女優として独特の存在感を示している仲里依紗さんと芸能歴は子役時代から、と息の長い俳優の中尾明慶さん。

お二人は2013年に結婚された芸能人夫婦です。

このお二人の馴れ初めから結婚に至るエピソード、更には現在の夫婦生活。

中々面白い生き様を私たちに提供してくれているようですね。

そこで女優・仲里依紗と俳優・中尾明慶の馴れ初めから現在に至る面白話の数々を紹介していく事に致しましょう。

両名とも「芸能人の私生活は極秘」というスタンスではないところが紹介のしやすさを物語っていますよ。

芸能人の結婚って気になりますよね

私たち一般人にとったら、やはり芸能人の存在って気になりますよね。

テレビに映しだされる素顔(?)やドラマでの活躍の数々。

そこには否が応でも芸能界というところに対する飽くことのない憧れと羨望の眼差しが渦巻きます。

特に自分がファンになった芸能人の事となったら、一挙手一投足に注目してしまうのは悲しき性とはいえ芸能人に対する憧れ以外の何物でもないでしょう。

そんな芸能人の、それも人気者同士の結婚となったら、ファンはおろか芸能マスコミも放っておいてはくれません。

どんな小さな出来事でもいいから「知りたい」っと思うのが純粋なファン気質でしょう。

それではそんな芸能人を代表して、仲里依紗さんと中尾明慶さんの事についてご紹介していきましょう。

仲里依紗と中尾明慶が結婚しているのは覚えていますか?

仲里依紗さんと中尾明慶さんは夫婦です。

その事を果たしてどれくらいの人が知っているでしょうか?最近になって二人の事を知った、という方ならば新鮮な驚きがあるでしょうし、「そんな事、既に知ってるよ」と思われている方も多いでしょう。

この二人、人気芸能人夫婦としては珍しく変なスキャダラスな話題の出ない、ある意味、「オシドリ夫婦」とでも言っていいくらい、仲の良い夫婦なのですよ。

2013年に結婚、男の子を出産

仲里依紗さんと中尾明慶さんは今から4年前の2013年に結婚しています。

そしてその時既に、新妻の里依紗さんのお腹には新しい命が宿っていました。

その後、目出度く男の子の赤ちゃんを出産しています。

まさに結婚と子供。

夫婦にとってこれほど目出度い出来事が続くというのは一般人にとってみてもそうそう重なるものではありませんね。

それにしても当時の両名が所属する事務所。

よく二人の結婚を認めたな、と思いますね。

二人は共に人気者。

特に里依紗さんの方は連ドラの主役級のオファーが舞い込む「超売れっ子女優」でした。

通常、事務所側としたら時期尚早という判断で二人が付き合っている事は認めても結婚にまでは踏み切らせたくないのが本音だと思うのですが。

まあ、とにもかくにもお二人の現在の幸せぶりを見ていけば、そのような考えが全く時代にそぐわないものであったという事にぶつかるのが分かるでしょう。

仲が良く幸せに溢れていると人気

一般的に芸能人夫婦は、ファンの目や人気を気にしてか、当人たちの私生活ぶりを公表したり話題を提供したりするのを嫌う傾向にあると思われます。

そこにはお節介ながら夫婦間の関係に「ミゾ」が出来た時、芸能マスコミが押し寄せて来たときの対応に苦慮するのを恐れて「秘密」にしておきたい、という心理が働いているからでは?と、思うからです。

それにプラスしてあまりに自分たちの仲睦まじいところを提供してしまうと、芸能人の宿命として「人気」が一気になくなってしまい、世間から忘れられ、芸能人として生きていくのにレッドカードが灯るから、だとも思えます。

芸能界は生き馬の目を盗んで生きていく世界。

自分たちの代わりなど履いて捨てるほど後に控えています。

だから、なるべくかつての輝きを失わせないためにも、プライベートな部分は極力伏せ、自分たちの芸能人としての神通力が失せないよう配慮しているのでしょう。

ですが、近年はSNSの浸透により、情報共有する意識が芸能人たちにも大いに溢れているようです。

コソコソ秘密にするよりも堂々と見せる方が却って一種の神秘性とカリスマ性がミックスされて以前よりもより好感度をアップさせることができるようになってきているのかも知れませんね。

2人に憧れる人も多い

事実、この二人に憧れている一般人やファンが多いようです。

最近は結婚しても秒速で破局を迎えたり、仮面夫婦バレバレなのに仲が良いように装っている芸能人夫婦も珍しくはありませんね。

ハッキリ言って一般の人の目から見たら、そんな偽物の幸せ感など見たくも聞きたくもないですし、何より嘘の仲がすぐにバレてしまいます。

そんな中にあって仲里依紗さんと中尾明慶さんの夫婦は本当に夫婦円満そうで幸せいっぱい感の写真が連日のようにインスタグラムにアップされています。

これだけの仲の良さを堂々と見せてもらえたら、この二人に対して好感度が上がるのは勿論、結婚したらこの二人のようになれたらいいなあ、という憧れを持ってもらえるのも疑いようのない事実でしょうね。

仲里依紗と中尾明慶について知りたい

では、仲里依紗と中尾明慶について、少々紹介していきましょう。

女優・仲里依紗

仲里依紗。

日本の女優でありモデルでもあります。

(デビューのきっかけはモデルのオーディションでした)

1989年生まれ。

(という事は今28歳なのですね)162㎝の身長。

長崎県の出身です。

テレビで見たらもっと小柄に見えてたのですが、意外と背はあるんですね。

先にも触れましたようにデビューとなったきっかけは妹さんが本人に内緒で送ったモデルオーディションへの応募です。

仲里依紗はそこで特別賞を取り芸能界にデビューすることとなりました。

2006年、『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』で女優デビュー

芸能界デビュー当初はモデルの仕事中心に活動します。

仲里依紗が女優として初めてデビューした作品が長瀬智也主演の学園ものコメディー「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」です。

結構面白いドラマでしたから、見ていた方も多かったのではないでしょうか?

ただ残念ながら、彼女の出演イメージはほとんどありません。

恐らく生徒役の一人だったのでしょうがほとんど印象に残るようなシーンは思い出せません。

まあ、人気者のデビューなんていうのはこういうモノです。

いえ、かえってこういった方が本人の肩の荷も下りていいのではないでしょうか?この後からは話題作や人気ドラマの常連となっていくのですから。

大勢の中にいても埋没されていない彼女の何か光るものがあったからでしょう。

俳優・中尾明慶

中尾明慶。

俳優。

1988年6月30日生まれの29歳。

東京都出身。

身長172㎝。

何でも小学校の時に見たテレビ番組が面白くて芸能界への憧れを抱いたそうです。

(その番組とは今も番組改編期にやってるTBSの特番です。

足自慢の芸能人がミニマラソンをやっているあの番組です)

中尾明慶の芸能界デビューは今を遡る事17年前。

彼の年齢が今29歳(2017年)ですから12歳の小学校6年生の時、という事になりますね。

2000年、『ママまっしぐら!』で子役デビュー

中尾明慶の俳優デビューは2000年のテレビドラマ「ママまっしぐら!」という作品です。

恐らく子役での出演ですから主人公の家族の一員といった役どころではないでしょうか?全然見ていないので想像するしかありません。

しかし、その後の彼は破竹の勢いでいい役と番組に恵まれていきます。

私が印象に残っている作品だけでも、木村拓哉主演の「GOOD LUCK」でキムタクの弟役。

阿部寛主演の「ドラゴン桜」での生徒役、と。

結構、印象に残る演技をやってくれています。

悪意のかけらもない笑顔と小さな目。

朴訥とした雰囲気が本当にいい味を出してるな、という印象を持ちましたね。

2016年には小説家デビュー

中尾明慶さんは小説界にも華々しくデビューを飾りました。

2016年に長編小説「陽性」を出版しました。

何でも女性アイドルを主人公に設定したミステリータッチのストーリーのようですね。

俳優をやりながら執筆も手掛けていたとは…、いやはや、その多芸ぶりには感嘆の意を表します。

ただ、世間的にはそんなに騒がれなかったようですね。

何せタイミングがちょっと良くなかったでしょう。

芸能界では又吉氏の書いた作品が直木賞を取ったりしたので、そっちの方に脚光がいってましたから。

どうしても二番煎じのイメージがついてしまいますね。

問題はこの後の動きでしょう。

間をおかずに第二弾、第三弾と執筆できれば作家としての才能は疑いようのないレベルだという事が言えます。

ただ、中尾明慶はれっきとした俳優というポジションにいます。

俳優業は二足のわらじが通用するほど甘いものではないと思います。

ここはどっしりと腰を据えて本職の方で真価を発揮してもらいたいところですね。

仲里依紗と中尾明慶の馴れ初めは?

それでは次に最も気になるところであろう、両名の馴れ初めについて紹介していきましょう。

如何にしてこの二人がお付き合いを始めるようになったのか。

彼女をゲットする方法として、独身男性の方にとったら大いに参考になる話しかも分かりませんからね。

出会いのきっかけは『共演』

仲里依紗と中尾明慶の出会いのきっかけは「共演」です。

芸能人の人気者同士が知り合ってお付き合いに発展する典型的なパターンです。

二人の初共演は2010年封切りの映画「時をかける少女」です。

この時はお互い初共演ということで特にお互いが意識することもなくサラッと終わったような感じですね。

ところが二人の転機となるきっかけはこの後に訪れる事になります。

映画やドラマで何回も共演することに

芸能界というところは「共演」が忙しい人気者同士を結び付ける格好の場となりますね。

それは今も昔も変わらない伝統的なシチュエーションと言えるのでしょう。

そもそも人気者同士の共演となると、どうしても役柄が固定されますね。

恋人同士の設定が圧倒的に多いのは周知の事実。

あと夫婦同士だとか元カノ、元カレの関係だったとか。

とにかく恋人同士にする設定がファンが最も気になって映画やドラマを見たくなるのですよね。

それに当時の仲里依紗は若手ナンバーワン格の急上昇女優です。

主役級の役をバンバンやってた頃です。

人気も絶頂期ですからそうそう浮名を流す行動も取りにくくなってくる頃なのですよね。

だから、仕事上の共演と言うのが最も確実で安全な出会いの場となるのです。

沖縄ロケで急接近

さて、仲里依紗と中尾明慶のお二人。

「時をかける少女」のあとですぐに今度はNHKのドラマ「つるかめ助産院」で再共演を果たします。

しかも3か月の沖縄ロケです。

ただでさえ恋人ムードが漂う役柄の恩恵があるのに、ロケ地が南国ムード溢れる沖縄!しかも3か月も丸々一緒の生活。

邪魔をする人間は周囲にいないし二人の関係を深めるには最適の場所なのかも分かりませんね。

この当時、二人とも別に付き合っていた人がいました。

ただタイミング的にどうだったかは定かではありません。

しかし、一説によると熱心に猛アプローチをかけたのは中尾君の比位だったらしいですね。

そう思うと既にこの共演の地へ出発する前から中尾明慶の気持ちは定まっていたのでしょう。

「絶対、里依紗を落とす」と。

恐らく初共演の時に「ビビッ」とくるものがあったのでしょう。

それは仲里依紗にしても同じだったのかも分かりません。

沖縄の地で中尾明慶の猛アプローチを呼び込んだのは仲里依紗としてもある程度、想定内の出来事だったのかもしれません。

中尾明慶の猛アプローチがきっかけ

さあ、ここからは男・中尾明慶の猛アプローチの始まりです。

まるで何かから逃げるかのような猛烈な追い込みをかけます。

そういう意味でも南国・沖縄は恋の花を咲かせるには格好の場所だったことでしょう。

二人の当時の状況を拾ってみましょう。

当時、お互い噂されていた人が居たが…

二人とも、この当時、お互いに付き合っていた相手がいた、ともっぱらの評判でした。

中尾明慶には元モデルでアパレルグラードディレクターの秋定麻起子さんと。

仲里依紗には俳優の浅野忠信との交際の噂がありました。

中尾君の方はかなりいい線まで行っていたようで、結婚も秒読みか?というレベルだったようです。

しかしながらお互いの初共演が二人の運命の歯車を同一軸に合わせてしまったようですね。

中尾君は彼女に別れを告げて沖縄ロケへと照準を合わせました。

一方の仲里依紗の方はどうだったのでしょうか?既にこの時、浅野氏とは終わっていたのでしょうか?両者の思いはまるで磁石が引きつけ合うかのごとく沖縄で惹きつけあったのでした。

2013年、交際から5ヶ月でのスピード結婚

お二人は2013年の4月に交際を始めてからおよそ5か月という速さでスピード婚します。

中尾君の猛アプローチが功を奏した形になりましたね。

おめでとうございます、というところでしょう。

しかし、その後芸能ニュースを飾ったのは仲里依紗の「略奪婚!」という見出しです。

しかし、仮に略奪婚であったとしても、そうでなかったとしても、今更、もうどっちでもいい、という雰囲気ですね。

もし、物凄い略奪婚だとしたら当時の芸能ニュースで、もっと大きな扱い、それこそスポーツ新聞の1面を大きく飾るニュースになったろう、と思うのですが、残念ながらそこまでの記憶がありません。

と、なると仲里依紗のキャラを作るための事務所とマスコミのイメージ作戦のような気もします。

本当に芸能界というところはタレントを売るためならギリギリの線であの手この手と打ってくるようですね。

いずれにしてもスピード婚であったことは事実です。

恐らく交際が長引けば本人たちにとっても良くなかったのでしょう。

それは次のところで明らかにしますね。

デキ婚だったことも判明!

仲里依紗と中尾明慶のスピード婚の真相はどうやらデキチャッタ婚だったようですね。

だから新婦のお腹が目立たないうちに式を急いだのかもしれません。

まあ、スピード婚もデキ婚も双方が了解し合った上で決めた事ですから、周りの者がとやかく言えるものでもありません。

お互いが人気者同士という事情も踏まえた上での結婚なのですから、それまで付き合っていた人たちよりも、より以上に惹かれるものを感じたに違いありません。

まさに両想いというやつです。

こうなったらいくら以前の彼氏、彼女が諦めが悪かったとしてもどうしようもありませんからね。

幸いな事に仲里依紗も中尾明慶も以前付き合っていた人とは何とか別れられたようです。

ここがこじれると本当にその後の人生が狂いかねませんからね。

2人の結婚生活が気になる

さて、次にご紹介したいのはこの両名の結婚してからの事です。

結婚生活についてです。

芸能人同士の夫婦と言うのは立場が非常に微妙になってきます。

つまりどちらがランクが上に見られているか、芸能人としてどちらに商品価値があるか、によって夫婦間の温度差が微妙どころか大きく変わってくるからです。

だからかどうか、結婚してから話題を提供してくれる事といえば、夫婦間の格差の事だとかすれ違い夫婦だとか、間もなく危ないんじゃないか、とか。

確かに芸能人の夫婦の関係って一般人から見るとかなりギャップがあるように感じますよね。

ところが仲里依紗と中尾明慶の夫婦は全く危惧するところがないのです。

そのあたりを紹介していきましょう。

SNSで仲睦まじい写真をアップ

この二人はインスタグラムでよく写真をアップしてくれます。

それも二人揃ったアツアツの仲の写真を。

この夫婦には子供さんがいます。

男の子です。

名前も写真も二人の意向により公表はしていません。

写真に写るのはあくまで夫婦2人のみなのです。

これってある意味、一般人の感性に近い行動なのですよね。

大抵の芸能人の夫婦がアップする写真というのは自身のオシャレやその日の食卓。

そして自身の子供が定番でしょう。

自分の子供を早々と世間に公表しているのですよね。

2世タレントとして育てている空気感がプンプンです。

ところが仲里依紗と中尾明慶の夫婦はあくまで写真をアップするのは自分たちだけなのです。

この辺りにかなりな夫婦間のこだわりとプロ根性を感じるのは私だけでしょうか?

誕生日に着ぐるみ2ショットをアップ

誕生日に着ぐるみを着て2ショットで写る夫婦なんて、一般人の中でも草々はいませんよ。

本当にこのお二人、仲がいいんだな、と思いますね。

どちらも暖かい家庭の味わいをこよなく愛しているからでしょう。

そこにはどちらかが自分より売れているから嫉妬するだとか、ひがんでしまうなどの感情は微塵もないようですね。

芸能界に多い仮面夫婦の見分け方とでも言ってもいいくらいのインパクト大の写真です。

まあ、どちらにもまだまだ童心というものがたっぷり残っているのかもしれません。

それでも仲がいいからこそ出来る行為です。

今はネットを通じて多くの人達が共感する時代。

人気芸能人も分け隔てなくその感性を持っている人が指示される時代なのでしょう。

家では仲の方が強め

やはりというか予想通りというか、家庭の中では仲里依紗が貫録の「強き嫁」という立場を維持しているようですね。

そして中尾さんの方は完全に「恐妻家」と化しているムードです。

まあ、この状況は結婚前から予想はつきました。

どう見ても仲さん、怖そうです。

怒ったらメチャクチャ怖いっていうオーラがドラマやテレビ番組からヒシヒシと伝わっていましたからね。

(本心はそうではないと思うのですが。

怒る相手は愛する男性だけでしょう)

一方の中尾君。

どう見ても優しそうです。

奥さんが少々のわがままや怒りを表してもあの満面の笑みで包み込んでしまいそうです。

そういった中尾君の事を仲さんは好きになったのかもしれませんけどね。

いずれにしても堂々と喧嘩できるということは理想的な夫婦の姿だ、という事が言えそうですね。

ケンカして締め出されたことも

仲里依紗・中尾明慶夫妻の喧嘩ネタはいくらでも出てきそうですね。

最も有名どころな話がカレーライス事件でしょうか。

仲さんが一生懸命作ったカレーライスを中尾君は無表情に何も言わずに他の事に気を取られながら食べていたそうです。

そしたら新妻の仲さんの怒りが爆発。

気が付いたら中尾明慶君、体中がカレーまみれだったとか。

いやはや、気性が激しいというか白黒ハッキリさせようとしているのか、仲さんの感情表現は中々、愛らしいですね。

一方でそこまでされても明慶君、多分怒らなかったのでしょう。

ここが彼のすごい所ですよ。

だから仲さんのハートが完璧に中尾君に鷲掴みにされたのでしょうね。

それと夫婦間の家庭内での関係は奥さんの方が「かかあ天下」をやってる方が円満ですよ。

夫は奥さんの尻に引かれてるくらいが丁度いいのです。

中尾君もうまく立ち回っているようですね。

感謝の気持ちを忘れない

仲里依紗さんと中尾明慶君の夫婦の関係はとても円満です。

子供が出来ても全く変わらない二人の生活ぶりは双方の気持ちの持ち方が優れているからでしょう。

多くの夫婦が憧れる仲里依紗と中尾明慶のラブラブぶりはいかにして維持されているのか。

知りたいところですね。

仲良しの秘訣

仲里依紗と中尾明慶夫妻の仲良しの秘訣は「感謝の気持ち」です。

感謝の気持ちをいつまでも忘れずに自然と口から出して奥さんに伝える。

これがこの夫婦がいつまでたっても仲良く円満にやってきている秘訣でしょう。

多くの夫婦関係というのは結婚生活が長くなればなるほど、最初の頃の新鮮さは失われ、いつしか倦怠ムードとなり相手に対する尊敬の気持ちがどんどん失われていくものです。

自ずとそこには感謝の気持ちを言葉にして言う、なんていう行いは皆無です。

これが多くの夫婦の抱えている現状ではないでしょうか?

恐らく中尾明慶君、非常に気遣いのうまい人なんではないでしょうか?うまいというより自然に嫌味なく出来るのでしょう。

本当に仲里依紗さん、いい旦那さんをもらいましたねえ。

積極的に子育てに参加

中尾明慶のすごい所をもう一つ、それは積極的に子育てに参加するところです。

これってなかなかできませんよ。

特に中尾君は売れっ子俳優です。

普通ならば仕事に追われて家に帰ることもままならないはずです。

では、そのあたりの事も踏まえながら中尾君の子育て参加について見ていきたいと思います。

子供との時間を大切にしている

奥さんの仲さんが子供の育児を一生懸命やれるのも夫である中尾明慶の積極的な子育て参加があってこその事でしょう。

育児という事、ひとくに行ってしまえば簡単かもしれませんが実際には物凄いストレスのかかるものなんですよね。

特に最初の半年間は奥さんの心労は大変です。

夜泣き、突然の発熱、ミルクを思うように飲んでくれないなど、初産の奥さんがこれらの事を一人で抱えてしまったら、世間によく言われる育児ノイローゼにかかってしまうのも無理からぬことなのです。

恐らく中尾君、仕事を大幅にセーブして育児の一番大変な時を二人三脚で乗り切ったのでしょう。

でなければ結婚3年以上にして夫婦そろってあのような幸せ感満載の写真を世に発表できりはずがありませんからね。

インスタなどに写真をアップ

とにかく夫婦仲のいいお二人。

これは夫である中尾明慶君の性格面が幸いしているからでしょう。

奥さんの事を大切に思うのは当たり前。

その上子煩悩なのでしょう。

でなければ男が関わりたがらない育児、子育ての分野においてこれほど妻である里依紗さんの賛同を得られるはずがないからです。

つまりここにきても変わらぬ仲の良い夫婦ぶりを発揮できているのは中尾君の家庭第一主義があるからでしょう。

それと仲里依紗と中尾明慶夫婦は芸能人がよくやる自分の子供をブログやインスタなどで世間に公表するという手段を使っていません。

あくまで自分たち夫婦だけの写真を使っています。

この辺りも世間との温度差が狂っていない、芸能人としてはすこぶる常識のある行いという事で多くの方たちから憧れの夫婦像を獲得しているのではないでしょうか?

合言葉は『BIG LOVE』

仲里依紗と中尾明慶夫妻の結婚発表メールに使われた一節の最後を締めくくった言葉です。

お二人の共通の合言葉になっています。

「BIG LOVE」。

一般の人達だと恥ずかしくてとても人前では公言できないような文言です。

しかし、この合言葉から二人の並々ならぬ意気込みと揺るぎない自信を感じる事ができますね。

今でもお互いに言い合っている

仲里依紗と中尾明慶夫妻は結婚して早や丸3年が経過。

今年で結婚生活4年目です。

それなのに甘いムードは一向に衰えず頻繁にインスタグラムにお二人が一緒に写っている写真を投稿されています。

いやあ、これは中々出来ない事です。

一般的に結婚生活も3年も過ぎれば確実に双方に飽きが出てきます。

俗にいう「倦怠期」というやつです。

人間、いかに大恋愛の末に結ばれて一緒に生活を始められたとしても当初の新鮮な気持ちを維持できるのはせいぜい最初の1年間くらいです。

2年目以降からお互いのエゴが見え隠れし始め、夫婦間に秘密や隠し事が増え始め、コミュニケーションが減っていき、その為に喧嘩が絶えなくなる。

そして笑顔が消えていくのです。

これはあくまで世間一般の例を紹介したまでで、全ての夫婦がこうなるわけではありません。

こうならない夫婦は、ならないための工夫や意識付けを行っているのです。

一つは「感謝の気持ち」。

更に付け加えるなら「尊敬の気持ち」。

この意識を双方が持ち続けているからこそ今でも「BIG LOVE」という合言葉が生き続けているのでしょう。

ここまで来たら、何時までもこの気持ちを失わずにやってもらって、今度こそいつの日か「BIGLOVE」を流行語大賞にさせましょう。

2013年の時は林先生の「今でしょ!」に負けましたからね。

期が熟すのを待ちましょう。

これからも幸せな夫婦写真投稿に期待!

如何だったでしょうか?女優・仲里依紗と俳優・中尾明慶夫妻について紹介させていただきました。

これからも本当に末永く幸せ感たっぷりの夫婦俳優として芸能界を渡っていって欲しいと思います。

さて、最後になりますが幸せ感マックスの仲里依紗と中尾明慶夫妻の今後について、ちょっと私なりの心配な事があります。

それは夫婦仲が良すぎる事による女優・俳優としてのそれぞれの持ち味が殺されてしまうのではないか?という事です。

仲里依紗さんは結婚してからは出産や育児などで大忙しの時期ですので、現在、画面を通しての露出は抑え気味になっています。

まあ。

これは仕方ないでしょう。

私が心配しているのは夫の中尾明慶の方です。

ご存知の方も多いかも分かりませんが、最近の彼の顔つき、明らかに変わったと思いませんか?勿論結婚して4年目、1児のパパでもある中尾明憲君、顔の表情が精かんになっていくのはいい事なのですが…。

でも、ちょっとその雰囲気が微妙にというか、かなり「強面」系になってきてはいませんか?と思うわけなのです。

あの、満面笑顔の写真も最近のを拝見すると、ちょっと「怖い」んです…。

まさか、家庭生活を無理しているから自然とこうなった、何ていう事はないですよね?中尾君。

私は期待しています。

中尾明慶は役者として家族を支え、日本の演劇界になくてはならない存在になってくれる事を。

家庭円満すぎて役者としての存在感を失ってしまった俳優さんたちを沢山、見てきました。

家庭不和は勿論、良くないですがギラギラした存在感まで削ぎ落とす事のないよう、今後のご活躍を心より祈っています。