あなたは普段から漫画を読んでいますか?

子どもの時には漫画を読んでいたけど、大人になっていくにつれて段々と、見なくなってしまったという方も中には多いのではないでしょうか。

ただ、大人になった今でも見ているという人もたくさんいるでしょうし、子どもから大人まで楽しんで見られる漫画はたくさん存在しています。

漫画を読む事で、漫画といえど感じる事もありますし、読解力なども多少なり身につく事が出来ます。

漫画を読む事で、自然とそういった能力も身に付きますし、何より面白いですよね。

共通の趣味として気が合う事もありますし、コミュニケーションの手段にもなります。

特に日本は漫画やアニメなどは文化として形成されていますので、関心がある方が多いのも事実だといえます。

今回はそんな漫画の中でも、超人気のナルトについてご紹介していきたいと思います
ナルトを見た事がある方も、ない方も是非知っていただきたい内容になっていますので、是非見てみてくださいね。

ナルトとは

今では超人気漫画になったナルト、その存在を知っている人もかなり多いかと思いますが、知らないという方も中にはいらっしゃるでしょう。

ナルトは週刊少年ジャンプで掲載されていた漫画であり、非常に面白い忍者漫画となっています。

今ではたくさんの漫画が出ていますし、非常に面白い作品もたくさん存在するので、何を読んだらいいかわからない状態の場合も多いかと思います。

なので、まずはナルトの魅力についてたっぷりとご紹介していきたいと思います。

気になる方はまずはナルトの内容についてしっかりと理解していただければ、楽しんでいただけるかと思いますので、是非みてみてくださいね。

岸本斉史作の日本漫画

ナルトは、岸本斉史の作の漫画となっています。

ジャンルとしては、バトルアクション漫画の立ち位置になっており、激しいアクションを行ったりはもちろん、それ以外にも特殊な術を使ったりするバトルなど、非常に作りこまれたバトルアクション漫画となっています。

バトルのシーンも非常に面白いですし、不可思議な術を使うので、非常に非現実的な部分も楽しめますし、体術などバトルアクションさながらの楽しみもあるので、たくさん楽しむことが出来るような漫画作品となっています。

キャラクターも非常に濃いキャラばかりですし、特徴的なキャラクターも多いので漫画を様々な部分まで楽しむ事が出来る内容となっています。

1999年から2014年ジャンプ連載

週刊少年ジャンプに掲載されており、こちらは1999年から2014年まで週刊少年ジャンプに掲載されていました。

非常に長い年月ジャンプに掲載されていたという事で、非常に実績のある面白い漫画作品であるという証明にもなるでしょう。

週刊少年ジャンプといえば、漫画雑誌においても非常に人気のある雑誌です。

その中において、これだけの年数を連載できたという事は、それだけ需要が高い作品であるという事にもなりますよね。

週刊少年ジャンプを購入していた方も、ナルトの為に買っていたという方もかなり多いのではないでしょうか。

それくらい人気の作品なんだという事を是非理解していただきたいと思います。

忍びの世界でのバトルアクション漫画

先ほどもお伝えした通りですが、こちらの漫画はバトルアクション漫画となってます。

元々舞台が忍者の世界を舞台にしている事から、忍びのさながらの体術であったり、忍びの道具である手裏剣やクナイなどを使った戦闘が非常に面白いんです。

また、忍者といえば、術ですよね。

この不可思議な特殊な術を使った戦闘なども非常に面白く、物語が進むにつれて、術の幅も広がり、非常に設定なども面白いので、是非一度まずは見て頂きたい内容となっています。

こちらの作品は合間合間にギャグなども挟んでくれるので、そういったお笑い要素なども楽しみながら読むことができるので、非常におすすめの作品です。

とはいえ、バトルアクション漫画なので、しっかりとした戦闘描写のある漫画が好きだという方にも非常におすすめなので、好きな方はきっとすぐにはまってしまうかと思いますよ♪

友情や家族との絆などが中心のストーリー

こちらの作品はなんといっても、バトルアクション以外にも見て頂きたい要素が詰まっている作品になっています。

その要素はというと、友情や家族との絆を感じて頂きたい作品となっています。

主人公であるナルトは、もともと父親と母親がいない家庭で育っていました。

なので、当然ながら周りが父親や母親など、家族との暖かい時間を過ごしているにも関わらず、自分だけはそんな時間がなかった状態です。

なので、周りがうらやましいですし、何よりひょんな事から、周りからは化け物扱いされており、なかなか周囲に溶け込めない幼少時代を過ごしていました。

だからこそ、家族の絆に人一倍飢えており、孤独な人生を歩んでいました。

ただ、成長していくにつれて、様々な出会いや経験を重ねて、人間としても成長していくナルトの姿は非常に見ているこちらも嬉しい内容となっています。

そういった主人公の成長してく姿はこちらにも勇気を与えてくれるので、そういった意味では漫画の内容は非常に濃く、違う視点から物事を楽しめる作品となっています。

バトルアクション漫画だけではない楽しさが詰まっている作品になるので、是非気になる方は一度みてみてはいかがでしょうか?

世界中で絶大な人気

ナルトはその非常に面白い内容から、非常に人気がありますが、それは国内にとどまりません。

なんと海外でも非常に人気の作品となっているのです。

海外では、日本の文化などが色濃く受け継がれているものは人気であり、漫画作品も非常にレベルが高いという事で人気を誇っています。

そして、こちらの作品は漫画自体も面白いですし、その舞台となっているのが忍者の世界という事も関連して、非常に関心が高いといえるでしょう。

忍者などの存在は海外においても非常に人気があり、忍者スクールなども展開されているほどの人気ぶりなんだとか。

そういった背景もあり、ナルトは受け入れやすく、ストーリーも面白いので、人気が出て当然ですよね。

アニメ放送に関していえば、なんと世界80か国でも放送されているんだとか。

また、ライセンス商品は90か国でも販売されているほどの人気ぶりなので、もう驚きの一言ですよね。

世界でも通用する、むしろ世界を代表する漫画作品と言っても過言ではないでしょう。

そんな人気の漫画作品、まだ読んだことがない人は損をしているといっても過言ではないので、是非みてみてくださいね。

全世界での累計発行部数は2億部にも達する

先ほどお伝えした通り、世界でも非常に活躍している漫画作品のナルトですが、なんと世界での累計発行部数が2億にもなっているという事が判明しています。

国内累計発行部数は1億4000万部となっており、自国、海外でも非常に実績のある数字を残しています。

アメリカや欧州などでも非常に高い人気を誇っており、アメリカでは900万部、欧州では1900万部を売り上げています。

また、展開作品としてテレビゲームなどでも発売されており、こちらは世界累計1000万部を記録しているとも言われています。

非常に人気の高い漫画だからこそこのように展開されて多くの方に愛されている作品になるのでしょうね。

是非気になる方は一度見て頂き、ナルトの面白さに触れてみてはいかがでしょうか?

ナルト主題歌20選

ナルトの面白さ、そしてどれだけ世界で愛されているかという事がご理解いただけましたでしょうか?
さて、今回はそんな人気の漫画作品ナルトにおいて、主題歌として放送されている人気の曲をご紹介していきたいと思います。

非常にたくさんのアーティストが歌っており、どれも人気の主題歌となっています。

アニメ作品は関心が高いという事もあったり、アーティスト自身が原作が大好きだという方が多いので、そういった中で有名な方がそのまま曲を歌ったりする事も多いようです。

ナルトを知らないという方でも、アーティストが好きな方だと聞いた事がある曲も多いかと思います。

是非今回、アニメの主題歌だったという事を知らなかった方は、一度アニメであるナルトも見て頂ければ、きっと曲もアニメも楽しんでいただけるのではないでしょうか。

それではご紹介していきましょう。

1.R★O★C★K★S HOUND DOG

まずご紹介するのが、R★O★C★K★Sです。

こちらの主題歌がHOUND DOGが歌っており、大友康平さんの渋い声が雰囲気を醸し出しています。

名前の通り、ロックな感じ漂う曲となっており、非常に魅力的な音楽となっています。

渋い感じが好きな方、そして何より大友康平さんの声が好きな方には一度聞いていただきたい曲となっています。

ワイルドな感じもそうですし、アニメっぽくないこのロックな感じが逆に良い感じになっているので、一度気になる方は聞いてみてくださいね。

きっと気に入ってしまうと思いますよ。

2.遥か彼方 ASIAN KUNG-FU GENERATION

次にご紹介するのは、遥か彼方です。

こちらはASIAN KUNG-FU GENERATIONが歌っている作品であり、非常に有名なアーティストですよね。

こちらの楽曲は、疾走感あふれる感じがいいんですよねぇ~。

ロックバンドらしい、ロックな雰囲気あふれる楽曲ともなっており、バンド自体がナルトとともに成長してきたんじゃいかというくらい、似ているような環境になっており、ナルトと同時期にメジャーデビューしたりなどの背景があります。

非常に忙しい時期にオファーがきたという事ですが、断らずに、むしろこの曲は寝る間も惜しんで書き上げたいという思いがあり、仕事を受けたとも語っていらっしゃいます。

是非ファンの方は、原作を読んでいただきたいと思いますし、ナルトファンの方はASIAN KUNG-FU GENERATIONの楽曲も様々聞いてみてはいかがでしょうか?

3.GO!!! FLOW

次にご紹介するのは、GO!!!です。

こちらはFLOWが歌っている楽曲であり、非常に疾走感あふれる局長となっています。

まさに名前の通りですよね。

こちらの曲は非常に有名で、けっこうカラオケなどでも歌われている事が多いのではないでしょうか。

カラオケなのでも非常に謳いやすく、また、盛り上がる事が間違いなしなので、ノリノリの場では是非歌ってほしい曲になっています。

みんなで歌う事も出来ますし、一人で歌うにしても非常に歌いやすいので、是非ためしてみてがいかがでしょうか?
一度聞いてしまったら、ついつい口ずさんでしまうほど、はまってしまうかもしれませんよ♪

4.青春狂騒曲 サンボマスター

次にご紹介するのは、青春狂騒曲です。

こちらはサンボマスターが歌っている曲になります。

サンボマスターは3人組のパンクロックバンドになり、テレビ出演などもしている有名アーティストになります。

シャウトを多用するストレートなパンクロックが非常に売りであり、ソウルやファンクなどの影響もあり、なおかつブルースやポップスなども感じさせてくれるという非常に多様的な印象を持てるアーティストになっています。

非常に面白いのは、熱い方だなとわかるエピソードになるのですが、熱い思いが強すぎて
歌詞そっちのけで自分自身の思いを届けようとするので、語り続けてしまう事もあるといわれるほど、熱い方です。

だからこそ、面白いですし、彼らのファンになってしまうのでしょうね。

一度気になる方は音楽を聴いていただければ、きっと魅力を実感していただけるかと思いますよ。

5.Re:member FLOW

次にご紹介するのはRe:memberです。

こちらは先ほどご紹介したFLOWが歌っている曲になります。

1998年に結成された5人組のロックバンドですが、先ほどご紹介した通り、疾走感あふれる楽曲が非常に多くなっており、聞いているこちらもノリノリで聞く事が出来ます。

なので、自然とカラオケなどでも聞きやすい、うたいやすいのりの曲となっているので、是非気になる方は一度きいてみてはいかがでしょうか?

これはちょっとしたエピソードですが、なんと毎年リーダーを変えているという面白いバンドになっています。

今年は君、来年はあなたね、と毎年変えているのは占い芸人であるゲッターズ飯田さんの助言によるものだとか。

そういった事もバンドが好きな方にとっては、非常に気になる情報であるのではないでしょうか。

楽曲も非常に魅力的なので、気になる方は一度みていただければと思います。

6.ユラユラ Hearts Grow

次にご紹介するのは、ユラユラです。

 
こちらはHearts Growが歌っている楽曲になっています。

こちらのバンドは、もともと沖縄県本部町出身のバンドとなっており、女性ボーカルの歌声なので、非常にきれいな声で聴きやすい事が特徴となっています。

2006年にメジャーデビューしており、沖縄でそれまでは路上ライブやライブハウスでの活動をしていたそうです。

2009年には解散をしており、非常に残念ではありますが、今でもYOUTUBEなどでもその歌声は聞く事が出来ます。

今回の楽曲も、非常にきれいな歌声で歌い上げている曲になりますので、気持ちを落ち着かせたい時には聞きたい曲になっています。

是非気になる人は一度まずは聞いてみてはいかがでしょうか。

7.「Hero’s Come Back!!」nobodyknows+

次にご紹介するのは、「Hero’s Come Back!!」です。

こちらはnobodyknows+が歌っている曲になります。

こちらは1999年に結成されたヒップホップグループであり、こちらの楽曲もラップがきいた曲となっており、疾走感あふれるノリノリな曲となっています。

ヒップホップが好きな方には絶対に気に入っていただける作品となっています。

2002年にメジャーデビューしているグループであり、4MCに1DJという形式を取っているグループなので、かわるがわる歌声が変わっていくのもこちらの作品の面白い所になるのではないでしょうか。

是非気になった方は一度聞いてみてはいかがでしょうか、きっとヒップホップが好きになるかと思いますよ。

8.ブルーバード いきものがかり

次にご紹介するのはブルーバードです。

こちらはいきものがかりが歌っている曲になり、いきものがかりは3人組グループです。

こちらのバンドは非常に人気のグループなので、説明する必要がないくらいだとは思いますが、女性ボーカルの優しい歌声が非常に魅力的なバンドになります。

女性ならではの綺麗な歌声でありながら、パワフルな所はパワフルに歌い上げる曲が多いので、ノリノリで歌声を聞く事が出来ます。

こちらのバンドの面白い所は、エピソードにあり、もともとバンド名が結成した際の共通点として係活動が生き物に餌をあげるという事があり、それがきっかけでいきものがかりという名前に至ったそうです。

非常に人気なバンドで、紅白にも出演しているくらいの人気ぶりを誇っているバンドになります。

好きな方も多いかと思いますが、まだ聞いた事がないという方は一度聞いていただきたい作品になりますので、同様にナルトを見た事がないという方は是非一度見て頂けたらと思います。

9.今まで何度も ザ・マスミサイル

次にご紹介するのは今まで何度もです。

こちらの作品はザ・マスミサイルが歌い上げている曲になり、こちらのバンドは2000年にデビューした青春パンクバンドです。

こちらのバンドはけっこう人が入れ替わっているのですが、今では5人組ロックバンドとして活動しています。

青春ロックバンドなので、聞いていると、なんだか青春を感じさせてくれるような、青春時代に戻ったかのような懐かしい感じを与えてくれる楽曲が多いのも特徴的です。

懐かしい、聞きざわりの良い曲を感じさせてくれるので、何度でも聞きたくなるような声質もこちらのバンドの魅力になるのかもしれませんね。

まだ聞いた事がないという方は一度聞いていただき、是非良さを知っていただければと思います。

10.流れ星~Shooting Star HOME MADE 家族

次にご紹介するのは流れ星~Shooting Starです。

こちらはHOME MADE 家族が歌っている曲になります。

こちらのバンドは二人のMCに一人のDJという形式をとっているグループになります。

ヒップホップグループであり、ノリノリな曲も多いです。

また、特徴的なのが、身長が大中小と別れており、ボーカルのMICROは身長からきているという事も。

それぞれの身長は、153センチのMICRO、そして178センチのKURO,190センチのU-ICHIで構成されています。

愛知県名古屋市を中心に活動しているバンドになります。

このバンドの特徴としては、MICROとKUROがなんと帰国子女という事もあり、ヒップホップの本場で染まっているという事もあったので意気投合したそうです。

だからこそ、こちらのバンドのヒップホップは本格的であり、本場思考であるという事も特徴的であり魅力に繋がるのかもしれません。

是非本当にヒップホップを聞きたいという方にはお勧めの曲となっていますので、聞いてみてくださいね。

11.For You AZU

次にご紹介するのはFor Youです。

こちらの曲はAZUが歌っている曲になり、ジャンルとしてはR&B、ジェイポップ、ヒップホップというジャンルになります。

三重県出身の彼女は、もともと16歳でクラブデビューを果たしているという、非常に活発な女性だといえるでしょう。

綺麗な歌声でありながら、ノリの良いヒップホップ超の歌声がなんだか青山テルマを彷彿させるような感じがします。

綺麗な女性の歌声そして、ヒップホップが好きな方には一度聞いていただきたい曲になりますので、是非聞いてみてくださいね。

12.うたかた花火 supercell

次にご紹介するのはうたかた花火です。

こちらの曲はsupercellが歌っている曲になります。

こちらは非常に面白いのが、イラストレーターやデザイナーが集まったクリエイター集団という事です。

なんと、ボーカルがいないという事が非常に驚きのグループになるのです。

では、声はどうしているの?という事になりますが、これは音声合成ソフトをボーカルとして使用されているのです。

なので、変幻自在のボイスという事になりますが、新しいグループになると思いませんか?
ボーカルがいなくても音楽アーティストとして活動できる、非常に画期的なアイデアになっているかと思います。

もともと知り合いにボーカルがいなかったという理由で、それなら音声合成ソフトでもいいんじゃという事になったそうです。

気になる方は一度歌声を確認してみてください。

本当に存在している風にしか思えないくらいのレベルになっているかと思いますよ。

13.透明だった世界 秦基博

次にご紹介するのは透明だった世界です。

こちらは秦基博が歌っている曲になります。

綺麗な透き通るような歌声が特徴な秦基博ですが、力強い所は力強く、非常に魅力的なアーティストです。

また、疾走感あふれるこちらのナンバーは、何度でも聞きたくなるような曲となっています。

一度聞いてみると、はまってしまう事間違いなしの曲であり、きっと彼のファンになってしまう事確実であるといえるでしょう。

バラードなどでも定評がある彼の歌声ですが、疾走感あふれるこちらの曲はまた違って魅力的でもあります。

ライブハウス出身の実力派アーティストの彼の歌声を是非きいてみてくださいね。

14.突撃ロック ザ・クロマニヨンズ

次にご紹介するのは突撃ロックです。

こちらはザ・クロマニヨンズが歌っている曲になります。

こちらは甲本ヒロトを中心としたメンバーで結成されているロックバンドであり、2006年に結成されたバンドです。

名前の通りロック調の曲となっており、古き良きロック魂が残っているバンドになります。

元々甲本ヒロトが知られている通り、ブルーハーツというバンド名で活躍していましたが、この時から名曲をたくさん出しているほどの実力バンドだといえるでしょう。

ノリノリの曲が多く、非常に魅力的なバンドなので、是非もともと好きな方も多いでしょうが、初めて聞くという方でも、聞いていただきたい内容ばかりとなっていますので、是非彼らの音楽を知ってみてはいかがでしょうか?

15.夢を抱いて~はじまりのクリスロード~ Rake

次にご紹介するのは夢を抱いて~はじまりのクリスロード~です。

こちらはRakeが歌っている曲になります。

こちらはシンガーソングライターであるレイクが歌っているのですが、ギターベースの非常に綺麗で厚みのある声が映えるような音楽になっています。

元々音楽を初めてきっかけがクラシックギターを触った事がきっかけであったという事から、ギターベースの曲が多いのではないでしょうか。

ハードロックバンドを結成していた過去もあり、パワフルな歌声も魅力的であります。

デビュー前に作った曲がなんと100曲以上もあるという非常に努力な彼の人間性も魅力的なひとつになるのではないでしょうか。

16.月の大きさ 乃木坂46

次にご紹介するのは月の大きさです。

こちらは乃木坂46が歌っている楽曲になります。

こちらのグループは、女性アイドルグループであり、秋元康プロデュースのグループになります。

2011年に誕生したグループであり、AKB48が元々の親グループになるのかもしれません。

非常に女性らしさあふれる綺麗な歌声が特徴的な彼女たちですが、もともとアイドルという事もあり、個性あふれる魅力的な人間性を持った方が多いのも特徴的です。

歌声ももちろんですが、彼女たちのファンになればなるほど、だんだんともっと知りたくなるような気持ちになる事間違いなしです。

3万8934人の中から選ばれた36名で結成されているので、やはり選ばれた彼女たちは何か持っているという事になります。

是非彼女たちを知っていくにつれて、余りある魅力に引き込まれてみてはいかがでしょうか?

17.紅蓮 DOES

次にご紹介するのは紅蓮です。

こちらはDOESが歌っている楽曲になります。

2000年に結成されたスリーピースバンドとなっています。

ロックバンドであり、声質も非常にロックな感じになっているので、疾走感あふれる曲が非常に魅力的に感じます。

ロックバンドさながらの魅力的な曲調が一気に聞いたものを引き込ませるような魅力を与えてくれます。

ついつい口ずさんでしまったり、リズムを刻んでしまいたくなるような内容になっているので、一度まずは聞いてみてください。

たくさんの楽曲をリリースしているので、一度気に入っていただけたらほかの曲も一緒にきいてみてはいかがでしょうか?

18.キミモノガタリ little by little

次にご紹介するのはキミモノガタリです。

こちらはlittle by little歌っている曲になります。

こちらは女性ボーカルのバンドとなっており、名前の由来はイギリスのバンドであるオアシスの楽曲名から取られたという事になっています。

女性ならではのキーの高い声質となっており、女性の柔らかい声が好きな方には非常に魅力的に感じていただける作品になっているかと思います。

たくさんのシングルやアルバムなども販売しているので、一度聞いていただき、気になった方は購入して聞いてみてはいかがでしょうか。

19.流星 TiA

次にご紹介するのは流星です。

こちらは、TiAが歌っている曲になります。

埼玉県出身の彼女が歌うナンバーですが、女性の柔らかい歌声でありながら、キレのある歌声が非常に聞き心地が良い曲調となっています。

非常に高い声も出せるので、キーの高い曲が好きな方には気に入っていただける内容になるかと思います。

曲調もノリが良い感じになっているので、気分を上げたい時だったり、休日など、楽しい気分になりたい時には是非聞いていただきたい内容になっています。

是非一度聞いた事がない方はきいてみてくださいね。

20.ハルモニア RYTHEM

次にご紹介するのはハルモニアです。

こちらはRYTHEMが歌っている曲になります。

女性ボーカルのキーの高い曲となっていますが、非常に聞きざわりが良いので、ついつい聞きたくなってしまうような曲調になっています。

幼いころからエレクトーンなどの楽器を扱っており、宇多田ヒカルにあこがれてるという彼女。

こちらの曲がデビュー曲となっており、それからシンガーソングライターとして活動していく事になるのですが、デビュー曲であるこちらの曲は聞いているだけでなんだか幸せになれるような、そんな明るい気分にさせてくれるような曲になっています。

是非気になる方は一度聞いていただき、彼女の作品を知っていただければ、魅力的に感じていただけるかと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はナルトの主題歌をまとめてご紹介していきました。

ナルト自体が非常に人気作品なので、楽曲を聞いてみると、どこかで聞いた事があるような、と思ってしまう曲が多いかと思います。

初めて聞くという曲も中にはあるでしょうが、実際に聞いてみると、非常に引き込まれる作品がたくさんあるかと思います。

ナルトを見る事で、こういった魅力的なアーティストに出会える事もありますし、アーティストを知る事で、ナルトのように魅力的な漫画作品に出会う事もあるかと思います。

是非、知っていただき、実際に体験してみる事で、初めて魅力を感じていただけるかと思いますので、こういった出会いを大切にしてみてはいかがでしょうか。

きっかけも大切ですが、大事なのは知っていく事が大事だと思いますので、是非色々気になる場面があればとことん好きになってみてくださいね。