あなたには趣味はありますか?
人によって楽しいと感じる事ってそれぞれですので、人によって趣味だったり、好きな事は違いますよね。

体を動かすのが好きな人もいれば、体を動かさずに、何かをするのが好きという人もいます。

スポーツが好きな人もいれば、読書するのが好きだという人もいますし、読書はするけど、小説が好きな人もいれば漫画のみが好きな人もいます。

今回はそんな漫画好きな方にお勧めの内容となっています。

今回ご紹介する漫画をまだ見た事がないという方には是非読んでいただきたい内容となっていますので、是非色々知ってみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

『彼氏彼女の事情』を解析!

今回ご紹介する漫画は、『彼氏彼女の事情』という漫画になっています。

乗除漫画なので、女性の方には非常に人気がある漫画なのではないでしょうか。

一度はタイトルも聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?
こちらの作品は非常に人気な作品で、漫画が元々だったのですが、そこから人気が出てきて今ではテレビアニメ化されるなどの人気ぶりとなっています。

是非まだ見た事がないという方には非常におすすめの内容となっていますので、気になる方は是非ご紹介内容とみてくださいね。

1. 作者について

こちらの漫画は、作者が津田雅美さんという方が書いており、日本の少女漫画となっています。

代表作がこちらの『彼氏彼女の事情』であり、カレカノと略されるほど愛されている作品になります。

それ以外にも、有名な作品として『会えてよかった』などを執筆しており、賞を獲得するなどの非常に実績のある作者さんになります。

元々少女漫画自体はあまり読んだ事がなかった過去を持っており、急に高校生になってから読み方なども理解し、そこから色々好きになっていったというから以外ですよね。

非常にこちらの作者さんは面白い方で、新しい新人の人が作業場に入ってきた時には、自分が大好きなマイケルジャクソンさんのPVを見せて、どれだけマイケルジャクソンさんがすごい人なのかという事を毎回語ると言われているエピソードを持っているのだそうです(笑)

2. 出版年はいつ?

元々出版されたのは1996年の2月号に出版されており、そこから2005年の4月まで連載をしていたとの事です。

非常に長い間連載をしているという事もあり、どれだけの人気があったかという事が理解できますよね。

長い間愛されている作品はやはりそれだけ面白いですし、魅力的な作品であるという事の照明にもなります。

全部で21巻まで発売されており、掲載誌はLaLaに掲載されていました。

3. テレビアニメにもなった

その人気ぶりから、火が付き最終的にはテレビアニメとして放送されるようになるまでになりました。

アニメからテレビになるっていうのは非常に人気が高かったという事に繋がります。

そして、なんとアニメの監督があの庵野秀明さんが務めているというからびっくりですよね。

庵野秀明さんは映画などでエヴァンゲリオンを担当したりなどの実績もある方になるので、非常にビッグな方であるといっても間違いはないでしょう。

それだけテレビアニメに力を入れられて作成されたのですね。

4. 略称

略称はカレカノと呼ばれており、非常に読びやすいタイトルにもなっています。

内容自体も、非常に女性が好きそうな内容になるので、ファンになる方はかなりたくさんいらっしゃったのも、アニメ化されたという事にも繋がっているのではないでしょうか?
まだカレカノを見た事がないという方には、是非原作から読んでいただき、アニメなども楽しんで頂ければと思います。

5. 翻訳されて海外でも出版される人気ぶり

その人気の高さは国内だけでなく、なんと海外にまで出版されるなどの人気ぶりを博しています。

海外に出版されるというのは非常にすごい事であり、光栄な事ですよね。

海外でも有名な作品といえば、日本の漫画だとドラゴンボールとか、ワンピース、ナルトなど、非常に大手の連載アニメなどが多い中で、少女漫画が海外に出版されるというのは非常に嬉しいですよね。

日本の漫画がやはり絶大な威力を持っているという事と、どこでも読まれて面白い内容になっているという事が証明できるのではないでしょうか。

6. ストーリーの概要

気になるストーリーについてご紹介していきたいと思います。

ストーリーは、県内で随一の進学校である高校が舞台となっています。

高校生の主人公である雪野は非常に優等生で、成績優秀、運動神経抜群、容姿端麗、といったすべてのステータスを兼ね備えた女性です。

ただ、実際は虚栄心の塊で、必死にそんな自分であるために努力を重ねているような人物でした。

主人公がずっと狙っていたポジションであり、新入生総代をなんともうひとりの男の主人公である、総一郎が奪ってしまったのです。

総一郎も当然ながら、運動神経抜群、成績優秀、美形というすべてのステータスを兼ね備えている人物でした。

そこから二人の関係は始まり、ライバルになったり、意識したり…すれ違いがあったりというような展開となっています。

女性にとっては非常に好きなストーリーになっているのではないでしょうか?

7. 劇中劇「鋼の雪」

こちらは別で、鋼の雪という文化祭の劇中劇をシナリオとして発表しています。

元々は登場人物である亜弥という女性が漫画の中で書いていた脚本を実際にシナリオとして打ち出しているような形になっています。

同じ漫画でも、二度楽しめるような形になっているかと思いますので、非常に面白い内容になっているかと思いますよ。

あらすじとしては、若き天才学者である、レンが、突如失踪、遠く離れた惑星でコールドスリープに入り移住するというあらすじとなっています。

こちらもしっかりとストーリーが作成されているので、是非気になる方には見て頂けたらなと思います。

登場人物について

さて、こちらのカレカノですが、たくさんの登場人物が登場していきます。

なので、最初はなかなか覚えられないかもしれませんが、実際に漫画を見たり、アニメを見たりすればすぐに印象は強くなるかと思います。

たくさんの登場人物がそれぞれのストーリーを持っているので、非常に楽しめる作品となっています。

登場人物同士の恋愛などもあり、見ているこちらも恥ずかしくなるような内容もありますので、是非気になる方には見て頂きたいと思います。

それでは登場人物を細かく見ていきましょう。

1. 主人公は二人

登場人物についての項でもお話しした通り、こちらの作品にはふたりの主人公が登場します。

ふたりとも超優等生でありながら、心のなかで様々な事を感じていたり、それぞれが秘めた思いなど、様々な事が描かれている作品になります。

主人公はふたりとも非常に個性的で、さらに非常に高スペックで羨ましいとおもいながら見てしまいそうな人物です。

是非この主人公についても詳しくご紹介していきたいと思います。

2. 宮沢雪野

まずは第一の主人公、宮沢雪野です。

愛称がゆきのんという可愛らしいニックネームで呼ばれており、子どもの頃から他人から浴びる称賛などに快感を感じており、周りによく見られたい、ちやほやされたいという思いを非常に強く持っている人物なんです。

なので、子どもの頃から非常に努力かでありながら、すべては他人からうらやましがられたいという思いを持っている人物になります。

こう見ると承認欲求の塊のような感じがしますが、現在の日本でも大部分の人はこのような思いは少なからず持っているのではないでしょうか?
承認欲求は誰でも持っていますし、それが大きいか小さいか、目に見えるほどか見えないくらいかという違いになるかと思います。

1. 性格

性格は非常に外と内でのギャップが強いという面があります。

これも普段は周りから良い人と思われたいという思いもあり、周りからうらやましがられたいという思いから、良い人を多少なり演じてる部分からきているのでしょう。

ただ、普段は周りから良い人と思われる自分を演じている分、家では非常にギャップがあるような自分だったりするので、家では変態扱いされているなどの一面も持っています。

こういった性格だと非常に疲れてしまいやすそうですよね(笑)
でも、これが基本になっており、無意識のうちにこのような行いをしてしまうほど周りへの受け止められ方を意識しているのでしょう。

2. 育った環境

元々の見栄を張りたいという思いが強かったため、小さいころからそのために出来る努力は非常に細かく行うなど、努力家な一面を持って育っています。

なので、小さいころから様々な事が出来る人間であり、勉強はもちろん、運動であったり、品性なども兼ね備えている幼少時代を過ごしています。

金融ビジネス誌が愛読書というほど、学生でありながら変わっているが、そういった成長を遂げたからこそそのような事にも興味を持っているのではないでしょうか。

3. 成長と変化

宮沢雪野も内容が進んでいくにつれて、どんどん精神的にも成長していく面が見られます。

当初と違い、自分の殻を破る事に成功し、見栄を張るという事をやめて、本来の自分を見せる事が出来るようになると、どんどん親友も増えていき、本来の自分を出せるようになります。

持前の努力家の一面であったり、負けず嫌いの性格はそのままで、しっかりと自分の意思を持ち、行動出来るような強い人間へと成長していく面も見る事ができます。

3. 有馬総一郎

次のご紹介するのが、もうひとりの主人公である有馬総一郎です。

ニックネームはそのまま、ありまと呼ばれています。

こちらの第二の主人公もやはり容姿端麗でありながら、勉強も出来、スポーツも出来るとぴう完璧な人間です。

完璧であるからこそ、先ほどご紹介した雪野との間でいざこざが生まれたり、その二人にしか感じられない事などもあったりと、やはり主人公になるべく生まれてきたような人間ですね。

ここからはこの第二の主人公である、有馬についてご紹介していきたいと思います。

1. 性格

性格はやはり優等生とよぶべきもので、非常に完璧な性格です。

真面目であり、雪野とは違い、学校でも家でもしっかりと優等生であるような行動を行っています。

ただ、実はその見た目とは裏腹に、心の中には隠し持っている自分があります。

物語の中に触れる内容なので、あまり細かくは記載はしては面白くないかと思いますが、これまでに育ってきた環境だったりの影響もあり、自分の中に闇を持っています。

そういった面も含めて、雪野と出会い、彼女と様々な経験などを経て、有馬も成長していくという所がやはり一番物語が面白い部分になるのではないでしょうか。

2. 育った環境

有馬の育った環境ですが、もともと医者の名家に生まれていますが、ある事から疎ましがられているような環境で育っています。

そういった環境もあり、有馬自身も常に優等生でいなければいけない、常に良い自分であり続けなければいけないという半分脅迫概念のようなものを持っている状況になっています。

そういった事も関係してか、優等生としての自分を演じているような形になっているのでしょうか。

そういった面では雪野と有馬は対照的であるという風にとらえる事が出来るのではないでしょうか。

きっと有馬からすると雪野がうらやましいと感じるのではないでしょうか。

4. 雪野の両親

雪野の両親は、にぎやかな両親で、非常に周りから見ても羨ましいと思われるほど仲良しな家族です。

よくあるドラマの中のにぎやかな家族の一面を想像していただければと思いますが、それほど仲良しであり、本音で甘えられるような関係性を築いています。

ありのままの自分でいられるような環境であり、非常に良い家族であるという描写で描かれています。

5. 総一郎の両親

一方、総一郎の両親は非常に残酷な人で、幼少期に虐待を受けたり、最終的には捨てられたりと、非常に悲惨な過去を持っています。

思い出としては、暴力をふるわれたり、冷たくあしらわれたりなど、まったくといっていいほど良い思いは持っていない状況になります。

そういった面もあってか、やはり雪野の家族と対照的であり、非常に羨ましく思っている面が描かれています。

もしも、自分がそのような状況にと考えただけでも、非常にぞっとしてしまいますよね。

気丈に明るい自分を演じている高校生の総一郎はそれだけでも非常に強い人間であるという印象を受けますよね。

6. 多彩な友人達

カレカノにはたくさんの登場人物が登場するという事をご紹介しましたが、非常に個性的な登場人物がたくさん登場します。

今回は、そんな魅力的な登場人物に関してご紹介していきたいと思います。

是非これからご紹介する登場人物を知っていく中で、気になる登場人物だったり、呼んでみたいと思ったのであれば、是非本を手に取ってみて頂ければと思います。

非常に魅力的なキャラクターばかりなので、どんどん漫画の世界に引き込まれていくかと思いますよ。

それでは見ていきましょう。

1. 浅葉秀明

まずは、主人公の同級生で、相性はあさぴん、あさぴょんと呼ばれる浅葉秀明です。

主人公である総一郎と同じく、非常に美形であり、モテモテな人物です。

アイドル的存在であり、非常に魅力的な人物なのですが、秀明も様々な事を抱えている様子です。