最近よく聞く単語である「コミュ障」。

コミュニケーションが苦手な人のことを公総称しており、自虐ネタとして使っている人もいるようですね。

コミュ障というとネガティブなイメージしかありませんし、得することなど何もないと思っている方もいるかもしれません。

少しでもコミュ障を直すために、色々な方法を試しては精神的に疲れてしまっている方もいるかもしれませんね。

コミュ障の大きさに差はあっても、そのコミュ障の自分が好きだという方はなかなかいないでしょう。

ですが、考え方を変えてみると、実はコミュ障で得をしていると思われることもあるのではないでしょうか。

コミュ障が本当に悪いことばかりなのでしょうか。

コミュ障で得したことを考えてみると、少しはコミュ障の自分を好きになることができるかもしれません。

また、コミュ障を受け入れていく方法が分かれば、人間関係の多い社会生活の中で、きちんと呼吸をして生きていくことができるようになるかもしれません。

損をしているとばかり思っていたコミュ障のポジティブな面をいくつかご紹介します。

コミュ障で得したこと10選

 コミュ障で得したことといえば何でしょうか。

コミュ障の方というのは、コミュ障であるという自分を嫌いであることが多いので、なかなかその良い面に目を向けることができません。

実際にコミュ障では困ることも多いですし、それを改善しようと思うと難しくて挫折してしまうこともあるでしょう。

ですが、そこにポジティブなところがないかというと、それは違います。

コミュ障でも得をしていると思われることがいくつかあるのです。

損をしているとばかり思っていた「コミュ障」の良い面にも目を向けてみることにしましょう。

1. 他人に振り回されることが無い


 コミュ障として人と関わることを避けている傾向にあると、他人に振り回されることがないのは良いのではないでしょうか。

社交的な人は、人と関わっているがために、自分の本当の望みをかなえることができないこともあります。

自分がしたいことよりも、人を優先しなければいけないことがあるからです。

ですが、コミュ障で人間関係が狭い範囲であると、他人に振り回されずに、自分の好きだと思うことに没頭することができます。

人間関係を捨てている人は、いつでも人の中にいる人を羨ましいと感じているかもしれませんが、それが羨ましいばかりではないことを考えると、コミュ障でいるのも悪くないと思うことができるかもしれませんね。

2. 期待されていないから面倒なことも頼まれない

 コミュ障の人は、社交的な人に比べると、あまり期待されるような存在ではないことは確かでしょう。

あまり人と関わることがないので、期待しようにも能力を知られていないというところが本当かもしれません。

その状態では、あまり面倒なことを頼まれないというメリットもあります。

よく分からない人と、期待できる社交的な人がいたら、面倒な仕事は社交的な人の方に頼もうとするのが普通の人です。

そのため、面倒な物事に巻き込まれずに済むというのは、コミュ障の良い点だといえるのではないでしょうか。

3. 他人と自分を比較しないから妬まない


 コミュ障の人は、どちらかというと一人で過ごしていることを好みます。

そのため、常に誰かといて、自分を比較するというようなことはありません。

もちろん、「大勢のコミュ障ではない人」と自分を比べてしまうことはあるかもしれませんが、人間関係の中で特有のマウンティングのようなものに巻き込まれずに済みます。

また、妬みや恨みをかうこともすくないですし、逆に、その感情を自分が持つことすらも少ないでしょう。

4. 他人に期待しないからがっかりすることが少ない

 コミュ障の人は、あまり人間そのものが好きではないという特徴もあります。

コミュニケーションが苦手なのは、人と関わるのが苦手だからであり、それが上手くできないために、周囲の人間のこともあまり好きではないのです。

そのため、人に期待するというようなこともありません。

人は裏切りもしますし、周囲の人にがっかりすることも少なからずあります。

元々、あまり期待していない人なら、裏切られてもがっかりすることがありませんよね。

人間関係の中でどうしようもなく落ち込んでしまうようなことがないというのは羨ましい特徴かもしれません。

5. 発言や意見を求められない

 コミュ障だということが周囲に知られていると、周囲もわざわざその人にコミュニケーションを求めてくることはないでしょう。

つまり、発言や意見を求められないのです。

時折、社交的な人間の仮面をかぶってコミュニケーションを苦手としている、隠れコミュ障の人もいます。

ですが、そうした人に比べると、自分の元に苦手な仕事が回ってくることがないというのが良いですね。

発言も意見も求められないので、そのたびにドキドキするようなこともありません。

6. ちゃんと出来た時の周りの褒め方がすごい

 コミュ障だということが受け入れられている人の場合には、コミュ障だというだけでハードルを下げられることがあります。

それはそれでプライドが傷つけられることもあるかもしれませんが、きちんとできたときに、周囲の人がこぞって褒めてくれるのはメリットといえばメリットかもしれません。

ハードルが低いというのは、ハードルを上げられてばかりよりは良いのではないでしょうか。

ハードルを思い切り上げられてしまうと、ちょっとくらいで来ただけでは、誰も何も言ってくれません。

むしろ、文句を言われることもあるでしょう。

ハードルが低い分だけ、行きやすい世界の中で生きているのかもしれないと思えば、気持ちが楽になりますよね。

7. 個人プレイの仕事でものすごい集中力を発揮する

 コミュ障の人にとっては、自分が一番能力を発揮することができるのは、個人プレイで仕事をしているときです。

個人プレイなので、誰かと関わることがなく、コミュニケーションに煩わされることもなく仕事をすることができるのです。

そのため、そういった仕事では、他の人よりもずっと高い能力を発揮することができるでしょう。

そうした面で褒められて、能力を発揮することができれば、そのうちにその仕事が専門になるかもしれません。

8. 同じ作業の繰り返しが苦にならない

 コミュ障の人にとっては、同じ作業の繰り返しであっても、自分の世界の中にこもりきりになることができるので、あまり苦にならないというのがメリットです。

社会の中では、大きな仕事ばかりではなく、事務仕事のようなめんどくさい作業も数多くあります。

同じ作業の繰り返しが苦にならないので、底の部分に能力を発揮することもできますし、人よりも苦しまずに同じ作業をできるようになります。

9. 煩わしい人間関係に巻き込まれることが無い

 人間関係は楽しいばかりではありません。

煩わしさを感じることも多々あるでしょう。

人と人との間には修羅場と言われるものもありますし、友人関係だけではなく、恋愛関係も入れると複雑で、その場にいることが突かれてしまうこともあるのです。

コミュ障の人は、そうした人間関係の中からは遠ざかっていますので、煩わしいといわれるようなコミュニティからは一歩引いていられます。

面倒くさい修羅場に巻き込まれることもありません。

それは、メリットといえばメリットなのではないでしょうか。

10. マイペースでいられるので楽

 コミュ障の人は、マイペースに過ごすことができるという特徴もありますね。

人が傍にいないことを寂しいと思うこともあるかもしれませんが、基本的には自分の思うままにできる部分が大きいものです。

それは、人よりも束縛されることがなく、自由に生きられるということになるかもしれません。

コミュ障をプラス思考でとらえよう!

 コミュ障とはそもそもどのような特徴を持っちることなのでしょうか。

コミュ障は、他の人とのコミュニケーションをとるのが苦手な人のことですが、実際は心の中ではどのようなことを思っているのでしょうか。

コミュ障をプラスでとらえるためにも、コミュ障がどのような特徴を持っているのかについては知っておきましょう。

また、その上でコミュ障の自分とどのように付き合って行けば良いのか、コミュ障をプラスでとらえる方法にはどのようなものがあるのかについて見てみることにしましょう。

1. コミュ障とは?

 コミュ障というのは「コミュニケーション障害」の略です。

障害という言葉が着いていますが、これは、病的な状態にあることとはまた違う意味で使われているようです。

「俺はコミュ障だから」「私はコミュ障だからつらいよ」などと、軽い意味で使われることもあるでしょう。

最近では「人見知り」「シャイ」のような意味合いで使われることがあるようですね。

自己紹介の時などに使っている人もいます。

人と関わることが苦手だという特徴を持っており、その症状の軽重は人によって様々です。

人には色々いますが、心の底から社交的であるという人はなかなかいません。

皆、どこかにコミュニケーションに対する難しさを感じている部分を持っています。

そのため、「人に関わるのが好き」だと言っているよりは「緒とコミュ障気味で」と言っておく方が、親近感を持ってもらうことができるという特徴もあります。

そういった意味で、最近では色々な人がコミュ障を名乗り始めており、コミュ障だと自称している人は大勢いるでしょう。

同じくコミュ障だと名乗っている人でも、コミュ障の程度には違いがありますから、コミュ障の定義をするのは意外と難しいのかもしれません。

2. コミュ障の特徴とは

 コミュ障の程度には軽重があると説明しましたが、コミュ障の特徴にはどのようなものが挙げられるでしょうか。

コミュニケーション障害だといわれることもあって、コミュ障はやはり、人間関係の中で生きにくさを感じていることが多いようです。

ですが、具体的にはどのような点で生きにくさを感じているのでしょうか。

コミュ障にはどのような共通する特徴があるのでしょうか。

コミュ障の具体的な特徴について見てみることにしましょう。

1. 相手と会話がかみ合わない

 コミュ障の人は、会話を苦手としているという特徴があります。

人間関係を築くのは第一に会話ですが、それが苦手なために社会生活を営む中で嫌だと思える側面が多くあるのが問題かもしれません。

コミュ障の人は、相手と話しているときにはとても緊張します。

誰もが緊張しているときには同じことを感じるでしょうが、緊張しているときには頭の回転が鈍くなってしまいますし、さらには、焦って何を離しているのか分からない状態になってしまうのではないでしょうか。

コミュ障の人は、他の人と向き合っているときには常にその状態です。

そのため、うまく会話を運ぶことができずに、相手との会話が噛み合わない事態になるのです。

相手との会話が噛み合わない状態になってしまうと、負のループに陥ってしまいます。

うまくいかなかったという後悔がさらに緊張を生み、どんどんと会話が嫌になってしまうのです。

2. 人の目を見て会話ができない

 コミュ障の人は、人と通じ合う瞬間が苦手です。

相手に自分のことが筒抜けになってしまうのではないか、相手に緊張がバレてしまうのではないかという緊張が苦手なのです。

そのため、相手の表情をつぶさに見ることができる瞳を見ることができません。

人の目というのは、表情の中でも如実に感情を表します。

相手がどんなことを考えているかが分かれば、自分への軽蔑の念を見てしまうかもしれません。

相手が自分のことを見ていると思えば、緊張がバレてしまうかもしれません。

こうした理由から、コミュ障の人は、人の目を見ることができないのです。

また、自分が相手のことをじっと見ているのと同様に、相手も自分のことをじっと見ていると思ってしまうので、それが緊張の原因にもなります。

3. 自分に自信が無い

 コミュ障の人は基本的に自分に自信がありません。