日本語には、様々な種類の言葉があります。

昔から日本で使われてきた言葉もあれば、中には英語などの読みがそのまま日本語になり使用されている言葉もあるでしょう。

更に最近では、英語でも日本語でもない、いわゆる造語のような言葉まで登場しています。

その為、私たちは日本に住み、日本語を使用していながらも常に日本語を勉強して行かなければなりません。

その勉強をさぼってしまえば、意味の分からない言葉が多く出てしまう事でしょう。

最初は、言葉の意味が分からなくとも前後の文脈から話を理解する事が出来るかもしれません。

しかしながら、勉強をさぼってしまう事で知らない言葉が次々出てくるようになってしまいます。

そうした状況をそのままにしていればいつしか文章の内容全てが分からないという状況が発生してしまう事もあるかもしれません。

自分の国の言葉なのにも関わらず、意味を理解する事が出来ない事は悲しい事では無いでしょうか。

多くの知識を得る為にも言葉は基本中の基本です。

常に広い視野をもって吸収して行く事をお勧めします。

また、言葉の意味が分から無い事によって自分自身が何らかのマイナス面を受ける事があるかもしれません。

相手の話している言葉の意味を、本当は分って居ないのにも関わらず適当に返事をしてしまえば、自分が意図している事と全く違った話が進んでしまう事だって十分に考えられるのです。

今の世界は、優しい人程損をするような社会になってしまっています。

それに加え、無知であればある程、損をする確率は上がってしまいます。

残念ながら、今の日本はそれほど優しい世界出はありません。

隙を見せれば、足を引っ張られてしまう事もあるかもしれません。

自分の身を守る事が出来るのは自分自身だけです。

その為、言葉を理解する努力を怠ってはいけないのです。

言葉は時として、力となりあなたを助けてくれる時がやって来るでしょう。

実際に使用するかどうかはさておき、自分の知識を広げる為にも様々な言葉を学び理解しておく事で人生をより豊かな物にする事が出来るのでは無いでしょうか。

ペンディングっていったい何?

多くの言葉がある中で、今回はペンディングと言う言葉について考えて見たいと思います。

最近様々な場面で使用されているこの言葉。

聞いたことがある人はどれほど居るでしょうか。

この言葉が使用されるタイミングとしては、日常生活と言うよりは仕事中などに使用される場合の方が多いでしょう。

その為、主夫の方や学生など現在仕事をしていない方にとってはなかなか聞きなれない言葉かもしれません。

ペンディングとは、『保留』という意味があります。

その為、仕事の会話中に『この案件はペンディングしましょう』と言う言葉が出たら先送りにしようと言うニュアンスが込められているのです。

この言葉の意味を知らなければ、本当は保留にして欲しくないような案件の場合でも保留にされてしまう恐れがあります。

それは自分自身にとってもマイナスポイントであり、是非避けなければならない所でしょう。

最悪、自分にだけ被害が出る分には自己責任ですが仕事の場合は会社にまで被害が出る恐れがあります。

そうなってしまわない為にも、きちんと言葉の内容を理解しておく必要があるでしょう。

この様に、日常生活ではさほど使わないような言い回しの言葉でも仕事によっては頻繁に使用すると言う事も十分に考えらえます。

日常的にその仕事に携わって居るような人であれば、何の違和感も感じる事無くその言葉を受け入れる事が出来るのかもしれませんが、それ以外の世界で生活している人々にとっては馴染みが無いのでなかなか理解するまでに時間がかかってしまう事もあるかもしれません。

しかし、それを誰かに確認する勇気が無いと半ば知ったかぶりのような状態で会話をすすめて行く事になってしまう可能性も大いにあります。

子供の頃、人は素直に『どうして?』『なんで?』と質問する事が出来ました。

しかし、大人になるにつれてそれが出来なくなっていくのです。

聞くこと自体が恥ずかしと感じる事は勿論、自分の無知さを他人に知られる事が恥ずかしいと感じてしまうのです。

その為、なかなか勇気をもって聞く事が出来ずズルズルと知ったかぶりの状態を続ける事になってしまうのです。

知らない事を聞く事は恥ずかしい事ではありません。

聞く事によって、多くの知識を得る事が出来自分自身を成長させる事が出来ます。

その為、自分の為になる行為です。

反対に、知らない事をそのままうやむやにしている事こそ恥ずかしい行為です。

分からない事は、聞いて覚えればいいだけの話です。

うやむやにしてしまっている方は、今すぐ言葉をもう一を正しく学んでいきましょう。

『保留・先送り』の業界用語


ペンディングという言葉は、まだ日常的に使用される程浸透してはいません。

どちらかと言うと、業界用語と呼ばれる言葉の類でしょう。

業界用語とは、そのままの意味である業界でのみ使用されているような言葉の事を指します。

業界とは、主に職種の事であり仕事によって様々な物の言い方があると言う事なのです。

仕事の種類は本当に幅広く、私たちがいまだに知らずに生活しているようなマイナー仕事も多いにある事でしょう。

その中で使用されて居る言葉なので、仕事に関わって居ない人にとってはなかなか理解されずらい言葉となってしまって居るのでしょう。

しかし、人によっては仕事で使用し得ている言葉をそのまま自分の私生活でも使用している方もいます。

その場合、周りに居る方々はいきなり登場する専門用語に対応して行かなければなりません。

その方々が、柔軟に対応し自分の言葉の一つとして受け入れる事が出来たからこそ、じわじわとその認知度が上がって来たのでしょう。

業界によってニュアンスは微妙に異なる

『ある業界』と聞くと、何だか悪の匂いがします。

しかし実際は『業界』とは仕事の種類の事であり、TV業界などといった使い方をする言葉です。

この言葉がある事によって、多くの人が在籍している同じ職業団体を一つの物として表現する事が出来ます。

その為、会話の幅を広げる事が出来ました。

『業界』では、時としてその世界でしか通用されない言葉を使っている場合があります。

言い回しや言葉の略し方など、独特の物もありなれない人にとってはなかなか理解する事が難しい事もあるでしょう。

更に、同じ言葉を使用している場合でも、違う業界であれば違ったニュアンスで使用されている場合もあります。

その為、自分の考えている言葉のニュアンスと相手の意図している言葉のニュアンスが合致しているかどうかを把握する事も大事なポイントでしょう。

日本では、元々直接的な表現をする事がありません。

あえてオブラートに包むような周りくどい言い方をする事で、人間関係を円滑に進めるのです。

それが日本人の美徳でもあり、特徴と言えるでしょう。

他の国の人々から言わせれば、それは面倒な表現であり腹黒い部分を表して居るのかもしれません。

しかしながら、それこそが日本人なのです。

その為、あえて周りくどい言い方をしているせいで互いの真意が分かりにくくなってしまう事は致し方無い事なのかもしれません。

本来であれば、探り探り相手の意図を理解して行く事でその問題を解決して行く事が出来るのでしょう。

しかし、仕事となれば話は別です。

勘違いでしたでは済まない場合も多々あります。

その為。

もし疑問を感じる場合には、出来るだけ早めに確認する事をおすすめ致します。

どんな使い方をするの?


言葉は生き物です。

日々成長しており、同じ言葉でも今と昔では意味合いが変わってきている事もあります。

本来の意味とは違う言葉で浸透してしまった言葉が、今では間違った言葉の意味が正しい言葉として使用されて居る場合などもあります。

その為、常にその言葉の状況を把握していなければ混乱し、訳が分からなくなってしまう事も大いに考えられます。

例え日本語を普段から使用している私たちでさえそれは同じ事でしょう。

生き物である言葉を日常的に使う事によって、その言葉がどんな風に成長して行くのかを見届ける事が出来るのです。

昔からある言葉と共に、新しい言葉も多く登場してきます。

日本語は随分昔から使用されている言葉ですが、そこに英語や韓国語・中国語・フランス語など様々な言語が入って来る事によってまた新しい言葉が生まれる事があるのです。

その為、今ある日本語だけではなくそれらにも注意を払って行かなければなりません。

言葉を常に学んでいこうと言うと、チョット重苦しく感じる人も居るかもしれません。

学生の人はまだしも、もう学校を卒業して何年も立つような方々にとっては、いきなり勉強しようと言われても重い腰を上げる気になれない事もあるでしょう。

ですが、言葉を勉強しようと言う事は何も机にしがみついて勉強してくださいと言う事ではありません。

常に新しい言葉に耳を傾けて居れば良いのです。

日常的に見ているメディアは勿論、多くの人との会話の中で新しい言葉を吸収し意識して生活して行けば良いのです。

その中で、分からない言葉の意味を調べ覚えて行くだけでも常に生きた言葉を使う事が出来る人になる事が出来るでしょう。

ペンディングのように、意味が業界によって異なる言葉のような物は特に内容を良く理解して実際に使用してみる事が重要です。

使って行く中で、言葉ではなかなか表す事が出来ないような『ニュアンス』と言うものを感じて行く事が出来るでしょう。

それは他人から学ぶものでは無く、自分自身が気付き身に付けて行く物なのです。

その為にも、言葉を多く使う事はとても重要なポイントです。

この件はペンディングにしましょう

この例文は、取引先相手や会議中人に対して使用する言葉でしょう。

『中断』と言う言葉を取引などで使用する場合には、意味合いが強すぎてしまう場合もあります。

もう少しオブラートに包んだ言い方をしたい時に、ペンディングと言う言葉は大変便利な言い方です。

社会に出れば、会社を背負って働く事もあります。

自分の言葉遣い一つで、大きな契約を潰してしまい大きな損害を出してしまう事も十分に考える事が出来ます。

その為、言葉一つ一つを注意しながら使用して行かなければなりません。

それは時に面倒に感じてしまう事もありますが、それをする事が出来るかどうかによって、社会で働く事が出来るスキルが成長しているかどうかを推し量る基準にもなる事でしょう。

一見すると、分かりにくい言葉の表現ですがその言葉の裏にはお互いの思惑が見え隠れしており正に探り合いの状態なのかもしれません。

そんな状況であったとしてもはたから見れば実に平和に話し合いが行われて居る。

そんな不思議な人間性を持っているのが日本人なのです。

このお互いn心理戦も、言葉の意味を理解しているからこそ成り立つ技です。

その為、もし先方が先にこの言葉を使い意味が分からないと感じた方は早急に内容を確認する事をおすすめします。

そのままにして話を合わせてしまうと、後から後悔する事になる事も十分に考えられます。

2週間もペンディング状態だ

これは、誰かに話をすると言うよりは状況を自分の中で整理しているような時に使用する例文です。

ペンディングの部分を『停滞している・止まっている』と言う言葉に置き換えることで文章全体の意味を理解する事が出来ます。

停滞や止まっていると言う言葉は、仕事で使用する場合には余り良い言葉とは言えないでしょう。

マイナスのイメージが強く、自身の会社の人間に対しては勿論取引先相手などには極力使用しない方が良い言葉の一つです。

しかし、状況を整理する為には時としてそのままの状況を
伝えなければいけない時もあります。

そんな時に役に立つのがペンディングと言う言葉なのです。

この言葉を使用する事により、マイナスなイメージを少しカバーする事が出来ます。

結局意味は一緒なので、あえて言い方を変える必要は無いと感じるかもしれません。

しかし、その微妙なニュアンスの差が時には大事なポイントになる事もあります。