私たちが普段使用している日本語には、実は様々な種類があります。

敬語などの話す相手によって言葉が変わる物もあれば、自分たちの住んでいる場所や生きてきた時代によって使う言葉が変わる事もあります。

その為、敬語などの概念が無い他の国の人たちから見てみると日本語は言語の中でも特に難しい言葉だと言われて居ます。

そんな多くの言葉が存在する日本語ですが、その中でも私たち日本人すら意味の分からない言葉があります。

それはビジネス用語です。

ビジネス用語とは、その名の通りビジネス=仕事をしている際に使用する言葉の事を指します。

日常的に使用する言葉では無い事もあり、その仕事に携わって居る人出なければ意味は勿論、その言葉自体聞いた事すら無い事も十分に考えられるでしょう。

ビジネス用語を使いこなす事が出来ると、何だか仕事が出来るような人のように感じる事が出来ます。

その為、内容が分からなくとも相手を尊敬してしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、ビジネス用語の多用は厳禁です。

必要に応じて使いこなす事は良い事だと思いますが、それと同時にむやみやたらに使ってしまうと、かえって信用を無くす事にもなりかねません。

そんな使い方が少し難しいビジネス用語。

その中でも、最近良く使用されるようになった言葉の中に、プライオリティと言う言葉があります。

意味を知る事で、会話の中身をより深く理解する事が出来るようになる事があるかもしれません。

是非この機会に、ビジネス用語についてちょっと興味をもって見てはいかがでしょうか。

プライオリティの意味は?

優先(する)・先取権・優先事項

最近良く使用されているビジネス用語の中に、プライオリティと言う言葉があります。

その言葉の意味は、優先する・先取権などの意味があります。

日常生活でも、優先する事柄と言うものはある物です。

ですが、それをイチイチプライオリティという良い方はしません。

プライオリティというよりは、『優先事項』と言ってしまった方がスムーズに伝える事が出来るからです。

それでは何故、ビジネス用語では、あえて伝わりにくいプライオリティという言葉を使用するのでしょうか。

それは一つに、日本の経済の中に海外の文化が大きく入ってきていると言う事が挙げられるのではないでしょうか。

海外と取引をする中で、使用されている言葉は基本的に英語です。

その為、そ言語を使用している流れで、ついいつもの日本語の中にも英語が交じってきてしまうのではないでしょうか。

更に言えば、英語を使用している事でカッコイイというイメージを持つ事もあります。

仕事中にチョットカッコ付けたい。

そんな気持ちがどこかにある人は、ついその言葉を使用するようになってしまうのかもしれません。

”優先度の高低”であり”重要度の高低”でない


プライオリティの意味として、良く勘違いされて居るのか、優先度の話であり重要度の話では無いと言う事です。

その為、プライオリティが低いからと言って、その事が需要でないかと問われればそれは全くの勘違いです。

物事にはどんなものに対しても、優先事項というものがあります。

その為、私たちはその優先事項の中から必要な順番を考えて行かなければならないのです。

それはあくまでも物事の順序の話であり、重要度の関わる事ではありません。

例えば、人生を変えるような大きな試験があるとします。

ですが、それは一年後です。

それよりも前に小さいテストがいくつもあるのであれば、プライオリティが高い方は、小さいテストの方になるでしょう。

この様に、言葉の意味を勘違いして覚えて居ると本当に重要な話の内容を間違えて理解する事になってしまいます。

実生活においては、自分に被害が出るだけなのでいいかもしれませんが、それが会社全体の被害になるとなれば話は別です。

場合によっては多くの損失を出してしまう事も十分に考えられるでしょう。

そうなってしまわない為にも、まずはしっかりと話の内容を理解する為に、言葉の意味を理解する事が重要です。

時間的に先行すること

最近、ビジネス用語として良く耳にする言葉の一つにプライオリティと言うものがあります。

普段から、その言葉を使用している人にとっては当たり前の言葉の一つかもしれません。

しかしながら、普段ビジネス用語と接する機会が無い方にとっては、その言葉の意味を推測する事は難しい事もあるでしょう。

プライオリティとは、『優先事項』という意味で使用されています。

その為、つい重要事項の意味と混同してしまう方が居る用です。

ですが、それは間違いです。

その間違いに気が付かず過ごしてしまうと、いつか大きな問題にぶち当たってしまう事があるかもしれません。

物事には、内容的に優先しなければいけない物もあれば時間的に優先しなければいけないものがあります。

どんなに重要な案件だとしても、それの締め切りがずっと先にありそれより先に締め切るの来るものがあるのであれば、それを優先しなければなりません。

プライオリティとは、時間の優劣の話であり、内容の優劣ではありません。

意味を深く理解せずに、相手の話の雰囲気だけで内容を理解しようとすると、つい勘違いしてしまう事もあるかもしれません。

そうならない為にも、意味が曖昧な言葉や聞きなれない言葉を聞いた時にはしっかりと内容を確認する事も大事なポイントです。

言葉の意味が分からない事は、恥ずかしい事ではありません。

それよりも、内容をきちんと把握せず知ったかぶりをしている方がよっぽど恥ずかしい現象なのでは無いでしょうか。

ビジネス用語としてよく使われる


プライオリティと言う言葉を、日常的に使用する人はまず居ないと思います。

その一つの大きな理由としては、そもそも意味が分かる方が少ないからとも言えるのでは無いでしょうか。

例えば、日常会話の中で、プライオリティといきなり使った所でそのまま会話を続けることが出来る人はどれほど居るでしょうか。

多くの人が『それって何?』『どんな意味があるの??』と聞く事になるでしょう。

疑問を相手に問いかける事自体は悪い事ではありません。

しかしながら、それが会話の中の一つなのであればそれの都度イチイチ聞く事で、会話を止めてしまう事も十分に考えられます。

ですから、それは不効率なやり方であり、余りお勧め出来る事では無いでしょう。

意味が伝わらない言葉を使用するのであれば、万人が分かる言葉を使用する方がよっぽど得策です。

日常的にその言葉を使用している人は、おそらくビジネス用語の延長として使用しているのでしょう。

自分は使い慣れて居る言葉の為、大した意識もせずに使用しているのかもしれませんが聞きなれない相手にとってそれは不快に感じる事もあるかもしれません。

ビジネス用語は、あくまでも仕事場で使用されて居る言葉です。

その為、その内容をしっかりと理解している人同士が使う事が前提である言葉だと言う事を忘れてはいけないのです。

ちょとカッコイイからと使用している方も、実はそれを聞かされて居る人からは不快に思われて居る事もあるかもしれません。

その事をしっかりと理解せずに使って居ては周りの人から浮いてしまう事も十分に考えられますので注意が必要です。

プライオリティの使い方

ここまで、プライオリティの意味について説明させて頂きました。

その為、今までなんとなく意味を理解していた方も、しっかりと内容を理解する事が出来たのでは無いでしょうか。

意味をしっかりと理解する事が出来れば、それを使いこなす事も簡単です。

言葉がとても便利な道具です。

それを使いこなす事が出来れば、多くの問題を解決する手助けになる事でしょう。

しかしながら、その反対に便利な物だからこそ使い方を間違えてしまうととても困った物になってしまう事も十分に考えられます。

その為、私たちは、言葉の使い方をしっかりと理解しなければなりません。

言葉を使いこなす為には、その基本として言葉の意味を理解する事が重要です。

この場の意味を理解する事が出来れば、それを正しく使用する事が出来るからです。

年齢・性別に関係なく、言葉は私たちにとってとても素晴らしいものであり、無くてはならない物なのです。

その言葉をいかに自分の物にする事が出来るかによって、これからの暮らしも大きく変わって行く事でしょう。

この案件はプライオリティが低い/高い

仕事をしていると、時には自分の会社以外の人と関わる機会もあるかもしれません。

その時は、相手に不快な思いをさせないように、話を進める力を付ける事も社会人としてとても重要なポイントです。

その中には、ビジネス用語の使い方も含まれています。

例えば、相手と一緒に取り組んでいる事柄があったとしてそれ以上に重要な案件ができたとします。

それを相手に伝える時、『優先事項が低い』と話すよりは『プライオリティが低い』と話をした方がなんとなく優しい雰囲気になるような気がしないでしょうか。

仕事の中では、言わなければならない事ははっきりと相手に伝える事が必要です。

ですが
それには言い方と言うものがあり、それをきちんと見極める事が出来なければ優秀な社会人とは言えないでしょう。

言葉の使い方一つで、人の印象を変える事が出来ます。

その事をしっかりと頭に入れ、忘れないようにしましょう。

プライオリティを決める

プライオリティを決めると言う事は、時間的優先事項を決めると言う事です。

プライオリティは、ビジネス用語として使用されています。

その為、つい仕事をしていない人にとっては使用する機会の少ない言葉のように感じてしまいます。

しかしながらそれは大きな勘違いです。

実は、事後と以上に家事や子育ての方が優先事項を見極める事が重要です。

自分のペースに全て回されて居る分、自分が見極めを間違うとその後身動きが出来なくなってしまう事もあるでしょう。

その為にも、私たちは普段から自分の責任でプライオリティを見極めて行かなければならないのです。

自分の為は勿論、他の誰かの為でも私たちは出来るだけ物事が順調に進むようにとプライオリティを見極める力をやしなっています。

プライオリティを見極める事が大事

これは正に『プライオリティ』の意味をそのまま使った例文と言えるでしょう。

私たちは生きていく中で、常に多くの問題を解決していかなければなりません。

その中でも、優先事項を見極める事はとても重要なポイントであり、そこを間違えてしまうとその後大きな損失を出してしまう可能性も十分に考えられます。

生きていれば様々な選択肢を迫られる事があるでしょう。

家族が増えれば増える程、その機会は大きくなり、責任も大きくなります。

その為、大きな決断をしなければならない時もやってくるでしょう。

その時後悔してしまうような失敗をしない為にも、私たちは普段から自分が置かれている状況を理解て決断していく練習をしなければなりません。

使いこなせばカッコいいけど…

ビジネス用語はあくまでも仕事の中で使用する言葉です。

その為、その意味をしっかりと理解出来て居ない相手に対して使用下としてもニュアンスでしか伝える事が出来ず、本当の意味合いを相手に伝える事が出来ないかもしれません。

更には、自分自身も意味をしっかりと分って居ない場合もあります。