あなたは休みの日は何をして過ごしていますか?

普段仕事をしていると、休みの日って非常に待ち遠しいのではないのではないでしょうか。

普段仕事などで忙しくしている人は、休みの日に何をして過ごそうかなといった事を考えたりしているかと思いますし、忙しいという方ほど休みの日はする事も多いでしょう。

予定などをたくさん詰め込んでいるかと思いますので、今回は、そんな忙しい方でも、空いた時間に出来る事、そして有意義な時間の使い方が出来るという事で、非常におすすめである映画についてご紹介していきたいと思います。

映画といってもたくさんの種類、ジャンルが存在していますので、普段映画を見ない方などは何から見ればいいのかわからないという方も多いかと思います。

そんな迷ってしまうあなたには、是非おすすめのアニメ映画を見て頂きたいと思います。

日本のアニメは世界と比べても、非常に有名で、面白い作品がたくさんあります。

おすすめのアニメを是非見て頂き、なんとなく過ごしていた時間を楽しい時間に変えてみませんか?

アニメ映画とは

まずはアニメーション映画について詳しくご紹介していきたいと思いますが、いまさらという感じではありますよね。

アニメ映画とは、アニメーション映画の略称であり、映画館で公開される映像作品です。

基本的にはテレビアニメとして人気が出ている作品がそのまま映画に繋がったりという事が多いようです。

映画という形での放送になるので、普段のテレビアニメの時よりも豪華な演出なども入っており、非常に楽しく見ることが出来る作品ばかりとなっています。

映画を見るという方でも、なかなかアニメ作品は見ないという方にほど、是非見て頂きたいと思っています。

アニメ作品といってバカにしてはいけません、最近のアニメ作品は非常にリアルなものもありますし、戦闘描写などもすごく綺麗になっているような作品ばかりです。

後ほど、アニメ映画についておすすめの作品をご紹介していきたいと思っていますので、是非気になる方はみてみてくださいね。

実際に映画館で公開されるアニメ

映画館で公開されているアニメはたくさんあり、たくさんあるがゆえに何が面白いのか迷ってしまいますよね。

元々、漫画から気になっていたり、もしくは漫画の時から読んでいたものが映画作品になっているのであれば、抵抗なく見たいと思えるかもしれませんが、原作を知らないとなかなか見る機会はなくなってしまいますよね。

ただ、アニメ作品はどれも面白いものばかりですし、見ていないと非常にもったいないですよ。

面白い作品と出会いたいという方は、是非今回ご紹介する作品の中に自分に合ったものがあると思いますので、一度見て頂きたいと思っています。

劇場版などのアニメも多数公開されている

劇場版のアニメは、非常に豪華な演出だったり、劇場版でしか見られないような内容にもなっているため、作品が気になる方なら、一度は見て頂きたい内容となっています。

今まで知らなかった作品でも、面白い作品であれば知るきっかけにもなるでしょうし、それがきっかけで色々と知ってみたいと思える事も非常に魅力的であるかと思います。

たくさんの本数のアニメが公開されているので、好きなジャンルのものであったり、普段見ないようなものを見たりするきっかけにもなるかと思いますので、色々と自分自身の価値観だったり、趣味の幅を広げてみるのも面白いかもしれませんよ。

アニメの映画作品おすすめ10選

それでは、ここからは実際におすすめの作品についてご紹介していきたいと思います。

アニメ作品といえど、それぞれのアニメ作品にみられる特徴は全く違ってきます。

同じジャンルでも映像の感じが全く違う物もありますし、内容も千差万別です。

是非あなたが気になる作品を見て頂ければと思いますので、ご紹介していきましょう。

年齢なども関係なく、幅広い年代の方が楽しく見られる作品ばかりとなっていますので、話題としても話す事が出来ますし、共感していただきやすい内容ともなっていますので、是非参考にしてみてくださいね。

それでは見ていきましょう。

1.となりのトトロ

まずご紹介するのが、となりのトトロです。

こちらの作品は1988年4月16日に公開されたアニメーション映画であり、アニメーション映画のトップともいえるジブリ映画となっています。

スタジオジブリが制作しているアニメーションで、宮崎駿監督の作品となっています。

ジブリ作品といえば、日本人なら誰でも知っている作品ばかりであり、親しみやすい作品なので、若い世代から、大人の世代まで楽しめる作品となっています。

家族で見てもいいですし、恋人と見ても楽しい、そしておひとり様で見ても楽しめる作品なので、是非気楽に見て頂ければと思います。

こちらのとなりのトトロは昭和30年代の日本を舞台にしたファンタジー作品となっており、田舎へ引っ越してきた家族の子どもの姉妹が不思議な生き物との出会いや交流を描いていくストーリーとなっています。

タイトルにも出てきている通り、トトロという不思議な生き物との出会いを描いている作品なのですが、これが非常に面白い内容となっています。

子どもはもちろん、トトロとの交流で楽しめる作品となっていますし、大人がみても、色々と細かい描写などが様々な事を感じさせてくれるような映画内容となっています。

是非今まで見た事がないという方は、是非アニメーション映画の代表作ともいわれるような、大作となっていますので、是非見てみてくださいね。

ジブリといえばこれ!

ジブリといえば、と代表されるような作品となっているのがこちらのとなりのトトロです。

となりのトトリにはたくさんの不思議な生き物が登場しており、ファンタジー要素もたくさん詰まっている作品です。

夢のような事が実際に起きているという事で、非常に見ているこちらも楽しめるような内容となっています。

見ている間は、現実を忘れて、作品の中に入ってしまうような、そんな引き込まれるような映画内容となっています。

ちょっと現実につかれた時に、息抜きで見てみると非常に楽しめるような作品ともなっていますので、そんな時には息抜きで見て頂ければ、楽しいかと思いますよ。

2.千と千尋の神隠し

次にご紹介するのは、千と千尋の神隠しです。

こちらもスタジオジブリが制作しているアニメーション映画であり、こちらは2001年7月20日に初公開となっている作品です。

こちらは宮崎駿監督の作品となっており、こちらも非常に楽しめる作品であり、スタジオジブリの代表作ともなっています。

千尋という少女が引っ越し先へと向かうトンネルの中で、不思議な世界へと入り込んでしまうという作品となっており、不思議な世界で、両親を取り戻すために様々な体験をするという事になっています。

そこで体験する内容が、どれも現実離れしており、見ているものを引き込むような映画内容となっています。

アニメーション映画ですが、見ている内容はしっかりと作りこまれた内容ともなっており、非常に考えさせられるような作品にもなっています。

ジブリの作品は誰でも気軽に見れるような作品でありながら、様々な事を考えさせてくれる作品が多いので、子どもの時に見ている印象と大人になってから見るのとでは全く違うので、非常に面白い作品ばかりです。

是非、子どもの頃に見てからまだ見ていないという方は改めてみていただければと思います。

誰もが知る大ヒット作

こちらの千と千尋の神隠しは非常に大ヒットを飾った映画でもあり、それだけ面白い内容になっているという証明にもなります。

多くの人からの熱い人気で、今でも地上波でも定期的に放送されているような内容ともなっています。

たくさんの方が好きだからこそ、今でも放送して視聴率を稼げるからこそ放送していると考えると、スタジオジブリの根強い人気がうかがえますよね。

内容自体も、ただ奮闘するだけではなく、しっかりとその中でもぐっとくる描写などが存在しており、子どもながらに見ても感情豊かに楽しめる映画内容となっています。

登場人物も、非常に個性豊かなキャラクターばかりが登場しているので、今一度見て頂き楽しんでいただければと思います。

3.君の名は

次にご紹介するのは、君の名はです。

こちらは昨年公開された、新海誠監督の作品となっています。

こちらは2016年8月26日に公開された映画ですが、非常に人気が高い映画であり、今でも作品が上映している所もあるほどです。

アニメーション映画であり、たくさんの著名人からも人気が出ているほどの作品なんです。

君の名はを知らないという方はおそらくほぼほぼいないかと思われますが、7月26日にはDVDでも発売される告知も出ており、気軽に見れるようにもなるのではないでしょうか。

こちらの作品は入れ替わりという現象とコンセプトに制作されており、東京に住んでいる高校生と、田舎に住んでいる女子高生が入れ替わり、様々な体験をしていくという物語となっています。

こちらの作品は、ただ入れ替わっているだけではなく、そこから生まれる二人の関係がどんどん進展していき、最終的にすごい事実にたどりつくという内容となっています。

こちらについては、実際に映画を見て頂き、自分自身の目で感じて頂きたい内容となっています。

昨年の人気作

昨年から今に至るまで、非常に強い人気を持っている作品であり、今までのアニメーション映画とは一線を画す存在となっています。

こちらの作画監督を務めているのが、ジブリ映画などでも活躍している安藤雅司であり、非常に強力なスタッフが作り上げた作品となっています。

若い世代でも、大人の世代でも、誰でも楽しめる作品となっているので、今でもこれほどまでに強い人気を持っているのではないでしょうか。

また、主題歌を歌っているロックバンドのラッドウィンプスの存在も非常に大きく、数種類の曲を挿入歌として演出しています。

こちらの作品は実際に見てみる事で、感じられるものもたくさん存在しているので、少しでも気になるならまずは見て頂く事が大事であるといえるでしょう。

4.アナと雪の女王

次にご紹介するのは、アナと雪の女王です。

こちらの作品は2013年11月19日に公開されている映画であり、監督はクリス・バック・ジェニファー・リーが務めています。

ウォルトディズニーアニメーションスタジオで制作されている映画であり、3Dコンピュータアニメーション映画となっています。

映像作品が3Dなので、綺麗な映像で楽しめる作品であり、3Dだからこそ演出できるような描写などもたくさん存在しているので、非常に楽しめる作品となっています。

ディズニー映画なので、子どもから大人まで楽しめるような内容の映画となっており、非常に楽しめる映画作品となっています。

内容も、子供向けでもありながら、感動できる内容なども存在しており、カップルで見ても楽しめる内容になっているかと思います。

雪の女王という名前の通り、雪と氷の世界を舞台としている映画であり、非常に作品の美麗な感覚が楽しめる映画です。

今でも根強い人気を誇っており、地上波でも放送されたりしているので、気になる方は、一度見てみる事をお勧め致します。

主にミュージカルで誰もが楽しめる

こちらの作品は、ミュージカル調で楽しめる内容となっており、ところどころにミュージカルの演出を取り入れています。

なので、ミュージカルが好きな方には楽しめる内容ともなっているので、音楽が好きな方にはぜひともお勧めの作品となっています。

ダブルヒロインという構図で描かれており、二人の主人公の抱える悩みであったり、苦悩を描いてもいますので、涙する場面も存在するかもしれません。

こちらは非常に人気の作品となっているので、今後の2019年には続編が制作されるという事でも話題になっているので、今のうちに気になる方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

5.サマーウォーズ

次にご紹介するのは、サマーウォーズです。

こちらの作品は、細田守監督作品となっており、アニメーション映画となっています。

これは新しい戦争だというキャッチコピーの映画であり、こちらの作品はなんとあの時をかける少女を制作したスタッフが作成しているアニメーション映画ともなっています。

時をかける少女については後述してご紹介しておりますが、こちらの作品は学生の青春を描きつつ、夏休みを舞台にした非常に内容の濃い映画作品となっています。

あらすじとしては、高校2年生の健二が憧れの先輩である夏希の実家へ行くという事から始まります。

そこから、様々な経験をしていくという事に繋がっていくのですが、これが非日常でありながら、非常に面白い内容となっています。

今は昔と比べて、昔ながらの家族という存在はなかなか薄れてきていますが、昔ながらの家族の団結などを描いているので、当然カップルでも見てもいいですし、家族で見ても心温まる映画作品となっているかと思います。

これから夏を迎えるので、そんな時に見てほしい映画作品となっています。

想像を超える世界観

想像を超える世界観を表しているこちらの作品ですが、普段では考えられないような事が当然のように起こってしまったりします。

だからこそ、非日常であり、非常に楽しめる内容ともなっています。

ただ、そういった世界観も細田守監督の作品の面白い所であり、作りこまれたストーリーや、青春を感じるような描写などが、心の底から楽しい気持ちにさせてくれる映画作品となっています。

もっと人生を楽しみたい、恋愛を楽しみたいと思わせてくれるような映画作品となっていますので、是非気になる方は一度見ていただければと思います。

6.ワンピース映画シリーズ

アニメが好きな方、漫画が好きな方には当然知っている作品といえば、週刊少年ジャンプで掲載されている漫画作品、ワンピースですよね。

漫画を読まないという方も知っているくらいの知名度ですが、こちらの作品も非常に魅力的な映画作品を多数公開しています。

ワンピースといえば、やはり熱い男の世界観だったり、仲間との絆、そして感動、笑いありなど、非常に楽しめる要素満載の映画作品となっています。

バトル漫画という所にはなりますが、女性でも楽しめるような作品内容となっており、女性の読者層も非常に多い作品でもあります。

子どもからの人気も絶大であり、非常にたくさんの方は楽しめますので、子どもから大人まで、是非とも楽しんでいただきたい映画シリーズとなっています。

非常にどれも感動する内容を持っているので、まだ見たことがないという方は一度みてみてください。

現在では13作品ほど公開されているので、どれもおすすめの映画となっていますよ。

普段見られないキャラの服装やエピソード

普段はなかなか見られない、個性的なキャラクターたちの服装やエピソードが映画作品の特徴であり、見どころでもあります。

例えば、麦わら海賊団がスーツ一色になって行動をしたり、アロハシャツなどのリゾート的な格好、そして寒い冬ならではの冬のファッションなど、非常にその季節毎にお洒落な服装をしているのも特徴的です。

また、映画でしか描かれていないキャラクターの過去もたくさん存在しており、原作にも通じている場合もあるので、ワンピースファンの方にはしっかりとすべて見て頂きたい内容となっています。

順番のそれぞれのキャラクターが主役になり、公開されているような形になるので、是非気になる方はみてみてくださいね。

7.クレヨンしんちゃん映画シリーズ

次のご紹介するのは、クレヨンしんちゃん映画シリーズです。

こちらの作品は、クレヨンしんちゃんの公開映画となっており、アニメでも漫画でもおなじみのしんちゃんが活躍する映画となっています。

クレヨンしんちゃんといえば、子どもが見る番組と感じられるかもしれませんが、大人が見ても非常に楽しめますし、感動出来るような内容となっています。

見た目は確かにちょっとまぬけそうですが、それでもしんちゃんの行動力だったり、信念に感動出来るような内容となっています。

クレヨンしんちゃんの映画はアニメ放送などとはまったく別物のような感覚で見る事も出来るので、一度見て頂いて、是非自分自身の目で判断していただければと思います。

大人も笑って泣ける

大人から子どもにわたって見られる映画作品になっているので、家族で見ても非常に面白いかと思います。

これまでに毎年大体ですが、4月に新作が公開され続けており、現在では24作品ほど公開されています。

一度気になるシリーズがあれば、是非まずは見て頂ければと思います。

おなじみのアニメ放送でも活躍しているしんちゃんの同級生だったり、妹のひまわり、そしてお母さんとお父さんであるみさきとひろしが盛大に活躍してくれる映画となっていますので、肩の力を抜いて、笑いたい時には絶対におすすめの映画となっています。

何も考えずに笑いたい時には必須のセレクトとなっているでしょう。

8.時をかける少女

次にご紹介するのは、2006年7月15日に公開された細田守監督の作品、時をかける少女です。

こちらの作品は同盟の小説を原作とし、製作されている映画となっています。

各国の映画祭で賞を受賞するなどの高い評価を受けている作品となっており、映像も非常に親しみやすいアニメーション映画となっています。

また、こちらの作品のストーリーも非常に面白い内容となっているのも人気の理由のひとつであるといえるでしょう。

こちらの作品は高校2年生の主人公が、転校生と同級生の幼馴染の友達と繰り広げる青春を描いた作品となっています。

ひょんな事から、タイムリープの力を手に入れてしまった主人公が、過去に戻って悪戦苦闘するような描写があり、それが非常に面白く、最終的に明らかになる真実と向き合う時、ものすごい感動を味わう事が出来るという内容となっています。

こちらの作品は一度見て頂いた方がしっかりと実感できますし、感動できる内容になっているかと思います。

ストーリーや世界観がつい癖になる

ストーリーが非常に面白いという事もこちらの作品の特徴であり、面白い所です。

過去に戻るという事が、ありがちですが、そこで巻き起こる体験であったり、それを非常に上手に編集しているという所も含めて、何度でも楽しめるような内容となっています。

同じような描写があっても、繰り返しても飽きないように感じられるというのは、非常に作りこまれている編集になっているという事ですよね。

見ているこちらがどきどきするような展開もあり、心温まるような描写などもあるので、楽しく映画を最後まで見る事が出来ます。

是非気になる方は一度ご覧になってみてくださいね。

9.SING

次にご紹介するのは、SINGです。

こちらの作品は2013年12月21日公開されているアメリカの3Dコンピューターアニメーションであり、日本では2017年3月17日の公開されています。

3Dならではの描写もあり、コメディ映画となっているので、非常に楽しく笑えるような作品内容となっています。

動物が主役となっているこちらの映画は、他の映画とちょっと違うような感じがして、新鮮で面白い内容となっています。

過去にも動物が主人公として公開された映画もありますが、それに続くような感覚で見ることができ、非常に面白い内容となっています。

子どもも見られますし、大人でも楽しみながら見ることが出来る内容となっています。

ところどころにギャグ要素を取り入れているので、飽きずに笑いながら最後まで見ることが出来る映画となっています。

20曲以上のコメディ映画

こちらの作品の特徴はタイトルにもなっている通り、音楽にあります。

名前の通り、おん額に非常にこだわっており、海外の有名アーティストが演奏している曲が挿入歌として人気となっています。

スティービーワンダーの曲であったり、アッシュ、きゃりーぱみゅぱみゅのにんじゃりぱんぱんなど、有名アーティストの音楽がとりこまれているので、非常に面白いです。

音楽が新鮮で、楽しみ方が他の映画とまったく異なるので、ずっと楽しさが続き、映画が飽きてしまうという方でも楽しむことが出来ますので、是非音楽好きの方には見て頂きたい内容となっています。

10.どらえもん映画シリーズ

次にご紹介するのは、ドラえもんシリーズです。

ドラえもんは日本国民なら、だれでも知っているアニメですが、ドラえもんのアニメ映画も非常に面白い内容となっています。

子どもがみんな大好きなドラえもんは、冒険を題材にして、のびたが非日常の体験を送っていくという映画内容になっていることが多いかと思います。

そこで起きる様々な事だったり、そこで体験する内容など、どれも魅力的な経験ばかりで、成長していく姿を見ていく事で、面白さや感動がつまった映画となっています。

心から泣けるどれも良い作品

ドラえもんはどれも感動する内容の作品となっています。

1980年より3月の時期に子どもの春休みに合わせて映画が公開されているのですが、どれも子どもから大人まで楽しんでいただけるような内容となっています。

冒険映画が多く、最終的に非常に感動するような内容となっていますので、是非気になるかたは一度見て頂ければと思います。

アニメ映画の良いところ

ここまではアニメ映画のおすすめのタイトルをご紹介していきました。

アニメ映画ってたくさんありますので、ここでご紹介した以外のものでも様々、面白い内容はたくさんあります。

是非自分自身が気になるアニメ映画を見ていただければと思いますが、なぜアニメ映画をそこまでおすすめするの?と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

アニメ映画だからこその魅力があるからだという所になりますが、具体的にどういう部分がおすすめなのかという事についても併せてご紹介していきたいと思います。

是非最後まで見て頂きたいと思いますので、見ていきましょう。

実写では創り出せない世界観

アニメ映画の良い点といえば、やはりなんといってもアニメ映画でしか出せない世界観や描写などがあるという事です。

実写映画となると、確かにリアルという面では勝てないかもしれません。

ただ、アニメ映画でしか作り出せない世界観も存在しており、アニメの中で生きてくる描写などもたくさん存在しています。

実写では作り出せない存在、それがアニメ映画の良いところです。

アニメでも限りなくリアルに近い、またはほぼリアルだと感じられるような描写も行えるほどに今のアニメは進化しているので、是非ストーリーだけではなく、アニメだからこそ描ける描写などにも注目して映画を見て頂ければと思います。

来場者特典や映画館限定で買えるグッズがある

映画だからこそ、得られる特典があるのも魅力的ですよね。

映画館限定や、来場者特典という事で、プレゼントなどのグッズがもらえるのも非常に嬉しい所になります。

特に、子どもはこういうグッズなどがもらえると非常に嬉しいですし、宝物を見つけたように喜んでくれます。

もちろん子ども以外にも、大人でも楽しんでもらえるようなグッズもたくさんありますし、ファンならのどから手が出るほど欲しいというグッズもあります。

そういった特別なものがもらえるというのもアニメ映画ならではの魅力なのではないでしょうか。

見たいジャンルが豊富

もちろん、普通の映画でもたくさんのジャンルが存在していますが、アニメ映画でもたくさんのジャンルが存在しています。

限りなくリアルな映画の場合もあれば、日常では起こりえない事が起こるアニメ映画もたくさんあります。

その中間にあたるような、リアルだけど、ありえないような事が起こるという事も描けるのがアニメ映画の特徴であり、面白さであります。

実写映画では実現できないような事も、アニメ映画なら当然のような起こりますし、アニメの世界なので、非現実を受け入れながら、素直に楽しむ事も出来ますので、非現実を味わいたいという方にも楽しんでいただけるような内容となっています。

アニメ映画はなかなか見た事がないから、何を選べばいいのかわからないという方は、まずは自分自身が好きそうな、受け入れやすいジャンルのものを選んでみると面白いかもしれませんね。

誰もが楽しむことが出来る

アニメ映画は、誰でも受け入れる事が出来る内容となっているのが、非常に嬉しい所です。

例えば、大人が好きそうな映画を見ても、子どもは理解できないですし、楽しさを感じられないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

ただ、子どもでも理解できるような内容でもあり、味方によっては大人になっても見る事が出来るような内容の映画は非常に幅広い年代で楽しむことができるかと思います。

家族でも楽しむことが出来るのがアニメ映画の嬉しい所でもあるので、家族と一緒に楽しい時間を過ごしたいと思うのであれば、アニメ映画を楽しんでいただければと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はアニメ映画についてご紹介していきました。

おすすめのアニメの中で気になっていただけたものはあったでしょうか?
どれも有名な作品で、どれもはずれがないものになっているかと思いますので、純粋に気になっていただいたものを見て頂ければと思います。

何もしない時間を過ごすよりも、有意義で、楽しいと思える時間を過ごしていただく事が人生を楽しむ事にも繋がりますし、何かをする活力にも繋がるかと思います。

映画はたくさんの価値観を与えてくれますし、様々な自分の中に眠っている思いを呼び起こしてくれるような映像作品です。

是非これからの人生、空いた時間を楽しい時間にしてみてくださいね。