あなたはダサいファッションをしてる人とお友達になれますか?さらに、ダサいファッションを自慢げにまとっているタイプや、ダサいファッションと自分では気づかない人など、ダサいファッションをしている人の特徴を徹底リサーチいたしました。

あなたは、知らず知らずのうちにダサいファッションに陥っていませんか?今回は、そんなダサいファッションについて、ダサいファッションをしてしまいやすい10個のパターンをお伝えして参ります。

ダサいファッションにならないためにも、これを機にダサいファッションを卒業し、おしゃれなファッションの人に生まれ変わってみませんか?おしゃれな人になれば、相手の気持ちや自分の身だしなみにも気がつけることができるとともに、最新情報やトレンドに敏感になることは間違いないでしょう。

今日からでも、おしゃれの訓練は誰にでもできるのでぜひこれを機におしゃれの仲間入りを果たしてみてはいかがでしょうか?

ダサいファッションとは

ダサいファッションとは、相手を不快な気持ちにさせたり不器用な人などと見られたり、良い事はなく、むしろマイナスな面が目立ってしまうのではないでしょうか。

ダサイファッションすることで振り返りざまに笑われたり、街を歩けばこそこそ誰かが指をさして笑っているように見えたり…。

恋人やカップルと一緒に歩いていても、どこか相手の様子がおかしかったり、プレゼントには必ず服をもらったりしていませんか?それは、もしかしたら相手にダサいと思われているのかもしれません。

ダサいファッションにならないために、今日からおしゃれになる訓練をしてみましょう。

そうすることで、ダサいファッションから卒業していきましょう。

自分の体型や顔に合っていない


まずはなんといっても、自分の体型や顔に合っていないと言う見た目でわかるのがポイントです。

さらに、自分の体型ににあった服をきちんと着用することで、少々ズレたファッションをしていても何となくオシャレに見えたり、整って見えたりするものです。

さらに、顔に似合っていない服装はあなたのファッションセンスは良くても顔とファッションが見合っていないと言うことになりますので、よく自分を知り自分のタイプに似合う服装を選ぶようにしてください。

このようなタイプは、自分のことを知らない人に多い、陥りやすいパターンなようです。

おしゃれをする前に、しっかりと自己分析をして行く事は大切なのかもしれません。

オシャレを勘違いしている

よくミーハーな人が陥りやすい方んですが、おしゃれを勘違いしてる人が多いようです。

つまりどういうことかと申しますと、とりあえず雑誌の通りに服をチョイスしてみる。

さらに、好きなモデルの格好を真似して着用してみる。

そんな事はしていませんか?まずは、あなたの顔や体型、または肌の色などににあった服なのでしょうか?とにかく、雑誌や自分の好きなモデルが着用しているような服をそのまま着用してもよく見えるかはわかりません。

ポイントは、あなたに似合っているかどうかなのです。

あなたの好きな服がモデルになっていても、あなたに似合うとは限らないのです。

服の合わせ方や服の形、またパターンの組み合わせなどを参考にする位なら良いのですが、そのまま合わせるのは非常に危険かと感じます。

値段やブランドに固執しすぎている


よく効くブランドや、10代や20代の子に人気のファッションや、もうこの年齢なんだからこれぐらいのブランドは着なくちゃなどと、変な固定概念は捨てていきましょう。

たとえ、安い服だろうがおしゃれに見えれば、それは高価なブランド物を買うより素敵に感じます。

しかし、値段やブランドに固執しすぎていると、そのもの自体の良さや質など、その物の良さすら生かすことができない、ダサいファッションになってしまうでしょう。

ときには、あなたに備わった感性や感覚も非常に大切になるのです。

なので日ごろから感性や感覚を磨いていくことをおすすめします。

ダサいファッション、10個のパターン

おからはさらに詳しくダサイファッションについて徹底解説をして参ります。

またダサイファッションになっていないかの、チェックをするとともに今のスタイルでいいのか、ダサいファッションになっていないかなどの見直しにもなりますので、ぜひチェックを怠らないようにしてください。

さらに、ダサいファッションにならないために以下の項目に注意をしながらおしゃれをしてみてください。

おしゃれな人にはそれぞれの共通点があります。

それを見出し、自分の中に取り入れていくことで自然とおしゃれが身に付いていくのではないでしょうか。

それでは、早速ダサイファッションの10個のパターンについてお知らせして参ります。

1.ごちゃごちゃしている

なんでもかんでも、自分の好きなものを身に付ければおしゃれになると勘違いしていませんか?それって、1番やってはいけないパタンなのかもしれません。

つまり、まとまりがなくファッションの主張性もなく、何を目指しているファッションなのかがよくわからない。

などと言うことが考えられます。

ごちゃごちゃしているファッションより、すっきりとシンプルに見せるファッションのことだけを考えましょう。

なんでもかんでも好きなものばかりやあれもこれもと選びすぎたファッションは、却ってダサくなる原因です。

おしゃれな人はうまくシンプルにまとめている人がほとんどです。

アクセサリーなどが多い

ファッションがスッキリしていても、アクセサリーなどがごちゃごちゃしており子どもが大人の真似をして、アクセサリーなどをごちゃごちゃつけているようなそんなイメージに映ります。

そうならないためにも、できるだけアクセサリーもシンプルなデザインや、シンプルで上品なものを選ぶようにすると良いでしょう。

そのシンプルなアクセサリーを活かすために、さらにファッションもシンプルに仕上げてみると、驚くほどおしゃれに生まれ変わる場合があります。

いちど、試してみる価値はありそうです。

2.上級者の着こなしをしている

上級者の着こなしをしているのに、なぜダサいファッションに見えてしまうのか?その原因は、あなたの体質や感じ、雰囲気などにあっていない可能性が高いです。

髪型や爪の先までモデルと同じような顔や体型なら、上級者の着こなしをしていても様になっていますよね。

しかし、顔も違えれば体格や格好も全然違うのであれば、それは上級者の着こなしをしているのではなく上級者の着こなしをされているというように言えるのかもしれません。

服を着ているではなく、腹に着せられていると言うような感覚に陥るでしょう。

そのために上級者の着こなしをしていてもダサいファッションに見えてしまうのではないでしょうか。

こだわっていない人が着たところでダサい

こだわりがなく、雑誌やモデルの真似ばかりをしている人や、ミーハーな人などが上級者の着こなしを真似したところで、全くその人物に見合っていない可能性があります。

その人の雰囲気や顔や質、体質や体格などを全てを考慮し色やパターン、さらにスタイルまで全てを計算されているなら上級者の着こなしも抜群に良いものになるのでしょう。

しかし、特にこだわりがない人が着用したところで、ダサいファッションに見えるだけですので、上級者のような着こなしはおすすめできません。

しっかりと自分に似合う服を探し、段階を踏むようにして上級者のおしゃれにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

3.靴の重要さを知らない

服装はすごくおしゃれなのに、靴にこだわりがないために、靴がダサいなどと言う事はありませんか?靴は、全身トータルコーディネートをする時にも、非常に重要なアイテムになります。

服装を生かすも殺すも靴のデザインは重要だ。

と言っても過言ではありません。

さらに靴のデザインが可愛いからといって、少し大きめでガバガバな履き心地の靴を選んで買ったりしていませんか?靴は重要なアイテムになります。

おしゃれは足元からと言う言葉もありますように、足元がガタついていてはどれだけファッションのセンスがよくても、ダサいだけです。

さらに、少し大きめの靴を履いていると体に似合わない体格に見えたり、足元が気になり他のおしゃれが目に入って来なかったりしてしまいます。

そのためにも、きちんと靴のサイズを調べ、試着し、自分にぴったりな靴を履きこなしてみましょう。

さらに、靴のデザインは黒を選んでおけば大体どれにでも合うなどと考えていませんか?おしゃれなファッションをしたいのであれば、必ず上下の服と似合う靴を選ぶようにしてください。

服のセンスは靴にも出る

靴は最も重要で、靴がダサければ服のセンスも台無しになります。

洋服は安価なものを選び、靴や小物などのアイテムは高価なものを買う方もオシャレ上級者の中に見えます。

このように、服のセンスは靴にも出るということを覚えておいてください。

お洋服だけおしゃれをすればそれで良い、などとは考えないようにしてほしいものです。

必ず上、下、足を重点的におしゃれを考えながらトータルコーディネートをしてくと良いでしょう。

また、常に全身のトータルコーディネートを心がけるだけで、自分のファッションセンスが磨かれると同時に、素敵なファッションスタイルを着こなせるようになります。

このように、服のセンスは靴にも出ることをお忘れなく、ファッションのお買い物にも気をつけておきたいものです。

4.アイテムをつけすぎている

おしゃれをしたいときに、ジャラジャラと余計なものをたくさんつけすぎてはいませんか?それは、却ってダサイファッションになっている可能性が高いといえます。

アイテムや小物などはさらりとシンプルに整える程度に着用しましょう。

アイテムや小物が目立ちすぎるようなごちゃごちゃ感は、洒落なファッションには必要ありません。

そのため、アイテムをつけすぎずできるだけシンプルに整えることを心がけてください。

そうすることで、シンプルかつおしゃれに見える事は間違いないでしょう。

おしゃれな人こそほど素の自分を大切にしていたり、自分をよく知っているシンプルのなおしゃれがよく似合うものです。

このようにオシャレ上級者は、自分のことをよく知りアイテムをつけすぎず、できるだけシンプルを心がけているのではないでしょうか。

腕に色違いの時計やブレスレットなど

腕に色違いの時計やブレスレットなどは着用していませんか?それって、本当に必要ですか?買い物自体の下手さにびっくりしてしまうのですが、さらに色違いのアイテムをそれぞれの手首に着用することで、どれだけ良いセンスのおしゃれをしていても、ダサいファッションに早変わりしてしまいます。

おしゃれな人は、全てにおいてスマートでシンプルなファッションを心がけています。

そのため、ブレスレットは片手に1つ、手首にしたら足首にアンクレットをつけない、さらに小物アイテムもごちゃごちゃと持つ必要もありません。

できるだけシンプルを目指し、必要ないものをそぎ落としていくことで、真のおしゃれに見えるのではないでしょうか。

5.体型や年齢に相応ではない

おしゃれに見える最大のポイントとしては、自分の体格、年齢、などに似合う服を着ているということが大切です。

この2つのうちのどれかが欠けても、おしゃれには見えません。

かなり少ない項目ですが、そこを外してはおしゃれに花が咲く事はありません。

体型であれば、自分より細身の服を着たいがため、服装が悲鳴をあげるぐらいパンパンになろうとも、無理をして服を着用していたりしませんか?さらに、30代なのに10代のような格好をしていては、「無理をしている」「若作りをしている」などと見られがちです。

このように、ファッションは無理をすることでダサく見えてしまう場合もありますので、注意をしておくようにしましょう。

【30代ファッションについては、こちらの記事もチェック!】

若い人や細身の人にしかできないファッションもある

ぽっちゃりさんには、ぽっちゃりさん用のファッションも最近は増えてきています。

また、若い人には若い人のファッションがあり、また細身の人には細身の人にしかできないようなファッションがあると言うことを前提に、自分のファッションを楽しみましょう。

自分をしっかりと知ることで、自分に似合うファッションを選べるようになりさらに、自分の体格や年齢に見合った服装選びも出来るようになるのでしょう。

このように、自分をよく知っている人は自分に似合うおしゃれができるため、おしゃれに見える人も多いはずです。

まずは自分を知ること、また自分に似合うファッションを知ることから始めてみましょう。

6.流行に流されている

ファッション雑誌を買い漁ったり、InstagramやSNSなどの有名人のファッションを真似してみたり、モデルさんが着ている服装の真似をしている。

などと言う人は、流行に敏感ではあるものの、流行に流されすぎる傾向にもあるようです。

流行に流されすぎると、かえってミーハーな印象人に与えたり、おしゃれは知っていても自分に似合っていないおしゃれをしているように見えたり、流行のものは押さえているのに、なぜかダサいファッションになってしまっています。

このように、ならないためにも流行に流されすぎないことが大切です。

流行を知りながら、自分の似合うファッションも両立したおしゃれができれば、かなりのオシャレ上級者になれるのではないでしょうか。

自分の意思なしで着るとおかしくなる

流行ばかり追いかけて、トレンドばかりのもの買い漁る。

そうすれば、おしゃれになるかと言われれば全くそうではありません。

自分の意志のもと、トレンドや流行は付属品と考えるのがベターです。

何でもかんでも流行に付属していたら、自分らしさや個性もなくなったファッションになってしまうとともに、「なぜか、具体的にはわからないけどファッションがおかしい…」などと感じる事態に陥るのではないでしょうか。

その少しのズレが、ダサイファッションに見せてしまう原因なのかもしれません。

何かが少しずれていれば、周りの人は何となく変なファッションと感じるとともに、おしゃれなはずがおしゃれでないようなファッションに映ったりもします。

しっかりと自分の意思でファッションを決めるとともに、自分の意思なしで着こなしを考えないようにすることが大切です。

7.ネットで頼んだものばかり

最近は、なんでも通信販売やネット注文などが主流になり、なかなか現物を見る機会がないと言う方も多いのではないでしょうか。

それがいいか悪いかは別にして、おしゃれの面で考えたときに、やはり服の色の具合や、サイズ、試着してみる感覚などはあまり味わえないものです。

さらに自分の思っていなかった商品が届けば、返品をしないといけません。

さらにその返品にも送料などの手数料がかかってしまう場合もあり、無駄遣いにつながります。

おしゃれなファッションを目指しているのであれば、便利で簡単なネット注文ではなく、実物を手に取り、肌触りや色合い、着用具合も考慮し、購入することが大切なのではないでしょうか?

試着してみることは重要

アクセサリーや小物、もちろんファッションに至る全てを試着してみることが大切です。

まずは、試着をする事で自分の顔や体格に似合うことはもちろん、雰囲気や色味、自分の持っていた形やデザインなどさまざまなことの心配や悩みから解放されるとともに、通販などの煩わしさや送料などのお金も支払わなくて済みます。

このように、金銭面に関してもかなりお得に買い物が可能です。

さらに、微妙な色具合や形にフィットするなど、またデザイン性なども試着することでいろいろとわかることがあるのです。

このように試着してみることがとても重要だということを覚えておくといいですね。

8.バランスが取れていない

おしゃれに見えるポイントとしては、やはりバランスが大切です。

しっかりと、バランスのとれたファッションを心がけるようにしてください。

おしゃれになりたいと、いくつものアイテムを重ねてみたり、ごちゃごちゃしたファッションにしてしまわないよう、できるだけすっきりとシンプルに整えていくことをおすすめします。

最近では、上下デザインの入った柄入りの服装や、それぞれに模様があるデザインのファッションもよく見るファッションスタイルなのかもしれません。

しかし、バランスが取れていれば良いのですが、上下現職のが入っていった色同士が喧嘩をしてしまったり…なんてことにはなっていませんか?よくバランスを見ながらファッションアイテムを選ぶようにしてみましょう。

上下の見た目がおかしい

上下に柄が入っていたり、上下で見た目がおかしいデザインの場合、やはりダサいファッションになることは間違いないでしょう。

白いTシャツにブルージーンズの場合、非常にシンプルでおしゃれに見えます。

最近では、デニムオンデニムのように上下デニムと言うファッションも流行ってはいます。

しかしサイズが合っていなかったり、顔とファッションに合っていなければおしゃれには見えにくいでしょう。

さらには、上が柄入りなら、下はシンプルなワンカラーの物を。

また上がシンプルなワンカラーであれば、下には柄入りの物を着るとさらにシンプルなおしゃれに見えるでしょう。

このように、上下の見た目がおかしくないようにバランスは非常に大切になります。

9.清潔感がない

おしゃれに見えるポイントとして、清潔感は大切です。

かわいい服なのに毛玉がたくさんできていたり、お洋服の布がもつれていたり、また服にシミや穴などが空いていれば清潔感は感じられません。

さらに良いお洋服を着ていても、腹のシワやシミ等が気になりおしゃれに見えない場合もあります。

また、シワやシミがあることで生活感が出てしまい、生活面でもだらしがないのかな?などと感じられてしまう場合もあります。

このように、清潔感と生活感は連動してるのかもしれません。

さらに、清潔感がなければ汚い人に見えてしまったり、だらしのない人にも見えてしまいますので、ぜひおしゃれなファッションを心がけるのであれば清潔感も大切にしてください。

襟元がよれていたり、シミや汚れがある

お気に入りで何度も来ているお洋服や、ワンピースまたは白いシャツなど定期的にメンテナンスを行うことが大切です。

つまり、襟元がよれていたり、シミや汚れがあればおしゃれも半減してしまうということです。

確かに、ものすごくおしゃれで近寄りがたい人にはヨレやシミ、汚れなどはありませんが、プライドが高く話しかけにくい雰囲気もあるのかもしれません。

白いTシャツにケチャップが飛んでいたり、カレーの汁が飛んでいたり…そちらの方が親しみやすいのかもしれませんが、清潔感はなく汚いイメージになってしまいます。

そのようなことにならないよう、普段からシワやシミ、汚れなどを定期的にチェックしておくことが大切です。

10.安っぽい服装

明らかに安っぽい服装を身にまとっていれば、安物好きの人に見えたり、おしゃれには見えにくい傾向にあります。

さらに、安っぽい服装を着ることでその人自身の器も小さいのかな?なんて思われてしまうかもしれません。

このように、安っぽいと言う印象を周りに与えてしまう傾向としてはやはり組み合わせがうまくできていないのかもしれません。

1つ良いブランドや、高価なアイテムを持っていたとしてもそれ以外の服装安いブランドで固めたり、やすい服ばかりを購入していては、それなりに安っぽい印象になってしまうことでしょう。

やはり、様々な組み合わせでも清潔感や色、素材などに注意をしながら買い物するといいかもしれません。

上手く組み合わせるとオシャレにもなるが、理解していないとダサくなる

ここでの注意点は、うまく組み合わせるとおしゃれにも見えるファッションなのに、あることを理解していないためにダサいファッションになってしまう…と言うことです。

つまりそのあることと言うのは、サイズであったり、顔とファッションが合っていると言う事はもちろん、素材がより安く安っぽい印象だったり、色は良いのになぜか黄ばんで見えるような服を選んでしまったり、あなたがきちんと試着をせずに購入したことで起きるダサいファッションへの道を選ばないよう、おしゃれに対しては妥協しないことが大切です。

ダサいと思われないように気を付けることは?

それではここからはダサいと思われないようにするには、一体どのようなことに気をつければ良いのかを一緒にご確認していきたいと思います。

ダサイ人とは一緒に街を歩いたり、デートしたいなどとは思いませんよね?さらに、彼氏や彼女のファッションがダサいと思われれば、お付き合いしている相手もダサいと思われてしまいがちです。

そうなってしまわないように、おしゃれでいる事はとても大切なのかもしれません。

このように、おしゃれをする事は相手の気持ちや相手を思いやる行為にもつながるのかもしれません。

そうなってしまわないように、ダサいファッションとは早くお別れしたいものです。

それでは、ダサイ人の特徴や共通点や、ダサいように見えてしまうファッションについても触れていきたいと思います。

ご参考に、これからのファッションにいかせていけるといいですね。

シンプルに着こなす

「simple is best」と言う言葉がありますように、やはりシンプルに勝るものはありません。

シンプルな着こなしができる人こそほどオシャレ上級者なのではないでしょうか。

シンプルに着こなすことができずに、おしゃれやファッションについて語ることができません。

やはり、いつも服装選びや、服を選ぶときのポイントとしてシンプルに着こなすことを中心にアイテムも選ぶようにすると良いでしょう。

柄入りや奇抜なデザインや、斬新なデザインの服装は持っていても良いのですが、着こなしに非常に苦労する場合があります。

その場合、上下セットでの購入や奇抜なデザインに合わせた服装に似合う服装を一緒に買うことで、解決される場合があります。

とにかくシンプルを目指して着こなしをして行きましょう。

清潔感を大事にする

清潔感は、非常に大切です。

どれだけおしゃれなファッションを着こなしていたとしても、シミやシワなどの汚れが目立っていれば、おしゃれな人とはなりません。

白い服装も堂々と清潔感がある真っ白に、シワやヨレなどもなくキッチリと着こなしている姿こそ、本当のおしゃれな人なのではないでしょうか。

やはり、第一印象でおしゃれに見えるポイントは清潔感です。

清潔感なくして、おしゃれはできないのかもしれません。

外出する前に余裕を持ち、しっかりとお洋服のメンテナンスをしてからお出かけするようにしておきましょう。

配色に気を使う

配色や柄などに気を使った、コーディネートを心がけましょう。

最近では、上下ともに柄入りのデザインやファッションもよく見かける傾向にあります。

しかし、大切なのは「配色」です。

上下とも真っ赤な原色カラーであったり、奇抜な色の上下を着こなす事は難しいのです。

確かに、原色や奇抜なカラーの可愛いファッションなども多く存在しています。

間違った組み合わせをしてしまわない事が大切なのです。

白と黒のカラーなら、ある程度奇抜な色でもよく似合うのですが、色同士が喧嘩してしまうような組み合わせは控えるようにしましょう。

「一つ一つのアイテムを見るとすごくおしゃれなのに、なぜかまとめるとおかしくなる」という現象が起きてしまいます。

そうならないためにも、上下どちらかに色のポイントを置くなら、その相方には出来るだけシンプルな色を組み合わせる事を心がけましょう。

まとめ

いかがでしたか?ダサいファッションの人の特徴や、おしゃれに見えるファッションの特徴まで、何となく理解して頂けましたか?あなたのファッションは、ダサイファッションですか?それともおしゃれに着こなしができているファッションなのでしょうか?そういったことを、常日頃から考え、メンテナンスを繰り返してことでさらにおしゃれに磨きがかかることでしょう。

いつもおしゃれを心がけると言う人は、おしゃれをして会う人に良い印象与えるとともに、相手を気遣う行為でもあるのです。

おしゃれをすることで、相手からも素敵だと思われ、自分自身も自信がつく事はとても素晴らしいことです。

おしゃれなファッションをすると言う事は、自分ばかりでなく、相手も素敵な気持ちにさせていることを忘れないでください。

ファッションは自分のためではなく相手のためでもあるのです。