子供の頃は「夏休みだからってダラダラして、早寝早起きする習慣をつけなさい」
と親から怒られた人も多いのでは?

大人になった今も日々の忙しい生活に追われてしまい習慣つけることは出来ない。

そのくせ、悪い習慣はすぐに身につくものです。

自分にとって面倒なことは習慣づけることが難しい、自分にとって簡単で都合の良いことは習慣つけることができる。

これは意志だけでは簡単に変えることができないのです。

できることなら良い習慣を身につけたいと思うのなら、まずは悪い習慣を捨てなければならない。

悪い習慣を捨てるためには、自分の中で意識を変えることです。

「そんな簡単に意識なんて変えることできない」と言う人は、今の時点で悪い習慣の方が勝ってしまっているのです。

自分の中で意識を変えることは難しくありません。

習慣化させるための10個のコツ

自分の中で意識を変えるためにすることは、習慣化させるための10個のコツを知ることです。

このコツを知ることで1個ずつクリアすることができるのです。

いきなり、大きな改革はできないものですが、自分の中で小さな目標を決めてクリアしていくことは出来ます。

習慣化できない人は、いきなり大きな変化を求めてしまうことです。

要するに短気な性格の人が多いと言えますね。

自分の中で習慣化させるために目標をつくり、時間割のように作業をこなします。

小学生や中学生の頃に学校に行くと1時間目、2時間目と順序よく勉強をしてきました。

それは学校が決めた時間割ですが、自分の意志とは関係なく1時間目が数学ならば数学の勉強をするしかないのです。

大人になった今も自分の中で時間割をつくると時間割通りにこなすことができる。

まずは小さなことを習慣つけていきましょう。

1.ひとつずつ習慣をつける

習慣をつけるために、ひとつずつ目標を決めてみましょう。

例えば「朝7時に起きる」これは寝坊してばかりいる人にとっては、非常に難しい習慣かもしれませんね。

でも、朝7時に起きるために目覚ましをかければ良いのです。

朝7時に起きることが習慣になることが目的ですから、「朝7時に起きてみたものの、再び寝てしまった・・・」それでもOKです。

毎日、毎日、朝7時に目覚ましをかけていることで、朝7時になると目が自然に開くようになってきます。

最初の1週間は二度寝することが当たり前に続いても2週間目には脳が記憶して、
朝7時は目を覚ます時間に認識してくれる。

3週間目には二度寝の回数が減って行くかもしれません。

例えば逆に夜9時には寝る習慣をつける。

そうすると自分の中の生活サイクルは変化していきます。

1週間目は「夜9時なんか早すぎて眠れない」と思っていても、自分のサイクルが変化して行くと夜9時に寝ることが当たり前になるのです。

習慣をつけることは1週間や2週間では変わりません。

まず、ひとつの目標を目指してクリアして行くことが大事です。

欲張ってたくさん始めると続かない

「よし!習慣つけて頑張るぞ!」と意気込めは意気込むほど、空回りすることありますよね?
習慣つけることができない人は最初に意気込むことが習慣化しない原因です。

いきなり気合を入れすぎてアレもコレも目標を定めてしまう。

欲張ってたくさんの習慣を求める時点で根気がないのです。

根気がある人は、ひとつのことを定めて欲張りません。

根気がないと習慣をつけることができませんよね?

欲張ってたくさんことを始めるように、まずはひとつのことを始めましょう。

たくさんの目標をかかげても結局ひとつも習慣つけることができなければ、頑張った時間も無駄になってしまいますよね。

欲張ることなく、ひとつずつはじめてみてください。

2.時間を決める

習慣ついるために、手っ取り早いことは時間を決めることです。

これは誰にでもできることですね。

子供の頃は時間割と共に生活をしていたと思います。

朝7時に起床して、朝8時45分から授業がはじまる。

そして時間割と共に50分刻み授業が入れ替わり学ぶことが当たり前になっていました。

「今日は休みたいな・・・」「今日は数学の気分じゃない」と自分の気持ち関係なく、時間割は進んでしまいますよね。

授業が終われば家に帰り夕方6時に食事をして、8時にお風呂に入る。

11時にはベッドに入る生活で1日が終ります。

「まだ、テレビみたいな」と思っていても、自然と11時になると眠くなる。

これは習慣つけている生活だから身体が自然と反応してしまうのです。

大人になった今は時間割がありません。

自分の中で◯◯をしようと思っても、絶対的にする必要はないからです。

予備の時間も作っておく

自分の中に休憩時間を作っておくことも必要ですよね。

スケジュールをギュウギュウにしておくことは息がつまるものです。

息がつまるとストレス発散をしたくなり爆発してしまう。

そうすると「もう、やめた!!」と思ってしまって、休憩どころか目標を持つこともやめてしまって習慣化することができない。

習慣化させるときに予備の時間を作っておくことで、息抜きをすることができるのです。

人間だれでも生き抜きは大事なことですよね。

週7日のうち週7日毎日働いていたら・・・どうでしょう?

頭おかしくなって、そんなブラックな会社辞めてしまいます。

週2日の休みがあるから、週5日なんとか働けるのではないでしょうか?

3.周りに宣言しておく

周りに習慣化することを伝えておくことは、宣言したも同じです。

とくにこれはプライドの高い人に効果あることですね。

習慣化することを周囲に伝えておくと「どう頑張っている?」と聞かれます。

しかし、宣言したものの挫折してしまうとカッコ悪いですよね。

とくにダイエットであれば周囲に宣言して◯◯までに痩せると言ったのに、暴飲暴食なんてしたら「ああ・・・やっぱりクチだけだ」と思われるでしょう。

周りに宣言するということは周りが監視官ということもあるのです。

意志が弱い人も回りに宣言しておくことで習慣化が成功するかもしれません。

逃げられない状況を作る

逃げれない状況を作るということは、自分を追い込むということです。

ストイックに求める人はおすすめですよね。

例えば頑張っている自分自身に酔うことでモチベーションを高める。