今やラインは、コミュニケーションの必須アイテムですよね。

いまどきは恋愛の駆け引きもライン!

ラインは気軽に交換しやすくて、好きな人との連絡先の交換も、そうハードルが高くないはず。

でもその反面、連絡先が交換できたからと言って、相手が自分に好意を持ってくれているとは限らず、この段階では、相手の気持ちは全くわかりません。

ラインの中身で、脈ありか、脈なしかを判断するのですが…

気軽なやり取りができるぶん、その判断にも頭を悩ませるものですよね。

そこでこの記事では、脈ありなラインに見られる好意サインを、男性9個+女性8個+男女10個の、合計27個紹介していきます!

それではまずは女性がラインで送る好意サインです!

女性が送るラインに隠れた、脈ありな好意サイン

アラフォーの私でも、恋する気持ちは昔も今も変わりません。

たまには駆け引きすることもあるし、好きな相手にはアピールもします。

好きな相手であれば、案外女性はわかりやすいラインをするはずです。

気持ちがわかりやすく伝わるような内容で、相手が自分の気持ちに気付くように仕向けています。

一方で、全く好きでもない相手とのラインであれば、勘違いされるような内容は、送らないように気を付けるもの。

好きな女性からのラインであれば、返信がくるだけで舞い上がってしまうかもしれませんし、自分の都合のいいように捉えてしまうかもしれません。

でも、冷静に見れば、好きな人へのラインと、そうではない人へのラインでは、明らかに違うのです。

1.既読・返信が早い

自分の送ったラインをすぐに見てくれたり、返信が早ければ「脈あり?」と思いがち。

でも、この既読・返信のスピードで判断するのは危険です。

もちろん、好きな相手からのラインは嬉しくて「すぐに読みたい」と思うし、「すぐに返信したい」とも思います。

でも一方で、よくスマホを見ている女性なら、何も考えずにさくっと返信している場合もあります。

コミュニケーションの重要性をわかっている女性にとって、「来た連絡にはきちんと返事を返す」ことが礼儀だとわきまえています。

そこに気持ちがあるかどうかは関係ありません。

“タスクをこなす”程度の感覚でいる場合もあるのです。

私の場合、仕事のやり取りを頻繁にスマホで行っており、スマホをよくチェックしています。

そのため、仕事のやり取りの途中でプライベートなラインがきたら、すぐに気づきます。

で、後にすると忘れてしまうので、その場でさくっと返信を済ませてしまいます。

女性の場合、この程度の感覚で返信を行うことももあるということ。

スピード感よりは、ちゃんと“内容のある返信”をくれるかどうかがポイントです。

2.相手の名前が頻繁に出てくる

何気ない会話の中で、あなたの名前が相手の女性から頻繁に出てくるなら、脈ありと言えるかも♡
これは、あなたを意識している証拠だからです。

会話の中で、相手の名前を使うシーンを想像してみてください。

相手の印象を伝える時や、問いかけの時ですよね?
「〇〇くんって…だよね♡」とか、「〇〇くんは…なの?」など、相手を意識しているからこそ出てくる言葉です。

また、相手のことを知りたくて何かと質問したい時にも、自然と名前は出てきます。

無意識に使ってしまうのか、意識的に使っているのかはわかりませんが、相手に興味を持っていることは確かです。

興味のない相手なら、質問もしてこないはずです。

3.何気ない会話をしてくる

何気ない会話をラインでしてくる場合…それが、恋愛感情かどうかは判断が難しいところです。

女性は会話が大好き!仲の良い友人と、くだらない会話もラインでしたりするのです。

ですので、気の許せる“仲の良い友人”と思われている可能性もあります。

ただ、友人でも嫌いな相手と何気ない会話をすることはないので、友人としてでも好かれているのは確か。

気になっている女性と、何気ない会話が出来ているのなら、その後のあなた次第で、恋愛対象になっていくことは出来るかもしれません。

私としては、友達であってもラインで何気ない会話のやり取りを行う方ではないので、私が男性に何気ない会話のラインを送る場合は、好きな人だからこそなのですが…人によるということです。

相手の女性が、普段どんな風にラインを使っているかをリサーチすれば、脈ありか脈なしか判断出来るかもしれません。

4.かわいいスタンプを使う

相手の女性が可愛いスタンプを使ってくる場合、脈ありの可能性があるかもしれません。

あくまでも“可能性”ですが…。

可愛いスタンプを使うというのは、相手のうける印象を気にするからです。

スタンプは、自分の分身のような存在。

そこには「可愛いと思われたい!」という、女性の気持ちが表れています。

一方で、女性は誰に対してでも“自分を可愛く見せたい”という願望を持っています。

そのため、女友達同士でも、可愛いスタンプを送り合ったりするのです。

なので可愛いスタンプだけで、脈あり!と判断するのは、ちょっと危険。

ただ、可愛いスタンプ“だけ”を送ってくるのなら、期待していいのかも!?
友人同士なら、可愛いスタンプ以外にも、おもしろスタンプなど、ちょっとふざけたスタンプも送るもの。

トータル的にどんなスタンプが使われているのかで、相手の女性の気持ちがわかってくるかもしれません♡

5.何かあったら報告してくる

何かあったら報告してくるのも、脈ありの可能性有りです。

これは、何気ない会話よりも脈ありと言えるかもしれません。

報告をしてくるというのは、“自分を知って欲しい”という気持ちの表れです。

自分の状況や、嬉しかったこと、悲しかったこと…それを報告することで、自分の存在を相手にアピールしているのです。

また、嬉しいことは好きな人とも共有したいと思うものですし、悲しいことなら、好きな人に慰めて欲しい。

それに、何かある度にあなたが頭に浮かぶということは、相手の女性の中に、常にあなたの存在があるということです。

どうでもいい相手には、いちいち自分のことを報告したいと思いませんし、共有したいとも思いません。

自分の状況や気持ちを報告することで、自分を知って欲しいのと同時に、相手からどんな反応が返ってくるのか…それにより、相手の女性も、自分があなたにとって“脈ありかどうか”を判断しようとしているのかもしれません♡

6.デートした後感想を送ってくる

デートした後に感想が送られてくるのなら、それは良い感想ですよね?
わざわざ文句を送ってくる女性はそう居ないと思いますし、悪い内容のラインなら脈なしが明らか。

デート後に「楽しかったよ」とか、嬉しい感想を送ってきてくれるのは、相手を喜ばせたいと思っている証拠です。

また、女性はデートの後も、楽しかったり嬉しかったりしたら、いつまでもその余韻に浸っていたい生き物。

デート後のラインは、その余韻に浸っているからこそ送るもの。

自分の気持ちを伝え、その上で“次”を期待しているのかもしれません。

「楽しかったよ」の言葉と一緒に、「また行きたいな♡」なんて言葉も送られてきていれば、脈ありサインとみて間違いないでしょう。

7.予定を聞いてくる

相手があなたの予定を聞いてくるのなら、これは脈ありの可能性大です。

あなたの予定を知りたいということは、あなたのことを知りたいのと同時に、会ったり、デートしたり出来るかどうかを探っているのだと思います。

会いたい目的以外に、予定を聞くことはあまり無いですよね?
「〇日ヒマ?」とか「〇日何してる?」と聞く場合、たいていは会いたいからです。

この言葉って、ちょっと遠回しで、私は女性ですけどこの質問が苦手…
「会いたいんだけど〇日暇?」とか聞いてくれたほうが、よっぽどわかりやすいですよね。

でもこれって、断れるのが怖いからです。

“会いたい”気持ちを伝えたうえで、断られると傷ついちゃうからなんです。

空いていることを確認したうえで、「じゃあ会わない?」とか、「〇〇に一緒に行かない?」と誘いたいのです。

なので、先に予定を聞く。

そしてその目的は会うこと。

つまり、脈ありの可能性大!ということです♡

8.たまに返信を遅めに返す

既読や、返信が早いか遅いかの際にもお話しましたが、この返信の速さで脈ありかどうかを判断するのは非常に難しい。

ただ、好きな相手には「ガツガツしていると思われたくない!」との思いから、わざと返信を遅らせる場合があるんです。

この気持ち、私もよくわかります。

「待たれてた」って思われるのも嫌だなとか、「こいつ暇なの?」って思われるんじゃないかとか、好きな相手のラインともなると、いろいろと考えてしまします。

実際は好きな人からのラインは待っているし、嬉しいのですが…そっけないフリをしてみたりしたくなる。

これが、女性の恋愛の駆け引きでもあるんです。

ただ、既読スルーは絶対にしないし、待たせすぎることもしません。