恋愛離れって本当?本人たちの言い分や、恋愛に取り組むための方法を紹介のイメージ写真
恋愛離れという言葉をご存知でしょうか?

年頃の年代であるにも関わらず恋愛をすることなく、異性との繋がりも積極的に作ろうとしない状態のことで、そのような恋愛離れをしている男女が増えているといいます。

人によっては恋愛こそ人生の楽しみの一つとしていることもある中で、全く正反対の価値観を持っている人々になります。

何故最近、恋愛離れをする男女が増えているのか、その原因や恋愛をする体質になるために対策法についてまとめてみました。

自分が恋愛離れをしている人はもちろん、知人や友人が恋愛離れをしていて、何とか恋愛ができる体質にさせてあげたい場合にもおすすめの内容になっています。

どうぞこれから先の文章を読み進めて参考にされて下さい。

最近、恋愛してますか?

あなたは最近恋愛をしていますか?

人は年を取るにつれて段々と恋愛がしにくくなってきます。

子供の頃や学生時代は自由に恋心のままに恋愛ができていたのに、年を取るにつれて相手の年収や年齢、家族構成なども気になりだし素直に恋心のままに恋愛ができなくなります。

確かにある程度年齢がいき、結婚適齢期になれば経済力なども相手を判断する材料として必要でしょう。

しかし、最近の恋愛離れには最初から恋愛をする気がないという状況が生まれているのです。

特に一番恋愛に対して興味がある年頃である10代、20代の若者にその傾向が強いといわれています。

今、若者の恋愛離れが進んでいる

恋愛離れが進んでいる若者

若者の恋愛離れは年々増加の傾向があり、意外と深刻な問題となりつつあるのです。

恋愛をする男女が減るということは、そのまま人口の減退に繋がることを意味します。

元々子供がいる家庭でも一人っ子が増えているので人口は減り続けているのですが、恋愛をしない若者が増えればさらに人口は減ることになります。

なぜ今若者の恋愛離れが進んでいるのでしょうか?

恋愛に興味がない?

恋愛はとても素敵なものです。

もちろん実らずに終わる恋もありますが、めでたく結ばれたカップルはお互いに幸せな日々を送ることになるでしょう。

しかし、恋愛離れをしている若者は、そもそも恋愛自体に興味がないのでしょうか?

一般的に恋愛を普通にしてきた人からすると理解が難しい心理だと思います。

次章ではなぜ最近の若者に恋愛離れをする男女が増えているのか、その心理や理由についてお伝えしてゆきたいと思います。

なぜ恋愛離れしてしまうのか

恋愛という人生でも素敵な物事のひとつに興味が沸かない若者が増えています。

彼らからすると一般の人の恋愛に対する価値観自体が変わって見えているのかも知れません。

しかし恋愛は生物学的に見れば、子孫を残すための本能から沸き起こる感情から成り立っているので、異性に恋をする感情があること自体はごく自然な反応です。

本能からくる感情は強いものです。

食欲、性欲、睡眠欲は三大本能といわれていますが、恋愛は性欲も関係する強い感情のひとつです。

しかし現に恋愛離れをしている若者が増えている現状があるということは、どのような原因があるのでしょうか?

若者が恋愛離れをする理由について見てゆきましょう。

金銭面で余裕がない

金銭面で余裕がなくて恋愛離れしている若者

多くの恋愛離れをしている若者に共通していることは、金銭面で余裕がないことです。

金銭面で余裕がないために恋愛から離れているというのです。

確かに恋愛にはお金もかかりますが、一昔前ならばその必要なお金を稼ぐ意欲を恋愛感情がもたらしてくれていました。

それだけ恋愛に対して淡白な、言わるゆる草食系男子や恋愛に対して奥手な女性が増えているということなのです。

恋愛はコスパが悪いと思っている

人間関係が乏しい若者が増えていることも恋愛離れに拍車をかけているようです。

人間関係が乏しいと、なるべく人間関係にお金や時間をかけたくないと思い始めます。

それは恋愛も同じことで、恋愛はデート代やプレゼント代もかかるのでコスパが悪いと感じているのです。

ネット社会になりその傾向はますます拡大しています。

現実の女性との恋愛よりもバーチャルな世界の相手との恋愛に満足している若者が増えているのです。

趣味の方が楽しいし大事


趣味の世界に時間を費やし、恋愛をする暇のない人もいます。

自分の夢中になれる世界に没頭してしまうのです。

趣味の世界ではゲームや音楽鑑賞などひとりで完結できるものがたくさんあります。

その世界で満足し、現実での恋愛をしないのです。

それはそれで本人には幸せをもたらしているのかも知れませんが、晩年には孤独な思いをする可能性を否定できません。

また、そのような若者が増えるにつれて人口減少も増加することとなるのです。

恋愛に時間を割きたくない

彼らの優先順位で恋愛は上位にランキングせず、下位にランクされることになります。

そのため恋愛に時間を割きたくないという価値観が生まれています。

恋愛は彼らの趣味の時間を削る、むしろ邪魔なものなのです。

一般にはあまり信じられない感情かも知れませんが、そのような若者が増えているのです。

疑似恋愛で満足している

恋愛離れをしている若者でも恋愛感情や、異性に対する興味がまったく無くなるわけではなく、彼らの中にはゲームやアイドルのイベントなど疑似的な恋愛で満足している人たちもいます。

バーチャルな世界では自由に設定や好みの女性を選べますので、彼らはそんな世界で疑似恋愛を楽しんでいるのです。

【疑似恋愛にハマる女性については、こちらの記事もチェック!】

傷付くのが怖い

また、疑似恋愛をする若者の心理には、実際の恋愛でケンカをしたり、失恋をして傷つきたくないという気持ちが隠されています。

その気持ちからくる恐怖心が恋愛離れを生んでいるのです。

さらにその背景にはやはり、人間関係の希薄さがあります。

人間関係が希薄なために苦手な人との付き合い方や異性との付き合い方に慣れていないため、傷付くことを恐れているのです。

恋愛に興味がない


恋愛離れをしている人の中には、本心で恋愛に興味がない人もいます。

恋愛の楽しさや醍醐味が分からず、恋愛をしようと思わないのです。

同性愛者とも違い、恋愛自体に興味がないのです。

もちろん人格的には正常な人であることが多く、社会的に健全な生活を送っている人の方が多いのですが、恋愛に対しては興味を持たない人がいるのです。

彼らの多くは自分一人の時間や友人との時間で満足し、恋人と呼べる人との関係は作らない人生を送っています。

結婚もしたいと思わない

当然彼らには結婚願望もありません。

生涯独身でいることを自分の意思で選んでいるのです。

結婚をし、家庭を作り、子供を育むことに価値観を見出せず、趣味や仕事での成果を追求します。

それはそれで有意義な人生といえるかも知れません。

しかし、そのような若者が増えるにつれ、人口は減ることになります。

恋人が居なくても楽しい


そのような人は恋人がいなくても人生に楽しみを見出します。

恋人がいない人生でも喜びを感じることができるのです。

その喜びで満足するので恋愛とは無縁になります。

恋愛とは無縁ですが、異性の友達がいる場合はあり、友人関係として異性と付き合うことになります。

そのような男女が増加してるので、世の中はますます孤独な人が増える可能性がありますが、当の本人は孤独ではなく幸せを感じているのです。

1人の時間が好き

彼らはむしろ1人の時間を好みます。

1人で過ごすことに安心感と充実感を感じているので、恋愛はするにしても疑似恋愛に留まります。

中にはほとんど引きこもりの状態の人もいますが、本人は意外と充実感を感じていて、ネットの仕事などで高収入を得ている人もいます。

このような1人の時間で人生を送る人が増えているのです。

ネット社会ならではの傾向といえるでしょう。

恋愛しない人の8個の特徴

ここまで恋愛をしない人の価値観や心理について見てきましたが、彼らの特徴をもう少し詳しく見てゆきましょう。

なぜ彼らが恋愛をせず、恋愛離れをするのか、その裏に隠された心理を紐解いてゆきましょう。

純粋に1人の時間が好きな人もいますが、そこには多くの場合、恋愛に対するコンプレックスや苦手意識が絡んでいるのです。

1、コスパ意識が高い

恋愛離れをしている人にはコスパ意識が高い人が多いようです。

コスパ意識が高いために恋愛で使うお金が無駄に思えてしまうのです。

元々そのような価値観であるために恋愛に価値を見出せていないともいえるのです。

恋愛は時には破綻し別れが訪れることもあります。

確かにそうすると今まで費やしたお金は一見無駄に思えるかも知れませんが、幸せだった時期も含めて学びもあるはずです。

その学びを次の恋愛に活かせばよいのですが、恋愛をしない人はコスパ意識が優先してそのように考えられない人もいるのです。

2、行動力がない

学力とは別に、恋愛には行動力も必要です。

時には恥をかくことも必要になるかも知れません。

恋愛には実際にデートに漕ぎつかせるための行動力が必要になります。

そのような行動力がないと恋愛はできませんが、恋愛をしない人は、この行動力がない場合も多いのです。

行動力がないために、男女関係を恋愛まで発展させることがないのです。

3、なによりも友情が大事

また、友情を最優先する人もいます。

友情が何よりも大切で、恋愛よりも友情をとるのです。

ある意味素敵な価値観ですが、多くの場合友人はやがて恋人ができたり結婚をして離れることになります。

もちろん友人関係は続くでしょうが、一緒に過ごす時間は減ることになります。

友情は大切ですが、あまり執着し過ぎるとあまりよくない結果を生むことになるでしょう。

4、コミュニケーション能力が低い


人間関係が希薄だと、コミュニケーション能力が低くなる傾向が強くなります。

そのため恋愛というやや高等なコミュニケーション能力が必要とされる人間関係が築けない人がいるのです。

そのような人が恋愛をするには、基本となる人間関係を意識的に増やしてゆく必要があるのです。

【コミュニケーション力を磨く方法は、こちらの記事もチェック!】

5、自分に自信がない

自分に自信がないと恋愛をしようと思わなくなります。

意識化では恋愛がしたい気持ちがあっても恋愛へと繋がる行動力が生まれないのです。

自信の有無は仕事などにも影響を与えますが、恋愛に対しても影響があるのです。

恋愛をするにはある程度自分に自信を持つことが大切になります。

6、親にあまり愛情深く育てられなかった

恋愛に興味がない人は、家庭環境が影響している場合があります。

実の親にあまり愛情深く育てられなかったという人は、恋愛自体に興味を持つことができなくなることがあります。

物心ついたころ、一番最初に信頼関係を築くはずの親の愛情不足で育った人は、愛情や恋心を感じにくくなっています。

また、自分も親と同じように冷たい性格になってしまうケースもあります。

愛情を持ちたくても、愛情自体が分からなかったり、愛情表現が苦手で、気持ちとは裏腹の、冷たい態度を好きな人にしてしまうこともあります。

思えばとても可哀そうな人たちです。

中にはそんなツラい過去も全部受け入れてくれる人に出会えて、愛情を知り、恋愛ができるようになる人もいます。

できれば多くの親と問題がある人に、本当の愛情を知ってもらいたいものです。

愛される喜びを知らない

幼少期に親の愛情を知らずに育つと、愛される喜びを知らないまま成長してしまいます。

幼い子供は親のことを信頼していますので、親の愛情に何よりも喜びを感じます。

どんな些細なことでも褒められれば嬉しいですし、愛情を感じることで安心します。

しかし、そのような愛情を知らないで育った人は、愛される喜びを知りません。

そのため愛情がどのようなものか分からないのです。

とても可哀そうな人といえます。

中には成人してから愛情深い人に出会うことができて、愛される喜びを知ることができた幸運な人もいます。

しかし、愛される喜びを知らない人は恋愛ができない、恋愛に興味がわかないという人が多くいることも事実です。

愛し方を知らない

親の愛情を知らない人は、愛される喜びが分からないと同時に、人の愛し方を知らない場合もあります。

どのように接すれば、人に愛情を伝えられるかが分からないのです。

そのため好きな人ができても、どう接してよいか分からずに、恋愛に発展しないことがあります。

改善策としては、愛情を与えてくれる環境で、できるだけ早く生活を始めることです。

そうすれば、例え実の親からでなくても、愛情を感じることができて、時間がかかるかも知れませんが、愛し方や愛され方を学ぶことができる可能性が高まります。

7、人をあまり信用できない


恋愛関係も、広い意味では人間関係のひとつです。

何らかの心の傷を他人から与えられた経験のある人は、人をあまり信用できなくなってしまいます。

その結果、恋愛関係においてもまた心に傷を負ってしまうのではないかと疑心暗鬼になり、恋愛をすること自体をやめてしまう場合があります。

根本的な原因は人をあまり信用できない心の持ち方にあります。

とてもかわいそうな人の言うこともできます。

しかし、本人が変わろうとしない限り、恋愛離れから恋愛をしたいという気持ちに戻ることは難しいでしょう。

他人との信頼関係の回復が何より大切になります。

過去の恋愛のトラウマが忘れられない

対人関係が原因で恋愛離れをしてしまった人達の多くは、過去の恋愛のトラウマが忘れられない傾向にあります。

DVをする恋人と交際していたり、結婚詐欺にあいトラウマができてしまった人などが、その経験を忘れられず、恋愛離れをするケースがあります。

通常、恋愛は楽しく幸せで、人生を充実させる物事のひとつとしてとらえられています。

その恋愛でトラウマになるような辛い出来事が起きると、ショックはより大きなものとなってしまいます。

このままトラウマを背負って生きていては、一生恋愛ができなくなる可能性もあります。

本人がそれで納得していればまだよいのですが、本音では恋愛をしたいと思っているのに、トラウマが邪魔をしてそれができない場合は悲劇です。

専門家のカウンセリングを受けるなどの対応をすると、トラウマが解消される場合もあります。

トラウマが原因の恋愛離れは、解消し、新しい恋愛を始めることが良いと感じます。

いじめられたことがある

過去に職場や学校でいじめられた経験のある人は、そのことがトラウマになり、人を信用できなくなる場合があります。

恋愛で傷つくことも悲劇ですが、いじめで傷つくことは、人間全体に対して不信感や恐怖を抱いてしまうことになりかねません。

その分たちが悪いといえます。

いじめで受けた心の傷は中々癒えないかも知れませんが、それでもいじめられた人も幸せになる権利があります。

本当は恋愛離れをせずに、あなたを愛してくれる人に巡り会えれば、恋愛離れが治る場合もあります。

まずは世の中にはいじめをする人ばかりではないことを知ることです。

世の中にはいじめをする人もいますが、優しい人も確実にいます。

そのような人たちとつながることで、人間に対するイメージが変わってゆくでしょう。

そうすれば、徐々に恋愛に対する興味も湧いてくると思います。

いじめられた記憶だけが真実ではありません。

幸せもまた、人と共に作ってゆけるのです。

いきなり人と接することが怖い人は、まずはネットなどで、人の優しさや恋愛の素晴らしさを描いた動画や記事を見てみましょう。

無理をせずに幸せになる準備から始めることが大切です。

人に利用されたことがある

いじめ以外にも、詐欺などで騙されたり、人に利用されて大きな損をした人は、その後の人生で人間関係全般に嫌気が差して、恋愛離れをしてしまうことがあります。

人から利用されることは、誰にとっても嫌な経験です。

しかし、その同じ経験でも自分の内面で恋愛に関係させてしまい、恋愛離れをする人と、恋愛には関係ないと、恋愛ができる人がいます。

両者の違いは、人に利用されてしまった経験を、人間全体の傾向としてみるか、その当事者間の問題としてみるかの違いといえます。

根本的には誰もが異性や恋愛対象に興味がある状態が普通の状態といえます。

そのため、人に利用されたことが原因で恋愛に興味が持てない、恋愛離れをしている人は、自分の考えを改め、人に利用された経験と恋愛を結びつけないようにする必要があります。

うまく割り切ることができれば、再び恋愛をすることも可能でしょう。

8、日本の未来や自分の将来を悲観している


恋愛には興味があっても、日本の未来や、自分の将来に悲観している人は、恋愛離れをしてしまうことがあります。

恋愛をしたくても、その後の結婚生活につながる経済力の不安や、少子化や長引く不況などで日本の将来を悲観的にみていると、恋愛ができないと思い込んでしまう人もいるのです。

確かに恋愛をするにもある程度の経済力は必要です。

しかし、中にはカップルで一から事業を立ち上げて大成功した例もあります。

また、根気よく就活を続け、見事就職先が見つかり、恋愛もできるようになった例もあります。

行動すれば展望が開けることもあるので、まずは行動して、経済力の確保や、恋愛をするチャンスを見つけることが大切といえます。

【将来に不安を感じるなら、こちらの記事もチェック!】

少子高齢化の未来に希望が見えない

日本は超高齢化社会に突入し、少子化も年々進んでいます。

この社会構造に悲観して、恋愛離れをしている人もいます。

しかし、どの時代やどの国でも人口の増減はあります。

少子高齢化も日本だけではなく、多くの国でも問題になっています。

そのような状況でも個人的にしっかりと自分の人生を築き上げ、恋愛を楽しんでいる人もたくさんいます。

高齢化に伴うアルツハイマー病患者の増加や、高齢者ドライバーによる自動車事故の増加などの問題も、未来を悲観させて恋愛離れを起こさせる要因のひとつかも知れません。

しかし、年々科学力や技術力は進歩しているので、いずれそれらの問題も解決する可能性があります。

あまり悲観的にならずに、恋愛離れにならないようにすることをおすすめします。

年金ももらえるかどうか分からない

少子高齢化社会では、年金のシステム自体が成り立たないため、年金がもらえるか分からない状況もあります。

そのような社会の問題に影響を受けて恋愛にも消極的になる人がいます。

しかし、悲観的になるよりは、どうしたら恋愛ができるようになるか考えた方が、人生を前向きに生きられるでしょう。

実際に、将来を悲観せずに、恋愛を楽しんでいるカップルもたくさんいます。

誰にでも恋愛を楽しむチャンスはあると思います。

悲観的な考えからは、チャンスをものにするアイディアや行動は生まれません。

まずは前向きに、どうしたら恋愛ができるようになるか考える癖をつけるようにしてみましょう。

どうしたら恋愛に取り組める様になれるの?

もし今恋愛離れをしている人が、本心では恋愛をしたいと思っている場合は、どうすれば恋愛に取り組めるようになるのでしょうか?

この章では具体的にどのようにすれば恋愛に取り組めるようになるのか、その方法をお伝えしてゆきます。

恋愛に取り組める体質を作り、恋愛を楽しめるようになりましょう。

毎日”1人1褒め”をする

毎日最低1人、人を褒めてみましょう。

さり気なく褒めるだけでも構いません。

そうすることで褒められた相手も悪い気はしないですし、褒めることで人の良いところを見つける練習にもなります。

その癖は、恋愛で相手の良いところを見つけて褒めることにも繋がるのです。

身だしなみに気を付ける


デートでは異性と一緒に外出をします。

普段から身だしなみに気を付けることで恋愛をする準備ができます。

すごくお洒落ではなくても良いので、自分を客観的に見て、お洒落ができるようになりましょう。

もし自分が太めだとしても、ネットで調べれば太めな人に似あうファッションがすぐに見つかります。

自分に合うファッションで、自分の魅力は何倍に上がるのです。

女性らしい・男性らしい服装をする

女性には女性らしい、男性には男性らしい魅力があります。

それらを引き出すために性別に合った服装をしましょう。

もちろん女性がボーイッシュなファッションをすることもありですが、女性的な魅力を引き出しつつボーイッシュなファッションを着こなすことがポイントです。

笑顔の練習を毎日する

笑顔は人間関係の基本です。

笑顔で人と接する癖をつけることで人間関係をスムーズにしましょう。

中には笑顔に答えない人もいますが、それは相手の問題で、笑顔を作った本人は悪くありません。

笑顔で円滑な人間関係を作ることが、自分の魅力を引き出すことに繋がります。

自分の将来を真剣に考える


あなたは本音では恋愛をしたいでしょうか?

もし本音で恋愛をしたい場合は、恋愛をするための行動を起こすべきです。

恐らく多くの人は、本音では恋愛がしたいのだと思います。

積極的に行動することで恋愛できる確率は高まります。

この場合の積極的な行動とは、何も当たって砕けろ的な行動ばかりを指すわけではありません。

そのようなやり方が自分に合っていれば、それはそれでOKです。

しかし、既に恋愛離れをしている人は、トラウマが心にある人もいると思います。

そのような人にとって、トラウマを解消することも、恋愛を始めるために必要な立派な行動といえます。

自分の将来を真剣に考えることで、今の自分に何が必要かが見えてくるでしょう。

一生ひとりで生きていくつもりですか?

人は誰でも年を取ります。

若いうちは一人でも生きてゆくことはできますが、年を取り高齢者になると、一人で生きてゆくことが大変になります。

その時に、そばにいてくれる異性がいたら、どれだけ心強いでしょう。

子供や孫がいたらそれだけで幸せかも知れません。

恋愛離れをするということは、老後も一人で暮らす可能性を高めることでもあります。

それでも一人が良いのであれば、恋愛離れをしても良いでしょう。

しかし、一生一人で暮らすことが嫌だと感じたとしたら、恋愛をして、幸せな結婚生活を送る方が充実した人生を作ることができるでしょう。

人間に興味を持つ

恋愛離れを解消して、恋愛に取り組むには、人間に興味を持つ必要があります。

人と接する楽しさや、喜びを感じるように努力するのです。

努力といっても、明らかに相性が悪い人と接するのではなく、自分と考えや趣味が似ている人と仲良くなるように工夫してみるのです。

そうすることで人間関係の楽しさを知り、徐々に人づきあいに慣れることで恋愛をしようという気持ちも高まってくる可能性があります。

無理はせずに、楽しみながら行いましょう。

自分のことばかり考えるのはやめよう

恋愛をするには、相手の気持ちを理解することが大切です。

恋愛離れをする人は、自分の考えや価値観を優先しすぎる傾向にあります。

そのことに気づき、相手の気持ちを理解するように努めれば、自ずと相手もその人に興味や理解を示してくれます。

気が合う異性が見つかれば、異性との会話も楽しむことができるでしょう。

そこまで来れば、恋愛を楽しむことも容易にできるようになるでしょう。

妄想をやめる

妄想の中で異性に対する間違ったイメージを膨らますことは止めましょう。

アダルト系や同人誌で描かれる男女関係のイメージは、誇張されたものが多く、実際の異性とは異なる場合が多くあります。

その間違ったイメージを元に妄想を膨らますと、実際の異性とギャップが生じるので、恋愛がうまくゆかなくなる可能性が高まってしまいます。

異性に対する思い込みを捨てよう

間違った異性に対する思い込みを捨てることで、現実の異性に真摯な姿勢で接することができるようになります。

本当の異性の考えや付き合い方を経験してゆくと、良い恋愛ができるようになるでしょう。

最初はうまくいかないかも知れません。

しかし、段々と経験を積むことでうまく異性と接することができるようになるでしょう。

そうなれば、後は良い出会いがあれば恋愛もできるはずです。

親友にアドバイスを求める

親友にアドバイスを求めることもOKです。

自分にはない新たな視点を持つきっかけにもなります。

特に、親友が以前は恋愛離れをしていた場合は尚更効果的です。

その人から、いかに恋愛離れを克服したのかを聞けるからです。

信頼できる人の意見も大切にしましょう。

友達に相手を紹介してもらうのも良い

もし出会いがない場合は、紹介してもらうこともありです。

せっかく恋愛離れを解消して恋愛をする気になったのに、相手がいないと元も子もありません。

素直に紹介してほしいかいえば、そこから出会いが広がる可能性が高まります。

恋愛することで傷つくこと

恋愛にとどまらず人間関係においても、傷つくことというのは色々とあります。

特に恋愛関係は深い関係になることから、その人の素の状態が出やすい所があり、さらにはそのようなことで傷つくということは色々とあります。

ですので、なんだかんだ言って、この傷つく事を避けたいと思ったら、そのような恋愛から離れてしまっていうことはよくあることです。

では恋愛において、傷つくこととは一体どんなことでしょうか?

元恋人と比較される

もちろん付き合って初めての恋人ということであれば、そんなことはありませんが、最近は多くの場合はもうすでに元恋人がいる状態が多いでしょう。

そうなると、やはり比較対象がどうしてもありますので、「この人の時はこうだったのに!」ということは、いろいろと出てくることはあります。

そしてそれを心に秘めてくれているのならまだしも、うっかりと口に出されて傷つくということは結構あります。

身長

特に男性は、身長については気にしている人も多いでしょう。

よく170㎝を超えることができなかったなどで気にしている人が多いです。

前の人はすらっとしていたのにということを言われて、大変傷ついてしまうということもよくあることです。

女性はそれに対し、身長が低くてもそんなに言われることはありませんが、やはり日々と言われて嫌な気持ちになるということは結構あるようです。

性格

そして性格というのは最も比較されやすいです。

「この人の方が、もっと優しかった」とか「この人の方が色々なことを気が付いてくれた」というような比較をされてしまうと傷つきます。

特に性格については、人格的なところになってくるので、そこを貶められることになると深く傷つくことになります。

金銭面

男性が傷ついてしまう事に金銭面が挙げられますが、仕事をして得ている給与は男性の実力に関わってくる部分が大きいのです。

「他の人の方がもっと稼いでいたのに」ということを言われると、自分が能無しのような気がして、大きく傷ついてしまいます。

金銭面に関しては、男性が最も傷つくところの一つでしょう。

家庭

家庭環境は人それぞれです。

この家庭についても比較される時に傷つきます。

例えばですが、男性でも母子家庭ということであれば、お母さんが密接に関係してくるように思えて敬遠されてしまうということもあります。

そんなことがあると、家庭環境は基本的に変えることはできないので、恋愛に消極的になってしまうということはよくあります。

仕事

仕事は男性のライフワークの一つです。

このようなことで比較されると強く傷ついてしまいます。

ですので、仕事についてあれこれと言われることが嫌で恋愛から遠ざかってしまうということもよくあります。

もちろんこの仕事は医者や弁護士などのように、ステータスがあると言われる職業であればそんな感じでもないのです。

ですが、非正規雇用などであれば仕事に引け目を感じてしまう人が多く、結果的に恋愛から遠ざかるところがあります。

男性編

男性が恋愛離れをしてしまう理由というのは、どのようなものがあるんでしょうか。

このようなことを言われることがあると、だんだんと恋愛から遠ざかってしまうかもしれません。

彼女のほうが所得が高い

所得というのは、その人の実力が出ます。

ですので、彼女の方が所得が上ということになると、だんだんと彼女に対してのコンプレックスを募らせてしまうところがあります。

もちろん彼女がそのことについて気にしていないということもあるのかもしれないけれど、だんだんと自分が気にするようになってしまいます。

特に女性側に理由がなくても、コンプレックスを募らせてしまうということもあります。

趣味を否定された時

趣味は好きなことですので、ある程度のアイデンティティがあります。

そこを否定されてしまうと、自分は男としてダメなのではないかと思ってしまうのです。

もしアニメが好きであれば、「アニメ好きって何だか暗い人に多いよね」ということを言われると傷つきますよね。

ですので、そのようなことから恋愛から遠ざかってしまうのです。

大勢の前で彼女に馬鹿にされたとき

男性は基本的にプライドの生き物ですので、もし大勢の前で馬鹿にされるようなことがあれば、それで深く傷ついてしまいうことがあります。

もちろんそのようなことは不運で、彼女が良くないというだけなのかもしれないけれど、それが自信喪失につながり、ひいては恋愛から遠ざかることになるのです。

彼女が自分の友だちに興味を示した時

自分の友達に興味を持つ彼女に気づくことも、無きにしも非ずです。

特に友達のほうがよりイケメンであればなおの事でしょう。

やはり自分より友達の方がいいんじゃないかと思ってしまうと、それが原因でトラウマになってしまうこともあります。

メールやLINEで別れを告げられる

最近は別れは会って話さない方がいいというのことも言われます。

もちろんそれは人によりけりなのですが、中には別れ話をしてしまうと逆上してしまうと対処できないということがあり、メールやLINEでの別れというのは奨励されているというところもあります。

ですが長く付き合っていればいるほどに、このような簡潔な別れの切り出し方というのは傷つきます。

女性編

もちろん女性においても、恋愛から遠ざかってしまうほどにショックな出来事というのはあります。

では女性が恋愛から遠ざかる理由は、どのようなところがあるんでしょうか?

コンプレックスが原因で別れた時

女性が基本的に、容姿をかなり重視される傾向があることから、容姿面でコンプレックスがあると、そこは非常に悩みのタネになってしまいます。

ですが普段は、そんな自分でもいいところもあると信じながら付き合っていたけれど、コンプレックスの原因で別れたということになり、それが心の傷になります。

例えば顔が大きいということがコンプレックスだったとしたら、それが原因で別れてしまったとしたら、顔の大きさせるのは改善することもできません。

次もだめかもしれないと恋愛から遠ざかってしまいます。

元カノから連絡がきた

彼の元カノから連絡が来て、さらにその元カノに興味を示しているとなると、自信喪失してしまいます。

やはり元カノというのは、昔の彼女ですので、何かしらメリットがあって付き合っているのでしょう。

ですので、「今になって急に連絡されても、今は他の彼女と付き合ってるから、もう連絡しないでくれ!」と言ってくれたのならまだしも、気になっている様子ということになるとそれがコンプレックスになってしまうことがあります。

家事が苦手なことを指摘される

最近は男女平等になりつつありますし、男だから仕事、女だから家事というような感じではなくなってきました。

ですが、まだまだ家事は女性が重荷になっていて、それが苦手ということになると、女としてダメなのではないかと思ってしまうという心理は今現在でもあります。

そんな状況の中、家事が苦手であることを指摘されることによって、自分を女としてダメなのではないかと思ってしまいます。

こんな自分は男性と付き合う資格はないのかもと思ってしまい、結果的に恋愛から遠ざかってしまうのです。

女性の方が男性よりもラクだと思われたとき

よく男性の方が、女性より生きるのが大変だと言われています。

男性としてうまく生きていこうとするけれど、うまく行かないという人も中には「俺も女に生まれればよかった」というようなことを言われることがあります。

ですが女性も、気遣いを求められたりしますし、専門職がある人を除いては仕事面でというのも少々難しいところがあります。

ですので、それなりに苦労はあるけれど、「女だから」とか「女のくせに」と言われることによって、恋愛から遠ざかってしまうのです。

恋愛にも良いことはある

最近は恋愛離れなどがあると言われていますが、もちろん恋愛にも良いところがあります。

それは多くのマッチングアプリなどを見ると、そのようなことがわかりますね。

恋人がいなく恋愛はできていないけれど恋愛をしたいという人が、そのようなところを使っているのです。

複数あることから見て、まだまだそのようなところを利用している人が多いということになります。

それは恋愛にも良いことがあるからです。

では、恋愛においての良いことについて見ていきましょう。

1.自分を高めることが出来る

基本的にこのような恋愛は、自分を高めることができます。

「こういうところがだめだから、改善していきたい」と苦しみながら努力していくのと「この人に振り向いてほしいから努力をする」という風にプラスな気持ちで努力をするのとでは、努力の苦痛度が違います。

それによって達成度も違ってきます。

気になる相手に振り向いてもらうためには努力が必要

やはり気になる相手に振り向いてもらうためには、それ相応の努力が必要です。

どんな人かにもよりますので一概には言えませんが、特にモテている異性であれば振り向いてもらうには、努力をして注目をしてもらう必要があります。

恋愛を成就させるために、色々と努力が必要になってくるのです。

2.2人でしか出来ないこともある


異性の友達や同性の友達とはできないような深い付き合いをするのが、この二人でしかできないことということです。

恋愛関係はひいては、夫婦になったりすることもありますが、やはりいざ困った時というのは友達よりも、このような夫婦などの家族に支えになってもらうということはよくあることです。

ですので、たとえ女友だち同士で支えあっていこうということになったとしても、結果的には家族のことで忙しくなることもあります。

ですので、結局はなんだかんだ言っても、友達とできることというのは結果的には限りがあります。

心の支えになる

やはり一番大きなことは、心の支えになるということです。

もちろん友達関係においても、心の支えになるということはあるでしょう。

ですが恋愛関係になると、さらに深い感情で付き合っていくことになりますので、結果的に心の支えは大きなものになります。

困ったときは助け合える

もちろん同性においても、困った時には助け合うということはできます。

男性の友達はまた違うのかもしれませんが、女性の友達となるとやはり環境によって大きく変わってしまうというのが、女性の身の回りの環境です。

ですので結果的に裏切る形になってしまったり、助けきれなかったりということがよくあることです。

ですので恋愛関係においては、深い関係で繋がることがあることから、困った時に助け合えます。

意見の交換ができる

恋愛関係は基本的に、心の奥底の深い部分で繋がることができるので、「この意見を言ったら引かれてしまうのではないか」とか「こんなことを言ったら、駄目なのではないか」という気持ちにはなりにくいところがあります。

もちろん付き合って日が浅いということであれば違いますが、だんだんと付き合って年月が経つことによって、安心して意見が言える関係性になります。

友達はある程度遠慮も必要ですが、恋人同士ということは安心して意見交換ができることもあるのです。

3.片思いしている時間は楽しい


片思いしている時間というのは、非常に楽しい時間です。

「もしかしたら、告白したら振り向いてくれるかな」というようなことを考えてワクワクし、どうにかして振り向いてほしいというアプローチするのは楽しい時間です。

毎日ドキドキしている

このドキドキというのは、非常に幸せなドキドキですので、毎日ドキドキできて非常に幸せな気持ちになります。

ちょっと仕事がしんどくても、例えばその仕事先にその片思いの相手がいるということであれば、見るだけで毎日ドキドキできるということで、仕事も楽しく思うぐらいに会社勤めが楽しくなるということもあるかもしれません。

学生さんでもアルバイトをしたりしてることによって、そのように仕事とドキドキというのと両立させることができるかもしれませんね。

相手に会えるだけで幸せな気分になる

片思いは相手に会えるだけで幸せな気持ちになります。

毎日の彩りのないと思うような変哲のない生活でも、相手に会うだけでそれが非日常のような幸せに繋がっていきます。

ですので、片思いは非常に楽しく思うところがあります。

4.傷つかない恋愛はない

確かにこのように恋愛関係は、良いものもありますが、当然傷つくこともあります。

この傷つくことがあるからこそ、恋愛から遠ざかりたいと思っている人もいるのかもしれませんが、やはりなんだかんだ言って傷つかない恋愛関係はありません。

もしかしたら振られるかもしれませんし、嫌なことも言われるかもしれません。

ですが人間関係において、なんだかんだ言って全く無傷でいられるということは、そんなにありません。

傷つき乗り越えることで成長する

人に優しくできる人は、やはり傷ついた経験があるからというのもあります。

もちろん、想像で「このようなことをしてはいけない」というな想像に長けているような人もいるでしょう。

ですが良かれと思ってやったことが、実は傷つくことだったということもよくあります。

このようなことは、体験しないと分からないところがあります。

ですので傷ついたことによって、このような成長を遂げることができるのです。

もし、このようなことをして怒られたということであれば、次からそれをやめることによって怒られることを回避することができるでしょう。

恋愛は傷つくことによって育まれる

このようなことから、傷つくことによって「次はどうしたらよいのか」ということを考えることができます。

ですので傷つくというのは、決して悪いことでありません。

このようによくないことがあったからこそ、次はこうしようとか、こういうことはやってはいけないなと思うところもあるのです。

恋愛関係は深い関係性であることから、深く傷つくことがあります。

もちろん友達関係においても、傷つくことはありますが、それの比ではないぐらいに傷つくこともあるでしょう。

ですが恋愛は関係性を築くことによって育まれるところがあります。

ですので傷つくを恐れることなく進んでいくということで自分の成長に繋がるのです。

傷つくことを怖れないで恋愛してみませんか

恋愛をしない人の中には、傷付くことを恐れて恋愛をしない人がいます。

そのような人も本心では恋愛をしたがっています。

少しの勇気を出して、恋愛をしてみませんか?上手く実らないこともあると思いますが、行動すれば結果が伴います。

必ず良い相手に巡り合える時が来るでしょう。

一度きりの人生です。

時には勇気を出して、本心から望む自分になることを目指しましょう。