夏に向けてダイエットを始めたい、という方は多いのではないでしょうか?

引き締まった身体で夏場の薄着の季節も、堂々と歩きたいですよね~。

そんな方はエアロビクスを始めてみるのはどうでしょうか?

エアロビクスというと、けっこう激しい運動のような感じがしますが、一人ではなかなか続けられなくても、スタジオなどに行けば、先生と仲間と一緒に楽しく続けられることでしょう。

そこで、今回はエアロビクスに関心のある方のために、エアロビクスの魅力や効果、そしてその歴史などもご紹介していきます。

そして、どこで習うことができるのかおすすめのスタジオなどもご紹介しますよ♪

エアロビクスの魅力とは

ダイエットをしたいとか、もっと引き締まった体を手に入れたい、もっと体力をつけたいという方にとって、エアロビクスはとても効果的な運動です。

ダイエットをしたいと思っても食事制限だけではなかなか効果がでなかったり、体力が落ちてしまうことが心配になってしまうこともありますよね。

でも、適度な運動を取り入れれば、健康的に痩せられるし、スタミナアップもできます。

ただ、運動って面倒で楽しくないから全然続かない・・・という方もいることでしょう。

一人でジョギングをするとか、ウォーキングをするとか決意しても、めんどくさくなるとすぐにやめてしまって効果が出る前に挫折してしまうかもしれません。

そんな方はエアロビクスがいいですよ!
エアロビクスとは、リズムに合わせてダンスをしながら体を動かすことができる有酸素運動です。

先生と一緒に身体を動かすから、楽しいし続けやすいですね。

社会人になると、普段の生活で踊るなんてことはあまりなくなりますよね。

でも、音楽にノリながら体を動かすってすごく楽しいんです!

昔はクラブやディスコなどで思いっきり踊っていた方なら、その楽しさを知っているでしょう。

それを、ダイエットに生かせるのです。

さらに、ダンスなんてしたことがないという人も、エアロビクスでは自分に合わせたクラスに入ることができるので、無理なく、そして楽しく体を動かせます。

アップテンポのリズムに合わせて、踊ったり普段使わない筋肉を使うことでストレス発散になりますよ!

1. エアロビクスってどんなスポーツ?


昔からエアロビクスって、けっこう人気でしたよね。

イメージとしてはもしかしたらキャッツアイみたいな衣装を着て、みんなでハイテンションで踊っている感じでしょうか?

そんなのは私にはちょっと恥ずかしくて無理・・・という人も安心してください。

普通にTシャツとジャージで大丈夫です。

それも、初心者でも楽しめ、体力に自信がないという人や、ダンスなんてしたことがないという人も楽しめまし、そんなハイテンションにならなくてもいいんですよ。

自然に楽しく体が動いてきて、エアロビクスが好きになったら、もう少しレベルの上がったクラスに入ればいいだけです。

「エアロビクス(aerobics)」という言葉は、英語で「有酸素」を意味しています。

それで、「エアロビクス・エクササイズ(aerobic exercise)」というのが、有酸素運動という意味なんです。

その運動のことを単に「エアロビクス」と呼んでいますが、では、エアロビクスってどのような運動をするのでしょうか?

1. 音楽に合わせて身体を動かす

エアロビクスは基本的に、音楽に合わせていろいろなステップを踏んで体を動かします。

一般的には1,2名のインストラクターがいて、インストラクターの指示に従ってすく数名の生徒さんがたちが運動します。

このグループをクラスといっています。

まずは、体温と心拍数を上げるためのウォーミングアップから始まります。

10~15分くらいかけて、体を軽く動かしたり、ストレッチを行ったりして、強度の高い運動ができるように体を慣らします。

その次に、音楽に合わせて運動強度の高いダンスをしますが、これがメインパートとなります。

クラスによっては、そこから筋力トレーニングも行うことがあります。

そして、最後にクーリングダウンとして静的ストレッチを行います。

常に音楽に合わせてノリノリで運動するので楽しいし、時間も意外とあっという間です。

2. 有酸素運動


エアロビクスは、その名の通り有酸素運動です。

日本でエアロビクスと聞くと、踊っているイメージが強いですが、もともとは有酸素運動の先駆けとなったケネス・H・クーパー博士が考案した運動プログラムなんです。

有酸素運動とは、ある程度長い間継続して行うことのできる軽度または中程度の運動のことで、体の中に酸素を取り入れながら行います。

ジョギングやウォーキング、水泳やサイクリングなどもその中に含まれています。

それに対して、無酸素運動というものもありますが、それは酸素を消費しない方法で筋収縮のエネルギーを発生させる運動を指しているようです。

つまり、長距離走は有酸素運動、短距離走は無酸素運動です。

有酸素運動は、長時間できる運動ということなので、あまり最近運動をしていないという方でも、体に負担をかけすぎずに行うことができます。

有酸素運動は、体内の糖質や脂肪が酸素とともに消費されます。

それで、ダイエットに効果的な運動です。

「脂肪を減らす運動」とまでいわれています。

有酸素運動は、全身持久力を高めることができる運動とされています。

それで、定期的に有酸素運動をすることによって、スタミナを向上させることができるので、最近体力が落ちてしまったと思っている人も挑戦するとよいのではないでしょうか。

3. 振付が毎回違う

エアロビクスのダンスは、振付(コリオ)がいろいろとあって、毎回違うので、飽きずに楽しむことができます。

基本的なステップからなっているのですが、そのステップがいろいろと合わさっていたり、リズムの変化を入れてみたり、方向が変わったりして、いろいろとアレンジできます。

コリオは、ステップの組み合わせ、リズム変化、腕の動き、さらに体の向きを変えて無限大に変わるので、その日その日によって変わります。

インストラクターの個性や経験によっても違ってくるので、そこもまた楽しいところです。

人気のインストラクターは、コリオの動きやすいさや複雑さが絶妙で、踊りやすいのに新鮮で楽しいコリオを提供してくれます。

4. さほどキツくない

エアロビクスは体がキツイのか・・・、これは多分個人個人感じ方が違ってくることでしょう。

普段全然運動をしていない人からしたら、初級コースでもとにかくキツイ!と感じるかもしれません。

でも、いざやってみたらそれほどでもなかった、という方もいます。

ただ、音楽があるから楽しいというのが続けられるポイントでしょう。

ただただ音楽もなしに、同じことをしてくださいと言われたら、筋トレみたいでキツイかもしれませんが、音楽に合わせて体を動かすということは、ストレス発散にもなるから、思っていたよりも楽しく続けられる、とハマる方が多いです。

ダイエットには効果的だし、初級コースを何回か通えばきっと体が慣れてきます。

なので、あまりキツイというマイナスなイメージを消して、楽しく体を動かしに行こう♪という気楽な気持ちで行ってみるといいかもしれませんね。

5. 振付を左右対称で繰り返すことが多い

エアロビクスの振付はシンメトリー(左右対象)で繰り返します。

右足リードから始まったら、次は左足リードで行う、というように、いつも右と左が交互に来ます。

なぜなら、いつもどちらかの足だけを使うようになってしまっていたら、筋肉のバランスが悪くなってしまいます。

左右対称で鍛えることによって、バランスの良い美しい体になれます。

さらに、バランスが悪くなると体には歪みが起きてしまいます。

体が歪むとどうなるかというと、なんと頭痛や腰痛、肩こりなどが起こってしまうことがあります。

それは血流が悪くなったりリンパが滞ることからくるものです。

それで、動きやすいからと言って同じ足ばかりがリードになってしまうようでは、いけないんです。

エアロビクス初心者の方は、最初は動きになれない方向があるかもしれませんが、インストラクターの動きを見ながら、左右均等に体を動かし、リード足は順番に代わるんだということを覚えておくと、振付が覚えやすいですよ。

2. エアロビクスはいつ誕生したの?

エアロビクスダンスというのは、ジャッキー・ソーレンセンがケネス・H・クーパーのエアロビクス理論をもとに開発したようです。

ソーレンセンは、1969年からアメリカの空軍基地のテレビ局でのフィットネスプログラムを担当することとなったようです。

それで、その当時にエアロビクス理論についての本(ベストセラーになっていた)を読みんで、それに基づいてダンス形式のエクササイズを組み立てました。

そのプログラムは、ジョギングプログラム参加者に期待できる体力づくり効果に相当するとして、クーパーからも認められ、「エアロビックダンシング」と知恵1970年代から全米で多くのスタジオが開設されていったようです。

その後、女優のジェーン・フォンダがビバリーヒルズに「ワークアウト」というスタジオと開設したことがきっかけで、1980年代に爆発的に人気となりました。

日本では1981年に紹介され、そこから若い女性たちに大ブームとなりましたね!

3. 心拍数を一定に保ち長時間運動を続ける

有酸素運動も、最も脂肪の燃焼効果が高まる心拍数というものがあります。

それは、その人の最大心拍数の60%前後と言われています。

最大心拍数は、年齢や性別などで違ってくるのですが、およその数値は「220-年齢」で知ることができます。

つまり、もし30歳の方なら「220-30=190」で最大心拍数が190ということになります。

そこに、0.6をかけ数値が、一番脂肪燃焼に効果的な心拍数ということができます。

最大心拍数の65%以上になると、息が切れてきて無酸素運動になり、脂肪燃焼効果があまり期待できませんので、もしエアロビクスでダイエットがしたいという人は、心拍数の管理が大事になるでしょう。

エアロビクスは、その人のレベルに合わせてクラスを選ぶことができるので、心拍数が上がりすぎないようなダンスで、心拍数を一定に保ちながら長時間続けることができます。

脂肪を燃焼するためには20分以上有酸素運動をしないといけないといわれていますが、それは有酸素運動を始めてから15~20分くらいまでは、血中の糖質がエネルギーとして使われるからだそうです。

そこからエネルギー源が脂肪になります。

それで、30分程度または1時間程度有酸素運動をすれば、脂肪は燃えてくれるというわけです。

エアロビクスでは、初心者コースでも30分くらいの運動をします。

上級者になると、1時間以上は普通です。

なので、かなりダイエット効果が期待できそうですね!

4. エアロビクスのウェアは何を着るの?

エアロビクスをするには、いったいどんな服装で行えばいいのでしょうか?

皆さんのイメージの中にはもしかしたら、エアロビクスというとあのレオタードのイメージが強いかもしれません。

そんなのは恥ずかしくて着れない!と思う方もいるかもしれませんが、大丈夫です。

今は、そのようなものを着ている方はいませんから・・・。

では、何を着るのが普通なんでしょうか?

1. 昔はピチピチのレオタード

1980年代に、エアロビクスの大ブームが起きた時には、あの薄手でピッチピッチのレオタードにレッグウォーマー姿でしたよね!

それも、ハイレグだったり、お尻がでていたり・・・とにかくピッチピッチがスタンダードでした。

あの時代の漫画ではキャッツアイとかシティーハンターにもレオタード姿の女性たちが描かれていますし、バラエティ番組でもレオタード姿でエアロビクスをするコントなんかいっぱいありましたね。

2. タンクトップと半ズボン

現在では、あんな体のラインが丸見えのレオタード姿になる必要はありませんよ!

エアロビクスのレッスンに行くときに着るウェアは基本的には動きやすいものであれば、なんでもいいんです。

だから、Tシャツに半ズボン、タンクトップに半ズボンでOK。

ただ、どこか体が動かしにくかったり、引っかかりやすいウェアは、思い切り体を動かせないのでやめましょう。

さらに、直線的な動きの多いエアロビクスの場合は、比較的体のラインがしっかりと見えるようなウェアを着ていることが多く、ダンスチックなエアロビクスではTシャツなどが多いようですね。

エアロビクスに向いている人

全身を大きく動かす有酸素運動を、ノリノリの音楽に合わせてする、楽しいエアロビクスですが、どんな人に特に向いているのでしょうか?

1.振付をなかなか暗記できない人

まず、ダンスはしたいけど、振付をあまり覚えられないという人にもおすすめです。

エアロビクスはインストラクターが目の前でやってくれるのでそれを見ながら踊ることができます。

もちろん、ある程度は覚える必要がありますし、音楽のリズムに合わせてきちんとカウントを使って動くことが必要になります。

基本的なステップとか、動きとかは最初覚えなければ、あたふたしてしまって振付についていくことができません。

新しい振付になったり、インストラクターによってクセとか特徴があったりして、難しいなと思う時もあると思いますが、それでも、大胆になって一生懸命カウントしながら、インストラクターの真似をすればきっと大丈夫です。

2.みんなで同じ動きをして楽しみたい人

みんなで同じ振付をして、体を動かすあの楽しさにハマっちゃう人も続出です。

普通の毎日の中で、みんなで音楽に合わせてあんなに体を動かすことってきっとあまりありませんよね。

それも、同じ動きをみんなと合わせて自分もできたときの爽快感は格別です。

もちろん、何事もそうですけどできないときには悩んだり、ストレスを感じたりするものですね。

でも、それができた時の達成感とか喜びは大きいです。

音楽の中で、楽しくリズムを感じながら体を思いっきり動かし、それがみんなと合わさった時は、とても楽しいと感じると思いますよ!

3.あまりハードな運動はしたくない

あまりにもハードな運動はちょっと・・・でも、体を動かしたい!という人も、エアロビクスはちょうどいいかもしれません。

汗をちゃんとかきますが、有酸素運動なのであまりにもハードで体を痛めるほどではありません。

しかし、エアロビクスは有酸素運動とはいっても、全く運動をしていない人にとったら、簡単に息も切れずにできる運動ではありません。

テレビで見るような笑顔で軽くできるのは、それなりのトレーニングを積んできた人たちだけです。

それで、ある程度の筋肉がちゃんとついているような人なら、それほどハードな運動にはならないので、自分の基礎体力を上げ、ダイエットとしても効果的な運動になるでしょう。

4.全身を満遍なくダイエットしたい人

ウォーキングなどは、一定方向のみに動きのある運動です。

それで、使う筋肉が限られてしまいます。

しかし、エアロビクスでは腕も足も上下左右に動かし、さらにジャンプをしたりランニングの動きなどをします。

それで、全身を効率よく動かす全身運動ということができます。

さらに、いろいろな動きとステップをつなげて行いますので、全身の筋肉がストレッチされているような感じです。

大きく動けばそれだけ筋肉の可動域が広くなり、柔軟性もアップすることがあります。

それで、全身をまんべんなく動かしてダイエットしたい方におすすめです。

エアロビクスを習える場所6選【東京編】

全身運動として、スタミナアップにも、ダイエットにもとても効果的なエアロビクスですが、どこで習うことができるのでしょうか??
ここからは、エアロビクスを楽しく習える場所を紹介していきたいと思います。

今回は東京編でピックアップしてみました♪

1.スポーツクラブルネサンス三軒茶屋

http://www.s-re.jp/

ルネサンスは、日本全国で展開しているフィットネスクラブです。

フィットネス会員になあると、プールプログラム、ジムプログラム、スタジオプログラムに参加できます。

ヨガやシェイプアップには欠かせない格闘技プログラムなども含めて、心と体が元気になるプログラムがあります。

スタジオプログラムでは、シェイプアップ系から、リラクゼーション系のプログラムまで用意されています。

ヨガやエアロビクスのレッスンを受けることができ、初心者の方向けのレッスンも充実しています。

なので、初めての方も一つ一つの動きから丁寧に教えてもらえるので、安心です。

今おすすめのプログラムとしては、「グループファイト」というものがあって、格闘技の動きをエキサイティングな音楽に合わせて行う、今世界で人気のプログラムがあります。

これは、総合格闘技の技をはじめ、ボクシング、ムエタイなどの格闘技の動きを取り入れたものです。

さらに、ラテンの音楽を取り入れたダンスエクササイズ「ズンバ」もあります。

とにかく楽しく自由に体を動かせるプログラムです。

音楽に合わせて自由に体を動かしているうちに、どんどんとカロリーが消費されて脂肪燃焼効果もばっちりです!
三軒茶屋の店舗は、東京都世田谷区三軒茶屋2-2-16にあり、三軒茶屋駅より徒歩5分のアクセスしやすい場所にあります。

営業時間は、火曜日~金曜日が10:00~23:00、土曜日は10:00~22:00、日曜祝日は10:00~20:00となっています。

毎週月曜日と年末年始はお休みです。

2.YWCAフィットネスワオ

http://www.tokyo.ywca.or.jp/wellness/wow/

YWCAフィットネスワオは、女性だけが利用できる施設です。

だから自分のペースで、リラックスしながらフィットネスを楽しむことができます。

こちらは1929年に日本で初めて女性専用の室内温水プールを誕生させました。

それで、もうすでに80年以上の実績を持ち、女性の健康と美をサポートしています。

インストラクターはみんなプロフェッショナルで、伝統の心地良さを感じることができるでしょう。

YWCAフィットネスワオには、女性の体のリズム、体力合わせたせっすんがあり、ヨガ、骨盤調整、ストレッチ、ダンスなどのコースがあります。

その中にエアロビクスもあって、目的や気分に合わせてレッスンを選ぶことができるんです。

グループレッスンはもちろん、自分のライフスタイルうあその人の体の調子に合わせたオーダーメイドのマンツーマンレッスン、パーソナルレッスンも充実しているので、安心ですね。

さらに、女性の体に負担がかからない油圧式マシーンやダンベル、ランニングマシーンやマッサージ器などが使えるトレーニングジムもあります。

インストラクターも全員女性で、利用者も全員女性なので、気を遣わずに使えますし、安心してアドバイスなどももらえます。

住所は、〒101-0062千代田区神田駿河台1-8-11B1です。

営業時間は月曜日~金曜日10:00~21:30、土曜日10:00~17:30で、休館日が日曜、祝日、クリスマス、年末年始となっています。

3.クラブプラッツ

http://www.nerimassc.gr.jp/sscplatz/

クラブプラッツは、豊玉・中村地域スポーツクラブです。

2009年に設立された、地域で運営するスポーツクラブです。

プラッツとはドイツ語で「ひろば」を意味しているようで、お年寄りから子供たちまでが参加できる楽しい「ひろば」を目指して運営されています。

それで、子供の遊び場として、さらに学校部活動やスポーツ少年団の支援、sらに大人の運動不足解消のためのプログラムが組まれています。

さらに、高齢者の方々が1日中、いろいろなことをして過ごせる場所の確保をし、地域の活性化と街づくりのための場所となっています。

幼児や子どもの水泳教室があったり、子どもたちのテニス教室や空手教室などもありますし、婦人バレーボールなども行っています。

そして、フィットネスのプログラムでは、なんと月会費がたったの3,000円で、スッキリエアロと、ストレッチ&コンディショニングプログラムのクラスが受けられます。

スッキリエアロは、水曜日の10:00~11:00まで、そして11:10~12:10までがストレッチ&コンディショニングのクラスになります。

4.スポーツクラブぱれった

http://www.palleta.jp

ぱれったは、都営新宿線瑞江駅前にあるフィットネスクラブです。

スイミングプール、フィットネススタジオ、リラクゼーションスパ、マシンジムがあります。

フィットネススタジオでは、ヨガやエアロビクスをやっていて、初めての人向けの初級エアロから、オリジナルエアロなどのクラスをやっています。

初級クラスがあるので、初めても方も安心して通い始めることができますね。

さらに、運動した後に張ることができる温浴施設「ぱれったの湯」もあります。

旅館のお湯を感じさせてくれる浴室で、運動後の汗を流すことができるし、日常の忙しさを忘れてホッとした時間を過ごすことができます。

個別に仕切られたプライベートを満喫できる洗い場がありますよ。

4Fには、和の雰囲気漂う空間があり、ロッカールームには木のぬくもりが意識されていたり、パウダールームはとなりの人を気にしなくて使用できるような心遣いがありますので、ゆったりと過ごすことができるでしょう。

リラクゼーションルームでは、マッサージチェアを無料で使用できるので、帰る前にちょっと立ち寄ってみるといいですね。

さらに、運動後においしいお水が飲めるように、男女各ロッカールーム、マシンジムに設置してあるウォーターディスペンサーにROウォーターを専用ペットボトルに入れて利用することができます。

住所は、東京都江戸川区瑞江2-3-7です。

休館日は毎週月曜日と年末年始です。

5.スポーツスパアスリエ旗の台

http://www.athlie.ne.jp/

アスリエは、フィットネスクラブなんて難しそうという方にも安心して通えるように、初心者向けのサポートが各種充実しています。

旗の台駅から徒歩2分というアクセスのしやすい立地にある、こちらの店舗では、水質抜群のプールが1プロあ、贅沢なスパが1フロアあります。

そして、2面のスタジオや使いやすいジムもあり、ゴルフレンジなど面積、施設の充実度がアスリエでも最高レベルとなっています。

専門の研修を積んだインストラクターが、一人ひとりの希望に合わせてカラダつくりをお手伝いしてくれます。

音楽に合わせてステップを踏んだり、ジャンプをしたり、楽しみながら脂肪燃焼ができるプログラムがあって、エアロビクスが楽しめます。

ダンスエアロビクスは、エアロビクスの宇土岐に様々なジャンルのダンス要素を加え、より団参ブルな動きを楽しむことができるクラスです。

さらに、ラテンをベースに、ヒップホップ、ジャズなどのいろいろなダンスを曲に合わせて振付した、新しいエアロビクスプログラム「リトモス」もあります。

シンプルなので、こちらは初心者の方でも楽しめるクラスとなっています。

身体を機能的に使いながら、ダンスの楽しさを感じることができるでしょう。

さらに、体力レベルや好みに合わせて選べるレッスンがたくさんあります。

なので、初めての人も続けやすいし、運動習慣が身につきます。

そして、エアロビクスに慣れた方が、高い運動効果とエキサイティングなバリエーションを味わえるクラスもあるので、体力を高めたり、リズム感を養ったりすることもできるでしょう。

住所は、東京都品川区旗の台3-14-12で、東急池上・大井町線旗の台駅徒歩2分のところにあります。

営業時間は月曜~金曜が10:00~22:30、土曜が10:00~22:30、日う祝日が9:00~19:00となっています。

毎週木曜日が毎週休日で、毎年12月30日、31日、1月1日が休みです。

6.ティップネス池袋店

http://www.tipness.co.jp

ティップネス池袋店のブランドミッションは、「”通う”場所から”集う”場所へ。

」ということで、メンバー同士の刺激的なクラブライフの中で自分を新しくする時間が過ごせる場所を目指しています。

ファンクショナルトレーニングフィールド、ジムエリア、フリーウエイトエリア、パーソナルトレーニングスタジオがあります。

ファンクショナルトレーニングフィールドでは、最先端として進化し続ける「TIP.XTOKYO」のトレーニングを行っています。

個々の筋肉を鍛えるジュライのフィットネス像を脱却し、より動作を高めることによって人間のカラダが本来持ってい効率性と機能美を引き出します。

「TIP.XTOKYOSTYLEAERO」では、、エアロビクスの先頭を牽引してきたティップネスの中でも有数のインストラクターが集結し、インストラクターそれぞれのオリジナルの構成、演出を楽しむことができます。

さらに、ヨガもピラティスもダンスもあるから、いろいろな動きや筋肉の使い方をマスターできるでしょう。

シェイプアップから、体力のアップ、汗をかくきもちよさ、そして踊る楽しさ、そのすべてを兼ね備えたエアロビクス・ステップを、トップインストラクターから教えてもらうことができます。

カラダが効率よく使えるようになることを実感できそうです。

住所ですが、東京都豊島区西池袋1-3-1東武百貨店パーキング22~5Fです。

JRメトロポリタン口より徒歩1分、JR南口より徒歩2分というアクセスしやすさで人気です。

時々入会キャンペーンや、ペア入会特典プログラムなどをやっているので、お友だちや恋人と一緒に始めてみてもいいかもしれませんね。

営業時間は、平日は7:00~23:15、土曜が9:30~22:00、日曜祝日は9:30~20:00となっています。

毎月の10日、26日がお休みで、そのほかに年末年始とメンテナンス休館があります。