私たちは、島国に暮らしています。

その為、他の国の文化が入りにくい環境で生活している事もあり、独自の文化が作られています。

それは言葉もまた同じ事です。

海外の場合は一つの国と言っても、隣同士に繋がっている事もめずらしく無く共通の言語で生活している国々も多くあります。

しかしながら、日本人が使用している日本語は日本でしか通用しません。

中には親日家の国もあり、それらの国では多少通じる事もありますが、日常会話年て使用している国は日本しか居ません。

ですから、海外から日本に来た人が最初に苦労するのが日本語の理解です。

日本語は文章の組み立て方が英語などの他の言語とは違って居ると言われています。

その為、まずその違いから理解して行かなければならないからです。

更には同じ言葉である『はな』などと言った言葉も、花と鼻という意味がり前後の文章の内容をしっかりと理解していないと本当の会話の意味を掴む事が出来ない事もあります。

その為、多くの言語がある中でも日本語は特に覚える事が難しいと言われています。

それは我々日本人にとっても同じ事なのかもしれません。

言葉は常に進化しています。

その為、江戸時代などに書かれた文章などは現代に生きる私たち居は読み解く事が出来ないような難し言い回しや言葉が使用されており理解出来ないものも多く存在しています。

それとおなじように、私たちの今生きているこの瞬間でさえ言葉の進化は起きています。

常に変化する社会にいかに順応に対応する事が出来るかどうかは私たちの学ぶ姿勢にかかって居るのでしょう。

新しい言葉が出る度に、『あの言葉の意味は何だろう』『どんな時に使うんだろう』と意識する事が重要なのです。

中には、ある一部の人たちしか使用しないような言葉もあるかもしれません。

しかし、それすらもいつかは当たり前のように世の中で使用される時が来るかもしれません。

あれは正しくない日本語だからと心を閉じてしまっては、後から後悔する事にも繋がるかもしれません。

先入観に囚われる事無く、多くの事を吸収する事が出来ればいくつになっても生きた言葉を使う事が出来る人になる事が出来るでしょう。

最近最も多く新しい言葉を生み出しているのは、おそらくインタネットの世界でしょう。

インターネットはもはや私たちの世界には無くてはならない存在です。

その中には、2チャンネルと呼ばれるような不特定多数の人が利用するような掲示板が用意されています。

その中では彼らが作り出した様々な言葉が利用されています。

それに馴染みの無い人にとっては、意味を理解する事は難しいかもしれませんが、その言葉がいつの間にか当たり前のようになる日が来るかもしれないのです。

インターネットで利用されて居る言葉は、独特なものが多いのでそれに馴染みが無い人にとっては理解する事自体が難しかもしれません。

しかし、それも日本の新しい言葉の一つです。

是非それも含めて日本語の奥深さを感じ前向きにトライしてみてはいかがでしょうか。

ディスるという言葉知っていますか?

多くの言葉がある中で、最近良く使用されるようになった新し言葉の中にディスるという言葉があります。

この言葉は、ここ最近急激に使用されるようになりました。

その為、まだまだ認知度の低い言葉だと言えるでしょう。

この言葉はいい意味で使用される事は殆どありません。

どちらかと言えば、良くない意味として使用される場合が多くあります。

その為、使い方や使うタイミングを間違えてしまうと相手を気づ付けたり怒らせたりしてしまう可能性があります。

ですから、我々は多くの新しい言葉が登場したときには、知ったかぶりで言葉を使う事をさけしっかりと意味を把握してから使用する事をお勧めします。

そうしなければ、無駄な争いを産む事になってしまうかもしれません。

今までなんとなくで使用していた方も、もしかしら使い方を間違って居る事もあるかもしれません。

自分は得意げで使用しているのに、実は他の人に笑われて居ると言う事だって考えられます。

その為、新しい言葉の中でも特にインタネットなどの特殊な環境で登場した言葉の意味はしっかりと理解しておく事をお勧めします。

ネットで生まれた言葉

ディスるという言葉は、インターネットの正解で誕生した言葉です。

これまでにも、インターネットの世界から登場した言葉は数多く存在しています。

その中でも最近時に使用される頻度が上がってきたのがこのディスるという言葉なのです。

この言葉は、決していい意味で使用される事はありませ。

どちらかというと、悪口などをいう時にそれを揶揄して使用する場合が多く使うタイミングによっては相手を気づ付けてしまう事も十分に考えられます。

その為、ディスるという言葉を使用する際には、きちんと考えながら使用する必要があるでしょう。

インターネットの世界は正に無法地帯です。

中にどんな世界が広がって居ようとも肉眼で確認する事は出来ません。

だからこそ、インターネットの世界には面白い文化が多く登場するのかもしれません。

それは言葉の世界にも言える事です。

面と向かっては言えないようなふざけた言葉の良い方や略し方も、画面を通じて文章で書くからこそ恥ずかしくもなく使用する事が出来るのです。

インターネットの住人は、思っているよりずっと沢山います。

ネットの掲示板を使用していると聞くとついついオタクな人を想像してしまいます。

しかし、実際には誰でも使用している可能性があります。

その為、あなたの周りに居る友人や恋人・親族だって例外ではありません。

インターネットを使用している人にしか分からない言葉も意外と知っている人は知っているのです。

ちょっと変わって言い回しや独特の表現は、つい癖になる中毒性をはらんでいます。

その為、いつもは画面を通して使っている言葉をいつの間にか日常的に使用するようになってしまったのです。

実際に使用してみる事で、その言葉の面白さに更に気が付く事があるのかもしれません。

インターネットを使用しない人は、その新しい言葉の誕生の様子を知りません。

その為、意味もよくわからずに使用してしまう事だってあるかもしれません。

分からない言葉はきちんと聞く。

そうする事で、新しい言葉を常に吸収する事が出来るようになるでしょう。

ディスるの意味は?

最近多くの若者が使用している言葉のなかにディスるという言葉があります。

大変良く使用されている言葉なので、多くの方が一度や二度は耳にした事があるのでは無いでしょうか。

ですが、余りにも多くの方が使用しているので、意味が良く分からないという方も今更聞きにくいという事もあるでしょう。

その為、その前後の文面からなんとなく意味を考えている方も居る事でしょう。

日本語には言葉の行間を読むという考え方があります。

その為、元々言葉では実際に伝えて居ない部分から相手の言わんとしている言葉の意味を考えるという事を普段からしています。

その為、意味が分からない言葉が一つあったとしてもなんとなく誤魔化す事が出来るでしょう。

ですが、日々そうやって誤魔化し続けてしまうといつの間にか勘違いをおこして居る事に気が付かず間違った言葉の使い方をしてしまう時があるかもしれません。

流行り言葉を使用する際に、間違った言い方で話をする事程恥ずかしい事はありません。

その為、新しい言葉を聞いた時はその際分からなければ、早めに解決する事をお勧めします。

ディスるとは、相手の事をチョット小ばかにしたような時に使用する言葉です。

褒め言葉なら間違って使用したとしても相手に不快な気持ちにさせる心配はありませんが、悪口にもなる言葉の使うタイミングを間違えてしまうと無駄なトラブルに発展する可能性も否定出来ません。

言葉は時として暴力にもなる場合があるのです。

新しい言葉を敏感に自分の物にしようとする姿勢は良い事ですが、その際は極力間違いの内容に使用して行きましょう。

『侮辱する』という意味

ディスるという言葉の意味は、侮辱するという言葉が込められています。

その為、他人をディスると言う事は決して褒められた行為では無く、あからさまな悪口とも言えるでしょう。

友達と話をしている時に、『それは悪口だ!』と言ってしまうとその場の空気が悪くなる事もあるかもしれません。

しかし、『ディスってるね』などと言う事で、悪口を言っている事を指摘しつつも相手を極端に否定する事をせずに適度に関わる事が出来るでしょう。

人間関係を築いて行く事はとても難しい事です。

正しい事を正面からいつもいう事が出来れば、それは素晴らしい事ですが、そんな事ばかりいつも出来るとは限りません。

相手に敵と思われない為にも使用する言葉には常に意識をもって行動して行かなければなりません。

そんな時にも、最近出来た新しい言葉であるディスるという言葉は大変便利な言葉として私たちの生活の中に根付いて居るのかもしれません。

皆があえて冗談として言っている事に対して、向きになって反論する人程場の空気が読めない人は居ません。

そうならない為にも、他人との距離間をきちんと把握しつつ自分なりの線引きをしっかりともって、他人との会話を楽しむ事をおすすめします。

英語の『(ディスリスペクト)disrespect』を略したもの

若者たちが使用する言葉の中には、英語をそのまま無理くり日本語にしてしまった言葉が多々あrます。

それはもはや造語のいきであり、英語を話す国の方であったとしてもその意味を推察する事は難しいのではないでしょうか。

最近良く利用されているディスるという言葉もその一つです。

ディスると言う言葉は、元々はディスリスペクトという言葉を無理やり略した言葉です。

リスペクトとは尊敬という意味の言葉です。

そこにディスがつく事によって、反対の言葉の意味となり尊敬していない。

つまりは侮辱しているという意味の言葉となるのです。

相手の事を侮辱していると聞くと、大変深刻な雰囲気になりますが、相手をディスっていると聞くと、なんとなく軽いような気がします。

この様に、新たに出来た言葉を使用する事で、状況をより軽くする事が出来るのかもしれません。

どんな人であれ、侮辱する事は良い事ではありません。

いい人間関係を作って行きたいのであればある程、どんな人とでも親しく慣れるように心がけ得る事が大事でしょう。

しかし、時に人は他人の事を妬んだり見下してしまう生き物です。

悪い事だと分って居ながらも、人が集まれば集まる程、どんな話に花がさいてしまう時もあるでしょう。

そんな状況の中でも、ディスるという言葉を使用するだけで、その場が少しなごむような事もあるかもしれません。

言葉は正しく使用しなければ、相手に伝える事が出来ません。

だからと言って、いつまでも古い物にしがみついて居てもいけません。

言葉は常に進化している物なので、その波に乗り遅れないように常にアンテナをしっかりと貼って言葉の成長をしっかりと見届ける気持ちが必要です。

生き物の様に変化して行く言葉の意味を、私たちは生涯追い続けていく事になるのでしょう。

本当に侮辱するわけでなくバカにする程度

悪口には、2種類あります。

相手を本気で傷つけてしまう言葉とあくまでも冗談として話す悪口です。

相手を傷つける悪口は良いものとは言えません。

例えそれを本人に直接伝える事が無かったとしても、それを他人に話す事によって聞かされた人はその負の気持ちを思い切りぶつけられる子事になってしまうのです。

楽しい話であれば、いくらでも受け止める事が出来るでしょうが、負の感情はそうは生きません。

余りにも多くの悪口を聞かされていると、つい自分が言われて居るような気持ちになってしまう事でしょう。

それは決して嬉しい事では無く、気持ちも落ち込みます。

そんな話ばかりしてくる人とは付き合う事を辞めようとさえ思うかもしれません。