インスピレーションという言葉があります。

結構聞くことは多い言葉だと思いますが、その言葉の意味を知っている人は少ないかも知れません。

カタカナだから英語?曲の歌詞に出てきたけど意味は今一知らないや、という人が多いようです。

よくインスピレーションが浮かんだ、やインスピレーションが降りてきた、という表現を使う人を見かけます。

それらの表現から推察すると、どうやらインスピレーションとは頭に中に思い浮かんだり、急に思いの中に降りてくるもののようです。

自分の思考とは別の物のようですね。

今回はこのインスピレーションについてお話してゆきます。

インスピレーションという言葉の意味や語源、その使い方などをお伝えしますので、巷でよく使われているこの言葉の意味を理解することが出来るようになるでしょう。

もしかしたらあなたにもインスピレーションが浮かんでいた経験があるかも知れません。

インスピレーションの意味とは?

インスピレーションとはどのような意味のある言葉なのでしょうか?簡単にいうとひらめきの意味があります。

何かに対するひらめきが突然わいてきたときに、「インスピレーションが浮かんだ!」と表現することがあります。

また一般的なひらめきと同じ意味で使うことも出来ますが、宗教的な意味合いで使われることもあります。

神の啓示が降りてきたというような意味合いを込めて、「インスピレーションが降りてきた」とも表現出来るのです。

そして一般的なひらめき、宗教的な啓示の他にもスピリチュアルな用語としてもインスピレーションは使われます。

やはり自分以外の存在がインスピレーションという形で何か示唆を与えてくるという表現がとられます。

このようにどの使い方も自分の考えではない思いや情報のことをインスピレーションというのです。

実際多くの人がインスピレーションを経験しています。

発明家で有名なトーマス・エジソンはインスピレーションをとても大事にしていました。

実際インスピレーションに従い、数々の発明を世に残しています。

他にもインスピレーションの導きに従って大きな仕事や発明を成し遂げた人は多くいます。

また戦争中にもインスピレーションの導きに従って非難したお陰で命拾いをしたという話もあります。

このようにインスピレーションの導きに従って実際によい結果を得られたという話はあるのです。

1. インスピレーションが浮かんだことがありますか?

あなたもインスピレーションが浮かんだ経験はあるでしょうか?偉大な発明とまでいかなくても日常の中で意外とインスピレーションを受けている人は多いのです。

何となくいつも通る道と違う道に行きたいと感じ、その通りにしてみると偶然会いたかった人に出会うことが出来たり、突然のひらめきで始めた事業が上手くいったりと色々なインスピレーションの例があります。

どの例でも自分の考えで選択したのではなく、最初はそのような選択をするためのひらめきが訪れています。

そのひらめきに従って行動した結果、思わぬ利益を得ることに繋がっているのです。

また悪い予感がして予定を変更したら、行く予定でいた場所で事故が発生したというようなケースもあります。

もしインスピレーションが浮かんだ場合は、その情報に従ってみるとよい場合があります。

1. 「直感」とはどう違うの?

このインスピレーションと直感に違いはあるのでしょうか?直観も一瞬の判断で物事を決めてゆくものです。

インスピレーションと似ている感覚ですが、直観の場合はその情報の元が、過去の記憶や経験の膨大なデータから割り出されたもので、思考の延長といえます。

もちろん直感で判断した時にも正しい判断になる場合もあります。

ただし、直観は今までの個人の経験が元になっているため、それ以上の情報にはなり得ません。

一方インスピレーションは個人を超越した情報がもたらされて、全く新しい選択が出来るようになります。

その違いが直観とインスピレーションの違いになります。

どちらも人生を推し進めるために有力な情報になることが多いのですが、100%正しいとは言い切れませんので、選択して行動する際は注意も必要です。

2. 「第六感」とはどう違うの?

それでは第六感とインスピレーションはどう違うのでしょうか?第六感とは、人間の持つ視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚の五つの感覚である五感以外の感覚、理屈では説明出来ないような心の働きによってもたらされるもののことをいいます。

ほぼインスピレーションと同じ意味と捉えてよいでしょう。

しかし第六感と表現した場合、あくまでも情報の発信源は自分です。

インスピレーションのように何か他の存在からもたらされたという意味合いはなくなります。

この第六感も、第六感に従うことにより大きな成果を得たり、危機を回避で来たりします。

2. インスピレーションの語源

インスピレーションの語源についてお話します。

インスピレーションとは、inspireの名詞形になります。

inspireは霊感(ひらめき)を与えるという意味があります。

そしてinspireは、神様が人間に吹き込んだ息の意味を持つSpiritから来ています。

、~の中に、の意味を持つInと聖書で言う神様が人間に吹き込んだ息Spiritを合わせた言葉がinspireで、その名詞形がinspirationというわけです。

このようにインスピレーションとは元々宗教的な意味合いを強く持つ言葉なのです。

そのため似ていても直観とは違う意味の言葉になり、神様のような存在から与えられた啓示としての意味が出てくるのです。

3. どういう人がよく使う言葉なの?

それでは現在ではインスピレーションという言葉はどの様な人がよく使うのでしょうか?色々な分野で活躍している人がこの言葉を使っています。

主にひらめきを形にして活躍するクリエイティブな仕事をしている人たちに好んで使われています。

彼らは実際にインスピレーションに従い、仕事で大きな成果を残しています。

またある国では何か物事を決める際に神からの啓示を受ける専門の僧侶やシャーマンがいて、その人に降りてきたインスピレーションに従い物事を始める習慣が今でもあります。

大企業が大きな決断をする際にもこのシャーマンが呼ばれてインスピレーションに基づいた情報を与えるのです。

このようにインスピレーションは多くの人によって活用されています。

それではどのような人たちがインスピレーションという言葉を使っているのかを見てゆきましょう。

1. アーティスト

アーティストと呼ばれる人たちはインスピレーションと共にあるといっても良いほど、インスピレーションを大切にしています。

自分に降りてきたインスピレーションに従い作品を完成させるのです。

画家はインスピレーションに従い筆を進ませて、自分のアイディアには収まり切れないスケールの大きな作品を作り上げます。

もちろん作品自体はその画家のものですが、その画家はインスピレーションに従い作品を完成させたのです。

もしインスピレーションに従わなかったら作品は完成しないでしょう。

そして音楽家もインスピレーションに従い曲を作曲することがあります。

人々の心を掴む美しいメロディの中には、インスピレーションに従い完成されたものもあるのです。

世界中で愛されている有名な曲である「イェスタディ」も突然降りてきたインスピレーションによって得られたメロディーを元に作曲されました。

アーティストにとってインスピレーションはなくてはならないものなのです。

2. 心理カウンセラー

心理カウンセラーもインスピレーションをよく使います。

心理カウンセラーの仕事はカウンセリングを受けに来る人の心理を分析して、的確なアドバイスをし症状を改善させることです。

うつ病やアルコール依存症、その他精神的な悩みを持つ人の助けになる仕事です。

この心理カウンセラーも時としてインスピレーションを活用します。

インスピレーションが浮かんでその通りに患者を指導したところ、快方に向かったなど、インスピレーションを元にした成果を上げる場合があるのです。

ただし心理カウンセラーの場合、インスピレーションを活用する場合もありますが、膨大な過去のカウンセリングのデータから得られる直感を大切にする場合もあります。

医者が過去の膨大な医療データを使用するように、心理カウンセラーも過去のカウンセリングデータを使用するのです。

3. アイディアを考える仕事をしている人

アイディアをそのまま仕事にする人のいます。

アイディアはまさにインスピレーションによってもたらされることが多いものです。

過去のデータを組み合わせて新しいアイディアが生まれる場合もありますが、革新的なアイディアや斬新なアイディアはインスピレーションから得られる場合が多くあります。

例えばデザイナーは全く新しいデザインを考える際にインスピレーションを大事にします。

一瞬のひらめきを大切にして形にしてゆくのです。

また、文章を扱うコピーライターの仕事でもインスピレーションは必要なものになります。

人の心をつかむ斬新なキャッチコピーはインスピレーションによってもたらされる場合もあります。

このようにアイディアを形にして仕事をしている人はインスピレーションを大切にしていて、インスピレーションがわいてきた!等とインスピレーションをよく使う人たちです。

3. インスピレーションに従うのが必ずしも正解ではない

ここまでインスピレーションについて色々な角度からお話をしてきました。

そして多くの人がインスピレーションに従い、結果を残していることもお伝えしました。

しかし、常にインスピレーションに期待して、インスピレーションに従うことが必ずしも政界ではありません。

インスピレーションはいつ浮かんでくるか分かりませんし、心の中に浮かぶものなので場合によっては解釈を間違えてしまうことも考えられるからです。

自分の思考をしっかり働かせて物事を判断することも大切です。

先ほどお話しました発明家のエジソンも、インスピレーションで発明を成功させる時もあれば、上手くいかなかった時もあるのです。

また考え抜いた後にふとひらめく場合もあり、自分で考えることも大切なのです。

自分の判断とインスピレーションを得てからの判断、どちらも活用してゆくことが最善の選択といえます。

インスピレーションが浮かんだら、その情報を鵜吞みにはせずに検証しながら進めてゆきましょう。

インスピレーションが湧きやすい人

インスピレーションは時として多くの利益をもたらします。

また斬新なアイディアをもたらして現状打破をするきっかけにもなります。

それではどのような人がインスピレーションが湧きやすい人なのでしょうか?インスピレーションが多く湧いてくる人もいれば、全然湧いた経験がない人もいるからです。

もしあなたがインスピレーションを活用したいのであれば、これからお話しするインスピレーションが湧きやすい人たちを参考に、ご自身を振り返ってみてください。

インスピレーションが湧きやすい人の特徴を真似ることで、あなたにもインスピレーションが湧きやすくなるでしょう。

それではひとつひとつお話してゆきます。

1. 理性よりも感性で生きている人

インスピレーションとは人知を超えた神からの啓示と表現される場合があるなど、理性や常識で推し量れない一面があります。

そのため理性的で常識がある人よりも、感性を大事にして生きている人の方が湧きやすいといえます。

もちろん完成を大事にして生きている人にも、しっかりと常識がある人もいます。

感性を大切にするということは、心に浮かんだひらめきや感を大切にすることでもあります。

理性的な人にもひらめきが起こることもありますが、理性がそれを受け入れないで無視してしまいがちです。

一方感性で生きる人は普段から自分の感や気分を信頼していますので、インスピレーションも湧きやすく、また湧いてくるインスピレーションに素直に従える柔軟性を持っています。

ただし、先程もお話ししたように、インスピレーションに盲目的に従うことは危険を伴います。

理性的な判断もしつつインスピレーションを活用出来ることが理想です。

2. あまり悩み事がない人

あまり悩み事がない人もインスピレーションを受けやすいといえます。

一見、何の関係もないように思えますが、悩み事があまりない人は心の中でマイナスの思考をしていないので、インスピレーションをキャッチしやすいのです。

そしてキャッチしたインスピレーションを素直に活用出来る心の余裕もあります。

また、悩み事がない状態は意識がクリアなために、微細な情報もキャッチ出来る状態ともいえます。

悩み事が多いと心の中で葛藤や思考の渦が回っている状態のために他の情報を受け入れる余裕がなくなってしまい、インスピレーションも受け入れる余裕がなくなっている状態なのです。

ですので、悩みを少なくすることが、インスピレーションが湧くために必要な要素なのです。

心の中の思考が悩みではなく前向きな夢や希望、計画の場合、むしろインスピレーションが湧きやすくなります。

前向きな気持ちに同調するようにひらめきが訪れるのです。

悩みが多い人は、その悩みを解決する目標として捉えてみましょう。

その捉え方の違いひとつでインスピレーションが湧きやすくなります。

3. 霊感が強い人

霊感が強い人はインスピレーションも湧きやすい人といえます。

霊感が強う人は普通の人には見えないものが見えたり、聞こえないものが聞こえたりしますが、心に湧いてくるインスピレーションも捉えやすい人が多いのです。

実際インスピレーションを鮮明に得ることが出来る人もいますが、中には怪しい宗教の教祖になっている人もいるので注意が必要です。

本当に役に立つ情報を得て、それを自分や人のために活用する人もいるので、その辺りの見極めが必要になります。

霊感は生まれながらに身に付いている人と、訓練によって身に付けた人がいます。

霊感を身に付けるとインスピレーションも強く湧いてくるようになる人が多いので、霊感とインスピレーションは関連があるのでしょう。

一般の人でも日によっては霊感やインスピレーションの受信力が高まることもありますので、インスピレーションが湧いてきたらメモをして検証し、良い内容でしたら実行しても良いと思います。

4. 繊細な人

繊細な人は普通の人に比べて感受性が強く、微妙な心の中での情報にも耳を傾けることが出来ます。

そのためインスピレーションが湧いてきやすく、また湧いてきたインスピレーションをしっかりキャッチ出来るのです。

繊細な人は実社会では繊細さゆえに弱弱しい印象がある人が多いですが、その分内面がとても豊かで些細なことや小さな出来事にも意味を見出して喜べる感性を持っています。

その感性が心に届くインスピレーションを受け入れる才能となっているのです。

繊細な人が持つ感性がインスピレーションを受けて、その情報が実際に活用されれば、大きな成果に繋がる可能性があります。

5. 整理整頓が出来ている人

しっかりと整理整頓が出来ている人は、インスピレーションが湧いてきやすい人といえます。

部屋や身の回りが整理されていると心が落ち着きます。

その落ち着いた心にインスピレーションが湧いてくるのです。

お寺や神社もきれいに掃除が行き届いていますね。

このような場所でもインスピレーションが湧いてきやすくなっています。

僧侶や神主さんもそのような整った場所でインスピレーションを受けるのでしょう。

古来神社やお寺で人々は神や仏の啓示を頼りにして生きてきました。

現在でも多くの人がお寺や神社へお参りに行きます。

時としてお祈りの最中にインスピレーションを受けることもあり、現代でもお寺や神社は人々の信仰と救いの場になっているのです。

6. 自然の中によく出かける人

自然には人間を癒すマイナスイオンや新鮮な空気、美しい樹木や海辺の砂浜など様々なよい環境があります。

そんな自然の中によく出かける人は感性が磨かれて、インスピレーションが湧いてきやすくなります。

霊感を磨く人も昔から自然の中で修業をして霊感を磨いてきました。

今でも山にこもり修行をする人がいて、霊感を磨いています。

自然の中では感性が磨かれますし、普段の生活の習慣や情報を遮断出来ますので心に湧いてくるインスピレーションをキャッチしやすくなるのです。

僧侶のように何か月も山にこもる必要はありませんが、普通の人も週末に自然に触れて気持ち良い時を過ごすだけでもインスピレーションが湧きやすくなるでしょう。

7. 携帯やスマホに依存していない人

最近携帯やスマホに依存する人が増えています。

起きている間の大半をスマホを使用する時間にしてしまっている人は、ネットの情報に支配されてしまっています。

そのような状態ではインスピレーションが湧いてきても気づけませんし、湧いてくる可能性も低くなってしまいます。

また、インスピレーションが湧いてくる可能性が低くなるだけではなく、現実生活自体が希薄なものになってしまいがちなので危険です。

携帯やスマホに依存せずにほどほどにしておく方が、健康にも良く、またインスピレーションが湧いてきやすくなるでしょう。

今まで携帯やスマホを見ることに費やしてきた時間の3分の1でも減らして、その分感性を磨くことや自然に出かけることをすれば、健康にも良いですし、インスピレーションが湧いてくる可能性も高まります。

8. ひとりでいることが好きな人

ひとりでいることが好きな人はインスピレーションが湧いてきやすい人といえます。

ひとりでいると自分と向き合うことになるので自然と心の声に敏感になります。

心の声は自分自身の思考の場合もありますが、中にはインスピレーションの場合もあります。

ひとりで瞑想をしていると、インスピレーションが湧いてきて、そのインスピレーションを活用すると良自分がを生むことがあります。

世界の経営者の中にもひとりでの瞑想を習慣にしてインスピレーションを得て、そのインスピレーションを経営に生かして成果を上げている人もいます。

また、ひとりでいると孤独感が増します。

そうすると心の声に耳を傾けやすくなるので、結果としてインスピレーションをキャッチしやすくなるのです。

インスピレーションを受けたい人は、ひとりの時間を増やすこともおすすめです。

自分が臨機応変な言動ができる人
頭の回転が速く、臨機応変な言動が出来る人はインスピレーションが湧きやすいといえます。

彼らは臨機応変に対処が出来るので、常にその場に対応出来る情報を求めています。

そ自分が発直感によってなされることもありますが、常に臨機応変な対応を迫られていると、インスピレーションが湧き、助けられる場合があるのです。

瞑想とは反対に、頭をよく働かせることでもインスピレーションが湧きやすくなるのです。

10. 常にモチベーションがある

常に自分が目標に向かって行動し、高いモチベーションをキープしていると、その目標に応じたインスピレーションが湧きやすくなります。

発明でも新しく作りたいものが頭の中でははっきりしていて、その目標に向かっている時にインスピレーションが湧きやすくなります。

どうしても越えられない壁が表れた際も、ふと湧き上がってきたインスピレーションを実行したら解決した、なんてことが起きることもあるのです。

仕事でも常にモチベーションを持ち、前向きに行動しているとインスピレーションが湧いてきます。

そのインスピレーションによって大きな成果を上げたり、ピンチを脱出出来たりするのです。

このように、常にモチベーションを持ち行動すると、インスピレーションによって思わぬ助けが得られることもあるのです。

【モチベーションについては、こちらの記事もチェック!】

インスピレーションで行動するとどうなる?

前の章ではインスピレーションが湧きやすい人の特徴を見てきました。

実際世の中にはインスピレーションが湧きやすい人と湧きにくい人がいて、インスピレーションを活用して仕事をしている人もいるのです。

では、実際にインスピレーションに従い行動するとどうなるのでしょうか?どのようなメリットがあり、どのようなことが起こるのでしょうか?この章ではインスピレーションに従い行動するとどうなるかについてお話ししてゆきます。

まだインスピレーションを活用したことがない人や、もっとインスピレーションについて知りたい人にはおすすめの内容になっています。

それではひとつひとつ具体的にお伝えしてゆきます。

1. メリット

まずはインスピレーションに従って行動した場合のメリットについてお伝えします。

インスピレーションに従うと、必ずしもメリットが得られるとは限りませんが、実際にメリットがあることも事実です。

先にお話ししたように、インスピレーションに従うことで危機を脱したり、大きな成功を収めることもあるのです。

このメリットを得るには、湧いてきたインスピレーションを一度吟味するようにしましょう。

その上で問題がなければ従えばよいのです。

それではインスピレーションに従い行動することで得られるメリットについてお話しします。

1. 個性的で感性豊かだと思われる

インスピレーションは斬新なアイディアに結びつくことが多く、とても個性的なアイディアが降りてきます。

そのためインスピレーションに従って生きると、周りの人から個性的で感性豊かだと思われるのです。

自分のトークなどにも小さなインスピレーションを活かすことも出来ます。

そうすると話も個性的になり、より個性的な人と見られるでしょう。

実際芸能人にもインスピレーションを活かしている個性的な人も多いのです。

2. 斬新なアイディアが大当たりする場合がある

インスピレーションで得たアイディアが大きな発明や作曲に繋がり、その後大ヒットする場合もあります。

先に例として挙げた名曲「イェスタディ」もそうですし、多くの発明品はインスピレーションを元に作られています。

一度大当たりすれば莫大な利益も得られます。

もしあなたがインスピレーションから何か斬新なアイディアを得たいたら、実際に商品化や作曲をしてみることをおすすめします。

ひとりで商品化することが難しい場合は発明コンテストなどでアピールして企業の興味を引くこともありです。

あなたのひらめきが大当たりするかも知れません。

3. 行動するまでの時間に無駄が無い

インスピレーションを元に行動をすると、行動するまでに時間のロスがなくなり、無駄のない時間を過ごすことが出来るようになります。

そのため物事がスムーズに運ぶことになりますが、全てのインスピレーションが上手くいくとは限りませんので、湧いてきたインスピレーションを吟味する時間は持つようにしましょう。

吟味の結果、問題ないと判断した後にインスピレーションを活用すれば、上手くいく可能性は高まります。

2. デメリット

インスピレーションを活用するメリットをお話ししました。

上手く活用出来れば十分な結果が出ると思います。

しかし、インスピレーションのデメリットもあるのです。

最後にインスピレーションを活用する際のデメリットについてお伝えします。

デメリットもしっかり知ることでリスクを少なくすることが出来ます。

それではインスピレーションを活用する際のデメリットについてお伝えしてゆきます。

1. 思慮深くない人と思われてしまう

インスピレーションを活用する人は、インスピレーションが浮かぶとすぐに活用しようとする傾向にあります。

そのため、そのことを知らない人からは思慮深くない人と思われてしまいます。

それでも気にならなのであれば問題ありませんが、あまり周囲の輪を乱すようであればきちんとした説明も必要です。

もちろん結果が付いてきていれば、インスピレーションを活用してすぐに決断を下す姿勢もあなたの個性として見てもらえるはずです。

2. 軽い人に見える

あまり考えずに行動しているように見えるために、軽い人として見られてしまうこともあります。

このデメリットも1の思慮深くないと思われてしまうことと同じで気にならなければ大きな問題にはなりません。

また、あなたがインスピレーションを活用して結果を出せば、やがて周囲もインスピレーションを活用することに興味を持つようになるでしょう。

3. 失敗した時に自信喪失する

あまりにインスピレーションに頼り過ぎると、失敗した時に自信喪失をすることもあります。

特にある程度インスピレーションを活用して成功してきた人の場合、自信喪失が大きくなる恐れがあります。

インスピレーションは大きな成果をもたらす可能性がある反面、頼り過ぎると自分の思考が疎かになりがちです。

どちらも大切に、上手く活用して人生を豊かにしてゆきましょう!