あなたに味方はいますか?と聞かれて思い浮かぶ人はいますか?
家族が思い浮かんだり、友達が思い浮かんだりと、どのような人が浮かぶかは人それぞれ違うと思います。

自分には味方と呼べる人はいないという人もいるでしょう。

それに人によって、味方だと呼べる人の条件等も違うと思います。

自分のことを理解してくれる、受け入れてくれる存在が自分の人生の中にいてくれるのは、とても心強いことです。

自分が困難にぶつかった時やピンチの時にその人の支えがあれば乗り越えられることもたくさんあります。

人の力は無限大です。

人を助けてくれるのは人なのです。

今回は味方についてまとめてみたので、ご覧ください。

一匹狼を卒業しよう!味方がいることの幸せ

一匹狼と聞いてイメージするのは、基本的に1人で行動している、周りに媚びていない、寡黙な人等似たようなイメージが出てくるのではないでしょうか?
一匹狼になれる人は1人でも平気で、周りの意見に流されないハートが強い人なんだという人もいるでしょう。

一人でいるのが怖い、人の意見に左右されやすい人からすると憧れの存在になっていることもあるかもしれませんね。

しかし、一匹狼だと味方は自分だけです。

一人でピンチや困難と闘っていくのにはとてもパワーを使います。

もしそんな時に味方が一人いてくれたら、一人では乗り越えられなかったピンチや困難を二人の力で乗り越えられるかもしれません。

味方という存在は、自分にとって大きな力になり、そのような存在がいてくれるのは幸せなことです。

「私はあなたの味方だよ」という言葉や態度は、一匹狼だった人も含めて誰が聞いても嬉しい言葉ですよね。

味方になってくれる人はあなたにとって特別な存在だと言っても過言ではないでしょう。

1. 味方ってどんな人のこと?

味方ってどんな人のことなのでしょうか?
「味方」の対義語は「敵」です。

極端な例えかもしれませんが、「味方」と「敵」の2つのタイプに分けるとして、自分にとって対象の人はどちらなのかということです。

味方と敵という対立した関係の中で、自分を支持してくれる人、自分を受け入れてくれている人、自分を応援してくれる人があなたにとって味方の人なのです。

ですから、味方でも敵でもないよという人は少なくともあなたの味方ではありません。

例えば何かトラブルに自分が巻き込まれたとして、その時に自分のことを支持してくれたならば、その人は間違いなくあなたの味方でしょう。

1. あなたを心から助けたいと思ってくれる人

あなたが何か困っていたり、つらい経験等している時に心からあなたのことを助けたいと思ってくれる人はあなたの味方です。

心から助けたいと相手が思っているということは、その時あなたも誰かに助けてほしいと思っているはずです。

そんな時に、あなたに手を差し伸べてくれる人は少なくともあなたの今の状況を理解してくれている味方です。

例えば、あなたの信頼できる人等が何か困っている場合、あなたはこの人の支えになってあげたい、心から助けたいという気持ちがあふれてくるかもしれません。

その時、あなたはその人にとって味方になっているということになります。

心から助けたい気持ちは自然とあふれでてくるものです。

意図的には心から助けたいという気持ちはあふれてこないのです。

なぜ助けたいという気持ちが自然にあふれてくるのかというと、あなたの気持ちに働きかけるほどその人のことをあなたが大切に思っているからかもしれませんね。

2. あなたの幸せを願ってくれている人

あなたの幸せを純粋に願ってくれている人はあなたの味方です。

あなたのことを嫌だと思っている人にあなたの幸せを願うことは出来ません。

幸せというものは、思いやりや愛情の最上級の現れではないでしょうか?
あなたのことを大切に思っているからこそ、あなたに幸せになってほしいと思うのです。

ちなみにですが、幸せになってほしいと思う人には愛情ホルモンと呼ばれるオキトシンが生み出されるらしいのですが、そのオキトシンは幸せを願ってくれる人の心も幸福感に満たしてくれる性質があるそうです。

幸せを願ってくれる人がいるあなたはそれだけでも幸せかもしれませんが、幸せを願ってくれている人自身も幸せな気分になれるというお互いに素敵な効果があるようです。

3. あなたを強くしてあげたいと願ってくれている人

あなたを強くしてあげたいと願ってくれている人は味方です。

強くしてあげたいというのは、肉体的に強くなってほしいという意味ではなく、あなたが失敗や困難等にぶつかった時に精神的に耐えられるような強さのことをさしています。

あなたのことを助けたり、手を差し伸べるだけでは、あなたの精神的な強さは変わりません。

味方になってくれる人は、あなたにいつも手を差し伸べたり、助けたりはしないかもしれません。

しかし、それはあなたを突き放しているわけではなく、見守ることであなたの精神的な強さに繋がってほしいと願っているからなのです。

見守るとは、あなたが無事であるようにと気にかけながら見てくれていることです。

もちろん、あなたのことを気にかけてみていない人は、あなたの味方ではないということです。

2. ずっと味方で居続けるかは分からない

味方に一度なってくれたからといって、その人がずっとあなたの味方でいるという保証はありません。

例えば友達が幼稚園からずっと一緒だからといって、その関係性がずっと続くかは分かりませんよね?今はもうその友達とお付き合いもしていないという人も多いのではないでしょうか?二人に何か出来事があって、それをきっかけに友達と呼べなくなったりするのです。

ですから、味方も同じです。

味方はあなたの事を信用している、あるいは理解してくれているから味方になってくれています。

ですから、あなたのことを信用できなくなったり、理解できないと相手が思えば、味方として接してくれなくなるかもしれません。

あなた次第で相手も味方でいてくれるかどうかは変わるのです。

3. どんな人が味方になってくれる?

味方になってくれる人も様々です。

家族であったり、友達であったり、同僚であったりと関係性は人により異なると思います。

あなたのことを深く理解してくれていないと、あなたの味方にはなってくれません。

味方になってくれるということは、味方になってくれた人にも敵を作るということになります。

そのリスクを背負ってあなたの味方になってくれるのです。

相手はあなたの事を応援してあげたい、幸せになってほしいと願っているから味方になってくれるのだと思います。

味方がいるあなたはとても魅力のある人物ということですね。

1. 家族

あなたにとって家族はどのような存在ですか?
「いつも自分のことを応援してくれている存在」、「頼りになる存在」等、その答えは人により様々だと思います。

家族愛という言葉を聞いたことはありませんか?
「恋」には、何か条件があります。

例えば、相手の容姿であったり、性格であったり、その人に何か条件が無いと恋にはなりません。

「愛」は、無条件で生まれる感情です。

無条件の愛が家族にはあります。

家族とは、家族みんなが特別な存在です。

家族という特別な絆はあなたの家族の中にしかありません。

家族はあなたと一緒に暮らしていますから、あなたの欠点も知りつくしています。

時にはそのことをうっとうしいと思うこともあるでしょう。

味方になって一番頼もしいのは家族かもしれません。

家族だからこそかけられる言葉があると思います。

例えば親であれば、小さいころからあなたの側にいる家族ですから、あなたとの付き合いは一番長い家族なのです。

あなたがどのように育ち、どのような性格なのかは一番家族が理解しているのです。

自分に初めて味方になってくれるのは家族かもしれませんね。

2. 親戚

親戚とは自分と血縁関係にある人の事をいいますよね。

例えば、祖父、祖母、従兄、叔父、叔母などが親戚にあたります。

家族の次にあなたとの血縁関係の繋がりがあるのが親戚です。

性格や容姿が違っていても、あなたと親戚には同じ血が流れています。

同じ血が流れているだけで仲間意識が芽生えるのです。

血縁関係とは、限られた人にしかないものです。

限られているからこそ、仲間意識が芽生えるのです。

家族までの絆とはいきませんが、それに近い絆は親戚にはあります。

遠いようで近い存在が親戚です。

あなたの第二の家族のようなものです。

親戚にあたる全員がとは言いませんが、何人かはあなたの味方になってくれる人はいるはずです。

これも家族と同様で、無条件の愛からくるものが親戚にもあるのかもしれませんね。

3. 友達

友達は血縁関係もないですし、あなたにある程度理解があり、あなたに好意を寄せていて、あなたと対等に関わってくれる存在です。

友達は、家族や仕事関係のようなしがらみはないですから、どの場面で友達が出来ているかは人により違います。

友達が味方になってくれる場合は、何のしがらみもないわけですから、あなたの立場で冷静に判断が出来ます。

友達は外の世界のあなたの一番の理解者です。

あなたにとって、友達という味方は外の世界ではかなり頼りになる存在になるでしょう。

4. 同僚や上司

同僚や上司が味方についてくれたら仕事もとてもやりやすくなりそうですよね。

同僚は、仕事関係の相談を一番理解してくれる存在なのではないでしょうか?それに、上司と違うのは対等な立場であなたと話が出来るということです。

仕事で何かトラブル等が起こった場合、あなたに同僚が味方してくれたらそれはあなたの仕事ぶりを同僚が認めてくれているからこその行動です。

あなたが同僚に仕事を認められていなければ、同僚だって味方になるのは自分にリスクがあるのですから、なかなか味方になるようなことはしません。

ですから、リスクを背負ってでもあなたの味方になってくれる同僚は、とても心強い存在です。

仕事をしている以上、多くの人は上司という存在がいます。

上司とは、自分より地位が上の人のことをいいますよね。

ですから、上司との関わり方で悩んでいる人も多いことでしょう。

自分より地位の上の人があなたの味方になってくれれば、会社の中では怖いものはないかもしれませんね。

しかし、そこまで上司に信頼してもらえる部下になるには簡単な道のりではないでしょう。

あなたのことを信頼できる人間だと認識してもらえるまでには、長い道のりが待っているかもしれません。

4. 運も味方にすることが大切

運も味方にすることが大切です。

運とは、あなたの身に起こる幸や不幸を支配するめぐりあわせのことです。

幸のめぐりあわせを味方にすることが出来れば、幸のめぐりあわせなのですから良いことですよね。

「運が良かった」、「運が悪かった」という言葉を日常で聞いたことはありませんか?
この言葉は、発言した人が運が良いか悪いか判断している言葉ですよね。

ですから、あなたが全ての出来事に対して「運が悪かった」とすればそうなるのです。

これは、ネガティブな発言です。

運の性にしていては、いつまでたってもそこから前に進むことはできません。

しかし、この出来事を前向きに捉えることで、「運が良かった」と言えるようになるかはあなた次第なのです。

運は人の考え方や受け止め方により良くも悪くもなるということです。

しかし、運を味方にするということは、あなた自身が前向きでいる必要があります。

そうすれば、きっといつか「運が良い」と言える時がくるはずです。

運を味方にできるかはあなた次第です。

偽者の味方とは?

偽物の味方とは、あなたの味方のフリをした敵ということです。

あなたの事を後に利用してやろうなどと企んでいる敵があなたの味方のふりをしているかもしれません。

あなたの味方ですと言われても、全ての人が純粋にあなたのことを助けたいと思っている人だけではないかもしれません。

例えば、あなたの味方のふりをして、あなたの弱点を探ってみたり、あなたに不利益に働きかけたりするのです。

味方だといえば、誰でも自分に好意をもってくれていると思いますから、隙だらけになってしまいます。

その隙を偽物の味方は狙っているのです。

ここでは、偽物の味方にはどのような人がいるかをまとめてみましたので、ご覧ください。

1.お金を狙っている人

偽物の味方にはお金を狙っている人がいるかもしれません。

自分はあなたの味方だと安心させることにより、あなたに隙が出来るのを近くで待っているのかもしれません。

お金を狙うと聞くと詐欺の話を聞いているようですが、詐欺師が味方のふりをして最後はお金をだまし取られた話なんてよく聞く話ですよね。

味方という言葉は時に人の判断力を鈍らせてしまうのかもしれません。

味方と言われて喜ばない人はいないですよね?

その心理をうまく利用してやろうと考えている人もいるのだと頭の片隅に置いといてください。

もちろん、本当にあなたの味方になりたいと思っている人もいますから、疑心暗鬼になってはいけません。

味方になってくれる人の言動などから判断して、本当の味方か偽物の敵かを判断しないといけませんね。

2.都合よく利用しようとしている人

偽物の味方にはあなたを自分に都合の良いように利用してやろうと思っている人もいるかもしれません。

あなたの為に味方になるのではなく、自分のために偽物の味方になっている人です。

どういうことかというと、自分さえよければすべていいという人です。

相手に都合よく利用されて、相手の都合が悪くなったら味方から敵に変わる人がいるのでする
このような人は、最初から味方ではなく敵なのですが・・・。

あなたが途中で、「もしかして都合よく利用されている?」と感じたら、相手と距離をとりながら接するようにしましょう。

味方を作るための15個の工夫

味方はいないより居ることにこしたことはありませんよね。

一人で闘い続けること、生きていく事はとてもパワーを使います。

自分がくじけた時に手を差し伸べてくれる存在がいてくれるのは、自分の心に明かりが灯ったような優しい気持ちになれます。

一人より二人、二人より三人、人数は多いからこそ喜びや悲しみを共感出来るのです。

共感は一人では出来ません。

共感してもらえる存在がいてくれるのは自分の人生に影響があるくらいの価値があるのです。

味方がいない状態であるのならば、味方を作るために自分の他人との関わり方を考えなければいけません。

自分が何か変わらなければ一人という今の状況からは脱することは出来ないのです。

では、味方を作るための15個の工夫について見ていきましょう。

1.信頼される言動をする

信頼される言動をとるように工夫しましょう。

信頼されるということは、言葉通りですが頼りになると信じてもらえることです。

例えばあなたが相手に嘘をついたりするとそこで信頼が無くなってしまいますよね。

相手に誠実な言動をとっていればあなたのことを信頼してくれるようになります。

コミュニケーションは一番その人の事を理解できる手段ですから、コミュニケーションは大事にしなくてはいけません。

相手の立場になってコミュニケーションを取ることが出来れば、次第にその誠実さが相手の信頼へとつながることでしょう。

2.相手のことも信頼する

相手のことを疑っていては、その気持ちが相手に伝わってしまいます。

ですから、相手から信頼されたいと思うなら、まずはあなたが相手を信頼しなくてはいけません。

信頼しているからこその発言もあるはずですから、相手のことを信頼していなければそれなりの発言しか出来ません。

それなりの発言では相手から信頼を得ることは出来ません。

あなたが信頼していると相手に伝われば、あなたの事を信頼してよいかと相手もあなたへの見方が変わるはずです。

3.困っている相手の相談に親身に乗る

困っている相手の相談には親身に乗るようにしましょう。

ポイントは親身になって相談に乗ることです。

親身に相談に乗ってくれるとは、思いやりを持って真剣に聞いてくれる、自分のことのように相談に乗るということです。

相談内容の話だけではなく、相手は今どのような気持ちなのかを察して、相手自身への声掛けもするとよいかもしれませんね。

そうすると、相手は自分の心配をしてくれているんだとあなたのことを信頼してくれるかもしれません。

4.決して人の悪口や噂話をしない

なぜ、人は悪口や噂話をするのでしょうか?

悪口を言う人は、悪口を言うことで共感や同調してくれる人を探しているといわれています。

悪口や噂話をする人は、劣等感が強かったり、自分は一人じゃないんだという気持ちを強く持っている人が多い傾向にあるそうです。

人の悪口や噂話をしないのがなぜ味方を作ることになるのかというと、偏った考え方をしていないと思われるからなのです。

悪口や噂話は、偏った考えが形になったものです。

そこには他人の主観が入っているのです。

悪口や噂話をしない人は、周りに流されずにしっかりとその人の人間性を自分の目で見てくれる人なのです。

だから人の悪口や噂話をしない人は、信頼も厚いのです。

5.問題やつまずきから逃げない

問題やつまずきから逃げないようにしましょう。

逃げていても根本的な解決にはなりません。

今は良いかもしれませんが、その問題やつまずきは逃げていればいずれまた訪れることでしょう。

自分の問題やつまずきから逃げている人は人から信用や信頼を得られにくいのです。

なぜかというと、逃げている人の言動に人の気持ちは動かせないからです。

自分の問題とも向き合えない人に、他人の問題や悩みについて向き合えるわけはないのです。

まずは、自分の問題やつまずきからは逃げないようにしましょう。

自分の問題やつまずきに向き合う姿勢のある人は周囲に勇気を与え、信頼を得やすいのです。

6.常に自己研鑽している姿を周囲に見せる

自己研鑽とは、自分自身のスキルなどを磨くこと、自己を高めることを言います。

自己研鑽の方法は人により違いますが、例えばボランティア活動をしたり、習い事をしたりして居る人がいます。

自己研鑽している姿を周囲に見せると、あの人は前向きで努力をしていると思ってくれます。

前向きに努力している人に対して、あの人はだめという人はいません。

前向きに物事に向かい合っているあなたの姿に周囲は、自分への励みとして捉える人もいます。

あの人が頑張っているんだから、自分も頑張らないとと自分を奮い立たすことが出来るのです。

自己研鑽とは、強い意志が無いと実行に移すことは難しいです。

自己研鑽は自分への肥やしにもなりますからしていて損はありません。

常に自己研鑽をするように心がけてみましょう。

7.お金で左右されない強い意志を持つ

お金に誘惑されてはいけません。

お金は人の人生を狂わすと言いますが、その通りなのです。

お金を持っているからえらいわけではありません。

お金だけでその人の本質は分かりません。

あくまでお金はその人の本質を見抜く一つの判断材料として考えましょう。

お金に左右されない強い意志をあなたが持つことで人の本質を見抜く力もぐんと上がることでしょう。

それは、味方になってくれる人を見抜く力にもつながります。

8.経験や知識を豊富にする

経験や知識を豊富に持っている人はとても頼りになりますよね。

経験は、その人の身をもって得られた知識や技能のことです。

例えば仕事関係では先輩や上司は頼りになりますよね?

これはなぜかというと、仕事の分野における経験や知識が自分より先輩や上司が豊富だからです。

経験や知識は、自分が学んだり、体験することで身につくものです。

経験するには、あなたのチャレンジ精神が必要です。

前向きな姿勢がなければ、経験や知識を豊富にすることは出来ません。

まずは、あなたが前向きになる必要があります。

経験や知識は自分の武器になります。

自分の武器を磨いて、あなたの味方をどんどん増やしていきましょう。

9.頻繁に報告や相談をする

相手に頻繁に報告や相談をしましょう。

ポイントは頻繁にすることです。

相手に頻繁に報告や相談をすることで、相手との心の距離が縮まります。

報告や相談をされた相手は、自分は頼りにされているんだという感覚に陥ります。

相手は頼りにされていると思っていますからその気持ちに応えないとと、真剣にあなたの話を聞いてくれるはずです。

頻繁に報告や相談を行っていれば、回をおうごとにあなたと相手との心の距離は縮まっていきます。

そして相手は報告や相談を受けていますから、あなたに何かトラブルがあった時に理解者として味方になってくれることでしょう。

10.言っていることがつじつまが合わないのはNG

つじつまが合わないとは、簡単に言うと話が矛盾しているということです。

話が矛盾しているということは、嘘をどこかで言っているから矛盾がおきるのです。

真実をそのまま話せばつじつまが合わないなんてことにはなりません。

例えば、話を盛ってしまったり、嘘をついていたりするとつじつまが合わなくなるのです。

つじつまが合わないということは、話に信憑性がないということです。

そのような話をする人を信用することは出来ません。

ですから、きちんとつじつまの合う話をしないといけませんね。

11.嘘をつかない

嘘とは事実とは異なること、偽り、誤りのことです。

人生において小さな嘘を含めるとみなさん嘘をついたことがあるのではないでしょうか?
嘘には必要な嘘と必要でない嘘があります。

必要な嘘とは誰も傷つけない嘘です。

必要でない嘘とは誰かを傷つける嘘です。

誰も傷つけない、誰かのために必要な嘘であればついてかまいませんが、誰かを傷つける嘘はついてはいけません。

嘘をつかれた人は、事実とは異なることを言われているのですから嘘と気付いた時に深く傷つきますよね?嘘をつくと人からの信用はマイナスからになります。

そこから信用を取り戻すにはかなりの時間と努力が必要です。

こうなる前に人を傷つけるような嘘はつかないようにしましょう。

12.損をさせない

損とは、利益が失われること、結果が得られないことです。

損をさせないというのは、あなたと相手が関わっていて相手に損をさせないということです。

例えば、あなたが周囲の人にあまり良く思われておらず、その状態で相手と一緒にいたら相手も同じように思われてしまうかもしれません。

そうなってしまうと、相手に自分と関わることで損をさせいしまっています。

損をさせないためには、あなたと周囲との関わり方がとても大事になってきます。

日頃から周りとのコミュニケーション等を大切にし、人から信頼されるようになっておく必要があります。

そうすれば相手もあなたと関わって損することはありませんし、むしろあなたといて利益になるかもしれません。

13.常日頃明るく元気でいる

常日頃明るく元気でいましょう。

明るく元気に過ごすには、前向きな姿勢がとても大切です。

どんなことに対しても前向きに進んでいく姿は人としてとても魅力的ですよね。

明るく元気な人と一緒にいると元気がもらえて、こちらも前向きになれます。

明るく元気に見られるにはまずは笑顔です。

人の印象は見た目から入ります。

見た目で一番印象的なのは笑顔でしょう。

笑顔がある人は、元気で明るいイメージがありますよね?

まずは、笑顔でいることから始めてみましょう。

そうすると、あなたは自然に明るく元気でいられるはずです。

14.時間やお金を無駄遣いしない

時間やお金を無題にしないようにしましょう。

時間もお金も限られています。

時間は一日24時間しかありませんし、お金も働かなければ勝手に増えたりはしません。

時間もお金も無限大にあるわけですありませんよね?

限られたものをどう使うかはあなた次第です。

有効的に時間やお金を遣う事は、あなたの人生の肥やしにもなります。

だらだら一日を過ごすよりは、今日は〇〇をする日と決めて過ごせばとても有意義な一日になりますよね。

有意義な過ごし方は、充実感を感じさせてくれ、よりあなたを輝かせてくれることでしょう。

15.マナーや身だしなみをきちんとする

マナーや身だしなみをきちんとしましょう。

マナーや身だしなみは、あなたの清潔さや誠実さ、品格等を周囲の人が判断する材料の一つになります。

初対面などは特に身だしなみが重要です。

お互いに仲が良ければあなたを中身で判断してくれますが、初対面の人は判断材料が外見しかありません。

身だしなみをきちんとしていれば、好印象ですが、だらしない身だしなみをしていればだらしない人なんだなと思われてしまいます。

日頃から身だしなみはきちんとしておきましょう。

マナーは行儀・作法・ルールなどと言われています。

マナーは人の気遣いや思いやり等の精神の表れではないでしょうか?

マナーがきちんとしている人に、不快感は感じる人はいないと思います。

相手に不快感を感じさせないためにもマナーはきちんとしましょう。

身だしなみやマナーは人間性の判断材料の一つになります。

日頃からきちんとするようにしましょう。

16.適度な距離を保つ

相手とは適度な距離を保つようにしましょう。

適度な距離とは近づきすぎないようにということです。

相手との距離が近すぎると、お互いに短所が見えてきてしまいます。

それは親しくなった証なのかもしれませんが、短所を知ることはとてもリスクがあります。

短所を知って、お互いにこの人とは合わないなと思えばそこで関係が途絶えてしまいます。

そうなる前に相手とはちょうどよい距離を保たなければいけません。

これは友人関係、恋人関係等どの人に対しても言えることです。

近づきすぎないように相手とは適度な距離を保つようにしましょう。