日本には世界に誇る文化が沢山あります。

その中には、国内ではあまりその価値に気が付かれていない物のあるでしょう。

その一つが『アニメ』です。

日本は元々漫画が盛んに発行されてきました。

内容も様々で、海外の作品と比べても作りこまれた世界観が強いものが多くあります。

今でこそオリジナルのアニメも多く登場していますが、アニメがスタートした当初は基本的に漫画を原作としていました。

その為、優れた漫画をアニメにしていると言う事で、アニメの人気も同じように上がって行きました。

アニメと漫画の大きな違いは、情報量です。

漫画には、音はありません。

その為、自分の中でそれぞれのキャラクターの声や効果音を想像しながら話を聞いていく必要があります。

その点、アニメにはそれぞれに声優と言われる、声で演じる人々がアフレコをしています。

そのおかげで、より簡単にそ世界に入り込む事が出来ます。

まるで自分自信がその場に居るような錯覚に陥る事が出来るのです。

更に、アニメには漫画にはない『音楽』と言うものがあります。

オリジナルの楽曲などを使用している場合は、それがアニメの人気と共に一緒に人気となる事もめずらしい事ではりません。

この様に、アニメと漫画それぞれ良い所はある物のアニメの方がより多くの情報があるので、楽しみ方の幅も多いと言えるでしょう。

ですが、いくら海外で高い評価をされていたとしても日本でのアニメの認知度はさほど高くはありません。

勿論、一部のアニメ好きな方々はその高いクオリティに胸を躍らせている事でしょう。

しかし、普段アニメを一切見ないような人にとっては、アニメ=子供が見る物というイメージもあり
、はなから見る気すら無いと言う事もあるかもしれません。

それは正に食わず嫌いであり、勿体無いと言えるでしょう。

自分の母国が世界に誇る事が出来る文化は、是非自分の中にも取り入れるべきです。

そこで今回は、アニメを見ない方にも見やすい作品をご紹介させて頂きます。

どれも王道の作品なので、入り込み易く簡単に見る事が出来るでしょう。

今までアニメを全く見てこなかった方は、まずは今回ご紹介させて頂く物を順に見ていってみてはいかがでしょか。

アニメの面白さに気が付くだけでは無く、お気に入りの作品に出会う事が出来るかもしれません。

アニメ人気作品15選

日本のアニメには様々なものがあります。

日本のアニメの始まりは大正期とも言われています。

アニメは、制作にとても時間のかかる物でした。

その為、当時は海外からの輸入した作品を放送する事が基本となっておりました。

そんな中、1963年にスタートした『鉄腕アトム』が日本のアニメの先駆けとなっております。

これをきっかけに日本のアニメの文化は爆発的な人気となっていきました。

しかしながら、普段アニメを見ない人にとっては幾ら良い話だと説明された所で見る気にならないかもしれません。

アニメは子供が見るもの。

そんな固定観念が強く持たれて居るのです。

ですが、最近のアニメのクオリティはとてつもなく高いものがあります。

大人が見ても十分に楽しむ事が出来ます。

そればかりか、かえって子供より大人の方が内容を楽しめると言う事もあるかもしれません。

日本のアニメは、日本人の国民性を分かりやすく示しており大変緻密に作り上げられています。

その為、海外のものとは全く違った姿を楽しむ事が出来るでしょう。

それが海外の方に日本のアニメが人気となって居る大きな理由の一つなのかもしれません。

海外から評価されて居る自国の文化を是非自分の中に取り入れて見てはいかがでしょうか。

そこで今回は、普段アニメを見ない方でも比較的見やすい作品を多くご紹介させて頂きます。

少しでも興味のある作品に出会う事が出来ましたら、まずはその作品を一度見てみてください。

何度か繰り返し見ていく中で、自分の好きなジャンルや内容などがわかって来るでしょう。

そうなれば、アニメの世界は開けたも同然です。

数多くあさる作品の中から、いかに早く自分のお気に入りの作品に出会う事が出来るかどうかによって、アニメ好きになるかどうかが変わって来るのかもしれません。

1.ワンピース

このアニメの原作となる作品は、現在でも連載が続いています。

その為、まだ完結を迎えておらず、最終的にはどうなって行くのかが大変注目されて居る作品です。

内容は、主人公は海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィ。

「ひとつなぎの大秘宝」を巡って起こる冒険のお話です。

この説明だと、かなり子供向けの作品のように感じてしまうかもしれません。

確かに設定は、海賊が宝を探すというありがちな内容です。

ですが、そこに肉付けされて居るストーリーには大人をも虜にする素晴らしさがあるのです。

ワンピースの中心に描かれて居るのは、友情です。

そこを軸にして、感動的な話は勿論激しいバトルシーンが描かれて居るのです。

独特のキャラくター達がおりなす世界はまさにワンピースならでは。

この作品でしか成り立つ事の無い、不思議な設定の人々が当たり前のように沢山登場してきます。

その奇抜な発想から、海外でも高い評価を受けている作品です。

原作は「最も多く発行された単一作家によるコミックシリーズ」としてギネスに認定されている他、ジャンプの歴史の中でも、先日惜しまれながら最終回を迎えたこち亀の次に長い連載記録を更新しています。

みどころ

ワンピースの魅力は、なんと言っても強い友情です。

今の時代、心のそこから信じる事が出来る友人に出会う事が出来る確率はどれほどあるのでしょうか。

大人になればなる程、人との関りが難しくなって行きます。

つい本音と建前を使い分けすぎる余り、自分の本当の気持ちが分からなくなってしまう事だってあるかもしれません。

しかし、ワンピースの世界はそうではありません。

皆常に真っすぐなのです。

中でも主人公のルフィは、超が付く程の純粋な心をもっています。

その為、一度仲間だと思った相手の事は、決して裏切る事はありません。

また、例え相手がどんなに力のある人だったとしても、仲間の為ならひるまずに牙を向く事が出来ます。

そんな事を実生活でしてしまっては、今後の生活に支障が出てしまう事もあるかもしれません。

ワンピースの世界には、私たちが無くしてしまった純粋で真っすぐな感情が多くちりばめられて居るのです。

その為、そのまぶしくキラキラした純粋な姿が大人から子供まで愛されている理由なのかもしれません。

更に、ワンピースにはこの中でしか成立する事が出来ないような個性豊かなキャラクターが多く登場します。

伏線なども多くはられており、長く読み進めれば読み進める程楽しむ事が出来るでしょう。

2.ナルト

ナルトは本来、NARUTOと表記されます。

内容は、忍同士が戦う姿を描いた作品です。

昔ながらの忍者の戦いなどでは無く、超常的な能力をもった人々や様々な技を使った忍術が出てきます。

その為、昔からある忍術とは全く違った雰囲気を楽しむ事が出来るでしょう。

それらを軸としながらも、単なるバトルアニメなどでは無く多くの友情や家族愛は勿論師弟愛なども描かれています。

その中には、裏切りなども多く登場しており、それらの内容を予測市ながらハラハラしつつ見る事が出来るでしょう。

更に、このアニメが他のアニメと違う所は主人公が力だけでは無く対話によって敵と分かり合っていく所です。

対話によって許す事で、現実社会への大きなメッセージが込められて居るとも言われています。

みどころ

NARUTOは、国内は勿論海外でも高い人気を誇る作品です。

その大きな理由としては、登場人物達の衣服が近世に見られるような着物のようなものが多く使用されている事が大きな要因の一つでしょう。

着物の文化は、日本などのアジアが中心となり培ってきた文化です。

その為、欧米の方々などは、着物にとても興味をもっています。

更に、忍者は日本独自の物でしょう。

その為、多くの方が、それらが多く登場するNARUTOに興味を抱いているという事がよくわかります。

更に、NARUTOの世界にはそれぞれ国が登場しそれらを統治している大名などが登場します。

かと言って、彼らが忍者たちに大事にされて居ると言う事は無く、どちらかというおお飾りのような存在です。

その、架空の世界でありながら、どこ現実に近いような部分もあります。

その為、よりリアルに世界観をイメージする事が出来るのも、この漫画の魅力なのかもしれません。

昔の日本は実はこんな感じだったのかな?とイメージしながら楽しむ事が出来るでしょう。

3.進撃の巨人

こちらは、原作漫画が登場したときから圧倒的に話題となった作品です。

物語の内容は、圧倒的な力を持つ巨人と、その巨人からの侵略におびえる人間の姿を描いています。

この原作者は、これが初めての作品です。

新人作家にも関わらず、2011年には講談社が主催するマンガ大賞を受賞するなど、多くの方に注目されています。

少年漫画と言うと、どちらかと言うと夢や希望をもって生きていこうという前向きな作品が多い事でも知られています。

しかしながら、この作品はダークな部分が多く残酷な描写も多く登場します。

その為、初めてこの話を見た方にとっては衝撃の強いものとなって居るでしょう。

主人公は、巨人からの攻撃を受けた100年後の世界で生きています。

今まで、大した不安も無く生きていたのにも関わらずある日突然巨人らの進撃にあいます。

そこから物語は大きく変化して行くのです。

少年漫画の主人公と言えば、正義の味方のように描かれる事が多いでしょう。

しかし、この作品は、物語が進むに従い主人公が巨人になるという衝撃的な展開を迎えます。

巨人は人間だったのか。

それならばなぜ人間を襲うようになったのか。

様々な伏線がはられており、内容に引き込まれる作品となっております。

みどころ

進撃の巨人と言えば、残酷なシーンが多い事でも知られています。

その為、女性の方などは苦手に感じている方も多いのでは無いでしょうか。

漫画に比べ、アニメは多くの方が気軽に目にする機会の多いものとなっております。

その為、どちらかというと残酷な描写が多少優しく描かれています。

その為、物語の良さを失う事無く、楽しむ事が出来るようアレンジされています。

さらに、こちらの物語は全体的に暗い印象となっておりますが、そこに音楽や実際の声が入る事によって多少明るいシーンも多く描かれています。

絶望的な状態にも関わらず、主人公達がどうやって生きていく活路を見出すのかが、この物語の最大の魅力でしょう。

更に、一見簡単なバトルアニメの様にも見えますが、その内容には様々な裏があり最初は気が付く事が出来なかった伏線が現在様々な形で明らかになって居ます。

その為『これはこういう事だったのか!』と楽しみながら見る事が出来るでしょう。

残酷な描写もある事から、こちらのアニメは大人向けのアニメと言える作品です。

子供っぽい、夢に溢れた作品が苦手だという方も、この作品であればシビアな世界が多く描かれて居るので、楽しみながら見る事が出来るのでは無いでしょうか。

4.僕のヒーローアカデミア

こちらの作品の設定は、世界総人口の約8割が超常能力を“個性”としてもつ社会です。

その個性を使い、社会の秩序を守る為に働く人々の事を、ヒーローと呼び、反対に悪用している人々の事をヴィランと呼んでいます。

主人公の緑谷出久は、幼い頃からヒーローオールマイトに憧れていました。

しかし、彼には超常能力が発揮せず“無個性”と言われる状態でした。

しかしヒーローになる事諦めきれなかった彼は、ヒーローを多く輩出してきた学校への進学を希望します。

しかし、周りからは合格は無理だと馬鹿にされてしまいます。

そんな時、彼はあるきっかけでヒーローと出会う事になります。

どうしたらヒーローになる事が出来るかと質問する彼の前で、ヒーローは年老いた姿に変わってしまうのです。

なんと、ヒーローの中のヒーローのはずのオールマイトは敵との戦いで重傷を負い、個性の発動の時間に限りが出来てしまったおいうのです。

初めは、ヒーローになる事を否定された主人公ですが、そのごなりふり構わず他人を助けた事によってヒーローとしての素質を認められ、他者に譲渡することが出来るワン・フォー・オールの後継者になる事が出来ました。

そこで学校に入る事が出来、そこから新たな日々が始まって行くのです。