日本語には、様々な種類の言葉があります。

昔から日本で使われてきた言葉もあれば、中には英語などの読みがそのまま日本語になり使用されている言葉もあるでしょう。

更に最近では、英語でも日本語でもない、いわゆる造語のような言葉まで登場しています。

その為、私たちは日本に住み、日本語を使用していながらも常に日本語を勉強して行かなければなりません。

その勉強をさぼってしまえば、意味の分からない言葉が多く出てしまう事でしょう。

最初は、言葉の意味が分からなくとも前後の文脈から話を理解する事が出来るかもしれません。

しかしながら、勉強をさぼってしまう事で知らない言葉が次々出てくるようになってしまいます。

そうした状況をそのままにしていればいつしか文章の内容全てが分からないという状況が発生してしまう事もあるかもしれません。

自分の国の言葉なのにも関わらず、意味を理解する事が出来ない事は悲しい事では無いでしょうか。

多くの知識を得る為にも言葉は基本中の基本です。

常に広い視野をもって吸収して行く事をお勧めします。

また、言葉の意味が分から無い事によって自分自身が何らかのマイナス面を受ける事があるかもしれません。

相手の話している言葉の意味を、本当は分って居ないのにも関わらず適当に返事をしてしまえば、自分が意図している事と全く違った話が進んでしまう事だって十分に考えられるのです。

今の世界は、優しい人程損をするような社会になってしまっています。

それに加え、無知であればある程、損をする確率は上がってしまいます。

残念ながら、今の日本はそれほど優しい世界出はありません。

隙を見せれば、足を引っ張られてしまう事もあるかもしれません。

自分の身を守る事が出来るのは自分自身だけです。

その為、言葉を理解する努力を怠ってはいけないのです。

言葉は時として、力となりあなたを助けてくれる時がやって来るでしょう。

実際に使用するかどうかはさておき、自分の知識を広げる為にも様々な言葉を学び理解しておく事で人生をより豊かな物にする事が出来るのでは無いでしょうか。

ペンディングっていったい何?

多くの言葉がある中で、今回はペンディングと言う言葉について考えて見たいと思います。

最近様々な場面で使用されているこの言葉。

聞いたことがある人はどれほど居るでしょうか。

この言葉が使用されるタイミングとしては、日常生活と言うよりは仕事中などに使用される場合の方が多いでしょう。

その為、主夫の方や学生など現在仕事をしていない方にとってはなかなか聞きなれない言葉かもしれません。

ペンディングとは、『保留』という意味があります。

その為、仕事の会話中に『この案件はペンディングしましょう』と言う言葉が出たら先送りにしようと言うニュアンスが込められているのです。

この言葉の意味を知らなければ、本当は保留にして欲しくないような案件の場合でも保留にされてしまう恐れがあります。

それは自分自身にとってもマイナスポイントであり、是非避けなければならない所でしょう。

最悪、自分にだけ被害が出る分には自己責任ですが仕事の場合は会社にまで被害が出る恐れがあります。

そうなってしまわない為にも、きちんと言葉の内容を理解しておく必要があるでしょう。

この様に、日常生活ではさほど使わないような言い回しの言葉でも仕事によっては頻繁に使用すると言う事も十分に考えらえます。

日常的にその仕事に携わって居るような人であれば、何の違和感も感じる事無くその言葉を受け入れる事が出来るのかもしれませんが、それ以外の世界で生活している人々にとっては馴染みが無いのでなかなか理解するまでに時間がかかってしまう事もあるかもしれません。

しかし、それを誰かに確認する勇気が無いと半ば知ったかぶりのような状態で会話をすすめて行く事になってしまう可能性も大いにあります。

子供の頃、人は素直に『どうして?』『なんで?』と質問する事が出来ました。

しかし、大人になるにつれてそれが出来なくなっていくのです。

聞くこと自体が恥ずかしと感じる事は勿論、自分の無知さを他人に知られる事が恥ずかしいと感じてしまうのです。

その為、なかなか勇気をもって聞く事が出来ずズルズルと知ったかぶりの状態を続ける事になってしまうのです。

知らない事を聞く事は恥ずかしい事ではありません。

聞く事によって、多くの知識を得る事が出来自分自身を成長させる事が出来ます。

その為、自分の為になる行為です。

反対に、知らない事をそのままうやむやにしている事こそ恥ずかしい行為です。

分からない事は、聞いて覚えればいいだけの話です。

うやむやにしてしまっている方は、今すぐ言葉をもう一を正しく学んでいきましょう。

『保留・先送り』の業界用語


ペンディングという言葉は、まだ日常的に使用される程浸透してはいません。

どちらかと言うと、業界用語と呼ばれる言葉の類でしょう。

業界用語とは、そのままの意味である業界でのみ使用されているような言葉の事を指します。

業界とは、主に職種の事であり仕事によって様々な物の言い方があると言う事なのです。

仕事の種類は本当に幅広く、私たちがいまだに知らずに生活しているようなマイナー仕事も多いにある事でしょう。

その中で使用されて居る言葉なので、仕事に関わって居ない人にとってはなかなか理解されずらい言葉となってしまって居るのでしょう。

しかし、人によっては仕事で使用し得ている言葉をそのまま自分の私生活でも使用している方もいます。

その場合、周りに居る方々はいきなり登場する専門用語に対応して行かなければなりません。

その方々が、柔軟に対応し自分の言葉の一つとして受け入れる事が出来たからこそ、じわじわとその認知度が上がって来たのでしょう。

業界によってニュアンスは微妙に異なる

『ある業界』と聞くと、何だか悪の匂いがします。

しかし実際は『業界』とは仕事の種類の事であり、TV業界などといった使い方をする言葉です。

この言葉がある事によって、多くの人が在籍している同じ職業団体を一つの物として表現する事が出来ます。

その為、会話の幅を広げる事が出来ました。

『業界』では、時としてその世界でしか通用されない言葉を使っている場合があります。

言い回しや言葉の略し方など、独特の物もありなれない人にとってはなかなか理解する事が難しい事もあるでしょう。

更に、同じ言葉を使用している場合でも、違う業界であれば違ったニュアンスで使用されている場合もあります。

その為、自分の考えている言葉のニュアンスと相手の意図している言葉のニュアンスが合致しているかどうかを把握する事も大事なポイントでしょう。

日本では、元々直接的な表現をする事がありません。

あえてオブラートに包むような周りくどい言い方をする事で、人間関係を円滑に進めるのです。

それが日本人の美徳でもあり、特徴と言えるでしょう。

他の国の人々から言わせれば、それは面倒な表現であり腹黒い部分を表して居るのかもしれません。

しかしながら、それこそが日本人なのです。

その為、あえて周りくどい言い方をしているせいで互いの真意が分かりにくくなってしまう事は致し方無い事なのかもしれません。

本来であれば、探り探り相手の意図を理解して行く事でその問題を解決して行く事が出来るのでしょう。

しかし、仕事となれば話は別です。

勘違いでしたでは済まない場合も多々あります。

その為。

もし疑問を感じる場合には、出来るだけ早めに確認する事をおすすめ致します。

どんな使い方をするの?


言葉は生き物です。

日々成長しており、同じ言葉でも今と昔では意味合いが変わってきている事もあります。

本来の意味とは違う言葉で浸透してしまった言葉が、今では間違った言葉の意味が正しい言葉として使用されて居る場合などもあります。

その為、常にその言葉の状況を把握していなければ混乱し、訳が分からなくなってしまう事も大いに考えられます。

例え日本語を普段から使用している私たちでさえそれは同じ事でしょう。

生き物である言葉を日常的に使う事によって、その言葉がどんな風に成長して行くのかを見届ける事が出来るのです。

昔からある言葉と共に、新しい言葉も多く登場してきます。

日本語は随分昔から使用されている言葉ですが、そこに英語や韓国語・中国語・フランス語など様々な言語が入って来る事によってまた新しい言葉が生まれる事があるのです。

その為、今ある日本語だけではなくそれらにも注意を払って行かなければなりません。

言葉を常に学んでいこうと言うと、チョット重苦しく感じる人も居るかもしれません。

学生の人はまだしも、もう学校を卒業して何年も立つような方々にとっては、いきなり勉強しようと言われても重い腰を上げる気になれない事もあるでしょう。

ですが、言葉を勉強しようと言う事は何も机にしがみついて勉強してくださいと言う事ではありません。

常に新しい言葉に耳を傾けて居れば良いのです。

日常的に見ているメディアは勿論、多くの人との会話の中で新しい言葉を吸収し意識して生活して行けば良いのです。

その中で、分からない言葉の意味を調べ覚えて行くだけでも常に生きた言葉を使う事が出来る人になる事が出来るでしょう。

ペンディングのように、意味が業界によって異なる言葉のような物は特に内容を良く理解して実際に使用してみる事が重要です。

使って行く中で、言葉ではなかなか表す事が出来ないような『ニュアンス』と言うものを感じて行く事が出来るでしょう。

それは他人から学ぶものでは無く、自分自身が気付き身に付けて行く物なのです。

その為にも、言葉を多く使う事はとても重要なポイントです。

この件はペンディングにしましょう

この例文は、取引先相手や会議中人に対して使用する言葉でしょう。

『中断』と言う言葉を取引などで使用する場合には、意味合いが強すぎてしまう場合もあります。

もう少しオブラートに包んだ言い方をしたい時に、ペンディングと言う言葉は大変便利な言い方です。

社会に出れば、会社を背負って働く事もあります。

自分の言葉遣い一つで、大きな契約を潰してしまい大きな損害を出してしまう事も十分に考える事が出来ます。

その為、言葉一つ一つを注意しながら使用して行かなければなりません。

それは時に面倒に感じてしまう事もありますが、それをする事が出来るかどうかによって、社会で働く事が出来るスキルが成長しているかどうかを推し量る基準にもなる事でしょう。

一見すると、分かりにくい言葉の表現ですがその言葉の裏にはお互いの思惑が見え隠れしており正に探り合いの状態なのかもしれません。

そんな状況であったとしてもはたから見れば実に平和に話し合いが行われて居る。

そんな不思議な人間性を持っているのが日本人なのです。

このお互いn心理戦も、言葉の意味を理解しているからこそ成り立つ技です。

その為、もし先方が先にこの言葉を使い意味が分からないと感じた方は早急に内容を確認する事をおすすめします。

そのままにして話を合わせてしまうと、後から後悔する事になる事も十分に考えられます。

2週間もペンディング状態だ

これは、誰かに話をすると言うよりは状況を自分の中で整理しているような時に使用する例文です。

ペンディングの部分を『停滞している・止まっている』と言う言葉に置き換えることで文章全体の意味を理解する事が出来ます。

停滞や止まっていると言う言葉は、仕事で使用する場合には余り良い言葉とは言えないでしょう。

マイナスのイメージが強く、自身の会社の人間に対しては勿論取引先相手などには極力使用しない方が良い言葉の一つです。

しかし、状況を整理する為には時としてそのままの状況を
伝えなければいけない時もあります。

そんな時に役に立つのがペンディングと言う言葉なのです。

この言葉を使用する事により、マイナスなイメージを少しカバーする事が出来ます。

結局意味は一緒なので、あえて言い方を変える必要は無いと感じるかもしれません。

しかし、その微妙なニュアンスの差が時には大事なポイントになる事もあります。

なんでも感でも分かりやすく、きっぱり表現する事が出来たら素敵かもしれません。

しかし、それをするにはリスクが高く、円滑な人間関係を目指すのであれば余りお勧めの方法とは言えません。

相手の事を考える場合は勿論、自分の意見をやんわり相手に伝える時にも実際の意味は同じでも言葉のニュアンスを変更する事はとても大事なポイントなのでは無いでしょうか。

どうして「先送りする」と言わないの?

ペンディングとは、先送りにする・保留すると言った意味の業界用語です。

本来ならば、そのまま日本語で相手に伝えた方が誤解をされる心配が無く、より相手に的確に伝える事が出来ます。

ビジネスの中での会話なのであれば、明確に伝えた方が良いような気もします。

それでは何故、多くの人があえて日本語では無く、ペンディングと言う言葉を使用するのでしょうか。

悪い印象を受けるから

取引先との会話の中で、『保留にする』『先送りにしよう』と言ういい方は、余り良い話の内容とは言えないでしょう。

中には、契約を打ち切るような内容の際に使用される事もあるかもしれません。

損な時、つい言いにくいと感じる事もあるかもしれません。

そんな時にペンディングという良い方は大変便利な言い方なのです。

日本語で『保留にしよう』『先送りにしよう』と言うと、どうしても角のある良い方になってしまいがちです。

しかし、そこをあえて横文字にする事でニュアンスを柔らかくする事が出来るのです。

意味としては同じ言葉なのにも関わらず受け取る側の心証が変わるのです。

これは単に伝える相手が、いかに相手から怒られないかを追求した結果生まれた言葉なのでしょう。

ビジネスとは時に冷酷な宣言をしなければならない事もあります。

そんな時に、この言葉は役に立つのかもしれません。

「ペンディングする」の方が前進した感じが出る

いきなり、話の中で『保留にしましょう』といわれてしまうと、ばっさり切られたような気持ちになる事があるかもしれません。

仕事先との会話であれば、より関係が途絶えたような感覚になる事もめずらしい事ではありません。

しかし、そこでペンディングという言い方をされるだけで、少し自分の気持ちに変化が出る事があります。

結局内容は同じ事ですが、『ペンディングしましょう』と言われた方がなんとなく先に進む保留の様に感じる事が出来ます。

結局はニュアンスをの違いだけなのですが、そのニュアンスの違いがビジネス会話には必要なのかもしれません。

いかに相手を怒らせる事無く、こちらの意図を伝えて行くのか。

それが出来るかどうかで、仕事が出来る人・出来ない人の差が生れてくるのかもしれません。

使い過ぎにご注意

何事にも程度が需要です。

どんなに素晴らしい料理も、毎日続けば飽きると言うものです。

美人は三日で飽きると言われるように、それはどんな事でも言える事です。

例えば、言葉の使い方も
同じ事です。

仕事をして行く中で、時にビジネス用語を多様に使用する人と言うものは居る物です。

自分が普段使用している言葉なので、悪気なく使用している方も居る事でしょう。

しかし、中にはカッコつけも入って居るような方も見受けられます。

自分が使う言葉なので、どんな言葉を使用したとしても良いのかもしれませんが、余りにもビジネス用語を多様されると聞いている方はウンザリする事もあるでしょう。

更にうっとおしく感じるばかりではなく、元々はカッコよく感じていたビジネス用語がチープに見えてきてしまいダサく感じる事も十分に考えられます。

ですので、何事も使いすぎない事が重要です。

ビジネス用語は難しい

普段からビジネス用語を日常的に使用している方の中には、自分が使用している言葉がビジネス用語だと気が付いて居ないパターンもあるかもしれません。

それは方言の様に自分の生活になじんでしまっているので、あえてそれを指摘されなければその事にすら気が付く事が無いのです。

ですが、周りに居る人はそれを理解する事は難しい時も多々あります。

自分は皆が知っている物だと思って使用している言葉であっても、時に他人には全く理解出来ないような言葉だと言う事があるかもしれません。

気を付けないと、自分の独りよがりで会話をすすめてしまっている事があるかもしれません。

その為、ビジネス用語は難しいと言う事を忘れずに頭の中に入れておいてください。

その中で、自分が使用している言葉がビジネス用語に当てはまるのかどうなのかをしっかりと理解しておく事が需要でしょう。

社内独自の使い方・意味がある

ビジネス用語と言っても、その言葉が同じ業界の人全てに伝わると言うものでは無いかもしれません。

もしかしたら、その言い方は社内でのみ使われている言葉であり他の会社の方には伝わらないという事だってあるかもしれないのです。

転職などを経験している方は、自分の会社での言い方なのかそうでないのかを理解する事は比較的簡単かもしれません。

しかし、ずっと同じ会社で働いて居る人は、他と比べる事が無いので勘違いをしてしまう原因になる事も大いに考えられます。

自分はきちん話をしたつもりであっても相手にとっては、何を言って居るのか分からない事もあるでしょう。

更には、話す相手によってはその言葉自体が失礼に当たる事もありうかつに使用してはいけない場合などもあります。

それらは誰かが教えてくれる事もありますが、多くの場合は一つづつ自分で覚えるしか無いと言うものもあります。

社会に出てからは、全ての発言が自分の責任です。

多くの方が分って居るような事も、初めての事であれば一つづつ確認して行かなければならない事もあります。

一つ一つ失敗のないようにやっていくしかないのです。

どうしてビジネス用語を使いたがるの?

人はついつい他人より自分を上に見せたくなってしまうものです。

特に男性は、その傾向が強く私生活では勿論仕事先では出来るだけ自分が出来る男であるかのようにふるまいたいと思う生き物なのです。

それは習性であり、ある種のプライドなのである程度は仕方の無い事なのかもしれません。

そんな気持ちが強ければ強い程、ビジネス用語を使ってしまう方が多くなる傾向にあります。

ビジネス用語を使用しているだけで、その道のプロのような雰囲気を出す事が出来ます。

まるでとても仕事が出来るかのように、周りに印象づける事が出来るでしょう。

しかしながら、あまりにもそれをやり過ぎてしまうと、かえってチープに見えてしまう事もあるでしょう。

そればかりか、同じ業界の人からは、馬鹿にされてしまう事もあるかもしれません。

人間の心理として、ビジネス用語を使いたくなる気持ちも分かりますが、無い毎もやり過ぎてはいけません。

くの人が知らない事を知らない

自分の中で常識となって居ることが、全ての人の常識だとは限りません。

自分は当たり前に使っている言葉でも、人によっては理解出来ない事もあるのです。

その事に気が付かないと、独りよがりの会話を続けて行く事になってしまうかもしれません。

自分の考えを伝えようとする事は大事ですが
話はきちんと聞く姿勢を持ちましょう。

疑問視する人も多いビジネス用語

その業界の人々しか使用しないような言葉の事を、ビジネス用語と呼びます。

普段はなかなか使わないような良い回しや言葉であっても、その業界の人であれば理解する事が出来、普通に会話の中に取り入れる事が出来るような言葉の事を指すのでしょう。

ビジネス用語を使いこなす事が出来る様になると、その道のプロのように見せる事が出来ます。

輪周りからの見る目も変わり、カッコよく見える事でしょう。

ですが、そんなビジネス用語ですがそれを多様する事に対して問題視している人も少なからずいます。

その大きな原因の一つは、カッコよく見える反面、その意味やニュアンスを理解する事が出来ない人が、無駄な勘違いを起こしてしてしまったりすると言うものです。

日常の会話とは違い、仕事での会話はより明確にお互いの意思を合わせて置く必要があります。

その為、その中で分かりにくい言葉を使用する事は良くないとされて居るのです。

日本語の方がわかり易い

日本語は元々直接的な言い方をしない物です。

その為、あえて比喩などを使って状況を説明したりして、情景を想像しながら楽しむと言う考え方があります。

確かにそれによってお互いがそれぞれの想像力をもって会話を楽しむ事も、コミュニケーションの一つかもしれません。

しかし、それはあくまでも、会話を楽しむ場合の話です。

ペンディングなどと言う言葉を使用する場合、大概は仕事など何か大事な話をしている時でしょう。

そんな時は、ニュアンスを楽しむという状況ではありません。

より明確にお互いの意識をすり合わせておく必要があります。

お互いの認識のずれを曖昧にしていては、そのまま大きな勘違いを発生っせてしまう恐れがある為です。

その為、状況によっては、きちんと内容を確認しておく必要があるでしょう。

業界でしか使用しないような言葉と言うも、世の中にはある物です。

当の本人達は理解して使用しているのかもしれませんが、周りから見ればチョット理解しにくく誤解を受けやすい言葉の一つです。

わざわざペンディングと言う言葉を使用しなくとも、『保留・延期』という言葉を使えば済む話です。

この言葉の方が意味が分かりやすく、相手が誤解をしてしまう心配もありません。

覚える必要はあるが多用し過ぎはちょっと…

日常生活と、仕事では会話の重要性が違います。

日常会話であれば、ダダなんとなくコミュニケーションの一環として話をしている事もあるでしょう。

その場合には、言葉のニュアンスなどもさほど気にする必要が無く、お互いが楽しみながら会話をする事が出来るのであればそれで良いと言えるかもしれません。

しかし、仕事の場合はそうはいきません。

内容を明確にしなければならないのです。

その為、にも出来るだけ多くの方に分かる言い方をする必要があります。

専門用語を日頃から使う事で、その道のプロのような雰囲気を出す事が出来ます。

チョットカッコイイこともあり、気取ってつい使いたくなってしまうような気持ちも分かります。

しかし、それが実際に通用する相手であればいいかもしれませんが、全くの素人にとってみれば理解する事が出来ずに困惑してしまう事もあるでしょう。

そればかりではなく、要らぬ誤解をうんでしまう可能性もあり、お互いが勘違いしやすい状況となってしまうのです。

この言葉を覚える事が出来れば、雰囲気もでてカッコイイと感じる事もあるでしょう。

せっかく覚えた言葉なのであれば使用してみたいという気持ちも分かります。

しかし、余りにも使用しすぎる事はお勧め出来ません。

理解しあえる相手と、少し使うからこそこの言葉はカッコよく見えるのではないでしょうか。

正しい意味と使い方を理解し、使いこなしましょう

いかがでしたでしょうか。

ペンディングという言葉の意味を理解していただく事が出来たでしょうか。

普段から仕事でこの言葉を使用している人にとっては、実に当たり前の話だったかもしれません。

しかし、日常的に使用していない人にとっては全くの初耳であり驚く事もあった事でしょう。

知らない事は、悪い事ではありません。

むしろ、知らない事にも気が付かづに生活している事こそが問題なのです。

日々成長して行く言葉の世界に、意識を向ける事無く、ただ何となく過ごして居ては新しい言葉を覚えるきっかけを自ら捨てているような物です。

そんな生活を続けて居ると、いつか言葉を知らない事によって自分自身が損をしてしまう事もあるかもしれません。

また、きちんと意味を理解せずに、雰囲気で新しい言葉を使用する事によって使い方を間違え相手を傷つける事になる事だってあるかもしれません。

ですから、言葉の知識は常に新しい物をインストールして行かなければなりません。

それは誰かがしてくれる物では無く、自分自身が意識して行く事で行う事が出来ます。

難しい作業は必要ありません。

多くの言葉に意識を持ち、知らない言葉や今まで使用していた意味合いとは違った使われ方をしている場合などは、それらの言葉をもう一度学び自分の物にして行けば良いのです。

一見面倒な作業の様にも感じるかもしれませんが、学校で行ったような勉強出は無いので楽しみながら自分の
ペースで楽しみながら行う事をお勧めします。

そうした努力を続ける事が、生きた言葉を使用する事が出来る人の条件なのでは無いでしょうか。

今までタダなんとなく過ごしてきてしまった人は、ふと気が付くと周りの言葉の意味が全く分からなくなって居る事もあるかもしれません。

そうならない為にも、自分の知識増やして良き常にアンテナを貼って生きる事をお勧め致します。