CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

サーキットトレーニングが出来るジム10選【東京編】

タレント&女優&モデルとして今や大活躍中の「中村アンさん」。

最近では自らがビキニをデザインしてモデルとしても登場し、その完璧過ぎるボディを惜しげもなく披露しています。

そんな彼女もデビュー前は60キロもあったんだそう。

彼女は「どうやって今の45キロボディを手に入れたのか?」

・・・その答えは「サーキットトレーニング」だったのです。

短時間なので忙しい人でも中村アンになれる!

「サーキットトレーニング」の魅力と、サーキットトレーニングが出来るジム10選【東京編】をご紹介します。

サーキットトレーニングとは?

サーキットトレーニング

サーキットトレーニングとは、筋力アップや筋力を維持する為の養成やダイエット・美しい体のライン作りを目的とした練習法のことをいいます。

大きな特徴は、重いバーベルなどを使う負荷の高いウエイトトレーニング。

比較的負荷の小さい運動を何種類か組み合わせること。

一定の時間内で休息をとることなく繰り返し練習すること、です。

そうすることで、全身の全ての筋肉や機能が一気に運動に参加でき、良い体の循環を作ることができます。

体を絞ってサイズダウンしたい女性にとっては最も効果的で、脂肪を減らす近道ともいえます。

ここ数年、あの中村アンさん、土屋太鳳さん、仲里依紗さんらがこのサーキットトレーニングにドはまり!

結果彼女たちは世間が羨むほどの完璧ボディを手に入れたのです。

1. 総合的な体力を高めるトレーニング

総合的な体力を高めるサーキットトレーニングをしている男性

昔から体を鍛える・絞るなら「有酸素運動がいい」「いやいや筋トレの方がいい」と議論が交わされて来ました。

今のところ脂肪を直接燃やすならやはり有酸素運動は効果的です。

ですが、ここ数年、筋トレするとその後24時間は脂肪が燃えやすくなるという話が盛り上がりはじめました。

「結局のところ、どっちもやる方がいいんじゃないか」という結論に辿り着くようになりました。

そこで人気が出始めたのが「サーキットトレーニング」です。

サーキットトレーニングのいいところは、短時間なのに有酸素運動と筋トレの両方ができることです。

通常なら有酸素運動と筋トレを両方やろうとすると長時間掛かり過ぎて「これじゃあ続かない」「やっぱりどっちかを選ばないといけないのか」と悩んでしまいますよね。

しかし、「サーキットトレーニング」は両方を短時間交代で組み合わせることにより、新しいトレーニング方法を編み出したのです。

サーキットトレーニングを開始してから最初の内は「こんな短い時間で何種類も繰り返しているけれど本当に効果はあるのだろうか」と不安に思う方も多いと思います。

しかし続けていけば次第にその不安は「感激」へと変わっていくのです。

日本人は昔からその真面目な気質を活かして、一度何か目標をたてると、とにかくコツコツと継続するのが得意です。

だから筋トレも有酸素運動も、一度始めたら「1日30分以上、毎日やるのがいい」という話を鵜呑みにして何時間も時間を費やしていた人が大勢いました。

でも結果は本当に出ていたのでしょうか?

実はこの多くの日本人が取り組んでいたやり方には多くの間違いが潜んでいたのです。

しかしサーキットトレーニングはこれらの理論を論破。

「筋肉は最大の力で1回たった7秒間鍛えるだけで効果がある」

「週2回だけのトレーニングが、毎日行うよりも最も効果が高い」

ということが分かってきたのです。

アメリカ人たちはこのことを日本人よりも早く理解していました。

現在アメリカでは男性だけでなく多くの女性が、かなり重いバーベルを持ち上げる筋トレを普通に行うようになっています。

美の集団といわれる「ヴィクトリアシークレットのモデルたち=ビクシーモデルたち」も「筋トレは必須」と口を揃えます。

そんなアメリカ人たちから「日本人女性はなぜダイエットをやっている人が多いのに、筋トレはしないのだろうか?」と不思議に思われているのを知っていますか?

アメリカ人たちは「糖質制限」だって日本より早くトレンドとなり、多くの人を成功に導いています。

そう、アメリカでは「サーキットトレーニング」だってもっともっと前から人気が出ていたのです。

2 いくつもの筋トレ種目を継続して行う

サーキットトレーニングの目安時間は1回30分です。

「え?たったの30分?そんなのあっという間に終わっちゃうじゃない。」

「有酸素運動は40分以上やらないと効果がでないって言われていたよね?」なんて思うかもしれません。

ページトップ