中学生にとってキスはとてもドキドキするもの。初めてだからこそやり方も分からないですよね。

恋愛の思い出として、よく話題に上るのが『初カレ・初カノ』や『ファーストキス』の話です。どんな事でも、初めての事は良く印象に残るものです。良くも悪くも、その後の基準となる思い出だからです。

これから恋愛をして、様々な経験を積んでいくであろう学生の皆さん。どうか自分は勿論、相手にとっても素敵な思い出となるような気持を持って行動してください。

中学生のキスのおすすめシチュエーション5選

始めてはなんでも印象に残ります。だからこそ、多くの人が憧れを持ち、想像を膨らませるのです。

もし、あなたが中学生で初キスをするとしたらどんなシチュエーションに憧れますか? 最も人気が高かったのが、放課後の教室 です。

普段みんなと過ごしている場所だからこそ、そこで好きな人とキスをするという非日常的な行動に憧れを持つ人が多く居るのかもしれません。

もしかしたら、誰かが来て見られてしまうかもしれない。そんなドキドキ感も人気の理由かもしれません。

また、 放課後のデート  相手の家 なんて大人びた意見も多くありました。

場所も大事ですが、友人だと思っていた相手から急にキスされるなんてドラマのような展開にドキドキするなんて事もあります。

1.帰り際や別れ際でのキス

楽しいデートが終わり、別れの時間。まだ別れたくないけれど、あんまり遅くなると親が心配する。

帰らないといけないけれど、帰りたくない。そんな複雑な乙女心を察しての甘いキス。

そんな妄想を膨らませるだけで、思わずニヤニヤしてしまいます。

まだ大人とは言えない、思春期真っ只中の中学生がデートの終わりにそんな展開になって居たらドキドキする事間違い無しです。

映画や本のような素敵なシチュエーションに女子は更にメロメロになってしまう事間違い無し。

こんな男前の行動を取る事が出来る男の子は、将来彼女を喜ばせる事が出来る素敵男子になる事でしょう。

2.特別な日や素敵な場所でキス

中学生に限らず、女性はいつでも記念日などの『特別な日』にこだわりを持つ場合が多くあります。

その為、彼氏の皆さん!そんな時は頑張り時です。

めんどくさいと思うかもしれません。

勝手に記念日を決めないでよと思うような時もあるでしょう。

でもそれも可愛い女心。

その気持ちを大事にしてこそ、恋愛を楽しむ事が出来ると言うものです。

特別な日は、女性の方も今日何かいつもと違う事があるかもしれないと心の準備をしているものです。

その為、普段ガードが堅いあの子も素敵なシチュエーションを用意すれば、次のステップに進む事が出来るかも?!

素敵なシチュエーションでの、初めてのキス。

こんな思い出にのこりやすい出来事は無いのでは無いでしょうか。

将来ずっと忘れる事が無い、キラキラとした物になるでしょう。

3.手を握ったりした後にキス

初めての彼氏・彼女はお互いに探り探りの状態です。

『何?何?この後どうするの??』『こっからどうすれば良いの??』など思わず、心の声が口から出てしまいそうなほど、二人っきりの空間はドキドキしたり緊張したりするものでしょう。

それでこそ青春!それでこそ純愛!!大人になると、どうしても先が読めてしまいます。

だからこそ、そのドキドキ感を体験する事が出来るのは今しかありませ。

その気持ちを十分に堪能してください。

相手との、距離の詰め方が分からなかったらまずは手を繋いで見てはいかが?お互いの体温を感じる事が出来るので、心の距離も近づく事が出来るはず。

そこで相手が嫌がらなかったら、次に進む事が出来るかも?!

4.不意打ちのキス

子供の頃は許されても、大人になると許されない事は多々あります。

これは恋愛に対しても同じこと。

大人の場合、相手に好意を伝える前にいきなり行動を起こしてしまっては完全にアウトです。

最悪事件になってしまう場合もあります。

しかし、子供の場合は口より先に行動してしまう事もあり、許される場合もあるでしょう。

もし、好きな子が居て思いが溢れてしまったら思わずキスしてしまうなんて事もあるかもしれません。

勿論、中学生にもなると好きでもない人からいきなりキスされたら不快に感じる子も居ます。

だからこそ、気を付けなければなりません。

しかし、一応お付き合いはしている。

だからこそ、好き同士の確認は出来ているけれどその先に進む事が出来ない。

なんて思春期真っ只中の状況の場合は、また別問題です。

思い切ってキスしてしまうのも全然ありです。

女性は、多少強引な方が惹かれる事があります。

その為、相手の気持ちばかりが気になってなかなか行動に移す事が出来ない子は思い切って行動してみてもいいかも!

5.優しいキス

初めてのキスはどんな人でも、緊張するものです。

TVなどで、散々見てきたキスシーンもいざ自分がやるとなると頭が真っ白になって上手にできなくなってしまう事もあるでしょう。

まず、初めてのキスをする際は上手にやろうと思わない事です。

だって経験が無いのに、上手も何も分からないでしょう?お互い初めて同士なのであれば、お互いに探りながら練習して行けばいいのです。

初めてのキスは、とにかく丁寧に!優しく!が基本です。

緊張のあまりガッついてしまう人も居ますが、それではムードも何もあったもんではありません。

歯や鼻なんかをぶつけて初キスが痛い思い出になってしまう事だってあるかも。

そんな恥ずかしい思い出にしない為にも、最初はとにかく丁寧に!!

中学生のキスのおすすめの場所3選

キスをするにはやはり場所もこだわると相手も喜んでくれますし、ドキドキします。どんな場所でどんなキスがしたいですか?大事な初キスだからこそ、思い切り理想を高くして行きましょう。

初キスは既に済んでいる方も、青春はまだまだこれから。希望のイメージを膨らませましょう。

「2人きりになれる場所」編

やっぱりキスするシチュエーションとして大事なポイントは、人が居ない事でしょう。だって大事な時に人が来てしまったらムードも何もあった物ではありません。

また、人に見られる事を単純に恥ずかしいと感じる人も大勢居ます。

その為、基本的にはキスをするときは人気のない場所を選びましょう。

一番確実なのは、家ですが学生の頃は相手の家に行くにもなかなか勇気が居る物です。

そんな時は、学校の裏や公園など人があまり行かなそうなポイントをチェックしておきましょう。

ただし、人が考える事は基本的に同じです。あなたが人気を避けて選んだ場所は同じように人気を避けた人が既に先約としている可能性があります。

その為、緊張してそれどころではないかもしれませんが、周りを確認する余裕をお忘れなき様に。

1.相手や自分の家

キスの思い出の場所として最も多いのが、家の中です。外だと人目もあり、中学生くらいの頃はなかなかイチャイチャ出来ない物です。

しかし、室内であれば人目が無い事もあり行動も大胆になります。その為、初キスの場所としては最も多い場所なのです。

相手の家に行く際は、家族が家に居るのか同課が需要なポイントになります。

もし居た場合は、きちんと挨拶を心がけましょう。

ここで評価を下げてしまうと、今後の付き合いに支障が出る可能性もあるので恥ずかしがらずに行きましょう。

家族が居ない場合も油断してはいけません。急にかえってきて、部屋を開ける可能性があるからです。その為、二人っきりのムードに流されず物音には常に注意しておきましょう。

部屋のドアが開かないようにしておくのも鉄則です。物音に気が付いたら、相手が来る前にあいさつに行ってしまいましょう。

先手必勝で、先にあいさつした方がその後心置きなくゆっくりする事が出来ます。

「人目に付かない場所」編

急に、『人目につかない場所』と言われても意外と思いつかない物です。まして、デートの最中でただでさえドキドキしている状態であればなおの事。

ついうっかり『人目につかない場所に行こう』なんて誘ってしまっては相手が引いてしまう可能性だっておおいにあります。

その為、そうならない為にも常日頃から利用出来そうな場所を頭に入れておく事が大切です。

2.放課後の教室

人は、自分が普段生活している範囲の中で行動しようとする生き物です。

その為、中学生の子達は人気が無い場所と言うと放課後の学校を思い浮かべるようです。

確かに、昼間は人が大勢いる教室も夕方になればガランとした状態になります。その為、人気が少ないと判断してもおかしくないかもしれません。

しかし、忘れてはいけないのが放課後にも生徒は沢山残っていると言う事です。

いくら教室に居なかったとしても、部活終わりで急に戻ってくる可能性もあります。

教師に至っては、夜中まで仕事をしている場合もあり、油断できません。

教室は窓が大きいので、部屋に人が居なくても外からばっちり見えてしまってるなんて事もあり得ます。

その為、教室は意外と危険スポットです。同じ学校でも、校舎裏など外の方がかえって人目が付きにくい場合が多々あります。

学校でデートを良くしている方は、参考にしてみてください。

3.誰も居ない公園

キスをするシチュエーションとして、室内の次に多いのが公園です。

まだ家族と同居している中学生のような学生にとっては相手の家に遊びに行く事は、そう簡単な事ではありません。

一度や二度ならまだしも、あまりにも頻繁に行けば相手の親に嫌がられてしまう可能性だってあるからです。

かといって、どこかに行くようなお金もない。そんな学生たちのデート場所の定番が公園です。公園は昼間は小さな子供たちの遊び場として活用されています。

しかし、そんな明るい雰囲気の場所も夕方になると意外と暗くなります。街灯も少なく、園内全体を明るく照らす事は出来ません。

その為、そうなると公園は遊び場からデートスポっトへと早変わりします。

特に、冬の寒い時期は寒さをしのぐ為に必然的に相手にくっつくような形を取ります。

その為、距離を縮めやすくキスのチャンスも大いにあります。

学生の頃だからこそ楽しめるデートスポットが公園です。

中学生におすすめなキスのやり方

キスをする場所や心がけなど、多くの事をご紹介させて頂きました。

後は、思い切ってキスするのみです!!初めてのキスは緊張する事でしょう。思わず張り切り過ぎて飛んでも無い失敗をしてしまう事も大いにあります。

その為には、どんなキスをしたらいいのかをしっかりイメージしておく事が重要です。

物事を始める時は、準備を怠ってはいけません。

結果に繋がる重要なプロセスですので、例えそれが恋愛に関する事であっても時間を惜しむ事なくしっかりと心構えを作り準備に取り掛かりましょう。

準備にしっかり取り組む事が出来れば、いざ本番がやってきたとしても困る事はありません。

準備が足らない人ほど、失敗するものです。大事なキスの瞬間を失敗に終わらせないように行動していきましょう。

鉄板のソフトキスがおすすめ

キスと聞くとどんなものを想像しますか?キスには大きく分けて2種類あります。

口を軽く触れさせるだけの『フレンチキス』と呼ばれるものと、舌を絡めるような濃厚なキスの『ディープキス』です。

もし、中学生のあなたが明日好きな子に始めてキスをしようとしているのであれば、まず間違いなくフレンチキスをおすすめします。

あなたは経験豊富で、既に他の人とディープキスを経験しているかもしれません。

しかし、多くの中学生はそんなに恋愛経験は豊富ではありません。

いきなりディープキスをしたら驚いてしまう事間違い無しです。

何なら引いてしまうかもしれません。

二人の仲が深まり、より愛情を確かめ合いたいと感じる時が来ればディープキスもありかもしれません。

しかし、最初はやっはり何事も基本が大事です。

アレンジをせず、基本のフレンチキスからやっていきましょう。

リップ音を意識すると◎

TVなどのキスシーンを研究している学生は分かるかと思いますが、キスをする際音が鳴る時があります。

これがいわゆる『リップ音』と呼ばれるものです。

この音を上手く鳴らす事が出来れば、よりキスが上手くなったと感じる事が出来るでしょう。

中学生の時代は、キスをする事だけでも大事件です。

その為、緊張もする事でしょう。

そんな時に、リップ音を鳴らす事が出来れば、更に二人のムードは高鳴る事でしょう。

いきなりのディープキスはご法度

思春期は、恋愛に興味深々です。

自分より先に友人が彼氏・彼女を作りキスをしたなんて話を聞けば、自分も早くそうなりたいと焦る気持ちが生まれる事でしょう。

その為、多くの情報を頭に入れ実勢に役立たせたいと思う事でしょう。

しかし、ここで注意しなければならない事があります。それは、現実との差を理解しておく事です。

TVや本は、あくまでも架空の話です。その為、その中での出来事が全て正解とは限りません。

例えば、キスをする際は初めての場合絶対にディープキスから入ってはいけません。

大人になればまだ許されるかもしれませんが、中学生の場合は間違いなく相手が引いてしまいます。

相手が引いてしまってはムードも台無しだし、その後の時間がただただつらい物になってしまいます。

その為、相手の出方を見る為にも最初は必ずフレンチキスから行く事をおすすめ致します。

上手なキスの仕方

『上手なキスの仕方』に正解はありません。口の形や相手との身長差など、様々な要因が重なりそれぞれのキスには個性が生まれます。

その為、相手によってキスの上手いかどうかは感じ方が違う為です。

しかし、恋愛を始めた頃はついついどうしたらキスが上手くなるかを考えてしまうものです。

キスが上手いかどうかは、先ほども言わせて頂いた通り人の感じ方次第です。しかし、基本は誰にでも通用します。

その為、キスが上手くなりたいと思っている方はまずはキスの基本から学んでいきましょう。

とにかくイメトレするのみ!

初めてキスする時はイメトレが需要です。TVや本の世界では、誰もが簡単にキスをしています。その為、自分も出来る物だと安易に考えている人が多いと思います。

しかし、意外と初キスを失敗している人は居る物です。ベタに歯が当たってしまったり、鼻がぶつかってしまうなんてこともあり得ます。

いくら不慣れとは言え、せっかくいいムードなのに、そんな事になってしまったら一気に空気が変わってしまいます。

お互い笑い飛ばせればいいですが、沈黙が続いたらどうしますか?そんな空気、想像するだけで耐えられません。

苦い思い出にならない様にする為には何事も練習あるのみです。

とは言え、実際にキスをして練習する事は不可能です。そんな相手が居るのであれば、それは彼氏や彼女でありもはや練習の必要は無いからです。

その為、キスの練習をするにはイメージトレーニングをするしかないのです。

一番良くある方法は、枕を使った方法です。

人と枕は似ても似つかないので、本当に練習になるかどうかは分かりませんが、イメージを膨らませる事が出来れば不可能ではないかもしれませんね。

思春期ならではの想像力をフルに使って、キス上手を目指しましょう。

相手に嫌われないために、キスの前にやっておくべきこと!

お口のエチケットを気にする

恋愛をしている時は、好きな人と両想いになる事を目的に頑張って居ます。

しかし、彼氏・彼女が出来たからと言って恋愛はそこで終わりではありません。

むしろ、そこからがスタートです。

お付き合いを続けていく中で、手を繋いだりキスをする事もあるでしょう。

そんな時が来た時に、慌てない為には準備が必要です。

キスをする際の準備は、身だしなみは勿論イメージトレーニングも含まれます。

例えば、歯を磨いたり口臭を気にしたりと言った事は基本中の基本です。

だって、もしキスした相手が口の匂いが気になる人だったらその後もう一度キスしたいと思いますか?絶対次は無いでしょう。

特に初キスの場合は、そのイメージが強烈に頭に残ってしまいトラウマになってしまう事だってあるのです。

自分は勿論、相手の為にも身だしなみはしっかりしておきましょう。

歯磨きが大事

相手に不快に思われない為に、大前提として身だしなみがあります。

身だしなみがきちんと出来ていない人とは、キスをしたいと思わないからです。その為、身だしなみはきちんとして行きましょう。

また、身だしなみの中でも特に重要なポイントがあります。それは口臭です。

キスとは、相手との距離がゼロになり肌と肌とが触れ合う素敵なものです。

しかし、その時にもし口が臭いなんて事が会ったらムードは一気に台無しです。

人生で忘れられないトラウマになってしまうかもしれません。

トラウマになるのは、相手だけでは無く臭いと思われてしまった自分自身にも降りかかってきます。

その為、口臭だけは絶対に避けなければなりません。キスをしそうな雰囲気はあります。

しかし、その雰囲気を感じた時にいきなり歯磨きをしだすのは、あまりにも不自然であり、興ざめしてしまいます。

その為、いつキスしても良いように常に心の準備を整えておく事が大変重要です。

日頃から身だしなみや口臭を気にしておけば、いざという時に困る事がありません。

これは、中学生だけでは無く大人になった後も確実に役立つ方法です。

ですから、今のうちに習慣づけておくことに損はありません。

ホッペに手を添える

いざキスをしようと思った時、相手との距離感が分からずに狙いが定まらない事もあるでしょう。

まして、初めてのキスとなればなおさら頭が真っ白になってしまいます。

そんな時は、相手のほっぺに手を添えてみてもいいかもしれません。

そうする事で、相手との位置関係を取りやすくする効果があります。

また、相手の体温を感じる事で、少しだけ緊張を和らげる効果もあるでしょう。

キスされる雰囲気を感じている中での、手にほっぺはとてもドキドキするものです。

女の子の中には、そんなシチュエーションに憧れを持っている事も少なくないでしょう。

多くの場合、手を添えるのは男と子の役目です。

経験が少ない場合は、お互いに緊張してどうにもならない状態になるかもしれません。

しかし、そこを乗り越える事でより大人に近づく事が出来るのです。

男子の諸君!背伸びして頑張っていきましょう。

焦らしテクニックをマスターする

最近の中学生は、初デートですぐに初キスをしてしまう事も珍しく内容です。

多くの事が低年齢化しているので、恋愛もそんなけいこがあるのでしょう。

男女平等が社会で進んでいく中で、女子の力はどんどんと強くなって居ます。

半面、男子は小食系とも呼ばれどうも押しが足りません。

その為、つい女子がグイグイ引っ張っていってしまいます。

しかし、女子は本来引っ張られたい!守られたい!などの願望を持つ生き物。

多少強引なくらいの方がぐっと来たりするのです。

その為、男子諸君は相手の気持ちばかり気にしていてはいけません。

時には大胆に行動していきましょう。

そして、押したら引くというテクニックも忘れずに。

あまりにも惜しすぎると、相手が疲れてしまう可能性も。

ガンガン来ていたのに、急に押しが弱くなったら急に気になる存在になる事だって可能です。

女の子の気持ちを大事にする事は大切な事です。

しかし、心の中にある本当の姿は意外と強引に行った方が喜ぶ事も。

この頃から駆け引きがマスター出来れば、大人になって困る心配はありませんね。

キスしてよ!と思わせるテクニックをものにする

焦らしは、恋愛においての常套手段です。

その為、この技をマスターすれば、恋愛上手と言っても過言ではありません。

一般的に駆け引きは女性の方が上手いと言われています。

その為、男性は女性の行動一つ一つに振り回されてしまう事もあるでしょう。

それが恋愛の醍醐味とも言えますが、男性の方だたもたまには女性に駆け引きを申し込んでみてはいかがですか?

最近では積極的な女性が多い事もあり、恋愛の進み具合も昔とは比べ物にならない程早いスピードがあります。

中学生の恋愛でキスなんて珍しい物ではありません。

しかし、そんな状況で全く相手が手を出してこなかったら女性はどう思うでしょうか。

『自分に魅力が無いのかな』と心配になる事もあるでしょう。

あまりにも煮え切らない態度なら『キス位してよ!』と思う事も。

それこそがまさに駆け引きなのです。

駆け引きをする事で、恋愛は更に深みを増し楽しくなります。

ただひたすらなまっすぐな恋愛も素敵ですが、たまにはこんな変化球を楽しんでみるのもいかがでしょうか。

目を見てキスをする

初めてのキスは緊張するものです。その為、とっさに目をつぶってしまう事でしょう。

しかし、何度か回数を重ねていけば少しは余裕も出てくるはず。もし、余裕が出てきたら今度は目を開けてみてはいかがでしょうか?

目を開けると言っても、ずっと開けているわけではありません。キスする瞬間まで開けておくのです。

そうする事で、相手の顔をより近距離で見ながらキスする事が出来るのです。

段々近づいてくる相手の顔。普段は上段ばかりの君が、急に真面目な顔になる。

なんて少女漫画のような世界観を体感する事が出来るのです。

始めのうちは、ドキドキしっぱなしです。

しかし、キスは一度で終わるわけではありません。何度も経験して行けば、また違った楽しみ方を見つける事が出来るでしょう。

いきなり大人になる必要はありません。

少しずつレベルアップし、その変化を楽しみながら成長して行ってください。

中学生でのキスは甘酸っぱい

あなたの初恋はいくつの時でしたか?片思いの恋として、初めて好きになった人も初恋ですが、両想いになり始めて交際する事が出来た相手こそが本当の『初恋』かもしれません。

最近では、小学校でも既に彼氏・彼女が居る事が当たり前になってきつつあります。その為、中学生ともなると既に次のステップに進んでいると考えてもおかしくありません。

放課後のデートなんてお子様なお付き合いでは無く、キスなどもばっちり経験済みという訳です。

親御さんが聞いたら驚いてしまうかもしれませんが、それだけ今の子供たちは心も体も成長が早いと言われています。

更に高校生になると、付き合ったり別れたり。恋愛の辛い部分も多く経験する事が増えて来るかもしれません。

だからこそ、恋をしたての中学生の恋が一番純粋で思い出にのこるものとなるのかもしれません。

話を聞くだけでキュンキュンする

中学生の純粋な恋愛の中に、『キス』という特別な事が入るだけで物語は一気に加速します。

子供の恋愛では無く、ちょっとだけ大人に近づいた姿を垣間見る事が出来るのです。

その為、そのあたりのお話は当事者は勿論周りで聞いているこっちまで赤面してしまう程、胸がキュンキュンしてドキドキしてしまいます。

淡く純粋な思いがあるからこその緊張感やときめきを、大人になると人はどうしても忘れてしまいます。

そんな限られた時間にしか得る事の出来ない、特別な感情を話しを聞く事で疑似体験する事が出来るのです。

大人になればなるほど、自分から遠く離れた所にある純愛にあこがれ懐かしく思うものです。

もう自分には体験する事は出来ないけれど、その時の思いをもう一度体験したい。

そんな願望もあり、ついつい子供たちの恋愛事情に興味深々になってしまうのかもしれませんね。

相手が憧れているシチュエーションでのキスが思い出に残る

いかがでしたでしょうか?大人の皆さんは、今どきの中学生の成長の速さに驚かれた事でしょう。

一方青春真っ盛りの中学生のみなさんは今後の参考になったでしょうか。

キスは、恋愛において大変素晴らしいものです。

特に、まだ恋愛を始めたばかりの頃にした淡いキスは思い出となり、将来にわたって心の中にのこり続ける事でしょう。

その為、その大事なキスを成功させる止めには準備を怠ってはいけません。

相手が喜ぶようなシチュエーションを用意して、自分は勿論相手の思い出にもなるような素晴らしい恋愛を楽しみましょう。

いつか分かれてしまうとしても、その素晴らしい思い出はずっと忘れる事無く心の中にのこり続けます。

大人になると、恋愛は好きか嫌いかの話だけでは済まなくなってきます。

いろいろな状況が入交、上手く行かない事も出てくるでしょう。その為、恋愛を楽しむ事が出来なくなってしまう事もあります。

しかし、学生の頃は違います。恋に恋しながら、全ての時間を恋愛にそそぐ事が出来ます。

恋愛は、素敵な事ばかりではありません。それでも、すぐてしまえばそれすらも思い出に変わる事が多々あります。

素敵な思い出が自分の人生を豊かにしてくれることでしょう。

学生の皆さんは、恋に臆病にならず、ガンガン積極的に行きましょう。