みなさんは恋愛に忙しい「充実した日々」は送られておりますでしょうか?

えっ?恋愛なんて何年もしてない?それは大変です!

もしかしたら、あなたは巷で言われる 「こじらせ女子」 かも知れません。

何とも聞き慣れない言葉かも知れませんが、今女性の間で徐々に増加し、問題視されている非常に解決困難な厄介事なのです。

自分だけならまだしも、周りの人間にまで、被害を及ぼしかねない「こじらせ女子」。

実態はどのようなものなのか?対策は?気になるところをご一緒に見ていきましょう。

こじらせ女子ってどういう意味?

そもそも「こじらせ女子」とは何なのか?それは、 「流行りものに疎く、自分にも自信が持てない、不必要なまでの卑屈的思考の女子」 のことと定義づけられています。

正直、「流行りものに疎い」のは個人的にはどうでも良い気がしますが、自信が欠如し、あまりに自分を卑下し過ぎるのは考えものですよね?

言葉の説明はこれくらいにして、実際の「こじらせ女子」の特徴について見ていきます。

こじらせ女子の特徴とは?

こじらせ女子は、 「とにかく卑屈でありながらも、自分の非は認めようとしません」 (ストレートな表現ですみません…)。

ここで簡単に、世間で言われている「こじらせ女子」の特徴について書きますが、「ブサイク・ネガティブ・強情」、これを 「こじらせ女子の三種の神器」 としておきましょう。

【卑屈な人については、こちらの記事もチェック!】

「こじらせ女子」の前提となる『三種の神器』

こじらせ女子は、まずとにかく「自分に自信がありません」。

 自分の事を「かわいくない・かわいくなれない」と決めつけ 、どんどん卑屈の片道切符で、夢も希望も無い終点の泥沼駅へと、自分で自分を誘おうとします。

ネガティブ

確かに少なからず、「コンプレックス」というものは誰でもあるでしょう。

ですが、それに余りに縛られ過ぎていても、人生は幸せなモノには決してなりません。

自分の嫌いな部分を良い部分に変えられるだけの能力があるのなら、自分の悪い部分に気づき、嘆き、努力して治す。

これが出来れば誰も苦労はしません。

しかし「こじらせ女子」はそうはいきません。

「どうせ、私なんて…」、この言葉を息を吐くように連日繰り返し、ただただ何もせず、今ある悪い状況を放置しておくだけなのです。

強情

それでいて「こじらせ女子」が厄介なのは、 「自分を卑下するのは仕方ないが、他人はこれを理解すべし」 と常に考えています。

自分を不必要に蔑みながらも、 相手からのアドバイスや、指摘には非常に敏感に反応・反論します 

「そんなの、誰もが出来る訳ない…」、「あなたは良いじゃない、かわいいし、モテるし、仕事も恋愛も上手くいってるし…。

私の気持ちなんて、あなたなんかには到底、わからないのよっ」と、目くじらを立てて言い迫って来るでしょう。

これは大分、重症の「こじらせ女子」ですが、この予備群となると、かなりの数の隠れこじらせ女子が居るのではないでしょうか?

以下に、「こじらせ女子・三種の神器」を前提に、より具体的な例を挙げていき、特徴を整理していきたいと思います。

1.恋愛に臆病

こじらせ女子の三種の神器は、「ブサイク・ネガティブ・強情」でした。

まぁこれは、わたしが個人的に考えたものなので、重要でも何でもありません。

不快に思われたらすいません。

ですが、これを「自分は違う」と、今あるコンプレックスを乗り越えて、いつかは笑い飛ばしてほしいのです。

私は「全ての女性に幸せになってほしい」です。

人生の幸せの形は、「人それぞれ」ですが、やはり普通に恋愛を経験し、人を好きになる気持ちに目覚め、他人にもその幸せを分け与えたいと思える事が、今の荒んだ日本社会からの脱却に繋がるのではないか?と、思っている訳です。

別に「こじらせ女子」の方が社会不適合者とか、日本社会の好転に対して足を引っ張る存在とかを言いたい訳ではありません。

ただ単純に皆が幸せになった方が、世の中楽しいし、毎日が美しく感じられるからです。

あなたが笑ってくれると、私も幸せになります。

そんな世の中が愛おしいですよね?

すみません、話を戻して、 こじらせ女子はとにかく自分を「ブサイク」と決めつけます。

これにより「恋愛できない」、「万年彼氏なし」、「親から結婚を心配される」とか笑えない問題へと発展していきます。

 

自分を謙虚に見つめることは非常に重要な事だと思います。

しかし、本当の意味での謙虚とは、自分を主観ではなく、客観的に見つめ、相手との立場や関係も冷静に洞察し、この場合どうするのが最適か?を自分と相手をきちんと重んじて初めて出来る芸当なので、謙虚と単に言っても、非常に難しく、「ただただ、自分を卑下する」のは、「謙虚ではありません」。

何でもかんでもすぐに言い訳をして、ネガティブシンキングになり、目の前の大きな幸せを自分の手で突っぱねてはいないでしょうか?

2.一人に慣れすぎている

人は多かれ少なかれ、「寂しがり屋」の面を誰でも持っています。

確かにその反面、「自分だけの時間を大切にしたい」方も多いと思います。

 極度の寂しがり屋もいけませんが、「一人の環境に慣れ過ぎている」のも黄信号です。

 

結論から言えば、「どういう理由から、一人で居るのか?」ということが、あなたが「こじらせ女子」であるのか、ないのかが決まる気がします。

一人で居る理由がもし、「どうせ、皆と居てもつまらないし…」とか、「私が居ても迷惑だよね…」などの思考回路はもう、こじらせ線・泥沼駅行きの片道切符を買おうと、券売機に並んでいる行為と同じだと思います。

本当に行きたいのなら誰も止めませんが、ちょっと待って下さい。

あなたがその場に居ても、周りの人や、あなた自身もつまらないかも知れませんが、そもそも人付き合いって「楽しい事ばかり」じゃあありませんよ。

大変な事、面倒臭い事も多々あります。

でも皆、そこから逃げずに相対し、何かを得たり、自発的に楽しくしたりして、人生生きています。

人間社会に居るのだから、人間関係からは逃れられないし、つまらないときだってそれはあります。

もし、あなたが「他人と居てもつまらない」と思っているとしたら、「そもそも愉しみ方をまだ知らないだけなのかも知れません」。

自分から心を開いて、リスクを負わなければ、人さまはあなたに振り向いてはくれません。

ダメは元々で、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

一応書いておきますが、「ポジティブな条件で一人を愉しんでいる方」なら、きっと「こじらせ女子」とは無縁なのだと思いますので、ご自由に。

ただ、一人で居るのを我慢しているのなら問題です。

早くあなたご自身のSOSに真剣に耳を傾けてあげましょう。

3.ペットを飼ってて溺愛しすぎている

これには男女に関わらず、内向的な性格の人、ストレスを抱え過ぎてしまう人は、ペットを飼う人が多いと聞きます。

確かにペットってかわいいですよね?私もワンちゃんが大好きです。

とくに柴犬が好きなんですよねぇ。

なんか鼻の周りだけ黒くなってるところなんて堪らなく愛らしいです…。

すいません、自重しますが、ペットをかわいがるのが悪いと言っている訳ではありません。

度が過ぎていませんか?ということです。

もしかしたら、そこのあなたっ、まさかっ自分の悩みや愚痴を、自宅で飼ってるペットにしか言えないのではないでしょうかぁぁあ?ギクッ。

………、はい。

もっと面白くなる予定だったんですが、これはひどかったです。

私が泥沼駅でしたね。

とにかく、 唯一の話し相手をペットとするのは、非常に危険です 

ペットと対話するのはストレス解消にもなるし、リラックスするし、今後もあなたの大切な家族である、ペットちゃんを可愛がってあげて下さい。

よーしよしよし、なでなで。

はいっ、しかし、ペットとの会話の時間を必要以上に増やすと、人との会話の時間を減らすことに繋がってしまう可能性があります。

 こうなるとあなたの性格はどんどん内向的に、閉鎖された思考に転じていってしまう かも知れません。

ペットは文句も言わないし、決してあなたを裏切ることなんてないでしょうからカワイイのはわかりますが、あなたは人間です。

「こじらせ女子」になるその前に、ご自身の生活を今一度見直してみるのはいかがでしょうか?ペットに愚痴をこぼしていませんか?ギクッ…、はい次。

4.友達や姉妹の子供と接しているだけで、かわいくて満足しちゃってる

人は良いモノを見ると、現実的な問題はさておき、「自分も欲しいっ」と思うものです。

例えば、あなたの友人が結婚し、子供が生まれ、その友人宅へあなたが遊びに行ったとします。

「かわいいなぁ…」、特別子どもが嫌いでなければ、誰でもそう思うでしょう。

しかし、そこで終わっていませんか、あなた?ギクッゥ…、いや、しつこいですね。

もうやめやめ。

すいません。

これは無理矢理で、重箱の隅をつつくような、一種のたわ言かも知れませんが、赤ちゃんを見て、かわいいで終わってしまっているそこのあなた。

わたしも欲しいなぁ、と思わないのは、もしかしたら、「こじられ女子予備群」かも知れません。

久しぶりの三種の神器で言う、「ネガティブシンキング」が効いているのではないでしょうか?

「どうせ、あたしなんて…」。

確かに何の準備も出来ていないのに子どもを作るのは親として無責任な行為になると思いますが、では「子どもが欲しいあなた」は、将来の母親として、この先どうするのでしょうか?

なにかしら、言い訳を言って、できないと初めから決めつけてはいませんか?人生は一回しかないのです、何よりもかわいいはずの自分のため、冷静に自分の人生に向き合ってあげましょう。

5.「はじめて」を大切にしすぎている

「はじめて」。

世間や、人生にはいろんな「はじめて」がありますが、こっちの方がより発想が広がりますかね?「ハジメテ…」。

まぁ何の「はじめて」かは、個々のご想像にお任せ致しますが、 はじめてを大事にし過ぎると時期を逸する というのが私個人の、私個人の考えです。

一応念を押しておきました。

例えば、海外旅行の「はじめて」。

これを大事にしたいのはわかります。

旅行先の言語・習慣・食べ物・物価・治安など、いろいろ不安要素はありますし、勉強や、仕事などしていると、段々先送りになっていくのはわかりますが、どこか準備のできた時に行かないと、「いつ行くの?」、「今じゃないでしょ」と言っていては、多分永遠に実現しません。

「いつやるの?」、「今でしょ」。

はじめてを大切にしながらも、どこかでこの決意は必要だと思います。

その他の「ハジメテ」についても。

6.甘えるのが下手

こじらせ女子に結構多いみたいですよ?姐御。

甘え下手な人が。

これは三種の神器で言う、「ブサイクとネガティブ」の合わせ技なのですが、「私が甘える?そんなん相手から見たら絶対に気持ち悪いわ…」とか思うそうですね、姐御。

正直ですね、甘えられて気持ち悪い人もいます。

それは確かに。

それがあなたの事かは分かりませんが、確かに居るのは事実です。

ですが、所詮好き嫌いなんて、その人が勝手に決める事なんで、もっと自由に気楽に生きる方が良いと思います。

あなたが甘えて、受け入れたいと思う男性は結構いる思いますよ?

本当は男の人に甘えたいのに、私なんか甘えられない。

と思っていらっしゃるのなら、取敢えず甘えてみる、のも手です。

ダメ元で甘えてみて、相手が受け入れてくれたらハッピーでしょう?

恋愛上手な方なら、「この人には甘えるべきか?そうでないか?」とかを瞬時に考えて、上手く駆け引きをして、相手のハートを難なく射止めるでしょう。

でも待って下さいね?まず、高望みしすぎではないでしょうか?そもそも意中の人間をモノに出来る人なんて一握りの人だけです。

カッコいい男子も、カワイイ女子も勝利率は高いかも知れませんが、相手にアプローチしてもフラれる事はたくさんあるでしょう。

ただ、回数が多い、慣れているだけの話だと思います。

そもそも本当に、ご自分の事が可愛くないと思ってらっしゃるなら、恋愛下手だと思ってらっしゃるなら、どうぞご自分の好きなように相手に甘えて、気持ち悪いってフラられたらいいじゃないですか?そもそもブサイクで、恋愛下手なんですよね?

好きな人が出来て、その人に甘えたい…。

意を決してやってみた。

そしてフラれた。

人生みんな、こんなもんだと思います。

本当に悲しい話しですけど。

しかし、恋愛を自発的に学習する気概も無く、告白してフラれる覚悟も無い、それでいて、恋愛は人並みにしたい。

こんな虫のいい話は他にありません。

これなら一生、大好きなカレに思いっきり甘えるという、夢のような人生の幸福は、あなたにはやって来ません。

ですから、どうせあなたにはご自分でも認めている通り、「恋愛の駆け引き」なんてことは下手で出来ないのですから、初めから直球勝負の当たって砕けろでいいじゃないですか?他にやり方分からないんだし。

意中の人に甘えたい。

思っているだけでは実現しません。

取敢えず実行してみて、その後、一緒に反省しましょう。

私はあなたをいつでも応援しています。

7.恋愛や男子に積極的になれない。つまり受け身。

前述の特徴とかなり被ってしまいますが、こじられ女子はとにかく奥手です。

自分からは、なんにもやりません。

誰もが恋愛には臆病だと思います。

もし自分を相手が受け入れてくれなかったらと思うと、気持ちを封印してしまう人もいらっしゃるでしょう。

まぁ、肉食系というのが必ずしも正解とは言いたくありませんが、待っていても状況は良くならないというのが世の常です。

これは「こじらせ女子」というよりも老若男女全ての人にとっての試練なのでしょう。

不安は誰でもありますから、そこに付け加え「私なんて…」と伝家宝刀の三種の神器を出してしまっては、もう誰にも、どうこうすることはできません。

恋愛したいですよね?素敵な彼と手をつなぎ、いろんなところへデートしたいですよね?んん、いいですねぇ、考えただけでもヨダレが出ます。

うん、頑張りましょう。

前向きに。

8.すぐに人を疑ってしまう

こじらせ女子は、まず自分を卑下します。

そして、次に厄介なのが、「どうしてこんな私を周囲は理解してくれないの」と、 他人を批難し始め、何事も上手くいかない状況を、自分の事は棚に上げて「他人のせい」にします 

こうなると、周りの方々に知らず知らず、何か迷惑をかけてしまう事も考えられ、事態はあらぬ方向へと行ってしまいます。

すぐに人を疑ってしまう。

それは何に起因した感情でしょうか?順に遡って事態を考えると、自分に問題がある事も考えられると思います。

人から信頼されることは、とても難しいことです。

日本の歴史でも多くの戦国武将や、役人、政治家などが、他人の信頼を勝ち取れず、結果的に己の身を滅ぼしてきました。

人の信頼を勝ち得るためには、まず自分から相手を信頼する。

これは社会の鉄則のようにも思いますので、自己分析するときには、相手から自分はどう見えているのかを客観視したいですね。

9.人によってはコミュ障の場合も

そもそも治せない「病気」の場合です。

個人的には、「自分はコミュ障だ」と、他人に偉そうに言っている人も、どうかとは思いますが、多分その人は本当のコミュ障ではありません。

自分ではどうしようも出来ない、「病気」の人もいるのです。

これは悩んでいても治らないかも知れません。

専門の病院なども訪れて、その道の専門家から意見を聞くことも何かの解決策につながると思います。

あまり思いつめず、他者の力を借りましょう。

10.自己評価が低い

こじらせてしまう大きな原因の一つに、自己評価の低さがあります。

自分なんてどうせという考え方を基本としている為、何をしても自信が無く上手く行く気がしません。

例え他人から褒められることがあったとしても、それを上手く自分の中で消化する事が出来る心から喜ぶ事が出来ないのです。

自己評価の引くさは、どんな場面であっても出てきてしまいます。

その為、何をしてもどこに言ってもその気持ちを解消する事は出来ないでしょう。

そんな人とは、一緒に過ごして居ても楽しいと思うkとが出来ません。

だからこそ、自己評価の低い人は人間関係も希薄になりやすく、結果として更に自分を苦しめる事にもなりかねません。

11.自己愛は強い

他人に対しては全く自身の無いこじらせ女子ですが、実は心の中では多くの自信を抱えています。

自分の事が嫌いな訳では無く、むしろ自己愛は強い方です。

だからこそ、その周りの評価とのギャップに悩む事もあります。

自分は本当はもっとできるのに。

自分はもっと評価されるべきだ。

そんな思いが大きければ大きいほど、周りとのギャップにイライラを募らせることがあります。

12.かわいこぶれない

女性の中には、自分の中にある『女性』という武器を使って上手く生きている人も沢山います。

ですが、それはあくまでも限られた人たちだけです。

中には、そう言ったことが全く出来ないという人も居る事でしょう。

その代表的な存在が、こじらせ女子なのです。

こじらせ女子はこじらせているだけあり、女性としてのメリットを全く活用する事が出来ません。

堂でもいい所でカワイこぶってしまい、損をしてしまうのです。

今の時代において、女性をアピールする事も時代錯誤なのかもしれません。

ですが、どうせあるのであれば、是非その力を使ってもいいのではないでしょうか。

女性としての力を使う事で、仕事がやりやすくなるのであれば、それも立派な才能の一つです。

13.ネガティヴ思考

ネガティブな考え方は、更なるネガティブな考え方を引き寄せてしまいます。

その為、決して良い事だとは言えないでしょう。

ですが、それを頭で分っているからといって止めることが出来るのであれば、そもそもネガティブな考え方にはなっていないのかもしれません。

自分で分っているけれど、止めることが出来ないからこそ、ネガティブな考え方になってしまうのです。

そこで、こじらせ女子の場合には女性としての自信が無いからこそ、それを理由に多くの事に悩みよりネガティブな考え方になってしまう傾向にあります。

ネガティブな考え方をつづけた所で何の解決にもならないでしょう。

その事に気が付く事が出来るかどうかによって今後更にこじらせてしまうかどうかを判断する事が出来るでしょう。

13.ダメンズと付き合いがち

こじらせ女子の場合、自分に自信は無いもののどこかで評価して欲しいという希望をもっています。

そんな屈折した思いに答えやすいのが、だめんずです。

だめんずの場合『彼には私が必要だ』と感じさせてくれる傾向が多々あります。

その為、自信の無いこじらせ女子達の心を掴む事が出来るのです。

確かに自信を持たせてくれる事はあるでしょうが、だめんずはどこまで行ってもだめんずです。

それでも良いと思える程の関係性を築く事が出来るのであれば、それも個人の自由ですが、幸せな安定した人生を贈りたいと思うのであれば、そういうタイプでは無い人を選ぶに越したことは無いでしょう。

14.女らしさが嫌い

女子力とは一体何を表しているのでしょうか。

家事が出来る人?それともオシャレに詳しく自分を磨いている人の事でしょうか。

どこに女子力を感じるかは人それぞれです。

とてもサバサバしている人であっても、いざ料理をしてみたら上手だったというようなことがあればそこに女子力を感じる事もあるかもしれません。

反対に、見た目は可愛いけれど中身ががさつな人には女子力を感じる事は無いでしょう。

こじらせ女子の中には、女子に対するコンプレックスを持ち過ぎている余りに女性らしさを嫌いになってしまう方もいます。

余りにも意識しすぎるがゆえにそうなってしまうのかもしれません。

15.意地っ張りで強情

こじらせ女子は、つい大人しい人を想像してしまうでしょう。

ですが、そんな事はありません。

こじらせ女子の場合には口に出さないだけ多くの気持ちを持っている

16.憧れが強い

こじらせ女子だからと言って、女性としての興味が何も無い訳ではありません。

むしろ興味は沢山あるのです。

ですが、どうしたら良いのか分からない。

だからこそこじらせてしまっているとも言えるでしょう。

そんな人たちは、他人に対する意見も厳しくこうなりたいという理想も常にもっています。

だからこそ、こじらせ女子は憧れを強く持っている場合があります。

憧れて居るからこそ、そうなる事が出来ない自分に自信を持つ事が出来ずつい後ろ向きな考えばかりになってしまうのです。

多くの人が憧れるであろう女優さんやモデルさんは極々限られた世界の人達ばかりです。

だからこそ、多くの人が憧れる存在になる事が出来るのです。

その為、その人になる事が出来ないからと言って落ち込む必要はありません。

むしろ、100%なることが出来るのであればそれは、あなたが選ばれた人になったというう事なのです。

理想を持つ事は大切な事ですが、現実を冷静に判断し妥協点を見つけることも需要なポイントです。

17.ネット弁慶

これは、最近出来た言葉の一つです。

ネットとはインターネットの事であり、弁慶とは内弁慶などの言い方で使われてる言葉をもじった物です。

つまりは、日常生活ではなかなか自分の意見をいう事が出来ないのにも関わらず、インターネットを利用する事によって自分の気持ちをべらべらと伝えることが出来る人の事を指します。

自分の意見を持つ事は良い事ですが、インターネットは匿名が基本です。

その為、自分の素性を隠して本音をいう事は余りフェアでは無いのではないでしょうか。

そういったネガティブな行動が目立つのが、こじらせ女子の特徴でもあります。

18.言わなくていい自虐を言う

悪口を聞かさえれる事は気分の良い事ではありません。

ですが、同じ気持ちを持っている同士の場合にはついついそれで盛りあがってしまう事もあるでしょう。

その為、良くない事ではある物の会話の一つとして常に上がるのが女子と言うものです。

ですが、それが自分自身の場合には少々異なる事もあるでしょう。

自分自身の事を悪くいう。

いわゆる自虐的な行動を取ってしまう人が、こじらせ女子の中には大勢います。

これは自分自身に自信がないかあらこそ起きてしまう事なのでしょう。

つい自信がないからこそ、人に言われる前に自分で言ってしまうのです。

自分で言う事によって、本人はどこか安心する部分があるのかもしれません。

ですが、それを言われた相手はどう思うでしょうか。

なんと反応したら良いのか分らず、困った空気になってしまうでしょう。

肯定する事も出来ず、否定するしかありませんがそれもまた少々面倒です。

自分の事ばかり考え、つい保守的な行動を取りがちですがそのせいで周りを困らせてしまっている事がある事を忘れては行けません。

19.心を開くのに時間がかかる

自分に自信が無い事が原因となり、つい相手の事もなかなか信用する事が出来ないと言う事もあるでしょう。

その為、例え相手が好意を持ってくれたとしてもそれを信用するまでには時間が必要となり、なかなか心を開く事が出来ないという状況になってしまう場合もあります。

今の時代、信じる方が悪いと言われてしまう事もあり素直な人ほど犯罪に巻き込まれてしまう事もあります。

ですが、素直な事は悪い事ではありません。

素直に人を信用する事が出来る人はリスクはある物の、人間としての豊かさは確実に持っている人と言えるでしょう。

だからこそ、人をすぐに信用する事が出来ないこじらせ女子の人は人間としてどこか損をしていると言わざるを得ません。

相手を信用する。

簡単な事ですが、実はとても難しい事なのです。

20.劣等感が強すぎる

こじらせ女子になってしまう人の特徴は、自分に自信が無い事にあります。

その為、どんな状況であった としても、ついマイナス方向に物事を考えてしまうのです。

評価されたとしても、それを素直に受け入れることが出来ず、相手を信用する事が出来ない。

そんな状況だからこそ、周りの人と上手く関係を築く事が出来ず更に関係は悪化してしまうのでしょう。

自分に自信が無く、どうせどうせと思っている人とはなかなかいい関係を築いて行く事も出来ないでしょう。

その為、こじらせ女子をいつまでも引きずっていると自分だけでは無く相手との関係性も壊してしまう事になるのです。

隠れ「こじらせ女子」もいますよね

前述までの内容はどれだけ心当たりがありましたでしょうか?「こじらせ女子の三種の神器」、「ブサイク・ネガティブ・強情」ですね。

そういえば「強情」については、あまり触れていませんでしたね?これは、引くに引かない、自分が自分の事をこう思うのだから、絶対こうだ、というものです。

一度思い込んだら、どこまでもそれをつき通してしまうところですね。

こういった、ネガティブで、自分をブサイクだと決めつける。

この一連の決めつけが強情の始まり、言わば「隠れこじらせ女子」なのです。

みなさんには、なるべくこのような「行きすぎた思考回路」にはなって欲しくないものです。

周りの方にこういった方がいらっしゃたら、それとなく伝えてあげましょう。

喪女とこじらせはどう違うの?

世間には「喪女」ということばもあるようですね、読めますか?これはインターネット掲示板の「2ちゃんねる」から生まれた造語で、もともとは、「モテない男子」略して、「もおとこ」、当て字に「喪男」となったのが始まりだったそうです。

「喪」は喪服などでも使われる、一般的には暗いイメージがある漢字だと思いますが、「モテない男子は共通して陰険」、みたいなイメージから、略した「もおとこ」の「も」に、「喪」を当てたのだそうです。

これから派生して「喪女(もじょ・もおんな)」が生まれたのです。

「喪女」の意味は、「モテない女子」ですので、こじらせ女子とは少し異なりますね?世間には色々な事を考える人がいます。

こじらせ女子はこう言われることも!

こじらせ女子にはさらに、陥りやすい別ルート、言わば「派生形」があります。

こじらせ女子の思考は「ネガティブ」が基本になっていますが、度が過ぎたり、何か別の力や、ストレスが加わると、「派生形」へと変わっていってしまうようです。

以下に書いていきますので、順番に見ていきましょう。

腐女子

「腐女子(ふじょし)」は、やおい(男性同性愛をテーマにした作品を多数扱う雑誌の総称)や、BL(ボーイズラブ)をこよなく愛する女子の総称です。

というのがもともとの「腐女子」の意味らしいのですが、最近では「なにかの趣味に異常なまで没頭している女子」という意味もあるそうです。

ロリータファッションにハマっている、アニメのコスプレで街を歩くなどファッションの観点からも「腐女子」と言われることもあるそうですね。

なにやら、意味合いの広い言葉のようです。

一般的に言われている腐女子の特徴は、「とにかく趣味への情熱が凄い」というのが主な特徴で、例えば、「戦国武将」、「アニメ」、「アイドル」など自身の趣味の話になると、それまでたいして話していなかったのに、急に目の色変えて知識をひけらかし、周りをドン引きさせるというのが行動パターンのようです。

さらに、「SNSに命を懸けている」という特徴もあり、1日の内、投稿を複数回頻繁に行い、プロフィールに細かな情報の長文を載せ、自身の情報を少しでも他人へ発信していき、共感を得たいというのが「腐女子」の特徴のようです。

これだけ見ると、「他人からは理解されづらい」かも知れませんが、よくよく考えて冷静に見てみると、「趣味に生きる、人生を自分らしく愉しんでいる女性」とも言えます。

他人に自己の価値観をむやみに押し付けず、自分で好きな事を思いっきり愉しんでいる内は、むしろ良い事のように思います。

見ようによっては素敵な女性ですよね?人生楽しそうです。

インドア

「こじらせ女子」が、人間不信を考え過ぎると、「人のいるところに行きたくない」、「誰かと居るより、一人でいたい」、「外に出るといろいろ気を遣うし、自宅に居るのがいい」と、インドア思考になっていきます。

こういった女性のことを世間では、「モグラ女子」と呼ぶそうです。

「モグラ女子」の特徴は、基本的に「こじらせ女子」とは変わらないと思いますが、人との関わり合いをひどく避ける傾向にあります。

人と一緒いいるのが嫌だから、家に居るのでしょう。

しかし、本当は他者から構ってほしいというのが本音の方もいるようで、仲良くなると「決して相手を裏切らない」という事も巷では言われています。

もともとは人より繊細だから、そのような発想になってしまうのだと思いますので、周りに恥ずかしがり屋の「モグラ女子」、車の下にビリビリ震えて潜む「子猫女子」が居たら、外に連れ出して話をしてみるのも良いかもしれません。

意外にイイ人かも。

ペット好き

この件については前項でも書いたのですが、こじらせ女子の特徴としては、自分に自信が無いので、他人と話すと自分を否定されるかもと怯え、自宅のペットや、観葉植物、ぬいぐるみや、はたまたアイドルの写真などに話しかけてしまう方もいらっしゃるようですね。

ペットに話しかけるくらいは全く問題ないと思いますが、度が過ぎたらやはり危険です。

人とのコミュニケーションを前提として大事にしながら、自宅のペットや、愛する観葉植物にいくら話しかけても、個人的には問題ないと思います。

観葉植物も話しかけると、葉が生き生きしてくるとか真しやかに言われていますしね。

今現在の科学で証明できる地球の森羅万象はせいぜい、百分の一だそうです。

ですから物にも気持ちが宿ると言うのも何か意味があるかも知れませんよね。

すみません、論点がずれました。

何はともあれ、前提と節度を以って、何事も望みたいところですね?

こじらせ女子を治すには?

では、ここまでで「こじらせ女子」の特徴について書いてきましたが、次より偉そうな話で大変恐縮ですが、「治し方」について考えてみたいと思います。

前述と内容が被るところもあるかも知れませんが、どうぞお付き合いください。

恋愛は自分から積極的に動く

やはり、恋人の存在が良くも悪くもですが、一番あなたの性格を変える要因になると思います。

例え、その男性とお付き合いする事で性格が悪くなってしまっても、異性とお付き合いするのは楽しい事なので、まぁいいでしょう。

と、これくらいに構えて気楽にいきましょうね?
初めは「積極的に」といわれても難しいと思います。

ですので、いきなり彼氏というよりも、「信頼できる親友」から作った方が良いでしょうね。

信頼できる友人に恋愛を相談したり、なにか良い状況を作ることに協力してもらったり、心強い助っ人になってくれる気心知れた友人を作る事を先行して、徐々に人付き合いの輪を広げていき、意中の人にアプローチ、というのが良いと思います。

もしかしたら、例え今のままお付き合いができても、疑心暗鬼の自分が出てきたら、恋愛が上手くいかない状況になってしまうかも知れません。

まず同性の人や、恋愛対象ではないけど異性の友達など、徐々に理想の彼に近づくように交友関係を持った方が、今後の自分のためにもなると思います。

誰も急には変われないので、「急がば回れ」、焦らずゆっくり、気楽にいきましょう。

合コンや男子との会話で自分から攻めて見る

こじらせ女子だと、自負がある場合、あまり良い方法とは思えませんが、いわゆる「荒療治」のご紹介です。

合コンなんて、正直ダメで元々です。

実験のように相手に話しかけ、相手の出方をうかがうくらいやってみてもいいと思います。

恋愛が百発百中である人なんていないのですから、いきなり「彼氏を作る合コン」ではなく、「こじらせ女子を克服する方法を見出す合コン」くらいに構えて、気楽に試してみるのが良いと思います。

くれぐれも「思い込み」だけはしないように。

女子力を上げることも忘れずに

インターネットで調べてみると、「こじらせ女子の特徴」として、「流行りに疎い」という条件があるそうです。

「どうせ、自分がおしゃれなんかしても…」という思いからでしょうか?
しかし、美人な方でも、化粧もぱっとしない、服装も地味、女性がしてくれると周りが嬉しい事も何もできない、これでは正直、美人もブサイクも変わらないと思います。

性格が悪い、美人は果たしてモテますかね?
なにも万能になれと言っている訳ではありませんよ?男性からしてみて、女性の自分にどんな事が出来たら魅力的に感じてくれるのか?コレを考えて「女子力アップ」を目指して下さい。

私は個人的に髪の毛がきれいな女性は好きですかね。

うん、良いと思います。

別に長さや、色は関係ありません。

ツヤツヤしてて、サラサラの髪を見せられると、外見的には3割増しの気がしています。

あとは「気遣い」でしょうか。

気遣いをするとき、「何かをやってあげる」となると思いますが、相手から見ると「お節介」のときもあります。

相手の気持ちを尊重できる思いやりや洞察力、空気を読む力も必要になりますので、コレを極めるのはかなり難しいですね。

中にはこの人は喜んだけど、この人はそうでなかった、とかはザラにありますからねぇ。

ですので、見た目に出やすい「外見的な自分磨き」から始め、徐々に「内面的な自分磨き」も同時進行でやっていくのが良いと思いますが、どうでしょうか?

女友達と、彼氏作りで競争してみては?

自身の性格や価値観を変える一番の特効薬はやはり恋愛です。

ちなみに失恋の哀しみに効く特効薬も同じく恋愛だと思います。

まわりの友人と競い合うと恋愛もあまり気にせず、深くは考えずに、自分らしく出来るかも知れません。

共通の目標があるというのは良い事です。

共に考え、ときには相手を注意し、讃え合うことで、ひとりでやるよりも、足かせや重荷が取れるかも知れませんからね?ただ、同じ人を取り合ったり、競争に目が行き過ぎて無茶な事だけは止めて下さいね。

飽くまでも、こじらせ性格を治すためのものですから。

周りへ「彼氏ほしい」アピールも忘れずに!

周囲の人間が良い人なら、正直に自分の身の上や、考えなども大々的に伝えておくことは良い考えだと思います。

なかなか、意中の人や、男性にいきなり「彼氏ほしい」とかは無理でしょうから、それとなく「彼氏募集中です」とか、半ばふざけて、冗談交じりに言っておく事も効果的だと思いますよ?少しずつ段階を上げて、ゆっくりやっていけばいい訳ですから、焦らず、風のように、肩の力を抜いて自分と向き合い、時には周りの人にも協力してもらいましょう。

安心して!世の中には「こじらせ男子」というのもいるから!

喪男もそうでしたが、だいたいこういった「負のイメージ」の言葉は、まず男から言われる事が多い気がします。

男も女も悩みというは、そもそもみんな同じと言う事です。

同じような悩みは周りの方も同じく持っている可能性はありますので、あまり孤独感を感じ過ぎないようにしてください。

「あなたは、決して一人ではありません」ので、こじらせ女子を克服できた時の事を想い描いて、「理想の大好きな自分」に徐々に近づいて行きましょう。

いくつ当てはまりましたか?今回の特徴を元に自分で診断してみましょう

自己分析はできたでしょうか?「病は気から」と言いますが、その人の表面上、目に見えている表情や仕草、言葉や行動、そういったものは実は内面から滲み出ていることではないでしょうか?不必要な思い込みや、決めつけは自分だけでなく、周りの人間も傷つけます。

そうなれば、どんどんどんどんあなたから、理想の人生は離れていってしまうでしょう。

冷静な自己分析を通じて自分を見直し、明るい未来へと羽ばたいていきたいですよね。

自己分析が出来たら、あとは脱出するだけ!

いかがでしたか、今回は何ともディープな「こじらせ女子」について書かせて頂きましたが、ご自身で当てはまる所を客観視できたら、あとは理想にそのズレを合わせるだけです。

まぁこれが難しいんですけどね。

どちらにしても「急には変われない」ので、周囲に協力も頼み、みんなで治していくことも良い気がします。

こじらせ女子から脱して念願の恋人が出来たら、周囲に思いっきり感謝をして、恩返ししていけば人としての喜びや、達成感、感謝や思いやり。

今までの人生ではなかった、さまざまな体験が出来るかも知れません。

どうかこの世から「こじらせ女子」で悩み苦しむ不幸な女性がみんな克服して、言葉自体が消えて無くなりますように。

節に願っております。

一度きりの人生、おもいっきり愉しみましょう。

【こじらせ女子が恋愛を上手くするためには、こちらの記事もチェック!】