遺品整理とは故人様との思い出を蘇ることでしょう。

でも、悲しみに慕っているとなかなか終わらないのが遺品整理です。

一番、困ることは故人様にとっては宝物でも、遺族にとっては片付けてしまいたい気持ちは正直あるでしょう。

ですが、じゃけにポイッとできないのは故人の持ち物だからです。

最近では家族が困らないように生前に遺品整理を行う人が増えたようです。

また、整然に打ち合わせをしていれば遺品整理に戸惑う必要もありません。

生前に自分の大切な宝物を渡す人を決めたり、受け取ってもらう人をきめておくとことはおすすめですね。

特に故人が1人暮らしであると遺品整理をする人間が困ります。

身内や家族がいないと大家さんや代理人がすることもあります。

まだまだ、お迎えないんて来ない・・・と思うよりも、今、遺品整理について考えてみませんか?

遺品とは

そもそも遺品とは何という話ですよね。

簡単に言えば故人様の思い出の品です。

その中には骨董品など高額なモノもあれば、本やCDなど身近な物もあります。

故人様が趣味が多様であると遺品と言えるものも多いのではないでしょうか?

もう、故人様から「いる」「いらない」の意志表示することはできません。

遺品は残された遺族によって見分けるしかありません。

ですが、それには莫大な時間がかかってしまいます。

家庭には色々な事情があります。

生前に故人様と全く会っていなかった。

今更、遺品整理と言われても・・・と思う人もいるでしょう。

憔悴しきって遺品整理どころじゃない人もいるでしょう。

そんなときに遺品整理を代理で行ってくれる業者は多数あります。

故人様の貴重品を整理して、形見分け、そして遺品供養まで行ってくれます。

何も考えずにポイポイ処分できないのが遺品です。

故人様の気持ちに答えるためにも遺品供養は大事になことです。

その方の生きた証を確認する事

遺品は故人様の思いが非常に深く関わっているものです。

本やCDや釣り道具などは物かもしれませんが、それは故人様の思い出が込められているものです。

少し破けた本を手にとると生前に故人様が何度も読み返したことが想像できます。

CDや釣り道具も同じですよね。

遺品になると物ではなく、故人様の生きた証になるのです。

だからこそ、本やCDを手に取ると何だか時間が止まったようになりませんか?

1つ1つに思い出がつまり、故人様が生きていたことを確認できると思います。

あまりにも急に大切な人を亡くしてしまったときは、余計に遺品ひとつずつに思い出が蘇り、整理することができないものです。

遺品整理をするときは家族が集まり、故人様の思い出話をしたくなりますよね。

遺品整理と言えど、物ではなく、その方の生きた証を確認する事なのです。

思い出や、繋がりを大事にすること

遺品整理をするということは故人との思い出や、繋がりを大事する儀式です。

ですから、「邪魔だし、使わないから処分していいよね」という気持ちは、故人に対して無礼なことです。

カタチや姿は現代から消えてしまっても遺品には故人の魂や思いが込められているのです。

それでも全ての遺品を残しておくことは場所も必要になりますし、いつまでも故人が亡くなったことを受け入れることができない状況にもなります。

遺品を残しておくことが故人は望んでないと思います。

遺品整理をすることは供養をして、大切なものを残す。

その遺品によって思い出や繋がりを強めるための大事なものなのです。

自分にとって大事な故人の遺品を手にとり、素敵な思い出を残すことで、ステップアップできるものが遺品なのです。

遺品整理の時に使える業者10選

故人によっては莫大な遺品を残している場合もあります。

その遺品整理を自分1人で行うことは1年過ぎても終わらないことがあります。

また年齢的にも遺品整理がキツイ方も最近では多くなってきています。

遺品整理は細かな作業だけじゃなくチラカ仕事も必要になるのです。

その他では大家さんのような立場で故人が孤独死されて身寄りもない場合、他人の立場であっても遺品整理をしなければいけない。

遺品整理をすることは様々な状況があります。

いざ、遺品整理を・・・と思っても自分ではできない。

誰に聞けば良いのか分からない。

遺品整理を行ってくれる業者はネットで調べただけでも無限大です。

この中から選ぶことは意外に難しく時間がかかることです。

そこで、急な遺品整理の時でも使える業者をピックアップしてみました。

遺品整理をする際に参考にしてみてください。

1.株式会社リリーフ

株式会社リリーフは関東、関西、近畿地区を中心に行う遺品整理業者です。

遺品整理を初めて頼むときに金額的なことや量など分からないことだからけですね。

そんなときも安心のフリーダイヤルで遺品整理についての質問を答えてくれます。

どうしても、遺品整理で頭を悩むことは料金的な問題です。

見積もり無料なところはほとんどですが、実際に来てから料金を提示されます。

ですが、株式会社リリーフはおおよその部屋の広さで料金をHPで公開しています。

これは遺品整理をする際に目安になり大変ありがたいことですね。

株式会社リリーフ 
HP https://relief-company.jp/

NHKで紹介された優良会社(地域限定あり)

.株式会社リリーフはNHKで紹介された優良会社です。

というのも、遺品整理する業者は多いと思いますがゴミとして処理することろがほとんでですよね。

タチの悪い遺品整理業者になれば不法投棄してしまうところもある時代です。

それでは遺品整理を業者に頼む理由がありませんし、むしろ故人に対して失礼すぎて顔向けができません。

遺品整理をする場合は優良会社を見極める目も必要となってくるのです。

その点、NHKで紹介されたとなると安心感も強くなりますよね。

株式会社リリーフはアジアのリサイクルショップと提携しています。

遺品整理で回収された中古品や新品を必要とされている方にまたリリースするエコな取り組みをしています。

故人が残した遺品を誰かがリリースしてくれると故人も喜んでくれるはずですね。