恋愛には色々な形があります。

例えそれが、周りから反対されるような関係であったとしても、本人同士が納得して行っている事なのであれば周りがとやかく言っても無駄です。

恋愛は、人を盲目にさせる効果があります。

冷静になって見れば、なんであんな人と付き合って居たんだろうと思うような相手であったとしても、当時のあなたにとっては最高の相手だったのです。

人はそんなほろ苦い経験を繰り返す事によって学習し、大人になっていくのでしょう。

人によって、良い恋愛・悪い恋愛という基準は変わってくるでしょう。

ですが、多くの方が共通して悪い恋愛と認識する事としては、お金にまつわる内容です。

例えば、相手が全くお金を出さずにあなたの稼ぎだけに頼って生活しているとします。

そうした場合、あなたの周りの人は必ず心配する事でしょう。

それが女性なのであれば、まだ分かるような気もします。

しかし、男性の場合はダメンズ決定です。

彼との未来に所来性は無く、周りが心配したとしても仕方がないかもしれません。

そんな女性の収入に頼って生活している人々の事を『ジゴロ』とい総称で呼ぶ事があります。

一見カッコイイ呼び名ですが、平たく言えばヒモです。

周りから見れば、ヒモと付き合うなどもっての他です。

しかし、本人は意外とそこに幸せを感じている事も多々あります。

人がどんな相手を求めてるのかは、本人にしか分からない世界です。

人の恋愛事情に首を突っ込む程野暮な事はありませんが、今回はあえてその野暮な事に首を突っ込んでみようと思います。

全く理解出来ない『ジゴロ』の世界ですが、それを突き詰めていけば何かに気が付き理解する事が出来るようになるのでしょうか。

️ジゴロってどういう意味?

世の中には、『ジゴロ』という言葉があります。

最近ではあまり聞かなくなった言葉ですが、洋画の字幕や年配の方々の会話の中には時折登場する事があるかもしれません。

『ジゴロ』とは現代的に言うと『ヒモ』の事を指します。

ヒモとは、自分でお金を稼ぐ事無く女性に養って貰っている人の事を指します。

最近では、男性でも育児をしたり家事をしたりする為に主夫として生活をしている人が居ます。

しかし、彼らはきちんと家の中の仕事をこなしています。

その為、ヒモとは言いません。

ヒモとは、時間も働く事が出来る体もあるに関わらず何もしない人の事を挿しています。

昔は彼らのような人の事を『ジゴロ』と呼んでいました。

今では『ヒモ』という呼び名が一般的ですが、少し年配の方々と会話をする時にはヒモというよりはジゴロと話をした方がより理解が深いかもしれません。

ジゴロに様な人は、昔の方が多くいたとも言われています。

今ほど女性が強くなたっか事もあり。

男性の思いのままに生活せざるを得なかった女性が多く居たのです。

ですが、だからと言って彼女たち全ての人が不幸せだったとは言えません。

勿論、苦労した方も大勢居る事でしょう。

しかしながら、その一方でその状態に幸せを感じる方々も確実に居たのです。

相手を繋ぎとめる方法がお金しか無かった方も居る事でしょう。

例え周りから見れば、良くない関係だったとしても本人は幸せを感じていたかもしれません。

本来の意味は…

女性に養われている男

『ジゴロ』とは今の良い方にすると、『ヒモ』と同じような意味で使用される場面が多々あります。

その為、ジゴロにはダメンズのイメージが強くついています。

自分でお金を稼ぐ事も無く、何か他にする訳でも無く、ひたすらに金を吸い取るだけの存在ですからダメンズと言われてしまっても仕方の無い事なのかもしれません。

しかし、ジゴロという言葉が使われていた時代はもう少し違った意味合いの印象として捉えられていました。

ジゴロとは、女性に生活にかかる全てのお金を負担して貰っている人も事をさしました。

しかしそれは、無理やりお金を用意させたのではありません。

むしろ、女性達自らが好き好んで相手に差し出していたというようなイメージもあります。

ジゴロとして生活をする事が出来ると言う事は、それだけ魅力のある人の事を挿すのでしょう。

魅力があるからこそ女性たちが夢中になりお金を差し出してしまうのです。

特に、そんな人の場合には他にも女性の影が見える事もあるでしょう。

その為、自分の事を好きで居て欲しい。

自分の傍に居て欲しいという女性の独占欲が強くなればなる程、金銭は大きくなって行く事でしょう。

つまりは、『ジゴロ』になる事が出来る男性はそれだけ魅力があり女性に慕われて居る存在友言えるでしょう。

ジゴロになる事が良い事だとは言いません。

しかし、ジゴロになりたくても、そう簡単になる事が出来るものではありません。

その為、ジゴロとして存在している人を見かけたら、それだけ魅力のある人間なんだと思っても良いのかもしれませんね。

女性にたかっている男

ヒモという言葉に比べれば、ジゴロはもう少しオシャレな印象です。

その為、男女の関係性もどこあか違って見えるに違いありません。

しかし、冷静になって考えてみればジゴロもヒモの結局は同じ事。

女性にお金を払って貰って生きている人に他なりません。

今や男尊女卑の時代ではありません。

男女平等だからこそ、男性が外で仕事をして女性を養うという考え方は古いのでしょう。

女性が外でバリバリ仕事をしたとしても良い時代です。

とは言え、男性が何もせずにお金だけ貰って生活する事はやはり良い事では無いでしょう。

例えば、女性が養って貰っている場合も家でただダラダラとしている訳では無いでしょう。

育児に家事にと家の中の仕事をしているのです。

育児や家事は誰からも評価される事がありません。

賃金が出る訳でも無く、ましてや休みが貰える訳でもありません。

その為、外で働く事と同じように苦労する事もあるでしょう。

その為、それはヒモやジゴロの状態とは違います。

ヒモやジゴロは、基本的に何もしません。

何もしないのにも関わらずお金を貰っている事に問題があるのです。

更に、婚姻関係を結んでいない場合も多々あり正に生活費だけをせしめている状態と言っても過言では無いでしょう。

その為、『女にたかっている男』と言われても、何も反論する事は出来ないでしょう。

世間体を気にするような所がある人は、おそらくジゴロやヒモになる事は出来ないでしょう。

世間の目など全く気にする事の無い強靭な心の持ち主だからこそ、そんな生活を送り続ける事が出来るのでは無いでしょうか。

こんな意味で使われることも


ジゴロと言えば、ヒモと同じような意味合いで使用される場合が多々あります。

年代によって使う言葉が変わっているとも言われており、年齢層が高い人程ジゴロという言葉を使用する傾向にあります。

また、ヒモと比べるとどちらかと言えばジゴロの方がオシャレなイメージがあります。

完全なダメンズというよりは、それだけ男性に魅力があるのかなと想像させるような意味合いがあります。

そんなジゴロやヒモと言う言葉ですが『女性に養って貰っている』という以外にも、違った意味合いで使用される場合があります。

小説や映像作品の中で、意味が繋がらないと感じた場合にはそれらの意味が使われて居る場合があります。

日本語は、英語や中国語に比べて難しいと言われています。

それは、一つの言葉であったとしても、使う場面や話す相手によって内容や意味合いが変わってくる事がある為です。

多くの言葉を学んでいく事が出来れば、それだけ多くのボキャブラリーを増やす事となりより多くの事を理解する事が出来る様になります。

必ずしも知っていなければならない言葉では無いかもしれませんが、知っている事で楽しみもまた増えるかもしれません。

人生を楽しむポイントは、いかに無駄な事をする事が出来るかにかかっているのでは無いでしょうか。

役に立つかどうかは別として、自分の人生を豊かにする為にも多くの言葉やその意味を学び、自分の物に出来る様に身に付けて言ってください。

その経験は決して無駄になる事が無く、必ずやあなたの役に立ってくれる時がやってくるでしょう。

プレイボーイ

ジゴロとは、すなわち女性の方に養ってもらっている方の事を指します。

ヒモと同じような意味で使用されて居ますが、ヒモの方が更にダメな雰囲気があります。

ジゴロの方は、女性が望んでその関係を作って居るような所もあり、それだけ魅力的な男性だからこそ自分の傍に居て貰う為にもお金を用意しているという事もあるでしょう。

つまりはジゴロになる事が出来る男性というのは、それだけ多くの女性を魅了する事が出来るだけの素晴らしい男性だと言う事も言えるでしょう。

その為、『ジゴロ』という言葉は実際にお金を工面して貰って居なかったとしても『プレイボーイ』の意味合いで使用される事があります。

プレイボーイもまた、多くの女性を虜にしている男性の事なので、ジゴロと平たく言えば意味合いは同じなのかもしれません。

その為、実際に『ジゴロ』という言葉が使用されて居たとしてもそこにお金の関係性があるかどうかは一概には言えないという事なのです。

その為、小説やテレビなどでこの言葉が使用されて居る場合にはうかつに意味を勘違いしてしまうと、内容をはき違えて聞く事になってしまいます。

その為、しっかりと話の内容をくみ取る事を忘れてはいけません。

不良

いつの時代も、女性はちょっと悪そうな人に惹かれていく物です。

本当であれば、交際相手は真面目な人に限ります。

将来を考えて居るのであれば、更に真面目な人の方が良いでしょう。

ですが、理屈はそうであったとしても、人の心は理屈では測れない物です。

真面目な人は安定していますが、その分面白味が無いのかもしれません。

それに比べ、チョット悪い・いわゆる不良のような人の方がギャプがあり、多くの女性が虜になってしまう魅力があります。

女性は、ギャップに弱い生き物です。

悪そうに見えるのに、実は優しかったり、自分が彼の事を支えてあげなければと思ってしまったら最後、どこまでものめりこんでしまう事もめずらしい事ではありません。

その為、『ジゴロ』という言葉の意味の中には『不良』と言う言葉お含まれています。

それだけ女性にモテる男性は、どちらかというとどこか悪い雰囲気のある人なのかもしれません。

更に言えば、真面目な人は、女性にお金を払って貰い、養って貰う事はないでしょう。

不真面目でダメ人間だからこそ、多くの女性を虜にする魅力を持っているのだとも言えるのです。

️ジゴロの由来は?

ジゴロという言葉が使用されて居たのは、日本が最初ではありません。

元々はフランス語であり、海外から入ってきた言葉です。

その為、日本っぽい雰囲気が無く内容こそダメ人間の象徴のようなジゴロですが、その響きはどこかオシャレでついつい魅力的に感じてしまう魔力があります。

もし、自分の家族や友人がジゴロと付き合っていると聞けば、真っ先に交際を反対する事でしょう。

『そんな人との将来は無い』『今すぐ別れるべきだ』と。

しかし、自分の前に実際にジゴロが現れたらどうでしょうか。

どんな素敵な男性なのかと誰もが興味を抱き、話をしてみたいと思ってしまうのでは無いでしょうか。

『ジゴロ』と聞くと、おしゃれな雰囲気ですが、現代風に言えば『ヒモ』です。

いくらオシャレに言った所でヒモはヒモ。

つい足を踏み入れてしまえば、あなたもアリの巣に落ちてしまうかもしれません。

ジゴロにはそんな危険な雰囲気が隠されて居るのでは無いでしょうか。

フランス語のgigolo

ジゴロという言葉は、元々フランス語の”gigolo”からきた言葉だと言われています。

フランス語訳でことは、「若いつばめ」という意味があり、年上の女性に養って貰っている若い男性の事を挿していました。

昔のフランスには、多くの芸術家の卵がいました。

彼らは、稼ぎが殆どない状態なので、女性に頼って生活する事が多々ありました。

女性もまた、お金をかける事によって、彼の才能を支えている自分という構図によって居たのかもしれません。

今でこそ、日本ではヒモと同じような意味あいで使用されて居ますが、言葉のスタートはもう少しオシャレなものだったのかもしれません。

今も昔も、女性にたかる男性は居る物です。

ですが、言葉をチョイスする年齢の差は持ち論ですが
ヒモと呼ばれるジゴロと呼ばれるかは、その男性の立ち振る舞いにかかって居るのかもしれません。

ジゴロと聞くと、それだけ魅力溢れる男性なんだなと言う事を感じる事が出来るでしょう。

女性自身もイヤイヤお金を出していると言うよりは、むしろ率先して相手にお金を払っているというようなイメージがあり、お金によって彼を繋ぎとめて居る印象です。

言わばそこでwinwinの関係が成り立って居るのです。

今の時代、ジゴロになる事が出来る程魅力溢れる男性はそうそう居ないかもしれません。

もし居るのであれば、是非姿を一度見てみたい物です。

若いツバメ

ジゴロの元になったフランス語の訳の中で、「若いツバメ」という言われ方が使われて居る場合があります。

ツバメは、ヒナの時代には親が一生懸命餌を運んできて育てます。

その姿が、若い男性に一生懸命尽くす年上の女性に似ている事から、年下の浮気相手などの交際相手の事をこう呼ぶ様になったとも言われています。

この言葉は、日本でも多く広まったのは、明治時代の話です。

当時、婦人解放運動で有名だった平塚雷鳥が若い画家であった奥村博史と親しくなり、その関係が公になった事がきっかけでした。

そのせいで、活動を行っているグループの中で亀裂が生じてしまいました。

その為、奥村は自分を若い燕にたとえ「池の中で水鳥たちが仲良く遊んでいた所に、一羽の若い燕が飛んできて大騒ぎになりました。この思いがけない結果に驚いた若い燕は飛び去ります。」と言う言葉を残し、彼女の元雄を去ってしまいました。

このことからも分かる様に、彼はあえて自分の事をツバメに例え、二人の関係性を示していたのでした。

その後、彼はその言葉を残し田舎にかえってしまいます。

しかし、そこで二人の関係は終わりという訳ではありません。

その言葉を見た雷鳥は「燕なら春になると帰ってくるでしょう」と返事を出したと言われています。

確かに、ツバメは巣立った場所にかえって来ると言われています。

その為、自分の元を離れた若いツバメもいつか戻ってくると言う事を表現したのでした。

流石は年上女子。

何から何まで一枚も2枚も上手です。

しかも、その後二人は結婚したと言われています。

例え周りがどんなに反対使用とも、当の本人たちに別れるつもりが無かったのであればそれは無駄な事なのでしょう。

例え、女性に養って貰っているような男性であったとしてもその女性にとっては大事な存在である事に変わりはありません。

結局のところ、恋愛など本人達が良ければそれで良いのです。

どんなに最低な相手であろうと無かろうと、決めるのは本人です。

️ジゴロの類語

ジゴロと言う言葉は、実は最近では余り使用されていません。

その為、聞いたことが無い方も多く居る事でしょう。

ですが、それ以外にも同じような意味の言葉は私たちの生活の中で良く使用されて居る事があります。

日本語は随分と昔からある言葉です。

ですが、言葉は常に進化し続けています。

その為、例え意味合いが同じだったとしても時代によって全く違った言葉が使用される事が多々あります。

その為、私たちは、多くの事に関心を持ち言葉の流れにのっていく必要があるのです。

言葉は生き物です。

その成長を見守る事を辞めてしまっては、途端に時代からおいて行かれてしまう事になるでしょう。

昔の言葉を大事にする事も大事な事ですが、今生きている言葉を常に学習していく事もまた大事な事です。

それを常に意識して生活する事が出来れば、いくつになってもどんな年代の方とも同じように会話を楽しむ事が出来ます。

そうする事で、広い視野を持つ事が出来るようになるより豊かな人生を歩む事が出来るようになるでしょう。

ヒモ

ジゴロと同じ意味で使用されている言葉で、真っ先に頭に浮かぶのがこの言葉です。

言わば、ジゴロの現代版と言っても過言ではありません。

しかし、この言葉もジゴロと全く同じ意味かと聞かれれば少々語弊があるかもしれません。

ジゴロと言う言葉が、フランス語を由来としている事もありどこかオシャレなイメージがあります。

『あの子の彼氏はジゴロだ』なんて言われた所で、それだけ魅力のある男性だと言われて居るようでそこまで悪い気はしないかもしれません。

しかし、それが『あの子の彼氏はヒモだ』と言われたらどうでしょうか。

悪口にしか聞こえません。

二つとも、女性から養ってもらって居るという状況には違いはありません。

しかしながら、ヒモの方がより生活感がありリアルな雰囲気があります。

そこにはオシャレな雰囲気は無く、ダメンズの匂いしかしません。

それは、二つの言葉が使われて居る時代の差なのかもしません。

昔の日本は、夢を抱いて生活しているような人が多くおり、それを支える女性もまた多く居ました。

ですが、今の時代はもっと現実的です。

女性が強くなればなる程、男性の駄目さ加減が目立つようになっているのかもしれません。

同じ言葉の意味であったとしても、これほどまでに印象の違う言葉もめずらしいと言えるでしょう。

スケコマシ

この言葉の意味は、スケが女性を意味しており、コマスがたらしこむ・騙すと言う意味が込められています。

平たく言えば、女性に甘い言葉を言って信じさせ、騙して居るよな人の事を指します。

酷い場合には、水商売や風俗に売っ払ってしまう事もあるそうです。

確かに大きく見れば、ジゴロと同じような意味なのかもしれません。

しかし、決定敵に違うのはジゴロと呼ばれる人々はここまで悪質な事はしないと言う事です。

確かに女性に甘い言葉でささやき心を奪う所は同じなのかもしれません。

しかしながら、だからと言ってそこに愛情が無いわけではありません。

言わば全ての女性を愛して居るのです。

その為、女性たちもまたその愛を更に得ようと向きになりお金で繋ぎとめて置こうとするのでしょう。

ですが、スケコマシの場合は女性の事を鼻からお金としてみています。

その為、より酷い人間だと言う事が言えるのでは無いでしょうか。

️ジゴロの特徴

ジゴロと呼ばれる方だたにはある程度の特徴があります。

その為、その特徴を把握して置く事により、事前に防衛線を張る事が出来るかもしれません。

ジゴロとの恋は、100%悪いとも言えません。

本人が良ければそれで良いのでは無いかとも思ってしまいます。

しかし、周りの方は勿論心配するでしょうし、自分自身も後から後悔する事があるかもしれません。

その為、付き合いだしてからジゴロだと気が付くよりはジゴロだと分かって交際する方がずっと良いと言えるでしょう。

その為、交際するしないに関わらずジゴロの事を知っておくことはいずれ今後の人生に役立つ時がやってくるかもしれません。

そこで今回は、ジゴロの特徴をご紹介させて頂きます。

働く気がない

ジゴロは、基本的にやる気がありません。

だからこそ、せかせかしておらず常に自然体で過ごす事が出来ます。

その姿が、ストレスの多い社会を生きる女性にとって癒しの存在となりついつい甘やかしてしまい、自分の手元に置いておきたいと思わせる由縁なのかもしれません。

やる気が無いと言う事は、仕事もしなければ家事もしません。

正にそこに居るだけの存在なのです。

その為、それでも良いと思わせるだけの魅力が無ければこの関係性は成立する事はありません。

女性たちにそこまで思わせる事が出来るかどうかでジゴロになる事が出来るかどうかが変わって来るのでしょう。

交際をはじめる前は、かろうじて仕事をしていた人も段々と家に居座るようになり次第に仕事に行かなくなって来てしまうと、ジゴロになるサインかもしれません。

それでも一緒に居たいと思える程の相手であれば仕方がないかもしれませんが、もしそれが嫌なのであれば、早急に改善させる必要があるでしょう。

彼が変わらなそうであれば、深みにはまってしまう前に早急に手を切る事をお勧めします。

モテる

ジゴロになる事が出来る男性は、それだけ魅力的な男性であるとも言えます。

その為、多くの女性を虜にする事が出来るのでしょう。

地球上では、男女の比率はほぼほぼ同じだと言われています。

ですが、その中でもモテる人間も居ればモテない人間もいます。

だからこそ、恋は面白いのかもしれません。

多くの人が同じ人に集中してしまうからこそ、ジゴロと呼ばれるような存在が登場してくるのでしょう。

彼らは決して悪い人ではありません。

どちらかと言えば、女性たちが彼らがジゴロになるように仕向けたと言っても過言では無いかもしれません。

多くの人がなる事が出来ない存在だからこそ、ジゴロには魅力がありダメだと分かって居ながらも多くの女性たちがついつい彼らの存在にはまっていってしまうのでは無いでしょうか。

嘘がうまい

ジゴロは基本的に女慣れしており、他にも多くの彼女が居る事があります。

それは珍しい事では無く、本命と言うものを作らずに多くのひな鳥から餌を貰っている状態なのでしょう。

女性は男性よりも嘘が上手い生き物です。

だからこそ、男性の嘘には敏感に気が付く事が出来るでしょう。

ですが、ジゴロは、上手に嘘をつく事が出来るのです。

ジゴロになる事が出来ると言う事は、それだけ多くの女性を虜にしていると言う事でもあります。

その為、多くの親鳥が居た所で何ら不思議は無いでしょう。

ですが、その事実をあからさまに感じさせない所が大事なポイントなのです。

女性だってバカではありません。

他に女の人が居れば、気配で察知する事が出来るでしょう。

ですが、その気配を極力感じさせないようにしてくれさえすれば、大概の事には目をつぶる事が出来るのです。

ジゴロと付き合っている次点で、彼女が沢山居る事は宿命です。

その中でも、もしかしたら自分が一番の存在なのでは無いだろうかと錯覚をもって生活する事が出来るかどうかによって、女性たちのモチベーションは上がって行くのです。

冷静に考えれば、競争相手の居ない落ち着いた男性と結婚した方が幸せな人生を歩む事が出来るのかもしれません。

しかし、恋愛は理屈ではありません。

例え、他に女性が居るかもしれない気配を感じ取って居たとしてもついついそこのはまってしまうのが恋愛と言うものなのです。

愛嬌がある

ジゴロは決して女性に対して冷たい人間ではありません。

むしろ、とてつもない優しさを持っている人の事を指します。

だからこそ、女性たちはつい彼らにお金を与えてしまうのです。

ダメンズと言われる男性には様々な人間性があります。

中には力によって女性を従わせようとする男性も居るかもしれません。

ジゴロは、そういう方々とは全く違います。

どちらかというと、女性が率先して彼らに尽くしてしまうのです。

ジゴロになる事が出来る男性は、どこか愛嬌があり憎めない存在です。

冷静に考えれば、女性からお金を貰って生活しているなど決して良くは無いはずなのにそれすらも許されてしまうだけの可愛さがあるのです。

だからこそ、女性たちは手のかかる子供を育てているような感覚で男性にお金を与えてしまうのでしょう。

それがあるからこそ、自分の元に繋ぎとめて置けると錯覚している事もあります。

強気な男性は、ジゴロには向きません。

とことん優しく、常に女性を差さえ癒してくれるような存在だからこそジゴロ年て生きていく事が出来るのです。

️ジゴロな男性に引っかからないようにご注意を

いかがでしたでしょうか?あなたの周りにも実は隠れジゴロが居るかもしれません。

ジゴロとの恋は、刺激的であり、自分自身を輝かせてくれる事があるかもしれません。

『私が居なければダメなんだ』と彼との恋愛にのめりこんでしまう事もあるでしょう。

ですが、ジゴロはジゴロ。

時が立てばまた違う相手の元に行ってしまう事もあるでしょう。

その後に残されたのは、寂しさと悲し預金残高です。

恋愛は自由に行うものですが、自分自身を破滅に導かせる恋愛は決して良い恋愛とは言えないでしょう。

恋愛は盲目です。

その為、その当時は周りがどんなに反対した所できちんとした判断が出来ない事もあるでしょう。

その為、そこまではまってしまう前に自分の目の前に居る男性がどれほど危うい人間なのかと言う事を理解しながら付き合って行く事をお勧めします。

ジゴロには引っかからない事が一番です。

ですが、それでも人を引きつけてしまう魅力があるからこそジゴロと呼ばれて居るのかもしれません。

ジゴロには関わりたくないと思いつつ、ついつい興味を抱いてしまうのが女性の心理と言うものなのかもしれませんね。