比較的大多数の方は、若い時には自分自身の体型などをあまり気にする事はないのではないでしょうか?
ただ、人生を生きていると社会人になって、運動が減り、食べるものも外食などの脂っこい食事ばかりで、お酒の誘いも増えたりなどなど…。

体形を維持するのには難しい状況などになってきたりするのではないでしょうか?
気が付くと昔は食べてもなんともなかったのに、急に体重が増えたりだとか、なかったはずの場所に余計なお肉がついたりなどなど…。

ダイエットを意識せざるを得ない状況になっている事はありませんか?
一度くらいは、自分自身の体系に危機感を覚えた事があるという人はかなり多いと思います。

そこで、ダイエットを考えるのですが、なかなか良い方法がなかったりだとか、永通期しないなどで、結局できないという事が多いですよね。

ただ、遊びながらの感覚でしっかりとダイエット出来る方法があります。

あなたはフラフープダイエットという言葉を聞いた事がありますか?
フラフープ自体は聞いたことがあるという人が多いと思いますが、フラフープがれっきとしたダイエットに効果的な方法だという事を知らない人が多いかと思います。

是非今回ご紹介していくフラフープダイエットについて知っていただき、きれいなくびれだったり、体形維持をしていただく方法として活用していただければと思います。

それでは見ていきましょう。

フラフープの歴史

フラフープって、知っているけど、具体的に歴史までは知らないなぁという方が大半だと思います。

今回はフラフープについてご紹介していきたいと思いますので、知っていると面白いかと思いますので是非みてみてくださいね。

フラフープ自体は、おそらく子どもの頃に遊んだりした経験があるかと思います。

学校などでも遊具としておいてあったりした経験があるかと思います。

輪っかの形をした遊具で、その円の中に自分自身が入り、自分の腰を使って輪っかをくるくるまわすという遊びですね。

こちらのフラフープですが、知らないだけでかなり奥が深い物になっています。

是非今回は、フラフープダイエットをご紹介する前に、フラフープについて詳しくお話ししていきたいと思います。

1. いつから流行ったの?

これがけっこう古い歴史があるのをご存知でしょうか?
フラフープ自体はなんと最近できた遊びではなく、約3000年前からあったとされています。

とてもびっくりした方も多いかと思いますが、古代エジプトの時代からあったと言われています。

もちろん今のような輪っかはないので、ブドウの蔦で作られた輪っかを棒で地面の上で転がしていたという風な利用方法となっていたそうです。

ただ、古代ギリシャではなんと自分自身の体重を落とすためにフープ状の使用を推奨されていたという過去があるそうで、昔からダイエットの方法として確立されていたという事が判明しています。

そういった歴史もあり、様々な場面でフラフープは今まで利用されてきた、なかなかの伝統ある遊びであるという事を知っておいてください。

2. 昔はダイエット目的ではなかった

古代エジプトの時代からあったと先ほどご紹介させていただきましたが、あくまでフラフープ自体はダイエット目的で利用されてきたというわけではありません。

間接的にダイエットになっていたのかもしれませんが、昔は輪っかを使って、遊ぶという遊びだったのです。

輪っかを回したり転がしたりする事で遊んでいたという事もわかっているので、昔はそういう遊びとして推奨されていましたが、そこから派生して、現在の形に生まれ変わったともいわれています。

もともと、イギリスでフーピングというものが人気を呼び、そこからハワイに伝わり、ハワイのフラとこのフープが組み合わさり、フラフープが出来上がったともいわれています。

様々な文化と文化が組み合わさり生まれてきたという事を考えると、非常に面白い歴史があるんだなと理解する事が出来るのではないでしょうか?

まずはフラフープをGETしよう

フラフープの歴史がまさかこんな風にあったとはと驚いた方も多いかと思います。

さて、それではフラフープの歴史を知った所で、実際にフラフープを使ってダイエットを試してみたいという方も増えたかと思いますが、フラフープをまずは購入する事から始めないといけません。

フラフープを利用するダイエットのメリットですが、フラフープをするという事がダイエットに繋がるという事を知らない方も中にはいたかと思います。

フラフープ自体が遊びという人気を持っている方が多いかと思いますので、いかにもダイエット!という感じがしないのがこちらのダイエットの良い所です。

いかにもダイエットという感じだと、行うのがおっくうに感じたりもしますので、なかなか継続性がない事に繋がってしまいます。

ただ、フラフープだと気軽に出来ますし、なおかつダイエットという感じがしないで、遊びながら気づいたら痩せていたという事にも繋がりやすいので、非常に継続もしやすいかと思います。

そういった様々なメリットがある方法ですので、是非前向きになって購入を検討していただければと思います。

1. どこで買えるの?

フラフープはどこで買えるのかわからないという方も多いかと思いますが、けっこうどこでも売っているものになります。

雑貨屋さんにでも売っていますし、最近ではネットの発達によって便利になったのですが、通販などでも非常に気軽に購入できます。

今ではどこの通販でも取り扱っているくらい、定番の人気商品となっています。

エクササイズとしてもそうですし、ダイエットとしても優れている効果を発揮しているので、女性の方からの人気が非常に高いかと思います。

簡単に通販で購入できるので、いつも利用しているヤフーとか、アマゾンとか楽天などの通販でフラフープと入力してみてはいかがでしょうか?
お子様がいる家庭だと、子どもでも利用する事ができるかと思いますので、一石二鳥ですよ♪

2. 値段はいくらくらい?

気になるお値段ですが、かなり安価で購入する事が出来ます。

びっくりするくらい安いので、思わず嬉しくなってしまうかと思いますが、フラフープ自体は1.000円~2.000円程度のお値段で購入する事が出来ます。

今では様々な会社が通販でフラフープを出品しており、非常に人気の高い商品ですので、どこでも取り扱っているかと思います。

フラフープも、いろんなカラーで選ぶ事が出来ますし、かわいい女性が好きそうな色だったり、クールな色、そしてエクササイズ用やダイエット用など、様々な種類がある事も特徴です。

是非自分に合ったフラフープを選んでみて、お気に入りのフラフープでダイエットをしてみませんか?

3. どんなフラフープを選ぶべき?

フラフープの種類がたくさんあるのはわかったけど、どんなフラフープを選べばいいのかわからないですよね。

確かに種類もたくさんありますし、形なども少し違うものがあったりするのも事実です。

なので、選び方がわからないという意見も非常にわかります。

なので、どのようなフラフープを選ぶべきなのか、今回はしっかりご紹介していきたいと思います。

フラフープの選び方をしっかりと勉強しておけば、購入した後に後悔する事もありませんし、しっかりと適切な選び方が出来るかと思います。

是非フラフープダイエットを検討している方は、まずはご紹介する内容を把握した上で商品選びを行ってみてくださいね、それではご紹介していきましょう。

1. 軽過ぎないこと

まず、大事なのがフラフープ自体が軽すぎないという事が大事であります。

中には、回したいから軽い物を選んだほうがいいのでは?と感じる方もいるかと思いますが、重さは非常に重要な項目なんです。

具体的な数値をご紹介すると、初心者の方にはまずは500g程度の重さのフラフープを選んでいただく事が大事です。

軽すぎると、たくさん回るようなイメージですが、以外と軽いとあまり回らないんです。

軽い物よりも、ある程度の重さがある方がしっかりと回るようになるため、まずは回らないと意味がないので、ある程度の重さが重要であるという事に繋がります。

また、重すぎるとそれはそれで体に負担がかかってしまいますし、それが原因で何もできなくなったとなると本末転倒ですよね。

なので、ある程度の重さが必要なので、しっかりと選んだ商品の重さなどをチェックする事が大事であるといえるでしょう。

2. 割れにくい素材のもの

そして、次に重要なのが割れにくい素材であるという事が大事です。

中には、フラフープ自体が割れやすい素材で作られている事があり、それが原因でフラフープが壊れてしまったという事もあります。

しっかりと気を付けていても、ぶつけたりしてしまう事がありますよね。

そういった時に壊れてしまっては非常にもったいなにですし、フラフープを続けなくなってしまう原因にもなってしまいます。

なので、ある程度上部な素材を使っているフラフープを使用する事が大事なので、しっかりと使用されている素材などには注意をしましょう。

おすすめとしては、100均一などのものは比較的壊れやすいので、ある程度のお値段がするもので、しっかりと緩衝材が使われているという事が大事です。

ウレタンなどを緩衝材として使っている事が多いので、そういった緩衝材の有無に関してをしっかりと理解しておく事が大事であるといえるでしょう。

4. フラフープダイエットが人気の理由

フラフープダイエットがなぜ人気なのか理由が知りたい方も多いかと思います。

フラフープダイエットが今はやっているからこそ、是非なぜフラフープダイエットが選ばれるのか?という事を是非知っていただきたいと思います。