恋愛でのテクニック、皆さんは上手に活用していますか?

中には、恋愛でテクニックを利用することに、否定的な人もいるかもしれません。

筆者もどちらかと言えば否定的…いや、否定的と言うより、テクニックを使うことに対する恥ずかしさがあるような気がします。

でも、恋愛でテクニックを使っている人って、案外多いんですよね。

そういう人って大抵、女性同士の間では嫌われちゃっていたりもすると思います。

だけど実際は、テクニックを使った方がよっぽど効率がいい!効率って言っちゃうと反感を買いそうですけど…テクニックを使った方が、恋愛は成就しやすいのは事実なんですよね。

テクニックを使わずに手をこまねいているよりは、テクニックを活用して恋愛を攻略するくらいのほうが、賢かったりもするのです。

それに、テクニックと言うとあざとさも感じちゃうけど、これも恋愛に対する努力のひとつです。

自分をより良く演出し、効果的に自分をアピールすることだって、お肌やファッションを磨くのと同じことなんですよね!

恋愛でのテクニック、持っていますか?

ただ、恋愛テクニックを活用する以前に、「テクニックなんて無いよ~」って言う人も多いかもしれませんね。

筆者も、否定的だったり、テクニックを使うのなんてあからさまで恥ずかしい!って言ってるけど、結局は、テクニックを持っていないからでもあるかなって思います。

テクニックを持っていなければ当然使えないし、やってみなければ自分のものとして身につけることも出来ません。

恋愛テクニックを持つことだって、ダイエットすることやお肌を磨くことと同じ!内面を磨くってことにもなるんですよね。

もちろん、恋愛テクニックなんてなくても両手に花って人は、いいかもしれません。

でも、筆者を含めそうじゃないって人にとっては、努力して身につけることで、人と差をつけられる部分。

しかも見た目を磨くよりも、効果が高かったりもするのです。

恋愛テクニックを甘く見るべからず

周りに、誰もが認める美女ってわけでもないのに、恋愛に困らない女子っていませんか?

超イケメンってわけでもないのに、モテる男子っていませんか?

そういった人はたぶん、恋愛テクニックを上手に活用していたりするのです。

外見の良さって、確かにパッと見は目を引きます。

だけど、結局は外見だけじゃ攻略出来ないのが恋愛。

見た目だけ良くっても、それはただ、一目ぼれしたファッションを勢いで購入して着るのと同じです。

つまり、しばらくしたら飽きがくるってことです。

その点、恋愛テクニックでガッツリ心を掴まれると、「次は何が起きるんだろう」という期待感でいっぱいになります。

一緒に居る限り新しい感情が芽生え続けて、そうそう飽きることが無いのです。

恋愛って常に新鮮さが求められるし、ドキドキとした感覚が続くほど夢中になれるものです。

胃袋を掴むのと同じで、心を掴めばクセになる!後を引いて、心はすっかりテクニックの虜になってしまうのです。

恋愛はある意味心理戦。

恋愛テクニックを甘く見ていると、テクニックのある人にどんどん先を行かれてしまいますよ!

【恋愛テクニックについては、こちらの記事もチェック!】

身に付ければ恋愛も成就しやすい

恋愛テクニックは、特に意中の相手を落としたい時、一番力を発揮してくれるでしょう。

付き合う前こそ、心を掴むテクニックが大事になってくるのです。

そして一度心を掴んでしまえば、思いのまま!?になる可能性も高いはず。

テクニックを身に付ければ、恋愛も成就しやすいのです。

それに恋愛テクニックを利用することで、その反応から、相手の気持ちも読み取れるようになるはずです。

相手の気持ちが高まっているのかどうか、まだそこまで自分にハマっていないのかどうか…そういった、相手の段階を読み取ることで、告白のベストなタイミングも分かってくるんですよね。

相手の気持ちを全く考慮せず、こちらの当たって砕けろって気持ちだけで突っ走れば、大抵玉砕するものです。

でも、「今はまだ」なのか「今!」なのかが分かれば、成就の確率は格段にあがりますよね?

今はまだなら、恋愛テクニックで相手の心が動くまで待つべきだし、今!ってベストなタイミングで告白すれば、相手だってすんなりOKしてくれるんですよね。

恋愛で大事な6個のテクニック

恋愛テクニックは甘く見るべからず!です。

これまで、恋愛テクニックを使うことに否定的だった人も、本当はテクニックがあったほうが、恋愛を上手に進めやすいってことも分かっていますよね?

あからさまで嫌だったり、恥ずかしさがあったりもするかもしれませんが、それはきっと、身につけていないから。

テクニックをしっかり自分のものにしてしまえば、自然な振る舞いに出来ると思います。

だって異性と話す時、何かしら意識は変わりますよね?同性と居る時と、全く同じって人は少ないと思います。

女性ならちょっと声のトーンが変わったり、男性でも、ちょっとテンション上げめで話していたりしませんか?

それってきっと自然にやっていることで、特段よく見せようって意識がなくっても、無意識にそういう行動をしているはずなんです。

そんな無意識の行動と同じようにテクニックを繰り出すことが出来れば、もうそれは当たり前のことにもなっちゃうんですよ!

慣れないうちはぎこちなさもあるかもしれませんが、慣れるまでは練習だと思って!経験を積むしかありません。

身につけてしまえばこっちのもの!いつだって恋愛上手な自分になれるのです。

それではここからは、恋愛で大事な6個のテクニックをご紹介していきます。

ご紹介するテクニックを参考に、みんなで恋愛マスターになりましょ♪

1、ダブル・バインド

“ダブル・バインド”という言葉を、皆さんはご存知ですか?

日本語訳では“二重拘束”という意味で、相手を二重に拘束してしまう状況。

また、ふたつの矛盾する命令を与えられている状況を、ダブル・バインドと言います。

主に心理学用語として使われており、矛盾や拘束が起こっているということはつまり、相手にはストレスがかかっている状況になります。

例をあげると…親が子供に対し「いつまで遊んでるの!勉強しなさい!」と言ったかと思えば、数分後には「お母さんが大変なのわからないの?ちょっとは手伝いなさい!」と怒る。

ほぼ同時に、違うことを強要されたり命令されていますよね?こうなると、一体どっちをやればいいのか…思考停止に陥ってしまいます。

子供なら尚更、それ以上怒られたくないし怒らせたくもない。

でもどっちがいいのか分からなくて、一歩も動けなくなってしまうでしょう。

となればさらに、親は怒鳴り散らしたりするんですよね。

ダブル・バインドは、相手にストレスを与えるものとして問題となっている行為なのですが…これを上手く使えば、恋愛に利用できるということです。

恋愛の場合は、“二者択一話法”と言われる話術のひとつとしてダブル・バインドが活用されています。

二者択一話法は、簡単に言うと、選択肢を増やして選ぶしかない状況を作り出すということです。

というより、選択肢のすり替えです。

デートの誘いに使える

普通は相手に質問を投げかける時、相手の答えが「はい」か「いいえ」になる質問をしますよね。

「今度、一緒にご飯行きませんか?」と聞けば、答えは「はい」か「いいえ」になりますよね。

答えが「いいえ」になるということは、ご飯に行くことを選ばなかったことになります。

だけど、ダブル・バインドを使うと、ご飯に行くことを選ぶことになるのです。

「今度、一緒にご飯に行きたいと思ってるんだけど、土日と平日なら、どっちが都合がいいですか?」そう聞いてみて下さい。

この場合の答えは「土日がいい」か「平日がいい」になりますよね。

先ほどの「ご飯に行きませんか?」という質問に対しては、すでにYesになっているわけです。

相手も、「土日か平日か~。どっちがいいかな~?」と考えることになり、ご飯に行くことを前提として検討することになるんですよね。

ちょっと相手を騙しているような感じでもありますが、これが恋愛テクニック。

相手の気持ちをコントロールして、嫌な気持ちにさせることなく「食事に行く」と言う方向で、話を進めることが出来るんです。

ただ、こういった選択肢をすり替えていく話法は、相手に誘導していることに気付かれたら…逆に不信感を持たれてしまいます。

人はコントロールされることを嫌いますから、コントロールされていることに気付けば拒否反応を示します。

ですので、明らかにおかしな質問の仕方や、強引な選択肢は避けましょう。

例えば、「今度の土曜、フレンチとイタリアンどっちにする?」なんて聞いたら「は?」って思われるでしょうね。

筆者なら間違いなく「その前に、ご飯に行く約束した??」って返します。

使い方を間違えれば、“勘違いしてる人”になっちゃうので、気をつけましょうね。

2、パーソナルスペースを利用する

続いての恋愛テクニックは“パーソナルスペースを利用する”ということです。

パーソナルスペース。

この言葉は皆さんも知っているかもしれませんね。

“他人に近づかれると不快に感じる空間”のことで、人に踏み入って欲しくない、自分の空間です。

その空間に入ってこられると、不安感を感じたり、そわそわと落ち着かない気持ちになってしまいます。

このパーソナルスペースの広さは、人によって様々です。

また、相手によっても違ってきたりするでしょう。

その距離感は、イコール信用度とも言えると思います。

初対面の相手や知らない相手なら、ある程度距離をとって置きたいし、近すぎると落ち着きません。

でも、気を許せる友人だったら、その距離はもっと近くても大丈夫。

恋人なら、むしろくっついていたいし、くっついていた方が安心感を感じたりしますよね。

つまり親密な相手なら、距離が近くても大丈夫ということです。

これは皆さんも、実感として持っていますよね?

これを恋愛テクニックとして応用するなら、“距離が近い=親密な相手”という認識を利用することになります。

つまり、親密になりたいなら、距離を近づけよう!ということになるんです。

相手に意識させやすくなる

もちろん、いきなり抱きついたりはしないでくださいね!

いきなり距離を詰められると、確かにドキッとはしますが、むしろ警戒心を最初に抱かれてしまいます。

第一印象は大切で、最初に持たれた警戒心は、なかなか崩すことが出来ないでしょう。

あくまでも徐々に、距離を詰めていくことが大切です。

最初は間接的に…たとえば物を渡す程度。

女性だったら、手を洗っている時にハンカチを差し出すくらいがいいと思います。

手が触れるか触れないかくらいでも、多少は意識をするはずです。

次に隣に並んだり、隣に座るくらい。

食事や映画を見る時などは、隣に座れば自然と、肩が触れるくらいに距離が近くなりますよね。

また、男性なら、お店から出る時に相手をさっとエスコートをすれば、軽く触れることが出来ます。

こうやって徐々に、パーソナルスペースに入り込んでいくのです。

いつの間にか距離が近くなっていれば、警戒心を抱かれることも無く、それが当たり前になっていくんですよね。

因みに、女性のパーソナルスペースは主に、前後に楕円状に長く、男性は前が狭く後ろが広い三角形なのだそう。

どちらも横は狭いので、横から近づくのがいいみたいですよ!

特に後ろから近づいて来られるのって、誰だって嫌ですよね。

誰だか確認できない分、恐怖心を抱かせてしまう可能性もありますので注意しましょう。

3、2人だけの秘密を作る

“ふたりだけの秘密を作る”のも、恋愛テクニックのひとつです。

これも、心理学を応用した恋愛テクニックになります。

二人だけの秘密を持つというのは、カリギュラ効果とも呼ばれています。

これは、「禁止されると逆にやりたくなる」という心理を利用したもので、例えば「絶対に見ちゃダメ」と言われると見たくなりますよね。

テレビでも、このカリギュラ効果を利用したドッキリがあったりします。

「絶対に押さないでください」というボタンを置き、押してしまうと大変なことが起きる!みたいなね。

このため、広告やマーケティングなどで、商業利用もされている心理学なんです。

これを恋愛に応用すると…例えば電話中、「これ以上話してると、楽しくて止まらなくなっちゃうからまたね」と言うと、今日の電話を禁止されたと同時に、次回への期待感を持たせます。

「もっと話したいのに…」と思わせることが出来るんですね。

また、相手からの誘いを一度断って、「さっきはごめん。

仕事調整出来たから会おう!」と言ったら、相手は一度ガッカリさせられた後に、嬉しい知らせが舞い込んでくることになります。

一度禁止されてから希望が叶うと、すんなり希望が通るよりもよほど嬉しく、印象にも残りますよね!

そして、二人だけの秘密。

これは、ふたりだけの秘密だから、誰にも言ってはいけない内容になります。

話すことを禁止されている状態ですよね。

だけど、人は禁止されるほど話したくてたまらなくなるのです。

「誰かに話したい!でも、ふたりだけの秘密なんだから」と、話したい欲求が湧き上がってくるたびに、相手のことや会話を、思い出すことになるんですよね。

つまり、相手に自分のことを意識させることが出来るということです。

自分の秘密を打ち明ける

この場合、「他の人には内緒にしてね」といって、“自分”の悩みや相談事を打ち明けるのがポイントになるようです。

これは自分のことを、「私(俺)だけに話してくれたんだ」っていう特別感を、相手に与えることが出来るからです。

また、秘密を打ち明けることで、「相手を信用している」ことを伝えることも出来ますよね。

他の誰も知らない二人だけが共有する秘密。

そこには仲間意識も生まれ、お互いに守り抜こうと強く意識することになります。

それはつまり、相手を守ろうとする意識にも近いものがあります。

そうやって、特別な相手であることを認識させていくんです。

これが、カリギュラ効果を利用した、恋愛テクニックになるわけです。

因みにカリギュラ効果の『カリギュラ』は、映画の名前に由来しているそうです。

あまりに過激な内容で、一部非公開となった『カリギュラ』は、逆に見たい!と言う人が続出してしまったのです。

その反響の大きさに、“禁止されると見たくなる心理”を表わす名称として、カリギュラ効果が使われるようになったということなんですね。

人の心理って、面白いですよね!

4、さり気なく好意を伝える

続いては“さりげなく好意を伝える”という恋愛テクニック。

これは、好意を受けたら返したくなる心理、“好意の返報性”を利用したものになります。

つまり、相手に好意を向ければ、相手からも返ってくる法則ということです。

ただ、ここで言う“好意”は、“好き”と言う気持ちではありません。

好きっていう気持ちも確かに好意ではありますが、それでは告白になってしまいます。

テクニックとは言えませんよね?

好意の返報性は、あくまでも恋愛を成功に導くためのテクニックのひとつ。

ストレートな告白ではなく、遠回しに投げかけることになります。

そして、投げ返してもらうことが重要なんです。

告白して、運よく相手からも好意が返ってくればいいですが、いきなりの告白ではそう上手くは行きません。

大抵は、急に向けられた大きな好意に応える自信が無く、キャッチして返すどころか、避けられてしまう可能性もあります。

好意を投げかけて、返ってきて…とキャッチボールを繰り返していく。

これも徐々に、段階を踏むことが大切になってきます。

伝える方法は様々

この時、相手がキャッチして返せそうなボール(好意)を投げることが大切なんですよね。

直球の告白じゃ、返してもらえる可能性は低いのです。

相手が返せそうな好意。

最初は、“親切心”や“親しみを込めた気持ち”程度に考えておくといいでしょう。

例えば…相手を呼ぶときに名前で呼ぶこと。

いきなり下の名前で呼ぶってことじゃなくて、話しかける時に「〇〇さん!この前の話なんだけど…」とか、「これって〇〇くんはどう思う?」みたいな感じです。

名前で呼び合うようになれば、親しみを感じて距離感も縮まりますよね。

また、相手を褒めてあげること。

「あれ?今日の髪型似合ってるね!」とかなら、相手も「次に何か気づいた時に褒めてあげよう♪」と、気軽に返すことが出来ますよね。

そして、親身になって話を聞いてあげるというのもいいでしょう。

親身に話を聞いてくれたら、今度はこっちが話を聞いてあげよう!ってなりますよね。

話くらいなら誰だって聞けるし、返せる程度の好意です。

こうやって好意のキャッチボールをしていく中で、お互いに良い関係を築いていくことが出来ますよね!相手に良い印象を与える。

これが、好意の返報性を利用した恋愛テクニックです。

そして、段階を踏んでいけば、実際の“好き”という好意を織り交ぜて、恋心に気付いてもらうことも出来るのです。

5、初デートは短めに

“初デートは短めに”というのも、恋愛テクニック。

初デートって、お互いに緊張するものですよね。

相手のことを、まだよく知らなければ、話も続きません。

気を遣い合うので、やっぱり長いと疲れてしまうのです。

初めての人と一緒に居るのは、2時間が限界とも言われています。

それ以上になると疲れてしまい、疲れてしまえばデートの印象も悪くなってしまいますよね。

初デートは、印象よく終わらせること!これが鉄則です。

相手に「楽しかったな♪」という印象を残し、「またデートしたい」と思わせる。

「もっと一緒に居たいな」と思わせて初デートを終わらせるくらいが、丁度いいのです。

そう考えると、初デートは食事を共にするくらいがいいですよね。

ちょっと雰囲気のいいお店で、会話をしながらゆっくり食事が出来るような場所を、チョイスしてみましょう。

そういったお店なら、1時間半~2時間程度で、楽しく食事をして終わらせることが出来ますよね。

ランチョンテクニック

また、ランチョンテクニックというのもあるんです。

交渉事や頼み事は、ランチ(食事)をしながらの方が成功しやすいって話を、聞いたことがありませんか?美味しい食事を食べながら、楽しい時間を過ごすことは、心地よい体験となります。

その為、一緒に食事をする相手への好感度を、高める効果があるのです。

よく政治の世界でも、食事をしながらの交渉が行われていますよね?

これも、恋愛テクニックに応用できるということです。

料理の満足度が高く、楽しい時間を過ごせれば、それはとても良い印象を与えるんですよね。

料理の力を借りることになりますが、これもひとつのテクニック!

それに食事をしながらなら、リラックスして会話も楽しめますよね。

ドライブデートで会話しなきゃっていう状況より、間があいても気にならないはずです。

そして「美味しいね」と、満足感を共有することも出来ちゃいますね♪

また、食事中に使えるテクニックにはもうひとつ、ミラ―リング効果というものもあります。

これは、相手の動きを真似することで、「気が合う」と感じさせる効果のことです。

食事中、相手がグラスを手にしたら自分もグラスを持つ。

食事を口に運ぶタイミングを同じにしたり、相手が笑っていたら自分も…といったように、まるで相手の鏡のように動くのです。

共通点のあるものには、“自分の味方”という認識を持ちやすいと言い、「気が合うな」と思ってしまうと言います。

食事中は対面していることが多いと思うので、特にミラーリング効果を実践しやすい場所だと言えますよね?あくまでもさりげなく…取り入れてみましょう。

美味しい食事と楽しい時間の共有。

これで好感だけを相手に残すこと。

これが、初デートの恋愛テクニックなのです。

6、聞き上手になる

恋愛テクニックと言えば、“聞き上手になる”ことも、身につけておきたいところです。

聞き上手な人って、男女ともにモテますよね?それに、同性にも好かれるし、いつだって人気者です!

人はとにかく、自分の話しを聞いてくれる人が好きなんです。

話すのが苦手な人だって、話したい欲求は持っているのです。

むしろ、話が苦手な人の話を引き出してあげてこそ、聞き上手とも言えるんですよね!

つまり、聞き上手っていうのは、ただ相手の話を聞いているだけじゃダメなんです。

聞き上手は、聞き出し上手とも言えるでしょう。

ついつい相手が話してしまう。

それも話をしているのが、心地よくなってしまう。

そう感じさせるのが、聞き上手な人なんです。

そう感じさせるためには、「話を聞いてくれている」と相手に感じさせなきゃダメです。

聞いていても、聞いていることが相手に伝わっていなければ意味が無いし、「一方的に話してるだけだな」って思わせたら、聞き上手とは言えません。

ただ聞き流すように話を聞くのではなく、時にはこちらも話すこと。

相手の言葉を拾ったりしながら、会話を展開させていくことが重要になってくるんです。

特に、話すのが苦手そうな相手なら、自分の話もして自分を曝け出すことで、相手も心を開いて話すことが出来るようになるのです。

これって、仕事の営業なんかでもよく使われる手法です。

営業となれば相手の求めているものを聞き出したいところですが、質問攻めにすると相手は引いてしまいます。

何者か分からない相手には、どんどん心を閉ざしてしまうんですよね。

自分の話をするということは、自分がどんな人間なのかをまず相手に知ってもらうことに繋がります。

それによって、相手に安心感を与えることが出来るのです。

また、聞き上手な人は、相手に同調する姿勢を示すといいます。

例えば相手から相談事を聞いていたとします。

この場合、相談されているのですから、解決策を提示しなきゃって思ったりもしますよね?

だけど大抵の場合、相手は解決策を提示してもらいたいんじゃなくて、話を聞いてもらって考えに同調してもらいたいんです。

それによって、自分の考えに自信を持ちたいんですよね。

特に「こうしようと思ってはいるんだけど」と言った場合、それは答えが決まっているけど自信が持てないだけ。

背中を押してもらいたいだけなんです。

この時に「いや、私はこうしたほうがいいと思う」と言うと、否定になってしまいますよね?

これは相手を否定することにもなってしまい、「否定された」という印象だけを強くしてしまうのです。

相談事の時は、聞き役に徹するくらいの気持ちでいたほうが良いと言うことです。

聞き上手になるって、結構な上級テクニックなんですよね。

ポイントは”相槌”と”5W1H”

聞き上手になるためには、相槌が要です。

そして上手な相槌のポイントは、5W1Hを意識することだと言われています。

5W1Hって、皆さんも聞いたことがありますよね?
『When(いつ?)・Where(どこで?)・Who(何を?)・Why(なぜ?)・How(どのように?)』を表わした言葉で、仕事の報告などでも使われますよね!

恋愛テクニックとしては、これを織り交ぜながら会話のキャッチボールをしていく。

そうすると、スムーズな会話が出来るということなのです。

例えば相手が、「この前結婚式のお呼ばれがあったんだ~」と言ったとします。

When
「へ~!そうなんだ~!結婚式ってさ、幸せな気分になるよね♡いつだったの?」
「うん。先週の土曜だよ」

Where
「先週の土曜って、めちゃめちゃ天気の良い日だったよね!外での演出も楽しめたんじゃない?どこで結婚式だったの?」
「〇〇迎賓館!初めて行ったけど、もう夢の国みたいだった~」

Who
「あ~!そこお呼ばれしたことある!中庭がキレイなところだよね♪職場の人の結婚式とか?」
「ううん違うの。高校の同級生でね、余興もしたんだ~」

What
「うわぁ!高校の同級生と今でも繋がってるって、相当仲良いんだね!余興かぁ。緊張したでしょ~どんなのやったの?」
「『年下の男の子』を歌いながら踊ったんだ(笑)」

Why
「ピンクレディーの?古い曲だね!なんでその曲にしたの?旦那さんが年下とか?」
「いや、高校の時にグループでテーマ決めて、ダンスの発表をするっていうのがあって、その時に使ったのが『年下の男の子』だったの (笑)新婦も含めて、一緒に踊った思い出の曲だったから」

How
「へ~!じゃあ新婦さんも一緒に踊ったの?再現した感じ?」
「そう~!途中から参加してもらったの!恥ずかしかったけど、楽しかったよ~。懐かしかったし!(高校の時はこうで、ああで…)」

…5W1Hを取り入れながら、会話を妄想してみました♡

相槌を打ちながら相手の話を引き出すって、こんなイメージですよね!

「うん」「へ~」「そうなんだ~」くらいじゃ、聞き上手の相槌とはならないわけです。

でも、5W1Hを頭に入れておけば、質問も浮かびやすくなってくるんじゃないかな?って思います。

話を展開させやすいし、どんどん相手から話を聞き出すことが出来ますよね!

聞き下手の人は5W1Hを意識しておくと、聞き上手になるコツも掴めてくると思いますよ♪