の要素がないかどうかを確認してみましょう。

見ないふりをしていたこと、また自分では全く疑問に感じていなかったことでも、第三者から見れば「それおかしいよ!」ってことが多いものです。

当てはまる要素があり、その正当な理由もないのなら、彼はあなたを都合のいい女扱いしている可能性が出てきます。

一旦冷静になって、いつもの彼と見比べてみて下さいね!

1. 借りてもこちらから言うまで返さない

彼に物を貸した時、こちらから言うまで返ってこないなんていうことはありませんか?
それが一度ではなく2度3度とあったりするのなら、都合のいい女だと思われている可能性があると思います。

ましてそれがお金だったりしたら…それを返さないというのは、人付き合いのマナーとしても最低です。

うっかり忘れたで済ませていいものではありません。

そもそも結婚している訳でもない恋人同士の段階で、物やお金の貸し借りをするという行為自体、本来避けるべきことです。

だって、貸したものが返ってこなかったら、お互い嫌な気持ちになりますよね。

しかも、自分から「返して」っていうのって、心が狭い人だと思われるような気がして言いづらいものです。

借りても返さないという彼は、そんな相手の気持ちに甘えていたり、利用していたりする可能性も大なのです。

つまり、都合のいい女だということ。

物やお金を彼女に“借りる”という一番楽な手段を選んでしまう彼。

彼女のモノは自分のモノと言わんばかりに、“返す”という意識が薄い彼。

こんな彼だとしたら、付き合った先の結婚を考えた時にも先が思いやられますよね。

2. 仕事内容や会社名を内緒にする

あなたは彼の、仕事内容や会社名をきちんと把握していますか?
もし彼が、自分の身分を明かしたがらないのなら…都合のいい女である可能性大!
それに、仕事や会社名を内緒にしたがること自体、怪しすぎますよね。

普通隠す理由なんて無いですし、自分がどこで何をしている人かっていうのを明かしてこそ、信頼関係が築けるというものです。

つまり、あなたと信頼関係を築くつもりが無い…身体だけの関係を求めているのかもしれません。

彼が身体だけの関係など、相手を都合の良い女性として位置付けていると考えれば、仕事内容や会社名を内緒にするのも頷けます。

都合の良い女性として扱った末に、いざこざに巻き込まれるのを避けるためです。

あなたの前からいずれ姿を消したい。

面倒になったら別れたい。

という気持ちがあったら、出来る限り、自分に繋がるヒントを相手に与えないようにするでしょう。

連絡が取れなくなればそれで関係性を切れる…いずれそうなることを見越しているからこそ、仕事や会社を明かさないようにするのです。

間違っても、ミステリアスな彼だなんて思わないでくださいね!
こういう人の場合、妻子持ちなんて可能性も大きいと思いますよ。

3. メールの返信が遅い

一概には言えませんが…メールの返信が遅い彼の場合も、あなたが都合のいい女である可能性があると思います。

メールの返信が遅いと、不安になりませんか?そこから不信感を抱いたりしませんか?
彼女が本命の相手なら、そんな気持ちにさせないように気を遣うものだと思います。

都合のいい女であるかは別としても、とても思いやりに欠ける彼だということは言えますよね。

そのまま付き合い続けていけば、あなたはずーっと不安や不信感を持ち続けることになるのですから。

幸せな恋愛が出来るとは言えません。

また、あなたが都合のいい女として見られているとしたら…彼にとってメールの返信は、正直面倒でしょう。

自分の都合のいい時だけ会ってくれたりすればいいのですから、小まめにメールして信頼関係を築いたり、恋人同士のような甘いやりとりをしようなんて考えていないんです。

それに、先ほどお話したような妻子持ちの相手だった場合は、自宅に帰ったらメールの返信は出来ないですよね。

夜送ったメールの返信が、毎回日中に返ってきたりするのなら、自宅では携帯を見られない事情がある可能性も大きいです。

もともとメールが苦手という人もいるとは思いますので、他の不審点と併せて考えてみるといいかもしれませんね。

4. 食事をおごってくれない

食事をおごってくれない彼の場合も…都合のいい女と思われているかもしれないと、疑った方がいいかもしれません。

男性って、気のある女性なら食事をおごりますよね。

食事をおごることから付き合うキッカケを掴もうともするはずだし、本命の相手なら、男前なところを見せたいと思うのが普通です。

最近では割り勘も主流になっているかもしれませんが、本命の相手に食事をおごらないという勇気は、相当図太くないと持てないと思います。

「小っちゃいヤツ」「ケチなヤツ」って思われたら、好きな相手には嫌われてしまうし、男性としてのプライドも保てませんからね。

なのにも関わらず食事をおごらない彼なんだとしたら、あなたの前で男性としてのプライドを保つ必要が無いと考えているということになります。

どう思われてもいいって思っているということは、やはりあなたが都合のいい女だから。

残念ながら、そう考えるのが自然なんです。

5. 頻繁に誰かとメールをしている

彼が、頻繁に誰かとメールをしていることがあるのなら、これも疑った方がいいですよね。

男性って、男性同士でそう頻繁にはメールのやり取りをしません。

それに、やましいことが無ければメールの相手を明かすはずです。

誰だかわからないけど頻繁にメールのやり取りをしている姿があるのなら、そこに他の女性の影を疑った方がいいのかも。

あなたが都合のいい女なのか、メールの相手が都合のいい女なのかは分かりませんが…そもそも、本命彼女と一緒にいる時にメールのやり取りをしていることが失礼な態度です。

仕事など急ぎのメールなら仕方がありませんが、ちゃんとした人ならそれも、「ちょっとごめん。

仕事だからこのメールだけ返信しちゃうね」なんて断りを入れるはずです。

一緒に居る時にメールに集中されたら、あなたは置いてけぼりの感覚になりますよね。

勝手に自分の世界に入っちゃうような彼は、人づきあいのマナーも出来ていません。

それもやはり、あなたを大切にしようとする気持ちが薄いからだと言えます。

つまり都合のいい女だと思われている可能性があるということ。

もしそのメールの相手が他の女性なら、一緒にいるあなたよりメールの相手のほうが優先順位が高いということも言えますよね。

筆者も似たような経験があるんですよね。

しかも、他の女性の影は1人じゃなかった。

でも、それに勘づいてからも、本命は自分だって思い込んでいたんです。

恋をしている時って、そう信じたいものですからね。

でも、別れてから思うのは、自分が都合のいい女だったんだってこと。

そもそも何人もの女性と付き合うことが最低ですし、自分が本命ならいいってことにもなりません。

それが恋する気持ちの落とし穴。

本当は、自分が一番ならいいんじゃなくて、自分だけを大切にしてくれる彼であるのが正常な恋愛なんですから。

6. 用事が終わるとすぐ帰る

用事が終わるとすぐに帰っちゃう。

そんな彼だった場合も、あなたが都合のいい女と見られている可能性がありますよね。

用事が終わるとすぐに帰ってしまうということは、あなたに会う目的は“用事”があるからだけってことになってしまいます。

そこに愛情や、関係性を築いていこうという気持ちは感じられません。

普通の恋人同士なら、用事が無くても会いたいし、一緒に居たいって思うものですよね。

何気ない時間を一緒に過ごしてこそ、幸せを感じたりもするのですから。

それに、すぐに帰ってしまうということは、彼の隙間時間にあなたと会っている可能性も大きいですよね。

あなたと会うために予定を開けているのではなく、ちょっとした隙間時間の穴埋めとして、あなたと会っているのかもしれません。

だとしたら、大切にされているとは言えませんよね…。

ましてその“用事”って、身体の関係だったりしませんか?
用が済んだら帰る時の用事があなたの身体だったとしたら、明らかに都合のいい女。

抱いてくれる最中がすごく優しい♡なんてことには騙されないでくださいね!

7. あなたの給料や貯金額を聞きたがる

彼は、あなたの給料や貯蓄額を聞きたがるようなことはありませんか?
お金の話って、とてもナイーブな話題です。

結婚の話が出ているならともかく、恋人同士の関係であなたのお金のことを聞きたがると言う場合は、もしかしたら、お金目当て…なんてことも無きにしもあらずです。

気付いたら、いつも自分が食事をおごっていたり、何かにつけてお金を貸していたり…そんなことになってしまうかもしれません。

金づるのようになってしまったら、都合のいい女以外の何物でもないですよね。

それでも好きだと騙されてしまうのが女心。

そんな気持ちを利用する詐欺だって世には沢山はびこっているのですから、注意しなければなりません。

8. あなたの誕生日や記念日を全く覚えていない

彼があなたの誕生日や記念日を全く覚えていない場合もやはり、あなたが都合のいい女だからかもしれませんよ。

女性って、誕生日や記念日をとても大切にしますよね?
男性もそれは分かっているはずです。

だから好きな女性相手なら、誕生日も記念日も覚えておこうと努力するはずなんです。

好きな女性を喜ばせたいと思う一心で、サプライズをしてくれる男性だって、世の中にはいるのですから。

それなのに、誕生日や記念日を覚えようとしないということは、その重要性を感じていないということになりますよね。

つまり、あなたが都合のいい女だから。

ということになってしまいます。

誕生日や記念日を覚えるのが苦手という男性も多いとは思いますが、本当に大事な相手なら、覚えてくれるはずですよ!

9. デートはいつも彼の都合を優先してくる

デートのとき、いつも彼の都合が優先されているという場合も、都合のいい女扱いをされている可能性がありますよね。

自分の都合を優先する彼というのは、あなたの都合や予定を無視しているということになります。

自分の都合のいい時だけ会ってくれて、暇な時だけ遊んでくれる女性。

彼にとってあなたはそんな存在なのかもしれません。

好きな相手だと、連絡をくれるだけでも嬉しくなっちゃうのが女性。

自分勝手な彼の都合でも、飛んでいっちゃったりもするでしょう。

でも、そんなことばかりを続けていると、本当に都合のいい女になってしまうんですよね。

彼の都合のいい時だけ呼べば飛んでくる女。

つまり、やりたい時だけやらせてくれる女。

そんな位置づけになってしまいます。

恋愛には駆け引きも大事。

相手の都合に合わせてばかりだと、自分から都合のいい女に成り下がるようなものです。

時には彼に自分を追わせるくらいの余裕を持たないと、幸せな恋愛なんて出来ません。

10. 優しさや愛情を感じない

彼の優しさや愛情を感じない場合も、あなたが都合のいい女だからかも。

でもその前に、優しさや愛情を感じることが出来ないのに、なぜ付き合っているんでしょう?
きっと、周りの人はそう思っているはずです。

優しさや愛情を感じなくて、付き合っている意味があるの?って。

彼の優しさや愛情を感じなくて、幸せな恋愛が出来ているとは言えませんよね。

その場合はきっと、彼氏がいるのに幸せそうなオーラも無いはずです。

周りの人から見れば、彼氏がいるのになんだかいつも辛そう。

って、思っているはずです。

そもそも優しさや愛情を感じないのなら、自分でも薄々気づいているはずですよね。

彼にとっての自分が、都合のいい女かもしれないって。

でも、その事実を認めたくないし、信じたくもないんですよね。

その気持ちは、筆者も痛いほど分かります。

だけど、彼にあなたに対する愛情や優しさがないのなら、その恋愛はもう、成立していないんです。

そんな状態で執着すればするだけ、自分が苦しむことになります。

自分が、事実を受けとめなければなりません。

2. 気付いたら毅然とした態度で別れよう!

あなたが都合のいい女になっている場合、あなたはもう気づいているはずです。

そのままその恋に依存し続けて苦しむのか、きっぱり別れて幸せな恋愛を見つけるのかは自分次第なんです。

きっと、別れを選んだ方がいいことも分かっていますよね?

都合のいい女であることに気付いているのに別れられない場合、そこには様々な理由があるでしょう。

都合のいい女であっても、とても優しくしてくれるとか。

彼都合とはいえ、必ず会ってくれるとか…そういったわずかな希望を見い出しては、事実を見ないようにしてしまうんですよね。

それに筆者のように、自分が都合のいい女扱いされているという屈辱を、受けとめきれないでいる人もいるのかもしれませんね。

特に親や友人に大切にしてもらってきた人は、彼にも大切にしてもらえるものだと思って疑いません。

自分は人に大切にされる存在なんだって…そう思って、そうじゃないことが信じられないのだと思います。

女性を都合のいい女扱いしてしまう彼に問題があるのは間違いありませんが、実は、そういった彼に捕まってしまう女性側にも、原因があるものなんですよね。

幸せな恋愛をするのか、辛い恋愛をするのか。

選ぶのは自分なんです。

都合のいい女扱いされていると気付いたなら、毅然とした態度できっぱり彼と別れましょう!

都合のいい女になりがちな女性の7個の特徴

さて、ここまでは、彼があなたを都合のいい女扱いしている場合、どんな要素を持っているのかについてお伝えしてきました。

これまでにもお話してきた通り、都合のいい女になってしまう場合は、彼にも問題があるけどあなたにも、男性に都合のいい女扱いされる特徴があったりするものです。

筆者自身もそうでしたけど、都合のいい女になってしまう人って、相手が変わってもことごとく、都合のいい女扱いされてしまいがちです。

辛い恋をようやく振り切って、心機一転新しい恋を求めても、また同じような恋愛を繰り返してしまうものなんです。

それってたぶん、自分が被害妄想でいることが一番の原因だと、筆者は思うんですよね。

これまでの辛かった恋を彼のせいにしてしまうと、ひとつの恋が終わっても自分には反省点がありません。

ひどい彼に振り回された被害者意識ばかりで、そういう男性に捕まってしまった自分の問題に気付けないのです。

となると、また同じような恋愛を繰り返してしまうんです。

ある意味、自分から都合のいい女に成り下がり、彼に都合のいい女扱いをさせるように仕向けているとも言えるんです。

もちろん彼が悪い!だけど、都合のいい女になってしまう女性は、そういう素質を持っている女性でもあるんです。

ここからは、都合のいい女になりがちな女性の特徴をご紹介していきます。

これまでも今も、苦しい恋愛をしているのなら、自分が変わらないと何も変わりません。

都合のいい女の特徴と自分を照らし合わせて、自分にある原因を探っていきましょう!

1. 引っ込み思案

都合のいい女になりがちな女性の特徴としてまず挙げられるのが、引っ込み思案なことです。

引っ込み思案な性格の女性は、女性らしい大人しい性格だという良い面に見られることもありますが、都合よく振り回しやすい女性でもあるんですよね。

男性の押しに弱く、相手の思うがままに動いてしまうと、途端に都合のいい女になってしまうんです。

引っ込み思案でも、自分の意思をしっかり持ってさえいれば、相手の思うがままになってしまうこともありません。

引っ込み思案な人は、簡単に動かされない芯を持った女性であることを、心掛けたほうが良いでしょう。

2. 自分に自信がない

自分に自信が無い女性というのも、都合のいい女になりがちな女性の特徴なんですよね。

引っ込み思案な性格の人がもれなく、自分に自信が無い人だったりもするのだと思います。

自分に自信がないと、やはり他人の意見に同意しがちです。

それは恋愛でも、相手に従ってしまいがちだということです。

従順なのは、日本女性の奥ゆかしさでもありますが、相手が悪ければ都合よく使われるだけ。

都合のいい女という位置づけにされてしまうんです。

3. 自分のことが嫌い

そして、自分に自信が無いということは、自分のことが嫌いなんですよね。

そういった女性もまた、都合のいい女になりがちなんです。

都合のいい女だとしても、自分が嫌いな自分を相手にしてくれる男性には、好意を持ってしまうんですよね。

それが落とし穴だとも言えるのですが…。

とにかく自分を極端に卑下してしまっていると、自分で自分を大切にしようとは思いません。

それが、辛い恋愛でも「自分にはこの程度の恋愛がお似合いなんだ」とでも思ってしまい、都合のいい女であることを自ら選択してしまうんです。

自分を愛し、大切にしようと思っていれば、辛い恋愛から自分を救い出そうとするはずです。

つまり、都合のいい女扱いされていることが分かった時点で、きっぱりと別れを選択するんです。

自分が嫌いな人は、自分を痛めつけるのが好き…というとちょっと語弊があるかもしれませんが、そういったM気質を持っていたりすることは多いと思うんですよね。

4. 他人の押しに弱い

他人の押しに弱いことも、都合のいい女になりがちな女性の特徴なんですよね。

押しに弱い人は恋愛でも、彼の都合や意見に押されっぱなし。

疑問を持つことがあっても、相手の意見に押されて流されてしまいます。

となると、いつまでもダラダラと、都合のいい女という立ち位置から卒業することが出来ないんですよね。

筆者も押しに弱いところがありまして…特に恋愛では押しに弱いんです。

それにより、別れたいと思って意を決して「別れたい」と伝えても、丸め込まれて別れられなかったり、身体の関係だけの人とズルズルと付き合っていたり…そんな恋愛ばかりしてきたんです。

そんな恋愛と決別するのも、結局は自分の強い意志。

別れられなかった彼とは最終的に、同棲していた彼の元から何も言わずに逃げてきたし、身体の関係だけだった彼とも、きっぱりと別れを伝えて連絡先も変えました。

他人の押しに弱い人は、いつだって都合よく使われがち。

きっと自分でも、都合よく使われてしまっていることに気付いているはずなんですよね。

その状況を変えるには、やはり自分の強い意志を持っていなければなりません。

彼にも他人にも流されることない自分を持つことです。

5. 自己表現ができない

自己表現ができない女性…。

これも引っ込み思案や自分に自信が無いのと似た特徴ですよね。

自分を表現するのが苦手な女性は、相手の色に染まりがちだし、相手は自分の色に染めやすい相手だと判断します。

それによって、恋愛では都合のいい女になってしまうんですよね。

相手の男性にとって、自分を表現してこない相手は扱いやすい相手。

反発も反論もしてこないので、ある意味居心地が良く、使い勝手の良い女なんです。

とにかく大人しくて自己主張してこない。

そんな女性は、都合のいい女を求めている男性にとって、うってつけな相手になってしまうんです。

一見大人しそうで引っ込み思案な女性でも、話してみるとしっかり意思を持っていたりすれば、悪巧みしている男性だって逃げていくはずです。

自己表現は苦手でも、譲れない芯は持っておかなければならないんですよね。

6. とても臆病

都合のいい女になりがちな女性には、とても臆病なところもあると思います。

臆病なところがあると、人に嫌われることや人を怒らせることを、極端に怖がりますよね。

だから、相手の言うことに反論もしなければ、言われるがままに従ってしまうんです。

特に恋愛では、臆病さって発揮されやすいと思います。

大好きな彼に嫌われたくない。

怒らせたくない。

相手のことが好きだからこそ、別れるのが怖いんですよね。

だから、相手の思いのままに、相手が気持ちよく居られることだけを優先してしまうのです。

でもそれって本当は、正常な恋愛のカタチとは言えません。

自分ばかりが我慢して相手がいい気分。

それで本当に満足出来るのでしょうか?
そもそも相手の男性だって、彼女のことが本当に好きなら、我慢したり無理したりせずに自分を曝け出して欲しいと思うはず。

それなのに、無理している彼女にすっかり甘えてしまっているということは、都合のいい女だと思っている可能性が高いんですよね。

恋愛で臆病さが出てしまうと、もうそれは恋愛しているというより、相手にビビッて萎縮してしまっているだけ。

お互いを尊重し合う関係性を、自ら放棄してしまっているとも言えるのです。

7. 褒められると有頂天になる

褒められると有頂天になってしまう女性も、都合のいい女になりがちな女性の特徴です。

女性は、褒められると弱いもの。

それは誰にでも言えることだと思います。

でも男性は、本来褒めるのが苦手な人の方が多いですよね。

そんな中褒め上手な男性に出会うと、紳士的な感じもして惹かれてしまうものです。

それが、純粋な尊敬や尊重の気持ちから来るものならいいのですが、褒めて女性を手のひらの上で転がそうなんて…恋愛のひとつのツールとして、“褒める”を上手に使う男性もいるのは事実。

中には、褒めて気分を良くさせて、都合のいい女に仕立てようなんて悪巧みをしている男性もいるかもしれません。

これって、詐欺の常套手段だったりもしますよね。

女性の気持ちを利用して騙すなんて許せない行為ですが…。

それに騙されてしまう女性側の心の弱さもひとつの原因。

褒められて喜んじゃいけないとは言いませんが、お世辞程度に受け取っておくこと。

それくらいの大人な対応をすることも、時には必要なんだと思いますよ。