そろそろ痩せたい!痩せなきゃ!と思いつつもなかなか実行できないダイエット。

気が付いたら夏になっていた・・なんてこともあるのではないでしょうか。

そんてピンチな時には短期間で痩せることのできるダイエットを実行したいですよね。

そこで夏前に流行るのがプチ断食です。

完全な断食ではないから、なんとか自分にもできるかも?ということと、やはり結果がすぐに目に見えてくるからこそ、プチ断食をする人が続出しているのです。

今回はそんなプチ断食について紹介していきます。

さぁ、明日からトライして理想のボディを手に入れましょう!

プチ断食とは?

まずプチ断食とは何かを説明します。

まず断食とは、いっさいの食事を絶つことです。

何も口にせずに過ごして体の中を空っぽにリセットするダイエット方法です。

それにプチがつくことで、かるい断食という意味になります。

基本的に行うのは「1日のみ」であることもプチ断食の定義です。

つまり決められたものであれば少しは口にして良いというのが、プチ断食です。

断食は何も口にできないので、必要な栄養も摂ることができずに体を壊してしまいます。

しかしプチ断食は、必要な栄養を摂りながら行うので体への負担が少ないです。

もちろん何かを口にできるということでは精神的な負担も少ないといえるでしょう。

プチ断食の効果

プチ断食は「健康的に痩せる」というのが一番の目的です。

正しい方法でプチ断食を行うことで、健康を保ちながら美しるなることができるというわけです。

プチ断食を行うことで、人間が本来持っている免疫や抗体、自然治癒力を目覚めさせることもできます。

それによって体重が減るだけでなく、体の中から綺麗で健康になることができるのです。

プチ断食をすると摂取カロリーが減ります。

そうすると足りなくなったエネルギーを得ようと身体の中で脂肪を分解し始めます。

脂肪が分解されることで、蓄積されていた有害物質が浮いて、内臓を通って体外に排出される仕組みです。

またデトックス効果で体内の臓器は活発になり、新陳代謝が良くなります。

それにより細胞の修復も活発になるので美肌効果もあるのです。

代謝の活性化は便秘改善効果もあるので、更にニキビを治して綺麗な肌を作ってくれます。

プチ断食の時に口にして良いもの9選

プチ断食は少しなら何でも口にして良いというわけではありません。

口にして良いものと、口にしてはいけないものがあるのです。

そこでまずはプチ断食中に口にしても良いものを紹介します。

どれも栄養も考えた上での食材となるので、バランス良く摂取することを心掛けてください。

1、水やお茶

これは口にして良いというよりは、口にすべきものです。

水分を口にしないまま断食までしてしまうと、冬でも脱水症状になってしまいます。

また水分不足は便秘の原因にもなります。

水分はどんどん口にしてください。

理想的なのは水です。

水じゃ体中の血液を運んでくれます。

そして体の中にある不要なものや老廃物を排出させてくれる働きがあります。

もちろんお茶でも大丈夫です。

水ばかりでは飽きてしまうので、麦茶やウーロン茶やハーブ茶を飲んでリラックスするのも良いですね。

ただしお茶には利尿作用があります。

飲み過ぎてしまうと、その分排出されてしまうので気をつけてください。

プチ断食中は意識して水分を3リットリほど体に摂りいれるようにすると良いでしょう。

3リットルなんて無理!と思われますが断食中は意外と喉が渇くので、すぐに3リットルくらいは摂取できるはずです。

2、薄目の根菜スープ

プチ断食中にお腹のたまる食事として重宝するのが、薄目の根菜スープです。

このスープを作る際のポイントは三つです。

①野菜は細かく刻む
②薄味で作る
③具材は根菜のみ

この根菜スープを摂取することで栄養によって脂肪燃焼効果が期待できます。

また温かいスープは冷えや便秘の予防にもなります。

必要な栄養と塩分を体に入れることができるので1日1回は根菜スープを食事メニューにすると良いでしょう。

①野菜は細かく刻む

ゴロッとした大きな野菜は消化するのに体に負担がかかります。

スープに入れる具材はなるべく細かく刻むようにしましょう。

どんな食材でも1㎝の角切りにするのがベストです。

②薄味で作る

野菜を入れることで、野菜から出汁が出ます。

その野菜の旨みがあれば、そこまでの味付けはいらないでしょう。

少しだけコンソメと塩コショウをする程度で薄い味付けにしてください。

③具材は根菜のみ

スープに入れる具材は根菜にしましょう。

玉ねぎ、にんじん、大根、ごぼうなどがおススメです。

3、野菜ジュース

プチ断食中の野菜ジュースはとても人気です。

野菜のビタミンやミネラルを豊富に摂ることができて、ダイエット効果も高めてくれます。

また一杯でも満腹感を得ることができるので、空腹によるストレスも軽減されるでしょう。

野菜ジュースの飲む量は200~300ml程度が理想です。

この野菜ジュースは生の野菜をミキサーにかけて手作りするのが良いでしょう。

しかし忙しくてそんな暇がないという日は、市販の野菜ジュースでも大丈夫です。

ただ市販の野菜ジュースは酵素やビタミンが少ないので栄養は期待できません。

できるだけ果物の比率の多い野菜ジュースを選ぶようにしてください。

手作りジュースを作る場合は、シンプルなものがおすすめです。

にんじんとリンゴだけで作る野菜ジュースでも十分です。

糖質が多いものを使用するのは避けて作るようにしてください。

4、無糖のヨーグルト

無糖ヨーグルトはプチ断食の強い味方になってくれる食材です。

ヨーグルトはお腹にたまるので、空腹時のイライラを軽減してくれます。

空腹を緩和させることで、その後のリバウンドも防止してくれます。

そしてヨーグルトの最大の魅力は便秘解消効果です。

ヨーグルトには、乳酸菌やお腹の調子を整えてくれる細菌や成分がたくさん入っています。

プチ断食中は便秘になりやすく、腸の中が詰まることで栄養の吸収も悪くしてしまいます。

これではプチ断食中に健康を崩したり、ダイエットの効果を薄めてしまいます。

ヨーグルトで腸を綺麗にするとダイエット効果も高めてくれるのです。

デトックス効果も高いので、肌質が改善したりと美容の維持もできます。

体中の毒素を排出してくれるのは心強いですね。

5、豆腐

豆腐は低カロリーで高たんぱく質であることから、プチ断食に最適な食材です。

消化も良くてお腹に満足感も与えてくれます。

とはいえ、豆腐も食べ過ぎはよくありません。

1日1食を豆腐にし、1丁(200g前後)を摂取してください。

豆腐はどんな調味料にも合う万能食材です。

醤油やポン酢を少々かけて食べると良いでしょう。

湯豆腐にすると体も温まります。

6、おかゆ

おかゆは消化が良く、腸内を綺麗にするのに最適です。

おかゆを食べることで体の中からスッキリ綺麗になれるのです。

まずは簡単におかゆの作り方を紹介しましょう。