有名なモデルや女優さんたちがこぞってやっているヨガ。

今はどこでもそのスクールがあって、OLさんも主婦も美と健康のために実践していますよね。

近年では男性向けのヨガも多く、男性たちにも人気があるそうです。

それで、あなたもそんなヨガのインストラクターになりたいと思っているならば、気になるのがどうしたらなれるのか?

どのくらいの知識が必要なのか、ということかもしれません。

美と健康をサポートし、毎日を輝かせるために人気のヨガ。

今回は、ヨガインストラクターになるために知っておきたいことをご紹介していきます。

ヨガインストラクターになりたい!

働きながら自分自身もきれいになれる仕事って、いいと思いませんか??
自宅をちょっと改装して、自宅で教室を開きたいと思っている方もいるかもしれません。

そんな方は、ヨガインストラクターにきっと興味をお持ちでしょう。

ヨガは、女性だけでなく男性からも人気で、最近では仕事終わりにレッスンに通ったり、忙しい毎日のリフレッシュとしてとても人気の趣味になりつつもあります。

普段の生活ではなかなか体を動かして鍛えるということがない、という社会人の方は多いとおもいます。

そんな方にも人気ですね。

そして、ヨガインストラクターとして活躍している主婦も最近では増えてきています。

自分もきれいになれるし、体は引き締まるし、それでいてそれが仕事になったら、確かにとてもいいですよね。

でも、ヨガインストラクターになるには、どうしたらいいのでしょうか?
どうしたら資格が取れるのでしょうか?

ヨガの起源や効果とは!?

ヨガインストラクターを目指そうと思う人が、知っておくべきことを取り上げていきましょう。

さらに、人気のヨガスタジオもご紹介していきます♪

1. ヨガの魅力

まず、ヨガの魅力とは何なのでしょうか?
ここ数年前にヨガのブームが到来しました。

火付け役となったのは、マドンナとかのメグライアン、スーパーモデルのクリスティー・ターリントンなどの海外セレブがやっているということでしたね。

アメリカではニューヨークだけで10万人以上の人がヨガを実践しているそうです。

そして今、日本でもかなり広まりました。

仕事終わりにヨガスタジオに通っているOLさんたちもよく見かけますね。

では、ヨガってもともとどこから始まったのでしょうか?
ヨガが美と健康に効果的と言われている理由とは??

ヨガの歴史

ここ最近日本でもブームになったヨガですが、歴史をさかのぼるとかなり前に起源があることがわかります。

それは今からなんと約4500年前。

紀元前2500年ごろのインド地方にあったインダス文明までさかのぼります。

インダス文明の遺跡を調べてみると、そこには瞑想する人が記された出土品が発見されていて、その当時から座法などもあり、そのような何らかの修行法がのちにヨガとして確立されていったと思われます。

それで、ヨーガ(ヨガ)は、古代インドに発症した伝統的な宗教的行法で、精神を統一して古代インドの人生目標である輪廻転生からの解脱に至るためにされていたものだそうです。

つまり、本来のヨガは、インドの宗教と関係があって、バラモン教、ヒンドゥー教、仏教、ジャイナ教の修行法であったということなのですね。

「ヨガ」とは、サンスクリット語で、「つながり」を意味していて、心と体つまり魂がつながっているという状態のことを指すようです。

それで、現在では呼吸と姿勢、瞑想を一緒にすることによって、心身の緊張をほぐし、心の安定と安らぎを得るために行なわれています。

特に、現代のヨガでは宗教的な要素よりも、体操としての意味合いが強くなっていますね。

日本の仏教でも座禅という形で伝えられていたそうです。

最初に日本にヨガが伝わったのが、大同元年(806年)と言われています。

唐から伝えられたそうで、真言宗や天台宗の密教行法として伝わっているそうです。

それから、健康法としてのヨガが昭和時代に伝藩しましたが、ヨガを導入したオウム真理教の事件によって一時衰退しました。

しかし、最近では2004年ごろから、健康ヨガとしてブームとなり、ダイエット方法の一つとしてテレビなどで紹介されています。

ヨガのポーズの意味

ヨガのポーズの意味ってそれぞれあって、その効果も違います。

例えば、ヨガの8点ポーズですが、これは太陽崇拝の中の一つのポーズです。

太陽を崇拝し、自然の力に感謝するポーズで、ヨガの基本的なポーズであるとともに、精神の基本でもあるそうです。

まずまっすぐに立ち、そこから手を床につけることから始まりますね。

そこから徐々に、うつぶせになり、両手の平、両膝、両足のつま先、胸、額の8点で体を支える姿勢ですが、この時に腰をまげて高く突き出します。

この8点を大地につけることができれば健康で、どこかがつかないということは、どこかしらが弱っているということを示しています。

このように、ヨガのポーズにはそれぞれに意味があって、そのポーズによって使う筋肉も違うし、効果が違ってきます。

ヨガの効果とは?

ヨガはもともと、インドの宗教からきていることがわかりましたね。

日本では現在、基本的にはエクササイズとしてのヨガが流行っています。

では、ヨガをするとどんな効果があるのでしょうか?

脂肪燃焼

ヨガは激しく体を動かすような運動ではありません。

ゆっくりと深い呼吸法を取り入れながらポーズをとることで、有酸素運動をしているような感じになります。

それで、消費カロリーはそれほど高くはないのですが、脂肪の燃焼を促し、エネルギー消費を促進してくれます。

有酸素運動は脂肪をエネルギーとして消費してくれるそうです。

それで、有酸素運動のような要素を持つポーズを長時間取ることによって脂肪燃焼が期待できます。

また、呼吸法も大事なポイントで、深い呼吸は酸素を体中にいきわたらせることができるので、脂肪燃焼効果が高まるそうです。

さらに、なぜ脂肪燃焼に効果的なのかというと、ヨガはインナーマッスルを鍛えることができるからです。

インナーマッスルを鍛え、筋肉がバランスよくついていくと脂肪が燃焼しやすくなります。

新陳代謝アップ

ヨガを実践することによって痩せやすい体を作ることができます。

それは、リンパや血液の流れがよくなるからです。

流れがよくなることにより、新陳代謝がアップします。

そうすると、それだけで体にたまった余分な老廃物が排出されるようになり、さらに基礎代謝がアップすると、太りにくく、痩せやすい体になります。

さらに、骨盤や背骨のゆがみも解消されるので、もっと血流がよくなり代謝がアップします。

姿勢が良くなる

日本人は猫背の人が多いといわれています。

姿勢が悪いとそれだけでスタイルが悪く見えるし、自信がない人のようにも見えますよね。

姿勢が悪くなるのには、背筋や首回りの筋肉の低下が原因になっていることもあるようです。

さらに骨盤のゆがみもあります。

腹筋や太ももの裏の筋肉が弱ってしまうことにより、骨盤が後方に傾いた状態になることで体のバランスが悪くなり、それで猫背になってしまうようです。

猫背になると、首や肩こりの原因にもなってしまったり、内臓が圧迫されていて機能低下してしまうこともあるようです。

それで、姿勢を正すだけで代謝が上がったり、肩こりが治ることもあります。

ヨガは体のあらゆる関節を動かします。

それで、普段はあまり使わなくなり、関節の可動域が狭くなってしまったことから起こす姿勢の悪さが解消できるそうです。

さらに、骨盤の位置が修正されることによって、猫背を解消できるそうです。