長くてすらっとした脚は全ての女性の憧れですよね。

街行くスリムな人のミニスカートから露出しているモデルのような脚を見るたびに、羨ましくて憧れる人が多いでしょう。

確かに、細くて長い足なら、露出することも嫌ではないはずです。

ですが、実際に自分の脚を見てみると、まるでボンレスハムのようだと思ってしまうこともあるのではないでしょうか。

ボンレスハムのようだと人から言われてしまうこともあるかもしれませんね。

ボンレスハムという表現はひどいですが、確かに言われてみればボンレスハムだと自分でも納得してしまうような状況なら、そこから抜け出せるように努力をしてみましょう。

ボンレスハム状態の脚は、必ずしも太っているからというだけではないかもしれません。

何か対策をするだけで、少しすらっとして見えるようになるかもしれないのです。

ここでは、ボンレスハムだといわれてしまう脚の原因と、その対策についてまとめています。

ボンレスハムと言われたくないあなたに!

まるでボンレスハムような脚だ、と言われたときに、一瞬「どのような脚?」と気になってしまうのではないでしょうか。

ボンレスハムと言われて「太い」といわれているようなことは分かっても、実際にどのような状態になっていることが揶揄われたのか分からないこともあるでしょう。

ここでは、ボンレスハムのような足について見てみることにしましょう。

そもそもボンレスハムとはどのようなハムのことなのか、そしてなぜ、それが脚に例えられるのかについてご説明します。

まず、ボンレスハムの本来の意味

そもそも、ボンレスハムというのはどのようなハムのことを言うのでしょうか。

脚の説明の前にハムという食品についての説明をします。

まず、皆さんがハムと言われて一番最初に思い浮かべる薄いピンク色の丸いハムは、ロースハムと呼ばれるもので、ボンレスハムとは異なる種類のハムです。

もちろん、ロースハムのようだといわれたところで良い脚ではないことには違いありません。

ロースハムは豚の背の部分を使った非加熱食品です。

あっさりした食べ心地で、それほど肉感的ではないようなイメージを持っているのではないでしょうか。

それに対して、ボンレスハムとは脚の部分の肉を使っています。

脚の比喩に使うにはぴったりの部分だということですね。

ボンレスハムは加熱食品であり、ロースハムよりも濃い味わいのハムとなっています。

少し味が濃く、普通のロースハムよりは少し高価なイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

日本の中ではボンレスハムよりもロースハムの方が一般的なので、なかなか想像がつかないという方もいるかもしれません。

写真で本物を見てみよう

ボンレスハムのイメージが着かないという方は、ぜひ、画像検索でボンレスハムを見てみてください。

写真で本物を見てみるとイメージが湧くのではないでしょうか。

もちろん、食べられるようになったハムそのもののそうですが、見ていただきたいのは切り分けていないハムです。

紐で縛られている様子が見られるかと思います。

タコ紐で縛られている様子が肉感的であり、何とも太い印象を受けるのではないでしょうか。

ひもで縛っているところが少し他よりも細くなっており、その上下の部分がはち切れるように出ているのが特徴です。

ボンレスハムのような脚とは?

ボンレスハムの写真を見ていただくと、ボンレスハムのような脚という意味が分かっていただけるのではないでしょうか。

ボンレスハムのような脚というと、よく言えば肉感的ですが、悪く言えば肉っぽい脚だということです。

はち切れそうなイメージを持った脚のことを言いますが、とにかく最初に太いという言葉が出てくるでしょう。

最も、太いだけではボンレスハムと言われることはありませんが、何となく写真を見ただけで意味をお分かりいただけるかと思います。

ほめ言葉ではないことは確かですよね。

写真で見てみると?

「ボンレスハム 脚」で検索すると、ボンレスハムのような脚の写真を見ることができるでしょう。

太い脚が網タイツなどを履いている写真では、本当にボンレスハムのようなイメージを持ってしまうのではないでしょうか。

ボンレスハムのような脚になってしまうと、脚を細く見せるためのストッキングなども、逆に「ボンレスハム感」を増すアイテムのようになってしまうので問題がありますよね。

ちょっとセクシーな黒のタイツを履こうして、ボンレスハムのような脚を見てしまったときの衝撃は、そう簡単に忘れられるものではありません。

【網タイツについては、こちらの記事もチェック!】

短いスカートが履ける日を目指そう!

一度自分の脚がボンレスは無用だと思ってしまうと、もう短いスカートをはくことはできないでしょう。

もし履いたとしても、自分の脚がどのようになっているのかが気になって、外出を楽しめないということもあるのではないでしょうか。

短いスカートは脚が綺麗な人が履くからこそ映えるのであって、自分の脚ではと思ってしまっている人もいるかもしれません。

ですが、せっかく女性に生まれたのですから、短いスカートを楽しみたいと思っている方もいるでしょう。

暑い夏にはホットパンツで楽に過ごしたい方もいますよね。

ボンレスハムの脚を諦めずに、思いきり露出しても恥ずかしくないようにしましょう。

対策や原因が分かれば、ボンレスハムの脚を脱却することもできるかもしれません。

ボンレスハムと言われる脚の4個の特徴

ボンレスハム状態だといわれてしまう脚は、具体的にはどのような特徴を持っているのでしょうか。

ただ足が太くなってしまっている状態のことをボンレスハムというのではありません。

特定の状態をボンレスハムと呼ぶのです。

ボンレスハム状態だといわれる特定の状態の脚について見てみることにしましょう。

以下のような特徴に当てはまらない場合には、ボンレスハムの脚とはまた別の対策が必要になるかもしれません。

1. ふくらはぎが大きく膨らんでしまっている

ボンレスハムのような脚の特徴の大きなものとしては、ふくらはぎが膨らんでしまっている状態のことを言います。

全体にブヨブヨしているというよりは、ふくらはぎの部分が大きく膨らんでいるので、その部分が太く見えてしまうというのが特徴です。

そのため、外から見たときよりも横から見たときの方が太く見えるかもしれませんね。

横から見たときに、ふくらはぎの部分が大きく張り出してしまっているようなら、他人から見るとボンレスハムのような脚に見えるでしょう。

横からの脚を見る機会があまりないので分からないかもしれませんが、鏡に映して確認してみてくださいね。

【ふくらはぎが太いのを悩んでいる人は、こちらの記事もチェック!】

2. ふくらはぎの太さに比べて足首はまあまあ細い

ボンレスハムのような脚の場合には、ふくらはぎが大きく膨らんで締まっている状態なので、足首自体はそれほど太いという印象を持ちません。

そこが丸太のような脚との違いですね。

ふくらはぎの部分が大きい分だけ足首が細く見えてしまっているという可能性もありますが、上から下まで同じ太さであるということはないのです。

ただし、この足首の部分が細く見えるからこそ、糸で縛ったボンレスハムのように見えてしまうという欠点もあります。

上から見下ろしたときに、足首だけ見ると細く見えると安心するのは早計です。

足首の太さとふくらはぎの太さの比較で、余計にふくらはぎの部分が太く見えてしまっている可能性や、足首が細いからこそボンレスハムのように思われてしまう可能性などを考えてみてください。

足首だけなら恥ずかしくないのだけどという方は、特に、ボンレスハムのような脚だと思われてしまっている可能性が高いですね。

3. 立つと左右の足の間に隙間ができない

ふくらはぎだけではなく、足全体を見てみることにしましょう。

もちろん、ふくらはぎが大きく膨らんでしまっているのがボンレスハムのような脚ですが、だからと言って全体的な印象が「太い」意外のものになるわけではありません。

横から見たときに特に足が太く見えてしまうのがボンレスハムのような脚ですが、前から見たときにもやはり「太い」という印象になるのです。

その原因の一つとしては、左右の脚の間の隙間が考えられるでしょう。

多くのボンレスハムのような脚の人は、立つと左右の脚の間に隙間ができなくなってしまいます。

立っているときに足の間に隙間がないと、それだけで足全体の印象がむっちりしたものになってしまいます。

特に、太ももの間はそうですね。

足首の部分だけが離れている状態では、やはりボンレスハムのように見えてしまいます。

ふくらはぎだけではなく、ぴったりと足を付けて立ったときの左右の脚の間をチェックしてみるようにしましょう。

4. セルライトがビッシリ

セルライトがびっしりという印象の脚もボンレスハムのように見えてしまうようですね。

やはりセルライトがびっしりの脚も太くて硬そうに見えます。

ボンレスハムも柔らかな印象はありませんから、こうしたセルライトの部分がボンレスハムのイメージを高めてしまっているといえるのではないでしょうか。

また、セルライトは少し他の皮膚よりも変色したくすんだ色をしていることもあり、さらにぼこぼこしていますから、そうした変形したところもボンレスハムの歪な外見を表してしまっていると考えられるでしょう。

そのセルライトのぼこぼこしたところそのものが、糸で縛られたボンレスハムに見えることもあります。

さて、そのセルライトを落とすのは大変だといわれていますが、実際に、セルライトとはいったいどのようなものなのでしょうか。

セルライトについて見てみることにしましょう。

脂肪と水分が結合している

セルライトとはそもそも何なのでしょうか。

セルライトは脂肪の一種だといわれており、体に害を及ぼすようなことはありません。

学生時代に運動系の部活に入っていたような人の方がセルライトができやすいといわれていますね。

なぜなら、そういった人たちの方が筋肉を持っていたからです。

筋肉と脂肪が結合することによってセルライトができてしまうのです。

セルライトにも多くの種類がありますが、運動系の部活に入っていたわけではないのに、と思っている方は、むくみが原因かもしれません。

むくんで水分や老廃物が死亡の近くにたまった状態にあると、脂肪と水分が結合してしまって離れなくなります。

これがセルライトとなるのです。

筋肉質なわけでもなかったのにという方は、身体がむくむことが多くあったのではないでしょうか。

そうではないという方は、単純にセルライトができやすい身体なのかもしれませんし、もしくは太り過ぎという可能性も考えられますね。

脂肪が多すぎるような場合にもセルライトができるといわれていますから、自分の体重や健康の管理をしっかりと行った方が良いかもしれません。

何故ボンレスハムのような脚になってしまうの?

ボンレスハムの脚の特徴は分かりましたでしょうか。

それでは、どうしてボンレスハムのような足ができてしまうのでしょう。

できればボンレスハムのような脚だといわれるのは嫌ですよね。

もし、ボンレスハムのような脚を脱却したとしても、原因が分かっていなければ、またボンレスハム状態に戻ってしまう可能性もあります。

ボンレスハムのような脚にならないためにも、ボンレスハムになってしまう理由を探ってみましょう。

太りすぎて脂肪がたっぷり付いている

ボンレスハムのような脚になってしまう一つの原因としては、とにかく太り過ぎているということが挙げられます。

例えセルライトがびっしりついてしまっているような状態でも、ある程度細ければボンレスハムのようには見えません。

ボンレスハムのように見えてしまっているということは、太いということです。

そもそも、太っていない人に対して「肉」を連想させるような比喩が思いつくはずがないのです。

ボンレスハムの脚に悩んでいる方は、体系全体も少し見直す必要があるかもしれません。

脂肪がたっぷりついているような状態ではボンレスハムの脚からは抜け出すことができないので、脚だけのケアというよりは、身体全体の改善をする方が良いかもしれませんね。

太り過ぎてしまっている状態から目を逸らさないようにしてください。

代謝が悪く老廃物でむくんでしまっている

むくんでしまっているときにも、ボンレスハムのような脚に見えてしまうことがあります。

むくんでいる状態というのは、脂肪の近くに水分や老廃物が貯まって出て行かなくなっている状態のことを言います。

つまり、代謝が悪いのですね。

こういったケースでは、太り過ぎていることが問題なのではないので、ダイエットではなく、代謝を良くしなければいけません。

自分の脚が脂肪でフニフニしているというよりはパンパンだという方は、どちらかというとむくみが原因でしょう。

身体全体を見ても、太り過ぎているわけではないという方は、まずはむくみ解消を考えた方が良いですね。

つまんで跡がなかなか取れなければむくみ

むくみ解消をした方が良いのか、ダイエットをした方が良いのか分からないという方は、簡単なチェックでむくみかどうか見てみることにしてください。

まずは、自分の脚を軽く摘まんでみましょう。

そして、その跡がどうなったのかを見てみるとむくみかどうかが分かります。

もしむくみが原因のようなら、摘まんだ跡がなかなか取れないでしょう。

また、逆に指で少し押してみて、その跡がすぐになくなるかどうかをチェックしてみるのも良いかもしれません。

どちらにしても、跡が取れなければむくみが原因ですね。

もしかすると、脚だけではなくて顔などもむくんでしまっている可能性があるので、色々な部分でチェックしてみると良いのではないでしょうか。

代謝改善の方法を行ってみれば、身体全体がすっきりした印象になるかもしれません。

運動不足

原因の一つとしては運動不足も考えられますね。

脂肪がつきやすい状態になってしまっている、付いた脂肪が取れないというのは運動不足に他なりません。

普段からしっかりと歩いていれば、脚には適度に筋肉がつきます。

歩くの嫌がっていると、ボンレスハムような脚になってしまう可能性もあるということでしょう。

運動不足の状態では、脂肪がつきやすくなるだけではなくむくみの原因ともなります。

もしかすると、運動不足になっている状態なので脂肪がついた上にむくんでボンレスハムような脚になってしまっているのかもしれません。

運動不足と聞いて心当たりがあった方は要注意かもしれませんね。

生まれつきの遺伝による体質

生まれつきの遺伝による体質の所為だという可能性もあります。

もちろん、ボンレスハム状態になることが遺伝ではなく、脂肪がつきやすい、セルライトが貯まりやすい体質なのかもしれないということです。

生まれつきの遺伝の場合には、他の人よりも注意してケアをしなければいけません。

他の人よりもずっと脂肪がつきやすいのなら、食事のチェックなどをしなければいけないですし、簡単なエクササイズをしなければいけませんね。

特に悪いことをしていないのにボンレスハム状態になってしまうという方は、遺伝のせいかもしれないと思いましょう。

親の脚を見てみると、大体分かるかもしれません。

ですが、遺伝の所為だからと言ってどうしようもないというわけではありませんので、努力して脱ボンレスハムを目指しましょう。

脱ボンレスハム!解決策をご紹介

原因や見た目の特徴が分かったのなら、次には脱ボンレスハムの解決方法を知りたいですよね。

男性はちょっとくらいむっちりした脚の方が好きだといわれていますが、やはり女性にとっての憧れは脂肪の少ないすらりとした細い足でしょう。

ボンレスハムを脱却して、少しでも細くてスラリとした脚になれるような対策方法についてご紹介します。

クリームやオイルで下から上にマッサージ

マッサージクリームやオイルを使って下から上にマッサージしてあげるのも良いのではないでしょうか。

しっかりとマッサージして老廃物を流し、血流を良くしてあげることでむくみやセルライトを解消することができます。

ここでマッサージオイルなどを利用するのは、肌の滑りを良くするという意味もありますが、リラックスのためという意味合いもあります。

自分の好きなテクスチャ、香りのものを使ってしっかりとマッサージしてあげてください。

くるぶしをマッサージして老廃物を出す

ふくらはぎの大きく膨らんだ部分を直したいのなら、くるぶしのあたりをマッサージして上げることにしましょう。

ふくらはぎそのものをマッサージをするのではなく、くるぶし付近であるというのがポイントです。

むくみは老廃物が貯まってしまっていることから起こりやすくなりますから、その老廃物が貯まりやすいようなくるぶしの裏のあたりを優しくマッサージすると良いのです。

老廃物はセルライトの原因にもなりますから、毎日しっかりとマッサージをする習慣を作ってあげると良いでしょう。

お風呂の中や、寝る前などにしてあげると、朝に足がむくんでしまってボンレスハム化してしまうことはないでしょう。

ダイエットスリッパを毎日履こう

ダイエットスリッパをご存知でしょうか。

名前の通り、ダイエットをするための女性におすすめのスリッパです。

特にツボ押し機能などがあるわけではありませんが、ダイエットスリッパはかかとがないために、常につま先立ちをしているような状態になります。

つま先立ちの何が良いかというと、ふくらはぎを運動させることができるという点で良いのです。

ボンレスハム状態の脚というのは、ふくらはぎの部分が大きく膨らんでいることが問題でした。

その部分をしっかりと運動させることで、ボンレスハムのようになってしまった脚を細くすることができるのです。

また、ダイエットスリッパの場合には、腹筋や背筋への良い効果もありますから、脚だけではなく、全体のダイエットを目指している方には良いのではないでしょうか。

ただし、ダイエットスリッパは普段は使わないような筋肉を動かすので、普段からヒールで歩いている人でもなければ、筋肉痛を起こしてしまう可能性があります。

もし使うのなら、少しずつ使って時間を長くしていくようにしてくださいね。

また、無理な運動をダイエットスリッパでしないように気を付けてください。

ヒールが高い靴を履くのもおすすめ

ダイエットをスリッパを使わなくても、ヒールの高い靴を履くだけで同じ効果を得られます。

ヒールの高い靴は常につま先立ちの状態になっていますから、ふくらはぎが鍛えられますよね。

もし、家の中にいる時間が少ないなど、ダイエットスリッパが使えないような状況なら、ヒールの高い靴を履いてみてはどうでしょうか。

筋肉を痛めそうになるほどの高いヒールを履く必要はありませんが、6cmのものや7cmの物を選ぶことで、程よい運動になるでしょう。

最も、普段ヒールを履かない人は、なかなか慣れずに靴擦れを起こしてしまったり、筋肉痛になってしまったりすることもあります。

ヒールが高い靴を履くときには気を付けるようにしてくださいね。

寝る前に毎日足のストレッチをする

寝る前に足のストレッチをするのも良いでしょう。

特に、デスクワークが多くて運動不足になってしまっている人にはおすすめです。

しっかりとストレッチをしておけばむくみも少なくなりますし、全く運動不足の状態ではないので、少しは脂肪も燃焼させることができるのではないでしょうか。

寝る前と決めておけば忘れることもありませんし、お風呂に入った後なら身体も柔らかくなっていますから、ストレッチしやすいのではないでしょうか。

空気椅子で脂肪を燃焼させよう

辛いと思われるかもしれませんが、簡単にできるのは空気椅子です。

普段筋肉をあまり使っていない方はかなりつらいと思われますので、無理をしないようにして見ましょう。

また、壁に背を付けるところから始めると、危険がなくできるようになると思います。

空気椅子をするときには、お尻の下に当たるところにクッションなどを置いておき、例え倒れてしまっても大丈夫なようにして置いてください。

脂肪を燃焼させるには良い方法ではありますが、筋肉痛の危険性などもありますので、少しずつ進めるようにしてくださいね。

代謝を上げて体温を上げるために辛い料理を多く食べる

むくみは代謝が悪いことも原因の一つです。

代謝をあげるためには、辛い料理を食べることも効果的なのではないでしょうか。

辛いものが苦手な方はできないかもしれませんが、州の中で辛いものを食べる機会を増やせば代謝もあがっていくでしょう。

ただし、辛いものは胃に悪いとも言われています。

ボンレスハムのような足が嫌だからと言って、胃を壊すようなことをする必要はありません。

辛いものが好きな方、胃の強い方は良いかもしれませんが、それ以外の方はほかの方法を探した方が効果があるかもしれませんね。

ウォーキングから始めジョギングをする

運動不足が原因となってしまっている可能性もありますので、運動としてジョギングをするのはおすすめです。

しっかりと運動をしていれば健康にも良いですし、脚の筋肉を使うので、脚が細くなっていくでしょう。

ただし、あまり運動をしていない人がいきなりジョギングをするのはきついでしょう。

あまりに辛いと思っていると続かなくなってしまうので、まずはウォーキングから始めるようにしてください。

ウォーキングなら楽しんですることができますし、それほど筋肉痛に悩むこともありません。

空気の良い朝にウォーキングをするなどの習慣を付ければ、気持ち良く運動不足を解消することができるでしょう。

それを続けていて、体力が着いてきたと思ったらウォーキングからジョギングに変えてみてください。

だんだんと運動を激しくしていくことで脱ボンレスハムを目指すことができますし、健康的な生活を送ることもできるでしょう。

だんだんと時間や距離を伸ばしていくのも良いですね。

犬を飼っている方なら、その散歩と一緒にしてしまうのも良いのではないでしょうか。

プールの中を長時間ウォーキング

プールの中を長時間ウォーキングすることも脚の筋肉には良いようです。

一度してみたことがある方は分かるかもしれませんが、プールの中というのは水圧が強くなっているので、ウォーキングをしにくい状態になっているのです。

そのため、そこを長時間歩くことで、脚の脂肪の燃焼を望むことができるようになります。

また、プールに入るために足を露出して「人に見られている」という意識を持つことが、脚のためには良いのかもしれません。

隠してばかりだと、結局は誰にも見られないから良いというような認識になってしまい、あまり真剣に解消しようとは思えなくなるからです。

プールが近くにあるという方はぜひ、この方法を試してみてください。

スクワットをする

スクワットをして、しっかりと脚の筋肉をつけるのも良いのではないでしょうか。

スクワットをしてもそう簡単にムキムキの筋肉ができるわけではありません。

スクワットをしていると、まずは脂肪が燃焼されるので足が細くなっていきます。

そこから新しい筋肉が着くまでには、さらに厳しいトレーニングをしなければいけないので、スクワットをすると足が太くなってしまうという心配は全く要りません。

むしろ、何もしないボンレスハムのような状態の方が足が太くて恥ずかしい状態になってしまっています。

スクワットも最初の内は慣れずに筋肉痛になってしまう可能性がありますので、5回ほどから始めてみると良いでしょう。

スクワットをするときにはお尻が突き出ないように、正しい姿勢を心がけて行ってみてください。

しょっぱい食事はむくむので、味が薄いものを食べる

塩分の多い食事をしていると脚がむくみやすくなってしまいます。

居酒屋メニューなどの塩気の多い食事をしている場合には、少しそうした食事の改善をした方が良いかもしれませんね。

塩気の多い食事が好きな方は、週に何日かでもそうした食事を減らすように努力してみて下さい。

他にも、アルコールなどはむくみを作りやすくなりますから、毎日飲むようなことを避けていれば良いのではないでしょうか。

逆にむくみを解消してくれるような食材を使ってご飯を作れば、健康にも良いですし、むくみが取れてボンレスハムのような脚が改善されるでしょう。

脱ボンレスハムでカモシカの脚を目指そう!

女性なら誰もが目指すすらっとした脚は「カモシカの脚」と呼ばれます。

実際にカモシカの脚を見てみると、ボンレスハムよりは筋肉質ですが、そうではなく、まるでシカのような名が細い足のことを指すのでしょう。

どちらにしても、ボンレスハムと揶揄されてしまうような脚より良いですよね。

ミニスカートを履くにしても、水着を履くにしても、どちらにしても細い長い脚があった方が良いことには違いありません。

あまりむっちりしていると、足を露出したくないと思ってしまう人もいるでしょう。

もちろん、おしゃれだけではなく、夏になって暑くなってきたのに、見た目を気にして露出できないというのは不便だということもあります。

恥ずかしいと思ってしまうような脚ならば、脱ボンレスハムを目指して頑張ってみることにしましょう。

どんな脚でも努力次第で細い状態をキープすることができます。

しっかりと自分磨きに精を出して、二度とボンレスハムなどと言われることがないようにしてくださいね。