人生を生きていると色んな事を体験しますよね。

もちろん楽しい経験もあれば、辛い経験もあるように、たくさんの経験をする事で成長も出来ますし、新しい価値観を持てるようになるかと思います。

色んな事を経験して、知っていく事で自分自身が形成されていくといっても過言ではないでしょう。

楽しい事や辛いことがあるからこそ、人生が楽しく感じられるようになっているかと思います。

そんな色んな経験に関して、時には不思議な感覚に包まれてしまうという事もあるようです。

今回はそんな人生において、不思議な体験をする事に関してご紹介していきたいと思います。

誰でも一度は感じたことがあるような経験かもしれませんので、是非自分の体験を思い出して、振り返ってみていただければと思います。

既視感とは

今回、ご紹介する不思議な感覚というのは、既視感、デジャヴと呼ばれるものです。

これは名前を聞いたことがある人もたくさんいるかと思いますが、中には知らないという方もいらっしゃるかと思います。

まずはこの既視感、デジャヴについてご説明させていただきたいと思います。

既視感とは、今まで人生において、初めて体験するであろうことなのに、なぜか一度経験した事があるような、そんな不思議な感覚に包まれる事を指します。

あなたも、このような不思議な感覚に包まれた事、一度はありませんか?
周りの人に言っても何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、実際自分の中で不思議な感覚を持ったという方もいらっしゃるかと思います。

このような不思議な感覚は、なぜ起こるのでしょうか。

自然とこのような考えに至ってしまうほどに、不思議な経験となります。

経験したことないはずがすでに経験したように感じること


一度も経験した事がないのに、なぜ経験したかのように感じるのでしょうか。

とても不思議な事ですが、納得できる理由があればいいのですが、経験した事がある人はなぜなのかまったくわからないという事の方が多いかと思います。

わからないからこそ、不思議な体験であり、このような感覚を持ったまま不思議に感じている方も多いのかもしれません。

実際は体験した事があるけど、忘れてしまっているという事ならいいのですが、絶対に一度も経験した事がないという自信を持っている人も中にはいるでしょうから、非常に不思議な経験であるといえるでしょう。

誰もが感じたことがある

誰でも一度は感じた事があるのではないかというくらいの高確率で体験した事がある人は身近に存在しています。

これって冷静に考えるととてもすごい事ではないですか?
普通に考えて、今まで体験した事がない事を体験したかのように感じる事って普通ではありえないですし、忘れてしまっていても、実際に体験しているので、なかなか全員が全員忘れようがないですよね。

それにも関わらず、誰しもが一度は経験したことがあるという確率、これは普通に考えて、奇妙な現象ですし、誰もが経験しているという事から、なんだか理由があるような気がしてならないのは私だけでしょうか。

この奇妙な謎に関して、不思議に思いませんか?

デジャヴとも言う


このご紹介した体験は、既視感と呼ばれていますが、別の呼び名でも、呼ばれています。

デジャヴという言葉ですが、けっこうこの言葉を知っている人は多いのではないでしょうか。

これは元となっているのは、フランス語からきている言葉であり、デジャヴュという言葉からこの言葉が表されています。

意味合いとしては、視覚以外でも、聴覚や触覚など、すべての体験という意味で、以前に体験したかのような事柄を感じてしまう事をいいます。

また、反対語も存在していり、いままでに経験してきた事でも、まるで経験したことがないような感覚になってしまっている事を未視感とも呼ばれています。

こういった言葉が存在しているというのも、たくさんの方がこのような経験をした事があるからなのではないでしょうか。

デジャヴを感じてしまうのはなぜ?

なぜ人間は、デジャヴを感じてしまうのでしょうか。

普通に考えてありえない事ですし、理由を考えても出てこないのは非常に不思議な事です。

記憶は確かに薄れていくものですし、気づいた時には忘れてしまうような事は誰にでもあります。

ただ、ふいに何かを聞かれた時に忘れてしまっているという事は誰でもあるでしょう。

ただ、実際に何かを体験してみて、それに付随して自然と記憶って蘇るものではないですか?
同じ工程だったり、作業をしていくと、自然と体が反応したり、頭の中で記憶が結び付いて思い出す事があるかと思います。

普通に考えて、何かを行うと、それに連動して記憶は蘇っていくものなのに、その思い出しやすい実際の行動をしても思い出せないくらいに記憶の奥底に眠ってしまっているのか、はたまた未知の体の秘密があるのか…考えるだけでもワクワクしてしまいますよね。

ここからはなぜデジャヴが起こるのかという事についてご紹介していきたいとおもいます。

思い込みで感じてしまう!?

普通に考えて、多いのはこちらの理由が多いのではないでしょうか。

誰しもが考えるのは、思い込みでそう感じてしまっているだけなのでは?という事です。

一度経験したかのような思い込みをしてしまう事で、身体や脳が錯覚してしまい、実際の記憶とのすれ違いがデジャヴとなってしまうのではないかという事です。

確かにこれもあり得そうではありますよね。

実際に自分自身が勘違いしてしまっている思い込みをした事がある人もいる通り、確かにこれはあり得るかと思います。

ただ、たくさんの人がこのような思いこみをしているという事はありえるのか?と思ってしまう方もいるかもしれません。

あくまでひとつの可能性であるという事にとどめて頂ければと思います。

別の経験で似ている場合に一度見たと思い込んでしまうのかも

先ほどお伝えした、思い込みで感じてしまうという事ですが、これは例えば、別の経験に似ている事をその経験に結び付けて考えてしまうという事にも繋がっているのではないでしょうか。

世の中にはたくさんの事があり、確かに新しい事は新鮮な感じもしますが、似ているような事もたくさん世の中にはあります。

その中で、これってなんか似ているなと思った事がある人は誰しもがあるかと思います。

そういった似ているような体験、経験からこのようなデジャヴに結び付いてしまうのではないでしょうか。

実際は違う事でも、似ているというだけで自然とそれをしていたような気になってしまう。

これがデジャヴの正体であるのではないでしょうか。

実際に、不思議な体験をしているかのような気持ちになっていても、実際はこういう事だったという方も中には多くいらっしゃいそうですね。

以前、似たような経験をしている!?

思い込みで経験しているかのように感じる事もあれば、実際にほんとうは体験しているという事のあるのではないでしょうか。

ただ、それが全く同じという事ではなく、似ている作業だったり経験、体験になっている可能性が高いです。

こう考えると、なぜ自分自身が体験した事があるように感じているのに、記憶の中では一度もしたことがないのだろうかという事にも理由が説明できますよね。

実際はその体験をしたわけではなく、似ている別の体験をしたと考えると、ある程度すっきりとした考え方が出来るのではないでしょうか。

脳が以前見たと錯覚を起こしてしまうもかも

例えば、脳の視覚に関する情報が作用しているという事も考えられるのではないでしょうか。

例えば、同じような光景を見たとか、同じようなものが関わっている場面だったなどの、脳の視覚情報と連動して、以前の記憶が呼び覚まされているという事も考えられるかと思います。

同じような道具を使っていたとか、同じような光景で、同じような場所だったからなどなど。

似ている事って世の中はたくさんの事があるので当然存在しますし、すべての体験を鮮明に覚えているかと聞かれるとそうではないですよね。

曖昧になっている記憶だからこそ、経験した事があるかのような記憶に塗り替えられてしまったり、自分自身でも覚えていないからこそ、そうなんだろうなと納得してしまう事になってしまうのかもしれません。

脳もコンピュータではないので、こういった錯覚を生み出してしまう事もあるのかもしれないですね。

脳の働きによるもの!?

デジャヴが起こる理由として、脳の働きによるものであるという可能性もあります。

脳の働きと聞くと、なかなかピンと来ないかもしれませんが、脳の誤作動であると表現するとわかりやすいのではないでしょうか?
それは記憶における類似性認知メカニズムの働きと称されており、脳の起こす錯覚という事です。

やはり日々たくさんの出来事であったり、行動を行っているので、どうしてもパソコンのように完璧なデータを保つ事が出来ない事もあります。

なので、記憶の中で、錯覚を起こしてしまい、結果的にうまく記憶が存在できていない状況がデジャヴを引き起こしているといえるのではないでしょうか。

次の行動を予測しているのかも

デジャヴの理由として次の行動を予測しているという事も挙げられるようです。

賢い人ほど、このような傾向があるようなのですが、賢い人は次に起こる事などをしっかりと頭の中で予測して行動をしている傾向があります。

なので、頭の回転も当然速いですし、それが結果的に無意識に行われている事も十分にありえます。

そういった事が原因で、無意識に次の事を予測している事が、結果的にデジャヴに繋がるという事に、結果的に繋がっているのではないかといわれています。

こういった事も、無意識に行われているからこそ、自分が実際にそういう風に行った事があると認識して、錯覚してしまうのではないでしょうか。

オカルトのようなもので感じる!?

科学的に解明されていない現象ともなっており、非常に未知の存在である傾向が強いのがデジャヴですが、オカルト的な面がどうしても強くなってしまい、どうしてもオカルト的な要素だと受け止められてしまいがちです。

なかなか経験した事がない人には理解できない事にもなりますし、経験した事がある人でも、やはり実際に理由がわからないという事もあり、現実的にあり得ない事であると言われて信ぴょう性がない出来事となります。

だからこそ、理由がわからないからこそ例えば前世でこういった経験があったのではないいかとか、そういった不可思議な見解にも繋がってしまう要因になるのではないでしょうか。

前世や運命を信じている場合はそれも要因の一つかも

理由がわからないからこそ、神秘的な事も考えてしまいますよね。

ただ、肯定も出来ないですが、否定も出来ないのがこちらの説の考えられる所であり、やっぱりスピリチュアルな事ってどうしてもあるんじゃないかと心のどこかで思ってしまいますよね。

もちろん100%信じているわけではないですが、どうしてもそういった事も実際にあるんじゃないか?と思ってしまう心も存在してしまうのが現実です。

これは人によりますので、どっちが正しいといった事もなかなか判別できないかと思います。

前世や運命を信じている場合には、そういった事もありえると心から信じるのも非常に大事ですし、他人がどういっても、自分がどう受け止めるのかという事が大事なのではないでしょうか。

脳の中で経験が2つ保持されている!?

脳の中でふたつの経験が保持されているからこそ、起きているのではないかという意見もあります。

脳の中には膨大な知識やデータが詰まっています。

今までの人生で得てきた事であったり、色々勉強してきた事、思い返してみてください。

きっとたくさんありますよね。

あなたの人生のすべてを経験してきた脳は、たくさんの知識や経験が詰まっているはずです。

これまでの人生分のデータを保管しているって普通に考えたら非常にすごい事だと思いませんか?
これまでの人生でのたくさんの経験を保持しているからこそ、複数の経験が混ざり合って、デジャブのような出来事を引き起こしているのかもしれません。

経験を2つ保持してしまうために、感じてしまうのかも

脳の中では膨大なデータが集まっているとお伝え致しました。

その中で、今までに得てきたデータをもとに、本来は別の経験でも、似ている事によりひとつの経験として混ざり合ってしまうような事もあります。

そういった混ざり合う中で、これまた別の似たような事をした時に、それがミックスしてしまい、過去に経験した事があるような錯覚になってしまうという事もあるでしょう。

そういった事が原因でデジャヴを引き起こす事にも繋がっているのかもしれませんね。

なので、あなたが感じたデジャヴが、あなた自身が作り上げた幻想である可能性もあるのかもしれないですね。

複数の経験によるもの!?

複数の経験が重なり合って、しまうという事から起こりうる可能性もあるという事を覚えていただければと思います。

デジャヴ自体は、経験した事があるような錯覚に感じますが、実際には何もした事がない事である可能性もあります。

ただ、実際にした事がなくても、似たような経験をしてきた可能性もありますし、今までの人生でまっさらな新しい事を経験する事って年月を得てくるとなかなかなくなってしまいますよね。

だからこそ、ある程度経験をすると、それが起因して今までのした事があるような錯覚に陥る事も当然あるのではないでしょうか。

間違うのが人間ですし、こういった間違いを犯す事も当然ながら冷静に考えればあり得る事なのではないでしょうか。

複数の経験が重なり合って記憶を見たことのあるものとしているのかも

脳の錯覚という言葉は先ほどからお伝えしている事になりますが、脳が錯覚を起こす事で、それがデジャヴとなり、実際にそのような事を過去に経験したという事が起こっていると感じる事もあるかもしれません。

例えば、何かを行う上で、単純な作業と、複数の作業を組み合わせた事があるとします。

単純な作業は文字通り単純作業ですが、複数の作業は組み合わせて行うので、難易度は当然上がりますし、単純作業がしっかりと行えるようになってからのほうが作業もはかどりますよね。

例えば、A、B、Cという作業があり、すべてを経験して、ABという組み合わせの作業を行うとします。

そして、経験を積んで、新たにACという作業を行おうとした時に、以前何度も行った単純作業が組み合わさっているので、以前にも行った事があるかもという錯覚に繋がる可能性があります。

これはけっこうおおさっぱな例かもしれませんが、そういった事が起因して、デジャヴに繋がる事もあるという事を理解していただければと思います。

脳の中で軽い発作が作用している!?

デジャブが起こる原因として、脳が発作を起こしているという可能性もあるようです。

発作と聞くと、なんだかすごく病気のような感じ方になるかもしれませんが、これは脳の二つの大事な領域で起こる軽い発作と表現されています。

この発作が原因で私たちデジャヴを経験しているという事に繋がっているのだとしたら、非常に気になるのではないでしょうか。

簡単にこの発作に関してご紹介しておきたいと思いますので、是非気になる方は理解してみてくださいね。

神経回路網の伝達が一時的に障害を起こしているのかも

脳の中における、大事な場所である、耳の上でにある側頭葉、そして記憶と意味をつかさどる場所があるのですが、この部分が発作を起こす可能性があるとされています。

また、人間の脳は寝ている時や、夢を見ている時など、発作を起こしているという事がわかっており、その発作というのは電気信号などが活動としてみられるような内容になっているのだそうです。

これが原因で、デジャヴなども起こっているとされており、非常に脳科学的な見解による意見だといえます。

神秘的な事だったり、記憶が積み重なっているという事も非常に気になる理由ですが、こういった科学的な見解によると、非常に信ぴょう性が高く感じられる理由になりますよね。

デジャヴの解明は未だされていない

非常のその存在が気になるデジャヴですが、いまだにその原因は解明されていません。

デジャヴがなぜ起こるのか、それは今でもまったくわからない状態にありますが、ここまでお伝えしてきたように、考えられる原因などはある程度こうではないかという事が判明しています。

もちろん、すべては正しいとは言えないですが、どれも間違っているともいえないものになっています。

はっきりとした答えがないにしても、それは自分自身の中での受け止めようにも様々だと思います。

様々な答えがあるからこそ、しっかりと自分自身が思った事を信じてみても良いのではないでしょうか。

分からないからこそ、意識的に感じてしまうのかも

デジャヴの理由がわからないからこそ、意識的に、そして魅力的にも感じてしまうのではないでしょうか。

なんとなく、未知のものって非常に魅力的に感じる事ってありませんか?
わからない事って非常に魅力的に感じるのが人間であり、例えばミステリー小説などでも、今後の展開がわからないから、面白いと感じるのでしょうし、これから何が起こるかわかってしまうと、途端に面白くなくなってしまいますよね。

恋愛においても、少し相手に謎を感じるくらいの方がワクワクしませんか?
これは人間の持っている特徴になるのかもしれませんが、謎という物に関して、非常に魅力的に感じてしまうのも仕方がないと言える事、そして謎だからこそデジャブに関しても魅力的に関してしまうのでしょうね。

デジャブを感じる時は?——

ここまでは、デジャヴに関しての原因などをご紹介していきましたが、ここからは実際にデジャブを感じる時についてご紹介していきたいと思います。

もちろん、デジャヴを感じる瞬間は様々な場面があり、限定的な事は言えないです。

ただ、感じやすい場面をいくつかまとめてご紹介していきたいと思いますので、実際にあなたが過去に感じた事があるデジャヴを思い出して考えてみてください。

もしもこれからご紹介する中に当てはまるような事があった場合は、自分以外にも該当する人がけっこう存在しているという事にもなります。

多くの人が感じているデジャヴ、何かしらの関連する何かが存在しているのかもしれないですね。

それでは詳しくご紹介していきましょう。

日常の最中に起こりやすい!?

デジャヴは日常生活の中で起こりやすいという事が判明しています。

もちろん、個人差があるかもしれませんが、圧倒的に日常生活での経験や体験に関して、これ前もあったような…というような感覚に陥る事があるかと思います。

緊張するような、圧迫されるような時よりも、リラックスしながら、何気ない日常を送っている時に、あれ、これ前も感じた事があるような感覚だな…と感じる事が多いという事ですね。

日本心理学会の記述によれば、103名の学生に何気ない風景、例えば公園や街並み、校舎などの風景に関してデジャヴ経験はあるかどうか確認したところ、なんと3割以上が経験があるという風に判明したそうです。

それだけ多くの方にデジャヴ経験があるという事が判明しているので、これは非常に興味深い事なのではないでしょうか。

また、何気ない場面で感じるような事でもあるという事への関連性なども考えられる事も含めて、何かしらの共通点があるという風に感じてしまうのは私だけでしょうか。

切り詰めた場面では起こりづらい可能性がある

先ほどお伝えした通り、緊迫した場面ではかんじづらい経験であるという事も関連性の一部として判明しているかと思います。

これだけ多くの方は、リラックスした時、何気ない日常の中で感じる事だと答えているので、緊迫した場面で想像する事ではあまりないような気がします。

たくさんの方が緊張した場面で考えたという事であれば、話は別かもしれませんが、実際に経験した多くの方がこういった場面で経験していると答えていると、緊張している場面ではもしそういう事があったとしても、認識できていない可能性なども考えられますよね。

これも人間の脳の仕組みだと考えると多少なり納得できるような気もしますよね。

デジャヴ以外に関しても、確かに緊張している場面って、緊張してしまう物事の理由に関して捉われてしまい、他の事まで意識する事って難しくなってしまいますので、これは何に関してもそうなってしまうのではないかと考えてしまいますよね。

デジャヴを経験しやすい場面がある!?

デジャヴを経験しやすい場面があるという事も言われています。

なかなか統一性のない場面で起こっているかのように感じられますが、たくさんの経験などを元に導き出された仮説もあるようです。

これって非常に不思議な事ではありませんか?
経験や体験って、非常にたくさんの種類がありますので、限定的にこれだと考えるのは難しいですよね。

それなのに、デジャブを経験しやすい事があるという事は、何かしらの関連性があると考えてもおかしくないという事ですよね。

こういった、謎を解き明かすという事は非常に楽しいですし、興味深い事ですよね。

多くの方がこういう場面で経験があるという事についてもご紹介していきましょう。

あなた自身も、経験した事があるのであれば、きっとこのような場面だったのではないでしょうか。

公園や並木道などの場所での有無がある回答が3割

先ほどちょっぴりお伝えしていましたが、公園や並木道、校舎、寺社などの建物、そして風景などが原因でデジャヴ経験を起こすという方がけっこう多くいらっしゃいました。

何かしらの作業をしている中で、一度経験した事があるかも?という場合よりも、視覚的な情報でデジャヴの感覚を起こす方の方が多いそうです。

視覚から情報を得て、この風景は一度見た事があるな、というデジャヴ経験をした方はけっこう多くいらっしゃるんじゃないでしょうか。

その時には得に気にも留めなかったかもしれませんが、こうしてほかの方も経験があるという事を考えた時に非常に不思議な事ではありませんか?
ただ単純に似ている景色を見た事があるのか、それとも忘れているだけで本当は見た事はあるのか、あるいは不思議な経験が理由でそう考えているのか…考えるだけでもわくわくしてしまいますよね(笑)

デジャヴが起こりやすい人がいる!?

デジャヴって様々な人に起きている現象ですが、調べていくうち、ある程度の関連性があるという事にも気づいてきました。

それは、デジャヴが起こりやすい人がいるという事です。

誰にでも起こっているように感じるデジャヴですが、これが関連性があるという事を考えた時に、自分が感じた時の事を思い出してみてください。

そうした時に、自分自身が起こりやすい時に当てはまっているのであれば、確率としては高くなりますよね。

もちろん全員が全員あてはまるというわけではないかもしれませんが、あくまで起こりやすいという基準の元、考えて頂ければ幸いです。

旅行頻度の高い人などが起こりやすいという研究結果も

あなたは旅行は好きですか?
普段から旅行に多く通う人、あまり旅行が好きではない方、好きだけど、あまり行った事がないという方も中にはいらっしゃるかと思います。

この旅行の頻度ですが、この頻度によってデジャヴ経験が多いか少ないか別れてしまうという事が研究結果として判明しています。

これは考えてみれば当然かもしれませんが、旅行に多く行っている人は、当然ながら旅行に行かない人と比べて、たくさんの体験をしています。

新しい経験もそうですし、新しい景色を視覚から得ています。

それは旅行に行かない人と比べると段違いの差が生まれるかと思います。

結果的に、そう考えるとたくさんの景色などを感じている人の方がデジャヴのような体験をする可能性は高くなりますよね。

たくさんの景色を見ている中で、これ前も見たような気が…と感じる事は多いかと思いますので、これが結果的に、たくさんの景色や体験をしている人ほどデジャヴが起こりやすいという事に繋がるのではないでしょうか。

年齢によっても起こりやすい時期があるという結果も

また、年齢によってもデジャヴが起こりやすいという事の関連性があるようです。

これってかなり不思議な事だと思いませんか?

デジャヴって今までに体験した事があるような気がする現象ですから、当然様々な事を経験しているからこそ、可能性は高くなると思いませんか?

なので、年齢を重ねて、いろんな経験体験をしてきたからこそ、だんだんとデジャヴ反応の可能性が高くなるという事なら理解できるのですが、普通に考えて知識も経験も体験も浅いほうが可能性が高いって矛盾していると思いませんか?

これに関しては、何かしらの不思議な力が働いているのかという風に思ってしまいますよね。

本当に前世の記憶がまだ若干残っているからこそ、この若い年代で感じてしまうのか、それとも赤ちゃんの時に見た記憶がうっすら残っているのかとか。

様々な事も考えられますが、どれも確証的な理由とはいえないので、不思議ですが、今までの研究結果で若年層のデジャヴ比率は多いという事はひとつのデータとして判明しているといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はデジャヴに関してご紹介してきました。

みなさんが一度は経験した事があるかと思いますが、デジャヴって本当の不思議な体験ですよね。

懐かしいような、落ち着くような、なんだか不思議な気持ちにさせてくれる体験です。

ご紹介した内容の中で、少しでも共感してくださるような内容があれば、非常に嬉しいです。

理由はわかっていませんが、なんだか心があったまるような不思議な経験でもありますし、自分自身の中での大切な記憶という事で、今後も大事に持ち続けてもいい記憶になるのではないでしょうか。

今後デジャブ体験をする事があれば、大切な記憶なのかもしれないと思って、心の中でそっとしまっておいてはいかがでしょうか。