日本語は、同じような発音で若干意味が違うような言葉も多々あります。

例えば、「十分」と「充分」、どちらも満たされているというような意味で使われ、日本人であってもどちらが正しいのかどうかや、どのように使い分ければ良いのかがわからないような言葉も多いのではないのでしょうか?

あと1つずつも「ずつ」とすに濁音か「づつ」とつに濁音かということで悩む事はあるのではないのでしょうか?

このような言葉を多くあります。

その中の1つ、「さみしい(さびしい)」と言う言葉に1つとっても、漢字も2つあり、読み方も二通りあります。

「寂しい」と「淋しい」と「さみしい」と「さびしい」、意味も似たり寄ったり、読み方もどちらも使えますよね。

このように見てみると日本語の不思議を感じます。

では、今回はこの「さみしい(さびしい)」と言う事についていろいろと取り上げていきましょう。

まずは、読み方について取り上げていきます。

どちらも「さびしい」とも「さみしい」とも読む

皆さんは、「さびしい」と「さみしい」どちらを使いますか?

著者の勝手なイメージですが、年齢が下がれば下がるほど「さみしい」の方を使っている人が多いのではないのでしょうか?

ですが、「さびしい」と読んでも日本語として成立しますし、言われた側も理解できる範囲です。

では、「さびしい」と「さみしい」どのように分けていったらいいのでしょうか?
また、どちらが正しいというのはあるのでしょうか?

読み方はどちらでもよい

結論から言うと、読み方はどちらでも問題はありません。

ただ、著者が学生時代に古典の授業で聞いたことがあるのですが、もともとは「さびしい」と言う言葉が使われていたそうです。

昔の古典の文章によると、圧倒的に「さびしい」と言う言葉の方が多いです。

なぜ「さみしい」に変わったのかというのもその先生から聞きました。

それは、「び」と言う発音は、一旦唇を閉じて比較的強く発音する必要があります。

ですが、「み」と言う発音も一旦唇を閉じた上で発音するのには変わりありませんが、そこまで力を必要としない発音方法で済みますよね。

皆さんも試しに「び」と「み」の発音をして比べてみてください。

どちらかと言うと、「み」と言う方がエネルギーを使う事が少ないと実感できるのではないのでしょうか?

やはり、私たちが日々生活していても、若い人たちの言葉の乱れなんて言われますが、言葉使い続けていると、どんどんと進化していくところがあったり、言葉が短くなっていうのが簡単になったり発音しやすくなったりと色々と進化していくものです。

少々話を脱線しますが、最近「ら抜き言葉」が非常に話題ですね。

例えば、「食べられない」と言うのを「食べれない」と言ったりします。

このように、日本語も進化し続けます。

ですので、今は「さみしい」といってもあんまり違和感を感じる人が少なくなってきました。

もしかしたらもっと昔に「さみしい」と言う言葉が若者言葉として非難された時代があったのかもしれませんね。

よく、「最近の若いものは!」と言っている人もいますが、なんと江戸時代の書記にも、「最近の若いものは!」と非難するような文章があると言うのです。

やはり、いつの時代も、年齢を重ねると、若者が使う言葉や仕草など、「最近の若いものはなっとらん!」と思うようなことが増えてくるのかもしれませんね。

さびしいの意味

では、次にこの「さみしい(さびしい)」の文字、「寂しい」「淋しい」の2つありますよね。

こちらの意味というのはどのようなものがあるのでしょうか?

2つの「さみしい(さびしい)」がありますが、まずは、大まかにこの「さみしい(さびしい)」言う意味を取り上げていきましょう。

あってほしいものがなく満たされない気持ち

まずは、あって欲しいものがなく満たされない気持ちのことをいいます。

例えば「恋人がいなくて寂しい」と言う言葉で使えば、本来恋人がいてほしいのにもかかわらずいなくて、満たされない気持ちのことを表現するのです。

このように、普段の生活から私たちは、「寂しい」と言う言葉をよく使います。

あと、子育てをしている人であれば、この言葉は非常に対応するのではないのでしょうか?

例えば小さな子は、「お母さんがいなくて寂しい」って事はよくいますよね。

お母さんがいてほしいのにもかかわらずいないと言うことで満たされない気持ちを子供たちは表現しているのです。

このように、あってほしいものが甘くなく満ち足りない気持ちの表現である「寂しい」と言う言葉は、私たちが非常によく口にします。

ですが、この寂しいと言う意味はこのような事ばかりではありません。

では、他の意味も見ていきましょう。

人恋しく物悲しい

また、人恋しく物悲しい時にも寂しいって言う言葉を使います。

例えば「1人で寂しい」というときによく使いますね。

やはり、よほど1人が好きではない限りは、時には人と話したいと思ったりしますし、人と一緒にいたいと思う時がありますよね。

このように、人恋しくて物悲しい時にもよく使います。

こちらも、いろいろな場面で使うことがありますね。

よく、著者は好きで色々な掲示板を見ているのですが、誰かと会いたいのに社交的になれず寂しいというような書き込みをよく見ます。

例えうまく人付き合いができないとしても、人恋しく物悲しいと言う気持ちを持つという事はよくあることなんですね。

それほどに、もう何日かおきにこのような悩みを目にするといっても良い位です。

このように多くの人が感じるような感覚ですので、皆さんも一度はそのような体験をしたこともあるかもしれません。

もしくは例えばですが大家族で育って、いきなり一人暮らしを始めると、このような感情がわき起こることもあるのかもしれませんね。

人気がなくひっそりしている

また、先程の2つは、人間の感じる気持ちの表現が主でしたが、人気がなくてひっそりとしている様子も寂しいといいます。

例えばですが、あまり人気がないような過疎地を訪れるとこのような感覚に陥ることがあります。

自然が豊かでいいところではあまり使われないかもしれませんが、例えばですが空き家がいっぱいあるような状態だと、この寂しいって言う感覚が起こるのではないのでしょうか?

やはり、本来人が住んでいたはずのところが、人がいないような状態だと寂しく感じることが多いですよね。

著者の所ののどかなところですが、どちらかと言うと工場が多く、そこまで自然豊かと言う感じではありません。

ですが最近は色々と家が売られているような状態にあり、昔通っていた小学校も人数がだいぶ減っています。

ですので、実家に帰ると、人はそこそこいるものの少々寂しく感じる事はあります。

寂しいとは

皆さんは、普段この「寂しい」と言う表現をよく使うのではないのでしょうか?

ただ、「寂しい」は「淋しい」というもう一つの漢字があり、どちらがどう使ったら正しいのかというのは疑問に思ってる人も多いことでしょう。

かく言う著者も、あまり深く考えることなく、こちらの「寂しい」をよく使います。

さて、「さみしい」という漢字も2つあります。

では、こちらの「寂しい」と意味はどのような意味があるのでしょうか?

家の中の人声が小さいという意味

著者もあまり深く考えた事はありませんでしたが、この「寂しい」という漢字ですが、分解をすると、うかんむりは家を意味し、「叔」の字は細かく小さいとの意味を表します。

では、この漢字が組み合わさるとどうなるのかと言うと、家の中の人の声が小さい意味になるのだそうです。

ですので、基本的に、家の中の人のが少ないって言うような意味になりますよね。

確かに家に人が少ないと非常に寂しい状態になります。

こちらも著者のの話なのですが、著者の家は母子家庭でした。

母と、兄と私の3人暮らしでした。

ですが、やはり、兄がいなくなると、当然住んでいる人が少ないと言うことで話すことも少なくなり、家の中で人の声が小さくなるのを感覚で感じました。

今は、10年以上前に著者も結婚をし、母も一人暮らしになりました。

このように人の声がどんどん小さくなっていくと言うことで、人数が少なかったり1人なるなどで、だんだんと寂しくなると言う意味になってくるのです。

漢字にさびしいという意味がある

このようなことから、寂しい時にこのような感じがあてがわれるようになりました。

このように、漢字の成り立ちを見ていると、なぜこの寂しいと言う事になったのかというのが非常によくわかりますね。

ですので、漢字にももう既に寂しいと言う意味が含まれています。