現代社会では、新卒から就職をしても約3年で仕事をやめるのが当たり前といわれていますね。

もしかしたら、もう既に会社をやめようと計画しているかもしれませんね。

また、新卒からの新社会人だけではなく、今の会社に勤めて数年経つ方でも転職を考え、会社をやめようと計画しているかもしれません。

しかし、新社会人であれ、社会人になって数年経つ方であっても、今の仕事を手放すのは、とても難しいですよね。

それにどのようにして仕事をやめればいいのかも、分からないはず。

そりゃそうです。

誰だって仕事をやめることは、あまり経験しないものですから。

 この記事では、今の仕事をやめる正しいやり方をご紹介しています!仕事をやめるためには、それなりの手続きとそれらを行う手順というものがあるのです。

アルバイトでは、その仕事をばっくれてやめたことのある方がいるかもしれませんね。

しかし、大人として契約することで社員として働くのとはわけが違います。

一人の大人として、退職する上での正しいマナーを知り、正しく手順を追って晴れやかに退職しましょう。

そして、次の仕事に影響が出ないようにしておきましょうね。

正しい退職マナーで仕事を辞めよう

 あなたがこの記事を閲覧しているということは、今まさに「仕事をやめよう」と考えているのではありませんか?この世の中にはさまざまな仕事がありますね。

あなたに合う仕事もあれば、あなたには合わない仕事もあるのも然り。

しかし、あなたに合わなかったり、明らかにブラック企業と思われる会社でずっと働くとなると、これからの人生そのものがお先真っ暗になってしまいますよね。

私たちは仕事をするために生きているのではなく、生きるために仕事をしているのです。

また、その人の個性を生かすためにも仕事というものは存在します。

 さて、あなたが今就いている仕事ですが、やめるにあたってどのような手順をふんだらいいのか知っていますか?学生時代にアルバイトをしていた頃は、「やめる1ヶ月前には申請せよ」だの、「やめるためにんはそれなりの書類にサインしなければならない」だのといろいろなことを聞いたかもしれませんね。

それは、企業に勤めている方がその会社をやめる際に行なうのと同じなのです。

厳密にいえば、会社で働いていた社員の方の方が、もっと綿密な仕事をやめるための手順があるといわれています。

それぞれの仕事や企業によって、サインする書類や用意するものなどは異なってきます。

しかし、どの業界でも平等に同じである退職マナーというものを守ることによって、企業側とすっきりとお別れすることができるのです。

会社を辞めた後にやめた会社からずるずると何か文句を言われるのもいやなはずです。

次に就職する会社に行く前に、きっちりとリセットをしたいものですよね。

仕事をやめる上でのやるべきこと、そしてその手順や仕事をやめるときに起こりがちなトラブル、そして仕事をやめる前にやっておくべきことをチェックしておきましょう。

これらを知っておくことで退職することに難しさを感じませんし、何かあったときにスムーズに対応することができるようになりますよ。

知らないよりは知っていたほうがいい「退職マナー」ですから、今は退職する気持ちがなくても知識として知っておくべきでしょう。

仕事辞めるための4個の手順!

 「仕事をやめよう!」と心に誓うことがあっても、なかなか仕事をやめるために行動をすることができていない人がいます。

そのような人は、本当にやめたいと思っていないかまたはやめる方法を知らないからではないでしょうか。

会社をやめたいやめたい、こんな仕事やりたくない、もっとやりたいことがあると思いながら、現在の仕事をこなすというのは、気持ち的にとても苦しいものがありますよね。

だって自分の人生は今のこの現状のハズではなく、まるで誰かの人生を生きているような気持ちになってしまい、自分の人生を生きることができていないのですから。

そんな風に思いながら生きていては、あなたの才能も眠ったままになり、お顔もだんだん暗くなってきます。

それにブラック企業にガマンして勤めていては、うつ病などの精神疾患を招くこともありえるのです。

そのように心に大きな負担になる前に仕事をやめましょう。

 ここでは、仕事をやめるためのあなたが行なうべきリストを用意しています。

まずは仕事をやめることを周囲の方に伝えることから始まり、離職票の確認まで4つにわけてリスト化しています。

仕事をやめるときには、必ずこの4つのステップは踏むように心がけましょう。

では、それぞれ詳しくみていきましょう。

①退職意思を周囲に伝える

 多くの人は、ふとした瞬間に仕事をしている最中に「仕事をやめよう」と思いますよね。

それは、法定外時間労働を無理やりにさせられていたり、それが当たり前になってしまっていることもあれば、現在の仕事内容に納得することができないということもあるでしょう。

仕事をやめようと考える原因は、人それぞれですね。

どんな理由にせよ、仕事を本当にやめることにしたときは、その仕事をやめるということを周囲の人に伝える必要があります。

なぜだと思いますか?仕事をやめてしまうのだから、そのようなことは周囲には関係ないと思われるかもしれませんね。

しかし、周囲の人たちはあなたが会社がやめても、その会社に残ることになります。

あなたがするべきはずだった仕事の埋め合わせをその方々が行なうことになるかもしれないのです。

もしも、あなたが営業職であるならばあなたの顧客をほかの方に任せることになりますね。

あなたの今まで行なっていた仕事のポジションを誰かが埋めなくてはならなくなるのです。

誰一人として、必要ない人間はいないのです。

ですから、周囲に方に退職する意思を伝えるということは、周囲の方々の心の準備にもつながるわけなんですね。

あなたが逆の立場だったときのことを考えて見ましょう。

何も言わずに会社をやめていった人の仕事を急に任されるのと、「あの人はやめるから仕事がまわってくるかもしれない」と心構えできているのとでは、まったく状況が違いますよね。

ですから、どんなに言いにくくても周囲の人には、必ず退職意思を伝えるようにしましょう。

まずは上司に相談

 まずはじめにあなたが会社をやめようとしていることを上司に相談しましょう。

直属の上司でもかまいませんし、そこにあなたの気持ちをしっかり話すことのできる相手がいないのであればほかの部署の仲の良い上司でもいいですよ。

まずはあなたがどうしてやめたいのかということを、あなたの先輩である上司にしっかり聞いてもらいましょう。

そして、あなたのやめる理由やその現状について何か話してくれるでしょう。

やめたほうがいいとアドバイスされることもあれば、その会社にとどまるように引き止められるかもしれません。

というのも、そのような場合でも今あなたが悩んでいることについて何かしらのアドバイスをくれるはずですから、あなたよりも数年長くいきている人の第三者の声をきいて、もう一度会社をやめるか検討するのも良いでしょう。

同期にも協力してもらう

 会社をやめたいことややめることは、上司の次に同期に伝えるようにしましょう。

といっても、親しい場合の多い同期には、仕事をやめようか悩んでいる段階ですでに話してしまっていることがあるのではないでしょうか。

その相手が信用できるのでれば、問題はありません。

しかし、あなたがやめようとしていることを周囲にいいふらす人もいるので気をつけましょう。

また、仕事をやめる決心がついているときに上司に離職票を提出するのは、なんだか億劫ですよね。

そんなときこそ、同期の力を借りて背中を押してもらいましょう。

同じだけ働いてきた仲間である同期ですから、あなたに寄り添ってあなたが退職できるようにサポートしてくれるはずですよ。

退職理由は必ずしも本音でなくていい

 会社の人(上司や同期、部下)に退職する旨を伝えるときに、なにかしらの退職理由が必要になります。

あなたは本当は、その会社のお給料が気に食わなくてやめるかもしれませんね。

または、上司や同期と馬が合わずに仕事のしづらさを感じて仕事をやめようとしているかもしれません。

どのような理由にせよ、その退職理由を正直に相手に伝えるのってなんだか心ぐるしいものがありませんか?そのような場合は、正直にその退職理由を伝えなくてもいいのです。

社会では、何かにつけて理由を必要とします。

ですから、建前としての退職理由でもかまわないのです。

「仕事に通えないくらいの精神がやんでいる」・・・でもいいのです。

(しかし、会社によっては医師の診断書を求めるところもありますよ)うそでも本音でも、退職する前には退職する理由を伝える必要があるんですね。

②引き止められた時の対策を練る

 退職する旨を誰かに相談したり、話したりするときまって誰かしらに引き止められることがあります。

あなたはそれだけその会社に必要とされている方だったのですね。

しかし、そのように引き止められても「会社をやめよう」と心の奥で決断した場合は、ゆらぎませんよね。

それどころか、そのように引き止めてくれてうれしさを感じる反面、足をひっぱられているような気持ちがして気が気でないことも。

そんな場合にはどのように対応すべきなのか2つしっておきましょう。

これじゃなくてもあなたなりのやり方があれば、ぜひそれを実践してみてくださいね。

退職用の理由を用意しておく

 仕事をやめようとしているのを止める人は、あなたの存在をとても貴重に思っている人のはずです。

しかし、そのような人にとめられてもやめるものはやめるのですから、ちょっと足手まといですよね。

そんなときに、引き止められなくなるほどの退職理由を用意するといいです。

人は曖昧な意見をもっていると、簡単に意見をくつがえされてしまうものです。

もしも、あなたに仕事をやめる本当の理由がなくても、それなりの退職用の理由を用意しておくべきです。

そうすれば「どうしてやめたいの?」なんていう質問攻めにあったとしても、あなたの心の軸ができているので揺らぐこともありません。

社会では、一言いったことを後になって訂正するのはなかなか難しいですよね。

たったそれだけで悪者扱いされることになってしまいますから。

気持ちよく退職するためにも退職理由は用意しておきましょう。

退職させてくれないケースもある

 仕事をやめようという気持ちがあったとしても、一部企業では退職させてくれないこともあります。

その理由として、あなたの代わりになる人がいない場合などがあげられます。

そのような場合はあなたのポジションに就いてくれる人が現れえることでやめることができます。

しかし、優良企業では「やめたい」という気持ちを尊重してくれることが多いので、もしもあなたの退職を拒否するような企業であれば、やめて正解ともいえます。

それはあなたが新しい職場で活躍することをひがんでいたりすることで、やめさせてもらえないんですよね。

だからといって、本当に精神的に苦しいと思っているような仕事の現場にわざわざ行く必要はありません。

数日休むことで、本当にその職場にいたくないのだという気持ちも主張する必要もあるかと思います。

しかし、場所によってはそのような行動を起こすことで、それ以前よりも冷たくあしらわれたりするので、休むのであればそのまま縁を切るくらいの覚悟が必要でしょう。

どんなに申請をしてもやめさせてもらえない場合は、国の厚生労働省などに相談することもできますから、国の制度を頼ることを忘れないようにしましょう。

一人で抱え込まず、親族や仕事以外の友人に相談するなどして、心の負担も減らしましょうね。

③退職が認められた時は具体的な日付も決めよう

 退職することを決めたら、離職票を提出しますね。

その離職票がとおり、退職することが認められた場合には、具体的にいつ頃に退職するかということも決めていきましょう。

「やめる」と言っている人がいつまでも職場にいるのは、周りの人にとってもあなたにとってもあまりよろしくない環境なんですね。

お互いにどのように接したらいいか分かりませんし、腫れ物を触るように接してしまいがちです。

そのことでお互いの関係が悪化してしまっては、晴れやかな気持ちで退職できませんよね「終わりよければよべてよし」なんて言葉があるように、退職する際は晴れやかな気持ちでいられるようにしましょうね。

また、日付を決めることでそのお仕事に一生懸命取り組むことができるようになるはずです。

1ヶ月前がオススメ

 だいたい退職する日程というのは、申請してから1ヵ月後であることが多いです。

1ヶ月もこんな仕事をしたくない、今の職場に行きたくないなんて思うかもしれません。

しかし、この1ヶ月というのは社会的に暗黙のルールみたいなものになっていますから、よほどのことがない限りは守りましょう。

事前に引継ぎプランを考えておく

 また、退職する際にはあなたがこれまでにかかわってきたお仕事の引継ぎも考えなければなりません。

だって、あなたがやめたからといって、そのお仕事が終わるということではないですよね。

それにあなたが関わってきた顧客様のデータの引継ぎもあることでしょう。

あなたがやめても、あなたが現在働いている会社は続いていくのです。

もしも、あなたが引き継ぎもせずに退職してしまった場合は、会社に残った人たちの混乱を招きます。

それだけではなく、会社の利益にも大きく関わってしまうのです。

ですから、退職する1ヶ月前からは引継ぎのプランまでもしっかり考えるようにしましょう。

④離職票の確認

 離職票を提出するといっても、これまでに退職したことがない方はどこをどうチェックしたらいいのか分かりませんよね。

そんなあなたに2つのポイントでチェックするのをおすすめしたいと思います。

最低限でもこれだけはチェックしておくことで、すんなりとスムーズに離職することができるのです。

雇用保険

 まずは雇用保険についてです。

就職するとともに多くの人が加入することになる雇用保険ですが、退職することで失業保険を申請することができるようになります。

失業保険は、離職票が届いたときから申請できますが、お近くのハローワークへ足を運ぶことになります。

そちらで申請し、認定がおりるとお金が振り込まれるシステムです。

その金額ですが、仕事をやめた理由や雇用保険の加入していた期間によって大きくかわるので、あますことなく申請するようにしましょう。

次の仕事を探すまでの期間にお金がなければ就職活動の準備をすることが困難になり、働くことが難しくなってしまうかもしれないですよね。

そのように自分が不利になる事態を招かないためにもしっかりと手続きをとるよにしましょう。

年金保険

 退職をしたら、年金も変更しなければなりません。

今、会社に勤めている方は厚生年金に加入していますよね。

その厚生年金の脱退手続きは、今現在の会社がおこなってくれます。

しかし、国民年金への加入は自分自身で行なわなければならないんですよね。

退職をした日から14日以内に、あなたのお住まいの市区町村の年金窓口へ出向かう必要があります。

そして、年金手帳、印鑑、退職が証明できる離職票などと、身分証明書を忘れずにもっていきましょう。

退職から14日以内に行なわないと、国民年金の手続きができなくなってしまうこともあるので、退職をしたら翌日にでも行くことをおすすめします。

忘れがちなことですが、とても大切なことですから忘れずに申請しにいってくださいね。

詳しくは、あなたのお住まいの市区町村のホームページの年金についての項目を熟読しましょう。

(まれに市区町村で必要な書類が異なる場合があります)

仕事辞める前にやっておきたいこと

 仕事をやめる前にやっておきたいこととして、確実におこなっておいてほしいものをこれまでにご紹介してきました。

しかし、それだけでは心配なことも多いのではありませんか?もう少しほりさげて、仕事をやめる前にやっておいてほしいことをご紹介します。

あなたの退職がスムーズになるように、まずはこれらだけでもしっかりと押えておきましょう!

①退職意思を周囲に伝える

 退職したい!という気持ちがあっても、なかなか周囲の人に伝える気持ちになれないかもしれませんね。

それはあなたの心が揺らいでいるからでしょう。

本当に辞めるという気持ちがあれば、それが軸となり、誰かに何かをいわれても、足をひっぱるようなことをされても気にすることがありません。

それでも気にしてしまうのであれば、あなたの心が「やめるかやめないか」まだ迷ってしまっているのでしょう。

しかし、そんなことで迷っていても月日はどんどん過ぎていきます。

あなたがチャレンジしたい仕事の求人の枠がうまってしまうかもしれないのです。

それでもいいのでしょうか?誰かの意見で生きていて楽しいのでしょうか?あなたの人生は、あなたがコントロールするものですよ。

あなたが動かなければ、あなたの人生は変わらないのです。

次の転職先を決めておくと辞めやすい

 もしも、誰かに退職する旨を話したとして足を引っ張られるのがいやだとか、引き止められるのがいやだと考えているのであれば、もうすぐにでも就職活動を始めてしまいましょう!もしも、まだ就職活動する準備が整ってないのであれば、あなたがチャレンジしたい転職の分野を絞っておくといいですよ。

そうすることで、あなたの未来はその瞬間に決まります。

ですから、そのような未来の道がみえているのに、誰かに足を引っ張られるということがないのです。

足をひっぱられている、と感じるどころか「自分は必要とされていたんだなぁ。ありがとう」なんて感謝の気持ちまで抱けるようになりますよ。

何事も先回りして、心の余裕を作ってしまえばいいのです。

どうやって引き継ぐかの計画を立てる

 あなたがこれまでに、その会社でがんばって積み上げてきたお仕事がありますよね。

それは、あなたが会社をやめてもずっと引き継がれるものになります。

仕事に終わりはありません。

その仕事をそのまま放置して会社をやめるなんてことをしては、立派な大人とはいえませんよね。

でもそのお仕事をどのように引き継ぎすればいいのか、なかなか難しく感じている方もいるのではないでしょうか。

まずは、あなたが今現在抱えている仕事やプロジェクトをリストアップしてみましょう。

そして、その仕事を引き継ぎすることができそうな社員を探し、見当をつけ、お名前も記載してみましょう。

そして、後日にその方たちにしっかり0から100までを仕事を引き継ぎするのです。

場合によっては、社員が勝手に引継ぎをしなくても、気を利かせて振り分けてくれる上司もいます。

まずは、上司に相談してみると状況がやんわりと終わるかもしれないですね。

このような引継ぎは、とてもめんどくさいと感じてしまう方もいますが、決して怠らないようにしましょう。

退職した翌日に、その会社の社員から電話がかかってきて、仕事についての質問をされたら仕事をやめた気持ちになれません。

それにあなたの心が、うそ路が身をひかれているような気持ちになるでしょう。

そうならないためにも、会社に残る社員たちのためにもしっかりと引継ぎを行なうようにしましょう。

仕事辞めるときに起こりがちなトラブル

 では、実際に仕事をやめるとなったときにそんなに簡単に退職できるのでしょうか?きちんと段階をふんで、適切な行動をし、それなりの対処をしてきた方はすんなりと退職することができるはずです。

しかし、何かの手続きが怠っていたり、不十分なところがあるとスムーズに退職することができなくなってしまうのです。

そんなのいやですよね。

誰だって、トラブルなく、笑顔で仕事を終わりたいものです。

ここでは、仕事をやめるときに起こりがちなトラブルを4つご紹介しています。

そのトラブルが起きないように、事前に先回りしていきましょう。

そして、スムーズに退職できるように退職するその日までは、気を抜かずにすごしていきましょう。

退職日を都合の良いように決められてしまう

 退職する旨を上司などに伝えたとして、本来なら退職する日程というのは自分で決めることができるものです。

しかし、陰険な会社であったりすると退職する日程を会社側の都合で決められてしまうことがあるのです。

退職する旨、そしてそれは退職理由と一緒に伝えているはずです。

それでも「人が足りないから」だとか「君がいなきゃこまる」だとか「あと半年働いたらやめていい」なんて曖昧なことをいってくるんですね。

退職する気持ちを意を決して伝えているのに、やめる日がどんどん先延ばしにされてしまうんです。

ですから、退職する旨を伝えるときにはやめる日程も伝えてしまいましょう。

それでも日付を変更してほしいといわれることもあるんですが…。

会社の都合で決められた日に退職することができればまだ良いほうですが、ずるずると退職の日程を延ばそうとする意地悪な人間も存在するので注意です。

そのような場合は、一人で悩まずに厚生労働省に相談しにいきましょう。

退職を認めてくれない

 退職する旨を伝えることができても、退職させてくれない会社も存在します。

そのようになってしまうと「こんな会社にいつまでもいなくてはならないのか」と会社に縛られているような気持ちになってしまいますよね。

しかし、退職する気持ちがあるのであれば退職させなければならないのが会社側の責任です。

あなたがその会社に入社するときの契約書をしっかり読み返しましょう。

そして該当する箇所をしっかりチェックし、それを持ち、抗議するといいでしょう。

それでも応じない場合、やめさせようとしてくれない場合、まるで話をきいてくれない場合は、迷わずに厚生労働省に連絡をしましょう。

契約違反にあたりますから、最悪の場合、裁判を起こすなんてことになるかもしれません。

もしも、そのような行動をする気持ちもおきないのであれば、その会社の言い分は一切無視する、くらいの度胸を持つことも必要ですね。

あなたの人生なのに、会社に縛られる必要はないのです。

年代にもよりますが、会社人間として働いてきた人たちはやめようとする人をとめようとする傾向があります。

その方がメインで働いてきた時代とは大きく変わっているのを理解できていないんですよね。

ああ、残念な人なんだなくらいに思うようにして、あなたは退職できるように行動しましょう。

有給休暇の消化を認めない

 退職するとなると、それまでに溜まっていた有給休暇を消費することになりますね。

それまでは、一生懸命に働いていればいるほどに有給休暇は多く残っているのではないでしょうか。

有給休暇は休んでもお給料は発生しますから、休まない手はありません。

優良企業であれば、ほんの数日であってもしっかりと有給休暇をとらせてくれます。

しかし、陰険な上司・社員のいる会社だとそんな休んでいないで最後まで働け!と言って来ることがあるんですね。

有給休暇を使えなくても、その会社とはもうすぐでさよならすることができるのですから、働いてみませんか?しかし、このようなことにかなり怒りを覚えたのであれば、厚生労働省に相談するのもひとつの手ですよ。

退職金制度があるにも関わらず認められない

 会社によっては、退職するときにお金を受け取ることができる退職金制度を設けていることがありますね。

優良企業であれば、しっかりと退職金を支給してくれます。

社員たちに感謝の気持ちをもっているからこそ、優良企業であり、社員からも好かれる会社なんですよね。

しかし、その退職金制度を利用させてくれない会社もあるんですね。

そのような場合、契約違反にあたります。

要するに、訴えることが可能になるのです。

裁判を起こすことになるとかなりのお金が必要ですから、まず行動する方は少ないかもしれません。

それでも、退職金がもらえないのは不平等に感じられますよね。

しかし、あなた一人で行動をしたとしてもその退職金がもらえる可能性は低いです。

この記事で何度も登場していますが、厚生労働省の相談センターに電話をかけて、その事実をすべて話してみるのがいいでしょう。

会社といえばあなたよりは強い立場かもしれませんが、国が敵にまわるようなことは絶対にしないはずですから。

そのような事態になってしまえば、その会社とは笑顔でお別れすることができないかもしれません。

でも、あなたがガマンしていては何も変わりません。

あなたがガマンせずに第一歩を踏み出すことで、あなたに続いて退職する人たちが笑顔になれるかもしれないのです。

あきらめずに、退職をしたらその会社とは縁を切ってもいいのですから、そのくらいの気持ちで挑んでいきましょう。

【会社を辞める時にすべきことについては、こちらの記事もチェック!】