私たちが普段使用している日本語には、実は様々な種類があります。

敬語などの話す相手によって言葉が変わる物もあれば、自分たちの住んでいる場所や生きてきた時代によって使う言葉が変わる事もあります。

その為、敬語などの概念が無い他の国の人たちから見てみると日本語は言語の中でも特に難しい言葉だと言われて居ます。

そんな多くの言葉が存在する日本語ですが、その中でも私たち日本人すら意味の分からない言葉があります。

それはビジネス用語です。

ビジネス用語とは、その名の通りビジネス=仕事をしている際に使用する言葉の事を指します。

日常的に使用する言葉では無い事もあり、その仕事に携わって居る人出なければ意味は勿論、その言葉自体聞いた事すら無い事も十分に考えられるでしょう。

ビジネス用語を使いこなす事が出来ると、何だか仕事が出来るような人のように感じる事が出来ます。

その為、内容が分からなくとも相手を尊敬してしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、ビジネス用語の多用は厳禁です。

必要に応じて使いこなす事は良い事だと思いますが、それと同時にむやみやたらに使ってしまうと、かえって信用を無くす事にもなりかねません。

そんな使い方が少し難しいビジネス用語。

その中でも、最近良く使用されるようになった言葉の中に、プライオリティと言う言葉があります。

意味を知る事で、会話の中身をより深く理解する事が出来るようになる事があるかもしれません。

是非この機会に、ビジネス用語についてちょっと興味をもって見てはいかがでしょうか。

プライオリティの意味は?

優先(する)・先取権・優先事項

最近良く使用されているビジネス用語の中に、プライオリティと言う言葉があります。

その言葉の意味は、優先する・先取権などの意味があります。

日常生活でも、優先する事柄と言うものはある物です。

ですが、それをイチイチプライオリティという良い方はしません。

プライオリティというよりは、『優先事項』と言ってしまった方がスムーズに伝える事が出来るからです。

それでは何故、ビジネス用語では、あえて伝わりにくいプライオリティという言葉を使用するのでしょうか。

それは一つに、日本の経済の中に海外の文化が大きく入ってきていると言う事が挙げられるのではないでしょうか。

海外と取引をする中で、使用されている言葉は基本的に英語です。

その為、そ言語を使用している流れで、ついいつもの日本語の中にも英語が交じってきてしまうのではないでしょうか。

更に言えば、英語を使用している事でカッコイイというイメージを持つ事もあります。

仕事中にチョットカッコ付けたい。

そんな気持ちがどこかにある人は、ついその言葉を使用するようになってしまうのかもしれません。

”優先度の高低”であり”重要度の高低”でない


プライオリティの意味として、良く勘違いされて居るのか、優先度の話であり重要度の話では無いと言う事です。

その為、プライオリティが低いからと言って、その事が需要でないかと問われればそれは全くの勘違いです。

物事にはどんなものに対しても、優先事項というものがあります。

その為、私たちはその優先事項の中から必要な順番を考えて行かなければならないのです。

それはあくまでも物事の順序の話であり、重要度の関わる事ではありません。

例えば、人生を変えるような大きな試験があるとします。

ですが、それは一年後です。

それよりも前に小さいテストがいくつもあるのであれば、プライオリティが高い方は、小さいテストの方になるでしょう。

この様に、言葉の意味を勘違いして覚えて居ると本当に重要な話の内容を間違えて理解する事になってしまいます。

実生活においては、自分に被害が出るだけなのでいいかもしれませんが、それが会社全体の被害になるとなれば話は別です。

場合によっては多くの損失を出してしまう事も十分に考えられるでしょう。

そうなってしまわない為にも、まずはしっかりと話の内容を理解する為に、言葉の意味を理解する事が重要です。

時間的に先行すること

最近、ビジネス用語として良く耳にする言葉の一つにプライオリティと言うものがあります。

普段から、その言葉を使用している人にとっては当たり前の言葉の一つかもしれません。

しかしながら、普段ビジネス用語と接する機会が無い方にとっては、その言葉の意味を推測する事は難しい事もあるでしょう。

プライオリティとは、『優先事項』という意味で使用されています。

その為、つい重要事項の意味と混同してしまう方が居る用です。

ですが、それは間違いです。

その間違いに気が付かず過ごしてしまうと、いつか大きな問題にぶち当たってしまう事があるかもしれません。

物事には、内容的に優先しなければいけない物もあれば時間的に優先しなければいけないものがあります。

どんなに重要な案件だとしても、それの締め切りがずっと先にありそれより先に締め切るの来るものがあるのであれば、それを優先しなければなりません。

プライオリティとは、時間の優劣の話であり、内容の優劣ではありません。

意味を深く理解せずに、相手の話の雰囲気だけで内容を理解しようとすると、つい勘違いしてしまう事もあるかもしれません。

そうならない為にも、意味が曖昧な言葉や聞きなれない言葉を聞いた時にはしっかりと内容を確認する事も大事なポイントです。

言葉の意味が分からない事は、恥ずかしい事ではありません。

それよりも、内容をきちんと把握せず知ったかぶりをしている方がよっぽど恥ずかしい現象なのでは無いでしょうか。

ビジネス用語としてよく使われる


プライオリティと言う言葉を、日常的に使用する人はまず居ないと思います。

その一つの大きな理由としては、そもそも意味が分かる方が少ないからとも言えるのでは無いでしょうか。

例えば、日常会話の中で、プライオリティといきなり使った所でそのまま会話を続けることが出来る人はどれほど居るでしょうか。

多くの人が『それって何?』『どんな意味があるの??』と聞く事になるでしょう。

疑問を相手に問いかける事自体は悪い事ではありません。

しかしながら、それが会話の中の一つなのであればそれの都度イチイチ聞く事で、会話を止めてしまう事も十分に考えられます。

ですから、それは不効率なやり方であり、余りお勧め出来る事では無いでしょう。

意味が伝わらない言葉を使用するのであれば、万人が分かる言葉を使用する方がよっぽど得策です。

日常的にその言葉を使用している人は、おそらくビジネス用語の延長として使用しているのでしょう。

自分は使い慣れて居る言葉の為、大した意識もせずに使用しているのかもしれませんが聞きなれない相手にとってそれは不快に感じる事もあるかもしれません。

ビジネス用語は、あくまでも仕事場で使用されて居る言葉です。

その為、その内容をしっかりと理解している人同士が使う事が前提である言葉だと言う事を忘れてはいけないのです。

ちょとカッコイイからと使用している方も、実はそれを聞かされて居る人からは不快に思われて居る事もあるかもしれません。

その事をしっかりと理解せずに使って居ては周りの人から浮いてしまう事も十分に考えられますので注意が必要です。

プライオリティの使い方

ここまで、プライオリティの意味について説明させて頂きました。

その為、今までなんとなく意味を理解していた方も、しっかりと内容を理解する事が出来たのでは無いでしょうか。

意味をしっかりと理解する事が出来れば、それを使いこなす事も簡単です。

言葉がとても便利な道具です。

それを使いこなす事が出来れば、多くの問題を解決する手助けになる事でしょう。

しかしながら、その反対に便利な物だからこそ使い方を間違えてしまうととても困った物になってしまう事も十分に考えられます。

その為、私たちは、言葉の使い方をしっかりと理解しなければなりません。

言葉を使いこなす為には、その基本として言葉の意味を理解する事が重要です。

この場の意味を理解する事が出来れば、それを正しく使用する事が出来るからです。

年齢・性別に関係なく、言葉は私たちにとってとても素晴らしいものであり、無くてはならない物なのです。

その言葉をいかに自分の物にする事が出来るかによって、これからの暮らしも大きく変わって行く事でしょう。

この案件はプライオリティが低い/高い

仕事をしていると、時には自分の会社以外の人と関わる機会もあるかもしれません。

その時は、相手に不快な思いをさせないように、話を進める力を付ける事も社会人としてとても重要なポイントです。

その中には、ビジネス用語の使い方も含まれています。

例えば、相手と一緒に取り組んでいる事柄があったとしてそれ以上に重要な案件ができたとします。

それを相手に伝える時、『優先事項が低い』と話すよりは『プライオリティが低い』と話をした方がなんとなく優しい雰囲気になるような気がしないでしょうか。

仕事の中では、言わなければならない事ははっきりと相手に伝える事が必要です。

ですが
それには言い方と言うものがあり、それをきちんと見極める事が出来なければ優秀な社会人とは言えないでしょう。

言葉の使い方一つで、人の印象を変える事が出来ます。

その事をしっかりと頭に入れ、忘れないようにしましょう。

プライオリティを決める

プライオリティを決めると言う事は、時間的優先事項を決めると言う事です。

プライオリティは、ビジネス用語として使用されています。

その為、つい仕事をしていない人にとっては使用する機会の少ない言葉のように感じてしまいます。

しかしながらそれは大きな勘違いです。

実は、事後と以上に家事や子育ての方が優先事項を見極める事が重要です。

自分のペースに全て回されて居る分、自分が見極めを間違うとその後身動きが出来なくなってしまう事もあるでしょう。

その為にも、私たちは普段から自分の責任でプライオリティを見極めて行かなければならないのです。

自分の為は勿論、他の誰かの為でも私たちは出来るだけ物事が順調に進むようにとプライオリティを見極める力をやしなっています。

プライオリティを見極める事が大事

これは正に『プライオリティ』の意味をそのまま使った例文と言えるでしょう。

私たちは生きていく中で、常に多くの問題を解決していかなければなりません。

その中でも、優先事項を見極める事はとても重要なポイントであり、そこを間違えてしまうとその後大きな損失を出してしまう可能性も十分に考えられます。

生きていれば様々な選択肢を迫られる事があるでしょう。

家族が増えれば増える程、その機会は大きくなり、責任も大きくなります。

その為、大きな決断をしなければならない時もやってくるでしょう。

その時後悔してしまうような失敗をしない為にも、私たちは普段から自分が置かれている状況を理解て決断していく練習をしなければなりません。

使いこなせばカッコいいけど…

ビジネス用語はあくまでも仕事の中で使用する言葉です。

その為、その意味をしっかりと理解出来て居ない相手に対して使用下としてもニュアンスでしか伝える事が出来ず、本当の意味合いを相手に伝える事が出来ないかもしれません。

更には、自分自身も意味をしっかりと分って居ない場合もあります。

ただ何となくカッコイイからと、その言葉を使用しているような人は実際に仕事の中でその言葉を使用している人から見れば掴方がおかしい場合などもあり、恥ずかしく思われてしまう可能性も多々あります。

自分の中ではカッコイイと思っている事でも、他人からみれば恥ずかしい事は多々あります。

中学生位までであれば若気の至りとして暖かく見守って貰う事が出来るとしても、それが大人になるまで続いてしまうようであれば、それは恥以外の何者でもありません。

自分の事を客観的に見る事が出来るようになる事も、大人への第一歩です。

ビジネス用語は使いこなす事が出来ればカッコイイかもしれませんが、それが出来るようになる為には沢山の経験や知識が必要となります。

その為、むやみやたらに使う事はお勧めする事が出来ません。

全国共通の言葉ではない

ビジネス用語は、使用している業界によっても意味が変わって来る場合が多々あり中には方言のように地域によって使い方が変わって来る場合もあります。

その為、自分が普段使用している言葉の意味が、必ずしも相手にしっかりと伝わって居るかどうかは分かりません。

ビジネスはあくまでもビジネスです。

その為、自分の事ばかりを考え、一人よがりの話を繰り返してしまっていては、利益を生み出す事は出来ません。

相手としっかりと意思疎通を測り、より効率的な話し合いをする事が仕事としても利益を生み出す事に繋がるのです。

その為にも、使用する言葉はしっかりとしたものを選ばなければなりません。

業界によっては、ビジネス用語を使用した方が話が早く進む事もあるのでしょう。

その為、今後ビジネス用語を使用するなとは言いません。

使用する事によって、話がより上手く伝わるのであればどんどん使えば良い事です。

ですがもし、少しでもその内容を相手が勘違いしているようであればその言葉を使用する事を辞める事も重要です。

臨機応変に使いこなす事が出来るようになる事が本当の意味で、ビジネス用語を使いこなせて居ると言う事になるのでしょう。

ビジネス用語は日常用語だと思わない

日常会話出は、誰でも当たり前に意味の分かる言葉が使用されています。

その為、私たちは相手にニュアンスが伝わらないような言葉を使用する事は殆どありません。

しかしながら、ビジネス用語の場合は少し違います。

例え、多くの人が分らなかったとしても同じ業界で仕事をしている人に伝える事が出来ればそれで良いのです。

ビジネス用語はあくまでも仕事て使用する言葉です。

その為、同じ空間に居る人々にその意味が伝わればそれで良いのです。

ですが。

それはあくまでも仕事の中の話であり、それを日常生活に持ち込む事はお勧め出来ません。

余りにもビジネス用語を日常的に使用している人は、特に何の意識をしなくともビジネス用語がポンポン口から出てくる事もあるでしょう。

その為、日常生活の中にビジネス用語をもし混んでしまうのです。

ですが、ビジネス用語はあくまでもビジネス用語です。

大半の人に意味は伝わりません。

なんとなくのニュアンスが伝わったとしても、それはあくまでも雰囲気であり性格に話が伝わっていない場合もたたあるでしょう。

日常生活には、ビジネス用語を入れない事が基本です。

多くの人が分かる言葉を使用しなければ、お互いに分かり合う事は出来ません。

仕事で使用するあまりつい口から出てしまう方も、そこは意識して使用しないようにしましょう。

そうする方がより賢く相手と話をする事が出来るようになるでしょう。

カッコつけてると思われる

ビジネス用語を使いこなす事が出来る人は、イメージ的に仕事が出来る科のような雰囲気を感じ取る事が出来ます。

その為、ついつい使いたくなってしまう気持ちも分かります。

しかしながら、物事には何事も限度というものが必要です。

いくらかっこいいと思った言葉であったとしても、それを余りにも多く使用される事は少しうっとおしく感じる事もあり、それをカッコイイと思う事は出来なくなってしまいます。

そればかりかカッコつけているという悪印象をもたれる事もあるかもしれません。

自分がカッコつけているつもりが無かったとしても、相手には違った形で話が伝わってしまう事も多々あります。

その事を忘れずに、内容を理解しつつもむやみやたらに使用しない事をお勧め致します。

知って損な事はない!

言葉は私たちが生きていく中で、とても重要な存在の一つです。

その為、多くの言葉の意味を知る事は自分自身の為であり、それを知る事によって自分を助ける事にも繋がるかもしれません。

例えば、言葉の意味を知らないと言うだけで自分が不利な立場に置かれてしまう事に気が付かないケースも多々あります。

今の社会は、弱者に優しい社会とは到底言えません。

その為、私たちは、自分の身は自分で守らなければならないのです。

自分の身を守って行く為には、まず多くの知識を得る事が重要です。

多くの知識があれば被害にあってしまう前に対策を取る事が出来るかもしれません。

更には、相手に付け込ませる隙を与えないという対策も出来るかもしれないのです。

知識を得る為にも、言葉を理解しておく事はとても重要なポイントです。

それが例え普段殆ど使用する事の無いビジネス用語であったとしてもです。

人生において、無駄な事は一つもありません。

その事を忘れずに過ごす事が出来れば、私たちの日々はより素晴らしい物になる事でしょう。

インターン生は覚えておくべき

インターンとは、大学生が一定期間会社に勤める事を指します。

アルバイトとは少し違い、子供の頃に行った職業体験のようなものでしょうか。

インターン生の場合は、大学生とは言え社会人に片足を突っ込んだような状態で扱われます。

その為、甘やかされる事は無く今後の社会人生活意に役立つような経験をする事が出来る事でしょう。

その中には、今までの学生生活では経験する事が出来なかった出来事を学んでいく事が出来ます。

多くの事を学んで行く中で、時に話の内容すら全く分からないような出来事にぶつかる時があるかもしれません。

それが、まさにビジネス用語なのです。

ビジネス用語は、普段の学生生活ではまず使用する事はありません。

その為、聞きなれない言葉が多く意味が分からない事でインターン生活に支障をきたす恐れもあります。

もし、経験していく中で分からない言葉があったらその都度すぐに聞くようにしましょう。

そして、自分の分からない事をそのままにしておかない事がとても大切です。

インターンに通う事を決めた方は、出来るだけその業界の専門用語を身に付けておく事が必要でしょう。

乱用は要注意

ビジネス用語は、その言葉を使って居るだけでどこか素敵な雰囲気がありつい仕事が出来る人のように感じてしまう事があるでしょう。

しかし、実際はその業界に勤めて居る人はその言葉を知っていたとしても不思議では無く、その言葉を使って居るからと言って仕事が出来る事には繋がらないでしょう。

そればかりか、その言葉を余りにも多用してしまうとかえって仕事が出来ない人のように感じてしまう事もあります。

必要があって使用している訳では無く、あくまでもカッコつけの為に使って居るかのように感じてしまうのです。

その為、ビジネス用語の使い方には注意しなければなりません。

私たちの周りに居は、気が付いて居ないだけで多くのビジネス用語が存在しています。

ですが、それを使用する人は極々僅かであり日常生活で使用する事は殆どありません。

その事に気が付く事が出来ずにむやみやたらに使用する事は、誤解を招く可能性もあり、決してお勧め出来る事ではありません。

是非その事を念頭に置き、使い方には気を付けるようにしてください。

業界によっては知らないとやっていけない

ビジネス用語は、業界よって様々なものがあります。

余り使用しない業界もあれば、反対にそればかりを使用しているような所もあるでしょう。

ビジネス用語を多く使用する業界の場合は、その言葉を知らないで居ると仕事自体が出来ないような場合もあります。

そうなってしまわない為にも、自分が働く業界のビジネス用語は出来るだけ多く知る事が重要です。

私たちはつい、自分の居る世界でいっぱいいっぱいになってしまいます。

しかしながら、世間はまだまだ広く多くの可能性に満ち溢れて居ます。

自分の視野を広げる為にも多くの出来事に興味を持ち吸収して行く事が重要です。

例えその仕事が自分が望んでついた仕事で無かったとしても、一度その業界に入ったと言う事はその業界の一員である事に変わりはありません。

ですから、その中でいかに頑張る事が出来るかどうかが重要な事なのです。

その為にも、言葉は出来るだけ多く覚え使用出来るようになって起きましょう。

それだけでも視野が広がり、楽しむ事が出来るようななるのではないでしょうか。

上司や先輩から学ぶべし

ビジネス用語の使い方は、その業界によっても大きな違いがあります。

その為、今まで経験してきた事も転職などによって職種が変わってしまえば通用しない事もあります。

同じ言葉を使用していたとしても、業界によって意味合いが違う場合もありその辺りも十分に注意しなければいけないポイントの一つです。

多くの意味があるビジネス用語を使いこなす事が出来る為には、経験が必要です。

いくら頭では理解していたとしても、実際に使用出来るかどうかはまた別の話であり、そこには大きな壁があるのでしょう。

仕事で使用すると言う事は、なんとなく意味が分かっていると言うだけでは使用する事が出来ません。

きっちりと意味を理解していなければ大きな失敗に繋がってしまう事もあるでしょう。

意味を理解し実践で使用する為には、先輩や上司をお手本にする事が大きなお勧めです。

実際に使用している方法を見る事によって、その意味を理解する事が出来るでしょう。

細かく説明されなくても、それを見ている事によって理解する事が出来るポイントが多々あります。

私たちはその事を見逃さずに一つ一つ丁寧に自分の物にして行く事が重要です。

そうする事によって、社会人としての力を身に付けて行く事が出来るでしょう。

会社や業界によってニュアンスに違いがある

ビジネス用語と言う事は、つまりは仕事で使用されている言葉と言う意味があります。

ですが、仕事と一口に言っても、その中には様々な者があります。

同じ言葉だとしても、業界にとってはその言葉の意味が違って使用されている場合もあります。

その為、ビジネス用語の場合は使う場所や内容によって意味が変わってしまう場合があります。

私たち日本人は、多くの言語があるこの世界の中でも特に難しい言葉を使っている国民として知られて居ます。

英語のように多くの国が使用している訳では無く、我が国でしか日本語は使用されておりません。

その為、日本語の意味を深く理解しているのはよほどの親日家出なければ日本人しか居ないのではないでしょうか。

その日本人でさえ、言葉の意味が分からない物は多々あります。

そんな言葉を使用する時には、私たちは前後の文脈から内容を読み取る事があります。

それによって、物事の内容を推察する事が出来るのです。

行間を読むと言う言葉もある程、日本人は言葉の裏にある心情を一つの言葉から読み取る事もあります。

それは日本人の特徴であり、美徳なのかもしれません。

しかしながら、ビジネス用語はそうはいきません。

意味合いをニュアンスで受け取る事で成立する日常会話とは違い、ビジネス用語の場合はお互いに内容をしっかりと理解しておく必要があります。

仕事では、お互いの意思疎通がしっかりと測れていなければ成り立たないような事もあるでしょう。

その為、それをニュアンスでカバーする事は、大きな失敗の元になってしまいます。

業界によって言葉の意味の変わる業界用語は、しっかりと内容を確認してから使用する事をお勧めします。

プライオリティの隠れた意味まで理解し行動する事が重要

いかがでしたでしょうか。

プライオリティの意味について少し理解していただく事が出来たのでは無いでしょうか。

普段からビジネス用語を使い慣れている人にとっては、当たり前の話が多かったかもしれません。

ですが、あまりビジネス用語を使う機会の無い方にとてみればそれは新鮮な発見であり、意外と知らない意味に驚いたのでは無いでしょうか。

この様に、言葉には一つの意味だけでは無く、多くの意味が込められて居る事があります。

その為、一つの意味しか知らずに使用していると、相手の話を勘違いしてしまったり反対に相手に意図しない意味として伝わってしまい不快な思いをさせてしまう事もあるかもしれません。

その為、新しい言葉を使用する際には、きちんと言葉の意味を理解しておかなければなりません。

私たちの生きている時代は常に進化しています。

新しいものが次々と登場し、生きている世界は目目まぐるしく変化を遂げて居ます。

それと同じように、言葉の世界もまた日々進化を遂げて居るのです。

一度覚えた意味であっても、時代と共に内容が変化したり意味が変わる事もあるかもしれません。

更には、新しい言葉が次々と生れて来るので、常に社会に対して意欲的な気持ちをもって過ごす事が重要です。

常に社会に対して目を向ける事で、言葉の変化に敏感になる事が出来ます。

生き物である言葉を常に更新して行く為には、『勉強しよう!!』という気持ちなのでは無く、出来るだけフラットに常に受け入れる状態を維持して行く事が重要です。

年を重ねて行くと、どうしても自分の世界に閉じこもりがちです。

自分の世代の方々としか話をしない事もあり、つい若い世代と話をする事自体が億劫になってしまう事もあるかもしれません。

しかしながら、私たちは常に新しい時代と共に生きていかなければならないのです。

その為にも、出来るだけ多くの言葉を理解して日々楽しい時間を過ごしていく事が重要でしょう。

ビジネス用語のように偏った言葉もありますが、それ以外にも私たちの世界には多くの言葉があります。

その事を受け入れ、常に前向きな姿勢で取り組んで見てはいかがでしょうか。