高校を卒業して大学生になると、やるべきこともやりたいこともいっぱい!

勉強に遊びに恋愛に・・色んなことを欲張ってやりたくなりますよね。

もう時間もお金も足りないと感じる大学生はとても多いんです。

その中でも大学生であれば、誰しもがやっているバイト。

このバイト選びによって、大学生活をどのように過ごせるかが大きく左右します。

間違ったバイト選びで、大学生活が暗いものとならないように!

今回は楽に楽しく稼げるおすすめのバイトを紹介していきます。

意外に出費が多い学生

大学生って毎月どれくらいお金を遣うと思いますか?

一人暮らしをしている学生であれば、家賃に光熱費に食費。

それから女性は洋服に化粧品。

男性は飲み会や趣味。

なんだかんだで多い人は10万円以上の出費があります。

仕送りがあってもなかなか生活していくのは難しいもので、楽しく生活するにはバイトは欠かせないものなんです。

現在、大学生の半数以上の人がバイトをしていると言われています。

同じ学生でも高校生の頃とは比べものにならないくらい大学生は出費が多いんですね。

飲み会に遊びに…お金が足りない!

大学生になると、なんでこんなにお金が出ていってしまうのでしょうか。

それは・・ある程度の自由を手に入れるからなんです。

大学生になり、さらには20歳を過ぎればもう成人です。

親の監視からも離れて、だいぶ自由になることも多いでしょう。

門限だってなくなりますよね。

そうすると飲み会に参加したり、友達の夜遅くまでカラオケをしたりと、お金が必要になります。

恋をすればおしゃれもデートもします。

そうなればどんどんお金は出ていくんです。

自由に必要なのは、お金ということですね。

現実はなかなか厳しいものです。

時給が高いバイトがしたい

そこで大学生が始めるのがバイトです。

・・とはいえ、本業は学生。

課題が出されたり、テストもあります。

サークルに入っていれば、活動もあります。

そして遊びも恋愛もしたい!となれば、バイトできる時間は限られてしまいます。

つまり限られた時間で、いかに稼げるかということがポイントになるわけです。

6時間やっても時給900円なら、5400円です。

大学が終わって6時間も働けば、その日はそれで帰って寝るだけになるでしょう。

それが時給1500円のバイトなら?3時間も働けば4500円です。

バイトの後に勉強もデートもできてしまいますね。

効率よく働くためには、時給の高いバイトをすること!

それが自由を与えられた大学生には必要になるのです。

出来れば楽に楽しく稼ぎたい!

時給が高くても、辛いバイトは嫌ですよね。

毎日汗を流してへとへとになって働くなんて大変です。

一人で黙々とやるのもつまらないです。

やるたくないことを我慢するのも嫌になってしまいます。

せっかくやるなら楽しくバイトをしたいですね。

バイトだって大学生活を送る上での重要な時間の一部です。

そしてバイトで出会う仲間や、バイトでの経験は、将来の自分に大きな影響を与えます。

ただ無意味に働くのではなく、楽しくて意味のあるバイトを探して稼げたら良いでしょう。

大学生におすすめのバイト11選

実際にバイトをしようとバイト探しを始めると、様々な求人があって悩んでしまうでしょう。

ここまでお話したように、楽に楽しく稼げるバイトなんてあるの?と難しく考えてしまう人も多いかと思います。

そこでここからは大学生におすすめのバイトを紹介していきます。

もちろん向き不向きもありますし、好き嫌いもあります。

でもこれから紹介するどれかのバイトにあなたらしく働けるバイトがきっとあるはずです!

何でもいいや~と妥協せずに、バイト探しは慎重に。

自分にとって良いものを選んでみましょう。

1、塾講師

まずは塾講師。

大学生になるためには、高校時代に頑張って勉強してきたはずです。

その実績がある大学生だからこと、できるバイトです。

この塾講師のバイトは、かなりの高時給。

そして教えることで自分が学べることもたくさんあります。

「人に教える」ことの難しさを学びながら、成長することができるでしょう。

また大学生に人気のバイトなので、同じ塾講師の仲間もできます。

確認すべきこと

塾講師といっても、その塾の形態によって行う仕事はかなり変わります。

バイトを始める前にどのような塾なのかということをリサーチしておきましょう。

塾には大きく分けると、個別授業をしているところと集団授業をしているところがあります。

個別授業は1対1なので、じっくりと生徒に合わせて教えることができます。

しかし一人の生徒と向き合うというのは、その生徒に対して真摯に責任を持って取り組むということですので、難しいこともあるでしょう。

集団授業とは、複数の生徒の前で授業を行います。

学校の先生のようなイメージですね。

人前に立って授業をすることで学べることはたくさんあります。

ただし個別授業に比べると、準備もかなり大変ですし、複数の生徒を請け負うことでの負担もあります。

どちらが自分に合っているかを考えながら働いてみたい塾でバイトしてみると良いでしょう。

時給はどれくらい?

塾講師のバイトはほとんどが時給ではないんです。

授業単位で給料が発生します。

求人には「一コマ〇〇円」という記載になっているでしょう。

集団授業の方が給料は高く、一コマ(90分)で1600円~の塾が多いです。

ただ一コマだけ出勤しているわけではなく、準備や片付けもあるので時給にするともう少し低くなってしまいます。

拘束時間をきちんと確認した方が良いですね。

苦手科目があってもOK

国数理社英と全ての科目が得意でなくても大丈夫です。

先ほど紹介したように、塾講師は授業単位で給料が発生します。

自分の得意な科目を受け持つことができるので、苦手な科目はきちんと伝えておけば大丈夫です。

ちなみに一番求められるのは数学と英語の教師です。

塾で学びたい主要科目なので、これらが得意な人は特に活かしやすいといえるでしょう。

どんな人が向いているのか

・人前に立つのが苦でない人
・人のために何かしたい人
・自分自身成長したい人
・教えることが得意な人
・人当たりが良い人
・真面目で誠実な人
このような人が向いています。

塾講師をしていた経験は就職活動でもアピールできることなので、経験してみて損はないといえるおすすめのバイトです。

2、映画館員

映画好きにおすすめなのは、映画館員のバイトです。

映画館に行くと、何カ所かに分担されて係りの人がいますよね。

映画館のバイトをすると、この全ての場所を順番に覚えていき、ルーティーンで担当するようになります。

・チケットを売る担当
・パンフレットや映画のグッズを売る担当
・ドリンクやポップコーンなどの飲食を売る担当
・チケットのもぎりやフロアの誘導をする担当
このようなものが一般的です。

映画が見放題のところも!?

映画館で働くと無料で映画が観られる?というのは知っておきたいですよね。

これはその映画館によって様々なようです。

見放題のところもあれば、少し社割がきく程度のところもあります。

また観られる所でも回数や時間が決まっているなどのルールがあるようです。

でも普通は1800円もするので、数回でも無料というのは嬉しいポイントです。

滅多に見れない映写室が見れるかも

また滅多に見られないような映写室が見れたりもします。

小さい頃から見ていた大きなスクリーンの裏側を見られるのは、とても貴重な経験です。

古い映画館ではフィルムを回したりしているのを手伝わせてもらえることもあるようです。

高時給で稼ぎやすい?

実は映画館員は、そこまで時給が高いわけではありません。

高くても1000円くらいです。

ただ慣れてしまえば難しい仕事ではないのと、やはり映画が好きな人であれば映画を割安や無料で鑑賞できるので・・それを含めて考えれば時給が高くなくても得なバイトであるといえるでしょう。

映画館員の良いところ

映画館の規模にもよりますが、映画館にはたくさんの人が働いています。

そしてそのほとんどが映画好き。

同じ映画好きという趣味を持つ仲間とたくさん出会えます。

職場恋愛ができた日には、恋人同士で映画をたくさん観ることができてデート代も浮きますね。

3、リゾート先での宿泊員

リゾートバイトとは、リゾート地と呼ばれる場所で住み込みで働くバイトのことです。

部屋や食事は全て用意してくれるので、無一文でも働き始めることができます。

場所が近ければ長期で働くこともできますが、ほとんどのリゾートバイトは短気での募集が多いです。

例えばスキー場であれば冬場のみ、海辺であれば夏場のみの募集です。

またゴールデンウイークやお盆などの連休のみというところも多いです。

仕事内容はリゾート地により様々ですが、旅館での接客調理や施設での接客などです。

リゾート地で行うというだけで、通常のバイトと特に変わりはありません。

ガッツリ稼げる

リゾートバイトは、とにかく短期間でガッツリ稼ぎたい!という人にピッタリです。

例えば大学の夏休みを利用して1か月リゾートバイトをするとします。

1か月毎日頑張れば、20~30万も稼げるんです。

繁忙期に行うので、残業もすればもっと稼げるかもしれません。

そして家賃も光熱費も食費もかかりませんので、稼いだお金をそのまま自分のものにできてしまうんです。

これは大学生にとってはかなり嬉しいですよね。

テストやレポートで働けない期間がある分、働ける時にはガッツリ集中して働きたい!という希望を叶えてくれるバイトなのです。

他にどんなメリットがある?

生活費がかからずにお金を稼げることの他にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは「非日常」という点です。

リゾート地に行って働いている時間は日常とは違う時間が流れます。

そして普段は出会えないような人と出会うこともできるのです。

日本のみならず海外からの観光客を接客する機会も多いので、自分の価値観が変わる出来事になるかもしれません。

これは自分の人生の中でも貴重な体験になりますね。

また住み込みで働くので、他の従業員との仲間意識もとても強くなります。

同性の友達との絆が深まるのはもちろんですが、異性と恋に落ちることも・・。

リゾートバイトで恋に落ちるんて憧れのシチュエーションですね。

4、試験監視官

試験監視官のバイトは短気で高時給!大学生にとても人気の単発バイトです。

このバイトの内容は、国家試験や資格試験や検定などの試験会場で試験を受けている人の監視をするのが仕事です。

試験開始前の準備から、試験の後の片付けまでで平均5時間ほどの仕事で、午前中だけで終わる場合も多いです。

給与は日給が多く、7000円前後です。

難しいことはないので、比較的楽に稼げる割の良いバイトであるといえます。

スーツ業務がほとんど

試験会場での仕事なので、身なりにも多少の制限があります。

まず服装は男女ともにスーツの場合がほとんど。

なかなか大学生ではスーツを持っている人も少ないかもしれませんが、就活用も兼ねて用意しておく必要があります。

また明るい髪や男性の長髪も禁止されていますので、その辺りも考慮して応募してみるのが良いでしょう。

誰でもできる

試験監視官という言葉をきくと、なんだか難しそうなイメージですね。

しかしこのバイトは落ちるということはほとんどありません。

短気で短髪のバイトなので、派遣会社などに登録をする場合が多いです。

登録会でよほど派手な身なりや悪い態度でなければ、登録してすぐに仕事ができます。

いくつかある試験日から都合の良い日時を選ぶこともできるので、働きやすい仕事です。

5、イベントスタッフ

イベントスタッフは短気で行う単発のバイトです。

土日などの休日に開催されるライブやコンサートやイベントなど・・様々なイベントで販売や会場の案内、設営、運営をする仕事です。

イベントにもよりますが、短いものだと2時間程度のものから、ほぼ1日中かかるイベントまであります。

給与は日給の場合が多く平均して1万円前後です。

ただこの給与には交通費が含まれている場合もあるので、勤務地と内容をよく確認してから応募すると良いでしょう。

イベントスタッフは登録会に参加する

イベントスタッフは様々なイベントがあります。

ここで働くには、まずイベント会社や派遣会社に登録をする必要があります。

登録をすると、いつどこでどんなイベントがあるのか詳細がきます。

自分に合ったイベントを選んで応募すれば、あとは現地集合で仕事を始めることができるのです。

シフトが組みやすい

イベントスタッフは登録して都合の良い日を選ぶので、忙しい大学生にはピッタリ!空いた時間に稼ぐことができます。

急に次の土曜日の予定が空いた・・なんて時にも何かイベントがないか探すとどこかで何かしらのイベントを開催しているので、すぐに予約をとることができてとても便利です。

また定期的に色んなイベントがあるので、その内容によって多くの経験をすることができるのも魅力です。

イベントの内容によっては歌手やタレントがきていることもあるので、ラッキーな出会いに遭遇することもあるでしょう。

6、カフェ店員

大学生が一度は憧れるカフェ店員。

決して時給が高いわけではないですが、カフェで働くことは一つのステイタスでもありますよね。

カフェ店員は接客から調理まで全ての作業を行います。

調理といっても軽食が多いので難しいことはなく、未経験の人でも行うことができます。

コミュニケーション力が磨かれる

カフェ店員のメリットは、コミュニケーション力が磨かれることです。

お客様対応がメインとなるので、笑顔で丁寧に接客することが求められます。

そこで培ったコミュニケーション能力は、将来にも役立つものとなるでしょう。

また同年代も多く働いているので、そこでの仲間も大切な存在となります。

7、バーや居酒屋の店員

高校生では働くことができないからこそ、大学生になってお酒を扱う場所でバイトしたいと思う人もいるでしょう。

バーや居酒屋でのバイトも楽しくておすすめです。

居酒屋の場合はホールとキッチンの募集があり、自分の興味のある方を選んで働きます。

バーの場合はカウンター業務も含めて調理もホールも行うところが多いです。

どちらも夜遅くまで営業しているお店なので深夜料金があります。

22時以降は時給が25%増となりますので、遅くまで働ける人にとってはかなり稼ぐことができるでしょう。

お酒に詳しくなれる

バーや居酒屋で働くと、お酒を作って提供するので、お酒に詳しくなれます。

飲むのが大好きという人は、お酒に詳しくなれるので働いていて楽しいでしょう。

また大学生が多くいるので、サークルのような雰囲気でとても楽しく働けます。

ノリが良いので楽しくワイワイ仕事をしたいという人にはピッタリのバイトです。

8、コンビニ店員

今はどこにでもあるコンビニ。

その分バイトの募集も多いので、比較的すぐに働けるバイトであるといえるでしょう。

レジ業務や棚の入れ替えなど、一度覚えてしまえば難しいことはありません。

肉体労働でもなければ、難しい接客もないので、バイト初心者にはおすすめです。

深夜に入ればかなり稼げる

コンビニは通常の時間に入ると時給は高くありません。

950円前後といったところが多いでしょう。

仕事量を考えると妥当ではありますが、あまり稼げないと不満に思う人もいるかもしれません。

そんな人はコンビニの深夜に入るのがおすすめです。

女性は働けない場合が多いのですが、男性であれば深夜は25%増でかなり稼げます。

しかも深夜のコンビニはお客も少ないので暇な時間が多いで楽に稼ぐことができるのです。

9、パチンコスタッフ

時給が高いバイトで有名なのはパチンコスタッフ。

時給は1200~1600円ほどのところが多く、かなり稼げます!
パチンコスタッフは、男性はおもにホール業務を行い、女性はカウンター業務を行います。

ホールはパチンコやスロットの玉やメダルを運んだり、不具合の修正をしたり、お客のフォローが中心です。

カウンターは玉やメダルを換金する際の手続きをメインとして行います。

時給は高いがタバコ臭い

パチンコスタッフは昼間でもかなりの高時給です。

しかし業務を終える頃には体にタバコ臭が染みついてしまうでしょう。

自分がタバコを吸っていないという場合は、このタバコ臭はかなり気になります。

またパチンコの音も慣れてない人には最初は気になるかもしれません。

イメージが湧かないという人は、一度パチンコ店に入り様子や雰囲気を見てから考えてみることをおすすめします。

10、大学内でのバイト

実は大学内でのバイトってとても多いんです。

広い大学で、学生さんもたくさんいます。

行うことも多くて人手が足りない!なんて大学はとても多く、その求人を募集しています。

売店や書店、図書館や食堂などのお手伝い。

それに定期的に行っているような試験の監視員やオープンキャンパスの補佐もあります。

大学の掲示板に求人募集が張り出されていることが多いので、こまめにチェックしてみましょう。

また学生課を確認してみると良いですね。

採用されやすい

大学内でのバイトすることの良さは、働きやすいこと。

移動時間もなく授業の後そのまま働けるのは魅力ですよね。

そして何よりも採用されやすいんです。

この大学内バイトは、時給があまり良くありません。

それに大学は駅から遠い場所にあることも多いので、求人の応募があまり多くないのです。

大学内で大学生が応募してくれれば、採用する側もありがたいものなのです。

だからこそ受ければ採用されます。

ちょっとバイトの面接に自信がない・・なんて人にはおすすめです。

11、TSUTAYA店員

TSUTAYA店員のバイトは、よくDVDや漫画をレンタルするなんて人にはおすすめです。

レジ対応や商品管理などの他にコーナー作りを任せてもらえることもあります。

部門ごとにランキングやおススメコーナーを作るのですが、自分の作ったコーナーを見てレンタルしてくれる人が増えると嬉しいんです!

また同じ趣味を持ってバイト仲間とは打ち解けるのも早いですし、自分の好きなものを借りて帰ることができるのも良いですね。

初バイトには少し不向き

TSUTAYAのバイトは簡単に思われますが、実は結構大変なんです。

バイト初心者の人にはあまりおすすめできないかもしれません。

まずはスピードと臨機応変さが求められます。

レジだけやっているコンビニとは異なり、空いた時間に返却作業をしたり棚の整理もします。

またお客様に呼ばれた時にはすぐに対応もします。

これが初めてのバイトだとなかなか難しいことで慌ててしまいます。

少しバイトに慣れている人が次のステップとして選んでみるのも良いでしょう。

どんな基準でバイトを選べばいいの?

おすすめのバイトはたくさんありますが、自分にはどんなバイトがあっているかわからない・・という方に!
バイト選びの基準についていくつか紹介します。

自分がどこを一番重要としているのかを考えて、そこから絞りこんで検索してみると良いでしょう。

勤務地

やっぱり大切となるのは勤務地です。

大学生は、大学からバイトに直行する場合と休みの日に家からバイトに行く場合があります。

授業が終わってからバイト開始に間に合う距離でなければ働くことはできませんので、その距離はとても重要です。

あまり遠い場所で電車で1時間なんてことになると、働いているうちに嫌になってしまいます。

ストレスなく通勤できるところが良いですね。

また憧れの勤務地というのもあるでしょう。

海が見える場所で働きたい!お洒落な場所で働きたい!なんて具体的に働きたい勤務地がある場合は、勤務地の中で募集している仕事を探してみましょう。

大学や自宅周辺がおすすめ

とはいえ、最終的に帰る場所は自宅です。

自宅から30分前後で通える場所だと安心です。

特に大学生のバイトは夜が遅くなることも多いでしょう。

あまり遠いと終電が間に合わなくなってしまうこともあります。

電車の時間も調べて、自分の生活スタイルにあったバイトの勤務地を選ぶようにしてください。

髪型やシフトなどの条件

バイトはそれぞれ規定があります。

厳しい規定のところもあれば、比較的緩い規定のところもあります。

その規定を自分が我慢なく守れる場所で働くようにしましょう。

求人募集には必ず「条件」が掲載されています。

そこには週〇日〇時間以上~や土日どちらか必須といったシフトの条件が必ず記載されています。

自分がその条件で勤務することができるのかを確認しましょう。

髪型は要チェック

その中でも髪型は要チェック項目です!
大学生であれば、髪の毛を明るくしたりパーマをかけたりとお洒落を楽しんでいるでしょう。

しかしバイトによっては、髪の毛の明るさや長さに規定があるところもあります。

バイトのためにお洒落を諦めたくない!という人はその条件に見合うバイトを見つけましょう。

他にもネイルやピアスなどの規定もあるので、よく求人募集を読んでみてわからないことは直接質問してみると良いですね。

職場の評判

バイトはしてみなければ、その本質を知ることはできません。

でもそのお店の評判というのは知ることができます。

職場の評判を事前にリサーチしておくようにしましょう。

それぞれの職場の評判はわからなくても、その業種や職種の評判やメリットデメリットは知ることはできます。

先ほど紹介したバイトでいうと、パチンコ店の個別のお店の評判はわからくても「パチンコ店」という大きなカテゴリーで調べるとその評判は多数でてきます。

口コミや経験者の話を見るとイメージがつきやすいでしょう。

働きやすさを左右する

職場の評判は働きやすさを左右します。

規定の時間外の労働もさせらる・・なんて評判があるのであれば、おそらく働きにくく忙しい職場ということですね。

それでも良いとわかってて働くなら良いのですが、知らずに働いて残業をさせられては苦痛でしかありません。

予め把握できることを知っておくようにしてください。

興味が湧くか・持っているか

どんに時給が高くても、どんなに楽な仕事でも、その仕事に対してなんの興味もなければ、その時間は無駄になってしまいます。

お酒が好きだから居酒屋。

洋服が好きだからアパレル。

映画が好きだから映画館やTSUTAYA。

というように、好きなことをバイトにしましょう。

興味があることには人は時間を忘れて過ごすことができます。

また興味があることは興味がないことよりも吸収する力が2倍にもなるといわれています。

自分がこの仕事内容に興味が湧くか、持っているかということを応募する前に考えてください。

長期間続けていける

興味がないことをただ条件だけで始めてしまうと、数か月で飽きてしまいます。

少し自分に不都合があっただけでやる気がなくなってしまうのです。

興味のあることであれば頑張れます。

忙しくても大変でも、自分のために働くことができるのです。

せっかくバイトをするなら長期間安定して働ける場所であるかどうかを見極めてください。

時給はいくらか

やっぱり働く目的はお金が第一!そうなると時給がいくらかというのは、とても重要なポイントです。

必ず最初の時給が募集欄に記載されていますので、自分が働いた時の時給を知っておきましょう。

そしてすぐに昇給するのか、一年たたないと昇給しないのか・・という今後の時給についても把握しておくようにしてください。

自分が月にいくら稼ぎたいのか。

また学校生活との両立でバイトに費やせる時間はどれくらいなのか。

そのためにはどれくらいの時給のバイトを選ぶべきか。

それを算出してみると良いでしょう。

時給が高い=仕事が大変

ここで忘れてはいけないのは、「時給が高い、ラッキー」ということではないということです。

時給が高いのは、それだけのお金を出す価値のある仕事だということです。

つまりは大変な仕事であるということ。

あなたがそれに見合った仕事をしなければいけません。

時給が高い塾講師には大きな責任感が必要です。

パチンコ店には忍耐力や体力が必要です。

その大変さを理解した上で時給が高い仕事に応募してください。

就活に使えるか使えないか

バイトとはいえ、仕事です。

バイトは社会に出て、社会経験を積むことができます。

せっかく大学生活で社会経験ができるのであれば、今後の就活に活かせるものをするのがおすすめです。

就活の面接でもバイトのことを聞かれることは多いものです。

自分がコミュニケーション力を磨きたいのであれば、接客業を始めてコミュニケーション力を磨くなど、自分の欠点を改善できるようなものを選ぶのも良いでしょう。

自分の適性を見極められる

バイトをする中で、新しい自分を発見できることはたくさんあります。

初めて接客の仕事をしてみたら、意外とコミュニケーション能力が高くて褒められたということもあるかもしれません。

反対に自信があったことでも、バイトをしてみて自分には合っていなかったということもあるでしょう。

このように社会で働く中で自分の適性を見極められるかどうかはとても大切です。

そうすることで将来の自分の進むべき道を考え直すことができるでしょう。

出会いがあるかないか

せっかくバイトをするのであれば、素敵な出会いがほしいですよね。

一人で黙々と仕事をするよりも、楽しい仲間ができたり、好きな人ができたり・・そこで仕事をするとやる気も倍増です。

また一緒に仕事をしたバイト仲間は今後の人生の中でも大切な存在になっていくのです。

同性でも異性でも出会いがあるかどうかを確認してみましょう。

同じ志を持って働けるような仲間と出会えるかどうかは大切なポイントです。

適当に選び適当にこなすのは勿体ない!効率的にバイトし学生時代を楽しもう

大学生におすすめのバイトを紹介してきました。

とりあえず何でもいいから!と適当にバイトを選ぶなんて勿体ないことがおわかりいただけたでしょうか。

せっかくバイトをするのであれば、効率的にお金を稼ぎ、なおかつ楽しく自分の身になるようなバイトを探してみてください!

【大学生のバイトについては、こちらの記事もチェック!】