貧乏ゆすりは非常にイメージが悪いものですね。

とくに貧乏ゆすりがクセだと知らないような初対面ですることは、嫌われてしまう原因になります。

しかし貧乏ゆすりを意図的にしているというよりはクセです。

クセというものは自分で治したくても、なかなか治すことができない。

貧乏ゆすりをする原因としては主に精神的な理由が多いようです。

精神的に落ち着かない、情緒不安定な気持ちが貧乏ゆすりと身体が反応します。

その他、肉体的なことが原因で貧乏ゆすりをすることもあるそうです。

どちらにしても貧乏ゆすりは他人からすれば気になるもの。

治せるものであるなら治したいですよね。

貧乏ゆすりとは

貧乏ゆすりをしているときは基本的に座っている時がほとんどですよね。

座っている時は特に下半身の鬱血などが原因で身体の一部を揺らし続けるがあります。

この行動は無意識に癖としてやってしまうことも多いです。

何故、気が付くと貧乏揺すりをしてしまうのだろう?

その原因は完全に解明されていません。

しかし筋肉が収縮することにより起る。

脚の前後の筋が交互に収縮伸張を繰り返すこと。

座っている時間が長く下半身の血流が滞ってしまうこと。

あらゆる身体の状況を解消するために反射的に貧乏揺すりをするとも言われています。

人は少なかれ寝ている以外は何か行動を起こしているもの、動かないということは心理学的に不安にさせる、だから貧乏揺すりをしてしまうこともあるそうです。

貧乏揺すりは欲求不満、ストレスを抱えている、メンタル面でも大きな要因になります。

貧乏ゆすりをすることによりストレス解消していることもあるのです。

「貧乏」の由来とは

貧乏ゆすりという名前は独特ですよね。

名前からしても良いイメージがありません。

貧乏揺すりの由来については諸説ありますが、貧乏人が寒さに震えるように見える、借金取りが貧乏人から取り立てる際に足をゆすることが多いことからとも言われます。

また、江戸時代は足をゆすると貧乏神に取り付かれるとも言われていたそうです。

どちらにしても足をゆらすイメージは良くないことはたしかですね。

海外ではなんというか

日本では貧乏ゆすりと言われますが、海外では貧乏ゆすりのような行動を「knee shaking, leg shaking」と言います。

しかしこれは脚の揺れを意味することであり貧乏ゆすりとは違います。

明確に海外では「貧乏ゆすり」という言葉がないようです。

イライラして脚を揺らす。

この好意に対して正式的な名前はありませんが海外ではマナーが悪いとされています。

やはり足を揺らす行動は無意識にしている、イライラとして見える。

名前がないながらも海外で貧乏ゆすりをすれば不快な表情になるでしょう。

海外の方で貧乏ゆすりをしている人もあまり見ませんよね?

もし海外で貧乏ゆすりをしているとすればチョット見た目からして危ない香りが漂う男性が多いようなイメージがします。

間違いなくミランダカーのように美しい方は貧乏ゆすりをしませんよね?

悪印象なのは、日本でも海外でもいっしょ

日本と海外では文化が異なりマナーもOKもあればNGもあるでしょう。

例えば、日本で鼻をすする方が多いですよね?

電車でも冬場であれば、よう見る光景ですが、海外の方にしてみればギョッとする行動。

鼻をすするということはマナー違反になるのです。

もっと極端な話で言えば、うどんをすすることだって海外では考えられないこと。

ですが、日本にとってうどんや麺をすすることは当然のことです。

では、貧乏ゆすりはどうでしょうか?

残念ながら貧乏ゆすりは日本でも海外でも印象は悪いものです。

例えば肉体的な理由であれば日本人なら事前に伝えることができます。

しかし初対面の外国人であれば説明もしにくい。

なかなか分かってもらうことはできません。

貧乏ゆすりは緊張するときにも無意識にでてしまいます。

例えば「外人だからマナー悪いよね」と日本語で言っても相手に伝わらない、しかし貧乏ゆすりをすれば言葉がなくても悪いマナーは伝わってしまいます。

外国人にとって貧乏ゆすりは悪いジェスチャーとなり伝わるのです。

貧乏ゆすりをしてしまう原因10個

貧乏ゆすりをしてしまう原因の多くは精神的なことが多いです。

考えてみればイライラとしてたり、不安でいるときに手の指先を動かしたり、ペンを回したりと無意味な行動をしていませんか?

心の動揺を隠すことができないからこそ足を揺らしてしまう。

貧乏ゆすりは本来しなくても良い身体の動きです。

しかし不安な気持ちやストレスが溜まったときに足を小刻みに揺らすことで、なんとなく身体のバランスが保つことができるのです。

自分の中では貧乏ゆすりをすることでバランスが保てることでも、他人から見たら貧乏ゆすりは不快な動作です。

自分の中で貧乏ゆすりをしてバランスを保っているつもりでも実際にバランスは保てていない、むしろイライラが加速して行くことありませんか?

車の運転や勉強中でもそうですが、リズムがアップテンポな音楽を流すと煽られているような気持ちになりますよね。

貧乏ゆすりも結果的に自分の気持ちを落ち着かせるだけじゃなく煽っているのです。

貧乏ゆすりをしてしまう原因をしっかり考えて止めるように心がけましょう。

精神的なこと

精神的なことで貧乏ゆすりをするとき、ストレスを溜めていることや、イライラとしている、緊張していることが多いですね。

そんな不安や恐怖心を隠すために貧乏ゆすりをして落ち着かせているわけです。

例えば自分が何もしないで座っているとすれば、目は開いているけれど何もしないことは手持ち無沙汰になりませんか?

なんとなく不安な気持ちが強くなってソワソワとしてしまう。

何もしないということはソワソワが強くなることです。

ソワソワすることは足を小刻みに動かす行動もソワソワとして見えます。

貧乏ゆすりをしているとき、無意識ながら精神面で悲鳴をあげているのかもしれません。

1.ストレスを感じている

ストレスを感じるとき、自然と貧乏ゆすりをすることでバランスを保つ。

ストレスを感じているときは自分では分かっているストレスと、無意識にストレスを溜め込んでしまうことの2通りがあります。

例えば、仕事が溜まっていてなかなか思うように進まない、焦りやイライラが積み重なるとストレスとなります。

これは自分自身でも理解しているストレスですよね。

無意識なストレスは仲良く話している職場の仲間でも、一方的に話を聞くことで常に聞き役に徹しているなどが原因でストレスとなることも。

自分ではストレスじゃないと思っていても身体は拒否反応を起こしている。

それが貧乏ゆすりとして出てしまっているのかも知れませんね。

2.イライラしている

貧乏ゆすりをしている人を見ると他人はイライラしていると思うもの。

貧乏ゆすりは、本来イライラしているときが一番多いのです。

とくに会話をしているときはイライラもたまりやすいですよね。

つまらない話、リア充な話を永遠に聞かされると「早く話が終わらないかな」と、思いませんか?

またパソコンやスマホをしていると電波の状況が良くないと、早く画面が切り替らないこともあります。

そうするとイライラとして机の下で貧乏ゆすりをしてしまうことがあるのです。

イライラしているときは自分の思い通りにならない時です。

そんなときに気分転換をすることが貧乏ゆすりなのかもしれませんね。

3.緊張している

緊張しているとき筋肉は伸縮してしまいます。

緊張しているときに肩が凝ったりしませんか?

それは自分の中で自由な行動をや言動などを止められている時です。

例えば面接前に1人で担当者が来るのを待っているとき、どうしてもOKをもらわないといけない営業の仕事だったり。

失敗してはいけないと思えば思うほど緊張は強くなります。

そうすると身体の筋肉は伸縮してしまい、その筋肉をほぐしたいと無意識に思っていまうと貧乏ゆすりが始まってしまうのです。

人は緊張しているときに早くその現場から立ち去りたい、今の状況を変えたいと思うものです。

貧乏ゆすりをすることで状況の変化を求めているのでしょう。

4.不安や恐怖を感じている

不安や恐怖を感じているときはイライラとは違う感情ですよね。

このときの貧乏ゆすりは自分自身で止めることができないもの、意図的ではなく、身体が自然に動いてしまいます。

何かしないと落ち着かない、それが貧乏ゆすりです。

不安や恐怖を感じるときは相手に行動をおさえつけられているときです。

仕事でミスをして上司から怒鳴られる、お客さんからクレームを言われて言い返すことができない。

そんなときも貧乏ゆすりは起ってしまいます。

デスクの下で貧乏ゆすりをしているのであれば気づかれることはあまりありませんが、
上司に怒られているときに貧乏ゆすりがでてしまうと事態は悪化、反省しているようには見えませんよね。

【不安解消方法については、こちらの記事もチェック!】

5.別の行動がしたくてうずうずしている

人間は何もしないことになれていません。

何かしら手を動かしていたり、首を動かしていたりするものです。

とくに座っている状態であれば、足に反動が行きます。

別の行動がしたくてうずうずしている好奇心が、今の状況を早く変えたい。

そんな気持ちが高まることで貧乏ゆすりが起るのです。

完全に寝ている状態であれば貧乏ゆすりは起りませんが、眠くないけれど寝てくださいと言われてイスに座ったまま目を閉じてみてください。

なんとなく「早く時間すぎないかな」「いま、何分たったかな」と思いますよね。

それが長時間であると時間をもてあましてしまいます。

基本的に別の行動がしたくてうずうずしてしまう方はせっかちな人です。

このような方は根本的に誰かに指摘されながら考え方を変えないと難しいですよね。

肉体的なこと

貧乏ゆすりしてイライラしている・・・と不快なイメージが強いですが、実は肉体的なことで貧乏ゆすりをしてしまうこともあります。

自分では自覚していないけれど疲労が溜まっていると筋肉は異常な動きをします。

それは自分自身では止めることができないものです。

肉体的な状況で貧乏ゆすりをする場合であれば、その問題を回避すれば貧乏ゆすりは治る可能性があります。

肉体的なことであれば病院に行き、相談することも解決法のヒトツです。

肉体的なことが原因だと貧乏ゆすりをして申し訳ない!という気持ちも強くなり人前にでることもイヤになってしまうことがあります。

最初は肉体的なことが原因の貧乏ゆすりでも考えすぎてしまうほど、余計に追い込まれて貧乏ゆすりが自分の意志とは関係なく反応してしまう。

こうなるとドンドン追い込まれて精神的に自分自身が辛くなってしまいます。

肉体的なことでも精神的に繋がってしまうので要注意です。

6.筋肉が緊張・疲労している

疲労が蓄積していると筋肉は緊張状態になります。

緊張状態になると筋肉はギュッと伸縮してしまいますよね。

なんとか伸ばそうと別の筋肉が動きはじめて、貧乏ゆすりのような動きをしてしまう。

例えばパソコンをして目を疲れたときに瞼がピクピクとなることありますよね?

この場合であれば目の筋肉が一定の物を長時間見続けたことが原因です。

足の揺れが止まらない、貧乏ゆすりをしてしまうとき、身体が伸縮するほど緊張や疲労を感じているのです。

筋肉が緊張・疲労しているときは貧乏ゆすりをはじめとする身体の異常を感じます。

例えばコリもそうですし、肩こりや腰痛などの痛みを伴うことがあります。

普段運動をしていない方が急に運動をしたときに筋肉痛を足や手に感じますよね。

筋肉痛の後に小刻みに足が揺れていることがあります。

眼のピクピク状態と同じで状況になっているのです。

筋肉痛がひどくなると貧乏ゆすりのように大きな動きに変わってくるのです。

7.血行不良

血行不良も筋肉を伸縮させてしまいます。

血行不良になることは運動不足も関係しています。

例えばデスクワークの仕事がメインですと同じ姿勢を長時間続けます。

そうすると血流は悪くなり足がむくんでしまったりしますよね。

立ち仕事も同じです。

とくに女性はパンプスなどを履いて立つ時間が多いと夕方には足がパンパン。

これは血のめぐりがよくないことが理由です。

血行不良が続くと電車の中で座ったりするときに足の血行を良くしようと、筋肉が反応して貧乏ゆすりのように足を動かしてしまうのです。

8.痒み・冷え・痺れなどによる

痒み・冷え・痺れなどによることが原因で自然に貧乏ゆすりを起こしてしまうこともあります。

例えば冷えであるなら血行不良によるものと同じですよね、血液が循環に流れていないことは新陳代謝も低下していることです。

そうなると冷え性になり身体のふしぶしが痛くなることもあります。

痒みであれば痒いけれどかけない、イライラが募って貧乏ゆすりになることも、痺れも独特な痛みを感じて足を動かして気を紛らわすことがあります。

どちらにしても、痒み・冷え・痺れなどによるものであれば、原因を根本的に治さないと貧乏ゆすりは静まることがありません。

9トイレを我慢している

誰でもトイレを我慢しているときに1度は貧乏ゆすりをしてしまったことありませんか?

駅や職場のトイレが並んで使えないときや、SAエリアでの行列などトイレをしたい状態のときに待たなきゃいけないことは多数の感情が湧き上がります。

「早くトイレを変われ」というイライラした感情、「もれそう」という不安、「まだかな・・間に合うかな」焦りなど全てがミックスされて貧乏ゆすりとなるのです。

貧乏ゆすりをすることで自分自身を落ち着かせている。

貧乏ゆすりをすることでトイレのことを考えないバランスをとっているのです。

極限であれば尚更、貧乏ゆすりと一緒に溜息や汗がでてきますよね。

トイレが原因の貧乏ゆすりであれば基本的にトイレをしたら貧乏ゆすりは落ち着いて解消することができます。

しかし貧乏ゆすりが癖となっている方は極限までトイレを我慢してしまうことも癖になっているのです。

尿意を感じる前にトイレに行けば良いところを我慢してしまう癖。

これは2つの癖が重なっていることでなかなか治らないことなのです。

貧乏ゆすり解消法

意図的じゃないとしても貧乏ゆすりは第三者からすれば不快です。

ロシアなどでは特にマナーが悪いと思われてしまいます。

貧乏ゆすりをしていることは自分自身だって隠していたいことですよね、自分自身でも早く治したいと思っているはず。

でも、実際に貧乏ゆすりは治すことができるか?

肉体的なことでも根本的な原因を治せば、貧乏ゆすりを治すことができます。

しかし貧乏ゆすりは精神的な原因がほとんどですが、根本的な原因が深いときに自分で治すことができない場合もあります。

それは病的なことが原因だったときです。

過去に感じた辛いできごとが精神的に自分を追い詰めて貧乏ゆすりを起こしてしまう。

このような深い原因の場合は病院に行き不安を取り除く治療をすることが必要です。

そこまで深くはないけれど、精神的ストレスであれば貧乏ゆすりは解消する方法はあります。

精神的な原因への対応

精神的な原因の多くはストレスからきているといえるでしょう。

イライラすること、緊張すること、不安や落ち着かないことは、全て日頃のストレスから起る行動だからです。

ストレス解消をしてあげることで全ての原因がなくなります。

ストレスを溜め込むことは絶対によくないことです。

しかしながらストレスは日々の生活で少なかれ必ず溜まって行くものです。

ストレスを溜めないようにするには溜めない前に解消することなのです。

ストレスはこまめに解消する

ストレスがない人は誰もいないと思います。

働いていれば、生活していればストレスは感じてしまうもの。

もっと単刀直入に言えば、生きているかぎりはストレスはつきまとうものです。

ですが人によっては「ストレスたまらないよ」という方もいますよね?

実際にストレスを溜める前にまめに解消してしまっているから、ストレスを感じていないようになるのです。

ストレスは日々の疲れが蓄積して積み重なったもの、会話をしたり、動いたりすれば精神的にも肉体的にも疲労してストレスとなります。

ですが、そのストレスを解消することもなく積み重ねれば精神的にも肉体的にも、悲鳴をあげてしまいますよね。

「何もかもがイライラする」「ちょっとのことで疲れる」「こんな毎日がイヤだ」そんな感情が積み重なり、貧乏ゆすりなど行動が起きるのです。

ストレスはこまめに解消して行くことで自分の身を守ることができます。

イライラしたときはリフレッシュ

イライラすることが続いたときは、どうしますか?

とりあえず寝る!という人も多いと思いますが、寝ておきてもイライラが消えないこともあります。

イライラしたときにイライラの感情を消すようなことをする。

例えば、イライラは喜びの感情に勝つことができません。

趣味など自分が楽しいと思いえることに没頭することにより、イライラする感情を忘れることができます。

また、旅行などに行き、自分の中に新しい感情を入れることもリフレッシュのヒトツ。

イライラするから、とりあえず寝るか。

でもイライラしたままの感情でベッドに入っても寝つきは悪いもの。

頭の中にイライラした感情がチラついて、なかなか眠れない。

寝られたとしても熟睡したような清々しい気分にはならないものです。

質の良い睡眠は眠る前の感情が大きく関係しているのです。

「今日は楽しかったな」と思う感情のまま寝付くことができれば、質の良い眠りに変わります。

質の良い眠りができてこそ、はじめてリフレッシュできたといえるのです。

緊張をほぐす

緊張をほぐすこで貧乏ゆすりをやめることができます。

緊張するということは筋肉がギュッと縮こまることになり、伸縮運動をしようとすればするほど筋肉は無駄に動こうとして貧乏ゆすりをはじめます。

人によって緊張の幅は色々ですよね。

自己紹介するだけで極度の緊張をしてしまう、人見知りが異常に激しい方もいます。

「私、人見知り全然しないの」という方に比べれば緊張度合いは全然違いますよね。

緊張しがちな方にとって、緊張しないように!と言っても無理な話です。

緊張しないようになるには訓練が必要です。

人見知りが激しい方は人と少しずつ人と会う機会を増やしてみましょう。

いきなり初対面の人に会うことはストレスが溜まってしまい緊張も激しくなります。

今週は1人など徐々に人見知りを解消することが必要です。

まずは自分自身は何をすると緊張してしまうのだろうか?

緊張する原因を調べることからはじめていきましょう。

不安や恐怖の原因を断ち切る

不安や恐怖心も筋肉を縮めてしまう原因になります。

不安や恐怖心は何故、起るのでしょうか?

自分の行動が間違っているのではないか?自信のなさが不安となり恐怖心に変わるのです。

不安や恐怖の原因を断ち切るためには自分に自信を持つことが大事です。

自分に100%の自信をもてる人は、なかなかいません。

ですが、自信がなさすぎることで身体が反応してしまうのは治さないといけないことです。

1人では不安になりがちな方は、信頼できるような相手に悩みを打ち明けることも大事、不安や恐怖心を感じる原因を誰かに話ことで不安は解消していくでしょう。

不安がなくなっていけば同時に恐怖心もなくなっていく、自信もつきあはじめてくるのです。

別の行動を開始する、それが無理なら気を紛らわせる

何もしないことは不安な気持ちになるものですよね。

もともと人間は何もしないでジッとしていることは不安になりがちなのです。

何だか、落ち着かないと思うのであれば別の行動を起こしてよいと思います。

とは言え、自分の自由な時間であれば別の行動をすることはできます。

しかし外出先や自由な行動ができない場面であれば目線だけを変えることも、ひとつの気を紛らわせる方法かも知れません。

例えば、誰か得意様を待っている場合や面接場所などでは外の風景を眺めてみたり、人間観察をしてみると意識が変わります。

何もしないという意識から、動くものを見る興味に変わってくるのです。

とくに外の風景や人間観察は動いているものですから、意外と見続けることができる。

動いているものを見ていると興味も少なかれでてきます。

肉体的な原因への対応

肉体的な原因で貧乏ゆすりがでてしまうときの対応です。

肉体的な部分では頭で〇〇をしようと思っても効果はありません。

何故、貧乏ゆすりをしてしまうか?

それには肉体的な原因があるからです。

貧乏ゆすりが頻繁にでて長い時間止まらない!そのような状況であれば、自分で治そうと思っても無理です。

頻繁に起る貧乏ゆすりであるなら病院に相談することが一番です。

問診したうえで、貧乏ゆすりの原因が明確に分かります。

根本的に精神的に肉体的にも原因を突き止めないと貧乏ゆすりは止まらないものです。

病院に行くほどでもないけれど、貧乏ゆすりが起る場合であれば、改善する方法はあります。

マッサージをすることで、筋肉をほぐし、血行を改善する

筋肉が緊張状態だからこそ、その周囲の筋肉及び血管の異常が起こる。

要するに筋肉が凝っている状態と同じなのです。

例えば肩コリや腰痛を感じたとき、足がむくんだときに揉んだり叩いたりしませんか?

マッサージをすることで硬く固まった筋肉は柔らかくなり、筋肉周辺の筋肉、血流も活性化します。

貧乏ゆすりも筋肉が固まってしまっている凝りと同じことです。

マッサージをして筋肉を柔らかくしてあげることで血行改善をすることができる。

貧乏ゆすりは筋肉の痙攣のようなものです。

貧乏ゆすりがしている時点でマッサージをすることは筋肉を逆に傷めてしまうことがありますので、貧乏ゆすりをしてないときにマッサージすることがおすすめです。

とくに、よく歩く人やスポーツ等をする人であれば足が緊張して、筋肉疲労を起こしている場合がありますのでマッサージをしてあげましょう。

意識的にトイレに行く

血行の流れが悪くあると老廃物を身体の中に溜め込んでしまいます。

それが原因となり筋肉の動きを妨げてしまうこともあるのです。

筋肉を定期的にスムーズに伸縮運動させるのであれば、極力、身体の不要な老廃物は排除していきましょう。

トイレをよく我慢している人は接客業などに多いですよね。

足がむくみやすくなるのもトイレを我慢しているせいかもしれませんよ。

トイレを我慢するということはイライラして落ち着きがなくなる原因のひとつ、貧乏ゆすりの症状もでてきやすくなりますよね。

トイレを我慢することは身体にとって良いことはひとつもありません。

意識的にもトイレに行く回数を増やしてみましょう。

まとめ

よくクセは治らないと言われますが、そんなことはありません。

自分から治す努力をしなからクセは治らないのです。

とくに貧乏ゆすりをするクセを治さないと大事な場面でも貧乏ゆすりが出てしまいます。

貧乏ゆすりが肉体的な問題であっても、ひとりずつ説明をすることはできませんよね?

自分自身でも貧乏ゆすりはイヤだと思っているはずです。

最初はイライラする気持ちが先で貧乏ゆすりがはじまった。

そのうち貧乏ゆすりがイライラを加速させてしまっている、煽っていることで貧乏ゆすりが激しくなっていくこともあるので注意しましょう。

貧乏ゆすりは印象悪い!習慣化している場合は対策を

貧乏ゆすりは日本でも外国でも印象悪いことものです。

そして放置していると貧乏ゆすりはドンドンと激しくなってしまうことがあります。

そもそも自分自身の認識が「貧乏ゆすりはたいしたことない」と判断してしまうこと。

だからこそ、人前でも普通に貧乏ゆすりをしてしまうようになるのです。

貧乏ゆすりを習慣化さえない為に、貧乏ゆすりをしてしまう原因を突き止めましょう。

原因が分からないままにしておくと貧乏ゆすりを止めることはできません。

イライラとしてしまうことが原因であれば、イライラすることをやめれば良いだけです。

様々なことで人間はストレスを溜めてしまうものですが、ストレス解消することも様々な方法で解消することができるのです。

まず「気づく」ことが何より大切

「自分は貧乏ゆすりをしている」そのことにさえ気づかない方はいます。

他人から言われてはじめて自分の貧乏ゆすりのクセに気づきます。

他人から指摘されることは不愉快なもの。

何故なら貧乏ゆすりは褒められることではないからです。

きっと指摘してくれた相手も「貧乏ゆすり激しいね」と笑顔で言っているわけではありません。

止めてほしいな・・と思っているからこそ伝えているのです。

まずは、自分自身が貧乏ゆすりを他人の前にしてしまっている自覚をすることです。

他人の目線が足に向いているようであれば、他人は言葉にしなくても貧乏ゆすりに気づいています。

貧乏ゆすりは恥ずかしいもの、マナーが悪いものと自分自身が気づくことで貧乏ゆすりを治そうと思えるはずです。

気づいたときが貧乏ゆすりを治す第一歩です。