家政婦、という言葉を聞いたときには、どのようなイメージを持たれるでしょうか。

家政婦というと、やはりお金持ちのイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。

お手伝いさんという言葉から受ける印象は、その家に裕福な資産があるという別世界の物ばかりです。

ですが、現代では家政婦を雇うのはそう難しいことではないということをご存知でしたか?家に働きに来てもらうとは言っても、それは「代々家に仕えてもらう」ということではありませんし、住み込みの家政婦さんというわけでもありません。

何でもやってもらえるというわけでもありませんし、家族のような親しい関係を築く必要もないのです。

実は簡単に雇うことのできる家政婦さんは、確かにある程度のお金の余裕は必要かもしれません。

ですが、お金を払ってでも煩わしい家の仕事をしてほしいと思っている方もいますよね。

そうした方々のために、家政婦さんを雇う方法やおすすめの業者についてご紹介します。

家政婦を雇いたい時って

 家政婦を雇いたい時には、どのようなことをすれば良いのでしょうか。

家政婦という言葉を聞くと、何だか大袈裟な雰囲気になってしまうかもしれません。

「家政婦は見た!」などのドラマを知っている方なら、ちょっと怖いという印象を持っている方もいるのではないでしょうか。

自分の生活の中に深く入り込んでくるイメージがあって忌避してしまう方もいるかもしれません。

ですが、家政婦というのはそういった存在ではありませんし、さほど裕福でなくても雇うことはできるのです。

もちろん、出費にならないと言えばウソですが、状況によっては雇った方が良いということもあるかもしれません。

ここでは、家政婦を雇いたいと思ったときや、その雇う方法についてご紹介しましょう。

家政婦を雇いたいと思ったとき

 現代の一般人はどのような時に家政婦を雇いたいと思うのでしょうか。

やはり家政婦という言葉のイメージからは、地位も名誉もある人が野党というような感覚を持っている方が多いかもしれませんが、大半はそうした人々ではありません。

一般人でも家政婦を雇いたいと思ってしまうようなシチュエーションについてご紹介します。

「家政婦を雇う」という発想がなかっただけで、意外と以下の状況に当てはまる方もいるのではないでしょうか。

結婚生活の中で家事に困ったとき

 結婚生活の中で家事に困ったときに良いのが家政婦さんです。

現在では家事を苦手にしている女性も多くいますし、お金に余裕があるのなら、家政婦さんを雇った方が夫婦喧嘩をしなくて良いかもしれませんね。

共働きの夫婦の場合には、家事の負担で喧嘩になってしまうこともあるでしょう。

また、どちらも家事ができなければ、家の中が大変なことになる可能性もあります。

そうした時に家政婦さんを雇っておけば、何の心配もなく仕事をすることもできますし、家事の分担で話し合いをする必要もありません。

結婚しているのに他の誰かに自分たちの生活の面倒を見てもらうなんてと思われる方もいるかもしれませんが、結婚していても、苦手なものは苦手なままです。

人を雇うことで解決できる問題があるのなら、二人の関係のためにも家政婦さんに頼ってみた方が良いのではないでしょうか。

結婚して幸せに暮らすことができるのに、家事の分担でギスギスしてストレスをためる必要はありません。

独身で家事に困っているとき

 独身の方は、既婚者以上に家事に困っているかもしれません。

特に激務で疲れているときには、絶対に言えの中のことなどしたくありませんよね。

特に、もとから家事が苦手な人にとっては、全てを自分の采配で行わなければいけないというのは多大なストレスになってしまう可能性があります。

外食するにも限界がありますし、家の中が汚いと言うだけで安らぐことができないのは大変でしょう。

そんなときに家政婦さんに頼る方は多いようです。

自分がストレスなく仕事をするためにも、また、健全な生活を送るためにも家政婦さんを必要とするのです。

自分ではできないことを頼むことで、ストレスがなく暮らすことができますよね。

子どものためにも生活が立ち行かなくなると困るとき

 例えば、パートナーと死別、離婚で子どもと二人の生活になって困ったときに家政婦さんを雇う方は多くいます。

男性の方がその傾向が強そうですね。

自分の実家や周囲に頼ることもできない時に、家政婦さんを雇うことで子どもの生活を守ることができるのです。

この場合には、ベビーシッターサービスを利用する方もいますが、子どもがある程度以上の大きさなら、家の中の火事が中心になるので、家政婦さんが良いのではないでしょうか。

子どものためにも、そして自分の仕事のためにも家事が滞りなくできていなければと思う方は、家政婦さんを探してみてください。

怪我をしてしまったとき

 意外と困るのが、怪我をしてしまったときですね。

実家暮らしをしている方や、家族がいる方は良いかもしれません。

ですが、一人暮らしで怪我をすると普段の生活に支障が出るという方も多いのではないでしょうか。

特に、入院するほどでもない怪我ではあるものの、掃除や料理には辛いという怪我であることもありますよね。

そうした場合に家政婦さんを呼んで家事代行を行ってもらうのは便利なようです。

家事代行サービスは長期間継続して行う必要はありません。

1回の料金で払うことができるので、数回分だけ利用することも可能なのです。

そのため、怪我をしている期間だけ頼むなどということもできます。

急な怪我や障害で苦しんでいる方は、生活に悩んでいるときだけ、怪我で動けない期間だけ家政婦さんを頼むというのも良いのではないでしょうか。

中には介護も一緒に行ってくれるところがありますから、怪我の状況がひどければ相談してみても良いかもしれません。

介護で忙しいとき

 介護に悩む主婦の方が利用することもあるようですね。

また、年を取って生活が苦しくなってきたときに頼む方もいるようです。

家事代行サービスは介護も一緒に行っているところが多くあります。

そのため、介護に疲れている方は家事代行を頼んでも良いですし、介護そのものを頼んでしまっても良いのかもしれませんね。

料金体系が異なるのでどちらもというわけにはいかないかもしれませんが、それは相談に応じてくれるのではないでしょうか。

様々なスタイルに合わせた家政婦さんを派遣してくれるので、介護で忙しい時に少し利用を考えてみる人も多いのです。

ペットの世話を頼みたいとき

 個人契約の掲示板で良く見るのは、ただの家事代行サービスだけではなく、ペットの世話です。

仕事で忙しくて家を空けることが多いので、飼っているペットを可愛がることができる人を募集していることが多くあります。

お金に余裕があって煩わしいことをしたくないとき

 ただ単に、お金に余裕があって煩わしいことをしたくない時に家政婦さんを雇う方もいるようですね。

これは、最初に「家政婦さん」と聞いたときに思い浮かべるイメージそのものかもしれません。

お金があるのだから、面倒くさい家事などしなくても良いようにするという生活に憧れる方は多いかもしれません。

家政婦さんを入れる必要に迫られてというよりは、お金に余裕があるのだからという、切羽詰まっていない優雅な理由で家政婦さんを雇う方もいるのです。

家政婦紹介所にて契約を交わす

 家政婦さんを雇うのなら、一番良いのは家政婦紹介所で契約をする方法ですね。

家政婦さんというと知人や個人的な契約のようなイメージもありますが、やはり業者を通すと安心感があるでしょう。

家政婦紹介所には様々な種類がありますから、これらを調べてみると良いのではないでしょうか。

また、実際に顔を合わせて契約をする方法なら、会社の雰囲気も分かって安心感が増します。

少し契約が面倒に思われるかもしれませんが、自分の生活の中に入ってくる人を派遣してもらう会社だと思えば、身長になってしまっても仕方ないでしょう。

ネットで個人契約を交わす

 ネットを見ていると、家政婦さんを個人契約で雇うこともできるようですね。

また、個人的に知人を家政婦さんとして雇うという方法もあります。

個人契約の場合には、相手と直接お金のやり取りをすることができるのがメリットであり、デメリットでもあるでしょう。

仲介料がかからないため、それほど高くはないというのは良い点です。

また、相手が丘陵に満足して仕事をしてくれるので、お互いに気持ち良く仕事の契約を結べるのも良いかもしれません。

仲介所ではNGな仕事を頼むことができるのも良いでしょう。

ただし、トラブルがあった際には誰も守ってくれないので、安心感が若干低いのが残念ですね。

ネットでの個人契約の場合には、相手の人柄が分かっていないというのもデメリットです。

ネット上の家政婦紹介所にて契約を交わす

 家政婦紹介所にも様々に種類があり、ネット上の家政婦紹介所を使うのは手軽で便利です。

今の時代なら、この方法で契約する人も多そうですよね。

ネットで物を注文するのと同様に、人を注文することもできるということです。

ただし、ネットでショッピングをするときと同様に、相手の会社がどのようなものであるのか、いまいち掴むことができないのがネットの残念なポイントです。

どこか不透明で遠い距離での契約になってしまうので、実際に家政婦さんが派遣されてくるまで不安が大きいというのがデメリットなのではないでしょうか。

家政婦さんを雇いたい時のおすすめ業者を紹介(地域限定あり)

 家政婦さんを雇いたいと思ったときには、やはり業者を介した方が良いでしょう。

個人契約を交わしても良いですが、知人でもトラブルが発生すると面倒くさいことになってしまいますよね。

家政婦さんをそれくらいなら、業者を挟んだ方が、トラブルが発生した時でも解決するのが楽なのではないでしょうか。

以下におすすめの家政婦の業者を紹介します。

地域限定の業者もありますので、そういった点は注意してくださいね。

また、実際にホームページを訪れる、口コミを見ることで、安心感は増すのではないでしょうか。

家政婦さんは自分のプライベートな生活の管理をしてくれる人ですから、できる限りトラブルがない方法で契約できるように、しっかりとした調べをすることは忘れないようにしてください。

文京まこと

 東京の家事代行サービスを行っているのが文京まことです。

こちらは介護なども幅広く手掛けているので、何か困っていることがあったら頼ってみても良いのではないでしょうか。

料金ですが、週1日で4時間の家事だと8070円になります。

手数料も交通費も含まれた値段であり、一か月の計算では大体32000円くらいになるのではないでしょうか。

住み込みのサービスもあるようですから、自分のスタイルに合わせて家政婦さんを雇うことができるのが嬉しいですね。

勤務時間は日勤のほかに夜勤という体型もありますし、泊りもあります。

ただし、時間外手当を取られることもあるので、自分の生活スタイルに合った契約をすることにしましょう。

家事サービスの内容としては、掃除や洗濯、、料理などの家事のほかにも子どもの世話や買い物が含まれています。

84年の実績で、安心の家政婦紹介所サイト

 家政婦さんを雇おうとするのなら、実績がなければ不安だと言う人も多いでしょう。

やはり家政婦さんのデメリットは、安心感があるか分からないというところですからね。

その点で、文京まことは、84年もの実績があるのが嬉しいポイントだと言えるのではないでしょうか。

来てくれる家政婦さんはしっかりと研修を受けていますから、その点でも安心です。

料金体系もはっきりしていますから、不透明な請求をされることもありません。

やさしい手

 やさしい手は介護サービスとしての側面が強いようではありますが、やはり家政婦さんを派遣してくれる家事代行サービスも行っています。

家事代行の場合には「やさしい手」ではなく「おまかせさん」の名前で調べた方が良いかもしれません。

初回はお試しもありますので、家政婦さんのサービスに不安を抱えている方は、まずはこちらで試してみると良いですよ。

サービス内容としては、掃除や洗濯、料理、買い物と言った一般的な家事から大掃除、衣替えも行ってくれるようです。

料金は基本的に1時間3000円で、1時間からでも利用可能です。

ベビーシッターや介護まで幅広い人材紹介サイト

 やさしい手は、ベビーシッターを行ってくれるチャイルドコースや、介護などを行ってくれるケアコースなど様々に種類があります。

家政婦さんが欲しい、とはいっても、人によってその理由が異なるでしょう。

もし、子どもや介護を理由としているのなら、そちらのサービスの方が向いているかもしれません。

ホームページを見て、今の自分が必要としているのがどのようなサービスであるのか考えてみてくださいね。