唐突ですが皆さん、英語は得意ですか?

やはり、日本人は英語に苦労している人が多いのではないのでしょうか?
一口に英語といっても色々とあります。

日本人が比較的得意なのはライティングの方です。

英語のライティングであれば日本人はとても才能発揮するのですが、英語で話すとなるとやはりうまく話せない人が多いです。

それはなのなぜなのかと言うと、どちらかというと日本人はシャイな人が多く、うまく話せないとなると話さないという選択肢を選ぶ人が多いからです。

「通じなくても身振り手振りでどうにかして伝えよう!」という気迫があるような人はあまりおらず、そうなるとなかなか英語が身につかない一面があるのです。

そうは言っても、日本語を話す人は1億人ぐらいに対し、世界人口の約70億人中、約25%に及ぶ17.5億人の人が英語人口だと言われています。

ですので、圧倒的に世界中で多くの人が英語を使っているのです。

そのように言うと英語の苦手な日本人は気後れをしてしまいますが、もともとネイティブスピーカーの人は、この17.5億人の中でもたった3.9億人だと言われています。

ですので、多くが第二言語として英語を話しているような状態です。

英語はやはり就職に有利!

このように、多くの人が話している英語ですので、この英語が使えるようになると世界を相手にした就職にはやはり有利です。

世界的に見ると、英語が話せるのはそこまで大きな特技ではなく、日本もそうなりつつありますが、やはりいかんせん英語を話すのが苦手な日本人たちですので、その中から抜きん出ることができます。

最近は、一見英語とは関係のないような企業であっても、英語を公用語にしているところがありますね。

具体例を挙げると、あの大手の楽天もそうですよね。

このように、一見英語はそこまで関係なさそうなところであっても英語を取り入れるところも出てきています。

ですので、やはり英語は話せるに越した事はありません。

1. グローバル社会が加速しています

鎖国していたのならいざ知らず、最近はグローバル社会が加速しています。

日本人は、食べ物でさえも輸入に頼っており、それに加えて資源もあまりない国ですので海外の助けを借りて生活しているところがあります。

ですので、そのグローバル社会の中で過ごしていくのは日本人に求められているスキルです。

たとえ、主婦の方でそこまでの社会との接点がなさそうな方であっても、英語ができることによって、家で個人輸入をするなどをして稼ぐ副業のビジネスチャンスが生まれることがあります。

最近は、外で働く事ばかりではなく、副業であっても広い世界を持って活躍することでビジネスチャンスを生み出すことができますので、誰にとっても英語を話せるスキルは大変重宝します。

1. TPPの問題

皆さんはTPPについてご存知ですか?
よくニュースで聞くけど何のことかよくわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

正式名称は「環太平洋戦略的経済連携協定」です。

皆さんはTPPについてどのようなイメージを抱いていますか?
日本の農作物が海外の安い野菜に押されて売れなくなるということで農業に対する危機を思い描く方も多いかもしれません。

このTPPに参加すると、関税が撤廃されます。

関税は輸入した商品に関をかけることで値段を高くし、国内の商品を守るような意味合いがありますが、それが全面的に撤廃されることで海外でも日本商品が売れやすくなります。

日本の製品は高性能で人気があることから、TPPに加入すると日本の工業関係のものが世界中で売れる可能性が上がるのです。

政府の試算では、GDPが年間で2,700億円の増加をするということを見積もっています。

少々話が長くなりましたが、これと英語がどのように関係があるのかと言うと、このTPPに参加しないことで雇用が810,000人減ると言う情報があります。

ですので、この810,000人分はTPPに関する仕事、英語に関わるような仕事をする可能性もあるということです。

2. 外国人観光客の急激な増加

日本は開国して長いので、当然外国人の方の観光客もきます。

著者も、たまに妻が見ている海外の人が日本にやってくるところを取材する番組を見ていますが、やはり多くの海外の方が来ています。

その番組は外国の方が日本に来た理由を聞くような趣旨がありますが、多くの場合は日本が好きであったり、日本の文化が好きという理由で来られることが多いです。

ですので、例えば和菓子など日本的なことをしているから英語とは関係がないと思いきや、そのような所だからこそ英語が必要と言う事はよくあります。

観光地では特にそれが顕著になります。

著者も、比較的観光として訪れる人が多いところに住んでいますが、何の日本語を使うこともなくいきなり英語で話しかけられると事はたまにあります。

2. 国内相手だけだと生き残れない

やはり、グローバル化社会の中で生きている我々ですので、国内だけの相手というとマーケットが小さすぎて生き残れません。

日本人だけをターゲットにすると、日本人の前人口は1億人ですが、海外、特に英語圏だけに目を向けるだけでも、17.5億人の人を相手にすることができるのです。

国内の人をターゲットにするのに比べて、約17倍もマーケットが大きいことになります。

グローバル化社会ですので、その1億人だけではなく、17倍の約17億人と相手にするようにしないと、生き残ることができません。

特に、話すのが苦手な人が多い英語ですが、この英語を話すことで17倍もマーケットが開けてくるのです。

ですので、我々も生き残っていくにはその英語を武器にしなくてはいけないのです。

3. 求人情報でも「英語スキル」が求められる

このように日本もグローバル化社会になっていて、英語を使うような仕事もあることから英語スキルが求められていることがあります。

やはり、仕事となるとビジネス英語と言う高度な英語を求められていることもあります。

英語力はどれくらい必要?

英語を話すのが苦手という方は、そのような情報を見て非常に不安になったのではないのでしょうか?

では、日本人に求められている英語と言うのはどれぐらいの力を必要とされているのでしょうか?

1. 必ずしもネイティブレベルが必要とは限らない

英語が苦手…、と不安になっている方、安心してください。

必ずしもネイティブレベルの英語は必要とは限りません。

日本語と英語では文法の組み立ても違いますし、発音も違いますのでネイティブレベルに流暢に英語が話せる人と言うと日本人はあまり多くありません。

もし、できるとしたら、子供の時に英語圏で育ったと言うような帰国子女であるケースが多いです。

先ほども触れたように17.5臆人の英語人口がいるとは言いましたが、ネイティブスピーカーと言うと、その中でもたった3.9億人と言われています。

ですので、多くの人が第二言語で、ネイティブレベルの英語話せる訳では無いのです。

日本に住んでいても、海外の方が働いているところを見ても、必ずしもみんなが流暢な日本語を話しているわけではありませんよね。

明らかに英語なまりの日本語であったり、中国語訛りの日本語と言うこともあるのです。

英語でも同じことが言え、日本人は日本人独特の日本語訛りの英語というのがあるようですね。

ですが、よほどひどいということがない限りは通じればいいのです。

2. 就職で有利になるTOEICの基準点数は?

TOEICの事は聞いたことがある人も多いのではないのでしょうか?
TOEICは、普通のテストのように合格、不合格と言うような感じではなく、とにかくテストの点数こそが結果になります。

ですが、就職で有利になるというのは何点でも良いというわけではなく、基準の点数があります。

結果論を言うと、一般的な就職活動において有利だと言われているのは600点以上、大手人気企業を目指すのであれば730点以上のスコアを求められることが多いということです。

トップ企業と言うところになると、TOEICは900点以上であること+実際に話せるということを求められることもあります。

今や、TOEICは就職活動をするにおいて、もはや必須といってもいい位の重要度なのだそうです。

就職活動において、匿名でアンケートをとっているのですが、なんと7割位の企業が英語のスキルを重視しているということでした。

3. 就職で有利になる英検の基準は?

英検と言うと、学生時代に受けたことがある人も多いのではないのでしょうか?

著者の時代も、中学生の時に英検3級を受けるのが流行りました。

中学生の時は英検3級を摂りませんでしたので、高校生になって何か資格を持っておいたほうがいいかなと英語の準2級を受けました。

一見、就職と言うとTOEICの方が有効で英検と言うとあまり重視してないのかなと思いきや、就職で有利になるような英語だけの基準があると言うのです。

就職で有利になるのは英検2級、英検準1級、英検1級などです。

英検と言うと、学生時代に受けたイメージがありとても簡単なのではないかと思いきや、英検1級ともなるととても難関で合格者が数%しかいないのです。

その1級を取ったと言うことになると、英語に真摯に取り組んだということがわかるようなことから、就職においても英検1級が重視されるところがあります。

4. ひるまず挑戦してみよう

このような就職に有利な資格と言うととても難しいものもあり、ひるんでしまうこともあるかもしれません。

ですが、チャレンジしてみないとわからないところがあります。

ですので、とにかくトライしてみることから始めましょう。

もし、勉強と言うと少々気後れがしてしまうのであれば、最近は Skypeを使って海外の人とつながることもできます。

ですので、ネットで海外でチャットすることから試してみてはどうでしょうか?
仲良くなりたい人ともっと話がしたいと思う事は勉強する原動力になります。

ですので、英語でチャットをするなどして経験を積んでいきましょう。

そこから、英語の勉強に入り、ゆくゆくは就職を勝ち取っていきたいですね。

英語を活かせる仕事15選

一般の企業においても、英語を求められる事は分かりましたが、もし英語が好きであったり英語を使った仕事をしたいのであれば、そのような英語を積極的に使うような仕事を取り入れてはいかがでしょうか?

いろいろな英語を使う仕事がありますので、これだと思う仕事を見つけてみましょう。

1. 英会話講師

英会話講師だと、英語を使うと言うのは言うまでもありません。

いろいろなパターンがありますが、基本的に日本人に対して英語を教えるということが多いです。

やはり、日本人は英語を話すのが苦手ですので、いきなりネイティブスピーカーの先生に講師をしてもらうのもまた不安が出てくるのです。

なぜなら、もしどうしてもわからない状態になった時に日本語が通じない状態になったらどうしようと不安になるからです。

ですので、いざとなると日本語が使えるのは非常に安心材料になります。

ですので、英会話講師と言うとネイティブスピーカーの先生というイメージが強いですが、日本人の英会話講師についても一定の事由があります。

いろいろな英会話の広告を見ても、ネイティブスピーカーの先生と、日本語の英会話講師がいることを大々的に広告しているところが多いです。

ですので、英会話講師と言うとネイティブスピーカーの方が圧倒的に有利か思いがちですがそうではないと言うことです。

ですので、日本人の良さを生かしてこのお仕事を目指してみても良いでしょう。

1. 大人相手の英会話講師

英会話スクールといってもいろいろなものがあり、大人向けの英会話スクールと、子供向けの英会話スクール、はたまたどちらもしているような英会話スクールもあります。

もし、子供の相手はそこまで得意ではないとのであれば大人向けの英会話講師も良いでしょう。

たまに大人でも困った人はいるのかもしれませんが、子供に比べると親が強制的に習わされて、本人は辞めたいと思っているところをなだめて英語を学ばせる…、なんて事は無いので、そのような意味では非常にやりやすいところがあるかもしれません。

大人は英会話スクールに通う時は、特に仕事で必要であるとか、海外旅行に行くためなど明確な目的を持ってくることが多いです。

ですので、どちらかと言うと熱心に取り組む人が多いことでしょう。

ただ大人相手だから絶対に楽だという保証ができませんので、ある程度の覚悟が必要です。

2. 子供英会話講師は発音を完璧に

子供も大好きで、英語も大好きであれば、この仕事はきっと天職になってくれると思います。

確かに、大人に強制されて泣きながら来るような子もいるのかもしれませんので、すんなりと行くかというと必ずしもそうでは無いかもしれません。

でも子供の英語の吸収力の速さは見ていて感動するのではないのでしょうか?
頭が柔らかい子供に英会話を教えると言う事は、発音も完璧にし、正しい英語を身につけさせてあげる必要があります。

著者には子供がいて本人の様子や周りの子の様子を見ることがありますが、やはり、中には習い事が嫌と言って泣きながら来るような子もいます。

ですので、叱りつけるような強制的なやり方ではなく、うまくなだめて、うまくその気にさせるようなスキルも求められます。

2. 通訳案内士

通訳については聞いたことがあるかもしれませんが、皆さんは通学通訳案内士という仕事をご存知でしょうか?

この通訳案内士は、日本に旅行にやってきた海外の方に英語などを用いて観光案内をする仕事のことをいいます。

この仕事は国家資格で、都道府県に登録しなくてはなりません。

そうしないと、たとえアルバイトであっても資格を持っていない人がそのような仕事をする事はできません。

この資格試験ですが、年齢や性別、国籍を問われないので、たとえ高校を出ていない方でも試験を受けることができます。

また、国籍も問われないので、ともすれば日本人では無い方が通訳案内士として日本の観光案内をしている人もいるのです。

この通訳案内士の仕事ですが、無償でやる分には特に問題にはなりませんが、やはり収入を得てこのような仕事をするとなると、必ずこの資格が必要です。

ですので、このお仕事で活躍をしたいとお考えでしたら、是非とも資格を取得して申請をしましょう。

3. スチュワーデス

また、スチュワーデスの方も、英語が必要な仕事として有名です。

飛行機に乗っていろいろなサービスをし、細やかな気配りをする様子に憧れを抱いている人が多いのではないのでしょうか?特に女の子の花形の職業と言われて久しいです。

英語の事に関していうと、国内線でも英語が必要なのは言うまでもありませんが、より流ちょうに話せるようになって海外線なども担当できた方が選択肢が増えるほうがいいですよね。

そして国内線であっても、海外の方が乗るるケースもあるので英語のスキルはやはり必要です。

この仕事ですよ仕事ですが、採用基準として英語の資格が必要なのは言うまでもなく、高等学校か専門学校卒業以上と言う学歴の条件もあります。

160センチ以上ないとなれないイメージがありましたが、国内線に関して言うと身長の制限がないことも多いようです。

ですので、身長が足りないからといって諦める必要ないようなのです。

ただ、海外線になると、身長が求められるケースがありますので、詳しくは面接を受けたいと思っている航空会社に聞いてみましょう。

4. グランドホステス

グランドホステスとは、空港のチェックインカウンターにいる方や、発着ゲートなどにいる方のことをいいます。

主に、チェックインや案内、誘導などの業務を行っています。

主に接客業ですので、語学が堪能であることが求められています。

また、語学だけではなく、空港内を走り回れる体力や、重い荷物を持ち運ぶ腕力も必要です。

知能とや体力共に求められるお仕事ですね。

こちらは、空港によって違うところがありますが、チェックインの業務などを全部担当するケースもあれば、グランドホステスではなく、客室乗務員の方がカウンターでのチェック力常務のアシスタントをするようなこともあるそうです。

お仕事内容は、空港によってまちまちといったところのようですね。

5. 海外営業

海外営業と言うとそんなにぴんとこないと言う人も多いかもしれませんね。

海外営業と言うと、海外に住んで海外の人をターゲットに営業するのかと思いきや、求人を見てみると、勤務地は国内であることが多いです。

では、どのようなスキルが必要なのかというと、ビジネス英会話が必要であることはもちろん、英文作成ができることを求められていることが多いです。

ですので、日本に住みながらにして英語を活用できるチャンスがあるということです。

海外に住むのは少々抵抗があるということであっても、日本に勤務しながらであれば日本の便利な生活を享受しつつ海外営業として英語をしっかりと使う仕事ができるのです。

営業ですので、年収等はまちまちですが、大体年収4,000,000円から6,000,000円の価格帯のところが多いです。

6. 翻訳家

翻訳家というと多くの人がイメージがつきやすいお仕事です。

この翻訳家と言うと自営業のイメージも強いですね。

もちろんそのような仕事内容もありますが、翻訳会社にトライアルをして合格する形にすれば、仕事を斡旋してもらうこともできるようです。

この翻訳家の仕事も色々とあり、文芸翻訳、実務翻訳と言って学術書やマニアル等の翻訳をする仕事、永久映像翻訳と言って海外映画のドラマで特にドキュメンタリーなどを翻訳して字幕を作る仕事など様々です。

大抵の人はフリーで活躍していますが、企業に属する形になると、翻訳プロダクション、映画配給外車、商社、法律事務所などに翻訳家として求人が出ていることがあります。

7. 貿易事務

貿易事務と言うと、たまに求人を見ますが具体的にどのような仕事かと言うとあまりよくわからないところがある人は著者を含めて多いのではないのでしょうか?

商社やメーカーの中には輸出入に関わっている方も多いですが、その手続きを行う人が貿易事務です。

やはり、海外と密接に関わるので英語力は必須になります。

この貿易事務の仕事と言うと、通関手配などもありますし、商品の納入管理、関税に関する仕事などなどいろいろな事務があります。

そのような書類をまとめる仕事以外にも、いろいろな人たちへの伝達等の業務もありますので、英会話のスキルと同様コミニケーションのスキルも求められるところがあります。

ただ、業務の幅については企業によって違うところがありますので、もし貿易事務のお仕事をするのであれば、その企業にどのような範囲の仕事内容かをしっかりと確認する必要があります。

8. 通関士

通関士とはどのようなお仕事なのかと言うと、輸出入社に代わって国際の物流の正しい手続きをする人のことをいいます。

日本は、いろいろなものを輸出入しているので、やはり貿易に関するお仕事は一定の需要があります。

日本において海外から輸入しているものが多く、石油や木材等はもちろん、肉や果物などなどいろいろな食べ物の輸出入も多くあります。

では、具体的にどのような確認をしているのかと言うと、輸出入に問題がないものかどうかというようなもののチェックや、関税や消費税をどうするかなどの判断をしているのがこのお仕事をしている人たちです。

では、具体的にどのような業務をしているのかと言うと、主には書類の監査と監査後の記入捺印という感じで、どちらかと言うとデスクワークが多いです。

主な就職先としては、空港などの流通業や、貿易会社、旅行業者などなど様々な就職先があります。

9. 外資系企業の日本支社社員

日本にも外資系の企業は多くあります。

ですので、日本にいながらにして英語漬けの環境もあるのです。

日本支社の社員であれば、やはり例え勤務地が日本に位置しているからといって、海外の企業であることには変わりないので主に英語を使うようになります。

ですので、日本での就職を希望しているけれど英語バリバリ使って仕事をしたいのであれば、外資系企業の日本支社に勤めるのも1案です。

外資系と言うと非常に年俸が高いイメージがありますが、日本に比べると解雇へのハードルが非常に低いため、ともすれば簡単に解雇されてしまうということもあり得ます。

ですので、中には不眠に悩んだりするなど精神的に影響が出る方もいます。

ですので、外資系企業に勤めるとしたら、ある程度の精神的な強さが求められるところがあります。

でも、そこさえ克服してしまえば、年俸も高く非常に魅力的なのではないのでしょうか?

10. ホテルスタッフ

ホテルスタッフの方もまた営業英語が必要な仕事です。

特に観光地であればあるほどに海外の方が泊まる機会が非常に多いです。

いろいろな言語を話す人が来られますが、公用語が英語である国も結構多いため、英語は必須と言っても良いでしょう。

ですので、ホテルスタッフの方はある程度の英語が話せることが求められます。

11. 商社マン

商社マンもまた、英語を使う機会が案外ある仕事です。

実際に、商社マンの仕事をしている方の話を聞くと、大手の商社マンの人が全員英語が流暢に話せるかというと、必ずしもそうでは無いようですが、英語で書かれた契約書をすぐ理解する力などが求められるようです。

また、取引先との交渉もありますので、ある程度は英語が話せる必要があります。

ですので、必ずしも勝者はみんなが英語がペラペラしゃべれるわけでは無いとは言っても、ある程度の英語力が必要で、英検1級程度は当たり前の世界のようです。

先ほど英検1級については、合格率がわずか数%しかいない非常にハードルの高い資格というお話をしましたね。

ですので、英語がペラペラである必要というと必ずしもないとの事ですが、やはりある程度の英語力が必要なのですね。

12. 予備校講師

予備校講師と言うと、そこまで英語は必要なさそうと思ってしまいますが、予備校講師といってもいろいろな教科がありますよね。

調べてみると、英語教師となると、ある程度の英語力が必要なようです。

やはり大学に進学する人が多い時代、予備校の需要も一定数あります。

ですので、そのような仕事を目指すのであれば、英語力が必要です。

13. ラジオのDJ

ラジオのDJも、また英語をよく使う人ですよね。

でも、ラジオDJっぽい英語とフォーマルな英語って意外と違いがあるというのです。

早口でカジュアルな英語が多いラジオDJの英語は、正式なな英語かというとそうでは無いようです。

ですので、ノリで楽しく話すということがラジオDJに求められる英語力なのかもしれませんね。

でもあまりにもノリで違う英語を話すと日本人でも英語に詳しい人もいますし、日本について住んでる英語圏の方もいますので、あまりに変なこと言うと苦情が出てくる可能性もあるのである程度の英語力が必要でしょう。

14. 日本語教師

日本語教師は、外国人の方に日本語を教えるお仕事です。

ですので、日本語を教えるから日本人には非常に有利な仕事だと思ってしまいますがやはりそこにも英語力はそこそこに必要です。

そして日本語を普段から話しているのだから…、と思ってしまいますが、正しい日本語を身に付ける必要性があります。

ですので、日本語講師は正しい日本語と同時に、海外の人とコミニケーションがとれる程度の英会話能力が必要と言うことになりますね。

15. 編集社の英語関連部門社員

編集者にも英語に関する仕事はあります。

ですので、その英語に関連するような部門の社員になるのであれば、ある程度の英語力が必要です。

その出版社によって扱う分野は違います。

医療によるものとか、文学など様々なものがありますので希望するところがどの程度の英語力が必要なのか確認しておきましょう。

英語を上達させるためには

いろいろな英語に関する仕事を紹介しましたが、英語には大変興味があるけれど、まだまだ英語力はそこまでないと思う人も多いのかもしれません。

でも大丈夫です!みんな初心者なのですから、ここから努力することで英語力が格段に伸びることがあります。

ですので、正しい英語の上達させる方法を考えていきましょう。

1. 机に向かうだけでなくアウトプットする機会が大切

私たち日本人は勉強と言うと机に向かって黙々とするイメージがついありますが、語学に関しては話が別です。

とにかく、日本人は発音して話すアウトプットこそをすることが大切です。

言葉は話してこそ活きてきます。

ですので、英会話スクールに通うなどして英語を話す機会を設けるのはもちろんですが、できればSkypeなので英語圏の方と話すような機会を設けると良いでしょう。

2. 常に新しい単語を覚えよう

やはり、英語の学習には単語が欠かせません。

単語を知らないと文章話すこともできません。

ですので、単語を覚える事は非常に大切です。

こつこつと、単語を覚え、できればそれを実践する機会があればその単語を使うような話もしてみましょう。

できれば、こちらもスカイプなどで生きた英会話などができるといいですね。

また、映画を見るなど楽しみながら覚えるのも良いですよ。

3. ちょっとのミスは気にせず、伝えることを重視する

日本人は完璧主義者の人が多すぎ、間違えたら嫌だから全く話さずにいようと思ってしまうところがあります。

でもちょっとのミス位はなんてことありません。

例えばですが、「I am」とか「You are」等の接続詞ですが、それを間違えたところで意味が通じない事はないので安心してください。

著者もオーストラリアに行った時に、その接続詞を間違えたことがありますが、全く問題ありませんでした。

ですので、伝えることを重視し、それができるようになったらだんだんと正しい言葉を使えるというように段階を踏んでいきましょう。

そうすることで、話せる英語と言うのを身に付けることができます。

【仕事で英語を使うものについては、こちらの記事もチェック!】