ダイエットをしてもっと痩せたい!と思っている女性は多いと思います。

脚・お尻・ウエストと下半身が対象になっています。

積極的に継続して運動に取り組んでいる人は少数で、大抵の人は何かのキッカケで身体を動かすぐらいでしょう。

彼氏が見つかって、もっとスリムになりたいと本気で思うようになれば、家でできるダイエットの運動に取り組むのです。

しかし、自分だけでは根気よく続けることは難しく、しんどくなると簡単に休憩してしまうのです。

そして、冷たい飲み物を飲んだりおやつを食べてしまったりして、ダイエットは頓挫するのです。

自力でのダイエットには限界がある!

ダイエットがうまくいかなくて途中で何回も諦めてしまう女性も多いことでしょう。

一大決心してダイエットに取り組み、毎日何回も体重計に乗って一喜一憂する。

一時的にダイエットに成功しても、すぐにリバウンドしてしまう。

これだけ頑張っているのに、なかなか体重が減らないと限界を感じて挫折してしまうのです。

スリムな人がオシャレな洋服を着こなして、街を歩いているのを見ると、もう一度チャレンジしようと頑張るのですが、なかなか体重も落ちません。

頑張る方法が間違っているのかな?と本屋でダイエットの本を立ち読みしたリ、ネットで検索して読むのですが、どれもかなり厳しい修行みたいに感じて、初めからできないなあ!と呟きます。

スリムな女性は、両親も痩せているので多分遺伝子のせいだろうと変に自分に言い聞かせたりします。

出は、本当に遺伝子なのでしょうか?それとも、考え方が間違っているのでしょうか?そのあたりを、まとめてみました。

1. 独りよがりのダイエットは何故失敗するか?

痩せている理由はいろいろありますが、なぜ痩せるようになったのか、そして太っている人と何が違うのかを一度考えてみましょう。

独りよがりのダイエットが失敗する理由も、おのずと分かってくる筈です。

まず、ダイエットについて考え違いをしていることがあります。

それは、

①ダイエットは時間が必要
強制的に短期間で減量を行っても、運動を継続しない限りリバウンドしやすいのです。

毎日時間があれば体重計に乗って体重を測ることがダイエットではないのです。

食事制限やハードな運動で痩せても、この苦しみを継続する強靭な意志が続かない限り、元にもどります。

モデルや俳優が、役作りや体型維持のためにハードなトレーニングができるのは、仕事と割り切って努力ができるからです。

ダイエットの結果が収入と人気に影響するからです。

ダイエットが仕事に結び付かない限り、継続は難しくてリバウンドします。

何となく、痩せたいという単純な発想では難しいのです。

②食事と運動の意識不足
痩せている人は、家族そろって食事と運動に対する知識をしっかりと持っているはずです。

つまり、毎日の生活習慣が違うのです。

毎日コツコツと続けている生活習慣によって、20年後、30年後になると、大きな差になってくるのです。

毎日のささやかな節制でダイエットが成功しているとも言えます。

毎日厳しい食事制限などはしていないので、継続できるのです。

ちょっと休憩する時のコーヒーや紅茶は砂糖抜きで飲んだり、お茶や水で済ましたり、甘いケーキ類もできるだけ控えるのです。

外出すると積極的に階段を昇り降りするとか、近場は歩きで移動するのです。

こんな生活習慣によって差がつくのです。

先ほど遺伝子の影響かも!とありましたが、多分それは生活習慣によるものと考えられます。

③脳の満足度不足
意外な言葉ですが、ストレスが少なくて生活に満足していると痩せるのです。

裕福な家庭環境でなくても、幸せに暮らしていると「幸せホルモン」と呼ばれるセロトニンが脳内に分泌されます。

このホルモンは「痩せホルモン」とも言われ、過度のストレスや緊張がなく落ち着いた精神状態の時にたくさん分泌されるのです。

すると、このホルモンが分泌されていると満足度が高くなって少量の食事でもお腹はいっぱいになるのです。

美味しいものを少量食べて幸せを感じるのです。

雑誌やテレビの情報に惑わされる

ダイエットに感心がある女性は、雑誌やテレビのコマーシャルに目を奪われます。

そこには、短期間で10Kg以上も痩せるとかウエストや太ももが何センチも痩せたとか、魅力的な数字や体験者が登場しています。

そして、必ずダイエットに取り組む前と後の体型を写真で比較しているのです。

誰でも、簡単に痩せれると思い込んでしまうのです。

短期間で痩せれるという言葉が耳に残っているため、当面は必死に頑張るのですが、そんなに簡単には目標達成できません。

そして、リバウンドで落胆して挫折するのです。

雑誌やテレビの情報では、上手くダイエットを達成できた人を取り上げてていますが、ダイエットできなかった人は登場してきません。

失敗した人も多数いることも知っておくべきです。

人気を得るために、良い情報のみを掲載したリ放送したリするのです。

ネットが普及しているので、それらのダイエットを実施した人の口コミを見てみるのもひとつの方法です。

効果があったかどうか、問題があるかどうか、体験者の言葉で掲載されています。

ただし、スポンサーのHPの口コミは少々偏っていることもあるので注意が必要です。

本当に自分の体質に合ったやり方が分からない

ダイエットをする人は、基本的な対策として食事と運動に着目しています。

トータルのカロリー摂取量だけでなく糖質の摂取を抑えるダイエットも人気です。

しかし、厳密に言うと食べ物についても誤解をしている人も多いようです。

例えば、血液型によっても、食べ物が体質に合わない場合もあるのです。

糖質制限しながらたんぱく質を積極的に摂取している場合、あるたんぱく質に少量含まれているレクチンという物質が、血液型によって消化のされ方が違うのです。

つまり血液型に合わないレクチンを食べると、腸にガスが溜まりやすくなったり腹痛を引き起こしたりするのです。

その他、かゆみや湿疹、手足のむくみや頭痛も起こる人もいるようです。

そして、便秘や下痢といったように体調不良になってしまいます。

このように、食品の種類によって体調に変化を引き起こす体質の人は、唾液などの体液に血液型抗体を分泌しない人で、このような体質の人を「非分泌型」と呼び、全体の15~20%の人に当たります。

残りの80~85%の人は、血液型抗体を分泌する人で「分泌型」と呼ばれています。

分泌型の人はそれほど食べ物の種類について気にすることはありませんが、非分泌型の人は、食べ物のチェックが必要です。

食べ物によって身体に炎症反応を起こしやすい人は、非分泌型かどうかを病院で検査してもらうこともできます。

一般的には、血液型によってもおよその食品の判別ができます。

O型の人は乳製品や小麦製品はあまり身体に合わないようです。

パンやパスタ、ジャガイモ、ピーナッツ、コーヒーなどは合わないのです。

O型の人は、赤身の肉のたんぱく質を摂取すると、身体の代謝が活発になって体脂肪を燃焼させてくれます。

体力増強と肥満防止に適しています。

赤身のお肉をしっかり食べる糖質制限ダイエットは、O型の人に適したダイエットと言えます。

A型の人は、肉や魚のたんぱく質を消化しにくい体質で、鶏肉以外の肉は体内に脂肪として蓄積されます。

A型の人は肉類をしっかりと食べる糖質制限ダイエットは向いていません。

そのかわり、野菜や果物のグリーンスムージーや酵素ドリンクが向いています。

チーズやバター、牛乳などの乳製品は、新陳代謝が鈍るので逆に太りやすくなります。

B型の人は、鶏肉とトマトは合わなくて、卵、低脂肪の乳製品、レバー、青色野菜、肉も痩せやすい食材です。

ヨーグルトはオススメです。

鶏肉、側、ピーナッツ、豆類は太りやすいので注意です。

AB型の人は、胃酸が少ない傾向なので、ラム肉はいいのですが鶏肉、牛肉、豚肉などの肉類は上手く消化できません。

さつまいもやポテト主体の食事が理想です。

このように、食事面でも体質に合わないダイエットもあるようです。

気持ちが続かない

ダイエットの途中で、心が折れてしまい気持ちが続かなくなったことを経験した人も多いことでしょう。

自分では頑張っているつもりですが、なかなか体重が落ちないし、脂肪も減らないことに対して気持ちが続かなくなるのです。

少しでも体重が下がることが続けば、「よし!もう少し頑張ろう!」と言うことになるのです。

では、そうなるために、何をすれば良いのでしょうか?
体重を減らすには、やはり食事のコントロールは外せません。

そして、ダイエットで心が折れた理由は、70%以上の人が食欲に負けてしまったことです。

全体の摂取カロリーを下げることばかり気にして、つい好きなものも中途半端に食べてしまうからリバウンドしてしまいます。

食事は、糖質も肉類も野菜もバランスよく食べて、食べる量も我慢して減らすのです。

そして、適度な運動を継続して結果を待ちます。

モチベーションが下がらないように、理想のモデルさんの写真を飾って、「きっと同じような体型になってやる!」「自分はできる!」と写真に宣言して頑張るのです。

この方法は、アファメーションという方法で、自分の潜在意識に働きかけて自分を勇気づける方法です。

モデルさんや俳優にも実践している人も多いようです。

これでモチベーションを高めて頑張るのです。

誘惑に負けてしまう

社会に出ると、いろんな誘惑が待ち構えています。

マスコミでも話題になる、覚せい剤や大麻の所持や吸引の事件です。

常識的には法律で禁止されていますし、もしそれに手を染めると社会的な制裁を受けることになることは分かっているはずです。

しかし、その誘惑に負けてしまう一般人や芸能人が多いのです。

現在の状況にsる不満が溜まりストレスが蓄積していきます。

そんな時にバラ色に解放されることが目の前に現れると、つい誘惑に負けてしまうのです。

ダイエットもそうです。

これだけ頑張っているのに効果が出ないのは、この方法が悪いのだ!とか自分はダイエットできない体質なのだ!というように、継続することに不満を持ち始めるのです。

すると、ダイエットなど気にしない友人と食事をしたりすると、つい好きなものをお腹いっぱい食べてしまうのです。

1回ぐらいの食事でのカロリーオーバーではそんなに体重は変わりませんが、繰り返しているうちに驚くようなウエイトオーバーになっているのです。

ダイエットは、その意識を継続して持ち続けることが大事です。

モチベーションを高める方法が分からない

ダイエットは、仲間と一緒に行うことがモチベーションを維持できます。

いろんなスポーツもそうですが、サークルに入ってみんなと楽しむことで、このまま頑張り続けようというモチベーションが高まるのです。

ダイエットも自分の目標を決めてから、ダイエットを実行している仲間をつくり、お互いの進行状況やダイエットに打ち込む熱意を話し合いながら、お互いを励まし合って一緒に進めるのです。

ストレスが多い

厳しいダイエットを頑張ること自体がストレスを産みますが、科学的に考えるとホルモンが関係しているようです。

心臓や内臓、呼吸などを働かせて生命を維持するために必要な最小のエネルギーを基礎代謝と言い、成人で1日当たり1200~1500kcalです。

この基礎代謝は、ストレスを受けると大きく低下してしまうのです。

つまり、同じカロリーの食事を摂取しても、基礎代謝で消費されるカロリーが少なくなると言うことです。

さらに都合悪い事には、ストレスを感じると「コルチゾール」というホルモンが分泌されて、これを受けて今度はインスリンが多く分泌されるという悪循環に陥ります。

このインスリンは、血液中の中性脂肪を細胞に取り込む働きがあり、体脂肪を増やすことにもなるのです。

このように、ストレスはストレスホルモンのコルチゾールを分泌して結果的には体脂肪を増やすことになるばかりでなく、ストレスを感じると過食にもなりやすいのです。

そこで、ダイエットのためには、まずはストレスを解消する工夫を考えてください。

すぐリバウンドしてしまう

ダイエットを経験した人の約60%はリバウンドしているようです。

リバウンドが起こる原因は、過食と運動不足によるものですが、リバウンドのメカニズムはホメオスタシスという体重減少の停滞期があることです。

食事制限を継続することにより、エネルギー消費を減少させて身体を維持する機能(ホメオスタシス)を働かせるためです。

だから、ダイエットを止めてもこの機能が作用して、エネルギー消費が少なくて済むので、過食と同様に余分な脂肪が身体に蓄積するのです。

もう一つのメカニズムは、脳の満腹中枢を刺激する「レプチン」という物質です。

食事を減らしているとこれで満腹感を得るようになってレプチンの分泌量も減るのです。

このレプチンは、食事の量を増やしても直ぐには分泌量は回復しないので、満腹感が得られにくいのです。

従って、ダイエットを止めても満腹感が得られないので、どうしても食べ過ぎることになるのです。

リバウンドのメカニズムは、ホメオスタシス機能が働くことと、レプチンの分泌量が増えないことによる満腹感の不足による過食も影響しているということも覚えておいてほしいです。

2. ひとりでダイエットに成功する確率は?

ダイエットは自分自身との戦いですが、1人で行うと孤独感が強くなり、長期間続けることは辛くなってきます。

1人でダイエットの進行状況を確認する方法とは、せいぜい体重計に乗って体重の変化を確認して一喜一憂するぐらいでしょう。

ダイエットは、団体競技の強化練習のように複数の人達と一緒にすることで、辛いことや悩みも共有することができ、お互いに励まし合うこともできるので、継続し易くなるのです。

ダイエットでは、友人同士で一緒に目標に向かって励まし合い監視し合うことで、お互いが切磋琢磨するようになって、成功率がひとりでやる時よりも3倍近くまでアップします。

ある調査では、ひとりでダイエットする時の成功率は24%で、友人と3人で一緒にやると成功率は66%にも上がったそうです。

ダイエットジムを探そう!

本当にダイエットすると決めたら、ひとりよりも友人や仲間と一緒にすることは良いと思います。

しかし、問題はどうやってダイエットをするかという方法論です。

単に基礎代謝を上げて太りにくい体質を作ることを目的とした運動をすることと、適当な食事制限だけではなかなか安定したダイエットはできないのです。

科学的な知識を持ってアナタ自身のダイエットメニューを作って、メンタル面もサポートしてくれるダイエットジムという存在があるのです。

どんなところかご紹介しましょう。

1. ダイエットジムの主な特徴

スポーツジムとしては、フィットネスクラブが有名です。

全国各地に存在して、仕事帰りにサラリーマンやOLさんがよく利用しているところです。

運動不足の人が、トレーニング機器を使って、汗を流すことができるのです。

このように、フィットネスクラブは専属のインストラクターやトレーナーを置いて、会員の健康維持や健康増進のために運動する場所を提供しているのです。

この施設には、トレーニングジムをはじめ室内プールやスタジオも設置されていて、様々な有酸素運動を行うことができるのです。

この施設の会員の目的は、いろんなトレーニングの機器を使って運動したいとか、スタジオやプールでの会員を集めて行う多様なエクササイズで、他の会員との交流を楽しみながら運動することです。

もちろん、健康維持だけでなく、美容やダイエットの目的で運動している人も多いのです。

では、ダイエットジムとはどんなところでしょうか。

ダイエットジムとは、ダイエットに特化したトレーニングを行う施設です。

ダイエットジムでは、アナタの現在の身体の状態を分析し、アナタの身体に合わせたプログラムを作ってトレーニングを進めていくのです。

良質な筋肉をつけるために筋トレの基本を学び、食事管理や生活習慣までのプログラムをトレーナーと共に進めていくのです。

マンツーマンで効率よくダイエットに専念できることや、ダイエットとともに美しくなりたい女性に人気なのです。

専門知識を持ったトレーナーが所属している

ダイエットジムでは、専門知識を持ったパーソナルトレーナーが、アナタ個人のダイエットプログラムを作成して支援してくれます。

トレーナーの中には、実際に現役のアスリートでトレーニングの大切さや辛さを知っている人や、科学的な知識をマスターしたトレーナーなど、多彩な経歴と実績を持つ人達がいます。

さらに、食事面では管理栄養士も所属しており、ダイエットに必要な食物の摂り方や食事メニューも提案してくれます。

筋肉の鍛え方や栄養の取り方の両方からの専門的なアプローチを受けれるのです。

月額費用が結構高い

一般的なダイエットジムの基本的なダイエットコースは、2ヶ月単位で受講できます。

費用の内訳は、入会金と2ヶ月間のトレーニング料金です。

ダイエットジムにより料金は様々ですが、一部の高級ジムを覗くと、入会金とトレーニング料金の合計ではおよそ20~30万円となっています。

ひと月換算では10~15万円です。

個人でダイエットにトライしてきたが、思うようにダイエットできなくてリバウンドで悩んでいる人にとっては、チャレンジする値打ちはあると思います。

目標や数値を管理される

自分自身の1~2ヶ月間でのトレーニングの目標や指標を設定して、トレーナーと共に管理していくことになります。

ひとりで実行する時には、つい甘えが出てしまい手を抜いたり脱落する時があります。

しかし、専任のトレーナーとの二人三脚では、目標に向けて頑張ろうという連帯感や励ましのために、脱落することも少ないようです。

しかし、トレーナーとの相性もあるので、ダイエットが進まない時には短気になって、途中で棄権する人も確かに多いようです。

2. ダイエットジムに通うメリット

ダイエットジムでは、アナタと同じ気持ちでダイエットに取り組んでいる人も多いはずです。

そこで知り合った人と会話をすることで、共通の悩みや不安も打ち明けることもできるのです。

自分と同じ意見を持つ人に出会うと、心強くなって楽しくなってきます。

それ以外にも、ダイエットジムに通うメリットも多いようです。

目的が同じ仲間ができる

自分と似た体型や環境の女性と出会うこともあります。

そんな時には、親近感が湧くだけでなく、自分と容易に比較できる相手がいると、ダイエットメニューに対して安心感が増すのです。

この人と、一緒にやってみようと感じるのです。

もちろん、相手の女性も同じように感じている筈です。

パーソナルトレーナーがついていても、仲間と一緒にトレーニングすることは、お互いを監視し合うために頑張り通すことになるのです。

有言実行しようという気持ちが生まれる

同じ目的を持つ仲間ができれば、お互いに目標を宣言してトレーニングすることになります。

仲間が頑張っているからワタシも頑張ろうと言う気持ちが生まれるのです。

そこで、ダイエットのトレーニングメニューに集中できるのです。

有限実行しようという気持ちが生まれるのです。

指示通りやれば効果が出易い

トレーナーは経験者が多いので、有酸素運動のタイミングや仕方、運動機器の有効な使い方、食事メニューの提案や食べ方まで、細かい個人のダイエットメニューが提案されます。

このメニューに従ってチャレンジすると、効果も出やすいのです。

自分に合う方法を客観的に見つけてくれる

トレーナーは、いろいろなタイプの方のダイエットの支援をしてきています。

アナタの現状を客観的に科学的に分析して、最も短期間でダイエットに結び付く方法を提案してくれます。

もし途中でダイエットが進まない場合でも、単に方法が身体に合っていないのか、今まさしく体重減少の停滞期に差しかかっていて、その先には減量の効果が見られるなどの的確なアドバイスも受けることができるのです。

このように、アナタに合う方法を客観的に見つけて判断してくれるのです。

ダイエットでジムに通うならおすすめのジム9選【東京編】

関東地区でおすすめのジムを紹介します。

特徴と料金(税別料金)を案内しています。

ただし、料金はコースによって異なります。

また変更される場合がありますので、正確な料金は直接ご確認ください。

基本のコースで2ヶ月間のトレーニングの料金を掲示しています。

1. RIZAP

http://www.rizap.jp
ライザップは、アナタの理想の身体を作るお手伝いをするプライべートジムです。

パーソナルトレーナーがマンツーマンで指導してくれます。

プライベートな完全個室でのトレーニング指導もできるので、人の目を気にしないで集中してトレーニングできます。

最近では女優の石田えり(56歳)がRIZAPに挑戦して、3ヶ月で体重が4.9kg減、ウエストが14.5センチ減と痩せてビキニ姿を疲労するなど、マスコミでも常に話題が取り上げられています。

その他にも多くの著名人やタレントもチャレンジする様子が報道されています。

テレビや雑誌でのライザップの話題は事欠きません。

トレーニングと、食事指導、メンタル面のサポートも行っています。

入会金  5万円
2ヶ月間トレーニング料金   29万8000円~ (2ヶ月間 16回) 
合計  34万8000円~

2. 24/7ワークアウト

http://247workout.jp
3食きっちり食べて痩せるパーソナルトレーニングジムです。

本当に痩せるのか?最後まで続けられるのか?食事制限がきつそう!という不安を持っている方におすすめです。

これまで痩せられなかった人やリバウンドを繰り返してきた人に、2ヶ月でダイエットができるジムです。

2ヶ月で最高-18kg、3ヶ月で最高-27kgを達成しました。

成功事例が多いのが特徴です。

入会金  3万8000円
2ヶ月間トレーニング料金  19万6000円 (全16回×75分)
合計   23万4000円 

3. BOSTY

http://www.bosty.jp
ボスティは、パーソナルジムの中でも、料金が安い事でも知られています。

このことは、トレーナーの質も悪いのではと思いますが、指導経験が長いトップクラスのスタッフが採用されているのです。

値段の割りに質の高いトレーニングを受けたいという人にお勧めのダイエットジムなのです。

そのせいか、多くの著名人やグラビアの方も通っているようです。

入会金   3万円
2ヶ月のトレーニング料金   15万9800円
合計   18万9800円

4. CREBIQ

http://crebiq.com/
クレビックの代表は女性で、4年連続でボディビルの大会で優勝した経験のある人です。

そこで、自分の経験から、女性に最も効率の良いトレーニングプログラムや食事指導をしてくれる女性専用のパーソナルジムなのです。

女性の医師や管理栄養士が監修した、女性目線での効果的な食事プログラムが用意されているのです。

入会金   5万円
2ヶ月のトレーニング料金  19万6000円
合計  24万6000円
無料カウンセリング当日に申し込むと入会金は半額に、モニターコースに申し込むと入会金は無料になります。

5. BELLEZZA

https://www.bellezza-gym.com/
ベレッツァのダイエットへのこだわりは、外見だけでなく身体の内面からキレイにしていくことです。

つまり、インナービューティーにこだわっているのです。

パーソナルジムの中でも珍しく、ファスティング(断食)のプランも用意されているのです。

プロのとレーナがついて、正しい知識のもとで食事面からダイエットを指導します。

ダイエットのトレーニングだけでなく、姿勢改善も行いながら女性に優しいプログラムが待っているのです。

入会金  1万7500円
2ヶ月のトレーニング料金  19万6000円
合計   21万3500円   

6. ダンディハウス

https://www.dandy-house.co.jp
男性向けのエステとして有名です。

今年から新たな瘦身方法として、「トリプルバーンZ」というプログラムをPRしています。

これまでのダイエットの実績に基づき、リバウンドの可能性を極めて少なくし、ただ減量するだけでなく脂肪が肥大化する仕組み自体を改善し、健康的に美しい身体に仕上げる痩身プログラムです。

痩身プログラムを指導するエステティシャンは、技術だけでなく皮膚科学や栄養学、痩せるメカニズムを熟知したダイエットプロの有資格者も在籍しています。

男のダイエットの初回体験コースの料金は、5000円です。

入会金   3万円
痩身コース(トリプルバーンZ)  2万2000円(1回の施術料)
個人の要望に合うように施術回数が提案されます。

10回受けると、22万円です。

その時の総額は、25万円です。

7. ALTIMAKE

http://www.altimake.com/sp/
アルティメイクの特徴は、トレーニング時間が短いことです。

一般的にはトレーニングに1時間前後の時間をかけますが、ここでは40分という短い時間で密度の濃いトレーニングを行っています。

短い時間で集中してトレーニングをしたい人にはお勧めのダイエットジムです。

短時間に行うために人件費が抑えられて、トレーニング料金は20万円ほどの値段設定になっています。

無理な食事制限もしないのも特徴です。

精神的なストレスが増えてリバウンドしやすくなるためです。

科学的な食事指導を受けて、量から質に意識を変えていきます。

トレーニング後に、無料でプロテインの提供もあります。

入会金  3万3800円
トレーニング料金  16万7800円(40分×16回)
合計  20万1600円

8. Real Fit

http://www.real-fit.jp
リアルフィットは、異色のダイエットジムです。

というのも、暗闇と音楽と光りの中で行われるトレーニングが主体です。

ここでは、個人単位ではなくグループでのレッスンです。

音楽と照明の中という非日常的な空間でのトレーニングです。

1回のレッスンの時間は20分です。

レッスン終了後には、みんなでハイタッチして爽快感と達成感を共有するのです。

みんなと楽しくダイエットしたい、運動したいという人に人気のダイエットジムです。

入会金   1万円
2ヶ月間のダイエットコース料金   9万8000円
合計   10万8000円

9. es three

https://esthree.jp
エススリーは子育て中のママにも嬉しいダイエットジムなのです。

エススリーは託児所と提携している店舗も会って、トレーニングをしている間は子供の面倒を見てくれるのです。

もちろん、託児所の費用はエススリーが負担してくれるのです。

肝心のエススリーの特徴ですが、入会時のカウンセリングから、実績のあるトレーナーが担当して密度の濃いカウンセリングが受けれます。

実際にダイエットのプログラムを受けてトレーニングした時に、トレーナーの支持を守っても体重の変化が無かったら、全額保障してもらえるのです。

入会金 3万9000円
2ヶ月のトレーニング料金   19万4000円
合計 23万3000円

まとめ

女性にとって「痩身」という言葉は魔法の言葉です。

体質的に太らない人は別として、ほとんどの女性はもっと痩せたいと思っているはずです。

駅前の書店に立ち寄ると、美容と痩身の書物がずらりと並んでいます。

チャレンジしてもすぐにリバウンドしてしまうので、ストレスになるのでやらない人も多いのです。

そこでダイエットの提案ですが、2段階で考えてはいかがでしょうか?
第1段階は、少し厳しく2週間ほど運動とカロリー摂取量の制限を徹底して実行します。

体重は-2kg目標です。

これがほぼ達成できたら、次の段階です。

第2段階は、頭を使います。

基礎代謝を上げる努力をします。

つまり、身体を冷やすものを食べない、便秘を治す、汗をかく(運動する)、そして筋肉を増やす(頑張って鍛える)のです。

ファーストフードとインスタント食品は控え目にします。

ストレスを溜めないようにします。

(ストレスホルモンのコルチゾールを分泌して、食欲を抑える働きのあるレプチンという物質が減ってしまうからです) 甘いものも控えます。

(血糖値が上がりインスリンが放出されます。

インスリンは脂肪を溜めこむ作用があるのです)第2段階は、顕著に体重に変化は起こりませんが、地道に基礎代謝を上げるのです。

そうです、アナタの生活習慣を改めるのです。

第1段階を徹底するためには、ダイエットジムでの痩身プログラムを受けることが確実です。

ダイエットジムに行っても、結局は基礎代謝を上げる工夫を考えることがリバウンドしない対策と思います。